タグ:旅行 ( 124 ) タグの人気記事
2018年 04月 23日
ドバイ旅行 その7<ドバイのミニオン>
またまた間が空きましたが、今月上旬に行ったドバイ旅行ブログの続きです。

=====ドバイ旅行その他のブログはこちら=====
==========================


今回はお土産編の続きです。

どこへ行ってもどうしても目が探してしまう、ミニオン。ドバイに来ても、たくさん買っちゃいました。(^_^)v。

あまりお土産を買う機会が少なかった今回のドバイ旅行。
メインとなったのは最終日の空港内、デューティ・フリーショップでは、グミのようなお菓子が入った缶製のランチボックスを見つけました。(22AEDーディルハムー/約720円※以下1AED=33円で計算しています)
d0221584_13254384.jpg
d0221584_13261515.jpg
d0221584_13254433.jpg

中に1枚カードが入っていました。

さらに、買いませんでしたが、オー・ド・トワレがありました。
d0221584_13254463.jpg
d0221584_13263550.jpg
子供向けになのにこんなにたくさんあるなんて、やっぱりお国柄なのか、ヨーロッパの習慣なのか。商品名がフランス語でしたから。


また観光したドバイ・モールでは、意外とミニオングッズは買えていたんですね〜f(^_^;。

一番のお気に入りはこちら。
iPad mini 用ケース(79AED/約2,600円)。
d0221584_13265322.jpg
私のiPad mini は2014年に買ったきり買い換えていないので、ケースももうボロボロ。買い換えようにもサイズが合うものがあまりありません。
だけど、これはピッタリ♪ 嬉しかった〜。

他にもドバイ・モール内の雑貨屋さんやキャンディショップ「CANDYICIOUS」で、これらを買いました。
d0221584_13271433.jpg
左はフィギュア付き電動ファン(キャンディ入り/39AED/約1,280円)。
d0221584_13271442.jpg
手前のふたつの缶は、小さなチョコボールのようなお菓子入り(各26AED/約850円)。
d0221584_13271595.jpg
d0221584_13271542.jpg
その隣は、ジッパー付き缶(21AED/約690円)で、固いラムネのようなお菓子が入っていました。
d0221584_13274893.jpg
d0221584_13274861.jpg
右の丸いのはチュッパチャプスとフィギュアが一体入ってます(各11AED/約360円)。
d0221584_13274818.jpg
d0221584_13280819.jpg
奥の缶は、カードセット(61.95AED/約2,000円)。
トランプかなと思ったけど、カードゲーム用みたいですね。
d0221584_13280860.jpg
他にも買わなかったけど、オモチャ屋さんにはミニオンがいっぱい。
スケートボードに乗ったステュアートのラジコンや、
d0221584_13283329.jpg
d0221584_13283420.jpg
下段のフィギュアはどうやらキャリーケースのようですが、小さくて大した物は入りそうにありませんf(^_^;。

電動クール・ファン(25AED/約825円)に、さらにキャンディ入りのクール・ファン(8AED/約260円)。
d0221584_13292481.jpg
それにしても、どれもお高い!
日本と比べると少なくとも2倍、モノによっては3倍近い商品もありました。
やはりヨーロッパやアメリカから輸入しているからなんでしょうね。
そう、案外アメリカに行ったら、もっとお安く売っているかも知れませんf(^_^;。でも、やっぱり一期一会ですから〜〜〜(笑)。



さらには、こんなモノも買ってきました。

ミニオンのキーリングを兼ねたUSBケーブル(70AED/約2,300円)。ちなみにイタリア製ですって。
d0221584_13295165.jpg
金太郎飴のようなミニオンキャンディー(20AED/約660円)。
これは日本のように実演販売していました。
d0221584_13295746.jpg
そして極めつけは巨大なクッション(カバー100AED中身50AED/合計約4,950円)。
約60センチ四方の大きなクッションです。こんな嵩張るモノ、バカですね〜(笑)。
d0221584_13295781.jpg
中身は真空パックになっていましたが、スーツケースに押し込めるのは大変でした。さらに小さくしようと穴を開けて丸めながら空気を抜いて、テープでぐるぐる巻きにして膨らむのを抑えて押し込めてきましたf(^_^;。

実はこれらは、MIDDLE EAST FILM&COMIC CON (MEFCC) の会場で購入した物。


そう、今回わざわざドバイまで行ったのは、このMEFCCに参加するためだったんです。
中東一大きなコミコンなんだそうで、確かに広くて立派なドバイ・ワールド・トレードセンターで、大々的に開催されました。
なので、それはまた次回お届けします。





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2018-04-23 13:38 | ミニオン | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 21日
ドバイ旅行 その6<ドバイのお土産>
またもや間が空いてしまいましたが、ドバイ旅行ブログの続きです。

