2018年 09月 19日
手作りフォーマルバッグ
今回は、結婚式に出席するためになんとか揃えた洋服に合わせる、バッグのお話。
(前回のブログはこちら

フォーマルなバッグって意外と色も形も限られていて、今回の洋服に合う色のモノは見つける事が出来ませんでした。
なにせ、洋服を緑にしちゃったのでf(^_^;。
と言う事で、巾着っぽくても良いかもと思って、自分で作ることにしました。


まずは布地選び。
d0221584_11281333.jpg
本当はサテンのように光沢があるものが良かったのですが、緑が鮮やかすぎたのでこちらのコットンにしました。
水色っぽい布地は裏地用。
大きめの口金を購入したのは、iPad やお財布も入れたかったから。ほら、クロークって貴重品は NGでしょ? なのでこの際どっちも入るサイズにしました。

口金に付いている作り方や型紙を参考に、少々アレンジ。
d0221584_11281314.jpg
裏地は型紙通りのサイズですが、表地を倍の長さにカット。そして、ミシンが無いのでチマチマ手縫い。

裏地のサイズに合わせて、表地に通した糸を引っ張り縮ませます。
d0221584_11281481.jpg
底に当たる部分にも糸を通して引っ張ると、同じくギャザーが出来ます。
そして裏地と合体。

口金を取り付けると、元のデザインよりもずっとギャザーがたくさん出来ました。
d0221584_11281409.jpg
こうするとちょっとフォーマルっぽく見えるでしょ?f(^_^;

だけど、まだちょっとさみしいので余った布を、細長く縫い、糸を引いてギャザーを寄せて花を3つほど作りました。そのまま縫い付けても良いのですが、安全ピンを付けてブローチ風にして、好きな場所に付け替えられるようにしました。
d0221584_11281463.jpg

この後、横幅が気になったので底の糸をもう少し引っ張ってギャザーを強めにして、横幅を狭めました。そうして完成したのは結婚式の前日。意外とギリギリでしたf(^_^;。
急いで縫ったので指先が痛い〜〜〜f(^_^;。

お陰で初々しい二人を祝福することが出来ました。
着慣れない気取った服を着ると緊張しますけど、素敵な挙式と披露宴でした。
無事にお祝いできてホント、良かった(^_^)v。

今後また出番があるか解らないけど、次はもう少し痩せてもっと綺麗に着こなしたいと思います、、、けど、やっぱり無理かな?f(^_^;。





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-09-19 11:35 | 生活 | Comments(0)
2018年 05月 11日
ジーンズでバッグ
今年のゴールデンウィークはお天気も良かったけど、旦那さんがめっちゃ仕事漬けだったのでどこへも行かずにほぼ引きこもってました。ま、旦那さんを置いて一人で出かけても良かったんだけど、先月ドバイ旅行してますからね〜f(^_^;。(その時のブログはこちら

なので、ほぼゲーム三昧の日々だったんですけど、それぢゃいくら何でもイケナイと思って、ちょっとだけ創作活動。

何という事は無い、履き古したジーンズを捨てるに捨てられなかったので、バッグにリメイクしてみました。
d0221584_13560465.jpg
ベルトの部分とか結構凝ったデザインのジーンズで、お気に入りだったんです。
d0221584_13560480.jpg
まずは脚の部分の内側を縫い目に沿って切断。
さらに、腰回りと脚の部分を切断。

脚の前身頃部分を繋げてショルダーを作成。

脚の後ろ身頃の一部を使って、バッグの底面を作成。

これを腰回りに縫い付けて、ってもの凄くスムーズに行っているように書いてますけど、ミシンと相性が悪いので全行程手縫いなので、地味〜な作業です。
デニムって生地が厚くて硬いから指先が痛くなりましたけど、時間だけはあるのでひたすらチマチマ縫いまくり。
d0221584_13561014.jpg
さらに内側、裏地というか内袋を余っていたミニオン柄の布地で作成。
ポケットまで付けちゃいました。

これを裏返してバッグに縫い付けます。
d0221584_13565560.jpg
そして、ファスナーを縫い付けて、これが一番厄介だったかな。
d0221584_13565957.jpg
何しろやったことがほとんど無かったので、キチンと左右対称にしないとファスナーの滑りが悪いったらありゃしない。端の始末もよくわからなかったので自己流です。
もう少し最後の部分に余裕を持たせたら良かったと、若干後悔するものの、縫い直しはちょー面倒なので却下。
あ、縫い目はあまり見ないでね〜f(^_^;。

