タグ:旅行 ( 123 ) タグの人気記事
2014年 08月 20日
レゴランド、再び。
先々週行ったサンディエゴ旅行、ようやく最終日です。

1日目「San Diego Zoo
2日目「Sea World San Diego
その夜「LEGOLAND HOTELブログ1)(ブログ2」に宿泊。
そして、3日目最終日、

LEGOLAND /レゴランド」を訪れました。
d0221584_942424.jpgここは、2012年5月に一度行っているので今回は二度目。(以前に行った時のブログはこちら
映画公開後、新しい施設が出来ていると言う事なので、チェックしてきました。

d0221584_942319.jpgd0221584_953352.jpg
▲入口すぐにあるギフトショップの前にある、「Friends」のいるベンチは女の子に大人気。
ここにもありました! ミニオンのゲームコーナー。(写真右)▲


d0221584_953848.jpgそして、ランドの左手にある DUPLO Village の奥にできた、映画「LEGO THE MOVIE EXPERIENCE」。レゴ・ザ・ムービーの世界が見られるようです。
d0221584_965455.jpg入口前でワイルドガール(ルーシー)がお出迎えしてくれていましたので、早速列に並び記念撮影。

d0221584_971366.jpgそして中へ入ると、パパの地下室が再現されていました。

d0221584_992554.jpgd0221584_994510.jpg
d0221584_9101826.jpgd0221584_9103872.jpg
d0221584_9113472.jpgd0221584_9111415.jpg
d0221584_9122294.jpgd0221584_91239100.jpg
映画で見たのと同じ、レゴの世界が広がっていてワクワク。
おしごと大王に追い掛けられるエメットとワイルドガールも、イイ感じ。だけど、悲しいかな。埃が。。。。レゴは小さいからお掃除も、なかなか出来ないのかな?


d0221584_974614.jpgd0221584_985296.jpg
パパの作業台だけでなく、ランドリールームまで再現されていて苦笑い。

そんなに広い施設ではないのですが、ゆったりと見ることが出来たのは、入口で入場制限をしていたから。まるで香港のブランドショップみたいです(笑)。


d0221584_9131449.jpgd0221584_9135751.jpg
さて、次にチェックしたいのは、「CHIMA」の新アトラクション。
ですが、残念ながらこれは別チケットが必要な「Water Park」の中にあります。
なので、看板だけ見てがまん。


d0221584_9133049.jpgd0221584_9155562.jpg
d0221584_9151896.jpgd0221584_9153127.jpg
そのゲートのそばに「Adventures’ Club」なる入口を発見。あれ? こんなのあったけ? と中に入ると、レゴでエジプトのファラオや北極の世界が再現されていました。やはり一度来たくらいでは、ちゃんと全部は見られないモノですね。


d0221584_9162880.jpg
▲そしてここにもありました、ミニオンのゲームコーナー。
もう、どんなテーマパークにもいる定番キャラになってます。



d0221584_9172217.jpgそして、前回もじっくり見たはずの「STAR WARS AREA」。もう見なくてもいいんじゃない?と思ったら、すっかり見落としていたジオラマがありました。それがこちらの「Episode I: Naboo」。

d0221584_9175346.jpgd0221584_9185664.jpg
d0221584_9193119.jpgd0221584_919406.jpg
d0221584_9192474.jpgあれだけ、喜喜として見て回ったはずなのに、何故? まあそのお陰で、新鮮な気持ちでじっくり見てきました。



d0221584_9201888.jpgd0221584_9213575.jpg
▲こんな夏らしいアトラクションもありました。
なぜか、ピカチュウまでゲームの景品に。節操無いな〜。(写真右)▲



d0221584_9222152.jpgd0221584_9214037.jpg
最後に覗いたギフトショップでは、8日に公開になった映画「ギャラクシー・オブ・ザ・ガーディアンズ」のスターロードのミニフィグ・キーホルダーがありました。残念ながらロケットは無し。ロケットだったら買ってたのにな〜。
また、ライトセーバーを上手くデザインに活かした、クロックスも発見。

d0221584_922971.jpg
▲ドリンク売り場で見かけたスーベニアカップ。
新アトラクションの CHIMA の柄です。


今回お土産はほとんど買いませんでした。
d0221584_9225959.jpgd0221584_9231494.jpg
旦那さんが CHIMA のウレタン製子供用武器を、私がセールになっていたトントのミニフィグ・キーホルダーをそれぞれ買ったのみ。

と言うことで、その他は前回と変わらないようでしたので、お昼を少し回ったくらいでしたが、レゴランドを後にしました。

d0221584_9241272.jpgこちらはレゴランドの入口から見たレゴランド・ホテル。
やっぱり記念撮影をする人がたくさんいました。

レゴランドに来てこんな楽しそうなホテルを見たら、次は是非泊まりたいって思っちゃいますよね。上手く出来てるな〜。


■LEGOLAND California
http://california.legoland.com/


と言う事で、サンディエゴ編終了です。
長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。
〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-08-20 09:37 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 18日
レゴランド・ホテル、やっぱりすごーい!
ちょっと間が空きましたが、前回の続きです。

先々週行ったサンディエゴ旅行で
1日目「San Diego Zoo
2日目「Sea World San Diego
そしてその夜に泊まったのは、

LEGOLAND HOTEL /レゴランド・ホテル

ここについては前回のブログでお伝えしましたが、今回はその続きです。
まるでテーマパークのようなホテルなので、まだまだネタは尽きません。

今回の予約が「セレブレイト・バースディ・パッケージ」になってしまった事は前回のブログでお伝えしましたが、そのオプションがまだありました。
それがこちらのバースディ・ケーキ。

d0221584_1516198.jpg事前にコンシェルジュからメールが届き、それに答える形でケーキの味、プリントのテーマ、文字等をリクエストしました。
受け取りもレストランにするかルームサービスにするかを選べるので、ルームサービスにしたところ指定の時間に、レストランの女性スタッフと男性パフォーマーが持って来てくれました。
それにしても、こんなに大きなケーキが届くなんてビックリ。

しかも、パフォーマーがその場でバースディソングとして、「Everything is awesome」を歌い上げるというおまけ付き(写真取り損ねました、スミマセンf(^_^;)。 いや〜、びっくりな上、子供もいないのにありがとうございました、と感謝の気持ちとちょっと申し訳無い気持ちにもなりました。


d0221584_15202385.jpgd0221584_1520358.jpg▲一生懸命ケーキを食べる旦那さん。クリームが分厚く塗ってあり、なかなか手強いケーキでした。



d0221584_15213692.jpgお腹も苦しくなったので、ちょっとお散歩がてらホテル内を探検することにしました。
まずは3階を更に奥へと進みます。すると、こんなドア。はてさてこの先は何が違うのか?


廊下は私達の部屋の前と変わりません。
d0221584_15214469.jpgが、各部屋のドアが先ほどのドアと同じ絵柄になっている上、たいまつのオブジェまで付いています。
しかしそれ以外の違いは、この時は解りませんでした。
翌朝になって解ることですが、こちらの部屋はどうやらバルコニーがあるタイプだったようです。


続いて階段を降りて2階へ。
ここのテーマは「パイレーツ」。
d0221584_1523662.jpgd0221584_15224328.jpg
d0221584_1523437.jpgd0221584_15232128.jpg
d0221584_15235277.jpgd0221584_1523388.jpg
なるほど、廊下の壁も床も海賊モチーフ満載です。

d0221584_15255140.jpgそしてエレベーターも。

d0221584_1525427.jpg
▲エレベーターの前では海賊がお出迎え。


さらに階段を降りて1階へ。
d0221584_152659100.jpgd0221584_15271412.jpg
d0221584_15272911.jpgここのテーマは「キングダム」。騎士や魔法使いのイラストが並んでいました。
d0221584_15281366.jpgd0221584_1529573.jpg

ちなみに、エレベーターは前回のブログでもご紹介したとおり、キングダムのテーマの絵柄ではなく、ただのレゴブロックなので残念なのですが、
d0221584_1530082.jpg← こちらの彼が、廊下の入口でお客さんをお出迎えしていました。


さらに探検を続けて、1階にあるトイレへ。
d0221584_15311477.jpg
d0221584_1531454.jpgd0221584_15311937.jpg
入口のマークも、さらに中もやっぱりレゴづくし。


