タグ:料理 ( 57 ) タグの人気記事
2012年 04月 20日
日本で話題の「塩麹」で筍の和え物
d0221584_6335611.jpg先月末、日本から遊びに来てくれた妹たちは、いろいろと日本のお土産を持って来てくれましたが、その中に「塩麹」がありました。

日本では色々な物が話題になりますね。これは一体なんなのか? どうやら身体に良いことづくしの万能調味料らしいのですが、詳しくはよくわかりません。
自分で作ることも出来るらしいのですが、私の住む街は比較的日本の食材は手に入りやすい所とは言え、さすがに「麹」となると日系スーパーでも???な感じです。

パッケージには「塩と同じように使う」とありますが、漬け物やお肉の下味用につけ込むのに使うのが多いようです。
実は頂いてからどうやって使ったら良いのか解らず、昨日まで冷蔵庫でひっそりと眠っていました。

前々日に筍ご飯をした時に余った筍があったので(筍の水煮ならここでも入手出来ます(^_^)v)、どう調理しようかとレシピを検索したところ、塩麹を使った筍レシピを発見しました。しかも、ちょー簡単。

水煮の筍を適当な大きさに切り、下ゆでした菜の花と塩麹で和えてしばらくおき、味が馴染んだところでオリーブオイルもしくはゴマ油を回しかけ、黒胡椒を少々降るだけ。

と言う事で早速挑戦。

ところが、今度は「菜の花」が。。。。平日は車が出払ってしまうので、徒歩圏内で行けるスーパーはローカルばかり。葉の花の入手は困難です。(日系スーパーにもあるかどうか解らないし。。。)で、そこで代打登場。見た目だけで選ばれたのがブロッコリーです。
d0221584_6352359.jpg
どうです、見た目は綺麗でしょ?

お味の方は、初めは塩味が薄いかな? と思っていたら、下のほうはすっかり塩味が付いていてちょっとしょっぱいくらい。なかなか加減が難しいですね。


頂いた「塩麹」はまだまだありますので、次はどんな料理に使おうかな?


【追記】その後、唐揚げの下味のときに塩麹も加えたら、お肉が柔らかく且つジューシーになりました。肉料理の下ごしらえに使うとその威力が効果的に発揮されるみたいですね。(May15/2012)

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-04-20 06:40 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 07日
塩豚のその後
先日、いい加減ながら作った「塩豚」(その時のブログはこちら)。
つけ込んでから一週間ほど経ちましたので、料理してみました。

d0221584_21331924.jpg調理と言っても至ってシンプルです。
棒状の肉を薄めにスライスして、粗挽き黒胡椒を振って熱したフライパンへ。
こんがり焼き目を付けて出来上がり。

お味の方はと言うと、
肉が柔らかくなり、つけ込んだ塩味がしっかり染みこんでいて、胡椒だけで充分。むしろ、ちょっと塩味がきつかったかな?ってくらいでしたので、次回は少し控えめにしようと思いました。

っていうか、次こそちゃんと、豚バラ肉で作らなくっちゃf(^_^;。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-03-07 21:37 | | Trackback | Comments(2)
2012年 02月 28日
日本で流行っている「塩豚」に挑戦
今日本では、「塩豚」なるものが流行っているらしい。
先日も妹のウチにお呼ばれした際、食卓に並びその美味しさを実感してきました。豚かたまり肉をスライスしてただ焼いただけ、と言うのですが、柔らかくジューシーで美味しかった♪

ということで、私も挑戦してみることに。
d0221584_22234718.jpg早速買ってきた豚かたまり肉を調理しようと思ったら。。。。私が買って来たのは特売になっていた「豚肉ヒレブロック」。
でも、塩豚にして美味しいとされるのは「豚ロース」もしくは「豚バラ肉」と、脂がほどよく入ったもの。
あちゃー。のっけから失敗。

だけど、モッタイナイので「豚ヒレブロック」で強行しちゃいました。(←これだからいつも失敗するのか?)

