タグ:旅行 ( 123 ) タグの人気記事
2011年 10月 25日
Walt Disney World へ行って来ました!<4日目・その2>【Disney's HOLLYWOOD STUDIOS】
10月10日から行って来たフロリダの Walt Disney World (WDW) 旅行。
4日目は【EPCOT】【Disney's HOLLYWOOD STUDIOS】を梯子しました。
【EPCOT】についてはこちらのブログをどうぞ。
今回はその続き、【Disney's HOLLYWOOD STUDIOS】です。

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
ちなみにこれまでの旅行記は下記のブログでどうぞ。
◆1日目「アニマルキングダム・ロッジ編
◆2日目「アニマルキングダム・パーク編
◆2日目「ダウンタウン編
◆3日目「ハリー・ポッター・ワールド、正式名称「THE WIZARDING WORLD OF HARRY POTTER編
◆3日目「ユニバーサル・リゾート続編
◆4日目「EPCOT編
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴


【Disney's HOLLYWOOD STUDIOS】

【EPCOT】からシャトルバスで【Disney's HOLLYWOOD STUDIOS】へ移動すると、ゲート前では、ライトニング・マックィーンをかたどった植え込みが出迎えてくれました。(向こう側にはメーターもいました。)
d0221584_12353093.jpgd0221584_10232166.jpg
(※ブログ内のmapや写真はクリックで大きくなります)

そして、ここでも手荷物チェック。このときはとっても陽気な係員で
「Do you have cookies?」
と聞かれ、一瞬、あれ?お菓子って持ち込み禁止だっけ?と思っていると、
「I'm hungry.」
と笑わせてくれました。

パーク内ではちょうどパレードの真っ最中。
d0221584_10254044.jpgd0221584_10261615.jpg
d0221584_10271266.jpgd0221584_10273280.jpg
d0221584_10275931.jpg
入ってすぐのところがルートの最終ポイントになっていたので、後半だけですが、間近で見ることが出来ました。

d0221584_10283710.jpgそしてパレードが通り過ぎると正面には、巨大な魔法使いの帽子。
その下はピンズを中心にしたギフトショップになっています。

まずは、カー・スタントなど撮影の裏側を見せてくれる[Lights, Motors, Action! Extreme Stunt Show](エクストリーム・スタントショー)へ向かいます。なので、帽子の手前を左手へと進みました。

d0221584_10292225.jpgd0221584_10294261.jpg
途中、[Star Tours]のファストパスを取れたのはラッキーでした。L.A.の Disneyland でも行きましたが、内容が何十パターンもあるで、乗れる時には乗っておきたいアトラクションです。

d0221584_10301758.jpgさら進むと、カーズのふたり(?)と一緒に写真が撮れるコーナーがあり、エンジン音をブインブイン言わせて、まるで本物(?)のようでした。

d0221584_10304418.jpgd0221584_10311116.jpg
ストリーツ・オブ・アメリカエリアには、さすが映画のパークといった感じで、古き良き時代の映画の種明かしのひとつ、書き割りがあって、そこに坂や大きなビルがあるように錯覚させます。
※写真左の坂道、写真右の中央にあるビル群が絵になっていました

[Lights, Motors, Action! Extreme Stunt Show]
d0221584_116395.jpgそのストリーツ・オブ・アメリカエリアの一番奥に[Extreme Stunt Show]がありました。
何せカースタントがメインですからステージも広く、それを見守る観客席もとっても広くて、ほぼ中段くらいから見ていたのですが、自動車が小さく見えます。
d0221584_117048.jpgd0221584_1175575.jpg
d0221584_1185014.jpgカーチェイスやバイクアクション、ビル最上階から人が落ちたり、人が火だるまになったりとなかなか迫力のアクションでしたが、皮肉にも会場が一番沸いたのは、走る1/1ライトニング・マックィーンが登場した時。小芝居も見せ、子供は特に大喜びでした。

d0221584_1193994.jpgd0221584_1110051.jpg

d0221584_11102344.jpg最後は派手な爆発とともに炎の中を車が飛び出して来るアクションで、ビックリさせてくれました。
結構離れていたと思うんですが、炎が熱く感じました。

[Star Tours]
d0221584_12514430.jpg[Star Tours]のファストパスを有効に使って、時間節約。あまり待つことなく乗ることが出来ました。
内装などは L.A.の Disneyland とほぼ同じですが、さすがにまるっきり同じと言う訳ではありません。また、搭乗後の内容は、前回体験したのと冒頭は同じでしたが、途中からは違った内容になったのでラッキーでした。

次に向かったのは、[The Twilight Zone Tower of Terror]。
でも、その途中のギフトショップでこんな物を発見しました!
d0221584_11134438.jpgd0221584_1114513.jpg
d0221584_11162888.jpgd0221584_11171414.jpg
パワーレンジャーのスーツの展示です。なぜか、イエローとピンクのみでしたけど。
数年前はパワーレンジャーも Disney キャラの一員だったとか。パレードなどにも参加していたというのですから、ちょっと見てみたかったですね。だけど旦那さん曰く、このスーツは映画用の特別バージョンなので、パレードには参加していないんですって。
それにしても随分とくたびれている上、ピンクにはベルトがなく、なんだかちょっとかわいそうな感じでした。

[The Twilight Zone Tower of Terror]
d0221584_1118476.jpgd0221584_11192579.jpg
日本ではTDSにタワー・オブ・テラーがあり、呪いの偶像“シリキ・ウトゥンドゥ”が登場してお客さんを怖がらせますが、ここWDWのタワー・オブ・テラーは、アメリカの昔の人気テレビシリーズ「トワイライト・ゾーン」に由来する物なので、“シリキ・ウトゥンドゥ”は登場しません。
トワイライト・ゾーンでは、ある嵐の夜、ホテルのエレベーターに乗った宿泊客4名とベルボーイ1名の計5人が稲光と共に消えてしまい、その幽霊が現れるという怖いお話ですが、やっぱりエレベーターが落下するアトラクションに変わりありません。
敢えて違う点を探すと、ライドに乗ってから、落下するポイントまで少し移動するのでその途中に怖がらせる展示があったり、アトラクション自体の時間が少し長いように感じました。
やっぱり絶叫しちゃいますが、楽しかったです。
ちなみに、アトラクションがあるタワーは「HOLLYWOOD TOWER Hotel」で、右の写真はこのホテルのロビーです。

[Fantasmic!]
d0221584_11201198.jpg次に向かったのは、旦那さんが絶対に観たいと言っていた[Fantasmic!]。こちらも大きな野外劇場ですが、水と光、花火のショーで夜のみの上演。人気があるのでもの凄く混雑します。
この日は8時と9時半にショーがあるということでしたが、90分前から入場出来る8時の回にいくことにしました。入口を入ってすぐの売店で軽食を購入。その後は人の流れがすごくて、どんどんと客席の奥へと流されていき、まだ開園前1時間くらいはあったのに、たどり着いたのは左手の端の方。すごい人出です。
席が確保できたので辺りを見回すと、客席近くの売店は長蛇の列になっていました。早めに買っておいて良かったです。
始まるまではその買ったスナックを食べつつ、休憩。すると突然周りが両手を挙げてはしゃぐのでビックリ。客席中央の学生集団から、なぜかウェーブが起こり周りを巻き込んでいました。
こういう時って、妙にハイテンションになるんでしょうか。気がつけば私も、周りと合わせて手を挙げていました。アメリカ人のノリの良さに感化されたのかしらん?

d0221584_11204835.jpgいよいよミッキーが登場してショースタート。とは言え、ステージが遠いし広いしで、ミッキーが小さい! 
手前の噴水が水のスクリーンになって、アニメが上映されたりしましたが、如何せん画質がよくありませんから、やっぱり観にくい感じ。

d0221584_11211592.jpgd0221584_12293629.jpg
でもその他の炎や水、花火の演出は綺麗に楽しむ事ができました。
ところが、座った席が左端だったので、目の前にきたプリンセスが乗った船にスポットライトは当たらず(プリンセスが乗った船3隻は、それぞれ客席正面に来たときのみスポットが当たっていました。)、やっと間近で観られると思ったのに真っ暗。もうちょっと端の人のことも考えて欲しかったなーと思いました。

d0221584_12302515.jpgDisney キャラ総出演っぽいこのショー、さすがにキャストが勢揃いしたフィナーレの船には常にライトが当たっていましたけど、やっぱり遠くて小さいのが悲しかったです。

約25分間のショーが終わると、会場がから出るのも一苦労。お客さんがどっと出口へ集まるので、一向に前に進みません。まるで日本の大きな花火大会の帰りみたい。。。
こういった人の流れをさばくのは、Disney なら得意なことだと思っていただけに意外でした。

そして、出て行く私たちとは反対に、次回のショーを観るための行列はもの凄い事になっていました。入口から続くその列はサンセット・ブルバードの終わり(パーク中央)まで続くのではないか、と思うほど。この行列を見たら、先の回にして良かったと思いました。取り敢えず席に座って開演を待つことが出来ましたから。

d0221584_12312343.jpgこの[Fantasmic!]が一番最後までやっているアトラクションだったようで、まだ見に行っていないエリアへ行こうとしたら、軒並み終了していてがっかり。
ライトアップされた魔法使いの帽子を横目に【Disney's HOLLYWOOD STUDIOS】を後にしました。


翌<5日目>は遂に最終日。
午後7時のフライトギリギリまで【Magic Kingdom】で遊びます。
でも、それはまた次回。


★追記
d0221584_12323414.jpgハロウィンならではの、オバケミッキーのクッキー($3.95=約308円)。食べるのがもったいないくらい♪ 
でも、しっかり翌日のおやつとなるのでした。

d0221584_12333368.jpgコインプレスはペニー(1セント)用だけでなく、クォーター(25セント)を潰しちゃうタイプもあることを知ってビックリ! ペニーなら51セント(約40円)で済むけど、クォーターだと$1.25(約98円)もかかっちゃう。

d0221584_123494.jpgちなみにこのファイル($6.95=約542円)には、ペニーもクォーターも入ります。
右のピンズは、HOLLYWOOD TOWER Hotel のルームキー($7.95=約620円)。



Walt Disney World  http://disneyworld.disney.go.com/

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-10-25 13:16 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 22日
Walt Disney World へ行って来ました!<4日目・その1>【EPCOT】
10月10日から行って来たフロリダの Walt Disney World (WDW)
4日目は【EPCOT】【Disney's HOLLYWOOD STUDIOS】を梯子しました。

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
ちなみにこれまでの旅行記は下記のブログでどうぞ。
◆1日目「アニマルキングダム・ロッジ編」
◆2日目「アニマルキングダム・パーク編」
◆2日目「ダウンタウン編」
◆3日目「ハリー・ポッター・ワールド、正式名称「THE WIZARDING WORLD OF HARRY POTTER編」
◆3日目「ユニバーサル・リゾート続編」
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴


【EPCOT】
この日は朝食も摂らず「ANIMAL KINGDOM LODGE」からシャトルバスで【EPCOT】へ。
d0221584_12552627.jpg
(※mapや写真はクリックで大きくなります)

d0221584_12564119.jpg昔は「エプコット・センター」って言ったんですけど、今はJUST「エプコット」。それだけでも月日の流れを感じます。

d0221584_12572669.jpgゲートを通ると目の前に、見覚えのある大きなゴルフボールのような球体が、昔と変わらずで〜んと鎮座していました。
これって名前無いンでしょうか? 英語のパンフを見ても「Park's amazing icon」って書いてあるくらいなんですよね。