=====ドバイ旅行その他のブログはこちら=====
==========================


今回のドバイ旅行で買ったお土産をご紹介します。


ドバイ・モールしか観光出来なかったこともあり、さほど買えなくて、最終的に空港でしかも出国手続きを済ませた後のデューティ・フリーショップがメインとなりました。
d0221584_22144253.jpg
アラビアコーヒーのポットの小さな置物は、とてもカラフル。
d0221584_22150899.jpg
バージ・カリファをかたどったチョコレートは、缶も中身もバージ・カリファ型。
d0221584_22150812.jpg
d0221584_22150802.jpg
d0221584_22150809.jpg
バージ・カリファのチャームが付いたボールペン。
d0221584_22161565.jpg
今思えば、金や銀の食器もたくさん売っていたので、それも買えば良かったかも。。。

こちらは頂き物のデーツ。
d0221584_22163712.jpg
d0221584_22163706.jpg
レーズンよりもだいぶ大粒で、種があるんですね。


そして、ドバイ・モールで買ったお土産もあります。

変形するゾウの枕。
d0221584_22165472.jpg
今回飛行機の中でちっとも眠れなかったので、買っちゃいました。

水族館「ドバイ・アクアリウム」では、ショットグラスのセット。
d0221584_22171086.jpg
これは3個セットでしたが、白が2個あったので、友達とシェアしました。

こちらは指ぬき。
d0221584_22171085.jpg
どちらも私の海外旅行お土産の定番です。


そしてもちろん、ミニオンもたくさん買っちゃいました。(^_^)v。
むしろミニオングッズのほうが多いので、次回ご紹介します。





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2018-04-21 22:21 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 19日
ドバイ旅行 その5<ドバイ・ファウンテン>
ドバイ旅行ブログの続きです。

=====ドバイ旅行その他のブログはこちら=====
==========================


d0221584_15501834.jpg
今回の旅行、観光はここドバイ・モールを見て回るだけだったのですが、フロア2(3階)からは下にアイスリンクが見えました。心なしか、ハラハラと雪のようなものが舞っているようにも見えました。とても砂漠の国とは思えない光景です。
そう言えば香港のショッピングモール「エレメンツ」にも、アイスリンクがあったな〜。暑い国ほど、ウインタースポーツに憧れるんでしょうね。


d0221584_15505578.jpg
さて、本題です。前回の水族館観光のあとは、日本にもありますが「レイン・フォレスト」で夕食を頂くことにしました。
もちろんドバイバージョンなので、内装がちょっと違います。
d0221584_15510512.jpg
d0221584_15510518.jpg
d0221584_15510545.jpg
古代文明っぽくなっていて目にも楽しませてくれますが、一番はあの巨大水槽を店内から眺める事が出来る事です。水槽をも内装の一部にしちゃってますね。

そして、やっとここでドバイらしい食事をする事が出来ました。
d0221584_15510592.jpg
左手前のラムチョップと右のケバブ。
どちらも美味しかったです(^_^)v。
日本ではラム肉は食べない私ですが、こちらに来たら美味しくて。臭みもないし柔らかいし。これからは日本でも挑戦してみようかな。

そして気がつけば外はもう真っ暗。
30分毎に行われると言う噴水ショー「ドバイ・ファウンテン」を観に行く事にしました。



d0221584_15523584.jpg
モールの目の前にある人口池の周りには、ドンドンと人が集まってきます。
特にカウントダウンなどするわけでもなく、突然始まります。
d0221584_15523559.jpg
d0221584_16014437.jpg
d0221584_15523676.jpg
音楽に合わせて高く伸びる水柱は、暑いドバイの夜を少しだけ涼しくしてくれます。
d0221584_15530318.jpg
d0221584_15530444.jpg
5分間なのであっという間に終わってしまいますが、辺りを見回すと、煌びやかなネオンをまとったモールやその周辺のビルがとってもバブリーで、ドバイは夜こそが本番だと語っているようでした。

と言う訳で、実はフロア1(2階)は見て回る事が出来ませんでした。何しろ広くて〜f(^_^;。
ちなみに広いので各フロアにこんなタクシーがありました。
ただし料金はちょっと、お高いらしいですけどf(^_^;。
d0221584_15563339.jpg



さて、今回どうして突然ドバイに来ることになったのか。
でも長くなってしまったので、それはまた次回にしましょう。


=====ドバイ旅行その他のブログはこちら=====
==========================



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2018-04-19 16:05 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 18日
ドバイ旅行その4<アラビアコーヒーと水族館>
ドバイ旅行ブログの続きです。