そしてロビーは、ライトアップしてちょっと雰囲気が変わっていました。
d0221584_15315399.jpgd0221584_153263.jpg
▲まだまだ元気に遊ぶ子供たち。

外のプールでもレゴアニメの上映が始まったりして、まだまだ賑やかでした。


d0221584_1533974.jpg
▲正面のドラゴンも見事にライトアップ。


d0221584_1534129.jpgホテル内に戻り、MINI’S LOUNG に行くと、レゴ・シェフや「LEGO THE MOVIE」のシーンを再現したレゴがあり、チップ用のボックスもレゴで出来ていました。
d0221584_15342037.jpgd0221584_15343192.jpg


そして最後に覗いたのは、ケーキを届けてくれたレストラン「BRICKS RESTAURANT」。
d0221584_1535218.jpgここにもレゴ・シェフがたくさんいます。明日はここで朝食をいただく事にしましょう。
d0221584_15354478.jpgd0221584_1536569.jpg
d0221584_15361889.jpg



明けて翌朝。残念ながら朝は曇りがち。すぐに晴れて暑くなるんですけど、朝と夜は涼しいです。
d0221584_15371019.jpg「BRICKS RESTAURANT」で、朝食バイキング。メニューは普通のコンチネンタルブレックファストでしたが、テラス席はなんと、レゴランドの真ん前。9時の開園を待ちわびるお客さん達が続々と集まって来るのを見ながら、のーんびり朝食をいただきました。
d0221584_15381658.jpgd0221584_153831.jpg
d0221584_15382342.jpgテラス席にもたくさんのレゴ・シェフ&ウェイターがいました。


d0221584_15394391.jpgちなみにレゴランド・ホテルからは、この専用扉でレゴランドの真正面に出ることが出来ます。ちょっと優越感?(笑)。(入る事は出来ないので、ちょっと不便ですけどf(^_^;)。


と言う事で、朝食を終えるとチェックアウトを済ませ、いざ「レゴランド」へ。

d0221584_15402750.jpgそれにしても、朝起きてドアに挟まっていた宿泊費の請求書を見たときは、目玉が飛び出るほどの金額にめまいが起こりそうでした。
高級ホテル並みの金額でしたが、ここは私にとっては高級ホテルですから仕方無いですね(;´Д`)。



ああ、名残惜しくて後ろ髪が引かれます。何だったらレゴランドは行かなくてもいいかも? いえいえ「LEGO THE MOVIE」の展示が新しく出来てるらしいので、それを見ておかなくては。。。

と言う事で、次回は「レゴランド」をお届けします。



■LEGOLAND HOTEL
http://california.legoland.com/legoland-hotel/


長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。
〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-08-18 15:59 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(4)
2014年 08月 15日
レゴランド・ホテル、すごーい!
先週行ったサンディエゴ旅行。
San Diego Zoo
Sea World San Diego
と続き、3日目は「LEGOLAND」へ。

でも、その前の晩は噂の
LEGOLAND HOTEL /レゴランド・ホテル」に宿泊しました!

以前レゴランドに行ったときはその時のブログはこちら、まだ建設中だった「レゴランド・ホテル」。いつか来られたら良いねと思っていましたが、思っているだけでなかなか。。。そして気がつけばもう日が無い! しかもすっかり夏休みになってしまって、ホテルは繁忙期。やば〜〜〜い。
それでも、予約サイトにアクセスしたら、幸運にも8月8日に空きがひとつ。もう、選択の余地無し!、即予約。何とか一晩、確保出来ました。
実は、今回の旅行はこのレゴランド・ホテルの予約確定から計画を立てました。なので、メインと言っても過言ではありません。

d0221584_9252672.jpgさて、そんな期待に胸膨らむレゴランド・ホテルに、夕方6時20分頃到着したのですが、日が傾き掛けている中、色鮮やかなエントランスが目に飛び込んできました。
ひゃっほ〜〜♪

d0221584_9262146.jpgこれを見ただけでも、シーワールド・サンディエゴで歩き回り、疲れているはずの足の痛みはどこへやら。テンション、アップ。さほどレゴ・フリークでも無い私ですら、このワクワク感。熱狂的なレゴ・ファンだったなら、もっと嬉しい事でしょう。卒倒しちゃうかも?

ドラゴンの下を通り、中に入ってまたビックリ。

d0221584_92873.jpgd0221584_9284712.jpg
d0221584_9294388.jpgd0221584_929262.jpg
レセプションからコンシェルジュ・デスクから、キードロップから、もう何から何までレゴづくし。
チェックインしようとレセプションに行くと、テーブルの下にはレゴのショーケース。奥の壁にはミニフィグがびっしり。しかもその前を動く自転車は、ホイールが拡大鏡になっているという懲りよう。

d0221584_9271537.jpgd0221584_9301312.jpg
ロビーのセンターにはドラゴン。奥には海賊船とお城のプレイルーム。正にレゴ・ファンの天国です。


d0221584_9312077.jpgルームキーを受け取り、部屋へ向かう廊下も壁も、レゴレゴレゴレゴ。

d0221584_9315589.jpgd0221584_9321091.jpg
もちろん、エレベーターのドアもレゴ。さらに、エレベーターの中は、ディスコ! ドアが閉まるとミラーボールがキラキラと光り出だし、ノリノリの音楽がランダムにかかるのですが、映画「LEGO THE MOVIE」のテーマ曲「Everything is Awesome」がかかった際には、中にいた子供たちが一斉に踊り出してビックリ。大人気なんですね。


そして目的のフロア、最上階3階に到着。
チーン!
d0221584_9325439.jpgd0221584_9331978.jpg
インディ・ジョーンズ(?)がお出迎え〜。そう、ここは「アドベンチャー・テーマ」のフロア。
ちなみに、エレベーターのドアは ↑ こんな感じ。

d0221584_9335785.jpgでもって、壁も廊下もアドベンチャー。虫がうじゃうじゃの落とし穴があったり(もちろんイラスト)、宝の地図(?)があったり、歩いているだけでも楽しい〜。
d0221584_9342116.jpgd0221584_9343964.jpg

d0221584_9352319.jpg
▲ルームナンバーのプレートも凝っている〜。
3種類くらいありました。



そしてドアを開けると。。。
d0221584_9363430.jpgd0221584_9371841.jpg
d0221584_9375049.jpgもちろん、部屋の中もアドベンチャー! 入ってすぐ右手のキッズ・エリアには子供用二段ベッド。

d0221584_938145.jpgベッドの反対側にはファラオのオブジェ付きテレビ。その下には絵合わせパズル。

きゃー! これだけでもテンションあがる〜〜。
d0221584_9383396.jpgd0221584_9385089.jpg


隣はバスルーム。ここもすごーい!
d0221584_9402952.jpgd0221584_9395718.jpg
シャワーカーテンにも奥の壁にも、レゴフィグのイラスト。そして左側の鏡の周りには、レゴで出来たサソリとインディの帽子。鏡のフレームがレゴじゃなかったのが、ちょっと残念。
トイレットペーパーの柄は普通だったけど、止めてあるシールがニクイ。
どれもこれもすごーい。
d0221584_9412464.jpgd0221584_9414179.jpg
▲シールが版ズレしているのが惜しい!



d0221584_9423678.jpgそして一番奥には大人用クイーンサイズのベッド。
TA-DA! キターッ! 
d0221584_9433187.jpgd0221584_943893.jpg
ベッド周りも非常に凝っていて、枕元のボードにはこんな彫刻。

d0221584_9442560.jpgd0221584_9444416.jpg
右手の壁にはこんな壁画も。

d0221584_9453469.jpgd0221584_9455729.jpg
ベッド脇の絨毯の絵柄。冷蔵庫が入っている戸棚の扉もイカしてるぅ。

d0221584_9462110.jpgd0221584_9464496.jpgコーヒーメーカーの隣には、専用の紙コップ。さらに ↑ これをアイスペールにするとは! 

d0221584_9472296.jpgデスクの上の電話だって抜け目なし。

d0221584_9481910.jpgd0221584_9483698.jpg
ドアには「おこさないで」札が。これもまた可愛い。そして裏側。

d0221584_9493942.jpgd0221584_9495833.jpgちなみにレゴホテルは全館禁煙です。ドアの低い位置にある覗き窓は、子供専用(写真右)。


もう細かい所までいちいちレゴなんです。ああ、もう部屋にいるだけでテーマパーク!