[SOARIN]
d0221584_12583727.jpgこの日のお目当ては[SOARIN](ソアリン)なので、球体の右側を抜けてさらに右奥のランド館を目指します。

朝一番だったせいもあるのでしょうけれど、待ち時間が20分という割りには通路はガラガラ。走れるほどの勢いで進めますっていうか、通路長すぎ! この通路がいっぱいになることなんてあるのかしら?って言うほど、行けども行けども乗り場に着きません。歩いているだけで10分くらい経っちゃうんじゃないか?って思った頃にやっと乗り場に到着。

[SOARIN]は大画面に映し出されたカリフォルニアの名所を、上空からハンググライダーで飛んでいるような空の旅を疑似体験できるアトラクション。
横8〜9人ほどが並んだシートが3列一組×3機、合計80人くらいで一斉に稼働します。荷物は座席の下のネットに入れられますが、足は宙ぶらりん。
目の前の大画面の映像に合わせてライドが動くほか、風も吹き、オレンジ畑の上空ではオレンジの香りもしてきて、臨場感溢れる演出です。
ただ、残念なのは大画面の映像が一昔前のクオリティと言った感じで、ハイビジョンや3Dなど、綺麗な画像になれている現代では古くささは否めません。
それでも、なかなか爽快な空の旅を体験出来ました。

[Sunshine Seasons]
d0221584_12593757.jpg[SOARIN]の隣のレストラン[Sunshine Seasons]で、朝ご飯を摂ることにしました。
まだちょっと時間が早かったのでキッチンの半分はまだ準備中でしたが、写真手前のエッグポーク・フォカッチャ($5.99=約467円)、奥のキッズミール・フレンチトースト($4.99=約390円)を頂きました。
フォカッチャは結構ボリュームがありましたが、美味しかったのでぺろりと平らげちゃいました。

[MISSION: SPACE]
d0221584_1304229.jpgd0221584_1312845.jpg
次は反対側、パーク入り口から向かって左側にあるフューチャーワールド・イーストの[MISSION: SPACE]へ。

d0221584_1315615.jpgこんな宇宙船に乗って、火星に行くバーチャル・フライトが体験出来るアトラクションです。
d0221584_1322438.jpg何故か入口で、グリーンかオレンジかと聞かれます。
これはレベルが2段階あって、グリーンが緩やかレベル、オレンジがハードレベル。
オレンジだとランチチケットにも注意事項がいっぱいですが、折角なのでハードレベルのオレンジチームを選びました。

d0221584_1335190.jpgd0221584_1342022.jpg
乗り場までは「スター・ツアーズ」のように、宇宙飛行に関するオブジェが雰囲気を盛り立てます。

d0221584_1345341.jpgさあ、いよいよ乗船です。キャプテンからミッションの説明があります。
おおっ! 彼は知っているぞ!「CSI: NY(2004年〜アメリカTVドラマ)」のマック・テイラー刑事じゃないですか! と思っていたら旦那さんが
「お! ミッション・トゥ・マーズ(2000年アメリカ映画)のジムだ!」

え? あ、そっちですか。そりゃそうですね。このアトラクション、火星(Mars)に行くミッションですもんねf(^_^;。でも、私の中では彼、Gary Sinise(ゲーリー・シニーズ)はマックなんですよね。

そんな見慣れた俳優・ゲーリーに話し掛けられていると思うと、なぜだか他のアトラクションよりもとっても身近に感じちゃう、単純な私。
もう気分はウキウキ。
ところが、そんな浮かれ気分はミッションスタート後、すぐに消し飛んでしまうのでした。
4人一組で乗り込み、それぞれ役割分担がされます。
左の席からナビゲーター、パイロット、コマンダー、エンジニア。
とは言え、それぞれの目の前にあるモニターやグリップ、ボタン類は全く一緒です。私はナビゲーターでした。
ゲーリーからそれぞれに指示が出るので、そのタイミングに合わせてボタンを押す、と言う事ですが、ぶっちゃけ、失敗しても関係なさそうです。
そんな事前の説明も、ゲーリー自ら目の前のモニターでしてくれるので、ますます臨場感が高まります。
目の前のダッシュボードのボックスに荷物も入れたし、いよいよ発射です。おや? その隣にある、飛行機で良く見る小さな紙袋は何? 気分が悪くなった時に使うアノ紙袋です。なんか、嫌〜な感じがしてきました。が、もう手遅れです。

ロケットの噴射と共に身体に重くのしかかるG! たるんだ顔のお肉が引っ張られ、なんだか息苦しいような。。。重力の2倍のGのせいです。これまで色々なライドに乗って来ましたが、己の身体がこんなに重くなるライドは初めてです。
おまけに左右に揺れたりもするものだから、何だが気持ちが悪くなってきました。それでも我慢してると、ゲーリーから
「ナビゲーター!」
と呼びかけられ、スイッチを押すように指示されました。「NOW!」の声と共に、目の前のオレンジのボタンを2つほど押して、私の役目は終了。他の3人も同じようにゲーリーから声を掛けられボタンを操作し、宇宙船は無事に火星に着陸。ゲーリーから
「CONGRATULATION!」
と讃えられ、ミッションが片道で終了してホッとしました。地球に帰るミッションもあったらどうしようかと思っていましたから。
宇宙船から出て旦那さんと話すと、彼も同じ事を思っていたと言うのですから、このミッション結構ハードだと思います。まずはグリーンチームで、身体を慣らしてからのほうがいいかも知れません。でも、面白かったですよ。

思いの外Gの辛さが身に染み、本物の宇宙飛行士はものすごく大変なんだな〜と思いつつ、ほかのライドに乗る気も起きず、世界各国のパビリオンが並ぶ[ワールド・ショーケース]へ向かうことにしました。

[WORLD SHOWCASE]
d0221584_136935.jpg中国館から先のエリアは11時オープンだったらしく、15分ほど待つことになりましたが、その間にセグウェイに乗ってミーティングするスタッフを見ることが出来ました。
やはり広いパーク内の移動には、セグウェイが便利なのでしょう。L.A.でも広いショッピングモールでは、警備員さんがこれに乗ってモール内を巡回していましたから。

[WORLD SHOWCASE]を左端から見て回りました。
d0221584_1365324.jpgこちらはメキシコ館。11時前だったせいかアトラクションはまだやっていませんでした。
d0221584_1372577.jpg
中国館のギフトショップでは、香港でよく見かけた雑貨がたくさんあって、ちょっと懐かしくなりました。

d0221584_1375328.jpgd0221584_1382142.jpg
▲ドイツ館には、ミニチュアの鉄道が走るジオラマがあり、子供たちに人気でした。

d0221584_1391296.jpg
イタリア館にあった噴水。
ネプチューンってイタリアの物だったんですね。

ちなみに、ネプチューンはローマ神話の神。ギリシャ神話だとポセイドンって言うンですって。

d0221584_1393622.jpgd0221584_13101182.jpg
▲そして日本館前のスタンド、[歌舞伎茶屋]。微妙な勘違いが海外らしさでもありました。
鳥居越しには球体が見えました。
d0221584_13111855.jpgd0221584_13105543.jpg
五重塔の隣の日本庭園は改築中で見れませんでした。
奥にあるお城も、細かいところでバランスが悪いような。。。
ちなみにお城の中はギフトショップと、博物館になっています。

d0221584_13125575.jpgd0221584_13134247.jpg
ギフトショップには、ポケモンやナルト、パワーレンジャー(これはアメリカでしか放映していないのに…?)などのアニメ系のオモチャがいっぱい。
旦那さん曰く、以前来たとき民芸品が多かったんですって。変われば変わるものですね。
絵はがきは、あまり日本では見ないような絵柄が多くありました。

d0221584_1314355.jpg博物館は犬神やサル、鬼、カッパなど昔話に出てくる物の怪と、現代のアニメに登場するキャラクターを上手く関連づけた展示をしていました。

▼カッパのカータン(写真右)、懐かし〜。

d0221584_13143278.jpgd0221584_1315164.jpg
やっぱり日本はアニメの国と思われているのかしらん?

d0221584_13154683.jpg
こちらはモロッコ館。細かいタイルを使った噴水が綺麗で、夏に行ったカタリナ島を思い出しましたが、こちらのタイル細工の方がとても細かくて凝っている感じです。

d0221584_13162196.jpgこちらはフランス館のパンとケーキのお店[Boulangerie Pâtisserie](ブランジェリー・パティセリー)。

d0221584_13165374.jpgこのお店、とっても人気らしく店内はめちゃ混み。アメリカ人ほど愛想はないけど綺麗な店員さんに、片言英語で注文。
バゲットのハムチーズ・サンドイッチ($5.25=約410円)とクロワッサンのチーズサンド($3.25=約255円)、チョコレート・エクレア($3.75=約293円)をお昼用に買いました。

d0221584_13171758.jpgd0221584_13174651.jpg
バゲットはやや固めですが、私好み。クロワッサンはその場でトーストしてくれて、チーズがとろけてあったか。お味もさすが本場!と言った感じでしっとりして、久しぶりにクロワッサンらしいクロワッサンを食べました。
エクレアは思ったほど甘く無くて、こちらも美味しかったです。

d0221584_13182852.jpg同じくフランス館のエリアでは大道芸人が、ワインボトルの上に高々と積み上げたイスの上で、見事なパフォーマンスを披露中でした。

d0221584_13185882.jpg最後に立ち寄ったのはカナダ館。
名物のメイプルシロップがズラリ。本当は大瓶で買いたかったのですが、帰りの飛行機の事を考えて100ml以下の瓶を探すことに。お陰でとっても小さな瓶になっちゃいました。

d0221584_1320946.jpgd0221584_13194217.jpg
そして、ファンの方には垂涎もの? カナダの衣装を着たダッフィーのコインプレス機がありました。

d0221584_13204146.jpg[WORLD SHOWCASE]を一周したので、モノレールと噴水を眺めながら、あの球体の中のアトラクション[SPACESHIP EARTH]に向かいました。

[SPACESHIP EARTH]
d0221584_13211760.jpg球体の中にもアトラクションがあったなんて、すっかり忘れていました。
ライドに乗るとまずは顔写真を撮られます。それが切り抜かれて、後々色々な場面で使われるので、ちょっと恥ずかしい感じでした。
※写真はアトラクションの入口から振り返ったところ。球体の底が見えます。

d0221584_13214978.jpgそれにしてもこの球体、本当に大きくて……、結構重いです(笑)。

次は【Disney's HOLLYWOOD STUDIOS】へ行きました。
でもそれは次回<4日目・その2>で。

★追記
d0221584_13222959.jpgカナダ館で買ったメイプルシロップは、一番小さい熊の形をした瓶で20ml でした($3.95=約308円)。
イギリス館で買ったティー・ボール($8.95=約698円)は、もしかして DisneyShop でも買えたかも?とちょっと不安になった品。
[WORLD SHOWCASE]で見つけた日の丸ミッキー。日本のTDRでも売っているのかしら? 
ピントレードに続いて流行っているという、バイナルメーショントレード。ミッキーのように大きな耳のプーさんは、そのバイナルメーション型のピンズ。ちょっとややこしい?