=====ドバイ旅行その他のブログはこちら=====
==========================


ドバイ・モールのフロア2(3階)を観たあと、お茶する事にしました。
アラビアコーヒーを飲めるお店を探すと、これから観ようと思っていたGフロア(1階)のスークの中にありました。
d0221584_23055170.jpg
THE MAJLIS でアラビアコーヒーとトルココーヒーを頂きましたが、ぶっちゃけ私にはどちらもNG。
d0221584_23055251.jpg
d0221584_23055213.jpg
なので、↓ラクダのミルクを使ったラテを頂きました。
これが意外にも美味しくて。脂っこい感じがすると言う人もいますが、私は全然平気で美味しく飲めちゃいました。(^_^)v。
d0221584_23055298.jpg
一緒に写っているのはアラビアのおやつですが、これまた今イチ。スイーツは日本が一番ですf(^_^;。

お茶した後はスークでお土産を物色。
ところが、スークには貴金属が中心のお店ばかり。カンボジアの市場のような安い雑貨を思い描いていたので、何も買うことが出来ませんでした。
ほら、いくら金が安いと言ったって、配りモノお土産に出来るほどチープなモノなんてありませんからf(^_^;。


d0221584_23064211.jpg
さらにここには “本物” の恐竜の化石が一体、展示されていました。
ですがドバイで出土した物では無く、アメリカで出土したものを運んで来たそうで、まさに金に物言わせて出来た代物。さすが、ドバイです。



そしてこの後は、ドバイモールのもうひとつの目玉、水族館「DUBAI AQUARIUM」へ行くことにしました。
d0221584_23071115.jpg
TVなどでも紹介されているドバイ・モール内の大きな水槽。
日本にも大きな水槽の水族館はありますが、これがショッピングモール内にあるんですから、やっぱり驚きです。ここまでは誰でもタダで観ることが出来ます。

ですが、ちゃんと入館料を払えばさらに水族館を楽しむ事が出来ます。
エイと触れあったり、ケージに入ってシュノーケリングしたり、サメと一緒に泳いだりと、様々なプランが用意されていますが、一番高いのはスキューバダイビング体験の1,210AED(約40,000円)。私たちは一番安い水族館の入館料のみをチョイス。それでも一人120AED(約3,960円、1AED = 33円で計算)でした。

料金を支払うと、代表者の腕にチケット代わりの使い捨てリストバンドが付けられます。そして巨大水槽の前を通り過ぎ、中にあるドーム型トンネルを通り抜けます。
d0221584_23071970.jpg
d0221584_23071918.jpg
d0221584_23071929.jpg
意外と天井が低くて迫力があり、テンションが上がります。
d0221584_23081793.jpg
トンネルを抜けるとスーベニアコインのペニープレスマシンがあり、もちろんやって来ました。
d0221584_23083595.jpg


そしてここから一旦モール内に出て、エスカレーターでフロア2(3階)へ。
d0221584_23114137.jpg
ここが水族館の入口で、中はしっかり水族館です。
d0221584_23120903.jpg
d0221584_23120981.jpg
d0221584_23120927.jpg
d0221584_23120915.jpg
足元がガラス張りの床はあの巨大水槽の真上に位置していて、サメの姿が見えました。更にその水面を、床がガラス張りのボートに乗って巡るコースもあります。もちろん別料金ですf(^_^;。
d0221584_23121530.jpg
他にもクラゲがいたり、大きなワニをこれまた真上から見たり、結構盛りだくさんで楽しめました。


水族館を楽しんだ後はさすがにお腹が空いたので、日本にもありますが「レイン・フォレスト」へ。
ですが、それはまた次回に。

=====ドバイ旅行その他のブログはこちら=====
==========================


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2018-04-18 23:20 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 17日
ドバイ旅行 その3<ドバイ・モールで>
今回はドバイ・モールの観光をお伝えします。
d0221584_21500007.jpg

=====ドバイ旅行その他のブログはこちら=====
==========================


とにかく広くて大変でした。
初日にバージ・カリファに登ったあとは、LGフロア(地下1階)を見ただけで終わってしまいましたから。

d0221584_21503187.jpg
d0221584_21503188.jpg
出直したこの日は最上階のフロア2(3階)から見て回りましたが、ここはフードコートやキッザニア、電子器機、オモチャなどがあるファミリー向けフロアです。

d0221584_21510686.jpg
d0221584_21510613.jpg
d0221584_21510650.jpg
オモチャのチェックを真っ先に考える旦那さんが見つけたのは、アメリカのテレビ局 nickelodeon(ニコロディオン)のショップ。スポンジボブやBen10などのキャラクターグッズが揃っています。

d0221584_21515577.jpg
LEGO ショップではバージ・カリファのLEGO。

d0221584_21521700.jpg
またKINOKUNIYAが大きな店舗を構え、こちらで昔から人気の「UFOロボ グレンダイザー」の巨大スタチューもでーんと販売され、日本文化を思いっきり発信していました。
d0221584_21562316.jpg
日本文化と言えば、LGフロア(地下1階)には何と、ダイソーがありました! 