ちなみにレセプションで、チェックインの際に ↓ これらのモノを渡されました。
d0221584_9505432.jpg右手前のリーフは館内マップ、中央下がルームキー。その上がウエルカムチョコレート、左が別途購入したレゴランドのパークチケット。そして右上の大きな塊は。。。
バースディ・ギフト。

予約の際にどういうわけか「セレブレイト・バースディ・パッケージ」しか選択できず、まあ、今月は旦那さんの新たな門出でもあるので、ま、いっかと。ということで、レセプションでプレゼントを頂いたというわけです。

ちなみに中身はこちら。
d0221584_9512698.jpgミニフィグ用のケース、ステーショナリー・セット、水色のボックスの中にはシンプソンズのミニフィグが2つ入っていました。

d0221584_95225.jpgさらに「VIP」と入ったリストバンドも渡されました。どんな特典があるんだ? 


さて、上のレセプションで渡されたグッズの写真の左下にあるのは、「レゴランド・トレジャー・ヒント」と書かれた紙。
ここには4つの謎が書いてあり、これを解読するとトレジャー・ボックスの鍵を開けることが出来るという、まさにアドベンチャーなお楽しみ付き。
d0221584_9533583.jpg
▲これが部屋に入ってすぐにある、トレジャー・ボックス。
しっかりダイヤル錠でロックされています。



やっぱり中身が気になりますから、早速謎解き開始。
ヒントの内ひとつはこの部屋の中にあります。そう、先ほど紹介したキッズ・エリアの絵合わせパズル。ここに番号が隠されています。
他には、ロビーにあったお城から上がっているバルーンの数、1階エレベーターフロアにあるLEGO製の額の数、さらには館内のカフェ「Skyline Cafe」にいるレゴ・ウェイターの数。

と言う事で、そろそろ夕食の時間だしウェイターの数も確認すべく、「Skyline Cafe」に行くことにしました。
d0221584_9544820.jpgd0221584_955493.jpg
d0221584_9552048.jpgd0221584_9555613.jpg
いました、ウェイター&ウェイトレス。壁にはこんなミニフィグも。さらにテーブルにはレゴが。カフェも抜け目ないほどにレゴ一色。
あまりお腹が空いていなかったのでサラダ系しか食べませんでしたが、食事も美味しかったですよ。さすがに料理にレゴが入っているとかはなく、ふつーでしたけど(笑)。
ちなみに、テラスにもテーブルがあって、そこにもレゴ・ウェイターがいました。さて、ウェイトレスをウェイターの数に入れて良いものか。。。。

全ての謎を解いたので部屋へ戻って早速、トレジャー・ボックスのダイヤルキーを合わせます。
OPEN! TA-DA!
d0221584_9572494.jpgレゴ・クラブの会報とレゴ・ムービーのレゴが二袋。それに宝箱らしく、金貨チョコレートも入っていました。

ちなみに、レゴ・ムービーのレゴの中身はこちら。
d0221584_9582679.jpgレゴ・キットの他にレンティキラ—のキーホルダー、ステッカーも入ってました。


と、言うわけでホテルにいるだけで充分遊べちゃう、レゴランド・ホテル。廊下にいると、各部屋から子供たちの歓声が上がるのがよく聞こえます。みんな楽しそう〜。

だけど、これだけじゃないんです。まだまだ紹介し切れないので、
次回もレゴランド・ホテルをお届けします。




■LEGOLAND HOTEL
http://california.legoland.com/legoland-hotel/


長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。
〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りいただきありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-08-15 10:21 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 13日
シーワールド・サンディエゴへ行ってきました
先週行ったサンディエゴ旅行。
San Diego Zooブログはこちらに続き、二日目は

Sea World San Diego
 /シーワールド・サンディエゴ
」へ行ってきました。

d0221584_13493429.jpgここには大昔、まだ二十代の若かりし頃に一度行った事がありますが、今や別物と言えるくらい変わり、広〜く大きくなったようです。

前日の疲れも何の其の、意外とちゃんと目が覚めてホテルを出発。空港近くのホテルだったので、シーワールドには近く、モノの15分ほどで到着。
駐車場の入口渋滞があったけど、開園の9時には車を駐車完了。
さあ、入口へ。

この日は生憎の空模様。結構雲が厚くどんより。写真を撮るには残念ですが、過ごしやすいと思えば曇り空もいいものです。
上のエントランスの写真は、帰りに撮ったので見事晴天。シーワールドは50周年だったんですね。


チケットはもちろん、公式サイトで購入済み。
ラッキーなことに平日限定ではありますが、Web 限定のお得なシングル・デイ・チケットがあり、通常$84(約8,570円※)するところ、なんと$50(約5,100円※)に! 土日も使えるチケットでもオンラインで購入すると$64(約6,530円※)で、$20(約2,040円※)もお得です。
更に駐車料金も事前にオンラインで購入しておくと$1引きになるサービスがあり、もちろん購入しておきました。
何でもオンラインがお得な時代なんですね〜。


d0221584_13511413.jpgエントランスを通るとそこには、テレビCMでも流れていた「EXPLORER'S REEF(エクスプローラー・リーフ)」があり、既に多くの子供たちが集まり手を突っ込んでいます。
何故かというと、日本でも一時期流行った「ドクターフィッシュ」がいるんですね。
手の周りには小さい魚が群がり、なんだかくすぐったい。


d0221584_13522030.jpgd0221584_1352404.jpg
▲ちなみに、朝は写真左程度の集まり具合だったのが、帰り際にもう一度寄ってみたらこんなにも群がり(写真右)、隣の女の子に羨ましがられていた旦那さん。単に手が汚れていたってこと? 確かに汗もかいたしな〜。

d0221584_13533338.jpg
▲シーワールドのマスコットに遭遇。


今回のお目当ては、シャチのショーとイルカのショー。どちらも昨夜の内にウェブでスケジュールは確認済み。って、入口でもらえる地図の裏にバッチリ、スケジュールが書いてありますf(^_^;。
なのでその時間を気にしつつ、
まずは私の本命「MANTA(マンタ)」に直行!

d0221584_13562369.jpgこれまた嬉しい事に朝イチで来たお陰で、待ち時間なんて無いようなもの。
荷物をロッカーに預けて、さっさと乗り場に向かいます。

d0221584_1355095.jpgd0221584_13551592.jpg
高低差はあまりないジェットコースターですが、富士急ハイランドの「ドドンパ」みたいに、いきなりスピードアップするので最初はビックリ。空いているお陰で私は2回目にも挑戦したのですが、その時は既にスピードアップする場所が解っているので、驚くことは無かったですが、やはり、降りた後は若干足元ふらふら。三半規管にダメージが。。。やっぱり歳なのかしら?(;´Д`)。

d0221584_13565673.jpgマンタのそばには、触ることができるエイの水槽。これは下からも見ることができます。
d0221584_13573317.jpgd0221584_13574762.jpg


d0221584_13582087.jpg
▲朝ご飯も食べずに来たので、シャチの形をしたプレッツェルを購入。
固かったけど、お腹は満たされました。
ん? 写真で見るとなんだか、う●こみたい、げげげ(;゚Д゚i|!)。



d0221584_1359146.jpgちょっと時間には早かったけど、シャチのショーが行われる「SHAMU'S STADIUM」に向かうと、軽食の売店にはシャチのスーベニアカップ。
d0221584_13593752.jpgd0221584_13595430.jpg
ギフトショップには、山のように積まれたシャチのぬいぐるみ。さらに、シーワールド限定のバービー人形、飼育員Ver. 。ここもサンディエゴ動物園同様、ギフトショップが充実しています。


なかなかお天気が回復しない中、いよいよシャチショーの始まりです。
早めに行ったお陰で中央の席を確保出来ました。本当はもう少し近くで観たい所ですが、そこはずぶ濡れゾーン。あまりに危険で座れませんf(^_^;。
もちろん、一番見やすい席は予約席。ちなみに公式サイトでも、この予約席に座ることが出来るチケットが購入できます。結構お高いですけどねf(^_^;。

d0221584_1405962.jpgd0221584_1412094.jpg
d0221584_1413990.jpgd0221584_1415646.jpg

