2011年 05月 15日
洗濯物の糸くず(綿ぼこり)に困っています。
アメリカ生活も早1ヶ月半を過ぎ、だいぶ慣れて来たのですが、未だに困っていることがあります。
それは洗濯機。
d0221584_11103216.jpg
アメリカ式の洗濯機は、洗濯槽の真ん中にこーんな大きなスクリューがあるので、やっぱり衣類の傷み方が早いような気がします。毛玉も出来やすいですし。。。。
ただ、香港の時に使っていた小さいドラム式とは違い、一度にたくさんの洗濯も出来ますし洗濯時間も短いので、それはとても助かっています。
ですが、やはり大事な服は洗濯機で洗うのをためらいがちに。。。と言いつつも、根がものぐさなので、やっぱり洗濯機に頼って後悔したり、諦めたり。

でも、それ以上に困るのが「糸くず」というか「綿ぼこり」。黒いTシャツが一面白っぽくなってしまうこと。
皆さん、どうしていらっしゃるのでしょう?

一番ひどかったのは、こちらで買った新しいバスタオルを何も考えずに、いつもの洗濯物と一緒に洗った時。
もの凄い「綿ぼこり」が全ての洗濯物にくっついちゃって、そりゃぁもう、大変でした。
d0221584_11115899.jpg
そこで、活躍したのが梱包用のテープ(写真左)。これでもって、シャツもパンツも一枚一枚、綿ぼこりを取りました。
ふわふわのバスタオルは、まさに綿ぼこりの塊なんですね。これ以降は他の洗濯物とは別に洗っています。
最近は、粘着テープのコロコロ「lint roller」(写真右)を買って、やっぱり付いちゃう「綿ぼこり」をぺたぺた。手放せません。
それにしても「lint roller」(綿ぼこり用ローラー)って商品名からすると、アメリカの人もこれで綿ぼこりを取るのが当たり前って事なのかしらん?


でも、これでは根本的解決になっていませんから、いつも洗濯は試行錯誤。
色の濃いTシャツなどは、日本から持って来た黒シャツ用洗濯ネットに入れたり。
こちらにもランドリーネットは売っているのですが、その目の細かさは日本製には到底及びません。
なので、日本からいらっしゃる方は是非、100円均一の物で充分なので、日本製の目の細かい洗濯ネットをたくさん持ってくることをお薦めします。
それから、タオル類はなるべく別にして洗ったり、それでもうっかり者の私はタオルを一緒に洗っちゃって、またコロコロのお世話になります。
d0221584_11131930.jpg
ちなみに、これは旦那さんがパジャマ代わりに着ている薄手の綿のズボン。目の細かいネットに入れたので大丈夫と思ってタオルも一緒に洗ってしまい、この有様です。何事も過信はいけませんね。このあと、コロコロで綿ぼこりを取ったのは言うまでもありません。

最近気がついたのは、アメリカでは必ずと言って良いほどある乾燥機の役割
ここでは外で干すことが出来ないので、衣類を乾燥させることが最も重要な役割なのですが、先日、天気があまりに良いので部屋干しでも乾くだろうと、乾燥機をせずに干してみました。予想通り確かに乾いたのですが、その仕上がりがパリパリの上に、いつもよりも綿ぼこりが多く感じました。
そうなんです、乾燥機には綿ぼこりを取り除いてくれる役割があると思うんです。
実際、乾燥機には綿ぼこりを溜める大きなフィルターが付いていて、洗濯物の量や種類によって違いますが、かなりの量の綿ぼこりがそこに溜まります。とはいえ、全ての綿ぼこりを取ってくれるわけではないので、ここでも過信は禁物です。
d0221584_11154376.jpg
写真左のように、フィルターは乾燥機の天面から取り出せます。取り出してみると、意外な程大きなフィルターなのが分かります。
数回溜めてしまうと、ひどい時にはフェルト地のようなシート状の綿ぼこりがごっそり取れます。(火事の原因にもなるそうなので、こまめに取り除きましょうf(^_^;。)
なので、今は完全に乾燥させるまでは使いませんが、ほどほどに乾燥機を使って、綿ぼこりとパリパリになるのを防ぐようにしています。

