タグ:旅行 ( 123 ) タグの人気記事
2016年 10月 08日
インドネシア・コミコンに行って来ました
d0221584_00313625.jpg突然ですが、10月1日、2日にインドネシア・ジャカルタで開催された「INDONESIA COMIC-CON 2016」に行って来ました。

ジャカルタどころかインドネシア自体、初めての今回の海外旅行。
いささかの不安と共に旅立ちました。
これもまた初のガルーダ・インドネシア航空の飛行機。日本人のキャビンアテンダントが二人乗務していたので、何も心配無し。他のスタッフも親切で快適でした。

ジャカルタ・スカルノ・ハッタ国際空港に降り立つと、高温と湿度でむわっとして、気分は真夏に逆戻り。聞けば一年中夏なんですって。しかも、今年は例年より少し早く雨期に入ったとか。どうりで湿度が高いわけです。
とは言え、常に雨が降るわけではなく、夜中にざーっと降ったり、日中のスコールだったりと、日本の梅雨とは違うみたいです。


d0221584_00313612.jpgd0221584_00313626.jpg
さて、イベント当日は朝からピーカン。暑いですが会場の中はエアコンで快適〜。
お客さんが少ない内は寒いくらいでした。

さて、この「インドネシア・コミコン 2016」は昨年から始まったイベントで今回が2回目。
日本からのゲストも大勢参加するイベントで、動員数は3万人越えのインドネシアNo.1のコミコンです。

今年のメインゲストは、あの藤岡弘、氏。その他にも日本からは宇宙刑事シャリバンの渡洋史さん、アニソンの女王・堀江美都子さんと串田アキラさんなど、ちょー豪華メンバーです。

d0221584_00322938.jpgd0221584_00322962.jpg
▲オープニングセレモニーで登場するコスプレイヤー陣。
仮面ライダーとマーベルキャラが共演するなんて、インドネシアらしいですね。


d0221584_00322988.jpgさらにスター・ウォーズのキャラやキティちゃんまで加わってのオープニングセレモニー。
最後に登場したのは、藤岡弘、氏。会場は大盛り上がり。

d0221584_00345686.jpgそして串田アキラさんは早速一曲披露。意外にも「アバレンジャー」。これって、インドネシアの方に解るのかしら?


d0221584_00345693.jpg会場はこんな感じです。
なかなか広い会場で、こちらはメインステージやメーカーのブースがあるホールA。

d0221584_00345647.jpg
▲スター・ウォーズのコーナーも立派。

d0221584_00354528.jpg実はもう一人メインゲストがいました、それは「デッドプール」に出演したブリアナ・ヒルデブランドさん。
彼女のサイン会は長蛇の列で、写真では彼女を確認する事はできませんが、ご本人はスクリーンよりも小柄でスレンダー。とても可愛い方でした。


d0221584_00391205.jpg
これはアプリゲームのロボのようです。

d0221584_00410241.jpg
コピックのブースでは、お客さんが思い思いのイラストを描いて、その書き味を体験していました。

d0221584_00354525.jpg

▲おお! 彼女たちが JKT48 か。AKB48 も見分け付かないので全く解りませんf(^_^;。

d0221584_00371349.jpgd0221584_00371377.jpg
▲これらはジャカルタオリジナルのアニメキャラクター。

d0221584_00354497.jpgd0221584_00371342.jpg
▲フィギュアメーカーのブースにあった、宇宙刑事シャリバンのフィギュア。
d0221584_00380153.jpg
こちらはご本人・渡さんのステージ。
d0221584_00380150.jpgd0221584_00380165.jpg
なんと、客席から大葉健二さんが登場。
昨年のメインゲストで会場を沸かせただけあって、観客もサプライズゲストに大興奮。

d0221584_00383780.jpgd0221584_00383715.jpg
▲堀江美都子さんのステージは、「キャンディ・キャンディ」を筆頭に涙が出るほど懐かしいアニソンのオンパレード。当時と変わらない歌声に感動でした。

d0221584_00383708.jpg
▲堀江さんに続いて串田アキラさんのパワフルステージ。
「機動刑事ジバン」の主題歌では、客席とステージが一体となっての熱唱でした。

d0221584_00391244.jpgd0221584_00391261.jpg
▲アーティストのステージでは、即興の粘土細工バトルで日本人アーティストも奮闘。


アーティスト・アリーなどがあるホールBでは、オモチャを始め、Tシャツやコスプレ衣装やキャラクターグッズなど様々なお店がありました。
d0221584_00410227.jpgd0221584_00410263.jpg
d0221584_00414090.jpgd0221584_00414027.jpg
d0221584_00414034.jpg



もちろんコスプレイヤーもたくさん。
ジャンルが幅広くて面白かったです。
d0221584_00424149.jpgd0221584_00424102.jpg
d0221584_00424192.jpgd0221584_00424153.jpg
d0221584_00424198.jpgd0221584_00424127.jpg
d0221584_00431300.jpg

自国のキャラが少ないインドネシアのコミコンは、アメコミキャラ、日本のアニメ&特撮キャラが混在する、和洋折衷の世界でした。




■INDONESIA COMIC-CON 2016



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-10-08 01:08 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 14日
「EXPOCITY」から見る太陽の塔
大阪旅行ブログの復活です。

先月末に行った大阪旅行。最後を締めくくるのは、「万博記念公園」の目の前に新しく出来た「EXPOCITY」。
以前は遊園地だったところですが、昨年秋に出来たショッピングモールで、どうやら日本最大級大型複合施設らしいです。


d0221584_17073584.jpg「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を堪能した翌朝、ミニオンだらけのホテル「ユニバーサル・ポート・ホテル」に別れを告げ、JRを乗り継ぎ、大阪モノレールで「万博記念公園駅」へ向かいます。(ホテルについてのブログはこちら

d0221584_17073586.jpg

▲JRユニバーサル・シティ駅にはRE-BOOONの大きな看板。
7月からのイベントが羨ましいです。


d0221584_17075686.jpg「万博記念公園駅」を降りると、ご神体「太陽の塔」が出迎えてくれます。いつ見ても素晴らしい眺めです。

d0221584_17075725.jpgd0221584_17075751.jpg
で、その目の前にあるのが「EXPOCITY」です。
大きな観覧車がランドマークになっていますが、こちらは7月1日開業予定。またしても、7月か〜! と思いましたが、この日はまだ6月30日にも関わらず、嬉しい事にプレオープンしてました〜(^o^)/。

d0221584_17091022.jpgそれよりも目に入ってきたのは、ガンダムとシャア・ザクの大きな立像。
ダイバーシティの1/1には敵いませんが、そこそこ大きく立派です。