細かい事ですが、リングも取り付けました。
これは、家の鍵を引っかけたり、suicaのケースを引っかけたりと、何かとバッグの中で迷子になりやすい子を救済するため。
内袋に仕切りを作っても良かったンだけど、それだと使い勝手が制約されちゃうかな〜と思ったのと、内袋を完成させた後で思いついたので直すのが面倒だったからですf(^_^;。

と言うわけで、ちゃっかりミニオンのリフレクターも付けて、ジーンズバッグ完成〜。
d0221584_13570101.jpg
多少形がイビツなのはご愛敬で許してね。行き当たりばったりで作ってますからf(^_^;。


リフレクターと言えば、先日雨降る夜に車の運転をして思ったんですけど、歩行者がとにかく見えない!
なので、バッグや靴、服などどこかに必ずリフレクターを付ける、って義務化しちゃえばいいのに。もしくは、衣料を製作するメーカーは必ずどこかにリフレクターもしくはそれに準ずる素材を使用しないとイケナイとか、って法律良くないですか? と思ったので文字にしてみました。

横断歩道で靴に二本光るラインが入ってた人、颯爽と歩いていてカッコ良かったわ〜。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-05-11 14:02 | 趣味 | Comments(0)
2017年 11月 26日
デニムシャツでリメイク・バッグ
先日はサンクスギビング・ディでしたが、日本に帰って早3年。もはやそんなアメリカの風習なんて全く関係無い、と思っていたら、まさかブラック・フライデーのほうが、日本に根付こうとしているとは思いもしませんでした。

テレビCMに促されるように、バーゲンに出かけてはみましたが、残念ながらお買い得品をゲットすることはおろか、人の多さに打ちのめされて帰って来るのがオチでしたf(^_^;。


d0221584_16382874.jpg
さて、そんなこととはまるで関係無く、着られなくなったデニムのシャツを、思い出があるシャツなので捨てるのが忍びなくて、バッグにリメイクしてみました。


まずは袖を解体。縫い目をほどいて分離させます。
d0221584_16383682.jpg
同様に前身頃も分離。
肩の部分は切り離します。
d0221584_16383777.jpg
後ろ身頃を中表にして、両端を上数センチを残して縫い、肩の部分も縫い合わせます。
d0221584_16383873.jpg
ひっくり返すとこんな感じ。
d0221584_16395979.jpg

前身頃の飾り紐を外し、裾から少し端布を切り出します。
d0221584_16395900.jpg
襟の部分の切れ端を整え、切り出した端布で、Dカンを縫い付けます。
d0221584_16400051.jpg
前身頃から取った飾り紐はナスカンに結びつけ、
d0221584_16410191.jpg
Dカンに取り付ければ、あら、不思議(笑)。ショルダーバッグの出来上がり〜。
d0221584_16410193.jpg

って、言う程素早くは出来ませんでしたが、チマチマ手縫いで暇に任せて作りました。


行き当たりバッタリで作っているので、多少歪んでいたりするんですが、まあそこはご愛敬。


大好きなミニオンのバッジを付けて、完成〜〜。
d0221584_16410211.jpg
大きめのお財布とiPadを入れたらもういっぱいなので、あまり実用性はありませんが、近所のちょっとしたお出かけには重宝しそうです(^_^)v。



ちなみに今日行ったヨークマートでさすがにターキーはありませんでしたが、丸鶏を見つける事ができましたので、遅くなりましたが、今夜はサンクスギビングの真似事でもしようかと思います。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-11-26 16:45 | 趣味 | Comments(0)
2014年 06月 28日
自作ショットグラス用ショーケースの続き 
d0221584_6434387.jpgこれまで出かけた先で買い集めてきたショットグラス。いつの間にか結構な数溜まってきたとき、自作したのがこちらのショーケースです。
これまでのアメリカ暮らしで更に増え、今では4つになりました。
(その時のブログはこちら

d0221584_64637100.jpgこれはこれで結構気に入っていたのですが、先日旦那さんと行ったホビーショップ、というよりはクラフトショップの Michaels でステイン塗料「Wood Stain」($12.99=約1,325円※)を見つけ、色を変えてみようと思い立ちました。