他にはスマホケースを扱う店があったり。
d0221584_21565582.jpg
d0221584_21565538.jpg
ケースに写真を入れる事が出来るようですが、見本が思いっきりアラビア〜ン。これってきっと王族ですよね。左端はあの有名なイケメン王子様じゃないかしら?

d0221584_21572593.jpg
他にも映画館もありましたが、チケット売り場は自動券売機がズラリ。

d0221584_21572523.jpg
d0221584_21572533.jpg
さらにVR専門のシアターもありました。
なんかバブリー。

d0221584_21580098.jpg
d0221584_21580088.jpg
このモールには鉄道の駅が繋がっていて、一般人の足として使われているそうですが、ここから相当歩かないと駅には着かないそうです。

あと、ちょっと驚いたのが、トイレの位置。
d0221584_21575956.jpg
日本でもアメリカでも大体男女は隣とか近い位置にあるモノですが、こちらでは微妙な距離感で離れています。
なので、トイレのサインを見つけても、それが男用か女用かをちゃんと確認して行かないと、うっかり男子トイレに、なんて事になっちゃいますf(^_^;。

お国が変われば常識も変わります。
新しい発見もあって、これも海外旅行の楽しみのひとつですね。


甘い香りに誘われるとそこはフードコートの入口。スイーツのお店が出迎えてくれます。
d0221584_22031113.jpg
d0221584_22031175.jpg
d0221584_22031239.jpg
アメリカですっかりファンになったフローズン・ヨーグルトのお店や、クリスピー・クリーム・ドーナツのお店も。アラビア文字がなんともエキセントリックです。

d0221584_22041552.jpg
d0221584_22041680.jpg
d0221584_22041556.jpg
d0221584_22050007.jpg
フードコート内の飲食店は意外にもマクドナルドやテキサス・チキンなどアメリカ系も多く、ハラールはどこへやら。

d0221584_22075270.jpg
d0221584_22052121.jpg

また、なんちゃって日本食もありました。

d0221584_22083771.jpg
フードコートではなくフロア1(2階)ですが、これまたアメリカでファンになったシーフードレストラン「Joe’s Crab Shack」もありました。
意外にもアラビア料理は少なく、アメリカのものばかりという印象でした。

そしてこの後は、アラビアコーヒーで一休みすることにしました。


ですが、ブログが長くなってしまったので、続きは次回にしましょう。
今回も長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。





=====ドバイ旅行その他のブログはこちら=====
==========================


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2018-04-17 22:17 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 17日
ドバイ旅行その2<バージ・カリファの写真を撮る>
遅くなりましたが、ドバイ旅行の続きをアップします。



前回の<バージ・カリファ>(その時のブログはこちら)でラウンジまで登りましたが、実はバージ・カリファの外観の写真が撮れていませんでしたので、後日、そのお膝元にあるアルマーニ・ホテル前にタクシーで乗り付けました。

ガイドブックには、ここにはアラビア文字の看板があるので入れ込みで写真が撮れるとあったので、意気揚々と降り立ったのですが。。。。
d0221584_15085782.jpg
確かにアラビア文字の看板はありました。が、
d0221584_15085788.jpg
全く無理! 
バージ・カリファ、でかすぎです。全く画角に収まりません(T T)。
信号を渡り道路の反対側へ移動するも、ギリギリてっぺんが入ったかと思ったら、今度は看板の文字が小さすぎ! 思うような写真は撮れませんでした。。。。

d0221584_15085706.jpg
▲ミニオン入れ込みで写真を撮ろうとしても、失敗。

d0221584_15100722.jpg
▲こちらは旦那さんの旅のお供。


d0221584_15100872.jpg
▲撮影ポイントを探して道路を渡ったり、右往左往。横断歩道の途中にはこんなオブジェが。アヒルがバナナになっていて可愛かったです。

さすがに気温が30度を超えていたので、悪戦苦闘するうちに大汗。やっぱりドバイは暑いですf(^_^;。

d0221584_15100847.jpg
また、バージ・カリファの向かいにはシンガポールを思わせるようなビルが建設中でした。
それだけではありません。タクシーで街中を移動中、周りを見るとあちこちで建設中の建物が目白押し。
そう、ドバイはさらに進化を続けていて、地元の人の話では2020年の万博に向けて、ドバイ・モールの拡張というか、二つ目のドバイ・モールも建設中なんですって! 一体どこまで大きくなるんでしょうね。

