タグ:料理 ( 57 ) タグの人気記事
2014年 10月 30日
練り梅を作りました
アメリカ生活においては、売っていない、もしくは売っていたとしてもちょっとお高い日本の食品は、見様見真似で自分で作ったりしてました。
日本に帰ってきたので、もうそんなことをする事も無いかな〜と思っていましたが、今回意外にも「練り梅」を作る事になりました。

もちろん、練り梅が手に入らないからではありません。
実家の母にもらった梅干しが想像以上にしょっぱくて持て余してしまい、途方に暮れていたから。やっぱり、捨てるなんてできませんし、かと言って無理して食べるのも…、ね。

そして頼りにするには、クックパッド。
ほんと便利ですよねー、様々なレシピが出てきましたので、早速調理開始。

1時間ほど水に浸し塩抜き。更に水を変えて10分程煮込むと、ふっくら柔らかくなりました。
種を抜いて果肉を包丁で叩き、砂糖、みりんでもったりするまで煮込んで終了。

d0221584_16201178.jpg
こうして見るとまるでジャムのよう。綺麗に出来ました。(^_^)v。
でも、砂糖をケチったので、しっかり酸っぱいですけどね。


こんな感じで、これからもちょこちょこ作る事があるのかな〜? 食材を無駄にしない為にも、作れるモノは自分で作りますか。ははは σ^_^;。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
 ↓ どちらでも結構です、ぽちっと1クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。m(_ _)m。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ
by suneya-m | 2014-10-30 16:31 | | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 01日
ターキー・パーティ、その後のメニュー
先日、日本からのお客様を迎えるにあたり、季節外れのロースト・ターキーを作りました。
その時のブログはこちら

お客様はお二人でしたので、私達夫婦と4人で6kgもある七面鳥の丸焼きを頂いた訳ですが、当然食べきれるハズもなく、やっぱりかなりのターキーが残りました。

なので、どうしたかと言いますと。。。。
d0221584_13415724.jpgまずは、身と骨を分けて、身は食べやすいサイズに切り、小分けにして保存容器に。

骨は捨ててしまっても良いのですが、結構良い出汁が取れるので、お鍋に入れて残った肉汁とお水を加えて煮込みます。
1〜2時間くらいでも充分エキスが出るので、煮た後の骨は捨ててスープのみを保存容器に。ターキー・ブロスの完成(^_^)v。

その日の内にここまでやって冷凍しておけば、後は気が向いたときに料理すればOK。

今回は翌日の朝食に、冷凍しなかったターキーの身を温め直し、パンに挟んで頂きました。ターキー・サンドですね。


そして夕食にはターキー・ブロスで野菜を煮込み、ポトフを作りました。
d0221584_1342305.jpgブロスは煮詰め方次第で味の濃さが違いますので、好みに合わせて水で薄め、野菜を入れ充分煮込んだところに、温め直し程度でターキーの肉を加えます。この時、やはり余っていた塩ゆでインゲンも投入。粗挽き胡椒を降って出来上がり。


さらに、このポトフもたくさん出来ましたので、翌日は冷やご飯を入れてリゾットに。その際、お肉が減ってしまっていたので冷凍しておいたモノを追加して温め、出来上がり〜。

他にもターキーの身をほぐしてサラダに混ぜて、ターキー・サラダも良いですよね。

実はマッシュポテトも余ってしまいましたので、これには炒めた挽肉、玉葱を加えて。。。そう、コロッケに変身!

こうしてまた我が家のご馳走になるのでした(^_^)v。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-08-01 13:51 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 28日
最後のロースト・ターキー は てんこしゃんこ!
昨日、季節外れのロースト・ターキーで、日本からのお客様をおもてなししました。

日本で大変お世話になり、今もお世話になりっぱなしの S さんと M さんが、この度初めて我が家を訪ねて下さることになり、チキラーでもある S さんには是非ともターキーを味わって欲しくて、数日前からターキーを探していました。
(普通は11月のサンクスギビングに食べるご馳走なので、この季節にはさすがに取り扱っているお店は少ないのです。)

d0221584_9284446.jpgその甲斐あって、手抜き主婦の私でも上手に焼けるので毎度重宝している「Oven Ready WHOLE TURKEY」を無事ゲット。