が! いかんせん、ポーズがイケテナイ!!(/ω\) 。折角のシャア・ザクなのにひどいガニ股。かっこ悪〜。残念すぎます(T T)。



d0221584_17092980.jpgここには、ガンダムカフェやポケモン・EXPOジムなどキャラクター色の強い施設もありますが、万博記念公園らしいお店もありました。

d0221584_17093082.jpg「万博食堂」には、万博の記念グッズの展示や昭和を思わせるメニューが色々とあるようです。
パフェには小さいながらも太陽の塔がありました。
ちょっと食べてみたかったけど、見てるだけf(^_^;。

d0221584_17093067.jpgd0221584_17093019.jpg




そして入口付近には、ちょっと不思議な展示の仕方をしているミュージアム「NIFEL(にふれる)」がありました。

d0221584_17101123.jpgd0221584_17102610.jpg
d0221584_17101112.jpgd0221584_17101143.jpg
中はプチ水族館とプチ動物園といった感じですが、ひとつひとつの水槽は小さめ。でも、上から覗けたり下から覗けたりと、このカブトガニのように普段見られない部分が見えてキモイけど、面白かったです。


d0221584_17104936.jpg
ガラルファ別名ドクターフィッシュに、異常なほど突かれている旦那さんの指。
角質が多いのかな? うじゃうじゃでキモ〜イ。


d0221584_17110791.jpg

▲ちんあなごの砂の中の状態も丸見え。

d0221584_17110713.jpg

▲ワニは水中での二足立ち姿も、なかなか見られませんよね。


d0221584_17112520.jpg不思議なモノが売ってました「食べる水、EATING WATER」。
楊枝でツンとと突くとぷるんと、透明の球体が出て来ました。こんなようかん、ありますよね〜。ほんのり甘い水でした。

d0221584_17112519.jpgd0221584_17112633.jpg


d0221584_17115396.jpgそして、いよいよ観覧車「レッドホース・オオサカホイール」へ。
全面ガラス張りの籠は景色がよく見えます。
お天気が悪かったのですが、結構遠くまで見えましたよ。

d0221584_17115493.jpgd0221584_17115411.jpg
d0221584_17122492.jpg
そして何より嬉しいのは、太陽の塔を見ることが出来ること。

d0221584_17124161.jpgd0221584_17124182.jpg
d0221584_17124186.jpgしかも、どんどん高くなり太陽の塔を俯瞰で見ることが出来るんです!
なかなか貴重なアングルで嬉しかったです(^_^)v。




d0221584_17131338.jpg
▲先行営業中だったギフトショップで見かけた、アイスクリームのポスター。
う〜ん、微妙。

d0221584_17131382.jpgd0221584_17134203.jpg
▲限定メダルは買っちゃった。



で、ようやく、ショッピングモール内へ。

d0221584_17134507.jpgと、その手前にはレストランが街があり、こんな可愛いラスカルの店、ベーカリーカフェ・キャラブレッドもありました。パンだけでなくキャラクターグッズも売ってました。

ショッピングモールはLaLaport なので、まあ、大きいけどどこも一緒って感じです。



と言う訳で、今回の大阪旅行はこれでおしまい。
だらだらと続いたブログをお読みくださり、ありがとうございました。


■EXPOCITY



これまでの大阪旅行ブログ




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-07-14 17:39 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 03日
フライング・ダイナソーに、乗って来ました
まだ梅雨も開けてないのに、猛暑日となった東京。
何もして無くても汗が流れるほど暑かったです。ああ、いよいよ日本の夏が始まりましたね〜。


さて、前回(ブログはこちら)の続きです。

d0221584_22533015.jpg大阪旅行二日目。ホテルのバッフェで欲張り過ぎの朝食を摂ると、いよいよユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ。
天気は生憎の曇り空。でも、雨は降っていない! 神様ありがとー!

d0221584_22533024.jpg中へ入るとハリウッドエリアのギフトショップには、今回のテーマになっているらしいペンキまみれのミニオンが誘惑してくるのですが、まずはクリアしておかないといけないアトラクションへ向かいます。

d0221584_22533055.jpgそれがテレビCMでも盛んにやっている「ザ・フライング・ダイナソー」。

ジェットコースター嫌いの旦那さんもこれなら乗る気になっているので、一目散でジュラシック・パークエリアへ向かうと、まさかの通行止め。なにやら工事でもしているのか、サンフランシスコエリア側へ誘導され、早くもイラッ!

「そういうことは、先に言ってよ!」

昨年来たときもそんなこと連発だったので、またか、とがっかり。
ま、そんなことにかまけている暇はないので、ぐる〜っと池を回って急ぎます。

d0221584_22542840.jpgd0221584_22535890.jpg
さすが、人気アトラクション。長蛇の列が出来始めています。が、意外と待ち時間は40分と少なめ。さすがにお天気悪いし、季節モノのイベント「ユニバーサル・クールジャパン2016」の第一弾が6月26日に終わっていて、次回は7月1日からと、今はイベントが無いンですよね〜。そんなはざまの時期のせいもあって人が若干少ないのかも。
(それだから、ミニオンルームも予約できたのかなf(^_^;。)


とにかく蒸し暑い中辛抱強く待ちいよいよ順番が来ると、ポケットの中身、アクセサリー、帽子やメガネ、髪留めも外して専用棚へ。
ライドに座り安全バーが身体をガシッとホールドしたと思ったら、座席が90度回転。うつぶせの格好になりました。この時点で皆さん悲鳴の嵐。こんな体制初めてだもんね〜。
うお〜、足もブラブラするし怖いよ〜。
で、そのままの体制で GO!。
うひょ〜、高いよ〜、速いよ〜。
始めはギャーギャー悲鳴も出ましたが、後半はそれすら出来ない。自分の体重が胸にかかっているからかしら? 圧迫感もあって声が出ないんですよ〜。
だけど、この体制だからこそ、なるほど、空を飛んでいる感満載! いや〜、気持ち良かったわ〜〜。

降りたら、ふらふらしてたけどねf(^_^;。アラフィフには刺激が強いのよ。

d0221584_22535985.jpgそしてもちろん、ギフトショップにも立ち寄ります。
今さら恐竜グッズを買うことはないんですが、そんな中ミニオンコーナーがありました。
しかも、ジュラシック・パークのイメージに合わせて、原始人タイプが品揃えされていました。
実は他のミニオンコーナーでは少なめの彼ら。このショップは穴場かも。
色々買いましたが、それはまた次回以降まとめてご紹介します。

d0221584_22535949.jpgd0221584_22535966.jpg
ちなみにスーベニア・メダリオンに「ザ・フライング・ダイナソー」がラインナップされてていたので、ゲット。アメリカのペニープレスそっくりだけど、ここだと日本の相場通りで200円もする〜。お高いわぁ。



d0221584_22565340.jpgさて、次に向かったのは、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」、よーするに「ハリポタ・ワールド」ね。