さて、折角なのでアルマーニ・ホテルを間近で見てからドバイ・モールへ行こうと近づいたら、入口前の警備員に追い払われましたf(^_^;。と言うのも、ドバイ・モールへは繋がっていないんですって。

d0221584_15114985.jpg
▲悔しいからほぼ真下から写真を撮りました。

なので、来た道を戻り大通りから徒歩数分、ドバイ・モールの入口に到着しました。
d0221584_15114959.jpg
こちらは高級ブランドショップが建ち並ぶエリアなので、ものすんごく、気取っていて静かでした。
d0221584_15114906.jpg
d0221584_15125159.jpg
d0221584_15125192.jpg
このエリアを通り抜け、モールの中心へと進むと人も多くなり活気が溢れていました。
この日は最上階のフロア2(3階)から見て回りましたが、それはまた次回お届けします。


=====ドバイ旅行のブログ==========
========================

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2018-04-17 15:16 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 12日
ドバイ旅行その1<バージ・カリファ>
先週、旦那さんとドバイに行って来ました。

d0221584_21193160.jpg



ドバイと言えば、バブルな印象ばかりで場所も今ひとつ理解していませんでしたが、アラブ半島中央にあるサウジアラビア王国の東隣、アラブ首長国連邦の都市のひとつです。
日本からは直行便があるので、意外と簡単に行けます。とは言えフライト時間は11時間と、ちょーハードですf(^_^;。

成田空港を午後9時20分に離陸しても時差が5時間あるので、到着は真夜中の午前3時半。
こんな時間に到着してホテルにチェックインできるのか心配でしたが、さすがハブ空港。他にも到着便がたくさんあるし、タクシーもばんばん出ているので移動に困ることもなく無事ホテルに到着。もちろん、チェックインも問題無し!
と、言いたい所ですが、手違いで1人分しか予約されておらず(旦那さんと2人で宿泊予定)、フロントでつたない英語でのやり取りがありましたが、とにかく宿泊することが出来ました。

機内ではあまり眠れませんでしたから速攻シャワーを浴びて、もう朝方になっていましたがベッドに入って眠りました。

さて、朝を迎えてドバイ初日。朝食を済ませ、まずはドバイ観光の基本、ドバイモールへ向かいます。

ドバイでは鉄道が1本通っているだけなので、移動は基本タクシーです。しかも、どのタクシーもとても綺麗。行き先を言うとまずは料金を言ってくれるので、降りる時に若干のチップを載せて支払います。
ちなみにドバイの通貨はディルハム(AED、もしくはDH)。意外にもUSドルは使えません。

d0221584_21193110.jpg
ドバイモールの正面に降りると、モールの奥に世界一の超高層タワー「バージ・カリファ」の先っぽが見えています。そう、まずはあれに登ります!

モールの中を突き進み、地下一階へ。入口は地下なんです。
d0221584_21193115.jpg
入口に行く途中に数カ所、「AT THE TOP」と書かれたブースがあります。実はここでもチケットが買えます。
d0221584_21193123.jpg
入口には行列があったので、私達も直前のこのブースでチケットを買ったのですが、「TOPまで行きたい」と言ったら、一人500AED(1DH=33円位なので、約16,500円)と、お高い値段を言われてひるんだのですがよく解らずそのまま購入し、先へ進むと。。。。

行列をスキップして、ゆったりソファのあるラウンジに案内されました。
そこでは、アラビアコーヒーとお菓子のサービスがあり、くつろいでいると専用のガイドさん登場。他の数名とグループになって、彼女の案内の元、またまた行列をスキップしてドンドン先に進みます。

d0221584_21193240.jpg
▲タワーのお膝元まで来ている事が解ります。

本来ならエレベーターに乗るだけでも、スカイツリーのように行列に並ばないといけないんですけど。。。
そう、私たちが買ったチケットは世界一高いラウンジ148階にある「アット・ザ・トップ・スカイ」へ行く特別なチケットだったんです。
通常の展望台は124階でここへのチケットは300AED(約9,900円、それでも充分お高いf(^_^;)で、行列にならばないといけませんが、事前にネットで時間指定の予約チケットが購入できるようです。

そして、エレベーターは速かった〜、秒速10mだそうです。内部も綺麗でスカイツリーみたいです。エレベーターを乗り換えて、地上555mのラウンジに到着。
d0221584_21223795.jpg
ジュースでおもてなししてくれました。