さらに、洗濯機の使い方も見直してみました。
根がケチですから、も節約しようと洗濯物が少ないともケチっていました。が、これは衣類の摩擦を増し、毛玉ができる原因になるのでは? と思い直し、最近では少々余裕を持たせる量にするよう、心掛けています。

これらがどれくらいの効果があるのかは、具体的な数字では表せませんが、私個人の感想としては、いくらか良い効果があるように思えます。
ほかにも、アメリカでは大切な衣料は枕カバーに入れて洗う、という主婦の知恵があるようです。

日本の洗濯機が使えれば一番良いのですが、こちらは排水口が床から1m位の高さにあって、ポンプの圧力で排水する機能の無い日本の洗濯機は使えないのだそうです。

というわけで、今日も試行錯誤で洗濯です。
どなたか良いお知恵をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非是非教えてくださりませ。m(_ _)m。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-15 11:27 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 09日
DISH WASHER、食洗機を初めて使いました。
今日は母の日(日本ではもう日付が変わってますね)。
と言っても、母も義母も日本在住ですから、アメリカからはインターネットでお花を手配したくらいしか出来ませんでした。
(ちなみに、母の日って日本もアメリカも一緒なんですね! 
世界中で同じ日なのかと思ったら、ちょっと違うみたいです→http://season.enjoytokyo.jp/mother/world/
それでも、数日前にはお花が届いたとふたりからそれぞれ電話があり、久しぶりに元気な声が聞けて安心しました。
一緒に暮らしているときは、あまり母親の有り難さは分からないもので、離れて暮らして自分で家事をするようになって、改めて母親の有り難さが分かります。

家事といえば、アメリカに来て初めて「DISH WASHER食器洗い機を使う事になりました。
とは言え、子無し夫婦二人だけの生活ですから、そんなに洗い物もありません。
日本では食洗機どころか、ヘタすると2回分くらい溜めてから食器を洗う、なんてこともありましたので、食洗機とは無縁の生活でした。
d0221584_618246.jpg
ところが、ここアメリカの家にはとーっても大きDISH WASHERが造り付けられています。我が家のは見た目がまるでオーブンのようです。
しかも有り難い事に、新品です。新品なので、このまま使わずにおこうかとも思ったのですが、それもモッタイナイので使ってみることにしました。


d0221584_6184429.jpg
ドアを開けると、二段のカゴがあり、家中のお皿を入れてようやくいっぱいになるくらい広いです。
普段はこんなに食器は使いませんが、引っ越し後、一度も使っていないお皿もあるので、試しに家中のお皿を入れてみました。なので、特に目立った汚れがあるわけではないので、どれだけ汚れが落ちるのかは分かりませんでしたが、まずは使い方を知るための練習みたいなもの。

d0221584_6191273.jpg
食器を並べたら、ドアに付いている洗剤用ポケットの左側に食洗機専用洗剤を入れ、蓋を閉じます。右側は、グラスの水滴などを綺麗にする仕上げ洗剤用だとか。
d0221584_619334.jpg
このときは、試供品の食洗機専用洗剤「Cascade」があったので、左側の洗剤用ポケットにそれを入れて使いました。
粉末と液体がひとつにパックされていて、どうやら濡れると外側のフィルムが溶けるようです。使う前に決して濡らさないようにと、注意書きがありました。
d0221584_620094.jpg
市販品はこちら。ちなみにこれはLemon scent(レモンの香り)で、強力な漂白作用があると書いてありました(20個入り、$6.57/約538円)。

ドアを閉じて、ダイヤル式のスイッチを回すと、水が勢いよく出ている音が聞こえます。中が見られないのが残念です。覗き窓があったらいいのにな〜。
それにしても、水の音が激しいのできっと大量の水を使っているのでしょう。
Normalモードにしましたが、1時間経っても終わりません。その後、Air Dryingモードでの乾燥が30分くらい。
結局2時間近くかかりました。