前回来たときはこのエリアへ入るだけでも整理券が必要だったし、メチャ混みで大変でした(その時のブログはこちら)。今回はそこまでの混雑ではなかったので、すんなり入れたけど、それでも人はいっぱい。特にアジア系の外国人が多かったです。

d0221584_22565391.jpg遂に雨も降り出しちゃったし。どんより空に雪化粧の屋根がマッチしているのはいいんだけど、そこにカラフルな傘が邪魔。ああ、残念。


d0221584_22565381.jpgd0221584_22565343.jpg
オリバンダーの杖屋さんもやっぱり人気で長蛇の列。なので、ちょろっとゾンコのお菓子屋さんやギフトショップを覗き、その後はホグワーツ城へ。
本当なら3Dになったライドに乗りたかったんだけど、これも長蛇の列。
「酔うんだよな」
なんて、ハリポタ好きの旦那さんも弱気な発言だったので、今回はパスして、城内を見て回るだけに。

d0221584_22574411.jpg知ってました? 入口でライドには乗らずに見学だけしたい、って言うと別ルートに案内してくれるんですよ。
ライドに乗る人の列の脇をぐんぐん進んで、お城の中のディスプレイを思う存分楽しめるンです。便利ですよ。って、以前のブログでもご紹介してたかなf(^_^;。

d0221584_22580898.jpgd0221584_22581103.jpg
校長室へと続くエレベータの入口(写真右)とか、

d0221584_22581936.jpgd0221584_22581495.jpg
壁一面の肖像画とか。暗いけど見どころはいっぱいです。


で、ライドに乗るちょい手前で出口に案内され、そこはお決まりのギフトショップ。

ここだけでなく、他でもハリポタ・グッズにはお金を費やしてきた旦那さん(杖だけでも何本持っているのやらf(^_^;)。さすがに買うモノは無かったようで、私がちょこっと買いました。

d0221584_22592761.jpgd0221584_22592791.jpg
ハンドタオル(¥800)とバタービールのキーホルダー(¥1,000)。
このキーホルダーが凝っていて、泡の部分が傾きによって動くんですよ〜。
スタッフ曰く、「人気ですぐになくなっちゃうんです」ですって。解る気がします。

もちろん、本物のバタービールも飲んできました。蒸し暑くてノドが乾いていたので、冷たいバタービールは最高でした。(映画の中ではホットなんですけどねf(^_^;。)

d0221584_22595733.jpgそして、今回も水面に映るホグワーツ城を撮ってきました。
水面に雨が波紋を作っていますが、意外と綺麗に映り混んでいました。これはこれで乙なモノ?


さて、次はいよいよミニオン・プラザへ。

それにしても、益々雨がひどくなってきた〜〜〜(T T)。
降る前に「ザ・フライング・ダイナソー」に乗れて良かったです。
(-。-)ホッ。

と言う事で、後半戦はまた次回に。




■ユニバーサル・スタジオ・ジャパン



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-07-03 23:16 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 01日
ミニオンルームに泊まってきました!
先日、旦那さんとちょこっと大阪へ遊びに行ってきました。
目的はこれ、
ユニバーサル・ポート・ホテルの「ミニオンルーム」に泊まること!


1月下旬、FACEBOOK か何かで偶然知った「ミニオンルーム」。
慌てて予約して取れたのが、6月末のたった1泊。
梅雨時なのでお天気がちょー心配ですが、この日を基準に旅行が組まれました。

d0221584_23120287.jpg曇り空の下、東京駅から新幹線に乗り、一路大阪へ。
快適な新幹線の旅の後新大阪駅に降り立つと、新幹線改札内にも関わらず、既にミニオングッズ売り場があるという、何とも羨ましい環境。のっけからうきうき気分になりました。

d0221584_23123094.jpgさて、JRを乗り継いで、USJ のあるユニバーサルシティ駅に到着。パークとは反対側へ出て歩くとすぐにホテルに到着。近〜い(^_^)v。
このホテル、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のオフィシャルホテルで、USJ の目の前にあって立地も文句なし。

d0221584_23123083.jpgd0221584_23123097.jpg
ホテルに入る前から、恐竜の卵などの楽しいオブジェ満載の楽しいホテルです。


d0221584_23132329.jpg

そして、中へ入るとロビー全体がミニオンづくし〜〜〜〜〜(◎o◎)きゃ〜〜♪。
パラダイス!

フロントの後ろにある大きな水槽の中にもミニオンが潜み、大きな窓ガラスにはステッカーのミニオン。広いロビーの左右にはそれぞれ、ライフサイズよりも大きなミニオンのオブジェ!!
d0221584_23142009.jpgd0221584_23142066.jpg
▲クロークにもミニオン!(写真右)

d0221584_23142090.jpgd0221584_23142075.jpg
d0221584_23142032.jpgd0221584_23142177.jpg
d0221584_23142142.jpg
▲一緒に撮影出来るミニオンのベンチ♪
 もちろん、ツーショットも撮ってきました。


もう、あっちにもこっちにもミニオンだらけで、千葉の某巨大テーマパークのオフィシャルホテルにも負けてないくらい、キャラクターづくし。
もう、キョロキョロしちゃって、落ち着かな〜い(笑)。

d0221584_23152438.jpgフロントで可愛い専用のカードキーと特典のレジャーシートを受取り、いざ!

もちろん、エレベーターの扉もミニオン!
d0221584_23152943.jpgd0221584_23153244.jpg
▲中も天井と左右の壁が鏡張りなので、映り込んでミニオンだらけ♪。(写真右)

d0221584_23160024.jpgd0221584_23160154.jpg
▲ちなみにロビーを挟んで反対側にあるエレベーターの中には、ミニオンはいませんでした。


d0221584_23171519.jpgそしていよいよ「ミニオンルーム」の目の前に到着。。。。
まずはドアが違う! 秘密基地の入口風になってる〜。

d0221584_23171558.jpgでもって開けてビックリ。壁にも天井にも、鏡にもミニオン、ベッドのシーツもミニオン柄。そのベッドはミサイル型。

さらには、映画に出て来たのとそっくりなワニのソファ。よくぞここまで作ってくれました!

d0221584_23171676.jpgd0221584_23175964.jpg
d0221584_23175969.jpgd0221584_23180782.jpg
d0221584_23175906.jpgd0221584_23184235.jpg
d0221584_23184260.jpgd0221584_23184257.jpg
d0221584_23185242.jpg
▲ソファのサイズ感、お解り頂けますか?


d0221584_23195449.jpgテレビにもミニオン。画面はもちろん「怪盗グルーの月泥棒」が、有無も言わさず流れています。(専用チャンネルでエンドレス!)

d0221584_23195720.jpgさらに、トイレの壁紙もミニオン!

d0221584_23202250.jpgd0221584_23205145.jpg
バスルームにはミニオンポーチに入ったアメニティ。もちろん、お持ち帰りOK。
さらに浴室との境のガラスにはミニオンがちんまり貼られてます。これ、裏から観るとちゃんと後ろ姿なんですよ〜。

d0221584_23211794.jpgさらに、クローゼットにはトートバッグがあり、これもお持ち帰りOK。

ちゃくちゃくと荷物が増えておりますf(^_^;。
いや〜〜〜〜ん、楽しいよぉ〜〜〜〜(^o^)/。

さ、ら、に!
なんと、ドアチャイムが!
ミニオンの声なんですよ〜〜〜〜(◎o◎)。すごい! ここまでやるなんて! 