それにしても、シャチの大きい事。あの大きな尾ひれで容赦なく、客席に水を掛けまくりです。
ところで、シャチのショーと言えばトレーナーがシャチの背中に乗ったり、鼻先で足を押して猛スピードで泳いだりなんてのが、昔はあったと思うんですが、今は無いンですね。というか、トレーナーは一切プールの中に入りません。過去に事故があったから安全面での配慮でしょうか。
それでも、シャチは可愛かったですよ、デカイですけどね。




d0221584_143457.jpgこのスタジアムに隣接している「SHAMU'S UNDERWATER VIEWING」では、休憩中のシャチの姿を見ることができます。
実は、このプールで泳ぐシャチを見ながら食事の出来る「DINE WITH SHAMU」で、昼食を摂りたいと言い出した旦那さんですが、すでに予約でいっぱい。これもまたウェブで予約が出来たようです。う〜む、これからはウェブで予習しておくのは必須ですね。


次に向かったのは、イルカショーの「DOLPHIN STADIUM」。ちょっと出遅れたので、シートはちょっと左寄り。それでも充分よく見える席でした。




こちらはシャチのショーとは違って、トレーナーがジャバジャバ、プールの中に入ります。イルカと一緒に泳ぐし、イルカに乗ったり、小さめのクジラに乗ったりもしました。

d0221584_145301.jpgd0221584_146715.jpg
d0221584_1465396.jpgd0221584_1471633.jpg
中盤では、ワイヤーで吊された鳥の衣装をまとったパフォーマーや、高飛び込みの妙技も披露されたりと、ちょっとイルカと離れちゃうんですが、まあそれはそれで面白かったです。

だけど、イルカの技だけ比べたら、日本のイルカショーのほうがもっと小技の効いたハイレベルな技があるように感じました。


他にも鮫のエンカウンターや亀のリーフ、ペンギンのエンカウンターなどもあり、さすが広いだけあって、迷子になりそうです。

d0221584_1482563.jpg
▲シャーク・エンカウンターにあったギフトショップ。
鮫のぬいぐるみがぎゅうぎゅう詰めに。




d0221584_1493032.jpgd0221584_1410296.jpg
お目当てのショーやマンタを満喫したので、ついでにアシカのショー「SEA LION AND OTTER STADIUM」も見てきました。コミカルな動きで笑わせてくれるアシカたちですが、それ以上に人間のパフォーマーがなかなか楽しく、前座から客席を沸かせていました。
残念だったのは、最後にアシカたちが踊った曲が「カンナム・スタイル」だったこと。確かにアメリカでも大ヒットした曲ですが。。。f(^_^;。



d0221584_1413137.jpgd0221584_14135288.jpg
あちこち見て回ったら、あっという間に2時過ぎ。ようやく昼食を「Cafe 64」で摂りました。ここでは自分流にカスタマイズしたハンバーガーが食べられます。で、ありました、味の保証は出来ないデザート。その形だけで購入した「Cookie Shamu Wave」($3.99=約407円※)。
ハンバーガーは普通に美味しかったですけど、このクッキーは案の定。。。それでもクッキーは頂きましたが、さすがに波をイメージしたクリームまでは食べられませんでした。


d0221584_14153561.jpgマンタの他にもジェットコースターがありました。
それがこちらの「JOURNEY TO ATLANTIS(ジャーニー・トゥ・アトランティス)」。
夏向きの水がかかるタイプです。お日様もジリジリ照りだしたので、乗っても良いかなと思ったのですが、大人気で長蛇の列。それを理由に早々に諦めました。


d0221584_14161583.jpgその代わり「WILD ARCTIC」で、ヘリコプター・シミュレーションに挑戦しました。と、言う程のモノではありませんでしたが、ディズニーランドのスター・ツアーズのようなアトラクションで、映像は北極。
d0221584_14165925.jpgd0221584_14175871.jpg
ライドを降りると風景は北極になっており、ベルーガがいました。
d0221584_14183568.jpgd0221584_14192032.jpg
水中を泳ぐ姿も見れましたが、愛嬌がありますね。

d0221584_14202544.jpgここも展示を見終わるとギフトショップ。白熊もシャチもぬいぐるみは、ぎゅうぎゅう詰めで笑っちゃいます。


d0221584_14212985.jpg
▲入園してすぐに売店で見かけてから、ずーっと気になっていた、
シャチ型のアイス。帰る直前ようやく食べられました。
チョコレートがビターで美味しかったです。



そしてこちらが今回のお土産。
d0221584_14224814.jpg
ここも各動物(魚?)ごとにショットグラスがあって、とても迷いました。ちなみに、右のイルカ柄のふたつは、ソルト&ペッパー入れ。同じ柄でお皿もありました。揃えられたら素敵なんですけどね〜。

d0221584_1424460.jpgd0221584_14245374.jpg
また、左側の50周年のピンズは折りたたみ式。初めて見ました。


d0221584_14261698.jpgペニープレスも至る所にあって、とてもコンプリは無理。気に入ったモノのみで、今回は6個。
専用のアルバムも売られていましたが、昨日サンディエゴ・ズーのを買ったばかりだから。。。と断念(;´Д`)。


本当に広くて見応えのあるシーワールドでした。お土産もたくさん売っているから、より楽しかったです(^_^)v。

さて、まだまだ日が高い5時半。
名残惜しくも、今夜の宿「LEGOLAND HOTEL」目指して出発です。
ああ、一体どんなホテルなんでしょう。。。。
o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)oワクワク。



■Sea World San Diego
http://seaworldparks.com/en/seaworld-sandiego/

※$1=102円で計算。



長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。
〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-08-13 14:52 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 12日
サンディエゴ動物園へ行って来ました。
カウントダウンの始まったアメリカ生活で、心残りだったのがサンディエゴへの小旅行。
サンディエゴ・サファリパークには以前行ったことがありますが(その時のブログはこちら、「Zoo」はまだ。以前から行きたいと旦那さんと話をしていたものの、なかなか実現していなかったのですが、このほどようやく実現して、先週、二泊三日で

San Diego Zoo
Sea World San Diego
LEGOLAND
と出かけて来ました。

しかも、夏休みシーズンだというのに「LEGOLAND HOTEL(レゴランド・ホテル)」の予約も奇跡的に取れて、まさに I can't wait ! な感じでした。


まずは「 San Diego Zoo/サンディエゴ動物園」へ。
d0221584_76579.jpg

出発7日(木)の朝、と言っても早起きが苦手なので家を出たのは9時半f(^_^;。車を南に走らせること、約2時間半。ロサンゼルスとサンディエゴは距離的には2時間くらいなんですが、何故か必ずどこかで渋滞が発生するので、なかなか予定通りには行きません。
ま、そんな事を見越してお弁当も用意しておきましたから、渋滞でノロノロになった途端、ランチタイム。車内でおにぎりやら唐揚げなんかをつまんで、渋滞のイライラを解消しつつ、お昼前サンディエゴ動物園に到着。

d0221584_775790.jpg駐車場に車を止めてエントランスへ歩いて行くと。。。。
きゃー! 大きな植木がゾウの形になってる! ゾウ好きには溜まりません。一気にテンション・アップ!

チケットはもちろん事前に公式サイトにて購入済みなので、窓口はスルー。
今回は Web での割引はありませんでしたが、1-Day Pass($46=約4,700円※)には、ガイドバスツアー、エクスプレス・バス、スカイファリ(ゴンドラ)の乗り放題が含まれているので、1日で見て回る分には充分かと思います。

d0221584_783936.jpg
▲中に入ってマップをゲット。都市部にあるのにとっても広くてビックリ。


d0221584_791715.jpgまずはパーク左手にあるゴンドラ「Skyfari」に乗って、パークの一番奥、地図だとほぼ真上にある「POLAR BEAR(ホッキョクグマ)」のエリアを目指します。

