2018年 07月 06日
怪獣酒場 新橋蒸溜所へ行って来ました
川崎の「怪獣酒場」には数回行くことが出来ました(その時のブログはこちら)が、昨年出来た新橋の新店「怪獣酒場 新橋蒸溜所」へはまだ行った事がありませんでした。それが、先日ようやく行くことが出来ました。
d0221584_23440688.jpg
新橋駅前のビルの地下にあるという事ですが、うっかり地上に出てしまい、キョロキョロ。地下へ降りると割とすぐに見つける事ができました。
d0221584_23440686.jpg
趣ある入口にワクワク。
川崎では長蛇の列に並びかなり待たされましたが、平日で時間が幾分早めだったせいなのか、天気が悪かったせいなのか、いつもそうなのか解りませんが、嬉しい事にまだお客さんがまばらでゆったり店内を見て回る事も出来ました。
d0221584_23440732.jpg
入口でジャミラの口へ手を入れるイニシエーションは変わらず、物販コーナーもありましたが、ほぼ真四角な店内はかなりスッキリした印象でした。

蒸留器にもたれかかるピット星人。あれ?もう一人はどこかしら?
d0221584_23440782.jpg
d0221584_23445421.jpg
d0221584_23445532.jpg
壁面のステンドグラスがとても綺麗でした。店内のモニターにはウルトラシリーズのDVD紹介映像が流れ、精巧なフィギュアの展示もされていました。
d0221584_23440738.jpg
テーブルに着くとオリジナルのコースターが。もちろんお持ち帰りOKの品です。
d0221584_23445540.jpg
d0221584_23451880.jpg
そして、取り皿も新橋蒸溜所オリジナル。素敵です♪(こちらはお持ち帰り出来ません)


メニューも新橋蒸溜所オリジナルがあります。
d0221584_23451883.jpg
川崎では巨大海老フライがそそり立っていたツインテールは、ここ新橋蒸溜所では「特製ツインテールカツサンド」に。
その奥にあるのは、クレージーゴンの「鉄分をくれ!」(和牛レバーのオイル煮)。

見たことのあるバルタン星人のハサミ型の器にはサーモンといくらが載った、「赤色凍結光線カルパッチョ」。
d0221584_23451912.jpg
おどろおどろしい色合いのカレーは、ペロリンガ星人の「サイケデリック・カレー」
d0221584_23454752.jpg
と、ほかにも怪獣テーマのメニューも豊富。見た目が凝っているのはもちろんですが、美味しいから嬉しいですね。

ドリンクも色々あって、こちらは「カネゴンの繭」。グラスの足元にある綿菓子を自分でグラスの中へ溶かしながら頂きます。
d0221584_23454834.jpg
カクテルとノンアルコールと両方あるのも、下戸の私には嬉しいサービスです。

さらに、スーベニアカップのドリンクも5種類くらいあったのですが、今回注文したのはこの3種類。
さて、何の怪獣がテーマか解りますか?
d0221584_23454885.jpg
左がダダ、右がマグマ星人、
d0221584_23465129.jpg
そして、ナースです。

私はナースを飲んだので、帰りに箱に入った新品のグラスを頂いてきました。
上部に頭があり、下部には尻尾。可愛いです(^_^)v。
d0221584_23465139.jpg
d0221584_23465281.jpg
帰りに物販コーナーでお買い物をしようと思ったのですが、残念ながら今回は買いたいモノが見つからず。。。。新橋蒸溜所オリジナルの小皿が欲しかったのですが、こちらの販売はないとのこと。。。と〜っても残念。
なので、このナースのグラスが唯一のお土産となりました。
(コースターは一緒に行った人に差し上げちゃったので)


アメリカから5年ぶりに帰国した知り合いと一緒に行ったのですが、彼がとても喜んでくれて嬉しかったです。






〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-07-06 23:57 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 10日
ぼくたちのトクサツ、行ってきました
d0221584_18220310.jpg