最悪 USJ に行けなかったとしても我慢できちゃうレベル、あ、ちょっと言い過ぎましたf(^_^;。

とにかく気持ちが高ぶる〜〜〜〜内装でした。



d0221584_23223176.jpgちなみに、この日は USJ には行かず、ユニバーサル・シティウォークを散策。前回はめちゃ混みで入れなかった「たこ焼きミュージアム」へ。
時間も早かったし、天気も悪いせいか空いていたので、ほぼ全店のたこ焼きを食べることが出来ました。

元祖会津屋が一番シンプルで出汁の味がよくわかるたこ焼きでしたが、他の店のもそれぞれ美味しかった〜。
本場のたこ焼きは、小振りで中がとろっとろ、なんですね〜。


d0221584_23223189.jpg食後のデザートには、フローズンヨーグルトの「pinkberry」が出店していたので、フルーツをたっぷり載せてもらって頂きました。フロヨ、美味しいですよね〜。

これは一番小さいサイズで、490円。
アメリカでも香港でもフローズンヨーグルトのお店は多くて、よく食べてました。しかも、セルフでうにょ〜って盛れる店が多かったから楽しかった〜。
日本はお姉さんが綺麗に盛ってくれるし、量り売りでもないから、意外とリーズナブルかも? う〜ん、そうでもないかf(^_^;。
(アメリカ生活のフローズンヨーグルトのブログはこちら(1)(2)、香港生活のはこちら


さて、明日はいよいよ USJ へ。ああ、どうか雨が降りませんように(/ω\) 。

次回に続く。



■ユニバーサル・ポート・ホテル

■pinkberry



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-07-01 23:51 | ミニオン | Trackback | Comments(2)
2015年 12月 01日
ほ〜くりく新幹線♪で福井へ行ってきました ーJR福井駅&越前ガニ編ー
先週行った福井旅行の続きです。

ーーーーこれまでのブログはこちらーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


二日目、福井県立恐竜博物館からの帰り、えちぜん鉄道勝山永平寺線で福井駅まで戻って来たころには、すっかり薄暗くなってしまいました。
なにせ、博物館からのバスもえちぜん鉄道も本数が少ないですから、上手に乗り継がないと待ち時間ばかり掛かってしまいます。
かく言う私達も、博物館からのバスは待ちきれずにタクシーを利用したので(2,000円弱程)、1時間ほど早く福井駅に到着しました。

そして気が逸る旦那さんはいそいそと駅の外へ。
タクシー乗り場の向こうに恐竜が見えました!

でも、その前に、
駅の壁面に巨大イラスト。
d0221584_14243954.jpgd0221584_14243998.jpg
写真に撮るとより立体感溢れるイラストです。
d0221584_14243974.jpgこれらのイラストの上にも更なる巨大な恐竜のイラスト。ああ、薄暗いのでよく見えないのが残念!

そして遠くから見えた恐竜たちがこちら。ああ、こちらも薄暗いのが残念!
d0221584_14254797.jpgd0221584_14254716.jpg
それでも、大喜びの旦那さん。しつこいくらい写真を撮っていると突然、ライトアップ!
d0221584_14261119.jpgd0221584_14261138.jpg
フクイサウルスの長〜い首が光に照らされて、シワまでくっきり。
迫力が増しました。
d0221584_14261107.jpgさらにすっかり日が落ちると、駅舎のイラストもライトアップされ、違った風合いを醸し出していました。
さすが、恐竜王国、福井。



さて、念願の駅前の恐竜も見られたので、次はまだ食べていない「越前ガニ」を求めて、駅の観光ガイドのお姉さんにお店を紹介してもらいました。
まずは電話をして予約無しで食べられるのか確認してから、お店に向かいました。

ちなみに、タクシーの運転手さんからの情報では、越前ガニ、実は地元の方々も早々気軽に食べる食材ではないんだそうです。
前日のタクシーの運転手さんは、年明けに安くなってからようやく食べるとおっしゃってました。やっぱり地元でもお高い、高級食材なんですね。
なので、覚悟を決めて紹介されたお寿司屋さんのドアを開けました。

そこでようやく「越前ガニ」とご対面。
1kg級の雄と小さい雌。大きな雄はなんと、2万円越え。小さい雌なら3,000円ほどと、なるほど高級食材です。

なので、雄の半身と雌1匹をお作りにして頂きました。
旅行のガイドブックでは、気軽に食べられそうにB級グルメと変わらない巻頭特集の組み方をしてますが、トンデモ無いです。かなりの軍資金が必要です。


d0221584_14272735.jpgd0221584_14272744.jpg
そしていよいよ目の前に登場です。
爪には越前ガニの証、「越前」の文字が入った黄色いタグが! おおー!
まずは脚から。ぷりぷりの身が甘くて美味しかったですが、やっぱり私は爪の肉がいいな〜。じゅる。
旦那さんは甲羅の蟹味噌に日本酒をたっぷり注ぎ、熱燗にしてもらい、もんどり打つくらい喜んで飲んでいました。

女将さんの話では、今は高級食材の越前ガニも、彼女が子供の頃は、小さい雌はおやつとして毎日のように食べたンだとか。なんとも羨ましい話です。まあ、今は昔のお話ですけど。

さて、本来なら他にお寿司も頂きたいところですが、7時からのホテルの夕食までにえちぜん鉄道で戻らないといけないので、慌ててお店を後にしました。なにせ、電車の本数が少ないですから、1本逃すと30分待ちはキツイですf(^_^;。

駅まで小走りに急いだお陰で、無事に電車に乗車。ここから35分ほどまたもやどんぶらこ。お陰でお腹もこなれて、ホテルの夕食も美味しく頂きました。
d0221584_14280601.jpg連泊なので、二日目はさすがにズワイガニ連続ではなく牛肉の蒸ししゃぶをメインに、伊勢エビのグラタン(?)、ふぐ刺しなどまたもや盛りだくさん。この後、大きな茶碗蒸しやカレイの唐揚げなど、やっぱり食べきれないほどの料理が出て来ました。

d0221584_14280628.jpg部屋に戻ってお風呂上がりには、こちらの「恐竜ラムネ」と「蒸っしゅプリン」を頂きました。
どちらも初日に「あわら湯のまち駅」にある「おしえる座ぁ」で購入しておきました。
ちなみに「蒸っしゅプリン(370円)」は1日30個限定で、サツマイモ「とみつ金時」使用。ほんのりサツマイモの香りと甘さがイイ感じでした。


あ、もちろん、清風荘の温泉も良かったですよ〜。
大浴場の外には庭園露天風呂、陶器風呂などいろいろありました。
少し遅めの時間のほうが空いていて、ゆったり入れますね。