4人乗りの小さなゴンドラ。結構高さがあって眺めも最高ですが、なにより風が涼しくて爽やか。気持ちいい〜。
d0221584_710651.jpgd0221584_7102617.jpg
d0221584_710559.jpgそれにしても、動物園というよりは森のように緑がいっぱい。木々に覆われてあまり動物は見えませんが、ようやく真下にゴリラが見えました。


d0221584_7125119.jpgd0221584_7115744.jpgPOLAR BEAR(ホッキョクグマ)」のエリアにある、ホッキョクグマの実物大スタチュー。
ここサンディエゴ動物園には、本物に負けないほど良くできたスタチューがたくさんありました。

d0221584_8125890.jpgリアル・ホッキョクグマはガラスの向こう、岩の上で餌を食べていました。暑くて大変そう。。。
d0221584_7134711.jpg


d0221584_7141794.jpg他にも、トナカイがいたり、大型の猛禽類がいたり、たくさんいるので紹介しきれません。
d0221584_714381.jpgd0221584_7145727.jpg


d0221584_7154951.jpgそんな中、唯一行列が出来ていたのは、パンダの「PAND TREK(パンダ・トレック)」。
国は変わっても、パンダ見物の行列はどこも一緒ですね〜。あ、香港はパンダの数も多かったから行列はなかった気が…。(詳しくはこちらのブログ
d0221584_7165318.jpgまずは、レッド・パンダがお出迎え。って、暑さ対策のスプリンクラーに口を付けて、水を直のみ。それじゃあ、周りが涼しくならないよ〜。

d0221584_834283.jpgd0221584_7174656.jpg
30分ほどしてようやくパンダにご対面。まずは「白云(Bai Yun)」。
やっぱり、ぐで〜としているのも万国共通f(^_^;。さらにこの子は特製ハンモックに身を委ね、背後からは扇風機の風を浴びて、たれぱんだならぬ、だれぱんだ。まあ、暑いから仕方無いか。


d0221584_7182547.jpgd0221584_7184484.jpg
d0221584_7191693.jpgd0221584_7193557.jpg
となりには「小礼物(Xiao Liwu)」。やっぱりこちらもぐで〜。日向で寝ていたので暑くないのかな?と思っていたら、むくっと起き出し日陰に移動。うっ、そこだとガラスが邪魔でよく見えない。でも、暑いから仕方無いよね。

d0221584_720343.jpg
▲パンダ行列は万国共通?


d0221584_7212344.jpg実物を見たらやっぱりお土産。
日本以上にエリアごとに動物をモチーフにしたギフトショップがあるので、見ていて楽しい♪

d0221584_7222594.jpgそしてありました、フット・マッサージャー。1回25セント(約25円※)これ、サンディエゴ・サファリパークにもありました。
午後を過ぎると使う人が続出。単純なマッサージだけど、結構効くんですよね。


d0221584_722583.jpgパンダエリアから昇りの長〜いエスカレーターがあるので、ゾウエリアへ。
意外とアップダウンがあるので、これはとても助かりました。


d0221584_7232330.jpg「Elephant Odyssey」では、水の中から化石が現れる展示があり、凝った演出に感心至極。
d0221584_7234720.jpgd0221584_724596.jpg


d0221584_7244438.jpgd0221584_725293.jpg
そして、ここには強大なゾウのスタチュー。これがまた大迫力で、子供たちにも大人気。
さあ、本物を見よう、と思ったら手前の展示室に人だかり。中では、ライオンのカップルがすっかりお昼寝中。
d0221584_7253786.jpgd0221584_7255545.jpg
d0221584_7261367.jpgd0221584_7263036.jpg
▲肉球〜♪


d0221584_7271711.jpgd0221584_7283258.jpg
そしてお待ちかね、ゾウ〜〜♪
広〜い敷地に数種類のゾウがそれぞれのエリアにいて、の〜んびりとした動きに癒されました。


d0221584_7275446.jpgd0221584_729436.jpg
▲ゾウエリアにあった不思議な植物。


d0221584_7303475.jpgd0221584_7305746.jpg
そして、もちろんゾウエリアにもギフトショップ。さらに、ギフトショップの近くにはATM。


ゾウエリアを見終わるとちょうどパークの右端まで来たことになります。入口からは結構な距離。ここにはエキスプレス・バス=カンガルー・バスのバス停No.4があるので、迷わず乗ることに。ここまでで結構足が疲れちゃってますf(^_^;。

d0221584_7315769.jpgd0221584_7321511.jpg
d0221584_7323410.jpgエリア入口にあるオブジェ。見る角度によってゾウのフォルムが違います。


d0221584_7331862.jpgちなみにバスはこんな感じ。ガイドツアーバスも同じ形なので、運転席にある表示で確認。バス停に止まるエキスプレス・バスは「Kangaroo Bus(カンガルー・バス)」の表示があります。もっともガイドツアーバスはバス停には停まらないので、乗りたくても乗れませんけどねf(^_^;。


d0221584_7335640.jpgバスを降りたのはバス停No.1の「URBAN JUNGLE」。ここには旦那さんの大好きなサイがいます。
ちょうどバックヤード・パス対象の、サイの餌付けの真っ最中。遠くから羨ましく眺めます。
d0221584_7343142.jpgd0221584_7345439.jpg
d0221584_7351578.jpgd0221584_7353354.jpg
それが終わればサイも自由の身。柵の近くまで寄ってきたので写真も撮れます。
本格的な餌はこちらで。係員がパッサパサに渇いている干し草を投入。サイもムシャムシャ食べていますが、あまりに水気が無いので、むせないのか心配になるほどでした。


d0221584_7362386.jpgd0221584_7364189.jpg
d0221584_737142.jpg他の動物を見て回っていると、お散歩中のチーターと遭遇。って、危なくないのか? 彼もバックステージ・パスのイベントに参加するらしく、ステージへ移動中。チーターの名前は「Bakka」(Mr. Cool と言う意味らしい)、一緒にいる犬はベスト・バディの Miley。


d0221584_7374766.jpgd0221584_738967.jpg
そして何と言っても、ここには「コアラ」がいます。動物園のCMでも「KOALAFORNIA(コアラフォルニア)」なんて言っているくらい、押してる動物のひとつ。宣伝するだけあって、かなりの数がいてビックリ。
大抵は1本の木に一匹がしがみついてお昼寝中。たまに2匹寄り添っていたりもするけど、大抵後ろを向いているので、グレイの毛の塊にしか見えないf(^_^;。かろうじて顔がハッキリ見えたのはこの一匹くらいでした。


d0221584_73938.jpg次のエリアに向かう途中にいたのは、カリフォルニアの旗の絵柄にもなっている、グリズリー・ベア。愛らしい顔をしてると思って和んだら、もの凄い爪でぶっとい骨を持っている。怖〜。

d0221584_7393166.jpgパンダエリアまで戻って来たので、ここからもう一方に伸びるエスカレーターに乗って、ゴリラのエリアへ。
ゴリラも、やっぱり暑そう。
d0221584_7401219.jpg
←こっちはスタチュー。
言わずもがな、かf(^_^;。

d0221584_7404143.jpg
森のようなトレイルをエッチラオッチラ歩いてようやく着いた、パーク左上の端っこ。ここにはカバがいます。
けど、やっぱり暑いのかな。水面に顔を出すのは、息継ぎする時くらい。後はずっと水の中。地面を蹴って、水中をすーいすい。


後は引き返しながら、タイガー・トレイルを通り最近のサンディエゴ動物園お薦め動物のひとつ、を見ようと思ったら、どこにいるのか全く見えず断念。上り坂を汗をかきかき登ってきたのに〜〜〜。(T T)。残念でした。


d0221584_741994.jpgようやくエントランス付近まで戻って来たら、最後はやっぱりお土産。ギフトショップに入ってあれやこれや。コレクションしているショットグラスも各動物ごとにあるので、迷う迷う。。。
▲最後まで悩んだゾウの刺繍つきキャップ。今にして思えばやっぱり買ってくれば良かったかな、とちょっぴり後悔。


でもって、買ったのはこちら ↓。
d0221584_7414414.jpg
左上のバッグは日焼け止めと水のペットボトルが1本ついて$18.95(約1,940円※)。旦那さんはサイの刺繍付きキャップ($19.95=約2,035円※)を購入。
左下の水色の四角い物は。。。
d0221584_7422831.jpg折りたたみ式双眼鏡($8.95=約915円※)。その隣はペニープレス用アルバム($4.95=約505円※)。イラストが可愛い。

ちなみに、右端の黒い猿のぬいぐるみは、おまけ。一定額を購入するともらえるみたい。だけど、そんなこと店内のどこにも書いて無かったので、驚いちゃいました。


園内に数多くあったペニープレス。気に入った物を選んだので、今回はこれだけ。
d0221584_7431496.jpg

本当に広くて、動物もお土産も、ペニープレスもいっぱいあるので、時間がいくらあっても足りないくらい。初日にして足が疲れちゃったけど、楽しかったです。
歩くのが嫌な人は、エントランス近くにあるガイドツアーバスに乗ると良いかも。歩くことなくバスの中から、ガイド付きで動物を眺める事が出来ます。
夏の間は夜9時まで営業。とはいえ、この時期8時までは明るいカリフォルニア。9時を過ぎないと「夜」という感じではないので、あまり粘っても意味はないと判断。明日の事もあるので、ちょっと名残惜しかったけどホテルへ向かいました。