d0221584_22242144.jpgさて、作り方は至って簡単♪
肉の表面の水気を拭き取り、粗塩をまんべんなくすり込みます。

うわ〜、思いの外大きくて、なんだか牛タンみたい。。(/ω\) 。しかも、粗塩が無くって、ちょっと美味しい食卓の塩。ああ、ますます出来上がりが心配になってきた。。。。

d0221584_22245247.jpgそして空気が入らないようにラップでぴっちりくるみます。
人によっては先にキッチンペーパーでくるんでから、と言う方法もあるようです。

麺棒みたいな形になりました。
ナンジャこりゃ?って感じです。


そして冷蔵庫で4〜5日くらい寝かせる(熟成させる)と食べ頃とか。
果たして上手く行くのでしょうか。。。。むむむ。


※塩豚の出来上がりが気になる方はこちらへ。
〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-02-28 22:30 | | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 28日
炊飯器でチーズケーキを焼いてみた。
昨日は旦那さんの誕生日でした。
四十を過ぎた大人、しかも夫婦ふたりきりですからそんな盛大に誕生日祝いをするつもりはありませんが、何もしないと言うのも寂しい物です。

そこで、旦那さんが好きなチーズケーキを作ってみようと思い立ち、早速いつものcookpad で検索してみると。。。
ありますね〜、ずぼらな私にも出来そうな簡単レシピ。

http://cookpad.com/recipe/1679984
これによると、材料を混ぜて炊飯器で焼くだけとあります。まさに私向き。

d0221584_3493017.jpgで、早速材料を揃えます。クリームチーズは日本でもお馴染みのフィラデルフィアがパッケージも同じですぐに見つけられましたが、生クリームはちょっと手間取りました。英訳すると「fresh cream」? でも売場で見つけたのは「whipping cream」。日本で言うホイップクリームでしょうか? 他には見あたらないので「ま、いっか」。

d0221584_3501482.jpgで、卵や砂糖、レモン汁などほかの材料とともにブレンダーに投入。
一応クリームチーズは室温に戻しておきました。

d0221584_3503964.jpg全体がよく混ざったところで、バターを塗った炊飯器のお釜にデロデロと入れて、炊飯スタートボタンをポチっちとな。

d0221584_3505970.jpg焼き上がるまでの間に、ポップを作ります。
旦那さんは恐竜好きなので、以前「ジュラシック・パーク」のサイトでダウンロードしておいた壁紙を縮小プリントして切り抜き、楊子を挟み込んでのり付け。
これまたちょー簡単♪ 
右の「Happy Birthday」のプラスチックプレートは、昨年香港で買ったケーキについていたものを再利用。(←とことんケチ)

d0221584_3512145.jpg30分もかからないくらいでスイッチが切れたのですが、念のためもう一度スイッチオン。
で、焼き上がったのがこちら。

少し膨らんだみたいだけど、生焼けのホットケーキみたいでなんか思った感じと違う。。。
d0221584_3514167.jpgさらに、お皿に取り出すのに一苦労。もの凄く柔らかい上に、お釜が深いのでお皿を被せてひっくり返しても、お皿の中心からずれちゃいました。

それをむりくり直して、作っておいたポップを飾って、はい出来上がり ♪

ん? なんかレシピにあった完成写真とはえらく違うぞ。。。。。
う〜ん。やっぱり思った通りには出来上がらない。。。何故だ???

d0221584_3523661.jpgそれでも旦那さんは喜んでくれたし、味は悪くなかったんですよ。って、素材のクリームチーズが美味しいですからね。f(^_^;。