もちろん、見晴らしはさすがに素晴らしい〜。あまりに高すぎて模型を見ているようですけどf(^_^;。
d0221584_21232649.jpg
d0221584_21232606.jpg
d0221584_21232772.jpg
ちょっとガスってますが周りは砂漠ですから仕方無いですね。

d0221584_21254979.jpg
▲これがドバイモールです。

d0221584_21232707.jpg
さらに、こんなに高いのに、ほぼガラスに覆われていますがウッドデッキがあります。なので、外の暑さと風を感じる事ができ、ここに来てようやくドバイの暑さを実感しました。
d0221584_21232774.jpg
d0221584_21254903.jpg
d0221584_21232726.jpg

ラウンジを満喫したらエレベーターで124階の遠望台へ。
ここは、多くのお客さんでごった返していました。
d0221584_21255051.jpg
d0221584_21312704.jpg

ここでも充分高いのですが、先に148階からの眺望を経験したあとなので、「あ、こっちは低いね〜」なんて、感じますf(^_^;。
d0221584_21315369.jpg
ここにもウッドデッキがあり、暑い中写真を撮る人でいっぱいでした。

ここでお土産を物色。
d0221584_21315370.jpg
d0221584_21315333.jpg
まるで日本のようにタワーのゆるキャラがいました(笑)。イラストのタッチもなんだか日本を思わせます。

d0221584_21322732.jpg
d0221584_21322773.jpg
d0221584_21322730.jpg
そんな中、「AT THE TOP」の文字が入ったショットグラスとポストカードを購入。ポストカードを買うと切手を薦めてくれるので、一緒に購入。
d0221584_21315364.jpg
ポストがあるので、ここで投函することも可能です。
が、すぐには書けないので私は翌日ホテルのフロントにお願いしました。(無事に届くといいな)

<追記>〜〜〜〜〜〜
そうそう、スーベニアコインのマシーンもありました。
d0221584_12272661.jpg
料金は10AED(約330円)、ちょっとお高いですねf(^_^;。紙幣を入れるので、アメリカのようにダイレクトに硬貨を加工するものではなく、日本と同様専用のメダルがプレスされる仕組みです。

4種類の内、こちらをゲット。
d0221584_12272675.jpg
う〜ん、小さいので写真が。。。厳しいf(^_^;。
〜〜〜〜〜〜〜〜<4/13追記しました>


帰りのエレベータも大行列。うっかり並んでしまいましたが、「アット・ザ・トップ・スカイ」チケットを見せれば、並ばずともエレベータに乗れたことに後になって気付きました。。。。もったいないことしちゃったな。


さて、その後はドバイモールを散策。
でも、それはまた次回に。
ドバイ旅行ブログはまだまだ続きます。

=====ドバイ旅行のブログ==========
========================

〜〜〜〜さらに追記です〜〜〜〜
ホテルのフロントで投函をお願いした、絵はがき。
帰国後その到着をまだかまだか、と心待ちにしていましたが、1ヶ月経っても一向に届かず。
既に諦めていたら、昨日ようやく届きました!
d0221584_13343919.jpg
消印を見ると、16.05.2018 と読めるような。。。
投函されるまで1ヶ月以上迷子になっていたのかな?
だけど、他に絵はがきを買って無かったから届いてくれただけで感謝です。
〜〜〜<5/27追記しました>〜〜〜


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2018-04-12 21:44 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 29日
カンボジアで見つけたミニオン
もうすぐ年明け。今年も早かったな〜。
さて、年が明ける前にアップし損ねていた、カンボジア旅行で見つけたミニオンをご紹介します。


カンボジア旅行へ行ったのは4月ですから、随分と間が空いてしまいましたf(^_^;。
ちなみに旅行のブログはこちら。お暇でしたら是非。

======アンコールワット観光旅行ブログ========
1)出発編
=============================




観光地を回るツアーの合間、自由時間にアジアらしいファンキーなオモチャを、宿泊したソカ・アンコール・リゾートから歩いて数分で行ける、市内最大のショッピングモール「ラッキー・モール」で見つけました。

様々ありましたが、買ったのはこちら。
d0221584_16150635.jpg
d0221584_16150774.jpg
左は鉛筆削り。中国語が書いてあるので輸入品かな?
それにしても表情がオリジナルとはあまりにかけ離れていてビックリ。

右は扇風機。
グリップを握るとフィンが回ります。これもまた、独特の表情。とてもミニオンとは思えません(笑)。
d0221584_16154443.jpg
パッケージを見るとオフィシャルっぽいのにね〜。

他にもたくさんありました。
d0221584_16154522.jpg
d0221584_16162293.jpg
d0221584_16162489.jpg
d0221584_16154653.jpg
おままごとセット、中身にはミニオンテイストは全くありません(笑)。
d0221584_16170020.jpg
d0221584_16162328.jpg
d0221584_16154786.jpg
スーパーマンとコラボするなんて、版権的にはあり得ません。アジアならではですね〜。


それにしても、海外へ行くと面白いオモチャがたくさんありますね。
アジアは特に版権が許諾されていないようなものもたくさんあって、ホント旅を楽しくしてくれます。来年はどんなミニオンに出会えるかな?