アメリカ生活ですっかりシャワーのみに慣れてしまっていた去年は、家のお風呂でもすぐにのぼせてしまいましたが、今はすっかり元通り、家のお風呂も楽しめています。
温泉を楽しめると、やっぱり日本人だな〜と実感しますね。



■清風荘



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-12-01 14:42 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 30日
ほ〜くりく新幹線♪で福井へ行ってきました ー恐竜博物館編ー
d0221584_01394646.jpg先週行った福井旅行、2日目は大本命の「福井県立恐竜博物館」へ。


前日にチェックインしたあらわ温泉の旅館「清風荘」を、朝8時過ぎに出て最寄りの駅、えちぜん鉄道の「あわら湯のまち」駅へ。

d0221584_01394676.jpgそして、このお得なチケットを購入します。
「えちぜん鉄道 一日フリーきっぷ」1,820円。

えちぜん鉄道が一日乗り放題の上、恐竜博物館の入場券だけでなく、博物館へのバス往復券まで付いている、ちょーお得なチケットです。

ですが、えちぜん鉄道はものすごく本数が少ないので、ダイヤをしっかりチェックして利用しましょうf(^_^;。

d0221584_01400878.jpgで、乗り込んでびっくり。
バスのように整理券の発券機、運賃箱、運賃表があります。
これは無人駅で使うんだそうです。残念ながら今回は有人駅ばかりでしたので、利用する機会はありませんでした。

d0221584_01400836.jpgd0221584_01400803.jpg
そして約35分後、福井の手前、福井口で乗り換えましたが、な〜んにも無いので、フリーパスを持っているなら福井駅まで行って駅前を散策しても良かったかも。そこまでの時間はないかな?

そして福井口駅から乗り換えたえちぜん鉄道の勝山永平寺線では、バスガイドのような女性、バスじゃないから鉄道ガイドさん? が乗務していてびっくり。
d0221584_01410004.jpgd0221584_01410099.jpgさらに謎のゴム紐が。彼女に聞くと、土日は自転車を持って乗れるそうで、その際に自転車が動かないように固定する為のモノだとか。駅までも遠い人が多いんでしょうね。L.A.の自転車を積んだ路線バスを思い出しました。

d0221584_01412343.jpgd0221584_01412470.jpg
福井口から約55分、勝山駅に到着。ホームには恐竜の足跡、駅前には恐竜のオブジェ。さすがです。

d0221584_01412415.jpgちなみにこの駅舎は文化庁の登録有形文化財に指定されているそうです。


そしてここから路線バスに乗ります。
d0221584_01415967.jpgd0221584_01420042.jpg
勝山駅前から出発して程なく、沿道に大きな恐竜のモニュメントを見つけて、旦那さんはテンションアップ。ここは恐竜モニュメント通りと呼ばれる通りで、あちこちに恐竜がいて、恐竜のマスコットがいたり、その向こうには壁に恐竜が描かれたショッピングセンターがあったりで、初めての私達は気が抜けません(笑)。

d0221584_01423620.jpgd0221584_01423696.jpg
d0221584_01423780.jpgd0221584_01423760.jpg
そして、博物館の入口には間材で作られた看板があり、そこからの沿道にも様々なオブジェが私達を出迎えてくれます。



d0221584_01430011.jpgようやく恐竜博物館に到着。最大のオブジェがお出迎えしてくれました。

d0221584_01430074.jpgすぐさま博物館の中に入るのかと思うと、旦那さんは入口手前のオブジェに引っかかり、

d0221584_01430013.jpgd0221584_01433851.jpg
d0221584_01433968.jpgd0221584_01433958.jpg
巨大な恐竜の頭などの「スギヤマリュウコンビネーション遊具」がある公園に引っかかり、さらには、季節的に休業中の「どきどき恐竜発掘ランド」なる、子供向け発掘体験コーナーまでのぞき見して、どんどん博物館から遠のく始末。まったく、小雨降る中どこまで行くのやら。
天気が良ければ反対側の「ティラノサウルス広場」も見たい所ですが、ここ「かつやま恐竜の森」は広すぎです。

d0221584_01441767.jpgd0221584_01441706.jpg
ようやく博物館へ戻る道すがら、恐竜柄のマンホールを見つける事が出来たからまぁ、いっか。

d0221584_01443579.jpgd0221584_01443418.jpg
d0221584_01443573.jpgさて、お待たせしました。こちらが入口です。
右側には ↑ こんな大きな観光案内板。
中央には、芦原温泉駅でも出会った恐竜博士がベンチに腰掛けていました。

d0221584_01451600.jpg中へ入るとまずは地下へと続く長〜いエスカレーターを下ります。
このエスカレーター、とても不思議な形をしています。
なんでも、この博物館をデザインしたのはあの、黒川紀章氏だそうで、このエスカレーターは背骨とその周りの骨をイメージしているんだとか。不思議な人でしたが、作品は素晴らしいですね。

d0221584_01451649.jpgそして1階へ上がると「獣電戦隊キョウリュウジャー」でも登場した、あの動くティラノサウルスがいました。デカ〜イ。

それに良く動く。お陰で写真が上手く撮れない〜f(^_^;。

彼を中心に周りにはたくさんの恐竜全身骨格がずらり。圧倒されます。

d0221584_01455185.jpgd0221584_01455144.jpg
d0221584_01455199.jpgd0221584_01455165.jpg
d0221584_01455194.jpgd0221584_01462786.jpg
d0221584_01463106.jpg
▲自撮り棒に関する注意書き。イラストが可愛いですね。


←フクイラプトルも動いて鳴きます。





d0221584_01470047.jpgd0221584_01470133.jpg
ダイノラボでは、Tレックスの全身骨格を触って観察することができます。

まさに恐竜づくしで、旦那さんは大興奮。

そして別の意味で興奮したのは、3階の映画館で上映されたアニメ。ぶっとんでいるので、違った意味で必見かも(笑)。


そして、嬉しかったのはレストランのメニュー。
d0221584_01472332.jpgd0221584_01472331.jpg
d0221584_01472366.jpg
恐竜の巣カレーと恐竜バーガー、ティラノパフェを頂きました。
ちゃんと恐竜モチーフ満載で嬉しいし、お味も普通に美味しかったですよ。
更にお皿の絵柄が嬉しい〜。同じ絵柄でコーヒーカップとソーサーもあり、食べている時は「きっとギフトショップで売っているだろう。買って帰ろう」と思っていたら小皿ひとつ無かったのが、とーっても残念でした(T T)。


最後はギフトショップへ。
d0221584_01483404.jpg恐竜大好きの旦那さんですから、お土産は相当買い込むだろうと予想していたら、キーホルダー1個! 
私のほうが、クッキーとボールペンを買ったり、記念メダルを買ったりして、あれ?って感じでした。

d0221584_01483913.jpgd0221584_01484244.jpg


今回は越前カニの解禁を優先したので 11月24日の訪問となり、野外恐竜博物館は既に終了していて、発掘現場を観る事は出来ませんでした。機会があれば次回は是非、野外恐竜博物館開催中に訪れたいものです。