調布でささやかに開催中の展示イベント「ぼくたちのトクサツ!」に、今日行ってきました。
もちろん旦那さんの趣味です。

d0221584_18220360.jpg

のっけから、ピグモンがお出迎え。

d0221584_18220305.jpg

続いてはツインテールの巨大ジオラマ。
小さなウルトラマンフェスティバルみたいな感じかと思いきや、

d0221584_18220496.jpg
d0221584_18220408.jpg

宇宙刑事ギャバン登場。
ピッカピカです。

ガメラもいました。
d0221584_18220407.jpg



撮影当時の貴重な資料が多数展示され、平日の昼間だって言うのに、結構な大人が続々と来場していて驚きました。

d0221584_18220533.jpg

ちゃんとお子様向けのお楽しみもありました。
狭いながらも、5ヶ所も設置したオリジナルのスタンプラリー。
真新しいので、綺麗にスタンプ出来て嬉しかったわん。

d0221584_18220525.jpg

そして、これが調布の駅前で食べた今日のランチ、ローストビーフ丼。
美味しかったわぁ(^-^)。お肉、だーいすき♪


ちなみに「ぼくたちのトクサツ!」は明後日の日曜日まで、調布市文化会館たづくりで開催中、入場無料です。



by suneya-m | 2017-03-10 18:01 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 01日
いなり寿司でゴモラに挑戦
先日、旦那さんが何やらにこやかに、ある雑誌の切り抜きを差し出しこう言いました。
「これ、作って ♪」
何かと思ったら、キャラ弁のレシピ
仮面ライダーフォーゼや、数人のウルトラマンが綺麗なおにぎりなどで作られたお弁当の写真が、数点載っていました。

そりゃぁ、食べる側にしたら、大好きなキャラクターがお弁当になっていたら、とっても楽しいだろうけれど、作る側になったらこんな面倒くさい作業は他には無い!ってくらい、手間がかかる品物。心の中では「げげっ!」と思いつつ、そこはプライドが前に立ち、
「へぇ〜、良くできてるね」
と、動揺を隠しつつ返事をしてはみたものの、この中のどのレシピを作れと言っているのかと、内心ドキドキ。
すると、比較的簡単そうな、いなり寿司を使った「ゴモラ」のお弁当を指差してるので、な〜んだ、楽勝 ♪ (旦那さん、幼少の頃よりゴモラ好き)
って思ったんですけど、実はそーでもないことを後で思い知るのでした(/ω\) 。

で、早速作ることにしたんですが、日本のスーパーなら出来合いのいなり寿司が安く売っているでしょうけれど、何せここはアメリカ。しかも我が家は日系スーパーには週1でしか行きません。
都合良く出来合いのいなり寿司が手に入るとは限らないので、油揚げを買ってきていなり寿司を作ることから始める事にしました。

油揚げをふたつに切って、油抜きして、砂糖と醤油で甘辛く煮て、ご飯に砂糖とお酢を加えて酢飯も作りました。
で、ご飯をおあげさんに詰めながら、形を作るんですけど。。。
これがなかなか難しい。ご飯は熱いしべたつくし、思うようにいかなくて、ご飯をこねこねしちゃって、もう、食べ物って感じじゃなくなっちゃう。
やっとの思いで形を作ると、次は目とツノのパーツ作り。
レシピではかまぼこを使用していましたが、このちょっとの為に$5(約¥390円)もするかまぼこを買うことは私には出来なかったので、卵の白身で代用することにしました。
お皿に白身を乗せラップして、楊子で白身もラップもつ突いて、破裂防止策をしてから電子レンジへ。それでも、あまり上手くは行かず、5本のツノが必要だったのに、3本分しか取れず。。。。

目玉の海苔も、きざみ海苔しかなかったので細くなってしまい、何とも目つきが悪い。
まあ、もともとウルトラ怪獣のゴモラは、↓こーんな感じの悪い奴だから良いか、と勝手に納得。
d0221584_13172792.jpg

で、出来たのが、こちらのゴモラ稲荷。
d0221584_13175170.jpg
決して良い出来ではありませんが、帰宅早々、ゴモラ稲荷を目にした旦那さんは子供のようにすごく喜んでくれたので、努力は報われましたけど、今回のキャラ弁(の1品だけ)を作ってみて、つくづく感じたのは、

世の中のママは本当に、偉い!!!!

愛するわが子の為とは言え、こんな大変なお弁当を手間暇かけて作ってあげるなんて、本当に頭が下がります。

そして、食材の余りがたくさん出る事にも、驚きました。
写真の奥にある訳の分からない稲荷は、ゴモラの形を作るのに切り取ったおあげさんでくるんだ酢飯。
本当なら切り取った材料でも、何か作れれば無駄がなくて良いですよね。

ちょっと味が薄くなってしまったけれど、何はともあれリクエストした本人が喜んでくれたのが何よりでした。
苦労してキャラ弁作るママも、きっと我が子の喜ぶ姿にその苦労も苦労じゃなくなるんでしょうね。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-10-01 13:32 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)