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-12-29 16:20 | ミニオン | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 06日
アンコールワット観光旅行(9)アンコール・ワット
ギャー! 気がつけば旅行から既に2ヶ月近く経とうとしているじゃないですかー! ヤバイ!
ブログをアップしないにも程がありますね、スミマセンf(^_^;。

d0221584_21441053.jpgなので、先々月(!)に行ったアンコールワット旅行の続きです。


旅行最終日、午前中にアンコール・トム、「タ・プロム寺院(Ta Prohm)」を観光した後、午後にようやくメインイベントの「アンコール・ワット」です。



======アンコールワット観光旅行ブログ========
1)出発編
=============================



d0221584_21453245.jpg
d0221584_21453326.jpg
昼食の後、改めてアンコール・ワット(Angkor Wat)へと向かいました。
入国したばかりの4月14日はカンボジアのお正月だったので、大統領が来てイベントが行われたりと大混雑だったそうですが、三が日も過ぎ、少しばかり落ち着きを取り戻したアンコール・ワット。
それでも、撤去待ちの露店が立ち並び、その賑わいを感じさせます。



それにしても、4月だというのにジリジリと陽射しが照りつけ、とっても暑いカンボジア。それもそのはず、4月こそカンボジアの夏、一番暑い季節なんですってf(^_^;。日本ではお正月は寒いですが、カンボジアではお正月は暑いものなんですね。


d0221584_21453440.jpg
まずは、西参道正面。参道はお堀を渡る橋なので、蛇の神様ナーガ神がお出迎え。これも綺麗に修復されています。

d0221584_21453563.jpg
そしてお堀の先には、中央西塔門。
d0221584_21470959.jpg
ここには南側の門内にヴィシュヌ神が祀られていて、お参りにたくさんの人が訪れていました。

d0221584_21471033.jpg
これを抜けるといよいよアンコール・ワット本殿が見えて来ます。
とは言え、ここからの参道も結構長いんですけどねf(^_^;。

d0221584_21471176.jpg
▲ちなみに朝日を観たポイントから。順光なので、細部までくっきりです。


d0221584_21482127.jpg
d0221584_21482230.jpg
参道からアプローチするのかと思いきや、ガイドさんは左側から攻めます。
ちなみにこちらにはお土産屋さんがずらり。ココナッツも山積み(笑)。


d0221584_21482343.jpg
d0221584_21482357.jpg
数分歩くと第一回廊(西面)の左端に到着。ここから階段を上がります。

d0221584_21491510.jpg
d0221584_21491680.jpg
すると回廊内には壁画、神話のレリーフがびっしり。
今は禁止されていますが、昔は触れたそうで、てかてか(笑)。

d0221584_21494194.jpg
d0221584_21494024.jpg
十字回廊を通り、第二回廊へ向かいます。
所々、仏像が祀られており、お正月だったのでお参りに来ている集団にもちょいちょい遭遇しました。



d0221584_21501709.jpg
d0221584_21501874.jpg
第三回廊へは急な階段を登るのですが、現在は観光専用の階段が設置され、入口には係員がいてどうやら人数制限を行っているようです。この時は特に止められることもなく、すんなり入場出来ました。

とにかく急勾配! 足が悲鳴を。。。。

d0221584_21504109.jpg
登り着くと、ここにも沐浴池跡があり、それらを囲むように回廊が繋がっていました。

d0221584_21504219.jpg
▲中央祠堂を見上げて。
d0221584_21504262.jpg
▲ここでも集団でお参りする人たちに出くわしました。
d0221584_21504348.jpg
▲第三回廊から西参道方面を一望。暑い中登って来た甲斐があります。

d0221584_21514300.jpg
▲踊る天女のレリーフは至る所にあって、目を引きます。

d0221584_21514419.jpg
▲第三回廊から戻り第二回廊の内側を見ると、ここにも天女のレリーフ。


d0221584_21514495.jpg
d0221584_21514511.jpg
▲帰りは第一回廊の東側から。ここにも立派なレリーフがあります。
遠くから眺めるワンコールワットも見事ですが、回廊のレリーフも見事でした。




さて、観光を終えても嬉しいことがありました。それは、帰国当日のホテルチェックアウトが夕方5時だったこと。

なにせ真夏のカンボジア。遺跡を巡った後は当然汗だく。
てっきり、昼前にホテルをチェックアウトして、空港のトイレで着替えるしかないと思っていました。
ですが、夕方までホテルの部屋が使えるので、出発までにシャワーを浴びて化粧も直して、荷造りも買ったお土産をバッチリスーツケースに入れる事が出来ました。それだけでなく、早めの夕食までホテルで食べてから、空港へ向かうことが出来ました! 助かる〜 (^_^)v。