ステイン塗料を初めて使いましたが、これって便利ですね。
初心者には特に手軽で楽チンな塗料です。ペンキと違って木材に染みこんで色を付ける塗料なので、刷毛の跡も残りませんし、ガラスにはみ出しても拭き取ることが出来ます。それに乾くのも早いンです。

d0221584_6502979.jpgということで、まずは表面に刷毛代わりの絵筆で塗りつけます。1時間くらいで乾いたので、2度目を塗ります。
d0221584_6512013.jpgこのステイン塗料、便利な点がもうひとつ。それがこの先端。まるでボンドのようにぷにゅ〜と塗料が出ますので、直に塗って筆で伸ばすことが出来て、これまた便利〜。
しゃかしゃか塗れて結構楽し〜い。

d0221584_652111.jpgおもてを塗り終えたところで、内側も同じように二度塗りしました。

これで完成〜。と思いましたが、実はこの塗料、ちょっとこすっただけで色移りの可能性があります。なので、表面を保護するためにニスもしくは保護材を塗った方が良いようです。

しかも表面を滑らかにしようとサンドペーパーを掛けようとしたら、意外と塗装が薄くなるので、塗料を塗る前にサンドペーパーを掛けておけば良かったと、少々後悔。次はまずサンドペーパー掛けから始めた方が良さそうです。

d0221584_652577.jpgニスは残念ながら手元に無いので、旦那さんが使っているイラスト用じゃなくて模型用のトップコートを、ま、同じようなものでしょ? と、ちゃんとガラスをマスキングして、これをスプレー。
取り敢えずはこれで完成〜〜〜。

d0221584_65434.jpg思った以上に趣が出ました。(^_^)v。

ケースはあと3つもあるけどステイン塗料、足りるかな?



■Michaels
www.michaels.com

※$1=102円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-06-28 07:22 | アメリカ生活 | Comments(0)
2012年 08月 04日
Shadow Box でオリジナルのショーケース造り
先日、旦那さんが趣味の材料を購入するために訪れた Michaels(マイケルズ)は、日本の「ユザワヤ」のようなお店。ビーズや毛糸などの手芸用品から絵画、木工、料理の道具など色々な道具と材料が売られています。

d0221584_717949.jpgそこで、私はすっかり増えたショットグラスを飾るためのショーケースを作ろうと、材料を探しました。


見つけたのは、これらの材料。
d0221584_7115361.jpg右から、
A) Shadow Box(シャドーボックス)と呼ばれる小物を陳列するためのケース。11 x 14 インチ(27.9cm x 35.5cm)で$9.99(約800円)。既にガラスをはめた扉が付いているので、自分で作らなくて済むとっても有り難い品。
B) 11インチにカットされた薄い板(4枚入り/$1.99=約160円)。
C) 接着剤$2.99(約240円)。
D) 写真下、横たわっているのは、3/16 x 1/4 インチ(4.7mm x 6mm)の細い角材(79セント=約63円)。


d0221584_7125590.jpgd0221584_7131794.jpgd0221584_7133443.jpg
まずは D の角材をシャドーボックスの深さよりも短めにカット。
ちょうど割り箸くらいの太さで、カッターで切るにはちょっとしんどく、キッチンナイフでキコキコ。
(なんか、小学生の夏休みの宿題みたいで面白いぞ。(^o^)/)
これを8本作成。切り口がガサガサだったので、旦那さんの部屋で紙やすりを探したけれど見つけられず、困った果てに、爪磨きで滑らかにf(^_^;。
それらの棒に C の接着剤を楊子で付けて、シャドーボックスの内側に貼り付けました。左右の高さを揃えて貼り付けたら、乾くまで放置。

d0221584_7145329.jpgd0221584_7152253.jpg
乾いたところで、B の薄板(これもまた、カット済みなのでとっても便利)の両端に接着剤を付けて、先ほど貼り付けた棒に接着。そしてまた、乾くまで放置。
すると、右の写真のような小さな棚が出来ました。

d0221584_716095.jpgここへ、これまで旅行先でコレクションしてきたショットグラスを並べると、ほ〜ら、ぴったり。って、寸法を測って棚を作ったんだから、当たり前かf(^_^;。

あっちこっちに無造作に並んでいたショットグラスが、すっかり綺麗に片付きました。(^_^)v。


だけど、まだちょっと入りきらないグラスもあるし、これからまた増えるかも知れないので、もうひとケース作ろうかな。意外と簡単にできたので、味を占めてます。

※Michaels www.michaels.com

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-08-04 07:32 | アメリカ生活 | Comments(4)