Walt Disney World  http://disneyworld.disney.go.com/

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-10-22 14:14 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 21日
ユニバーサル・リゾート続編(Walt Disney World へ行って来ました!<3日目・その2>)
10月10日から行って来た Walt Disney World (WDW) 旅行ですが、3日目はちょっと浮気をして、すぐ近くにある【UNIVERSAL Orlando RESORT】(以下【ユニバーサル】)へ向かい、まずはハリー・ポッター・ワールド、正式名称【THE WIZARDING WORLD OF HARRY POTTER】を満喫しました。詳しくは前回のブログをどうぞ。

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
ちなみに1日目「アニマルキングダム・ロッジ」はこちらのブログ
2日目の「アニマルキングダム・パーク」はこちら 
同じく「ダウンタウン」はこちらでどうぞ。
∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴


d0221584_7135926.jpg
(※mapや写真はクリックで大きくなります)

そしてその続きです。
【JURASSIC PARK】
ハリー・ポッターの世界を後にして向かったのはお隣、【JURASSIC PARK】。
d0221584_7153425.jpg
d0221584_7162035.jpgd0221584_717046.jpg
上の写真のように、身長176cmのちょっと太っちょな男性と比較してもお解りのように、かなり大きな恐竜の化石があったり、茂みからヌッと顔を出した恐竜がいたり。レストラン[Thunder Falls Terrace]にはトリケラトプスの頭部がたくさんくっついていたりと、またもや恐竜だらけです。

[CAMP JURASSIC]
d0221584_7175776.jpgd0221584_7182599.jpg






子供向けには恐竜の化石を模した滑り台などの遊具がある[CAMP JURASSIC]があり、WDW の[BONEYARD]と被るな〜と。
で、やっぱり旦那さんは一通り触りまくり。


[Jurassic Park River Adventure]
d0221584_7191444.jpg大人向けには水しぶきが激しく、ずぶ濡れ必至のラフトライド[Jurassic Park River Adventure]が人気でしたが、生憎この日は曇りがち。ずぶ濡れになる勇気はありませんでした。


[Jurassic Park Discovery Center]
d0221584_7241835.jpgd0221584_7194376.jpg
ビジターセンターである[Jurassic Park Discovery Center]には、天井から恐竜の化石がぶら下がり、レストランの[The Burger Digs]のほかに体験型展示エリアがありました。

d0221584_7203386.jpg
こちらは恐竜の卵を観察する機械。
中を観察するということで、モニターに卵の中の赤ちゃん恐竜の超音波写真みたいな映像が、数種類映し出されました。

d0221584_721069.jpgギフトショップにはお馴染みのペニープレスも。
ベタな絵柄だな〜と思いつつも、コインを投入(51セント=約40円)。
今回の旅行ではこのペニープレスもちょくちょくやりましたが、使えるコインがペニー(1セント)1枚とクォーター(25セント)2枚と決まっているので、このクォーターコインを確保するのが大変でした。
なにせ、大抵の支払はカードですから、お札がなかなか崩れないんですよね。
それにしてもお金を潰しちゃうなんて、すごいですよね。
ちなみに日本でそんなことをしたら法律違反になっちゃいますから、こちらならではの機械ですね。


【THE LOST CONTINENT】
次はちょっと戻って【THE LOST CONTINENT】へ。当然途中の【ハリポタ・ワールド】をもう一度通りましたf(^_^;。(←どんだけ好きなんだか)

[Poseidon's Fury]
d0221584_7231058.jpgd0221584_7233527.jpg

d0221584_7221252.jpg巨大な手と三つ叉の矛・トライデント、足首などの崩れた石像が点在するポセイドンの古代寺院跡。この迫力ある寺院の中で、[Poseidon's Fury](ポセイドンの怒り)と言うツアー型ショーが行われます。
予備知識無しで飛び込んだのですが、これがなかなか、舞台装置などが凝っていて面白かったです。
途中、激流となって流れる水のトンネルを通るのですが、足元が水でびしゃびしゃになりますので履き物に注意が必要です。ちなみに私のサンダルはしっかり濡れました、すぐ、乾きましたけどね。


隣の【SEUSS LANDING】は私には馴染みの無いキャラクターの世界だったので、スルーして正面に戻り、パーク左側にある【MAVEL SUPER HERO ISLAND】へ。

【MAVEL SUPER HERO ISLAND】
[Cafe 4]
d0221584_7413126.jpgまず目に入ったのは、レストラン[Cafe 4]の看板。ファンタスティック4の店でピザ等が食べられます。

[The Incredible Hulk Coaster]
d0221584_7421572.jpgd0221584_7424259.jpg
ハルクのジェットコースター[The Incredible Hulk Coaster]のうねうねと走る緑色のレーンが、私を誘っていたのですが、旦那さんに頑なに拒否られ、かと言って一人で乗る勇気もなく、見てるだけとなりました。
ハルクが中から殴った? ハルクの拳の形に出っ張っりがある自動車が展示されていました。


d0221584_7435365.jpgd0221584_745049.jpg
d0221584_7452444.jpgd0221584_7442380.jpg
他にも人気キャラがたくさん。
残念な事にこの時間になると益々曇ってきてしまって、折角のカラフルアメコミキャラが映えず、ちょっとがっかりでした。


d0221584_7461846.jpg帰り際、左手を見ると地球儀のオブジェと四角いゲートが見えました。
そうそう! 大昔私が行った【ユニバーサル】はアレだったわ! と一気に記憶が蘇り、改めて【UNIVERSAL Orlando RESORT】の巨大化を実感しました。

そろそろ疲れも溜まってきた3日目。足も結構だるいです。
なので、夕食の為にどこかへ移動するという気も起きず、ここ【City Walk】内にあるレストランで夕食を摂る事にしました。

[BUBBA GUMP]
d0221584_7465781.jpgいろいろあったのですが、引き寄せられてしまったのはいつもの[BUBBA GUMP]。
日本でも香港でも、カリフォルニアのロングビーチでも行った、お気に入りの店です。

d0221584_7473091.jpgd0221584_7475020.jpg
頂いたのは、2/3ポンドの茹で海老のガーリックソース($12.49=約974円)と、シュリンプ・リングイネのパスタ($17.59=約1,372円)など。やっぱり、美味しかったです。
もちろん、帰りにはショップによってお土産を購入。またショットグラスが増えました。

帰りも来たときと同じタクシー乗り場から、タクシーでアニマルキングダム・ロッジへ。
フリーウエイを降りロッジに近づくと、どんどんと灯りが減り暗くなっていきます。本当に自然の中に建っているロッジなんだと感じました。

次回の<4日目>では WDW に戻り、【EPCOT】と【Disney's HOLLYWOOD STUDIOS】を梯子します。

★追記
d0221584_7485795.jpg今回のお買い物は意外と少なくて、この2品のみ。どちらも地名入りにしました。
もっとも既に【ハリポタ・ワールド】でたくさん買っちゃってますからf(^_^;。


※UNIVERSAL Orlando RESORT http://www.universalorlando.com/

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-10-21 08:31 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 20日
念願のハリー・ポッター・ワールド!(Walt Disney World へ行って来ました!<3日目・その1>)
10月10日から行って来た Walt Disney World (WDW) 旅行。
3日目はちょっと浮気をして、すぐ近くにある【UNIVERSAL Orlando RESORT】へ向かいました。
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
ちなみに1日目「アニマルキングダム・ロッジ」はこちらのブログ
2日目の「アニマルキングダム・パーク」は こちら 
同じく「ダウンタウン」はこちら でどうぞ。

※2015年2月、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「ハリポタ・ワールド」へ行くことが出来ました。
その時のブログはこちら。(2015.2.26追記)
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵


d0221584_10173513.jpg
だって【UNIVERSAL Orlando RESORT】(以下【ユニバーサル】)には、2010年にハリー・ポッター・ワールド、正式名称【THE WIZARDING WORLD OF HARRY POTTER】(長いので以下【ハリポタ・ワールド】とさせていただきます)が出来、その時からいつか絶対に行こうと決めていたんです。
でも、旅行前に調べたら、【ハリポタ・ワールド】【ユニバーサル】の【ISLANDS OF ADVENTURE】の1コーナーであることが分かり、単独でのパークだと思い込んでいた私としては、その規模の小ささにちょっとがっかり。
と言う訳で、今回の WDW 旅行とセットになりました。

それにしてもこの【ユニバーサル】、すっかり様変わりしていてビックリ。私が知っているのは、まだ【UNIVERSAL STUDIOS FLORIDA】しかなかった大昔のこと。
今では、【ハリポタ・ワールド】がある【ISLANDS OF ADVENTURE】と、この2つのパークを繋ぐ【CITY WALK】の3つのエリアに分かれているんですね。
WDW 同様、こちらも日々進化を続けどんどん広くなっているようで、オーランドは正にテーマ・パーク天国です。

まずは宿泊している「ANIMAL KINGDOM LODGE」からタクシーで【ユニバーサル】へ向かいます。(さすがにシャトルバスは出ていませんからねf(^_^;。)
シャトルバスと違ってスピードもあるし、フリーウエイを使うせいか想像よりも早く20〜25分くらいで到着。料金は$40(約3,120円)くらいでした。
総合エントランスでタクシーを降り、エスカレーターを登ると手荷物検査があって、まずは 【CITYWALK】へ。

d0221584_7123693.jpg映画館やレストランの建ち並ぶエリアでこの先、右に行くと【UNIVERSAL STUDIOS FLORIDA】、左へ行くと【ISLANDS OF ADVENTURE】と分かれます。
もちろん、左へGO!

【ISLANDS OF ADVENTURE】
チケット売場で1パーク用チケット($85=約6,630円)を買おうとすると、やたらと EXPRESS PLUS PASS(たしか$35=約2,730円くらい高かったと思います)を勧められました。
最初は何の事か解らなかったのですが、【ユニバーサル】にはファストパスが無く、その代わりこの高いチケットを購入すると、一般の列には並ばず優先入場出来ると言う仕組みが採用されています。なんかお金で解決しているようで、嫌な感じですけど。
今回は必要ないので断り、普通のチケットを購入。だけど、インターネットで事前に購入すると$20=約1,560円もお得だったんですよね。これから行かれる方は是非、サイトでの事前購入をお勧めします。
d0221584_7144145.jpgd0221584_715525.jpg
(※mapや写真はクリックで大きくなります)

【THE WIZARDING WORLD
         OF HARRY POTTER】

さて、ホグワーツ城を目指して脇目もふらず、まずは右周りに進みます。
【SEUSS LANDING】を抜け、【THE LOST CONTINENT】もサラッと通り抜けると、突然! アーチ型の入口にぶつかります。
d0221584_7162463.jpgd0221584_7164541.jpg
d0221584_758444.jpg何の前触れもない突然の登場に、一瞬あっけにとられますが、アーチをくぐればもうそこはハリー・ポッターの世界。
(←こちらの看板は【JURASSIC PARK】側にあるものです)


ホグワーツ特急列車に出迎えられ、
d0221584_7182186.jpgd0221584_7175389.jpg

d0221584_7185111.jpgd0221584_7191522.jpg
夏のような暑さに汗を拭き拭き、雪が分厚く乗った屋根を連ねたホグズミード村とダイアゴン横丁を合わせたような町並みを歩きます。なんともミスマッチな感じ。
昼になってしまっていたせいもあり、人出も多く【ユニバーサル】のお客さんがみんなここに集まっているかのような混み具合。
とは言え、映画のセットさながらに映画で観たことのある店舗があっちこっちにあり、旦那さんも有頂天。顔はほころびっぱなし。