いや〜、ほんと、これには大助かり。時間は掛かりますが、確実に美味しく頂ける七面鳥の丸焼きなので、これまで何度となくお世話になりました。(以前のブログはこちら

しかも、8月末でアメリカを去る身としては、もう食べるチャンスは無いモノと思っていましたので、これで食べ納めが出来るとにんまりしてしまいました。


d0221584_9295411.jpgさて、お客様がいらっしゃるのは午後7時。今回のターキーは 13ポンド越え(約6kg)なので、逆算すること5時間。出来たてを食べて頂きたいので、食卓に上る時間を8時と想定して、午後3時にオーブンへ。
袋から出してオーブンバッグに6箇所ほど切れ目を入れるだけ。ああ、なんて楽チンなんでしょう(^_^)v。

ところが、慣れた頃に落とし穴にハマルのはお約束。中をあまりよく確認せずに、アルミトレイに載せてそのままオーブンへ入れてしまいましたので、後で後悔することに。。。。


オーブン任せにしている間、これまたいつもの定番メニューを作ります。
d0221584_9302579.jpgd0221584_9304127.jpg
マッシュポテトと茹でインゲン。それにモッツァレラチーズとトマト、バジルのカプレーゼを作りましたが、この TRADER JOE’S のモッツァレラチーズが、美味しい上に既にスライスされているのでとっても便利でした。今回はトマトにもこだわって、同じく TRADER JOE'S のリコピンたっぷりの High Lycopene Tomatoes をチョイス。日本のモノより若干皮が固いのはアメリカではよくあることなので目をつむって、味が濃厚で美味しいトマトでした。


ホール・ターキーに付属しているグレイビーソースも温め、いざ準備完了。
遠く日本からわざわざお越し頂けるなんて、とちょっとドキドキしながら到着を待ちました。

こちらではまだまだ日が高い午後7時、お客様が到着。昨年12月に日本でお会いして以来でしたが、お変わりなく本当に嬉しい再会でした。

料理も美味しいと言ってくださりひと安心。
そして、メインのターキー登場!

d0221584_9313587.jpg大きさにも、味にも美味しいと驚いてくださり本当に胸をなで下ろしました。
が、食べ進めていくうちにやっと気付きました。

なんとこのこんがり良い色に焼けている部分は、本来は下側になるはずのお腹側! つまり、上下てんこしゃんこ(逆さま)にトレイにおいてしまっていたのです!
何と言うことでしょう。。。(;´Д`)。味に変わりは無かったので問題はありませんが、最後にして単純ミス。我ながら詰めの甘さを実感しました。

d0221584_9321742.jpg
最後はこれまた TRADER JOE’S のチーズケーキ。4種類のチーズケーキが入ったアソートで、これも美味しかったですよ。



お客様とのおしゃべりは本当に楽しくて、「ここはL.A.だよね?」と S さんが何度も確認するくらい、日本の話を夜中までたくさんしましたが、まだまだ尽きないくらいでした。

日本への帰国は嬉しくもあり不安でもあり、だったので、これで不安要素がだいぶ減りました。さあ、荷作りを本格化しなくては!



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-07-28 09:44 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(1)
2014年 06月 08日
手作り佃煮海苔
以前のブログ「手作り水羊羹」でも書きましたが、私が住んでいる地区はアメリカにいるにもかかわらず、近くに日系スーパーもありますし、本当に便利な土地柄で助かっています。

そんなわけで、折角頂いた日本の食材をちょっともてあましてしまうという、罰当たりなこともありまして。。。f(^_^;。

それが、焼き海苔。
一時帰国した際、やはり母が持たせくれたのですが、子供のいない我が家ではお弁当を作るわけでもなく、海苔巻きやおにぎりも滅多に作りませんので、大判の焼き海苔は今ひとつ使い道が少なく、気がつけば、乾燥しているカリフォルニアでも、海苔が湿気ってしまい風味が。。。。ああ、本当にごめんなさい。