しかも、冷やしておいたらちょっと堅くなっちゃったし。チーズケーキってそういうものだったかしらん?
はぁ、お菓子作りは難しい。。。。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-01-28 04:33 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2011年 12月 28日
手抜きパン作り「READY-TO-BAKE ROLLS」
いつも失敗ばかりのパン作りに、救世主発見! 
って、ちょっと大げさですが、こちらのスーパーではパンやクッキーの生生地が売られていますので、今回はそれを試してみました。

d0221584_8474752.jpg今回使ったのはこちらの Crescent Rolls 。クロワッサンです。長さ18cm弱の筒の中に、クロワッサン8個分の生地が入っているとあります。2つで$5(約390円)の時に買っておきました。
冷蔵庫に入れておけば結構持つみたいなので、パンを買い忘れた時など便利そうです。

d0221584_8481693.jpg作り方もパッケージに書いてありますので、これを見ながら。

まず、オーブンを375℉(約190℃)に温めておきます。

d0221584_8484439.jpgそしてパッケージを開けると、良い香りと共にムニューとパン生地があふれ出すように出て来ました。
元のサイズよりも一回り大きいパン生地。如何にぎゅうぎゅうに押し込められていたかが解ります。

d0221584_84927.jpgこのパン生地を広げてみると、有り難い事にすでに8等分にカットされています。便利すぎ!

d0221584_8492612.jpg説明書にあるとおり、三角の生地を幅の広い方から蒔いて行きます。

d0221584_8495171.jpgそれらをクッキングシートを敷いた天板に、巻き終わりを下にして並べ尖った先を内側に曲げます。
なんだか、沢ガニの隊列みたい(^ε^)ぷぷ。

これで準備完了。
打ち粉も麺棒も包丁も要らず、もの凄く簡単♪

d0221584_8501099.jpgそして焼くこと約13分。焼き色を濃いめにしたかったので、もう2分ほど焼いて、こんがり出来上がりました〜! 

あれ? 巻き終わりを下にしたつもりなのに、上になっている子がいる…。むむむ、私の大雑把な性格がこんなところにも現れてしまうなんて。。。

d0221584_8503983.jpg
しかも、ちょっと小さい?
そーなんです、もっと大きく膨らむのかと期待したのですが、実際はほんのちょっと膨らんだ位の、ミニクロワッサンになってしまいました。
高さ8cm程のマグカップと比べても、その小ささはご覧の通り。

それでも、出来たてを頂くと、周りはサクサク中はしっとりでちゃんとクロワッサンになっていました! 

ぶきっちょな私にも、
見事なクロワッサンを作ることが出来ました(^_^)v。
これで明日の旦那さんの朝食はバッチリだわん♪

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-12-28 09:00 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 26日
Christmas Dinner でローストビーフに挑戦しました。
アメリカのクリスマスは、想像以上に家庭で静かに過ごす事が分かり、我が家も昨夜のクリスマス・イブは自宅で食事をする事にしました。
昨年に続き、旦那さんが風邪を引いたと言うのもあるんですけどf(^_^;。
(去年も香港でクリスマスに風邪を引いてました。)
幸い熱などは無く軽い症状だけなので、日頃の疲れを癒すためにも自宅でおとなしくしてもらいました。

食欲はあると言う事でしたので挑戦したのが、「ローストビーフ」。ローストターキー同様オーブン任せなので、大してすることは無いのですが、一通りの手順を。

d0221584_651814.jpg
まず、こちらが今回購入した牛肉の塊。2.67lb、約1.2kg。相変わらず大きいです。それでも、売場の中では小さいものを探したんですよ。
しかも半額セールでお値段が$14.66(約1,143円)、100g当たり95円ですからまあまあお安かったので、今回ローストビーフに挑戦する気になったわけです。

d0221584_6513637.jpg普段使わないハーブ「ローズマリー」と、ガーリックソルトも購入して、さて、準備に取りかかります。

d0221584_6521736.jpg肉の塊にガーリックソルト、胡椒、ローズマリーをたっぷり擦りつけて、アルミトレイに。
このままカバーをせずに500℉(260℃)に温めたオーブンで、20分。ローズマリーの良い香りが鼻をくすぐります。

d0221584_6525627.jpg
こんな感じに焦げ目が付きました。

やっぱりちょっと縮んだかな?
d0221584_653357.jpg
さらにオーブンの温度を375℉(190℃)に下げて、アルミホイルをふんわり被せて40分ほど焼きました。見た目は美味しそうに出来ました!

d0221584_654588.jpgオーブンから出してさらに20分。冷ましてからカットすると……。
ありゃ? 全然ミディアムレアじゃない!!
なんということでしょう。すっかり焼き過ぎてしまいました(/ω\) ガーン。
これじゃ、まるで叉焼だわ!

