タグ:映画 ( 338 ) タグの人気記事
2019年 06月 12日
「アラジン」を観てきました
先日、「アラジン」を字幕版で観てきました。
d0221584_13410431.jpg
あのジーニーをウィル・スミスが演じているのですが、予告編で真っ青なウィル・スミスを観た時は不安がよぎりました。だけど、ちゃんとジーニーになってるんですよね。


ネタバレあります。




吹き替えのキャストも話題となっている今作ですが、まずは原語で観ることに。
アニメ版をトレースしている部分が多くて、ファンにも安心の作りになっていましたが、冒頭やラストシーンなどは実写版ならでは、特にラストは現代ならではなストーリーに変わっていました。

何よりも気になっていたのが、真っ青なウィル・スミス。
ジーニーですから青くて良いんですが、実写になるとなかなか迫力ありますよね。まあ、彼自身人間に化けたりして、青いのも徐々に慣れて来ます(笑)。

そして、ウィルの歌のうまさにビックリ。本当に彼が歌っているのかと疑っちゃうくらい。しかも、歌うシーンが多いf(^_^;。
さらに、映像が目まぐるしくアニメのあのテンポのまま、情報量半端ないマジカルな映像が次から次へと繰り出されるので、とても全てを観たとは言えません。絶対見逃しているものがあると思うンですよね。

さらに、ダンスも凄い! インド映画に勝るとも劣らないキレッキレの動きのダンサーが大勢で踊るシーンは圧巻でした。

こうなると主役のアラジンもジャスミンも霞みそうですf(^_^;。

だけど、ジャスミンは現代のプリンセスらしく、ただ綺麗なだけじゃない、勉強もしているし自立もしているとアピールシーン満載。力強く歌い上げちゃってました。
こうなるといくらアラジンが地頭が良く運動神経の良い青年だと表現しても、逆玉の輿にしか見えなくなってくる〜(笑)。
果たして良いのか悪いのか(^ ^;。

魔法がたくさん出てくる映画ですからCG向きで、楽しい映像盛りだくさんでしたが、それだけに、空飛ぶ絨毯に乗って夜空を駆け回るシーンが意外と、何という事のないシーンに見えちゃうのが残念なところ。でも、この空飛ぶ絨毯自体がとってもお茶目な動きで可愛かった♪

砂漠でアラジンとジーニーが会話している奥で、一人(1枚?)砂遊びをして立派な砂のお城を作っちゃってたり、アブーとハグしたり、「愛(う)いヤツ」でした(^_^)v。








〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2019-06-12 13:42 | 趣味 | Comments(0)
2019年 06月 07日
エンドゲーム・ストアに行って来ました
今日は大雨になってしまいましたが、
お天気が良かった昨日、HOT TOYS の「ENDGAME EXCLUSIVE STORE」を見に行ってきました。
場所が原宿と言う事で、数年ぶりの竹下通りや表参道近辺も散策したのですが、それはまた別の機会で。(→ブログはこちら
d0221584_13460244.jpg
訪れたこの「ENDGAME EXCLUSIVE STORE」は、看板にもあるように本来6月2日までの開催だったのが、16日まで延長されていたので、なんとか行く事が出来ました。
d0221584_13460292.jpg

入口正面にはハルクのガントレット。さすが、良く出来ていますね〜。思わずはめてみたくなります。
d0221584_13464657.jpg
ふと振り返れば、サノスが! デカイ!
迫力あります。けど、見れば見るほどクッキーに見えてくるのは私だけかしら?
d0221584_13464679.jpg
彼のガントレットも見事です。
d0221584_13473264.jpg
d0221584_13473732.jpg
店内には、ペッパーのスーツやキャプテン・マーベルのスタチューも並び、他のスタチューと共に決して広くはない店内を占領してました(笑)。

ガントレットのぬいぐるみとか、キーホルダーとかピンバッチなどのオモチャから、Tシャツやキャップ、バッグや財布など多種多様な商品がたくさんありました。

d0221584_13480780.jpg
店の奥には映画に使用された衣装が展示されていて、目をこらして見てきましたが、己がガラスに映り込んでしまいよく見えないのが残念でした。
撮影時に付いたと思われるキズや、経年劣化と思われるロキ様のゴールド部分のくすみなど大変興味深かったです。
d0221584_13482879.jpg
もちろん、ホットトイズならではの精巧なフィギュアの展示もたくさんあり、その出来の良さに敬意を払いつつ、相変わらずの高額な定価にため息をこぼしてきました。
d0221584_13484495.jpg
トニーのガントレットも展示され予約受付中でした。
私的にはアイアンマン好きなので、こちらのガントレットが欲しいと思うのですが、お値段が。。。。(T T)。
せめてピンバッチとかキーホルダーがあればと思いましたが、そちらは全てハルクのガントレットかサノスバージョン。。。