大本命の福井県立恐竜博物館を堪能したあとは、またもやえちぜん鉄道でどんぶらこ。福井駅を目指します。
それはまた次回


■福井県立恐竜博物館




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-11-30 02:20 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 27日
ほ〜くりく新幹線♪で福井へ行って来ました ー東尋坊編ー
月曜日から二泊三日で、北陸新幹線を使って福井を旅行してきました。
一番の目的は旦那さんの大好物、恐竜博物館ですが、もちろん今月から解禁となった越前ガニも文字通り大好物なので、こちらも堪能しようと目論みました。


d0221584_19554874.jpg旅行初日の月曜日、生憎の曇り空の中、午前 10:56 大宮駅から♪ほ〜くりく新幹線♪のかがやき509号に乗車。座席もゆったりしていて、いつもながら新幹線は快適です。

車中で駅弁を食べてくつろぎ、うたた寝して何度もトンネルをくぐり、金沢駅には予定通り 13:00 に到着。あっという間でした。

d0221584_19554809.jpg本当なら金沢も観光したいところですが、今回は近畿日本ツーリストのJRセットプランで購入した乗車券なので、途中下車不可。なので今回は新幹線のホームから、駅前をちょこっと覗いて、乗り換えホームへ。

d0221584_19554856.jpg
▲注意看板も北陸新幹線専用。


ならば駅中で買い物でもしようかと思ったら、意外とお店が無い。。。これは誤算でした。
改札の外にはいろいろあるみたいなんですけどね〜(/ω\) 。

そして、ようやく発車時刻。13:48 金沢発のしらさぎ10号に乗り込みました。
のどかな車窓の風景をぼーっと、眺めていると突然、巨大観音様が!
慌ててカメラを向けるも間に合わず。。。。

d0221584_19581540.jpg
住宅から頭が生えてるような写真になりましたがf(^_^;、加賀温泉駅のホームからの絵です。

d0221584_19581594.jpgちなみに、帰りはカメラを準備して撮影に挑みましたので、こんな感じに撮れました。
加賀寺の赤ちゃんを抱いた観音様で、結構有名みたいですね。

ここはまだ石川県なので全くのノーマークでしたf(^_^;。


d0221584_19581506.jpgそして 14:24。定刻通り芦原温泉駅に到着。

ホームでは、恐竜博士がお出迎え。
もちろん記念写真を撮りました。


d0221584_19591959.jpgJR芦原温泉駅はこぢんまりとした小さいな駅ですが、駅や駅周辺には「ちはやふる」の看板があって、異彩を放っていました。
人気のある漫画原作のアニメなんだそうですね。
駅前には原作マンガに登場したお土産屋さんや本屋さんもあって、ファンには溜まらない場所なんでしょうけれど、私も旦那さんもちーっとも興味がないジャンルなので、猫に小判(笑)。申し訳無いf(^_^;。

d0221584_19591931.jpg
▲駅前には旅館の送迎バスだけでなく、
こんなラッピングされた路線バスがありました。


今回宿泊するのは、えちぜん鉄道「あらわ湯のまち」駅近くにある清風荘。
JR芦原温泉駅からは送迎バスで約15分ほどで到着。とても大きな温泉旅館で驚きました。
まずはチェックインして一休み。

この頃になると午前中降っていた雨も止み太陽が顔を出していましたので、東尋坊で海に沈む夕陽が見られるのでは? とタクシーで向かいました。

当初はえちぜん鉄道かバスを利用しようかと思っていたのですが、バスは1時間に1本、電車は2本しかないというローカルさf(^_^;。さすが田舎〜。
時間に余裕が無いのでタクシーで。片道約3,500円ほど。でも、運転手さんから地元ならではの話が聞けて面白かったです。

d0221584_20015953.jpg夕陽が沈む前に東尋坊に到着。

d0221584_20015915.jpg
d0221584_20020076.jpg

見事な柱状節理です。それも綺麗に傾いてます。自然って不自然で面白いですね〜。

d0221584_20032583.jpgd0221584_20032548.jpg
ホテルのロビーに割引券があったので、東尋坊タワーにも登ってみました。
海抜100m、地上 55m。割引券を利用したので 500円のところ 450円で登れましたが、肝心の柱状節理が全く見えないので、あまり意味はないかもf(^_^;。

そして日没が近づくに連れ雲が広がってしまい、残念ながら夕陽が沈むところは見ることが出来ませんでした。残念!。


d0221584_20045275.jpgd0221584_20045204.jpg
ホテルに戻り、夕食前に足湯へ。ちょっと熱めのお湯が歩き疲れた足を癒してくれました。


そしてお目当ての夕食!
d0221584_20045229.jpg立派なズワイガニが一杯付いた会席料理。鍋にもカニが入ってます。その隣はアワビ。
さらにこの後、天ぷら、茶碗蒸し、おそば、カニ入りのお味噌汁など、盛りだくさんで食べきれないくらいでした。

ただ、残念な事にズワイガニの足に「越前」のタグは見当たりませんでした。充分美味しいカニでしたが、そこが心残り。。。。だった旦那さんは翌日、行動を起こすのでした。


と言う訳で、翌火曜日は「福井県立恐竜博物館」へ向かいます。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-11-27 20:39 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 25日
新江ノ島水族館へ行って来ました(鎌倉の大仏様と江ノ島の生しらす丼;3)
今日もとーっても暑い関東地方です。
昨年の夏はまだ L.A.在住中だったので、暑いと言っても30度未満の日々がほとんど。しかも海風が涼しい上に、夜は気温が下がるので熱帯夜なんて無縁の生活でした。
なので今年は、アメリカ生活では着ることの無かった、香港時代の夏服が久しぶりに再登場。
ああ、こんな服も持っていたのね、と香港生活を思い出しノスタルジー。

そうよ、香港のあの暑さを思えばこれくらい!って考えるモノの、香港はエアコンの効きが半端じゃありませんでした。
外を歩いて汗びっしょりになってショッピングモールへ入ると、冷房の強烈な冷気に一気に汗が引き、すぐに寒くなるほど。なので、夏でもショールは手放せないくらいでした。

さて日本の夏に話を戻すと、日本は日中のみならず、夜になってからの方がシンドイ感じがします。
風が通った日中はまだ窓を開けていられますが、風が止んだ夜はとてもじゃないけど寝てられません。仕方無くエアコンにしますが、タイマーで切れるとそこからまた地獄。結局切ることなく朝を迎え、起きたらやっぱり暑いからエアコンもそのまま連続稼働。ヤバイですよね〜(;´Д`)。
せめて夜くらいは早く涼しくなって欲しいモノです。


さて、前置きが長くなりましたが、先週行った鎌倉旅行の最終回です。

*******これまでのブログはこちら********
***************************



d0221584_22475941.jpgd0221584_22475965.jpg
江ノ島観光を堪能したあとは、新江ノ島水族館へ移動。
涼しい水族館の中で、大好きなクラゲに囲まれて癒されてきました。