[ZONKO'S SHOP]&[HONEYDUKES]
d0221584_7203155.jpgd0221584_7205557.jpg
まず入ったのは、[ZONKO'S SHOP](ゾンコのいたずら専門店)。
天井まである陳列棚には不思議な商品が並んでいました。
d0221584_7213827.jpgd0221584_722912.jpg
そして、店内は隣の[HONEYDUKES]のお菓子店と繋がっていて、ケーキが並ぶショーケースがあり、原作に登場する怪しげなお菓子もたくさん並んでいます。
こちらはカエルチョコらしいのですが、映画で見たのとはちょっと違っているようです。ちなみにミント味とありました。
d0221584_7223621.jpgお店を出たらそこは[HONEYDUKES]に。


[THE THREE BROOMSTICKS]&[HOG'S HEAD]
d0221584_7234835.jpgd0221584_7231436.jpg
その先には、レストラン[THE THREE BROOMSTICKS](三本のほうき)があり、隣の「BUTTER BEER」や本物のビールが楽しめるパブ[HOG'S HEAD]と中で繋がっていました。

d0221584_724111.jpgd0221584_7244281.jpg
[THE THREE BROOMSTICKS]では、劇中のような雰囲気たっぷりの店内で食事をする事が出来ます。
今回私たちが食べたのはこちら ↑。
手前はターキーレッグ・プレート($11.99=約935円)。ターキーレッグは WDW でも人気ですが、本当に大きいんです!
奥がシェパードパイ・プレート($9.99=約780円)。Sheperd's pie は初めて食べましたが、マッシュポテトの下から炒めた玉葱と挽肉が出て来て、一緒に食べるととっても美味しかったです。
本物のビールを頼むと、ホッグズヘッドのスーベニア・カップ付き($11=約860円)を選ぶことが出来ます。
その隣はバター・ビール($2.99=約240円)。炭酸ドリンクの上にクリームがたっぷり乗っていました。味は、どう表現したらいいのか…甘かったです。
旦那さん曰く、ルート・ビールに違い味だとか。う〜ん、私はそれを飲んだことが無いので、やっぱりわかりません。

ちなみにバター・ビールは店の外でもワゴンで売っているので、どこでも飲めるという感じでした。
d0221584_7252166.jpgそして、こちらがそのスーベニア・カップ。こちらの中身は同じバター・ビールでもフローズンタイプ。シャリシャリの冷たい食感が、暑い中[OLLIVANDERS]の行列に並んでいる身には、とっても嬉しかったです。


[OLLIVANDERS]
d0221584_726285.jpgこの店は外せません。オリバンダーの魔法の杖を買わねば、旦那さんの気は収まりませんから。
とは言え、店に入るための長蛇の列が。。。杖を買うだけなら別の入口から入れます。ホグワーツ城前のワゴンでも売っています。
ですが、やはりパフォーマンスを見なければ、ここまで来た甲斐がありません。
バター・ビールを飲みながら30分くらいは待ったでしょうか? 

d0221584_7274331.jpgd0221584_7281479.jpg
ようやく薄暗い店内に案内されると、ローブをまとった店主が子供を二人(男女)指名して、何やら色々と話しをしました。英語なのでほとんど解りません。
d0221584_729160.jpgですが、店主がそれぞれに選んだ杖を持たせ呪文を言わせると、天井近くの杖の箱がガタリと乱れたり、鳴らしたベルが鳴り止まなかったり。どうやら杖は子供たちにマッチしていなかったようです。
が、店主が子供たちに杖を交換させると、彼らたちが明るく照らされ、杖が持ち主に出会ったことが解りました。なんとも、洒落た演出に一緒のパーティからは拍手が起こりました。
パフォーマンスはここまで。隣へと続く扉が開かれSHOPへと促されます。


[OWL POST]
そこはオウムの郵便局[OWL POST]。中で繋がっていました。
d0221584_729473.jpgd0221584_7301625.jpg

d0221584_7321164.jpgd0221584_7304457.jpg
オウムが運ぶ郵便物が棚の上のほうに積まれています。ですが事実上、魔法の杖を中心としたギフトショップとなっていました。
もちろん、店内はもの凄く混み合っています。何せ世界中からハリー・ポッターファンが集まっているんですから。その中には私たちのような日本人もちらほら。日本からここまで来るとは、きっと大ファンなんでしょうね。

d0221584_7325914.jpgd0221584_7342217.jpg
店内にはこんな物もいました。檻に入った「怪物的な怪物の本」。暴れるので頑丈な檻に入れられています。一番奥の部屋のレジは穴場かも?。空いていることが多かったです。

d0221584_7334312.jpgまた、別のレジの奥にはこんな魔法のほうきがありました。


d0221584_735512.jpgそんな混雑する店内で、旦那さんはあっちこっちと棚を見て回り、ようやく2本の魔法の杖を購入しました。
大きい方がオリバンダーのオリジナル、小さい方がフラー・デラクールの杖。(どちらも$29.95=約2,340円)
それにしても、どうしてハリー・ポッターの杖じゃないのかと思ったら、もう日本で買ってあったんですって。本当にハリポタが好きなのね。

d0221584_7361751.jpgそしてここは郵便局です。絵はがきと本物の切手も売っていました。もちろん購入し、絵はがきもすぐに書いて投函しました。

d0221584_7354458.jpgd0221584_737227.jpg
ちなみにポストは店の外にあって、お兄さんがフクロウのスタンプを押してくれます。
切手の絵柄は二種類ありましたが、料金は44セントのみ。アメリカ国内ならこれ1枚で事足りるのですが、日本にエアメールを出すとなると足りません。98セントかかるので、ちょっと多くなりますが3枚必要となります。
買ったばかりの切手シートを使うのはちょっとだけ気が引けましたが、もっと残念だったのは切手が大きいので、宛先スペース確保のため切手を重ねて貼らねばならず、折角の絵柄が隠れてしまうことでした。(バーコード部分が見えていれば重ねて貼れるんですって! 驚きでした。)


[Harry Potter and the Forbidden Journey]
d0221584_738854.jpg
そして、メインイベント! ホグワーツ城にある人気アトラクション「ハリー・ポッターと禁じられた旅」は、私たちが行った時は60分待ちでした。
d0221584_7384910.jpgd0221584_7391350.jpg
城門を通り城に近づくとワクワク感が高まります。
中へ入ると、入口でスタッフにライドに乗るかどうか尋ねられます。もちろん!と答えると、右手にあるロッカーに荷物を預けるように指示され、たくさんあるロッカールームへ。
【ユニバーサル】では、ライドに乗る前に荷物をロッカーに預けるのがお約束になっているようです。
ですが、使い方が解りません。扉はどれもロックされていてびくともしません。一体どうやって入れるのか悩んでいると、荷物を取り出す人が! その扉が閉まりきらない内に即座に自分たちの荷物を入れてしまいました。
これが、後々面倒くさい事になるとも知らずに……。。。。。(/ω\)

d0221584_7395082.jpg写真は別の場所のロッカーですが、同じタイプの物です。
実は使い方はシンプルでした。
液晶画面にタッチしてスタート。日本語が選択できますから心配ありません。
液晶画面では指紋を登録するように指示されますので、液晶画面下の指紋スキャナーに指をタッチ。すると使用できるロッカーのランプが緑色に光り、扉のロックが解除され荷物を入れる事ができます。
そーなんです、自分の指紋が鍵となるんです。
ちなみに、こちらのロッカーは最初の30分くらい(?)は無料ですが、時間が過ぎるに従って料金が課金されるタイプです。


そんなロッカーの仕組みも知らず、パスポートも財布もカメラもみ〜んなロッカーへ入れてしまいました。
ライドに乗るまでの60分間、列に並びながらロッカーが他の人に開けられて荷物が無くなってしまうのでは無いかと、ヒヤヒヤ。
d0221584_7404815.jpgd0221584_7414789.jpg
d0221584_7411916.jpgしかも、途中、ホグワーツ城の中を通るので、動く絵画が飾られた通路やダンブルドア校長室、組み分け帽子などの展示があるのに写真も撮れず、イライラ。変なストレスが溜まります。

それでも、ライドに乗り込むと、まるで魔法のほうきに乗ってハリーと一緒に空を飛んでいるような気にさせてくれて、心配ごとも吹き飛ぶほど夢中になりました。
途中、巨大な蜘蛛アラゴグがツバを吐きかけてきて、ちょっと濡れました。
ライドは天地構わず色々な動きをするので、スカートはNG。しかも足が宙ぶらりんになるので、サンダルもNG。なのに、この日の私はスカート&サンダル。サンダルが脱げないようにさらにはスカートの裾も気にしてと、ちょっと大変でしたので、皆さんはお気を付けください。

そして気になるロッカーは…やっぱり開きません。(T T)。
スタッフを捕まえて、片言英語でロッカーが開かない、使い方が解らなかったんだと訴えると、慣れた様子で液晶画面を操作。あっけないほど簡単にロッカーを開けてくれました。しかも、荷物が本人の物であるかなんて、確認もなし。
もの凄く助かったんですけど、これが悪意のある人間が盗もうとしていたんだとしたら、どーなっちゃったのかしら? と一抹の不安を残しつつも、とっても楽しかったと、改めて[Harry Potter and the Forbidden Journey]を振り返るのでした。

そうそう、ホグワーツ城内の写真はどうしたのかと言いますと、ライドと同じ入口で、ライドには乗らないと言うと別の入口へ案内してくれることが解り、今度はカメラも荷物もしっかり持ったまま、城内を見て回りました。
こちらの方は行列は無し。自分のペースでゆっくり見て回って写真も取り放題。なんですが、城内は暗く、フラッシュを焚いてしまうと折角の雰囲気が台無し。と言う事であまり写真は良くありません。やはり自分の目で確かめていただくのが一番だと、思いました。

[Flight of the Hippogriff]
d0221584_743621.jpgd0221584_7432550.jpg
ホグワーツ城の向かいにあるこのコースター。子供向けと聞いていたので侮っていましたが、ヒッポグリフのバックビークに出会えるのでお薦めです。
乗り込んですぐ左手に座ったままお辞儀をするバックビーク。こちらもお辞儀を返すのをお忘れ無く。

[Frog Choir]
d0221584_744190.jpgd0221584_744302.jpg
ホグワーツ城とホグズミード村の間にある広場では、大ガエルと一緒に歌うホグワーツ校生徒の合唱団や、ボーバトン校、ダームストラング校の生徒のパフォーマンスもありました。

他にもこんなお店がありました。
[魔法の杖のワゴン]
d0221584_745242.jpgd0221584_7455242.jpg
ワゴンびっしりに積まれた魔法の杖の箱。子供たちが杖を手にとってじっくり品定めしていました。

[漏れ鍋]
d0221584_7462959.jpg残念ながら店内には入れません。

d0221584_7465582.jpgd0221584_7471989.jpg
クィディッチ用品のお店の看板は、ゴールデンスニッチが目印。
残念ながらこちらもショーウインドウのみでした。

[マンドラゴラ]
d0221584_7481444.jpg出窓に置かれたマンドラゴラは、終始奇声を上げています。


[BUTTER BEER]
d0221584_7484073.jpgd0221584_749723.jpg
バター・ビールの大樽。バター・ビールと一緒にパンプキン・ジュースも売っていました。カボチャの風味よりも、スパイシーでシナモンの香りが強い印象でした。よく冷えていて美味しかったです。
ハリー達がよく飲んでいるポピュラーな飲み物のようですが、残念ながら私は覚えていませんでした。

[ホグワーツ城]
d0221584_749479.jpg
d0221584_7501164.jpgd0221584_7503678.jpg
正面ももちろん良いのですが、【JURASSIC PARK】側に少し入った所で振り返ると、ホグワーツ城を別の角度で楽しむ事が出来ます。

また、この【ハリポタ・ワールド】のトイレでは、嘆きのマートルがずーっと喋りっぱなし。トイレにも抜かりはありません。

想像よりも小さい【ハリポタ・ワールド】でしたが、個々のアトラクションやショップはとても良くできていました。
それだけに、涼しい地域にもっと広いハリー・ポッター・ワールドを作って欲しいと、強く思ってしました。
本場のイギリスに行けばいいのかしらん?