旦那さんとお財布の紐ゆるゆるで行ったにも係わらず(と、言いつつお高いフィギュは買わないンですけどねf(^_^;)、ほとんど買うモノが無かったのが残念でした。
やっぱ、夫婦揃ってケチなんです(笑)。



d0221584_13491996.jpg
ストアのお隣のカフェも、コラボしたエンドゲーム・カフェになっていました。
内装もアベンジャーズ一色になってましたし、popのフィギュアもありましたが、店内で飲食しないと見られないとのことで入口のみの写真です。
d0221584_13491932.jpg
メニューにはハンバーガーのセットなどがありましたが、
「トニー・スタークのバーガーなら、チーズバーガーだろ」
と、ビーフバーガーにいちゃもんをつけて、結局食べないという選択f(^_^;。
たぶん、ランチョンマットのディフォルメ版があまり好きじゃないから、余計に惹かれなかったんじゃないかと思いますf(^_^;。


だけどこれだけ、エンドゲームだらけにしているってストアもカフェも凄いです。
目の保養になりました(^_^)v。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2019-06-07 13:53 | 趣味 | Comments(0)
2019年 05月 08日
「名探偵ピカチュウ」を観てきました
名探偵ピカチュウ」。主人公ティムの声を竹内涼真君が、ピカチュウを西島秀俊さんがやるなど、吹き替え版が話題を呼んでいますが、そこを逆らって字幕版で観てきました。
d0221584_21352806.jpg


ネタバレあります。


オリジナルもピカチュウの声はおっさん。しかも、デッドプールを演じたライアン・レイノルズ。
ふわふわの毛並みの実写版ピカチュウが、デップーよろしく饒舌でまくし立てる。元のアニメもゲームもろくに興味の無い私でも、最初は馴染めないな、と予告を観る限りでは思っていましたが、これが実にしっくりマッチしているんですよね〜。むしろ、あのふわふわもおっさん声も、可愛い(^_^)v。

他のポケモンも実にリアルに再現されていて、ポケモンファンには溜まらないんじゃないでしょうか。
ちなみに私はコイキングのリアルな感じが妙に気に入っちゃいました(笑)。

ストーリーは思いの外子供向けだったのには戸惑いましたが、それ以上に二十歳も過ぎているティムがファザコンなのが、ちょっとキモイかなf(^_^;。

私としては、ピカチュウにはずっとおっさん声で英語で喋ってて欲しいな〜、と思いました。
ちなみに西島秀俊さんの吹き替えはどうだったのか、とっても気になって公式サイトをチェックしたら、予告編的な動画で少し見ることが出来ました。それを観る限りではこっちもあり、ですね。

そうそう、竹内涼真君は吹き替えのみならず、本人も本編に登場してますね。ほんの少しだけど。サトシっぽい出で立ちでしたが、馴染んでました(^_^)v。






〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2019-05-08 21:38 | 趣味 | Comments(0)
2019年 05月 04日
「エンドゲーム」を観てきました
ゴールデンウィークもすでに後半。こまめにブログを更新しようと思っていたのです、ままならずf(^_^;。

なので、ちょっと遅くなりましたが、公開初日の4月26日に、「アベンジャーズ エンドゲーム」を字幕版で観てきましたので、それをアップします。
d0221584_16013876.jpg
思いっきりネタバレあります。ご注意ください












大好きなシリーズで、やはり人気もあるので、チケットは事前にネットで購入しておきました。滅多にやらないのですが、今回はネットで買っておいて正解でした。
着席するとほぼ満席。
普段はゆ〜ったりと映画を観ることが多いので、ちょっと息苦しく感じましたが、それも人気作品故、仕方ありませんね。この満席の状態も楽しむ事にします。


前作の「インフィニティ・ウォー」は2日前に自宅にてネットレンタルでおさらい済み。やはり1年も経つと忘れていることが多いので、必要不可欠かと。
お陰で内容に戸惑うこと無くすんなり見始めることが出来ました。

とにかくオールスター勢揃いですから、見どころは満載でした。
が、ショックその1。あの素晴らしいスタイルのソーが、ソーが、、、、(T T)。いくら自暴自棄になっているとは言え、ひどい! 途中少しは引き締まるのかと期待しましたが、希望は叶わずそのままでした。