なので、飛行機に乗ったらあとは寝るだけ〜♪。とは言え、機内食はしっかり食べましたし、もちろん映画も観ました。機内も楽しまないともったいないですからねf(^_^;。

しかし、帰国に利用した飛行機は深夜便。
9時半ごろシェムリアップを出発し、ホーチミンでトランジット。ホーチミンを出発したのはまさに深夜1時近く。成田には翌朝8時に到着しました。
若い人ならここから出社、なんてことも可能なんでしょうけれど、アラフィフ夫婦にはそんな元気はありませんので、自宅に到着したらお風呂で疲れを取って、ひと眠り。のつもりがガッツリ寝ちゃって、帰国当日は使い物になりませんでした(笑)。


今回のアンコールワット観光旅行、ジャングルの中にあると思い込んでいたアンコール・ワット遺跡は実は車で行けるように道路も整備され、遺跡に隣接するように街が栄えているので、とても行きやすいということが驚きでした。
考えてみれば、エジプトのギザのピラミッドも街のすぐ隣でしたねf(^_^;。

観光客が集まるところは、やはり現地人も集まって街になる、ってことですかね。
とは言え、この国に来るまでが大変ですけどf(^_^;。
なので身体が動くウチに、またどこか遺跡を見に行きたいですね。




======アンコールワット観光旅行ブログ========
1)出発編
=============================




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-06-06 22:15 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 30日
アンコールワット観光旅行(8)タ・プロム
またまた間が空いてしまいましたが、先月行ったアンコールワット旅行の続きです。f(^_^;。
旅行最終日、午前中にアンコール・トムを訪れた後に行ったのは「タ・プロム寺院(Ta Prohm)」です。


======アンコールワット観光旅行ブログ========
1)出発編
=============================


アンコール・トムのお隣にある、「タ・プロム寺院」。
映画「トゥームレイダー」の撮影にも使われた遺跡だそうで、案の定観光客がたくさんいました。



まずは、入口。
d0221584_17010690.jpg
狭い入口の両端の塀は既に崩れてしまっていました。

d0221584_17010802.jpg
参道の先には更に朽ちた建物があり、大木が建物を突き刺すように生えていました。
突き刺すというよりは、絡まるようにそびえ立っていました。


d0221584_17010809.jpg
こちらが裏側。
d0221584_17013651.jpg
タコの足のようです。

d0221584_17015778.jpg
d0221584_17015783.jpg
どの建物も今にも崩れ落ちそうで、幾つもの支柱で支えられていました。
d0221584_17020358.jpg
d0221584_17022925.jpg
d0221584_17025909.jpg
▲大乗仏教の寺院として建てられましたが、後にヒンドゥー教の王によって改築されたため、レリーフも強引に書き換えられていました。


d0221584_17034276.jpg
▲映画「トゥームレイダー」の撮影に使われた場所はさらに観光客が詰めかけ、そばに近づくのも一苦労。
なので遠巻きに観て終了f(^_^;。
d0221584_17034638.jpg
ちなみに裏側から観るだけでも、巨木の根の張り具合に圧倒されます。


d0221584_17060039.jpg
d0221584_17060107.jpg
d0221584_17060243.jpg
d0221584_17024116.jpg

巨木が絡まる遺跡は本当に圧巻でした。



観光を終えた後、昼食へ。
クメール料理を頂きました。
d0221584_17062928.jpg
右下が雷魚のココナッツ蒸し煮「アモック」。
ちなみにここ、カフェ・モイモイは3日目に国境沿いにある「プレアヴィヘア寺院」に行った時の、お弁当を作ってくれたお店でした。
なるほど、バナナの葉のカップが同じです。

店内には日本語の表示もたくさんあって、和食も食べられるようで日本人にはホッとするお店でした。
d0221584_17063051.jpg
▲カンボジア語のスプライト。


その後、アンコール国立博物館の隣にある、DFSっぽい高級ショップ「GALLERIA」でお買い物。
街中とはちょっと違った、お値段高めのお土産品が取りそろえてあり、今時の日本と同じく中国人向けのポップだらけですが、人に差し上げるお土産を買うには良いかと思います。



さて、次はいよいよ大本命、アンコールワット観光です。
(って、言っておきながらまた間が空いたらゴメンなさいf(^_^;。)


======アンコールワット観光旅行ブログ========
1)出発編
=============================





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-05-30 17:09 | 観光 | Trackback | Comments(0)