忙しい主婦には大助かりの家電ですが、我が家のように二人だけの少人数家族で、しかも忙しくない主婦である私には、水や電気代のほうが気になってしまう、過ぎた家電です。
なので、きっと今後も使う機会は少なそうですが、あまり使わないのもパッキンが痛むとかで良くないんだそうです。

と言う事で、今は週に1回くらい、比較的お皿をたくさん使った食事の時に使うようにしていますが、やっぱり人間って楽な方に流されやすいですね。
お皿洗いが面倒に思える時も、ついつい使っちゃってますf(^_^;。
これで手荒れが減るなら、ま、いっか。って感じです。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-09 06:34 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2011年 04月 20日
アイロンとブレンダー
だいぶアメリカ生活も軌道に乗ってきた今日この頃。
先週までは、ちょっとした家電から日用品や調味料と、かなり出費がかさみました。
まあ、新生活のスタートは得てしてそんな物でしょう。そのお陰でだいぶ家の中が快適になってきたのは事実ですし。

d0221584_1418292.jpg
そんな買い物三昧した中から、ダイソンに続く我が家の家電・第2号をご紹介します、アイロンです。

日本と香港ではコードレスの小型タイプを使っていたので、まずはその大きさに驚きました。
本当はコードレスが欲しくて、探したんですけど見つけられませんでした。
でも、このアイロンはコードがスイッチで巻き取れるタイプだったので、片付けでコードが邪魔になることがなくて気に入っています。
これは大きいせいか結構重たいので、アイロンの機能としてはバッチリです。少ない力で圧がかかりますからね。
それにコードレスでは無い分、常にアイロンが熱熱なのが良いですね。以前のコードレスタイプはコードがないから小回りが利きましたが、アイロンが冷めやすく頻繁にステーションに戻して温度を上げないといけませんでした。

欲しいタイプのアイロンでは無かったかも知れませんが、使ってみると結構使い勝手が良いところが見えてくる物です。
これじゃないとダメ!と思っていると、視野が狭くなってしまいますから、多少は融通を利かせたほうが良いってことですね。

d0221584_14191447.jpg
さらに我が家の家電・第3号は、ミキサー。英語では「Blender(ブレンダー)」。混ぜ合わせると言う意味ですね。
この子、とにかくスイッチが多くてびっくりです。
d0221584_14194591.jpg
5段階のスイッチですが、それぞれ「High」モードと「Low」モードがあるので、合計10段階もあります。
でも、きっと使い分けなんて出来ないでしょう、てきとーにスイッチ押しちゃうと思いますf(^_^;。
だけど「Ice Crush」ボタンは期待大なんです、だって自宅でスムージーが作れちゃうってことですよね。これは是非挑戦しようと思います。

最後は家電では無いですが、こちら。
d0221584_14203523.jpg
太陽の塔の顔ではないですよ。


d0221584_14211086.jpg
回転式の水切りカゴです。

d0221584_1422593.jpg
ロックを外すと取っ手が、ガチャン!と飛び出します。
これを押すと中のカゴが回転。野菜の水切りが出来るというわけです。


d0221584_14223398.jpg
ずっと探していたんですけど、これ、結構大きいです。日本のようにもう少し小さいタイプが欲しかったんですけどね。

アメリカってスペースに余裕があるし、みんな大柄なせいか、家電もキッチン用品もあまり小型化されていないんですよね。私がちっこいから余計大きく感じるのかしらん?