次回「Sea World San Diego」に続く。



■San Diego Zoo
http://zoo.sandiegozoo.org/


※$1=102円で計算。


長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-08-12 08:26 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 25日
マウントラッシュモア と クレージー・ホースを比べてみた
今月の初めに行った、マウントラッシュモアのツアー。
ブログにした通り、マウントラッシュモアもクレイジー・ホースも本当に大きかったのですが、今ひとつ伝わりにくかったのでは? と思い、こんな比較写真を作ってみました。

d0221584_9431012.jpg

顔だけでもマウントラッシュモアよりもクレイジー・ホースのほうが断然大きい上に、彼には腕も馬も作られる予定ですから、ますます大きくなりますね。

って、やっぱり伝わりにくかったかしら?f(^_^;。



=====今回の観光先========
(1)マウントラッシュモア
(2)デビルスタワー デッドウッド
(3)クレイジー・ホース
 と ウィンドケーブ国立公園(ニードルズ・ハイウェイ、カスター州立公園)
(4)バッドランズ国立公園 と ウォールドラッグ
======================
■地図はこちら→ MAP




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-07-25 09:47 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 22日
バッドランズ国立公園 と ウォールドラッグ
d0221584_8243425.jpg今月の初め、7月4日の独立記念日を絡めたマウントラッシュモアのツアーに参加しましたが、そのブログもようやく最終回です。

ツアー最後日は、マウントラッシュモアのある街、イエローストーンから東へバスを走らせ、「BADLANDS NATIONAL PARKバッドランズ国立公園)」を目指しました。


=====今回の観光先========
(1)マウントラッシュモア
(2)デビルスタワー デッドウッド
(3)クレイジー・ホース
  ウィンドケーブ国立公園(ニードルズ・ハイウェイ、カスター州立公園)
(4)バッドランズ国立公園 と ウォールドラッグ
======================
■地図はこちら→ MAP



【BADLANDS NATIONAL PARK
/バッドランズ国立公園】


ホテルを出発して約2時間。延々と続く草原の中をバスはひたすら東へ。ナショナル・パークの東端、Northeast Entrance からパーク内へと入りました。

d0221584_8253537.jpgするとぱっくりと草原が割れて、眼下に奇妙な岩山がたくさん見えて来ました。
d0221584_8263120.jpg

d0221584_8264870.jpgd0221584_827834.jpg
グランドキャニオンばりの横縞が無数に入った岩山。遠ーくのほうまで続いています。まるで安いポリゴンのようで、大自然なのになぜか不自然さを感じてしまいます。

次に向かったのは、Door Trail。
ここにもまた不思議な世界が広がっていました。
d0221584_8274685.jpg
d0221584_828358.jpgd0221584_8281870.jpg
d0221584_829962.jpg
d0221584_8293299.jpgd0221584_8294782.jpg
映画のミニチュアセットのような岩が並んでいるので、どうやら「進撃の巨人」ごっこをしたいらしい旦那さん。
スミマセン、上手く撮れませんf(^_^;。


d0221584_8303032.jpgd0221584_830485.jpg
ビジターセンターで小休止したあとは、次のビューポイントまで西へとバスを走らせます。その間も窓の外には、緑と岩と空が織りなす不思議な景色が続き、キョロキョロしっぱなし。
d0221584_8312266.jpg
d0221584_8313756.jpg
そして到着したのはパークの中程にある「Pinnacles Overlook」。あまりに広大すぎて間隔が麻痺してしまいます。

d0221584_831581.jpgここからは北上して、Pinnacles Entrance を出てひたすら真っ直ぐ進み、Wall と言う街を目指します。



【WALL DRUG /ウォールドラッグ】

d0221584_8324379.jpg20分ほどで到着したのは、街の中心にある「WALL DRUG」。世界一大きなドラッグストアだそうで、入口もたくさんあって見るからにショッピング・センターと言った感じ。しかもここへ来た目的は、ドラッグストアなのに、中にあるレストランのバッファローバーガー。
d0221584_8331695.jpgですが昼時なもんですからレストランは大混雑。オーダーして食べていたら、広い店内を見て回る時間なんてとてもありません。
そこで、食事は To Go(テイクアウト)にして、時間が許す限り店内を散策する事にしました。

d0221584_8335194.jpgd0221584_834799.jpg
ちなみにレストランにはオリジナルのワインや、創業以来値上げしていないと思われる、一杯5セントのコーヒーがありました。
d0221584_841644.jpg
▲店内の案内図

d0221584_8344717.jpgd0221584_83552.jpg
店内はまるで迷路のようで、様々なお店がひしめき合っていましたが、やはり目を引くのはバッファローや立派な角を持つ剥製たち。

d0221584_8354560.jpg中庭にはオリジナルキャラの、角の生えたウサギのような動物の遊具。
d0221584_8361586.jpgd0221584_836343.jpg
d0221584_836568.jpg▲旦那さんは化石のお店を見つけて、にんまり。

← そして、ドラッグストアと言うだけあってありました、薬局。だけど、ここにも剥製がたくさん。いやー、バッファローの顔、やっぱり大きいです。


まだまだ見たかったんですけど、残念ながら時間切れ。やっぱり時間が足りなかった。。。バスへと戻り、ようやく昼食。

d0221584_8373322.jpg実は初日の夜に、キーストーンのファミレスでバッファロー・バーガーは体験済み。なので、バッファロー・ホットドッグにしてみました。
バーガーもそうでしたが、ホットドッグも特別な味はせず、ちょっとしょっぱいかな? って思ったぐらい。やっぱりバッファローも牛って事ですねf(^_^;。


これにて、今回のツアーの観光は全て終了。

d0221584_8421141.jpgd0221584_8422568.jpg
後はラピッド・シティ空港へ。またまた小さなプロペラ機で乗り換えのデンバー空港へと向かいました。
今回は行きとは違ってスムーズに離陸。デンバー空港に到着した時に、パイロットさんの写真を撮らせていただきました。ふふふ、なかなか若くてハンサムさんでした。(^o^)うほ♪。



■BADLANDS NATIONAL PARK
http://www.nps.gov/badl/index.htm
■Wall Drug
http://www.walldrug.com/


最後のお土産はこちら
d0221584_8432075.jpg


メインはマウントラッシュモアだった今回のツアーですが、デビルスタワーやクレイジー・ホース、ウィンドケーブなど、それ以上に楽しめたポイントがたくさんあった旅行でした。

これで残り少なくなったアメリカ生活の、充実計画その1を達成。さて、次はどこへ行けるかな?



長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-07-22 08:58 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 19日
ニードルズ と ウィンドケーブ国立公園
「次回に続く」としておきながら間が空いてしまいました、スミマセンf(^_^;。では、改めまして「続き」をどうぞ。

7月4日の独立記念日を絡めた、マウントラッシュモアのツアーに参加して3日目。
マウントラッシュモアからバスで約30分ほどの所にある「CRAZY HORSE MEMORIAL(クレイジー・ホース・メモリアル)」を訪れたあと(その時のブログはこちら、さらに南にある「ウィンドケーブ国立公園」を目指しました。


=====今回の観光先========
(1)マウントラッシュモア
(2)デビルスタワー デッドウッド
(3)クレイジー・ホース と ウィンドケーブ国立公園
(4)バッドランズ国立公園 と ウォールドラッグ
======================
■地図はこちら→ MAP



ウィンドケーブ国立公園に向かう途中通過したのは「Needles Highway」。両側に針のように尖った岩がひしめく細い山道でした。

【Needles Highway
/ニードルズ・ハイウエイ】


d0221584_814215.jpgd0221584_82152.jpg
クレイジー・ホースから少し遠回りになりますが、珍しい岩が連立する山道(冬は閉鎖される)を通りました。前夜ホテルのロビーで見つけたフリーペーパーにあった、不思議な岩山、それらが突然目の前に現れてビックリ。立ち寄るとは思っていなかったので、嬉しいオドロキでした。