だからと言って捨てるなんて、もってのほか。でもって、クックパッドでレシピを検索したら、焼き海苔から佃煮海苔が作れると知って、早速取りかかりました。

と言っても、ちょー簡単レシピ。
鍋にだし汁、醤油、砂糖、酒、みりんを入れて煮立たせ、ちぎった焼き海苔を加え、ひたすらに詰めるだけ。
手抜き主婦には嬉しい限りです(^_^)v。
あっと言う間に小瓶いっぱいの佃煮海苔、完成。

d0221584_712835.jpg市販のモノだとちょっとしょっぱく感じていたので、醤油を少なめにしたら、ばっちり。
旦那さんも喜んで食べてくれました。
これなら、湿気ってしまった海苔も美味しくいただけて、大助かりです。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-06-08 07:03 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 22日
手作り水羊羹
日本の食材が比較的入手しやすい、ロサンゼルス市近郊に住んでいますが、やはりそれらは少々お高かったり、種類が少なかったり、日本のようにはいきません。
なので、一時帰国の際に頂いたりした日本の食材は結構貴重なので、ちまちまと使っているのですが、その中のひとつに、母からもらった北海道産の小豆があります。

d0221584_614690.jpg先日、この小豆を使って水羊羹を作りました。

暑い夏の日には冷たく冷やして頂けば、気分だけでも日本の風情に浸れる。。。。って思いましたが、ここ数日 L.A.は先週の39℃にもなった猛暑日が嘘のように気温が下がり、25℃以下とすっかり涼しく、若干時期はずれな感じになってしまいましたf(^_^;。



まずはあんこ作りから。
と言っても、いつもながらのいい加減な自己流f(^_^;。

まずは小豆を水に浸して柔らかくして。。。と思ったら黒豆じゃないからそんな必要もなかったみたいf(^_^;。とにかく、ひたひたの水で小豆が柔らかくなるまで、途中何度も水を足しながら煮ます。
私は休み休み作ったので、小豆が柔らかくなるまで二日もかかってしまいましたf(^_^;。

柔らかくなったら、そのままブレンダーでガーーーーッ! と皮ごと潰しちゃいました。
いやー、我ながら大雑把です(笑)。
かなりねっとりしていたので、途中ブレンダーが回らなくなっちゃった(笑)。そんな時は水を足しつつf(^_^;。

お鍋に移して、味見しながら砂糖をドサドサ加え、好きな固さになるまで煮詰め、最後にちょびっと塩を足して、まずは「なんちゃってこし餡」の出来上がり。

続いて、粉寒天を分量のお湯で溶き煮立たせると、そこへ「なんちゃってこし餡」をまずは半分入れて溶かします。まだまだ緩かったので、少しずつ様子を見ながら「なんちゃってこし餡」を投入、結局のところ全部入れちゃいました。

d0221584_615267.jpgそして、容器に流し込み、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。
今回は四角いシリコン容器を使用。

さて、冷えたところで、いざ切り分けようと思って、はたと気付きます。このままでは包丁は入れられない。。。(;゚Д゚i|!)。

d0221584_6153491.jpgですが、逆もまた真なり。
シリコン容器だからこそ、容易に取り出すことができました。
まな板シートを載せてひっくり返せば、この通り。この状態でカットして、今度はシリコン容器を被せてひっくり返せば、はい、元通り。


と言う訳で、なんちゃって水羊羹が出来上がりました。

自分で作ると甘さを調整できるから良いですよね。甘さ控え目で旦那さんにも喜ばれました。(^_^)v。
ですが、如何せん、餡を裏ごしして無いので舌触りがイマイチ、いえ、イマサンくらい。旦那さんにも指摘されました。やっぱり手抜きをするとばれるものですねf(^_^;。





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-22 06:29 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 22日
パン粉の英訳は「PANKO」
L.A.生活も丸3年。そろそろ驚くことも少なくなったと感じる今日この頃ですが、今日の買い物でちょっとした発見がありました。