ショックその2。トニー・スタークは宇宙から帰還出来たものの、痩せ細ってまるでおじいちゃんのよう。悲しくなっちゃう。。。

それとは対照的にキャプテンは変わらない凛々しいお姿。前作ではボーボーに生やしていたお髭も、早々に剃ってさっぱり。やはりこっちのほうが良いわぁ♪

ちょっと中途半端に感じたのは、ハルク。ハルクとブルースのいいとこ取りと本人は言ってましたけど、う〜ん。ストーリー的にはハルクの暴走につき合っている暇は無いので、まいっかって感じですねf(^_^;。

そして今作のキーマンは、なんとアントマン。
彼の偶然の生還まで5年かかっちゃうところが、ミソ。その間にトニーはペッパーと幸せな家庭を築いててびっくり!

そして解決方法が過去へ行くこと。
おいおい、やめてよ〜。タイムスリップ物にしないで〜。
と心の中で思いながら観ていましたが、どうやらこれまでのタイムスリップ物のお約束をちょいちょいぶっ壊して、バグを極力少なくしている様子。

それぞれチーム分けして決死の覚悟で過去へ行くんですけど、これがまた、これまでの作品を見返してね〜、と言わんばかりの名シーンへ行くんですよね〜。
ああ、あのシーンをまた大スクリーンで観られるなんて、って感慨深く感じたり、ああ、こういうシーンだったわ〜、なんて思い出させてくれたり。にんまりさせてくれました。

もちろん、この人とこの人が出会っちゃうんだ、みたいなのもあったり、ソーとロケットって意外と良いコンビかも、と思わせてくれたり、ちょいちょい楽しいシーンも挟んでくれて嬉しかったです。

そして、ラストは総力戦。もう画面いっぱいのバトルに、何を見せられているのか訳わからないくらい(笑)。

そしてそして、バトルの決着を付けるのは、我らがトニー・スターク。
だけど〜〜〜〜、(T T)(T T)(T T)おいおいおいお〜い。嘘だと言って〜! な、結末にもう涙涙涙です。

さらにラストシーンでは、キャプテンがまた泣かせてくれるし。。。。こっちは彼の人生が充実したようなので、良かったね、の涙ですが。

と言うわけで、3時間の長丁場ながら飽きること無く、感動もさせてくれて本当に良い映画でした。今後、もしシリーズが続くとしても、トニーがお星様になってしまった今、私的にはアベンジャーズは終了です。トニー・スターク、ありがとう(T T)。
あ、でも、トニーがAIになって復活もありかも? いやいや、今は考えないでおきましょう。


そして映画を観た数日後、やっぱり「アイアンマン」を見返したくなって、DVDを引っ張り出してしまいました。全ての始まりはこれですもんね。
そしたら、偶然にも11年前「アイアンマン」がアメリカで公開された日(2008年5月2日)だったという、びっくりな事をネットで知るのでした。


他の作品も、見直したいな。











〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2019-05-04 16:05 | 趣味 | Comments(0)
2019年 04月 24日
「シャザム!」を観てきました
先日「シャザム!」を字幕版で観てきました。
d0221584_12575949.jpg
14歳の少年がいきなり中年男性のヒーローになる。。。。う〜ん、予告編でも悪ガキの悪ふざけっぽいシーンが流れてて、う〜〜ん。
観なくても良いかな、と思っていたんですが、意外と面白かったです。



ネタバレあります




珍しく悪役誕生のきっかけシーンから始まり、なるほどホラー映画の監督らしく、オバケでも出て来そうな描写でした。

そしてシャザムになっちゃうビリーは、幼いころに母親とはぐれ天涯孤独となったせいか、ちょっと拗ねてる多感な少年。でも口数の少ないおとなしそうな少年でしたので、シャザムになった途端、興奮しているのかハイテンションでおしゃべりになって、なんだか見た目以上に別人になったようでした。

そのシャザムを演じるのが、ザッカリー・リーヴァイ。
見た目が濃くて暑苦しい感じが、どうにも。。。だけど、雑誌のインタビュー記事で素の彼の写真を見たら、意外とあっさりとした素敵なハンサムさん。このままでシャザムをやれば良かったのに、と思いました。