オーブン任せで簡単♪ なんて、高を括っていたのが間違いでした(T T)。

サンクスギビングの時に買ったグレービーソースが使わずに残っていたので、このソースで水分を補いながらいただく事にしたのですが、それでも美味しいと言ってくれる旦那さんに感謝です。

d0221584_6544442.jpg
ちなみに付け合わせは、クリスマスツリー・マカロニのサラダとマッシュポテト、シード付きのフランスパンとオイスタースープ(キャンベルの缶詰←結構美味しいです)でした。


そして、最後はもちろん、デザート!
d0221584_6552174.jpgTRADER JOE'S のオリジナルの冷凍ケーキ「Bushe de Noel」($9.99 = 約780円)が美味しいと聞いたので、わざわざ買いに行ってきました。
食べる4時間前もしくは一晩冷蔵庫で解凍するか、1時間前に室温で解凍するとありましたので、食事を始める少し前から食卓に出して解凍しておきました。
濃いビターチョコレートと、冷たくしっとりしたスポンジが何とも言えない食感で、さらにこちらのケーキにしては甘すぎることがなく、とっても美味しく頂きました! これはお薦めです。

d0221584_7135858.jpg
ちなみに、翌日である今朝は解凍せずに食べたのですが、切り分けるのがちょっと苦労するくらいで、アイスに近い食感でとても美味しかったです ♪


ということで、我が家のクリスマス・イブは静かに終わりました。
さて、クリスマス当日はお休みしている店が多いと聞きましたので、これからそれを検証しに出かけてみようと思います。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-12-26 07:14 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 26日
サンクスギビングのターキーと、夜中のトイザらス
昨日のサンクスギビング・ディで、初めて七面鳥の丸焼きローストターキー」に挑戦。と言っても袋から出してオーブンで焼くだけの、冷凍食品でしたけどf(^_^;。
(詳しくは前日のブログをご参照くださいませ。)

午後3時前にオーブンに入れた、ターキー君。さて、その焼き上がりは如何に!?
じゃーん。↓ こんな感じに焼き上がりました。
d0221584_84035.jpg

d0221584_852438.jpgちなみに焼く前はこんな感じでした。
あまり変わっていない? まあ、下準備いらずの「Oven Ready Whole Turkey」で、元々少し焼き目が付いてましたからね、f(^_^;はは。
それでも、4時間も焼いたので、表面には良い感じの焦げ目が出来ました。

サンクスギビング・ディで休日だったにもかかわらず会社に行っていた旦那さんが、新人M君を連れて午後7時前に帰宅し、初めてこのターキー君とご対面。
あまりの大きさに二人とももの凄く驚くと同時に、テンションが上がります。
12lb(約5.4kg)もありますから、それは驚きますよね。
ちなみに、サイズを計ってみたら、縦27cm x 幅24cm x 高さ16cm もありました。

さて、ここからは男手に任せて、焼き上がったターキー君をテーブルまで運んでもらい、切り分けてもらう事に。
何せ、重たいですからf(^_^;。
d0221584_862666.jpgd0221584_87549.jpg
オーブンバッグを切り開くと、さらに良い香りが立ち上りました。
けれど、まだまだ安心できません。
ターキー君の右下に刺さっているオレンジのポッチ。これは「Timer Pops Up」。肉の内部の温度を感知して適温になると、これがポンと飛び出す仕組みらしいのですが、ご覧の通り、下がったまま。
もしやまだ内部は焼けていないのでは? と不安がよぎります。
(食べ始めると、いつの間にかピンはポップアップしていました。)

旦那さんに、大きな包丁でまずは足から切り離してもらうと、
d0221584_88557.jpgd0221584_882820.jpg
おお! 皮の焼き目も良い感じ♪ なんとも美味しそうな“ターキーレッグ”ではありませんか!
ディズニーランドやユニバーサル・スタジオで食べた物よりも、むしろ大きいくらいです。
それに、火もちゃんと通っているようです。安心して、かぶりつきます。

!! 柔らかい! 