私の住む街は、アジア系もメキシコ系も多く住む地域なので、ローカルスーパーのアジアンコーナーには、醤油お米も並んでいます。もちろん和食も中華もへたすればベトナム系の調味料も、み〜んな一緒くた。
メキシコ系の物なら、トルティーヤもパン並みに種類がいっぱい取り揃えてあります。


d0221584_826027.jpgそんな中、見つけたのがこちら、
PANKO

そう、「パン粉」です。


以前香港で、近所に日本食材なんて売っていなかった九龍に住んでいたときは、海老フライ用の「パン粉」を買うため、まずは辞書で英語名「bread crumbs」を調べてから、スーパーの店員さんに尋ね、およそ日本のパン粉とは違う、まるで細かいあられのようなものを渡され、なんとも不思議な海老フライを作った事があります。

こちら、L.A.に来てからは日系スーパーに週1で買い物に行けますから、なんら不自由は無いのですが、ほどなくしてローカルスーパーのアジアンコーナーに「PANKO」を発見。これと並んで天ぷら粉や唐揚げ粉もありました。これらは日本のメーカーの商品でしたので、さほど驚かなかったのですが、今日見つけたのはアジアンコーナーではなく、しかもアメリカ・クラフト社の商品だったので、へぇ〜と、なったわけです。(って、大袈裟に言ってますが、私が気付いたのが遅かっただけで、結構前からあったんだと思いますf(^_^;。)


d0221584_8283112.jpg
▲こちらの PROGRESSO は、なんと
イタリア系の食品メーカーでした。オドロキ〜。


他にも以前ご紹介した、お豆腐(http://suneya02.exblog.jp/18391662/)やポン酢(http://suneya02.exblog.jp/15284630/)も、すっかりローカライズされていますから、日本食はアメリカの家庭にも浸透しているようです。もっと広がれ、日本食(^_^)v♪。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-03-22 08:39 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 28日
季節外れのクリスマス・パーティ
先週の日曜日、久しぶりに日本からお客様がいらしゃったので、何かアメリカらしいものをと考えた末、クリスマスの定番、「スパイラル・ハム」をお出しすることにしました。

日本からのお客様を驚かすには、12ポンド(5.4 kg)以上はある大きな「ロースト・ターキー」が一番だと思っているのですが、今回のお客様たちはほぼ全員が「ロースト・ターキー」は体験済み(サンクスギビング・パーティのブログはこちら。なので、次に思いついたのがクリスマスの定番「スパイラル・ハム」。しかも昨年のクリスマスは旅行に行っていてパーティをしなかったので、ちょうど良いと言う事になりました。(一昨年のクリスマス・パーティのブログはこちら

d0221584_6222398.jpgそれにしてもこのハム、日本のハムと違って、とにかくでかい。10ポンド(4.5 kg)くらいあって、中心には太い骨まである、笑っちゃうほど大きい骨付きハムなんです。
クリスマス・シーズンになると、ローカルのスーパーではこの巨大骨付きハムが精肉売り場に山積みとなるのですが、さすがにもう2月、季節外れも良いところなので、今の精肉売り場で見かけることはありません。ちなみにターキーも同様です。(ハム売り場の様子はこちらでどうぞ→ブログはこちら
ですが、Vons の冷凍コーナーにコチンコチンに固まった冷凍スパイラル・ハムSpiral Sliced Hickory Smoked Half Ham」を見つける事ができました。

見た目も重さも、ほぼ岩。うっかり足の上にでも落としたら骨折しそうです。今回購入したハムは9.52ポンド(4.3 kg)$28.46(約2,900円※)。これを前の日から解凍します。っていうか、冷凍庫にはもちろん冷蔵庫にも入らないので、必然的にテーブルの上に放置=解凍ってことになりました(笑)。(オーブンで温めるのですが、もしかしたら解凍は不要かも知れません。)

d0221584_6232075.jpg翌日になって表面は幾分柔らかくなりましたが、真ん中までは解凍し切れていない様子。ですがそのまま、1カップの水を入れアルミホイルで覆い、華氏325℉(摂氏160℃)で予熱したオーブンへ投入。約2時間半、オーブン任せ。
なにせ手抜き主婦ですから、そうそう手の込んだ料理なんてお出しできませんの。f(^_^;おほほほ。


