タグ:ちょっとおでかけ ( 117 ) タグの人気記事
2014年 04月 01日
「MONSTERPALOOZA」へ行って来ました。
d0221584_553273.jpg2年前初めて行った時、ゾンビだらけで驚いたイベント「MONSTERPALOOZA(モンスター・パルーザ)」に、先週の日曜日、旦那さんと出かけてきました。過去のブログはこちら

d0221584_5533541.jpg場所は以前と同じく、BURBANK(バーバンク)のマリオット・コンベンションセンター。
この手のイベントは大抵土曜日がメインで、一番混み合います。ですが、この日は最終日の日曜日にもかかわらず、昼時でも入場待ちの長蛇の列。アメリカではゾンビやオカルト系がやはり根強い人気なんですね。
しかも今年はさらに出展者も増え、盛況になっているように感じました。

d0221584_5543988.jpgd0221584_5545557.jpg
d0221584_556074.jpgd0221584_5561586.jpg
d0221584_557890.jpg本当にあっちもこっちも、恐い造形物ばかり。そんな中で今回とても多かったのが、特殊メイクの実演。
← こんな傷メイクなんて序の口。

↓ こちらの女性はほぼ全身メイクで、パッと見、人形だと思ったほど作り込まれていました。
d0221584_5583141.jpgd0221584_558931.jpg
d0221584_5591353.jpg

d0221584_5593866.jpg
▲こちらは明らかに人形と解るビショップですが、
演じた LANCE HENRIKSEN(ランス・ヘンリクセン)本人が、
別コーナーでサイン会をされていました。



さらに日本からのゲストも招かれていてビックリ。
d0221584_603116.jpg
こちらは、あの独特のフィギュアでも有名な造形家・竹谷隆之さんのブース(IDA)。展示とサイン会をされていたようです。(写真左の本を手にしている方が竹谷氏ご本人。)


時間が合わずに本人を見る事は出来なかったのですが、パンフレットを見ると、ゴジラのスーツアクター・中島春雄さんと「ウルトラQ」の佐原健二さんもサイン会をされていたようです。
今年は「ゴジラ」の新作映画が公開されますから、日本の役者さんも注目を浴びているんですね。

もちろんアメリカの懐かしい有名なホラー映画に出演された役者さん達が、多数ブースを構えサインや写真撮影に応じていましたが、私が解る役者さんは数少なく(皆さんお年を召してだいぶ外見も変わってしまっているものですから尚のこと……f(^_^;)、そんな中 RICHARD KIEL(リチャード・キール)はすぐにその人だと解りました。白髪の髪もだいぶ薄くなってましたが、あの巨体と大きな顔は変わりようがないです。ちょっと動きがスローになっていましたが、ファンとのツーショット写真では、今にも噛みつきそうな恐い表情にパッと切り替わって、当時を彷彿とさせました。

アメリカのイベントって、こういう体験ができるのがいいですね。



■Monsterpalooza 2014
http://www.monsterpalooza.com/march2014/index.html
入場料は大人$25(約2,550円※)でした。


※$1=102円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-04-01 06:05 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 12日
またもや「BOOT BARN」 でお買い物。
すっかり陽射しが夏になった、L.A.です。
日曜日はあまりの暑さに、REDONDO BEACH へ車を走らせたものの、駐車場に入ることさえ出来ないほどの人出。窓から眺めるだけで早々に諦めてお買い物へスイッチ。