想像以上に柔らかくジューシーで臭みもなく、とっても美味しい! ひゃ〜! かんどー!!

ローストターキーに関しては、肉が固い、パサパサしている、臭みがあると聞いていたのですが、このターキー君はその全てに相反していたので驚きでした。
さらに、胸肉部分も切り分けて、オーブンバッグの底に溜まった肉汁を絡ませて食べると、これまた美味!! 
クランベリーソースを付けるのが定番と聞いていたので、そちらを付けて食べてみましたが、むしろソースが甘すぎて肉の味を消してしまうので、私たちには必要のないソースでした。

それにしてもとっても大きなターキー君。胸肉部分は特に分厚くて、肉がたくさん取れます。この大きな肉の塊を前に切り分けた旦那さんは、
「モンハン気分だね。“ウルトラ上手に焼けました♪”って感じ」
と、ご満悦。元々「ギャートルズ」の“骨付き肉”を食べたいと思ったりする人ですから、このシチュエーションはかなり彼のツボにハマったようです。
ちなみに、この出来合いのターキー君、スタッフィング(詰め物)はありませんでした。とは言え、お肉の量が半端無いのでスタッフィングまで食べる余裕は、とてもありませんでしたけどねf(^_^;。

d0221584_8101523.jpg一応付け合わせも作りました。定番と言われるマッシュポテトとゆでインゲン。それにグリーンサラダも。なんか、色味が同じになっちゃいましたf(^_^;。

マッシュポテトは、茹ですぎるくらいジャガイモを茹でてから潰したので、裏ごしをしなくてもかなりなめらかに出来ました。ほんのり温めた牛乳、バターを加え、砂糖、塩、胡椒で味を調え、隠し味にシュレッドチーズを入れたのですが気付いてもらえませんでした。

3人がかりで食べてもなかなか肉が減らず、こんな事ならもう2〜3人、招待すれば良かったと思うくらいでしたが、しっかりデザートも頂きました。
d0221584_8104071.jpgこちらも冷凍食品の「パンプキンパイ」。オーブンで30分ほど焼いて、熱々です。
「パイ」というよりは、タルト生地に硬めのパンプキンプリンが敷き詰めているような感じで、あまりカボチャの味は感じられず、シナモンの香りが強く、周りのカリカリに焼けたタルト部分が美味しかったです♪。

アメリカのパンプキンに、日本のカボチャの味や風味を求めてはいけないようですね。カボチャの味を楽しむデザートなら、日本のカボチャでカボチャプリンを作った方が良いようです。

すっかり満腹になった所で、旦那さんが
「さあ、出かけよう」
と言い出しました。そうです、ブラックフライデーが始まっているのです。
彼が行きたがったのは、午後9時開店の TOYS"R"US。午後6時頃に店の前を通った時には既に行列が出来ていたとか。

残ったターキーやマッシュポテトをしこたま密閉容器に詰めて、新人M君に持たせ(それでもまだまだターキーが余っていますf(^_^;)、3人で車に乗り込み街へ出ると、いつもならやっているスーパーマーケットや飲食店はもう閉店していて、ちょっと暗い感じ。
その暗い中、TOYS"R"US の駐車場はたくさんの車でいっぱい。しかも、店の前には行列!! 午後9時をとっくに過ぎているのに、入場制限の為に入れないお客さんが寒い中、列を作って待っているではありませんか!! 
d0221584_8131893.jpg
d0221584_8134097.jpg列はお店の角を曲がり、隣のペットショップの前まで続いていました。

これが「ブラックフライデー」なんですね! 日本なら福袋の販売を待つ行列と言った感じでしょうか。

みんな、手には「40% OFF」とか「$50 SAVE」とか書かれたチラシを持って、しっかり品定め。
行列の脇を買い物を済ませたお客さんが、アメリカンサイズの大きなショッピングカートに溢れんばかりの商品を乗せて自分の車へと歩いて行きます。
みんなこの日を待っていたんですね。
さて、その行列に並び待つことなんと、95分! 1時間35分も待ってやっと店内に入れました。こんなに待つなんて、ほ〜んと、驚きました。