それでも、出来上がるまでの時間で付け合わせを作ります。これまた定番のマッシュポテト。コールスローと、トマト・バジル・モッツァレラのカプレーゼを作りました。(←どれもちょー簡単メニューf(^_^;。)
d0221584_625743.jpgちなみにバジルは、スーパーで根っこ付きで売っていました。小さなポリポットに入っていて、水を張った受け皿に入れておけばOKの、これまたお手軽栽培キットみたいな感じ。使う分だけ摘んだらあとはまた葉が出て来ますから、$2.99(約305円※)はかなりお得ですね。
▲十数枚摘みましたが、まだまだこんなにたくさん葉があります。


d0221584_6255470.jpgd0221584_6262366.jpg
そして午後7時、日本からのお客様が到着。
まずはオードブル、なーんて気取るほどのモノぢゃありませんf(^_^;。
普段私のおやつにもなるトルティーヤ・チップスの「TOSTITOS」の SCOOP タイプで、それぞれディップを付けて召し上がって頂きましたが、意外にもスプレー・チーズの「EASY CHEESE」が大好評。スプレーのホイップクリームと同じ要領で、チェダー・チーズがうにょ〜って出てくる様も楽しいし、美味しいと引っ張りだこでした。
そして、立派に見えるこれらのお皿やカラトリー、実は Party City で買ったプラスチック製品。使い終わったら捨ててしまっても惜しくないモノなんです。こういう便利グッズがたくさんあるので、Party City は楽しいですね〜。ちなみに、けちんぼな私は捨てずに洗いましたf(^_^;。

d0221584_6271647.jpgそしてメインへ。華氏425℉(摂氏218℃)で10分ほど焼き目を付けてオーブンから取り出した岩石のようなスパイラル・ハムに、総勢7名で挑みました。
d0221584_6273596.jpgd0221584_628769.jpg
案の定、皆さん見たことが無かったようで、その大きさにまずは驚いてくださり、食べて美味しいとおっしゃってくださいました。

d0221584_628234.jpgほどよく肉汁も出ていて、真ん中の骨を中心にその名の通りスパイラル(螺旋状)にカットされていますから、ターキーほど取り分けるのも難しくなく、味もほどよい塩気で脂っこくないのも良いですね。ハニーマスタードも合うようですが、今回はシンプルに粒マスタードで頂きました。


d0221584_6302735.jpgそしてだめ押し。アメリカらしいデザート、ということで、旦那さん曰く『どどめ色』のカップケーキをご用意しました〜(^_^)v。

日本人なら絶対に選ばない青やどどめ色(黒紫色)の、なんとも食欲を削ぐ色のカップケーキたち。アメリカらしいでしょ?(笑)。
さらに、日本人ならその色に見合った味を想像しますが。。。。。結論、味はみんな一緒。色による味の違いはありません。だけど、想像したほど甘く無いな〜と思っていたら、旦那さんが
「充分甘すぎるよ」
むむむ、やっぱり私の味覚はアメリカナイズされてしまっているようです。。。ヤバイ(;´Д`)。


と言う訳で、日本の皆さんにアメリカのびっくり料理を楽しんで頂きました。
あ、言っておきますが、いつも食べている訳じゃありませんよ。普段はほぼ和食で、カップケーキなんていつもは売り場で眺めて笑っているだけ。今回初めて購入したくらいですから。

さて、次はどんな料理をお出したら驚いてくれるかしらん? 
あれ? おもてなしの主旨、間違ってる?


※$1=102円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-02-28 06:44 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 24日
1週間前倒しの、ターキー・パーティ。
来週木曜日、28日は Thanksgiving Dayサンクスギビング・ディ)です。
昨年は、日本からのお客様も含め7人のゲストをお迎えして、ざっくばらんなターキー・パーティをして(その時のブログはこちらなかなか好評を頂いたので、今年も! と思っていたら、まさかの日本への一時帰国が決定。