そろそろ半袖が売り場に並ぶ頃。ということで、長袖が売り場から消える前に、大好きなウエスタン・カジュアル・ウエアのお店「BOOT BARN」に行って来ました。

アメリカの洋服って、何となくテロテロの薄い生地のモノが多いように感じて、あまり買うことが無いのですが、このお店は別。

d0221584_6364940.jpgジーンズやコットンのシャツ、キラキラストーンの付いた革製バッグなど、私好みのラインナップ。とにかくウエスタン・ブーツが素敵なんです。で、アメリカに来た早々に見つけて以来、訪れてはまとめ買いをしています。(前回のお買い物ブログはこちら
今回もセール期間を狙って来店。

d0221584_6371264.jpgまず目に付いたのは、トルソーが着ているシャツ。なかなか派手なカラーと刺繍がイケてるでしょ? と言う事で、セールにはなっていなかったけどまずはこれをゲット。ウエスタン・ブーツも本当にたくさんあって迷っちゃう。だけど、これだけ品揃えがあるのに欲しいデザインはセールになっていなかったり、サイズが無かったり。なかなか素敵な出会いがありません。


ということで、今回はシャツ2枚とベルト、そして旦那さんもシャツを2枚購入しました。

ああ、ジーンズも革の装飾やキラキラストーンが付いていて、すごおく素敵なんですよね〜。だけど、残念ながら日本と違って丈詰めサービスが無いのが玉に瑕(きず)。日本みたいに丈詰めサービスがあればいいのに。(大抵クリーニング屋さんがやっているリフォームで丈詰めします。私は頼んだこと無いけどf(^_^;。)
とはいえ、前回のお買い物でジーンズは購入済みなので、今回はパスしました。



■BOOT BARN
http://www.bootbarn.com/



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-03-12 06:43 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 22日
店舗急増中の 85℃ Bakery Cafe
以前、Irvine(アーバイン)まで出かけて行列に並んだ、台湾系の美味しいパン屋さん「85℃ Bakery Cafe」。
(その時のブログはこちら
それがいつの間にやら近所に出来る事となり、開店準備中の店舗を眺め、今か今かと待ち遠しく思っていました。

d0221584_8375436.jpgそしたら、この店舗よりはちょっと離れていますが、それでも我が家のテリトリー内の Gardena にこれまたいつの間にやら新店舗がオープンしているという情報を聞き、びっくり! 
先週、旦那さんと行って来ました。

それはがってん寿司やダイソー・ジャパンがある、Artesia Blvd. 沿いにありました。この道はそのままフリーウェイにも繋がる道路なので、ときどき通っていたはずなのに全く気付いておらず、どうしてだろうと首をかしげていましたが、行ってみて納得。車道からは店舗はおろか看板もちょっと見えづらい、モールの端っこにありました。

d0221584_8384988.jpgそんな見えづらい店舗にも関わらず、店内にはたくさんのお客さん。さすがにアメリカ唯一だった時のアーバイン店とは違い、1時間以上も待たされるような行列はありませんでしたが、レジ前は行列。イートインスペースのテーブルもそこそこ埋まっていました。もちろん客層は中国や韓国などのアジア系が大多数。


そしてお目当てのパンたち。
d0221584_8394577.jpgd0221584_8402955.jpg
d0221584_840824.jpg思ったよりも種類が少なく感じましたが、日本のパン屋さんを思い出させるスタイルと品揃え。だけどタロイモを使ったパンが多いようで、そこは台湾らしいのかな?。

今回買ったのは ← こちらのパンと、写真奥にあるハーフムーン(ジャムが挟まったカステラ)と食パン。締めて$17弱(約1,734円※)。そーなんです。柔らかくしっとりなのが最大の魅力なんですが、それに加えて良心的なお値段なのが嬉しいんですよね (^_^)v。
あ、店員さんは地元の方っぽい感じで、台湾系のお店だとは気がつかないくらい。もちろんにこやかで親切なので、気持ちよくお買い物できましたよ。

d0221584_842028.jpg
そしてもっと嬉しいのは、こちらのケーキたち。まるで日本のケーキ屋さんみたいでしょ? 本当にカラフルで綺麗で、ちょっと小さめなのがいいんです。
残念ながら今回は購入しませんでしたが、次回は是非ケーキを楽しみたいと思います。

d0221584_8422865.jpg
▲ケーキコーナーもお客さんがたくさん。

ああ、早く Torrance 店もオープンしないかしらん。
ルンルンo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)oわくわく。
パン好きには嬉しいお店なので、I can't wait !