ストーリーでは途中、悪ガキの悪ふざけがやっぱりたくさん出て来て鼻につくことも多々あるんですが、オモチャ屋でのシーンは、誰もが思っていると思いますがトム・ハンクスの「ビッグ」を思い出させます。
他にもバットマンの人形が出て来たり、細かく他の映画のパロディを仕込んでいる感じで面白かったです。

そしてラストはまさかの、ほぼ戦隊ヒーロー。
仲間が5人も出来て、力を合わせて戦います。
パワーレンジャーがこうなれば良かったのに〜、って感じでした(笑)。

それにしても、悪役ドクター・シヴァナ役のマーク・ストロングは、迫力ありすぎて、父親役や兄役よりもず〜っと年上に見えました(笑)。








〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2019-04-24 13:02 | 趣味 | Comments(0)
2019年 03月 31日
「レゴ・ムービー2」を観てきました
先日、「レゴ・ムービー2」を吹き替え版で観てきました。
本来なら字幕版で観たい所ですが、近くの映画館は軒並み吹き替え版ばかり。まあ、お子様対象の映画ですから当然ですけどf(^_^;。

1作目の時は色々と驚かせてくれた映画でしたが、既にそれらを踏まえた世界観での2作目となると、果たしてどうなのか? あまり期待はせずに観てきました。
d0221584_16460972.jpg




ネタバレあります。


懸念していた吹き替えですが、声優陣が見事だったせいか、なんら問題無くスムーズに鑑賞できました。が、いきなり歌い出すのは「またか」ってちょっとうんざりしましたが、これって原語版はどうなっているのかな?と気になりました。

今作は、早々に人間が登場する実写シーンがちょいちょいインサートされて、それがレゴワールドとシンクロしているのが解りやすくなっていました。

それにしても、1作目の少年がすっかり大きくなっていて驚きましたが、さらに高校生のような見た目なのにまだレゴで遊んでいるシーンが、とても違和感があって。。。。せめてもっと子供っぽい見た目の配役だったら良かったのにな、と思います。

それにしても、レゴの世界にも「未来からやって来た」なんて事言うヤツが登場しちゃって、うんざり。タイムトラベルすると絶対バグが出るから、もうやめて欲しいです。





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2019-03-31 16:49 | 趣味 | Comments(0)
2019年 03月 25日
「バンブルビー」を観てきました
先日、「バンブルビー」を字幕版で観てきました。

トランスフォーマーシリーズの少し前のお話で、しかも主役がタイトル通り、バンブルビーと言う事で楽しみでした。
d0221584_17085940.jpg


ネタバレあります。


冒頭こそオートボット達の激しい戦いがありましたが、バンブルビーが地球に逃げ延びてからはバトルシーンは最小限になり、バンブルビー自身の物語が中心に。。。と思ったら、ほとんど少女チャーリーのお話でしたf(^_^;。
アメリカで有名な人気女優さんらしいので無理もないか。時代設定も1987年なので、まさにアメリカで一世を風靡したティーンエイジャー・ドラマのようでした。

もちろん、彼女になぜか懐くバンブルビーはとても可愛いのですが、わざと可愛く振る舞っているようにも見える、あざといシーンもあって、そこはちょっと残念。
そんなことしなくてもビーは充分可愛いのに〜。
さらに、今回は変形シーンがバラエティに富んでいて面白かったです。
反則技らしいですが、チャーリーを乗せたまま半変形しちゃうとか、変形中のアングルが面白かったりと色々と楽しませてくれました。

そんなビーも終盤は一人で敵に立ち向かい、激しいバトルを頑張っちゃう。
トランスフォーマーシリーズをよく知る旦那さんに言わせると、バンブルビーはそこまで大人な戦士じゃないのに、との事。ちょっと弱っちいくらいが彼らしいのかな。

とにかく、バンブルビーが自分に懐いてくれたらいいな〜、って言うのを実現させたような映画でした。






〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2019-03-25 17:14 | 趣味 | Comments(0)
2019年 03月 22日
「スパイダーマン:スパイダーバース」を観てきました
先日、「スパイダーマン:スパイダーバース」を日本語吹き替え版で観てきました。
スパイダーマンとは言え、アニメだし、私が知っているピーターパーカーの話じゃ無いみたいだし、何より5人も6人もスパイダーマンがいるってどう言う事? と思っていました。
d0221584_12475661.jpg


ネタバレあります。


実際に観たら、意外と面白かったです。(失礼!f(^_^;)
主人公のマイルスはガッツリの黒人。この辺りはアメリカの今の事情が反映されてる気がします。

そんなことより、ビジュアルが面白かった。
アメコミがそのまんま動き出しているかのようでした。
吹き出しや効果音の文字が現れたり、漫画のコマ割のような表現があったり。ぼやけた背景が青と赤のラインでまるで昔の3D眼鏡が必要なような描写になっていたり。