と言う事で、今年は約1週間前倒しして、昨日 22日(金)の夜にターキー・パーティを開催しました。
今年の参加者は、旦那さんの会社の独身者たち6名。家族で集まることの多いホリデーシーズン、遠く日本を離れたアメリカで頑張っている彼らに、家庭料理の雰囲気を少しでも味わってもらえたら嬉しいです。

d0221584_5325365.jpgと偉そうな事を言うけれど、所詮私は手抜き主婦。ご大層な手料理なんて振る舞えませんので、今年もこちらの調理済み冷凍ターキー「Oven Ready WHOLE TURKEY」、12ポンド(約5.3kg。充分大きいのですが、売り場にはもっと大きなモノがゴロゴロしています、$29.99(約2,990円※)を購入してきました。

昨年よりも早かったせいなのか品揃えを変えたのか、昨年買った Albertsons では見つけられず、VONS で調達出来た時はホッと胸をなで下ろしました。普通の冷凍ターキーをブライン液に漬けて前の晩から解凍する、なんてやっぱり私にはまだリスクが大きすぎます。あ、事前にチキンで練習しておけばよかったのか。。。時既に遅し。。。

とにかく、これならオーブンで4時間焼くだけだし、グレービーソースも付いているし、味もわかっているから安心なのですf(^_^;。

d0221584_5335633.jpgと言う事で、その他の今年のお買い物はこちら。アルミトレーにドレッシングとチキンブロス、クランベリーソースの缶詰と、去年とあまり変わりませんf(^_^;。

d0221584_5342363.jpgそして直径 26cm もある大きなパンプキンパイを VONS で購入しました。($5.99=約599円※)
隣のコンデジは大きさを比較する為なんですが、役に立ってない?


では、いざ準備に取りかかりましょう。

d0221584_5353015.jpgまずはオーブンを華氏375度(190℃)に予熱して、その間にターキーを袋から取り出し、オーブンバッグに穴を6箇所開けます。
オーブンが温まった所でターキー君をオーブンへ。後はよろしく!
▲この状態ではなんだか解りませんねf(^_^;。とにかく大きくて重いです。

さて、焼き上がるまでに付け合わせを作りましょう。
やはり外せないのがマッシュポテト。ジャガイモの皮を剥いて厚めの輪切りにして、ひたひたのお水を加えて、じっくり茹でます。
柔らか〜くなった所で、お湯を捨てマッシュ。バター、ガーリックソルト、胡椒、牛乳を加えて滑らかになるまでよく混ぜます。柔らか〜く茹でておくと裏ごししなくても、かなり滑らかになりますよ。

そして塩ゆでインゲンと、コールスロー。

さらにこれを忘れてはいけません。スタッフィング。でも、ターキーの中に詰めないタイプなのでドレッシングと言います。たっぷりの溶かしバターの海で粗みじんの玉葱とセロリを炒め、今年はレーズンも加えてみました。そして、ドレッシングの中身(クルトンのようなサイコロ状のカリカリパン)を投入、チキンブロスを加えて好み固さに調整。

d0221584_5362935.jpgしっかり混ざったところで、キャセロールに移し蓋をして、オーブンの下の段へ。上の段ではターキーが調理中ですから、下の引き出しのような方へ。
アメリカのオーブンって、本当にバカデカイのでこういう時は大活躍です。言い換えればこういう事が無いと、なかなか本領を発揮することがないオーブンですf(^_^;。

d0221584_5371359.jpg
▲蓋をして45分、蓋を取って15分。焼き目を付けて出来上がり。



後はテーブルセッティングをしてお客さんをお待ちします。
まずはひと組目到着、先に飲み物で乾杯、二組目到着ドレッシングなどの付け合わせを頂き、そして三組目到着で勢揃い。全員でシャンパンで乾杯した後、ようやく本日の主役、オーブンで4時間焼いてこんがり良い色になり、肉汁もたっぷりになったターキー君の登場で〜す!
Ta-da! じゃーん!
d0221584_538121.jpg
チキンの3倍(?)の大きさに驚いてくれました。
そしてやっぱり、写真を撮ります(^o^)。
d0221584_5382994.jpg旦那さんが包丁で粗くカットした後は、各自トングを使ってむしり取って頂きました。はは(笑)、きちんと切り分けなくて、スミマセンf(^_^;。