【April 18 2014 追記】
d0221584_10282790.jpg開店が延びに延びていたトーランス店ですが、ようやく4月11日にオープンしました。
私は翌土曜日の夕方に行ったので、さすがに店の外まで行列なんて事は無かったのですが、相変わらずレジは行列でした。
それにしても、人気のパンは焼き上がる度にすぐに売れてしまうようで、商品棚には似たようなパンばかり。なかなかお目当てのパンを買うのは難しそうです。
とは言え、日系スーパー「MITSUWA」のすぐ傍ですから、とっても便利。常連になりそうです。



■ 85℃ Bakery Cafe
http://www.85cafe.us/
▲ホームページを覗いて見たら、いつの間にやら全米各地に多数出店中。
これまたビックリです。

◆Gardena Store
1386 W Artesia Blvd
Gardena, CA 90248Zoom
Location: Gateway Center
Phone Number: (310) 329-8585
Store Hours: M-TH 7am -10pm, F-SAT 7am - 12am, SUN 8am - 10pm

◆Torrance Store
1735 West Carson Street Suite A
Torrance, CA 90501Zoom
Location: East Gate Plaza
Phone Number: (310) 320-8585
Store Hours: M-TH 7am -10pm, F-SAT 7am - 12am, SUN 8am - 10pm


※$1=約102円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-02-22 08:51 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 21日
「デザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレット」へ行って来ました。
d0221584_885435.jpg先週の日曜日、巨大恐竜 Cabazon Dinosaurs(カバゾン・ダイナソー)を見た帰り(その時のブログはこちら、そこから数マイルの所にある、これまた”巨大”なアウトレット・モール「Desert Hills Premium Outles(デザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレット)」に立ち寄りました。
▲イースト・ウイングの正面入口。

カバゾン・ダイナソーから10号線を西へと進むと、途中テレビで何度かCMを見たことがあるカジノ「Morongo」の高層ホテルを通り過ぎ、ひろ〜いショッピング・モールに到着。

あまりに広くて入口がどこだか、キョロキョロ。手近な駐車場入口から入るモノの、車もいっぱい。駐車場内をウロウロし、ようやく端のほうに空きスペースを発見し、モール内へ。

イースト・ウイングのエントランス2から入ったのですが、いきなり踊り場に山と積まれた COACH の紙袋に目を奪われました。中にはバッグ類がたくさん。どうやら、中国系のブローカーが買い付けに来たようです。

「アウトレット・モールってそう言う所だったの?」

と、普段行き慣れない場所にオドロキは隠せず、さらに、ブランドショップの入場待ちをするお客さんの長い列にもオドロキ(並んでいる人の手にも COACH の紙袋が下げられていて、どれだけ人気があるんだとこれまたオドロキました)、さらにその顔ぶれにもオドロキました。なぜなら、ほぼ中国人。
中国では COACH が流行っているのかしらん?

d0221584_812531.jpgこのアウトレット・モールは2つに分かれていて、最初に入ったイースト・ウイングはまだまだ工事中で、中央の建設中の店舗をぐるりと囲む通路側の店舗だけが営業中。なので、足場も悪く営業する側もやりにくそう。にも関わらず、その足場の悪い通路を大勢のお客さんが行き来しています。
d0221584_8105435.jpgd0221584_8111643.jpg

もちろん、前出のように中国人や韓国人と言ったアジア系がほとんど。しかも皆さん、大きな紙袋を幾つも持っていて、容赦無い買い物っぷりが伺えます。

休憩も兼ねて寄った身としては特に目当てのブランドショップもなく、唯一お茶が出来そうなスペースとしてフード・コートへ入るも、見回すと更にアジア人頻度が上がり、ここは香港か? と思うほどアジア人ばかり。やっぱり中国人はブランドモノが好きなんだな〜、と香港の記憶も蘇り実感するのでした。

d0221584_813940.jpgd0221584_8132468.jpg
特にお目当ての買い物はありませんが、折角なので、隣のウエスト・ウイングにも足を伸ばします。

こちらは工事中の所は無く、落ち着いた感じで買い物をするお客さんがたくさんいました。でもやっぱりアジア人が目に付きます。アメリカ中のアウトレット・モールはこんな感じなのかしらん? それともここが大きくて新しいから? 