6人のスパイダーマンも、それぞれの世界観を活かした作画で、モノクロで印刷のモアレまでも見えそうなノワールや、日本の漫画風のペニー、アメリカのカートゥーンなハムとか、全く異質な画風のキャラクターがひとつの画面で共演するのも楽しかったです。

中でもクライマックスの異次元がごちゃ混ぜになったような抽象的な表現は、どんな技法を使っているのか、とても不思議で新鮮でした。

なるほど、アカデミー賞を受賞しているだけありますね。

それにしても、スパイダーマンっていっぱいいたのね。
さらに上映直前に実写のアベンジャーズ版のスパイダーマンの予告編も流れたので、ますますスパイダーマンがゴチャゴチャになってますf(^_^;。







〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2019-03-22 12:50 | 趣味 | Comments(0)
2019年 03月 20日
「キャプテン・マーベル」を観てきました
先日ようやく「キャプテン・マーベル」を字幕版で観てきました。
d0221584_11371054.jpg
「アベンジャーズ|エンドゲーム」に続く作品と言う事でもあるので、見逃すわけにはいきません。
とは言え、キャプテン・マーベルって誰?女性なの?キャプテン・アメリカとは違うの? と予備知識無し。
でも、面白かったです(^_^)v。



ネタバレあります。





冒頭は宇宙の遙か彼方のお話で始まり、異世界異文化のビジュアルが楽しいですが、割とすぐに地球に来ちゃうのでモッタイナイかな(笑)。

今作はこれまでのマーベル・ヒーローとは違い女性が主役。ブラック・ウィドウに次いでようやく主役級女性ヒーローの登場です。
しかも、顔立ちはむしろ幼さを感じるくらい可愛い。なのに、強い〜! ボコボコにされても立ち上がっていく姿は、女性としては特に良い!と思いました。

また、記憶を取り戻した彼女がかつての相棒と宇宙へ出発するシーンでは、その相棒が女性というのがいいですね。ここで好意を寄せている男性とか登場されちゃうと、ウザイですから(笑)。
その相棒マリアが参戦するシーンでも、これまでの映画では主人公が来るなと言うのに来たがる、と言うキャラが多かったのに対して、マリア自身は行きたがらない。それを娘が「お手本を見せて」と出発を促す、と言うこれまでとは違ったパターンも面白かったです。

そしてアベンジャーズシリーズを通して出演してる、ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンと、コールソン役のクラーク・グレッグが、若い!! しかも違和感が無い! 今時のCG技術のなんと凄い事か! これからは往年の役者でも若い時代を演じられて何でも出来ちゃいますね。
しかし、フューリーの左目を奪ったのが、アレだったとは。。。。良いのかそれで?って感じでした。

それにしても、あれだけ強いキャプテン・マーベルが、アベンジャーズに参戦しちゃったら向かうところ敵なし。そして、猫のグースがいれば、誰も勝てないんじゃない?(笑)
さてさて「エンドゲーム」がどうなるのか、益々楽しみです。






〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2019-03-20 11:39 | 趣味 | Comments(0)
2019年 03月 12日
「運び屋」を観てきました
昨日「運び屋」を字幕版で観てきました。
d0221584_12304816.jpg
自身もまもなく御年89歳のクリント・イーストウッドが監督・主演を務めるこの映画。予告編でも派手なシーンはなく地味な印象でしたが、じんわりくる映画でした。


ネタバレあります。



昔はクリント・イーストウッドの映画も良く観ていましたが、最近はあまり観なくなっていたので、久々に彼の演技を楽しみました。
さすが、歳を取っても名優は名優ですね。
ヨボヨボしているのに味がある。こんな爺さん、いるよね〜って思わせてくれます。

そんな爺さんが麻薬の運び屋だなんて無茶だと思いましたが、実話を元にしていると知って、アメリカの爺さんはやっぱ元気だな〜って(笑)。

爺さんが呑気に長距離ドライブを楽しむ姿は、アメリカあるあるな風景と相まってアメリカ生活を思い出させてくれて少しだけ懐かしい感じもし、最後の「お金では時間は買えなかった」と言う主人公のセリフが心に残り、何故かじんわり涙を誘う映画でした。








〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2019-03-12 12:35 | 趣味 | Comments(0)