それにいくらスペースに余裕があったって、こういろんな物が大きければやっぱり狭くなると思うんです。
あ、だからみんなガレージが物でいっぱいになっているんですね。
ひどい人は、ガレージに車が置けなくなって、家の前に路駐してるんですって。本末転倒な話ですよね。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
よろしかったら ↓ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
      にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

香港での生活を綴ったブログもよろしかったら、どうぞ♪
→→→「香港滞在記
by suneya-m | 2011-04-20 14:42 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 29日
冷蔵庫、設置完了
先日の土曜、先週購入した冷蔵庫がやって来ました。
3時から5時の間と言われていた搬入時間ギリギリの、4時59分にトラックが到着。
遅刻じゃないけど、、、、ほぼ2時間待ちぼうけを食らった旦那さんは、少々いらだち気味。

ところが、いざ搬入が始まると、二人の作業員はてきぱきと荷をほどき台車にくくりつけ、玄関前の数段の階段も、リビングのこれまた数段の階段も物ともせず、重た~い冷蔵庫を難無く運び込み、あっという間にキッチンの専用スペースに設置。
旦那さんの機嫌も治り、むしろその仕事ぶりに感心すら覚えたようでした。
解いた梱包のゴミもキチンと片付けた彼らは、あっという間に帰って行きました。

d0221584_4185985.jpgさて、待ちかねた冷蔵庫をまじまじと眺めると、売場で見たときは小さめに見えたのに、キッチンに収まってしまうとこれがまた結構大きくてびっくり。
「あれ? こんなに大きかったかな?」
意外と奥行きがある上に横幅もそこそこ。ドアを開けると当然中もゆ~ったり。

d0221584_4193344.jpgハーフガロン入りの牛乳(写真右下)もドアポケットにすっぽり。あまりにドアポケットが大きくて、マスタードやマヨネーズがドアを開ける度に落っこちそうになるほどです。
とにかく、これで1週間分の食料は保存できそうです。

で、早速スーパーへ買い物。あれやこれや食材を買い込みますが、肝心なことを忘れていました。
香港からの引越荷物がまだ届いていないんです(T T)。
なので、調理器具がほとんどありません。旦那さんの会社の方に貸してもらっている、片手鍋1個、フライパン1個、ナイフが1本、お皿とカラトリーが少々。幸い小さいながらも炊飯器がありますので、ご飯を炊くことが容易です。
とは言え、当然作れる料理が限られて来ます。
冷蔵庫が来たからには、これからは外食(=旦那さんが運転するので、アルコールはNG)せずに、自宅で夕食が食べられる(=アルコールが飲める!)と喜んでいた旦那さんは少々ガッカリ気味。

なんとかご期待に添えるよう、限られた調理器具の中で頑張ってみますか。。。
そのほうが、節約にもなりますからね。

=====~~~~~~=====~~~~~~=====~~~~~~
お立ち寄り、ありがとうございます。
よろしかったら、ぽちっとお願いします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村

香港での生活を綴ったブログもよろしかったら、どうぞ♪
→→→「香港滞在記
by suneya-m | 2011-03-29 04:28 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 24日
家具と家電がぼちぼち到着
東北関東大震災で被災された方々にお見舞い申し上げます。
東京でも計画停電が見送りになったりして、少しは良い方向に向かっていると思いたいところですが、まだまだ放射線のことも気になるし心配の種は尽きません。
カリフォルニアでも、連日テレビのニュースで日本のことが流れています。
私には募金をするくらいしかできません。
今はとても便利ですね、インターネットで募金が出来ました。
私が利用したのは、
日テレ(http://www.ntv.co.jp/index.html)サイトにある「24時間テレビ」のクレジットカードを使った募金。クレジットカードを持っているならとても簡単です。ちなみに金額は1口500円から最大20口まで募金できます。