しかも、店内には、壁に沿って棚を縫うように行列が出来ているんです。レジ待ち行列です。
アメリカのレジは、日本と違ってそんなにテキパキしていません。みんなマイペース。しかも一人当たりの商品点数が多いので、尚のこと時間がかかります。それでも、みんな行儀良く辛抱強く順番を待っているンです。
以前、アメリカ人は並ぶのが嫌い、と聞いていたので、その印象は180度ひっくり返りました。
まあ、並ぶのが好きな人いないのでしょうけどf(^_^;、騒ぐこともなく品良く順番を待っているんですよね。
香港だったら、絶対どこかで割り込みなどのズルが発生していると思います。国民性の違いを感じた光景でした。

帰る頃には12時近くなっていましたが、まだまだ車がたくさんやって来ます。このままオールナイト営業だったのかな? 
まだ“木曜日”だったのに「ブラックフライデー」を垣間見た夜でした。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-11-26 08:43 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2011年 11月 25日
サンクスギビング当日、朝から夕食の準備。
今日は Thanksgiving Dayサンクスギビング・ディ)で祝日です。
どんな準備をしたら良いのか解らず、この数日頭を悩ませていましたが、取り敢えず昨日、スーパーマーケットを覗いて見ました。

冷凍ワゴンには、大きな冷凍の fresh(よーするに生ですね)ターキーがゴロゴロ。大体12lb(約5.4kg)くらいはあるので、本当に大きな塊です。
しかし、以前のブログに書いた通り、そのお腹の中には内蔵やら首まで入っているらしいので、私には到底触れる代物ではありません。でも、他のお客さんは慣れた感じで2個買いする人も。
前日から解凍を始めないと当日スタッフィング、詰め物が出来ないらしいですね。

d0221584_8555372.jpgそんな塊が並ぶ中、私のような人の為にあるかのような「Oven Ready Whole Turkey」なるものを発見! 
凍ったままオーブンへ入れられるらしいので、ローストターキーの冷凍食品と言った感じでしょうか。

すぐに食べられるローストチキンなら、いつもデリカコーナーで売っていますが、さすがに大きなターキーはデリカにはなく、途方に暮れていたので後光が差して見えます。
ですが、冷凍食品と言っても「レンジでチン!」と言うほど簡単ではありません。何せ、12lbもありますから温めるだけでも大変です。
で、裏のパッケージを見ると「オーブンで3時間半〜4時間焼く」となっています。
fresh を使ったら6〜7時間は焼くそうですが、その前にスタッフィング(詰め物)も作らないといけませんから、アメリカのお母さんはホント、大変です。
それを考えれば、ただオーブンに4時間入れておけば良いだけなんて、とっても楽チンです!

こんな良いものを見つけたのですが、昨日は買いませんでした。
なぜなら、焼くまでは「keep frozen」冷凍保存しないといけないから。だって、我が家の冷凍庫、かなりいっぱいです。12lb もの塊が入るスペースなんてありませんから。

と言う訳で、今朝、改めてスーパーマーケットで買い出しです。
サンクスギビング当日の今朝は、とても静かな朝で休日のせいか車も少なく、曇り空と相まってちょっと寂しい感じさえしました。

11時頃のスーパーマーケットはまだ人出も少なく、昨日は夫婦で買い物に来ていたり、駐車場が混雑していたのに、それが嘘のよう。(でも、私が帰る頃にはお客さんがどんどん増えて来ました。)

昨日発見した「Oven Ready Whole Turkey」、ありました。ちなみにお値段は$32.99の$3.00引きで $29.99(約2,340円)。fresh が$22(約1,716円)前後ですから、少々割高ですが、目指す味付けも解らず7時間も焼いて失敗することを考えたら、これくらい安い物です。

d0221584_8563518.jpgローストターキーに欠かせないと言う、クランベリーソースも缶詰が売っていました。ジェルタイプと粒タイプがあってこれも悩み所。食べ比べの為両方を購入しました。(@$1.99 = 約155円)