▲右の写真は絵はがきにもなっていた、穴のある岩山。まさに縫い針のようです。これを自然が作り出すのですから、自然の力は偉大です。


d0221584_83853.jpgそして観光名所となっている、ちょー狭いトンネル。そこに道路があるの? と言うほど狭い岩と岩の隙間にどんどんと車が吸い込まれて行きます。
d0221584_83576.jpg乗用車なら大丈夫かも知れないと思っても、こちらは大型観光バス。

ええ! やっぱり通るんですか! と、かなり不安になるも見守ることしか出来ず。
d0221584_841239.jpgですが、さすがベテランドライバー、少しもこすることなく無事にトンネルを通過。車内からは拍手が起こりました。


d0221584_85469.jpgトンネルを抜けると、対向車が待っていました。こんなに狭いのに相互通行、てんこしゃんこに車が行き来します。すごいです!
d0221584_861874.jpg通ってきたのはこんなトゲトゲ岩の山。

しばし ↓ こんな岩が、くねくね山道の両側に連立しています。
d0221584_87286.jpgd0221584_874230.jpg
d0221584_882374.jpg


d0221584_891125.jpgd0221584_894961.jpg
▲少し離れたビューポイントからの眺め。ゴジラの背ビレのようにトゲトゲした岩山が見えます。

このくねくね山道の途中からは「カスター州立公園」内です。



【Custer State Park /カスター州立公園】

山道を抜けると一気に草原が広がります。
d0221584_8105156.jpgd0221584_8111135.jpg
ここには野生動物がたくさんいるということでしたが、私達が目撃できたのはバッファローのみ。とは言え、この数! すごいです。あ、もちろん車窓からの観察のみです。危ないですからね。

更に南下して目的地「ウィンドケーブ国立公園」に到着です。


【Wind Cave National Park
/ウィンドケーブ国立公園】


d0221584_8115639.jpgこれまでの国立公園とは違って、周りは何もない広ーい草原。ここで見るのは、地面の下です。
この広い草原の下には、何層にも渡って長い洞窟があるんだとか。楽しみです。

遠回りしてニードルズまで見ましたが到着は午後3時ちょっと。ここでの観光はパークレンジャー同行の為、事前予約制で、その予約時間は4時。まだ時間があるので、先にちょっとお買い物をしました。(買ったお土産はこの記事の最後でご紹介します。)

d0221584_8124527.jpg
▲ビジターセンター内にあるギフトショップの入口にはこんな看板が。
だまし絵のようなロールシャッハ検査のイラストのような、なんとも洒落たイラストです。



そしていよいよ私達の洞窟探検が始まります。
d0221584_8135867.jpgd0221584_8142010.jpg
パークレンジャーと共にまずは地上のトレイルを歩いて、洞窟からの風が吹き出す穴を見学。
冷たくて気持ちの良い風が、勢いよく吹き出ています。

では、いざ洞窟内へ。


d0221584_822550.jpg手すり付き階段を降りていくと、中はひんやり、グッと気温が下がって約11℃。外が30℃越えでしたから、とても涼しくて気持ちがいい〜。けど、そのうち寒く感じてくるので、上着を持って行ったほうがいいです。
d0221584_8241469.jpgd0221584_8243188.jpg
そして暗い中所々スポットライトで浮かび上がる岩壁が、なんとも幻想的な世界を作り上げていました。

d0221584_8251478.jpg天井を見上げると薄い紙のような岩で、箱形に模様が出来ています。
ラインストーンとボックスワークと呼ばれるもの。「ラインストーン」って聞くと、ついネイルアートなどに使うキラキラした飾りを思い浮かんでしまい、どうにもイメージが混乱します。

d0221584_8255159.jpgd0221584_82691.jpg

d0221584_8263210.jpg
▲コースの終わり。かなり広いスペースが広がっていました。
天井が落ちてこないかちょっと心配になります。
ちなみに中央に私がいるんですが、見えますか?


初心者向けのレベル1(一番上の層)のみの観光でしたが、それでも見応えのあるコースでした。
d0221584_827195.jpg
← 洞窟はこんなにもたくさん伸びているのですが、まだまだ未確認の部分も多く、これが全貌という訳ではないようです。
ちなみに私達は、水色の矢印のように左上の洞窟入口から右下のエレベーター・ホールまで歩きました。
d0221584_828431.jpg最後はエレベーターで地上へ。
そこには草原が広がっているので、まさかこの下にあの地下世界が広がっているとは。。。ギャップを感じます。しかも、地上は暑いですしf(^_^;。
(写真中央、小さく見えるのがビジターセンターです。)


d0221584_8285029.jpgそして、ホテルへの帰路につくと、またもやバッファローがお出迎え。道路を渡りたいようです。行き交う車はスピードを緩め観察。なんとものどかな風景です。


明日はいよいよ最終日。「バッドランズ国立公園」を訪ねます。
次回「バッドランズ国立公園 と ウォールドラッグ」に続く。


■WIND CAVE NATIONAL PARK
http://www.nps.gov/wica/index.htm


★今回のお土産★
d0221584_829321.jpgウィンドケーブのピンズやペニープレス、しおりのほか、ネイティヴ・アメリカンに関する本とコウモリのぬいぐるみを購入。
ですが、この洞窟にコウモリはいません。可愛さだけで買ってしまいましたf(^_^;。

d0221584_8302311.jpg



長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-07-19 08:44 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 14日
クレイジー・ホース、その大きさに圧倒
d0221584_4252081.jpg先週の独立記念日を絡めたツアーに参加して3日目。
マウントラッシュモアからバスで約30分ほどの所にある「CRAZY HORSE MEMORIALクレイジー・ホース・メモリアル)」を訪れました。

ちなみに、このモニュメントは1948年6月3日に掘り始め、今年で66年になりますが、出来上がったのは顔の部分のみ。昔よりは技術の進歩や機械化で随分とスピードアップされているようにも思いますが、世界一のモニュメントだけに、その完成はいつになるのか全く予想できません。


=====今回の観光先========
(1)マウントラッシュモア
(2)デビルスタワー デッドウッド
(3)クレイジー・ホース と
   ウィンドケーブ国立公園(ニードルズ・ハイウェイ、カスター州立公園)
(4)バッドランズ国立公園 と ウォールドラッグ
======================
■地図はこちら→ MAP



【CRAZY HORSE MEMORIAL
/クレイジー・ホース・メモリアル】


d0221584_426433.jpgd0221584_4261910.jpg
まずは実際のモニュメントから少し離れた所にある、ウエルカムセンターに到着。
d0221584_4272141.jpgd0221584_4273691.jpg
d0221584_428388.jpgd0221584_4282080.jpg
d0221584_4291450.jpg中に入るとそこは博物館となっていてシアターもあり、ネイティヴ・アメリカンの歴史やクレイジー・ホースの製作過程が解ります。

見事な羽根飾りから、ちょっと笑ってしまうようなコミカルな人形まで、様々な展示品が並んでいて、なかなか楽しいところです。

d0221584_4302027.jpg
▲1/300スケールモデルと窓から見える実物。


d0221584_4313622.jpg
▲ウエルカムセンターから見るクレイジー・ホース。

d0221584_4324387.jpgクレイジー・ホースに続く道沿いには、将来はメディカルセンターや大学、博物館があるネイティヴ・アメリカンの一大都市を作る構想なんだそうです。

← 未来予想図

さて、他の展示を見る前に、現在も作業中のモニュメントの足元まで行けるというバスに乗る事にしました。(土曜日だったせいか作業はお休みみたいでした。)
d0221584_4311767.jpg「Trip to foot of mountain」のバスチケットは一人$4(約408円※)。バスは10〜15分間隔で出発しています。チケットを購入して待っていると、引退したスクールバスがやって来ました。

d0221584_4334875.jpgバスはモニュメントの右側を走るので、席は断然左側がお薦めです。
▲バスの運転手兼ガイド。残念ながら当然の如く英語オンリーですf(^_^;。


d0221584_4343454.jpgかなり近づいて来ました。昨日が独立記念日だったので、腕の部分に星条旗が掲げられています。
d0221584_435616.jpgd0221584_4352241.jpg
さらに回り込んで裏側も見ることができました。
裏は作ってないんですね。

d0221584_14371012.jpgここでバスは U ターン。顔の見やすい位置まで戻りバスを降りて見学。
ガイドの説明にも熱が入ります。
d0221584_436348.jpg
d0221584_4365073.jpg