〜〜〜。。。。。〜〜〜〜〜。。。。。〜〜〜〜〜。。。。。〜〜〜

カリフォルニアに着いた当日は嵐で寒かったのですが、今はほぼ毎日陽が差すので、綺麗な広い空を見る事が出来ます。(あれれ? 言っているそばから雨が降ってきちゃいましたf(^_^;)
ですが、思いの外風が冷たく、特に夜になると寒くてコートが欲しくなるほどで驚いています。それでも、日本よりは暖かいので助かっていますが、夜はエアコンを入れてないとちょっとツライです。
助かると言えば、あれほど悩ませていた鼻炎が、今ではほとんど気にならない程解消しました。花粉症による鼻炎でしたので、やはりカリフォルニアにはスギ花粉が飛んでいないということでしょうか。それでも、着いたばかりの日は鼻水が大変でした。それはハウスダストだったのかしらん?
何しろ、旦那さんが先に住んでいたはずなのに、まだ掃除機も買っていなかったというのですから、カーペットだらけの我が家はきっと埃がいっぱいだったのかも知れません。
ということで、じゃーん!
d0221584_6531972.jpg
家電第1号は「ダイソン DC26」です。
本当はモーターヘッドタイプが欲しかったのですが、店頭にあったのはこのタービンヘッドタイプのみ。そのほかにあったのは「DC23」(←日本のカタログにはありませんでしたから、アメリカ仕様なのかも)という、かなり大型のタイプで、小柄な私には取り回しがとても大変そうでした。
DC26は本体もコンパクトで軽いので取り回しが楽ですし、1階と2階を持って行き来するのにも便利です。
とは言え、やはりコンパクトなのですぐにゴミがいっぱいになってしまって、ちょっと手間がかかります。って、掃除をしていなかった我が家が汚れすぎていただけかも知れませんf(^_^;。
とにかく、CM通りの吸引力でとっても使いやすいです。

急いで掃除機をかけたのは、鼻炎解消の為だけではなく、日本に帰任する方々から譲ってもらう家具が翌日に到着するからでした。
香港からの荷物はまだあと1週間は税関検査にかかると言われて、家の中はほとんど何も無い状態ですから、これらの家具が来てくれるとやっと家らしくなりそうです。

そして昨日、予想を遙かに上回る家具が、今回もまた「日通」さんの手によって搬入されました。スタッフは今回は3人。そのうち日本人はやっぱりひとりだけ。でも、後の二人も香港のスタッフ同様、片言の日本語を話してくれるので問題ありません。
ちなみに、アメリカの日通さんのトラックはすごく長かったです。
d0221584_6535156.jpg到着したのは、ソファ、TV、ダイニングテーブルとイスのセット、メインベッド、ゲスト用ベッド、本棚、パソコンデスク、洗濯機、乾燥機、電子レンジ、ルームランプ等々。
どれもアメリカらしくサイズがゆったりしたものばかり。家の中に入るのかしら?と心配したクイーンサイズのベッドも、手際良く2階の寝室に運び入れてくれました。
さすが、プロですね。

そして、早速ベッドカバーを買いに出かけました。
車で出かけた先は「BED BATH&BEYOND」。寝具を始めとする家の中の物が割と何でも揃って、しかも安いと言うお店です。
d0221584_6541511.jpgそこで、掛け布団、フィットシーツ、フラットシーツ、ベッドとマットレスの間に敷くベッドスカートがそれぞれ1枚ずつ、クッションと枕が1つずつ、枕カバーが2枚1組が2種類入って、$89.99(約7,290円)とセール価格で売られていたのを購入。これでやっと、ゆったり眠ることが出来ました。


日通さんは洗濯機と乾燥機の設置も全てやってくれたので、今日からやっと洗濯ができるようになりました。
d0221584_761638.jpg
写真左が洗濯機。上から洗濯物を入れて水たっぷりで回るのは日本式と同じですけど、真ん中の棒の先端に柔軟剤、左下の三角に液体漂白剤、洗剤は洗濯槽へそのまま投入、と言う事らしいです。写真右が乾燥機です。
日本とも香港とも違うタイプの洗濯機&乾燥機なので、説明書を睨みつけての作業。ホント、国が違うと使い方も変わっちゃう家電は困りますね(=_=)トホホ。

さて、次は香港からの引越荷物を受け入れられるように準備しないと。まだまだやることはたくさんありそうです。


=====~~~~~~=====~~~~~~=====~~~~~~
お立ち寄り、ありがとうございます。
香港での生活を綴ったブログもよろしかったら、どうぞ♪
  ↓↓↓
香港滞在記

こちらに参加し始めました。→→にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

by suneya-m | 2011-03-24 07:18 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)