付け合わせのインゲンや、ターキーを乗せて焼くためのアルミホイル製のトレイ($3.99 = 約311円)も購入。

d0221584_857574.jpgデザート用のパンプキンパイは昨日のうちに冷凍食品を買っておきました。
(クーポンを使って $4.99 = 約389円)こちらはオーブンで30分焼くだけの物。
と言う訳で ↓ こちらが我が家のサンクスギビング・ディナーの材料。
d0221584_8573530.jpg
出来合い品で揃えてもこんなに大変なのに、これらをちゃんと手作りするとなると(/ω\) 。。。
おせち料理に匹敵しますね、方向性は全然違いますけど。おせち料理は手間をかけて美しく、でもこちらの料理は重さと時間との戦い、って感じです。

と言う訳で、ウチのターキー君も夕食に向けて準備開始。
d0221584_8575912.jpgパッケージの中には、オーブンバッグに入ったターキーと、グレービーソースが入っていました。

手順通りに、オーブンバッグの上の部分に6箇所切り込みを入れ、ターキーとオーブンバッグの間に隙間を作り、アルミトレイに乗せ、ってこれが、重くて大変! トレイが壊れそう…
d0221584_8583019.jpg
そして余熱済みのオーブンに突入。

さてさて、出来上がりはいかに? 
それは次回のお楽しみ。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-11-25 09:16 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 22日
もうすぐサンクスギビングだけど。。。
今週の木曜日、24日は「Thanksgiving(サンクスギビング)」で祝日です。

日本人の私には「サンクスギビングって何?」って感じですが、どうやら日本のお正月、香港や中国の旧正月や中秋節(参照ブログはこちらで)みたいに家族や親戚が集まり、七面鳥(ローストターキー)やパンプキンパイなどのご馳走が並ぶ食卓を囲み過ごすようです。

私たち海外駐在員の家族や親戚は遠く日本にいるわけで、同じように過ごす事はなかなか難しいものがあります。
それでも、真似事はしてみようかと興味を持ってあれこれ調べてみると、思いの外その料理が大変そうであることが、徐々に解ってきました。

まず、メイン料理のローストターキーですが、調理前の丸ごとターキーは早くから冷凍ものがスーパーでたくさん並んでいるので、入手は簡単です。
が、デカイ! サイズは色々とあるようですが、得てしてどれも大きい。さらにそれが「Buy1Get1Free」って特売品になっているんです。タダでさえ大きい七面鳥、1羽を食べきる自信もないのに2羽も要りません(/ω\) 。

さらに、このターキーには内臓が付いてくるそうです。
ぎゃ〜〜〜! そんなの見たくない! 
香港で美味しく煮込まれた鶏の足でさえ目を覆ったのに、内臓だなんて! しかも、これを他の野菜などと一緒に調理してスタッフィング(ターキーの中の詰め物)にしたり、グレービーソース(食べる時に付けるソース)を作ったりすると言うではありませんか! 
そんな事実を知った今、とてもローストターキーを作る気力はありません。

では、パンプキンパイは? 缶詰のパンプキンと冷凍のパイシートを使えば簡単にできると言いますが、そもそもパイ自体作った事がないので、こちらも不安度満点。

旦那さんは、
「きっと出来上がったものが売っているから、それでいいよ」
と、言ってくれていますのでその言葉にすがろうと思うのですが、本当に出来上がったものが売っているのかどうかも解らず、今は途方に暮れているところです。

さらに、サンクスギビングは帰省ラッシュもあって、飛行機も道路も混むという事も知り、今さらサンクスギビングに出かける予定も立てられず、自宅で過ごす手立てを考えなくてはいけません。。。。