この後はお隣の【JURASSIC PARK】へと歩を進めましたが、それは次回<3日目・その2>で。


★追記 【ハリポタ・ワールド】でのその他のお買い物はこちら。
d0221584_7534544.jpgホグワーツ城の奥にある[Filch's Emporium]では、長袖Tシャツ($26.95=約2,100円)と「ホグワーツ忍びの地図」柄Tシャツ($32.95=約2,570円)、トランプ($12.95=約1,010円)を購入。この地図柄のTシャツは、マジックキングダムに着て行きカリブの海賊の行列に並んでいると、ハリー・ポッターファンの女性に「羨ましい」と声を掛けられると言う、ハプニングが起こりました。
オーランド近辺にはDisney ファンとハリー・ポッターファンが混在しているようです。

d0221584_7542193.jpg杖と一緒に買ったホグワーツ特急のトラベル・ポーチ($16.95=約1,330円)。レシートの店名は[Dervish and Banges]と印字されていました。
お菓子はカエルチョコ($9.95=約780円)と百味ビーンズ($10.95=約800円)。

d0221584_735367.jpgお菓子を味見しようとパッケージを開けて、カエルチョコの大きさにビックリ。
映画さながら大きなカエルが1匹入っていました。見た目とは裏腹に、美味しそうなあま〜い香り。むむむ、どうやって食べようかしらん。


UNIVERSAL Orlando RESORT 
http://www.universalorlando.com/
http://www.universalorlando.com/harrypotter/index.html


※2015年2月、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「ハリポタ・ワールド」へ行くことが出来ました。
その時のブログはこちら。(2015.2.26追記)

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

by suneya-m | 2011-10-20 09:37 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(4)
2011年 10月 19日
Walt Disney World へ行って来ました!<2日目・その2>【DOWNTOWN DISNEY】で夕食
10月10日からの Walt Disney World (WDW) 旅行、その2日目の夕食は、WDWの東の端にある【DOWNTOWN DISNEY】へ足を伸ばしました。

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
ちなみに1日目の「アニマルキングダム・ロッジ」はこちらのブログ
2日目の「アニマルキングダム・パーク」は こちらでどうぞ。
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵


【ANIMAL KINGDOM Park】を満喫したあと、一旦宿泊している「ANIMAL KINGDOM LODGE」に戻って一休み。窓から見える動物たちが、疲れを癒してくれました。
(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_7573138.jpgd0221584_7575644.jpg

【DOWNTOWN DISNEY】
そして移動は便利なシャトルバス。
ロッジを出た左手に、行き先別にバス停が並んでいますが時刻表はありません。いつ来るか解らないけど、必ず来ます(深夜や早朝は別ですよ)。
それを待って【DOWNTOWN DISNEY】へ。
西の端から東の端へ移動するので、20〜25分ほどかかりました。
d0221584_7585166.jpg
なので、すっかり黄昏時。イルミネーションが池に映り綺麗な風景となりました。

マーケットプレイス側から入り、蟹が食べられる[フルトンズ・クラブハウス(Fulton's Crab House ←正にCrab/蟹)]へ向かっていると、その手前で、暗闇の中にまたもや恐竜の化石を発見。今日はとにかく恐竜づいています。しかももの凄く大きいです。

[T-Rex Cafe]
d0221584_7592323.jpg
数年前に訪れている旦那さんがその存在を知らなかったという[T-Rex Cafe]は、恐らく新しいレストランなのでしょう。(もしくは改装中だったかも?)
店の前には行列が出来ていましたが、恐竜好きの旦那さんが見過ごすはずもなく、あえなく蟹(Crab)は玉砕。早速列に加わりました。
程なく名前と番号を呼ばれ、中に案内されると…
d0221584_81683.jpg
これまた大きな恐竜がお出迎え。
そして店内を見渡せば、いるところに恐竜やら化石やら、巨大タコやらクラゲやら。まるでアミューズメントパークです。

(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_825332.jpgd0221584_832224.jpg
▲▼これらの恐竜やマンモスは時々急に動き出すので、驚かされます。
d0221584_841620.jpgd0221584_844690.jpg
d0221584_85751.jpgd0221584_853080.jpg
d0221584_855595.jpg

席についてメニューにあるチェーン店を見て納得。熱帯雨林をイメージしたレストラン「レインフォレスト・カフェ(Rainforest Cafe)」が手掛けていました。
「レインフォレスト・カフェ」は日本にも、東京ディズニーリゾートのイクスピアリにあるので何度か行ったことがあり、店の雰囲気を思い出して納得。店内の装飾がとても良く似ています。もっともここの造形物は動物ではなく恐竜ですけど。(http://www.rcjapan.com/rfc/index.html)

さてさて、そんな楽しい雰囲気の中頂くお料理は、
d0221584_871188.jpgd0221584_873717.jpg
写真の奥が、「ティラノサウルス・Tボーンステーキ」$32.99=約2,573円。もちろん、牛肉でした。
手前が海老のグリル、シーフードグラタン、ステーキの「Triassic Trio(三畳紀のトリオ)」$27.99=約2,183円。
スープはオニオンスープ($6.99=約545円)。
d0221584_882677.jpg
仕上げのデザートは「CHOCOLATE EXTINCTION」$14.99=約1,169円。4つのチョコレートブラウニーと4つのクリームがたっぷり乗ったアイスに囲まれたシェイカーから、ドライアイスの煙がもくもく。
見た目はとても楽しいのですが、二人では到底食べきれる量ではありませんでした。

ちなみにこのレストラン、トレイの扉も洒落ていました。
d0221584_9102227.jpgd0221584_9105014.jpg
男性用が「HE-REX」、女性用が「SHE-REX」。思わず微笑んじゃいました。

[BUILD-A-DINO]
d0221584_89723.jpg食事の後は、店内の隣のスペースにあるSHOPへ。
恐竜柄のTシャツやオモチャなどのギフトショップコーナーの奥に、[BUILD-A-DINO]という、オリジナルベアを作る「BUILD-A-BEAR WORKSHOP」の恐竜版がありました。
種類も結構あり、色々な恐竜のぬいぐるみの抜け殻が並び、着せ替え用の洋服もたくさんありました。
でも、このトリケラトプス、なんだかカッパのカータン(←歳がバレル〜)みたいで、可愛いような可愛くないような、微妙な感じです。

d0221584_8102013.jpg←もちろん綿を入れる行程も BUILD-A-BEAR WORKSHOP と同じです。

結構遅い時間になってしまったので、この先の「プレジャー・アイランド」の黄色い気球を遠目で眺め、その先の「ウエストサイド」へは行かず元来た道を戻ります。

[レゴ・イマジネーション・センター]
d0221584_8115519.jpgd0221584_8113625.jpg
途中[レゴ・イマジネーション・センター]に寄ると、通常商品のほかにこんなカラフルな売場がありました。
ブロックのばら売り。しかもカップ売り。大小2サイズのカップごとに料金が決まっていて、写真のカップは大のほう。でも、値段を忘れちゃいました。
売られているブロックは色も形も様々。綺麗でした。

[WORLD of DISNEY]
d0221584_813269.jpgそして、世界最大スケールと言うディズニー・ショップの[WORLD of DISNEY]に立ち寄って、またまたお土産探し。
時期的にはハロウィーンなので、オバケミッキーなど色々ありました。

d0221584_8141559.jpgそう言えば、昼間に行った【ANIMAL KINGDOM Park】で、こんな物を見つけました。
昨年香港のディズニーランドで買った、オバケミッキーのランタン型ポップコーンバスケット(その時のブログはこちら)の、一回り小さいサイズ。
小さくて可愛いンだけど、こっちはポップコーンもLEDも付いていないみたいでした。
スーツケースに余裕があれば欲しかったけど、何せ Carry-on サイズ(機内持ち込み可能サイズ)のスーツケースなので小さいから、あまり嵩張る物は買えないんですよね。自家用車で来ている人が羨ましい……。


d0221584_8155537.jpg最後はカボチャなのかバスケットボールなのか、よくわからないミッキーを横目に、帰りのバス停へ。ロッジへ戻った時にはなんと11時20分。
朝から晩まで Disney & 恐竜漬けとなった1日でした。



★追記
d0221584_816323.jpgこの日のお買い物はこちら。
T-REXのシェイカーは、ドリンクに付いて来たスーベニアカップ。デザートプレートでドライアイスが入っていた物と同じでした。
マンモスのぬいぐるみは[BUILD-A-DINO]のもので、恐竜に持たせる為にゴムが付いています。
オバケミッキーのピンズは2個セットだったので、少々お高く$12.95 (約1,010円)。
ピンズって結構高いんですよね。一番安い物でも$7(約550円)くらいはしちゃうので、あなどれません。

d0221584_8165732.jpg子供用シャツ。背中のイラストがちょっと子供っぽかったけど、XLなら小柄な私は着れちゃうので自分用に購入(アメリカの子供は大きいからf(^_^;)。シャツが足りなくなった最終日に、しっかり着用しました。

それにしても、買い物を終えていつも思うのは、
「これって、ここで買わなくてもL.A.の Disneyland で買えたのかしら?」
と不安になる事。
折角だから、この WDW ならではのグッズを買いたいと思いながら、品物選びをしているつもりなんですけど、ついつい気に入っちゃうとそんなことは忘れがちになっちゃいます。


次回の<3日目>では、WDW の北東にある【UNIVERSAL Orlando RESORT】に行きます。


Walt Disney World (WDW) http://disneyworld.disney.go.com/

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-10-19 08:58 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 18日
Walt Disney World へ行って来ました!<2日目・その1> 【Disney's ANIMAL KINGDOM Park】
d0221584_727954.jpg
(←今回の旅行スケジュールは左の通り。
前回のブログをご覧頂くとより詳しく解ります。)

※「ファインディング・ニモ:ザ・ミュージカル」が抜け落ちていましたので、[ダイノランドUSA]の部分に追加しました(2011/10/19)。

(写真やmapはクリックで大きくなります)


昨夜チェックインした「Animal Kingdom Lodge JAMBO HOUSE」で迎えた最初の朝。
窓の外には、サバンナの朝の風景が広がっていて、とても気持ちの良い朝でした。
さあ、今日は早速お目当てその2【Disney's ANIMAL KINGDOM Park】を堪能するべく、朝食も取らずにシャトルバスでパークへ向かいました。


【Disney's ANIMAL KINGDOM Park】
d0221584_729720.jpgこの日「Disney's ANIMAL KINGDOM Park」の開園は朝9時。
余裕を持って部屋を出たつもりですが、シャトルバスがなかなか来なかったのと、Walt Disney World (WDW)内が思っていたよりも広く、ロッジのすぐ隣のはずの「ANIMAL KINGDOM Park」に行くのにも10分くらいはかかり、到着した時にはちょうど開園したところでした。

各ホテルからのシャトルバスが次々と到着して、入口はどんどん人が増え手荷物チェックの列が伸びていきます。
入場前に必ずある手荷物チェック。手荷物の無い人は別ゲートでどんどん入場出来るので、急ぐ人は手荷物無しがお薦め。
とは言え、カメラも持って行きたいし、財布もあるし手荷物無しって結構難しいですね。

手荷物チェックをクリアしたら、赤ちゃんシンバがお出迎え。
d0221584_7303582.jpgd0221584_8165462.jpg
そして、写真右がチケット売場。
でも、今回の旅行ではロッジを予約した際にパークチケットも購入済み。ちなみに4泊5日の旅行ですが、パークチケットは3日分 with Park Hopper にしました。
with Park Hopper にすると、1日の内に二つのパークを行き来できるので便利です。しかも、このチケットはロッジのルームキーにチャージ(?)されているんです!