新江ノ島水族館、通称「えのすい」には熱帯魚から深海魚までいろいろな海の生物がいました。
d0221584_22475950.jpgd0221584_22475962.jpg
イルカショーは残念ながら時間が合わず観ることが出来ませんでしたが、本番さながらの公開練習を観ることができましたし、深海IIコーナーでは「しんかい2000」を間近で観る事も出来、わくわくでした。

そして、クラゲファンタジーホールで定期的に行われるショー「海月の宇宙ーくらげのそらー」は、クラゲの水槽にプロジェクションマッピングが投影され、クラゲの世界を紹介してくれました。

d0221584_22520399.jpg様々なクラゲがいる中、この子たちに一目惚れ。

水玉模様がきれいな「タコクラゲ」です。

ゆ〜らゆ〜らと自由に泳いでいる姿にみとれて、水槽の前にいつまでもへばりついておりました。ああ、出来る事なら自宅で飼いたい。。。。

d0221584_22520236.jpgd0221584_22520224.jpg

d0221584_22525936.jpgそんなクラゲ押しのえのすいには、こんなドリンクが。
クラゲファンタジーソーダ(360円/写真右)とゼリーのブルブルブルージェリー(420円/写真左)。

どちらも暑さで疲れた身体に嬉しい冷たいドリンク(?)でした。



さらにクラゲパンも。
d0221584_22531487.jpgd0221584_22531421.jpg
d0221584_22531458.jpg
2種類ありましたが、購入したのは白のマンゴー味(260円)。
もっちりパンの中にマンゴークリームが入った、甘いパンでした。

クラゲに癒され小腹も満たされて、今回の鎌倉旅行は終了。
と言っても、これから渋滞に巻き込まれての帰宅はなかなかしんどかったですけどね、運転した旦那さんが(笑)。


まだまだ真夏日、いえ猛暑日が続くようですから、クラゲの写真を眺めて気持ちだけでも涼しくゆ〜ったり、ま〜ったりとしたいものです。
d0221584_22520274.jpg




■新江ノ島水族館


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-07-25 23:13 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 24日
鎌倉の大仏様と江ノ島の生しらす丼(2)
気がつけば7月も終わりが見えて来ました。
梅雨もすっかり明けて、30度、いえ35度も頻繁な暑い日々。
先週の水曜日も梅雨明け前なのに暑かった。。。

すっかり遅くなりましたが、そんな暑い中行った鎌倉旅行の続きですf(^_^;。


d0221584_13493173.jpg
一泊旅行だったんですが、翌日は江ノ島へ行って来ました。

d0221584_13493185.jpgホテルのあった海浜公園から国道134号線を進むと、江ノ島と富士山が一緒に目に飛び込んで来ます。慌ててカメラを構えたので、こんな写真しか撮れなかったけど、絶景でした。

d0221584_13493141.jpg江ノ島大橋を渡ると、こんもりとした森の中から展望台のある「江ノ島シーキャンドル」がにょっきり頭を出しています。

早い時間に行ったので駐車場はまだ余裕があり、島の入口近くですぐに停められました。

d0221584_13493128.jpgそしていざ、参道へ。
ありゃ、さすがにまだ早すぎたようで、お店がほとんど閉まっていますf(^_^;。


d0221584_13500186.jpgさらに、ショーケースにはこんな貼り紙。


ナニー! 「生しらす」がないだと! 
「生しらす」の為にここまで来たのにー!
(;゚Д゚i|!) オー・マイ・ゴッシュ!


d0221584_13500278.jpgいささかテンションが下がりましたが、気を取り直してさらに参道を登ると、これもまた楽しみにしていた「たこせんべい」の「あさひ本店」が絶賛営業中。
やったー!

早速、たこせんべいといせえびせんべいを頂きました。

d0221584_13500229.jpgd0221584_13502978.jpg
▲まずは券売機で食券(?)を購入。
オジサンに渡すと引換券をくれました。

d0221584_13502938.jpgd0221584_13503046.jpg
待つこと数分。ぺったんこになった、たこせんべい。熱々です。
パリパリで美味しい!
さらに、いせえびせんべい。デカイ! しかも、海老の形がバッチリ残っています。
甲羅もあるので香ばしくて、これまた美味しい!


d0221584_13505314.jpgd0221584_13505316.jpg
小腹を満たした所で、江島神社へお参り。
う〜ん、でも歩いて登ると頂上まで20分もかかるって書いてあるんだよね〜。暑いし、体力無いし。。。。

d0221584_13511057.jpgやっぱ、こっち。「江の島エスカ—」。
4つのエスカレーターを乗り継いで、頂上まで5分。楽ち〜ん。

しかも、江の島1dayパスポート(¥1,000)にすると、エスカ—料金¥360+江の島サムエル・コッキング苑(¥200)+江の島シーキャンドル(¥300)+岩屋洞窟(¥500)が含まれている上、他にも特典や割引などのサービスを受けられる施設もあるので、断然お得です。
なのに、エスカ—乗り場にはあまり詳しい説明がないのが残念です。


d0221584_13511080.jpgd0221584_13511035.jpg
エスカ—の乗ってすぐに到着した江島神社。まずは銭洗白龍王がお出迎え。
なかなかの迫力です。
で、右が江島神社の辺津宮。

d0221584_13511064.jpgd0221584_13515097.jpg
さらにエスカーを乗り継いで、中津宮。ここからの眺めもなかなかのモノ。

d0221584_13520965.jpgそして山頂。
江の島サムエル・コッキング苑。江の島シーキャンドルはこの中にあります。

d0221584_13521005.jpgd0221584_13521077.jpg
異国情緒のあずま屋を抜け、江の島シーキャンドルの展望台へ。
エレベーターで上った展望台からの眺めも良いのですが、さらに階段で上へ上がるとガラス無しの、展望テラスに。

d0221584_13521079.jpg

d0221584_13523535.jpg

海風を直に感じながら眺める景色は最高でした。
遠くには富士山も見えました。

次は「岩屋洞窟」へ。さらに15分ほど歩きます。

でもその前に、「海花亭」の「生しらすありますよ〜」の呼び込みに釣られ、半ば諦めていた生しらすを「アジ生しらす丼」で頂きました(^_^)v。

台風の接近で水揚げ量が少なかったと言うことでしたが、無事にありつけました。やっほ〜。もちろん、美味しかったです!
d0221584_13532464.jpgd0221584_13532496.jpg
▲店主お薦めのシコイワシの天ぷら(写真右)も美味しかった〜〜♪


では改めて、いざ岩屋洞窟へ。

d0221584_13532453.jpgアップダウンの激しい島内。ふと海を観ると、あちこちでこんな絶景が観られます。


途中、奥津宮と龍宮を参拝し、更に島の東端をぐる〜っと歩きます。
d0221584_13532443.jpg
▲こちらは龍宮。旦那さん曰く龍の造型が今イチ、って罰当たりめ。