とは言え、サンクスギビングの夜中からセールを始める店舗がたくさんあるという、ブラックフライデーにはとても興味があるので、真夜中に開店するお店に買い物に行ってみたいとは思っているのですが……。
はてさて、どんな「サンクスギビング・ディ」になる事やら。

d0221584_9525890.jpg
▲こちらのスーパーのちらしでは、生のお肉ではなく、
こんな美味しそうな調理例の写真が載っています。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-11-22 10:01 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 01日
いなり寿司でゴモラに挑戦
先日、旦那さんが何やらにこやかに、ある雑誌の切り抜きを差し出しこう言いました。
「これ、作って ♪」
何かと思ったら、キャラ弁のレシピ
仮面ライダーフォーゼや、数人のウルトラマンが綺麗なおにぎりなどで作られたお弁当の写真が、数点載っていました。

そりゃぁ、食べる側にしたら、大好きなキャラクターがお弁当になっていたら、とっても楽しいだろうけれど、作る側になったらこんな面倒くさい作業は他には無い!ってくらい、手間がかかる品物。心の中では「げげっ!」と思いつつ、そこはプライドが前に立ち、
「へぇ〜、良くできてるね」
と、動揺を隠しつつ返事をしてはみたものの、この中のどのレシピを作れと言っているのかと、内心ドキドキ。
すると、比較的簡単そうな、いなり寿司を使った「ゴモラ」のお弁当を指差してるので、な〜んだ、楽勝 ♪ (旦那さん、幼少の頃よりゴモラ好き)
って思ったんですけど、実はそーでもないことを後で思い知るのでした(/ω\) 。

で、早速作ることにしたんですが、日本のスーパーなら出来合いのいなり寿司が安く売っているでしょうけれど、何せここはアメリカ。しかも我が家は日系スーパーには週1でしか行きません。
都合良く出来合いのいなり寿司が手に入るとは限らないので、油揚げを買ってきていなり寿司を作ることから始める事にしました。

油揚げをふたつに切って、油抜きして、砂糖と醤油で甘辛く煮て、ご飯に砂糖とお酢を加えて酢飯も作りました。
で、ご飯をおあげさんに詰めながら、形を作るんですけど。。。
これがなかなか難しい。ご飯は熱いしべたつくし、思うようにいかなくて、ご飯をこねこねしちゃって、もう、食べ物って感じじゃなくなっちゃう。
やっとの思いで形を作ると、次は目とツノのパーツ作り。
レシピではかまぼこを使用していましたが、このちょっとの為に$5(約¥390円)もするかまぼこを買うことは私には出来なかったので、卵の白身で代用することにしました。
お皿に白身を乗せラップして、楊子で白身もラップもつ突いて、破裂防止策をしてから電子レンジへ。それでも、あまり上手くは行かず、5本のツノが必要だったのに、3本分しか取れず。。。。

目玉の海苔も、きざみ海苔しかなかったので細くなってしまい、何とも目つきが悪い。
まあ、もともとウルトラ怪獣のゴモラは、↓こーんな感じの悪い奴だから良いか、と勝手に納得。
d0221584_13172792.jpg

で、出来たのが、こちらのゴモラ稲荷。
d0221584_13175170.jpg
決して良い出来ではありませんが、帰宅早々、ゴモラ稲荷を目にした旦那さんは子供のようにすごく喜んでくれたので、努力は報われましたけど、今回のキャラ弁(の1品だけ)を作ってみて、つくづく感じたのは、

世の中のママは本当に、偉い!!!!

愛するわが子の為とは言え、こんな大変なお弁当を手間暇かけて作ってあげるなんて、本当に頭が下がります。

そして、食材の余りがたくさん出る事にも、驚きました。
写真の奥にある訳の分からない稲荷は、ゴモラの形を作るのに切り取ったおあげさんでくるんだ酢飯。
本当なら切り取った材料でも、何か作れれば無駄がなくて良いですよね。

ちょっと味が薄くなってしまったけれど、何はともあれリクエストした本人が喜んでくれたのが何よりでした。
苦労してキャラ弁作るママも、きっと我が子の喜ぶ姿にその苦労も苦労じゃなくなるんでしょうね。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-10-01 13:32 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)