今回驚いたのは、このルームキー! 
d0221584_7313170.jpg部屋のロック解除はもちろん、パークの入場チケットでもあるし、なんと! 買い物も出来ちゃうんです!!!
WDW内の施設なら、買い物も食事もこのカードキーを出すと全てルームチャージになり、チェックアウト時に一括精算される仕組み。
これが、ちょー便利でついつい買い物に拍車がかかります。う〜ん、WDWの策略に填っている?!


[ディスカバリー・アイランド]
さてさて、ゲートでルームキーを差し込み指紋を登録。無事に入場し[オアシス]を抜けると、まずは幹の太い大きな木が目に飛び込んで来ます。
d0221584_733774.jpg
ANIMAL KINGDOM Park」のシンボルでもあるツリー・オブ・ライフ。幹には様々な動物のレリーフが。
ちなみに、これらの写真は日が傾いた夕方のもの。夕方の方が陽射しの角度が良いので、樹が映えます。
d0221584_7335472.jpgd0221584_734329.jpg

d0221584_7351273.jpg
ツリー・オブ・ライフの左手を回って[アフリカ]へ。
ここでは、お目当てのアトラクション「キリマンジャロ・サファリ」に向かってまっしぐら。
d0221584_1441059.jpg
↑「キリマンジャロ・サファリ」はmap左上の黄色6。
(見づらい地図ですみません。一応mapや写真はクリックで大きくなります)

[アフリカ]
d0221584_736156.jpg「キリマンジャロ・サファリ」は専用のツアートラックに乗り込んで、サバンナの中を動物を眺めながら進む、いわばサファリパークのようなもの。動物たちが暑さでだれる前の朝一番がお薦めと知り、今日のトップバッターアトラクションとなりました。
幸いまだ人も少なく、待ち時間も10分! ラッキーです。
開園したばかりとはいえ、やはり夏休みも終わりサンクスギビングまでまだ間のあるこの時期は、どこの娯楽施設も空いているらしく、天下のWDWも類に漏れないようです。

d0221584_737331.jpgさて、ツアートラックは森の中をゆっくり進み、途中カバやワニの集団を眺め、やがてサバンナに出ます。
d0221584_7381060.jpgすると、いますいます、いろんな動物たちが。そしてこんな巨木がいくつもあって、サバンナの雰囲気を盛り上げています。
d0221584_7383174.jpgキリンなんて、あまりに近いし逃げもしないので、作り物と疑うほど。
帰ってきた今でも、やっぱり作り物だったんじゃないか?と疑心暗鬼になっています。
d0221584_7393783.jpg
d0221584_740781.jpgd0221584_739133.jpg
他にも角の大きなAnkole Cattle(アンコーレ牛)やゾウ、d0221584_740445.jpgd0221584_74167.jpg
サイそしてライオンを見ることが出来て、大満足でした。

d0221584_7424246.jpgこの[アフリカ]には、絶滅の危機に瀕しているローランドゴリラなどを見ることが出来る「パンガニ・フォレスト・エクスプロレーション」(map黄色7)もあり、珍しい鳥と共に観察することができます。


[アジア]
次は隣の[アジア]へ。
d0221584_7433959.jpgd0221584_744790.jpg
ここでのお目当ては、山岳列車型ジェットコースター「エクスペディション・エベレスト」(map15)。
まだ午前中なので、こちらのジェットコースターも大した待ち時間ではなく、雪男イエティ(YETI)の博物館の中を通り抜けて、すんなり乗車。思わぬ方向転換に絶叫して、ノドがカラカラになっちゃいました。

d0221584_745482.jpgd0221584_7452729.jpg
ここにはコモドドラゴン、大きなコウモリや陸ガメ、虎をゆっくり歩きながら見学できる「マハラジャ・ジャングル・トレイル」(map13)もあります。
d0221584_746196.jpg
[アジア]ではドリンクを売っているカートもかなり独特でした。

[ダイノランドUSA]
次は、旦那さんが大好きな恐竜のコーナー[ダイノランドUSA]に向かいます。
d0221584_14384681.jpgが、アジア側から「ダイノランドUSA」に入ると最初にあるのは何故か「ファインディング・ニモ:ザ・ミュージカル」(map18)のシアター。
1日に5〜6回公演があるので、時間をチェックしてから訪れるのが良いでしょう。
さて、ショーの内容ですが、魚ばかりの出演者となるわけで、一体どんな風に表現されているのか、とても興味深かったのですが、それは「ライオン・キング」のミュージカル同様、パペットが大活躍でした。
ストーリーは映画に忠実ですが、さすがに20分ほどに圧縮されているので、省かれているエピソードがあるのは仕方の無いことですね。
でも、私の好きな鰯の大群のシーンがあったのは嬉しかったです。


そしていよいよ恐竜たちの中へ向かいます。
d0221584_7462536.jpgまずはアメリカの古い移動型遊園地を思い出させるような「フォッサル・ファン・ゲームズ」(map17)。
d0221584_750983.jpgトリケラトプスの「トリケラトップ・スピン」(map20)は子供に人気でした。

d0221584_751087.jpg自分が大人であることをすっかり忘れた旦那さんは、「ボーンヤード」(map16)で一緒にいるのが恥ずかしくなるくらい、恐竜の骨に触ったり、登ったりと子供に帰っていました。

d0221584_7523857.jpgd0221584_753340.jpg
Disney とマクドナルドが共同で高額落札したという恐竜の化石(レプリカ/写真左)や、もしかして実物大以上?と思われるほど大きな恐竜が横たわっていたりと、この「ダイノランドUSA」は文字通り恐竜だらけ。
d0221584_7533933.jpg
ここでのお目当てのアトラクションは「ダイナソー」(map21)。
d0221584_754301.jpg入口には「暗くて怖い恐竜」に注意を促す看板が。
いざライドに乗り込むと、本当に暗くて怖い! 
何が怖いって、暗がりからいきなり恐竜のデカイ顔がヌッと出てくるので、ギャー!って感じで迫力満点! 小さい子供だったら絶対泣いちゃいそうでした。
でも、ウチの旦那さんは喜んでいたわりに冷静で「暗すぎて恐竜がよく見えなかったのが、残念だ」なんて言ってました。どんだけ、恐竜が好きなんだか。。。。

d0221584_7553268.jpgd0221584_755812.jpg
この日の昼食はこの「ダイノランドUSA」の中にある「レストラント サウルス」(mapP)で、ナゲットとシュリンプ・サンドイッチ、サラダを頂きました。
メニューは恐竜っぽく無かったですけれど、店内の装飾はバッチリ恐竜だらけです。

[キャンプ・ミニー・ミッキー]
次は最後となった[キャンプ・ミニー・ミッキー](map左下)。
ここにはミッキーやミニーに会える「グリーティング・トレイル」(mapピンク5)がありますが、向かったのはロッジでも勧められた「フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング」(mapピンク4)。
d0221584_7565364.jpg
香港のディズニーランドでも、同名タイトルのミュージカルショー(ブログはこちら)があったのですが、内容がちょっと違っていました。
d0221584_7571941.jpg
キリンのほかにゾウ、プンヴァ、シンバ達も登場。4人の歌い手を中心にライオン・キングの名曲を歌い上げ、踊ります。


最後にもう一度「ツリー・オブ・ライフ」のある[ディスカバリー・アイランド](map中央)で、お土産を物色。もちろん、ここへ来るまでにも各エリアでSHOPはチェックしているんですが、最終防衛ラインはやはりクリアしておきたい物。
と言うわけで、【Disney's ANIMAL KINGDOM Park】でのお買い物はこちら↓。
d0221584_7583899.jpg
[アジア]で買った大判タオルと、旦那さん用パーカー、自分用のBag。
d0221584_14415567.jpg「フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング」のCDは、微妙なアレンジが加えられているので、映画とはまた違った印象です。
また、葉っぱにくるまったシンバのぬいぐるみは、シリーズがたくさんあってキャラクターもサイズも色々ありました。
そして、最近コレクションしてしまうのが、ショットグラス。
これは「ファインディング・ニモ」に登場するカモメたちが描かれています。

と、【Disney's ANIMAL KINGDOM Park】はここまで。
今回は時期や時間が良かったのか、特にファストパスを使ったりすることもなく見て回れましたが、場合によっては人気の「キリマンジャロ・サファリ」や「エクスペディション・エベレスト」などは、ファストパスを活用するとより効果的に回れるかも知れませんね。

この後夕食を食べに【DOWNTOWN DISNEY】に行くことにしましたが、それまた次の<2日目・その2>で。

Walt Disney World http://disneyworld.disney.go.com/

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-10-18 09:13 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(1)
2011年 10月 16日
Walt Disney World に行って来ました!<1日目> ANIMAL KINGDOM LODGE に宿泊 ♪
先週の10月10日(月)は、Columbus Day(コロンブスがアメリカ大陸を発見した日)でアメリカも祝日でした。
その日から旦那さんが遅い夏休みを取ったので、二人でフロリダのオーランドにある Walt Disney World http://disneyworld.disney.go.com/)にバーケーションに出かけちゃいました ♪
と言っても突然行けるわけではないので、約1ヶ月ほど前に旅行会社を通じて予約をしておきました。

d0221584_13205027.jpg今回のお目当ては、まず第1に「ANIMAL KINGDOM LODGE」に泊まる事!
このロッジは、部屋の窓から動物たちを眺めることが出来ると言う事で、旦那さんがノリノリでした。

第2に【Disney's ANIMAL KINGDOM Park】を楽しむ事。
私は遙か大昔に、旦那さんは数年前にこの Walt Disney World を訪れていますが、その時は【ANIMAL KINGDOM Park】まで足を運ぶ余裕はなく、私が訪れた時に至っては大昔過ぎて、まだ出来てもいませんでした。(1998年オープン)