それにしても大きな顔です。

クレイジー・ホースの顔の大きさは縦が 87と1/2フィート(約26.67m)。マウントラッシュモアの大統領の顔の大きさが縦約 60フィート(約18.29m=約1ガンダム)ですから 27フィート(8.23m)以上も大きいことになります。が、ここまで大きく遠いとその差を実感するのは難しいです。しかも、クレイジー・ホースには身体だけでなくさらに伸ばした腕や馬まで出来る予定ですから、どんだけ大きな彫刻になることやら、(;゚Д゚i|!)うひょ〜。
(ちなみに、マウントラッシュモアとの比較写真を作ってみました→こちらをクリック

しかし、これだけ凄いモニュメントにもかかわらず、ここはネイティヴ・アメリカンの居留地内なのでナショナル・パークではありません。(厳密にはマウントラッシュモアも居留地内なンですけど、ナショナル・パークになっています。f(^_^;) その為国からの補助も無く、ミュージアムやカルチャーセンター、ギフトショップの売り上げ及び民間の寄付などでここまで掘り進めていると言うから大したものです。
ネイティヴ・アメリカンのプライドを感じるモニュメントで、この先も作業が滞ることなく続く事を願うと共に、絶対に完成させて欲しいと思いました。


d0221584_438275.jpgバスから戻ると再びウエルカムセンターへ入り、まだ見ていない展示品やギフトショップを物色。さらにベランダへ出ると 1/34 スケールの白い完成予想モデルがありました。
以前ほかの方のブログで見た事がありましたが、まさかこんなに大きいとは思いませんでした。ちなみに重さは16トン!

d0221584_439131.jpgd0221584_4395851.jpg
d0221584_440222.jpgさらにここにはカービングを家族で引き継いでいる Ziolkowski 一家にまつわる展示やワークショップ、作業工程の展示、ネイティヴ・アメリカンの民芸品の販売などなかなか広くて楽しい施設がたくさんありました。

d0221584_4411935.jpgレストランもありましたが、あまりお腹が空いていなかったので軽食コーナーで軽く済ませ、最後はもちろんお買い物。
3Dのドリームキャッチャーなど、私の好きなものがたくさんあって非常に迷ってしまいました。

d0221584_441478.jpgd0221584_442353.jpg
▲軽食コーナーにはカップ麺が! まさかここへ来てカップ麺のお世話になるとは思いませんでしたが、ツアー中ハンバーガーやホットドッグ系ばかり。普段和食で暮らしている身としては醤油味が恋しくなっていましたので、なんだかホッとしました。



そして買ったお土産はこちら。
d0221584_443757.jpgやっぱり諦めきれなかった立体型ドリームキャッチャー。$60(約7,200円※)もするので随分悩みましたが、その一部がこれからのカービング続行の費用になるなら、という思いもあって購入。(だけど非常に嵩張るので、L.A.へ帰る飛行機では手荷物として抱えて乗るハメになりましたf(^_^;。)


d0221584_4434186.jpgd0221584_443587.jpg
ガイドブック、ドリームキャッチャー型ピアスやピンズ、ショットグラス、オーナメントも購入しました。


d0221584_4444181.jpgそうそう、ドリームキャッチャーと言えば、デビルスタワーのトレーディング・ポストでは、独立記念日らしく星条旗カラーのモノがありました。おめでたい感じがいいですよね。でも、ちょっと複雑ですね。(デビルスタワーのブログはこちら


大きな施設で観光客もたくさんいましたが、アジア人は少ない印象でした。日本を始めアジアには人気がないのか、まだ知られていないのか? 最も私もここへ来るまでは、こんなに凄い所とは知りませんでした。
マウントラッシュモアも良いですが、近くにこんな凄いモニュメントがあるので、是非クレイジー・ホースにも足を伸ばすことをお薦めします。っていうか、日本でももっと知られてくれるようになるといいのになー、と純粋に思うのでした。


さて、この後は更に南下して「ウィンドケーブ国立公園」を目指します。
それはまた次回「ニードルズ と ウィンドケーブ国立公園」で。



■CRAZY HORSE MEMORIAL
http://crazyhorsememorial.org/


※$1=102円で計算。



長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-07-14 05:08 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 12日
ヒストリックな街・デッドウッド
先週、アメリカ独立記念日に絡めたツアーに参加し、2日目の独立記念日当時はワイオミング州のデビルスタワーを訪れました(詳しくは前回のブログで)
その帰り、午後は西部開拓時代にならず者達で賑わったと言うサウスダコタ州の「DEADWOODデッドウッド)」の街に立ち寄りました。
(カリフォルニアから見たら、サウスダコタは充分中央アメリカな感じなンですけどねf(^_^;。)


=====今回の観光先========
(1)マウントラッシュモア
(2)デビルスタワー と デッドウッド
(3)クレイジー・ホース
   ウィンドケーブ国立公園(ニードルズ・ハイウェイ、カスター州立公園)
(4)バッドランズ国立公園 と ウォールドラッグ
======================

■地図はこちら→ MAP


【DEADWOOD /デッドウッド】

d0221584_13504633.jpgd0221584_13512190.jpg
デビルスタワーを出発して約1時間半。ようやく到着した街、デッドウッド
ここもメインストリートはゆーっくり歩いても20分もかからず通り抜けてしまいそうなくらい小さな街で、ストリートの両側には古い建物が並んでいました。

d0221584_1352275.jpgそのメインストリートで突然始まった、寸劇。もちろん西部劇です。
あれ? こんなの前にも見ました。そう、実弾射撃ツアーで訪れた CALICO(キャリコ)でもありました(その時のブログはこちら

ただし、こちらには元ネタがあります。
西部劇映画によく登場する実在のガンマン、ワイルド・ビル・ヒコック。相当な嫌われ者だったらしく、酒場「Saloon No.10」で酒を飲みながらポーカーをしていると、背後から椅子越しに撃たれ殺されたそうです。
その彼をモチーフにした寸劇です。
とはいえ、英語なので、今イチ内容は理解出来ませんでしたけどf(^_^;。

d0221584_135243100.jpgちなみに、こちらがその酒場「Saloon No.10」。いまでも穴の開いた椅子があるそうです。

d0221584_13534568.jpg
▲別のお店ですがドアノブがピストル!


d0221584_13544437.jpgさらに、ここには俳優のケビン・コスナーの親族が経営する店「Mignight Sun」もあります。
1階にはカジノがあり、2階と3階にはケビン・コスナーが撮影で使った衣装が展示されています。

↓ 右は「ウォーターワールド」の衣装なんですけど、さすがに古いですねf(^_^;。

d0221584_1494331.jpgd0221584_1357092.jpg
▲壁には「ロビン・フッド」の日本語版ポスター。他の映画の中国語版ポスターなどもありました。


そしてここには何故かバイカーが多く訪れていました。
何でもここから東へ 15km 程離れた街、STURGIS(スタージス)はハーレーダビットソンに乗るライダー達の聖地なんだそうで、毎年夏にハーレーダビットソンが100万台以上も集まる祭典があるのだとか。その影響で、こちらの街にもハーレー愛好者が詰めかけているようです。
もちろんこの街にも「ハーレーダビットソン デッドウッド店」があり、私はバイクには乗れませんがハーレーダビットソンは大好きなので、ちょっとお買い物。

さらに、ギフトショップにはウエスタンなモノがいっぱい。何もここで買わなくても、と思いつつも、一期一会だから、とついついf(^_^;。

ということで、お土産はこちら。
d0221584_13594513.jpgd0221584_140210.jpg
d0221584_1415611.jpgハーレーダビットソンのショップでは、Tシャツにショットグラス、ピンズを。ギフトショップでは、バッグとベルトを買いました。


デッドウッドを出発しホテルへ向かう途中、突然の豪雨に見舞われ雹も混ざっていて、突然の天気の変化にビックリ。今夜はマウントラッシュモアの、独立記念日のライトアップセレモニーがあるのに〜〜〜〜。
ホテルに到着しても、雨は降ったり止んだり。気を揉みつつ夕食を済ませ、三度マウントラッシュモアに向かうと雨雲はどこかへ行ってしまいましたので、無事ライトアップセレモニーを見学する事が出来ました。(詳しくはこちらのブログで)

と言う事で、次回の「クレイジー・ホース、その大きさに圧倒」に続きます。


長文を最後までお読み下さり、ありがとうございました。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-07-12 14:15 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)