遂に「岩屋洞窟」の入口に到着。
d0221584_13551982.jpgd0221584_13544203.jpg
薄暗いので入口でろうそくを手渡され、先へ進みます。

d0221584_13544284.jpg
▲ここが江島神社の元、なんだそうです。

d0221584_13544389.jpg
▲第二岩屋の奥いる龍。
目の前の和太鼓を願いを込めて叩きます。龍が光れば願いが叶うとか。
な〜んか、遊園地っぽいな〜。



と、駆け足ですが、江ノ島観光を満喫したあとは駐車場へ戻るだけ。
だけど、これが実にシンドイ。
アップダウンが激しい島内。特に帰りは昇り階段が多い上に、エスカーは登りのみで下りは無し。
膝が笑うとはこのことかー! クリリンのことかー!(あ、疲れが。。。)

っつー、わけで麓のレストランでしばし休憩。午前中とは打って代わって、観光客が滅茶苦茶増えててビックリでした。


最後のだめ押し「新江ノ島水族館」はまた次回に


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-07-24 14:17 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 17日
鎌倉の大仏様 と 江ノ島の生しらす丼(1)
今朝の関東地方は台風の影響であまり良くありませんでしたが、その後台風は遠のいたようで午後からは強い風が吹くものの、暑い陽射しが戻って来ました。週頭のピーカンが戻って来たようです。

d0221584_22383605.jpgそんな今週頭の火曜と水曜、旦那さんの思いつきで急遽、鎌倉に小旅行に行ってきました。ご存じの通り、この両日はそれはもう良い天気で、すんごい暑かったです(笑)。


午前中に自宅を車で出発。
鎌倉は渋滞のメッカでもあるので、本来ならは電車で行くのがベストなのでしょう。しかし、帰りにお土産が増える事や、何より歩くのが嫌いな私なので渋滞覚悟で車での出発となりました。

さすがに都内は空いているとは言えない状況でしたが、鎌倉近辺でも渋滞に巻き込まれることはありませんでした。やはり、夏休み前の平日だからでしょうか。
それでも、観光地の駐車場はそこそこ車が停まっていて、待つことこそありませんでしたが、危うい感じ。何より、道が狭いのに四苦八苦でした。

d0221584_22383600.jpgd0221584_22383745.jpg
まず向かったのは「報国寺」。ここの竹庭を見たくて真っ先に立ち寄りました。

真夏の陽射しと蝉の声に迎えられ、竹庭の竹林の中に身を置くと、なんと心地の良い風が吹くことでしょう。暑い陽射しも竹の葉に遮られ、涼やかな陰を作り、癒される一時。
d0221584_22383700.jpgd0221584_22404577.jpg
d0221584_22404527.jpgd0221584_22404554.jpg


d0221584_22425759.jpg
次に向かったのは、鶴岡八幡宮。
ここもナビ頼みで車を走らせたので、細い路地に入り込み四苦八苦。大きな鳥居の目の前に駐車場があるのにね。

d0221584_22425801.jpgd0221584_22432409.jpg
車を停めたらまずは鶴岡八幡宮をお参りしましたが、かつてのシンボルだった銀杏の大木は既になく、残った太い幹の脇から新芽が吹いていました。

d0221584_22432527.jpgさらに本宮も修復中らしく白く覆われ、外観的にはちょっと残念な時期でした。

d0221584_22432557.jpgしか〜も、さらに残念なことが。
目の前の若宮大路もなんと、工事中。桜の名所として有名なんだそうですが、現在はその桜の木の植え替え工事中とかで、無機質な塀に囲われておりました。残念(;´Д`)。狛犬は見ることが出来たのが、唯一の救いかな。


d0221584_22443523.jpg駅前まで散策したら、小町通りへ。
イワタコーヒーの分厚いホットケーキが食べられるかしら? と僅かな期待を胸に進むも、まさかの定休日。事前のリサーチ不足の己を怨むのでした。。。orz。

小町通りの中程で、遅いお昼ご飯を頂きました。
d0221584_22443521.jpg鎌倉に来たからにはやはりしらすを食べたいところですが、生しらす丼は明日行く予定の江ノ島で食べる事にして、私は湘南豚の味噌漬けを、旦那さんは湘南産のアジフライを頂きました。
どちらも美味しかったです(^o^)v。しかも、300円増しでご飯を釜揚げしらすご飯にグレードアップ可。とーぜん、行っときました。これもまた美味しかったです。


さて、次はいよいよ本日のメイン、鎌倉大仏のある高徳院へ。
行った記憶がないので、初鎌倉大仏。
d0221584_22443508.jpg手水舎から横へ移動すると、目の前に見えました、テレビで良く見るのと同じお姿が。
だけど、ん? 意外と小さいような。。。。お顔は立派に大きいですが、座っているからなのか、高さを感じにくいので「おお! でかい!」とはならず。「へー、こんなモンなんだ」と、いささか罰当たりな感想を持った次第です。

d0221584_22454174.jpg
▲おかしいな〜。近づけば近づくほど大きく感じない。。。。何故だろう?

d0221584_22454111.jpgd0221584_22454101.jpg
折角なので、胎内も拝観してきました。
内側からなら大仏様に触ることができちゃうんですね〜。暑い陽射しで内側まで熱が伝わり、じんわり暑かったです。

d0221584_22454193.jpg
▲でかいわら草履もありました。


概ね行こうと思っていた所は行けましたが、まだ余裕があったので、運動不足の自分の足をなだめつつ、ここから歩いてすぐの長谷寺へも足を伸ばしました。
d0221584_22465869.jpg
▲途中、抹茶と紫いものアイスクリーム「あじさい」でエナジー・チャージ。

d0221584_22465802.jpgd0221584_22465849.jpg
d0221584_22480986.jpgd0221584_22480978.jpg
本来ここはあじさいで有名なお寺。しかし、この数日はピーカン続き。だけど、報国寺には少しあじさいは咲いていたから、もしかして???

観音堂を拝観し、キンピカで大きな立派な十一面観音菩薩像(日本最大級の観音様なんですって)に見とれたあと、あじさいが咲くと言う眺望散策路へ。。。

d0221584_22502128.jpgd0221584_22502175.jpg
傾斜を見上げ、「あー、やっぱり」。すっかりあじさいは見頃を終え、花は綺麗に刈り取られ、しなびた花びらすら見ることは出来ませんでした。自然のモノですから、仕方無いですね。


と言う事で、本日はここまで。
宿泊予定の鎌倉パークホテルへ向かい、チェックイン。綺麗なホテルです。
汗だくになった旦那さんはさっさとシャワーを浴びて、さっぱり。

で、いざ夕食!
d0221584_22510412.jpgd0221584_22510495.jpg
本日はホテル内のレストラン「甲羅」でカニ三昧〜。
なんで、鎌倉まで来てカニなのかって? それはカニが好きだからなのだ〜。



これで英気を養い、明日は江ノ島へ行きま〜す。
続きはこちらのブログで。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-07-17 23:16 | 観光 | Trackback | Comments(0)