と言う訳で、10日は祝日にもかかわらず朝寝坊することもなく、むしろ早起きしてロサンゼルス空港(LAX)へ向かいました。
同じアメリカ国内とは言え、Walt Disney World のあるフロリダは東海岸側。 西から東へアメリカ大陸を横断するので、飛行機で行きは4時間45分、帰りは5時間23分もかかる上、時差が3時間もあります。
なので、LAXを08:35am発のアメリカンエアラインに乗って、オーランド空港に到着すると既に午後4時過ぎ。しっかり1日分潰れてしまいました。

空港ではロッジに予約を入れた際にパッケージになっていた、DISNEY'S MAGICAL EXPRESS の大型バスに乗り込めば良いので迷うことなく(って、空港の出口を間違えちゃいましたけどf(^_^;。ちなみにバス乗り場はターミナルB側にあります)、後はバスがロッジまで連れて行ってくれました。
それにしても、もう10月だと言うのにフロリダはまだまだ夏ですね! カリフォルニアもまだまだ暑いですが、それ以上。とっても蒸し暑くて、香港の夏を思い出しました。

ちなみに今回の旅行のスケジュールは ↓ こんな感じになりました。
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
<1日目>OCT.1O (MON)
(移動日)夕方「ANIMAL KINGDOM LODGE」に到着。

<2日目>OCT.11 (TUE)
朝一番から【Disney's ANIMAL KINGDOM Park】を堪能。夜は【DOWNTOWN DISNEY】で夕食。

<3日目>OCT.12 (WED)
ちょっと浮気して、【UNIVERSAL Orlando RESORT】[THE WIZARDING WORLD OF HARRY POTTER]、とその他を堪能。

<4日目>OCT.13 (THU)
午前中は【EPCOT】
午後は【Disney's HOLLYWOOD STUDIOS】と2パークを梯子。

<5日目>OCT.14 (FRI)
チェック・アウト後、ロッジに荷物を預けて出発ギリギリまで【MAGIC KINGDOM Park】を堪能。
夜7時の便にて、オーランド空港を出発。9時過ぎLAXに到着。
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
( ↑ 日程順にブログをアップしていますが、それぞれにリンクを貼ってありますのでジャンプも出来ます。)


[ANIMAL KINGDOM LODGE]
では、続きを。
d0221584_1394870.jpgまずは、念願の「ANIMAL KINGDOM LODGE」についてですが、タダでさえ広〜い Walt Disney World の西の端っこに位置しているので、空港から一番遠いんです。

こちらは「JAMBO HOUSE」と、さらに西隣に位置する「KIDANI VILLAGE」のふたつの建物で構成されています。

私たちが宿泊したのは「JAMBO HOUSE」のほう。なので、空港からのバスで降りるのは最後から2番目でした。

d0221584_13101978.jpg
アフリカの雰囲気満点(ってアフリカ、行った事ないですけどf(^_^;)の建物の中に入ると、ロビーには凝った照明が天井から幾つも吊り下がり、柱や手すりも木製で独特の彫刻が施されています。
d0221584_13104362.jpg
日が沈むとこんな良い雰囲気に。

d0221584_1311725.jpg
個室は動物たちのいる Arusha Savanna をU字に囲んでいるので、それぞれの部屋から動物たちが見えるようになっています。
ちなみに私たちが宿泊したのは、Zebra Trail Guest Rooms と呼ばれる東側の棟。

d0221584_13113965.jpg
部屋へ行く途中、廊下のカーペットは隠れミッキーのいる柄になっています。どれがミッキーか解りますか? 三つずつセットになってますよ。

d0221584_13121861.jpg
部屋の中に入ると、ベッドの上にタオルで作られたミッキーがお出迎え。
ベッドの装飾もベッドカバーもいつもの Disney の雰囲気とはひと味違っています。

d0221584_13124739.jpgd0221584_13131293.jpg
洗面所のアメニティーももちろんミッキー。でも、壁紙はアフリカの地図と思われる柄で、雰囲気出しています。

(※アメニティーはシャンプーとコンディショナー、ローション、大小1個ずつの固形石けんのみーこのセットはロッジ内のギフトショップでの販売もありましたーなので、歯ブラシや歯磨き粉は自前の物が必要です。
タオルはいっぱいありましたが、バスローブは無し。スリッパもパジャマもありませんので、宿泊の際にはご自分で用意した方がいいですね。特に靴を脱ぐ日本人には、スリッパは必需品だと思いました。
ちなみにドライヤーは壁に造り付けタイプがありました。
/2011.10.23追記)


d0221584_13134479.jpg
早速ベランダに出ようとすると、そのカーテンは「ライオン・キング」柄! ナラもシンバも占いヒヒもいました。
d0221584_13142227.jpg
そしてベランダに出て見回すと…おー! ちゃんと動物がいます!
d0221584_1314455.jpg
ほらほら、えっと、右にいるのはガゼルかな? インパラかな? 部屋にある動物ガイドを見るとニアラに似ているような気もするし…。鳥もたくさん来ていました。
d0221584_13152042.jpg
そして、そんな動物たちをゆったりと眺めるための、ベランダのイスの背もたれには、ゼブラ。

もう、どんどんワクワクしてきました。

とは言え、残念ながら本日はもう遅い時間。夕食を取って明日に備えて早めに休むことにしました。


[BOMA]
食事はロッジ内にある、アフリカ料理をブッフェ形式で楽しめる「BOMA」で。
すみません、すっかり料理の写真を撮るのを忘れてしまいました。
羊のカレーや、ローストビーフなどなど色々あったのですが、私が食べたローストビーフは、結構厚めに切ってくれて食べ応えがあった上に、とっても柔らかくて美味しくて。他にもキッシュのような卵料理や、ジャガイモっぽい芋料理もあったし、ああ、全部は食べられなかったのが惜しい!って感じでした。

当然、デザートも行っときました。
d0221584_1316137.jpgこちらはフルーツと甘いボロボロになったブラウニーのようなケーキ(?)。左端のゾウラベルの瓶はアフリカのビールです。

小さなケーキもありました。こちらはとっても甘かったです。
d0221584_13164519.jpg

d0221584_13171624.jpg
それから、こちらではドリンクに付いてくるストローにひと工夫ありました。
間違って動物が食べてしまっても大丈夫なように、安全な紙で出来たストロー。もちろん、マドラーも木製。
動物のことを第一に考えているんですね。


さて、お腹がいっぱいになった後は、夜の Arusha Savanna の見学に中央の散歩道へと出ました。
すると少し離れた所に、煌々と月明かりが照らす中、静かに座る3頭のキリンを見ることが出来ました。キリンたちの目の前にはロッジの灯りが灯っているのに、彼らは怯える様子もありません。慣れているのでしょうけれど、とても不思議な光景でした。

キリンに感動した後は、ロビー向かいにあるお土産屋さん[ZAWADI MARKETPLACE]で、初日からお土産を物色(←やっぱり日本人ですからf(^_^;)。
アフリカ製の楽器や杖、木製の大きなサラダフォークやビーズで出来た動物のスタチュー等、色々ある中から嵩張らないものをチョイス。
d0221584_13181629.jpg
ゾウのキーホルダー2種とロッジのロゴマグネット、そしてピンバッヂ。
これまで国を問わず色々な Disney 系に足を運びましたが、見て見ぬ振りをしてきたピンバッヂ。だって、あまりに種類が多すぎて、一度手を出したらコレクション地獄が待っていると思っていましたから。
ですが、今回の旅行で遂に禁断のピンバッヂに手が伸びてしまい、今回のお土産の大半を占める事になるとは、このときはまだ思っていませんでした。


★追記
d0221584_13185719.jpg
今回、買った絵はがきをロッジから自宅宛に出してみました。
持って帰っても良いですが、自分からの手紙ってちょっと面白いかな? と思って、到着したての感想を書き、翌朝 ZAWADI で切手を買って、ロビーの奥にあるポストに投函。
d0221584_13422421.jpg
なんとも可愛いカバのポストでした。

そして、旅行が終わった14日、帰宅すると絵はがきは既に届いていました。
何と言うことは無いのですが、ちょっと嬉しい気持ちになりました。

<2日目>に続く。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-10-16 14:16 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(1)
2011年 09月 03日
カタリナ島日帰りツアー おまけ 日焼けの後は。。。
カタリナ島から帰って来て数日。(ツアーのブログはこちらで

d0221584_10256.jpg旦那さんの足には、こんな日焼けの後がくっきり! もう、大笑い(^o^)。
やっぱり、ベンチに横になって昼寝したのがまずかったのよね〜。ズボンの跡がまるでソックスみたいだし、足の甲にはサンダルの跡まで。ぷぷっ(^。^)。

な〜んて、人のことを笑っていたら、バチが当たったのか私の日焼けに変化が!

生まれて以来ずーっと前髪があった私。昨年の香港転勤の際、美容院に行くのが面倒だと前髪を伸ばし始め、現在はすっかりおでこが出ている状態。
こんな状態なのに、日傘はおろか帽子まで忘れて、カタリナ島の眩しい陽射しに一日中晒されていたものだから、バッチリ日焼けして真っ赤か。
これも相当恥ずかしい事だけど、その赤みも引きすっかり地黒になりつつあるその肌の質感が、おかしい!! 変だ! なんか、カサカサするぞ。。。。。

そっと、触ってみる。音もなく、新じゃがの薄皮のようなものが剥がれた。。。。
げーーーーっ! 皮が剝けた〜〜〜ぁ!!
人生初のおでこの日焼けで、くぁわがむけた〜〜〜〜!

と言う訳で、今や私のお肌はボロボロです(T T)。
皆さんも日焼けには充分注意しましょう。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-09-03 01:04 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 31日
カタリナ島日帰りツアー その2
Armstrong's Seafood Restaurant」で昼食を済ませた後は、カタリナ島の中心街Avalon(アバロン)の散策に出かけました。

散策と言っても小さな街ですから高が知れているのですが、まずは海岸沿いを走るメインストリート「CRESCENT AVE」へ。

(写真は全て、クリックすると別ウインドウで大きく表示されます。)
d0221584_835572.jpg
「CRESCENT AVE」は、お昼を食べたArmstrong's Seafood Restaurantから南へと向かう通りです。

d0221584_844739.jpg
至る所にベンチがあり、色とりどりのタイルが埋め込まれて、街をよりカラフルに彩っています。

d0221584_851982.jpgd0221584_854513.jpg
レストランの目と鼻の先にはこんな噴水が。
こちらにもタイルが貼られていますが、少しデザイン的にも年代的にも古い物のようです。
d0221584_861334.jpg
ビーチの塀にもタイルが。こちらはサイズもまちまち。その塀の上で海鳥が何か獲物を狙っています。

d0221584_87597.jpgArmstrong'sの目の前から西へ伸びる通り「METROPOLE AVE」には、郵便局のあるアーケードへの入口があり、折角なので、お土産屋さんで購入したポストカードを投函することにしました。
郵便局は日曜日だったのでお休みでしたが、壁にはポストがあるので大丈夫。
「POST」ではなく「DROPS」というところがオシャレな気がします。
ちなみに、切手はエアメール用の98セント切手を持参しておきました(^_^)b。


d0221584_87422.jpg今度はArmstrong'sから北に伸びる「CASINO WAY」を歩いてみました。中央分離帯には、こんな洒落たベンチが。
d0221584_88747.jpg背もたれにはやはり綺麗なタイルが埋め込まれています。