そしてやはり、想像よりもジューシーだと喜んでくれました。やっぱりターキーはパサパサ、と言うイメージがあるんですね。

d0221584_539987.jpgd0221584_5392583.jpg
食事と話に夢中になって、危うくデザートのパンプキンパイをオーブンに入れ損ねる所でした。
冷やしても良いらしいですが、30分ほどオーブンで温めてから頂きました。
もちろんバニラアイスとホイップクリームをたっぷり載せて♪ これぞアメリカ流(またの名をデブ一直線)。
今年初参加の唯一の女子は、このホイップクリームがかなり気に入ったようで、全員のパイにぶしゅ〜とクリームを載せてあげていました。でも、ご自分のには載せないんです。さすがお若い女性。ダイエット中なのかしらん?

d0221584_540207.jpg
▲ホイップクリームたっぷりの私のパンプキンパイ。この後アイスクリームを載せたのは言う間でもありませんf(^_^;。


そして更に話に花が咲き、夜遅くまで楽しい時間を過ごしたのでした。


★追記★
今年も残った食材は皆さんにお持ち帰り頂きましたが、それでも残るのがターキーの骨。今年は身もまだまだ付いている感じ。
そこで、この骨をお鍋でひたひたの水と一緒に煮込みました。
夜遅かったので大した時間煮ることは出来ませんでしたが、火は消したもののそのまま鍋の中で一晩放置。
翌日また火を入れてから骨や崩れた身を綺麗に取り除くと、ターキーブロスの完成 ♪ このままスープとしても美味しいですが、色々な料理にも使えるそうです。ターキー君の正に骨の髄までしゃぶり尽くしたパーティーでした。
ちなみに、骨に張り付くように付いていたお肉はほろほろと崩れて美味しそうに見えましたが、すっかりダシが抜けて風味なし。惜しみなく骨と一緒に捨てる事ができました(^_^)v。



※$1=100円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-11-24 05:56 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 23日
自宅で HOLLYWOOD'S ORIGINAL ホット・ドッグ
これまで色々なオタクイベントへ行く度に見かけていた、ホット・ドッグ売り。それは有名なニューヨークスタイルとはちょっと違う、こんなホット・ドッグです。

d0221584_1151240.jpg←初めて見たのはロサンゼルス・コンベンション・センターの前。と、思い込んでいましたが、実はハリウッドのハイランド前の歩道でした。いずれにしても、買い物カートよりも小さいカートにカセットコンロのようなものを載せその上に鉄板を置き、ベーコンを巻いたソーセージと玉葱やピーマンなどを美味しそうな匂いと音をさせて焼いていました。

さらにその低い独特の呼び声「HOTDOGS! HOTDOGS! HOTDOGS! HOTDOGS!」が、あまりに早口で私達夫婦には「ハドハドハドハド」と聞こえ、最初はホット・ドッグを売っているとは気がつきませんでした。

d0221584_115369.jpgd0221584_1155543.jpg
▲パサデナ・コンベンション・センターの前にある、ショッピングモールのワゴン。

d0221584_1171761.jpgd0221584_1173522.jpg
▲サン・ノゼ・コンベンション・センターの前で、タコスと一緒に売っていたワゴン。


初めて食べたのは、パサデナ(Pasadena)のワゴンのモノでしたが、旦那さんと二人、その美味しさにすっかり魅了されてしまいました。
なにせ、このワゴンに書いてあるメニューには、このベーコン巻きソーセージのホット・ドッグはロサンゼルスで一番人気だと書かれていました。私は今でもここのが一番美味しいと思っています。

I ate Hot Dogs at front of the Pasadena Convention Center with my husband. It's very good! We love them.

ですが、売っているのを見かけたのは、ハリウッドや上記の写真のようにロサンゼルス・コンベンション・センターなどに売りに来るワゴンばかりなので、自宅の近くでは全く見かけません。まあ、ウチは決して都会ではありませんしf(^_^;。

と言う事で、先週末、家で作ってみました。

I tried to cook Hollywood Original Hot Dogs last Sunday.