d0221584_885626.jpgその先のホテルのレストランの入口には、こんなタイル張りの噴水。正面のカジキのタイルが目を引きます。

さほど行かない内にお店も無くなってしまったので、通りの反対側を通って引き返します。

d0221584_893478.jpg
そこで見つけたのが、こちらのバッファロー。「その1」でも書きましたが、昔映画の撮影の為に持ち込まれ、撮影終了後そのまま残され野生化したバッファローが、ひとつの名物になっているので、こういったスタチューが点在しています。
中には派手な色にペイントされている物もありました。
でも、私の興味はもっと別の所に引かれています。写真右上のあのアイスクリーム型の看板!
ワッフルコーンのい〜い香りが漂ってきます!
d0221584_81044.jpg
アイスクリームの店もあちこちにありますが、焼きたてワッフルコーンを使っているのは、どうやらこの「BIG OLAF'S」だけのようです。店には長い列が出来ていました。
引き寄せられるように列に並んで、アイスクリームが2スクープ乗ったBIGを購入($4.50/約346円位だったと思います。)。
別段カタリナ島だけの名物というわけではなく、カリフォルニアのあちこちで買えると思いますが、このカタリナの暑い陽射しが欲求を駆り立てるような気がします。
ちなみに上はBlackBerry、下はチョコチップです。あー美味しかった♪


d0221584_8312925.jpg次は、街の目抜き通りからまっすぐ海へと繋がる桟橋、Green Pleasure Pierで、「GLASS BOTTOM BOAT(グラスボトムボート)」に乗船します。ちなみにこの桟橋のたもとにはビジターインフォメーションがあり、街の地図ももらえるので最初に寄るのがベストかと。


d0221584_8105564.jpg
今回のツアーに組み込まれていた「GLASS BOTTOM BOAT(グラスボトムボート)」はこちら↑。
d0221584_8112438.jpg
船内はこんな感じ。四角い緑色の部分がガラスになっています。

d0221584_8122711.jpgd0221584_8114928.jpg
ゆらゆら揺られながら10分くらいかな? すると突然ガラス越しに魚影が!! あまりに突然しかも大量に現れたので、ビックリ。こうなると生け簀と変わらない感じです。
時々、巨大な海藻や、小さなクラゲ、オレンジ色の魚が見えたりもしましたが、大半がこの黒っぽい魚影ばかり。船の揺れも相まって、うっかり記憶が途切れることもしばしばf(^_^;。そんなわけで45分ほどの船旅はあっちゅーまでした。

d0221584_8125898.jpg
カタリナ・アドベンチャー・ツアーで「Semi-Submersible "The Nautilus"」という、潜水艦タイプで海中を観察するものもあったんですが、もしかしたらこっちのほうがよかったかも? だって、2005年にハワイで参加した、アトランティス潜水艦ツアーはとっても良かったから。熱帯魚はもちろんウミガメも見られたし、何より海が綺麗でした〜。

さて、グラスボトムボートを降りると、最後の自由時間。と言っても、やはりマリンスポーツのする気のないこの夫婦は、時間をもてあまし気味。
再度街の中を散策し、お土産品を買ったりしながらぶらぶら。
そのお土産屋さんも店の外壁にはタイルが。色々なタイルがいろいろなパターンで使われていて、面白かったです。

(↓興味を引く柄があったら写真をクリック。別ウインドウが開きます。)
d0221584_8134868.jpgd0221584_8144036.jpgd0221584_8162918.jpg

d0221584_815483.jpgd0221584_8152679.jpg

d0221584_8154769.jpgd0221584_816826.jpgd0221584_814165.jpg

だけど、このタイル、あまり売っている店はなかったような。。。。たまたま見つけて購入したのがこちら。
d0221584_8165592.jpg
値札は$32(約2,465円)でしたが、なぜかレシートを確認すると$25+tax(約2,079円)に。ラッキー。
って、普通、こんな重たくて壊れやすい物はお土産には向きませんよね。私は鍋敷きにしようと思いました。
ちなみにこのタイルの柄、今回のブログでご紹介した写真の中にもあります。お暇でしたら探してみてください(^o^)v。

そして、帰宅後は鏡を見てびっくり。予想以上に真っ赤に日焼けしてました(/ω\) あちゃ〜。

それから、これからカタリナ島へ行ってみようと思われた方へのアドバイス。
日焼け止めや帽子を忘れずに、というのはもちろんのこと。行きのCATALINA EXPRESS では屋外の席が景色を楽しめますが、帰り(夕方〜夜の場合)は是非とも屋内の席をお勧めします。日が傾くと半端なく、“寒い”です。上着もお忘れ無く。


CATALINA EXPRESS http://WWW.catalinaexpress.com/

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-08-31 09:06 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 30日
カタリナ島日帰りツアー その1
8月最後の日曜日、旦那さんと「カタリナ島日帰りツアー」に参加してきました。
朝7時30分の集合場所は、ロングビーチにある「CATALINA EXPRESS」。先週事前に場所を確認して(詳しくはこちらのブログで)ありましたから、あとは駐車場の入口を探すだけでOK。時間よりも随分と早い到着となりました。
d0221584_15145115.jpg
(写真は全てクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)
乗ったのは三階建てのこちらの船。なかなか立派です。(ちなみに写真はカタリナ島からの帰りの船です、行きも帰りも同じ船だったのでf(^_^;。)
d0221584_15153153.jpg
席は早いもの順なので、良い席を狙うなら早めに乗船口の列に並びましょう。私たちは早く着きすぎたので、そのまま並んで前の方になりました。
とはいえ、どこが”良い席”なのか解らず、とりあえず一番上、三階の一番後ろ右側に陣取りました。でも、ここ、結構見晴らしの良い席でした。
(屋根にはレーダーも。出港するとくるくる忙しそうに回っていました。)
d0221584_15161598.jpg
出発して程なく、クイーンメリー号の脇を通るのですが、彼女は進行方向右側に位置していますから、写真が撮りやすかったですし、
d0221584_15165330.jpg
遠ざかっていく朝日に照らされたロングビーチの港も、良い感じに写真が撮れました。

d0221584_15172370.jpg←クイーンメリー号の隣には豪華客船「CARNIVAL SPLENDOR」が停泊中でした。
d0221584_15175678.jpg
初めは遊覧船のようなスピードだったCATALINA EXPRESSも、クリーンメリー号の隣に停泊していた豪華客船「CARNIVAL SPLENDOR」の船体が小さくなる頃(↓)には、真っ白なもの凄い水しぶきを上げるほどの猛スピードに。香港からマカオに行った時のFIRST FERRYを思い出しました。(詳しくはこちらのブログで)
d0221584_15182957.jpg
さすがEXPRESS。
こうなると、さすがにこの席の特権は使い果たした感じで、強風をまともにくらい髪は乱れ、体温は下がっていく感じ。早速上着を取り出し着込みますが、寒い位となりました。

d0221584_1519059.jpg
約1時間15分の船旅も終わりに近づき、カタリナ島が間近になると早速マリンスポーツを楽しむ人が見えて来ました。
パラセーリングです。ジェットボートに引っ張られ、気持ちよさそうな空の旅をしています。
d0221584_15192342.jpg
写真中央の丸い形の建物が「カジノ」と言う名のホール。イタリア語で「カジノ」とは人がたくさん集まるところ、と言う意味なので、ギャンブル場ではありません。そのカジノの左側に広がっているのが、この島の一番大きな街「アバロン(AVALON)」。
島はそこそこ大きいのですが街は小さく、人口約3,200人のほとんどがここで暮らしいています。ところが、週末になると人口は1万人を超えると言うのですから、正にリゾート・アイランドです。気候が良いのでバケーションやハネムーンで訪れる人が多いそうです。

日本人的に言ったら「温泉のない熱海」と言ったところでしょうか。まあ、日本人的には温泉がないと、魅力の90%が無くなってしまっているような気もしますがf(^_^;。。。その分マリンスポーツが色々と楽しめるようです。

d0221584_1520418.jpg到着したボートターミナルでは、こんなタイル製のウエルカムボードがお出迎え。

d0221584_15202543.jpg帰りに確認したのですが、裏面にもやはりタイルで、アバロンの地図がありました。

d0221584_15255472.jpgまずは専用のトロッコで島内観光。島内には路線バスも走っていました。
左の路線が書いてある赤い看板がバス停。隣はレストランの宣伝ですが、バッファローがいます。別にバッファローの肉を食べるわけではなく、この島には野生化したバッファローがいて、それが観光の目玉のひとつともなっているんだそうです。
何でも、昔映画の撮影用に連れてこられたバッファローがそのまま残され、この島で野生化したんだそうです。ですが、残念ながら本物のバッファローに出会うことはありませんでした。


d0221584_15221378.jpgこの島ではガソリン車の数が制限されているため、移動にはゴルフカートを自家用車として使います。
それぞれカスタマイズされたゴルフカートが、至る所で路駐されていました。
ちなみにガソリン車は800台と決まっているので、廃車などで減らない限り次の登録が出来ません。登録しても実際に乗れるまでは15年待ちだとか。

もちろんレンタカーもゴルフカートです。意外と高くて1時間$40(約3,200円)もします! 

d0221584_15224093.jpg
すぐそこまで山が迫って来ている地形のため、やたらと坂道が多く、少し進むだけでこんな風に港を見下ろすことが出来ます。
港には自家用ボートがびっしり。

島内観光と言っても、アバロンをぐるっと一周して終わってしまいました。島全土を観光してくれるものとばかり思っていたので、ちょっと残念。いくら小さい島と言っても、全長22マイルもあったら島を一周するのはやはり時間がかかりますよね。。。f(^_^;。

街の中心に戻ってくると、一旦解散。自由行動に。
早起きしてパンをかじっただけで家を出て来たので、すっかりお腹が空いてしまい、まだ11時前でしたが昼食にすることにしました。
目指したのはもちろん、
Armstrong's Seafood Restaurant
d0221584_15231170.jpg
事前にカタリナ島の事を調べたら、このレストランのことが随分出て来たので、折角なのでこちらでいただく事にしました。目印は青い看板とカジキ。
11時のオープンを待って入ったので、海に張り出したオープンテラスに案内してもらう事が出来ました。ガイドの話だと、11時半を過ぎてからの来店だと待たされること必至だそうです。実際私たちが店を出る頃には、店の前にはたくさんのお客さんが席が空くのを待っていました。
d0221584_15235290.jpg
d0221584_15241887.jpg
まずはクラムチャウダー。濃厚なホワイトソースとクラムがたっぷり。セロリも入っていて美味しかった♪
旦那さんの大好物「シュリンプカクテル」も頼みましたが、写真を撮り忘れましたf(^_^;。小振りの海老がカクテルグラス一杯に入って来ましたよ。
d0221584_15244792.jpg
そして、メイン。
手前がリングイネとクラム。奥がシュリンプサンドイッチ。
どちらもボリューム満点で、クラムも海老もたっぷり。お腹はぺこぺこでしたがさすがに食べきれませんでした。
d0221584_15251262.jpg
食べているとすぐ隣の海面には海鳥、足元には鳩が近寄ってきて餌をねだります。旦那さんは、料理に付いて来たクラッカーを砕いて海や床にぽいぽい。そのたびに鳥たちがついばんで、なんとものどか〜。

次はグラスボトムボートに乗る予定ですが、特にマリンスポーツをする気のないこの夫婦には、ゆ〜ったり食事をしてもまだまだ次の集合時間まで時間が有り余っています。
はてさて、何をして過ごそうかしらん。

次回に続きます。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-08-30 16:14 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)