まずは材料調達から。
ホットドッグ用の太いソーセージは、普通のスーパーで様々な種類のものが売られています。
そんな中、唯一見つけたのがこちら。

d0221584_1185956.jpg「HOFFY Bacon Wrapped Hot Dogs HOLLYWOOD'S ORIGINAL」
(5本入り$5.79=約562円※)
すでにベーコンが巻いてあります。べんりー。

だけど、ネーミングにちょっと疑問が。確かに初めて売っているのを見たのは、ハリウッドでしたが、売っていたのは明らかにラティーノ、メキシコ系の方々。しかもサン・ノゼで見たワゴンには思いっきり「MEXICANOS」の文字。元を正したらメキシコ・オリジナルなんじゃないかと思います。まあ、ラティーノがたくさんいるカリフォルニアなので、メキシコ・スタイルじゃ目立たないのかな? きっと最初に売ったのがハリウッドなのでしょう。

I found Bacon Wrapped sausage. It's a "HOFFY Bacon Wrapped Hot Dogs HOLLYWOOD'S ORIGINAL".

d0221584_11105967.jpgd0221584_11111769.jpg
とにかく、
ピーマンやパプリカは無かったけど、スライスした玉葱と一緒に焼いて、従来のホットドッグ用のパンよりちょっと大きいサンフランシスコ・スタイルのパン(6個入り$3.49=約339円)に挟んで、かなり大きいハリウッド・スタイルのホットドッグの出来上がり〜♪

I cooked the sausages with slice of onion and served in the San Francisco style long bread rolls.

d0221584_11115843.jpg玉葱をもっと、くったくたになるまで炒めても良かったかも。でも、手前味噌ながら、なかなか美味しく出来ました(^_^)v。
簡単だし、これならちょくちょく作っちゃうかも。

It's so good! :D. I'll cook again.



※$1=97円で計算



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-08-23 11:30 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 28日
炊飯器チーズケーキで Happy Birthday!
昨日は旦那さんの誕生日でした。なので、本来なら昨日チーズケーキを焼こうと思っていたんですが、なんと友達のSさんも旦那さんと同じ誕生日!(年は違いますけどf(^_^;)そんでもって、彼が自宅でバースディパーティーをするというので、そちらへお招きされて来ました。なので、旦那さん用のチーズケーキは一日遅れとなりました。

昨年もケーキ作りに挑戦したのですが、大抵においてお菓子作りは失敗する私。それでも不格好ながら、何とかケーキを焼きました。しかも炊飯器で。
(去年の初挑戦炊飯器チーズケーキのブログはこちら

そして今年もまたもや炊飯器でのチーズケーキ作りに挑戦。
今年はこちらのレシピを参考にしました。
http://cookpad.com/recipe/859147

昨年はあまりにも「簡単レシピ」にこだわり過ぎましたので、今年は少しは手間を掛けねばと、一応卵白を泡立てたりしましたが、やっぱり基本は「簡単レシピ」ですf(^_^;。
しかも、今年は身近にある材料で出来るものをと、探して上記のレシピにたどり着きました。

材料を量って、卵白を泡立てて(久しぶりにやったから手が釣りそうでしたf(^_^;)、粉をふるって、混ぜて、炊飯器へどろ〜と流し込んでいるところへ旦那さんがひょっこり顔を出して、
「何を作っているのかな?」
「誕生日だから、チーズケーキよ」
「え? それって鬼門じゃないの?」
なんて、失礼な。確かにお菓子作りは得意じゃないけど、去年は美味しいって言って食べたじゃない。

と言う事で、めげずに、スイッチオン。
炊きあがりのお知らせ音で、蓋を開けてみるとまだちょっと半生っぽかったので、もう一度スイッチオン。で、そのままお買い物へ。
炊飯器だと放って置けるので、便利ですよね〜。

買い物を済ませて、帰宅すると既に炊きあがりから1時間も保温状態に。ちょっとヤバイかな〜と焦りましたが、取り出してみると、なかなかの焼き色と良い香りにホッと一安心。
少し冷まして、夕食後に頂きました。

d0221584_15232914.jpg
少々気泡が目立ちますが、表面もちょっと固めになりましたが、お味はなかなか。旦那さんも美味しいと食べてくれました。

それにしても、ケーキ作りって難しいですね。
日本の小振りで綺麗で美味しいケーキが、ちょ〜懐かしいです。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-01-28 15:29 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)