いずれにしても、他に観光と呼べる場所も見当たらないのに、明からに観光客と思える大量のアジア人がいて、ものすごく異質な感じを受けました。


d0221584_814427.jpg
▲周りはこんな山ばかり。
観光客は、どこか観光地への移動途中で立ち寄っているのかしらん?




■Desert Hills Premium Outlets
48400 Seminole Drive, Cabazon, CA 92230
www.premiumoutlets.com



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-02-21 08:25 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 19日
巨大恐竜カバゾン・ダイナソー
d0221584_101291.jpg三連休だった先週末、日曜日に旦那さんのかねてからの希望だった、Cabazon Dinosaurs(カバゾン・ダイナソー)を求めて、ロサンゼルスから片道99マイル(約160km)およそ2時間弱ほどのドライブに行って来ました。
d0221584_1021350.jpg
( ↑ A地点=Cabazon/カバゾン。Googleマップより)

d0221584_1035913.jpg途中数カ所、渋滞っぽい所もありましたが、東へと進み91号線から60号線へと入るとすっかり車の台数も減り、辺りも本当にカリフォルニアかと思うような景色に変わりました。そしてさらに10号線に入って15kmくらいでしょうか、いよいよ目的地・カバゾンに到着。ガソリンスタンドの向こうに、何やらそれらしきものが見えて来ました。

d0221584_1045768.jpgd0221584_1051335.jpg
「World's biggest Dinosaurs」と公言するだけあって、本当に大きな恐竜です!
d0221584_1054236.jpg
d0221584_1065349.jpgいや〜、ずっと運転してきた旦那さんの疲れも吹っ飛ぶ、超巨大アパトサウルス。早速持参したお気に入り、ピローペッツのトリケラトプスと記念撮影。

d0221584_1073250.jpgd0221584_1074867.jpg
d0221584_1081362.jpgお〜っと、奥には2頭目の巨大恐竜、ティラノサウルスの Mr. Rex もいるではありませんか。もちろん彼の前でも記念撮影。下から眺めると更に大きさを実感できます。

彼は100トンもあるんですって。

d0221584_1085439.jpg
アパトサウルスの裏側には従業員用の階段がありました。彼のお腹の中はギフトショップになってます。
d0221584_1095671.jpgd0221584_10101351.jpg
d0221584_10105480.jpgしっぽの先にある入口には、こんな看板が。そして店内。
店内には ← こんな野望を頂いた未来予想図が。巨大なテーマパークの隣には2つのホテルと2つのレストラン、それに広い駐車場が描かれています。いつか実現出来るといいですね。


d0221584_1012439.jpg看板にもあった「Robotic Dinosaur Exhibit」にも行こうと、左手奥へ進むと、またもや巨大な恐竜。今度は頭だけですが大迫力です。

d0221584_10124072.jpgチケット売り場と思われた小屋にはトリケラトプスの頭が。でも、ここはCLOSED。奥へと進んでチケットを購入。大人$7.95(約810円※)。

そして、出迎えてくれたのは。。。。
d0221584_10135093.jpgd0221584_10142743.jpg
d0221584_1014742.jpgうひょ〜。
なんとも微妙なバランスの恐竜たち。ジュラシック・パーク並みに怖い顔した恐竜もいるけど、やっぱり。。。絶句。っつーか。笑いが止まらない〜〜〜。何なんだ!? このお間抜けな造型は(笑)。
d0221584_10151749.jpgd0221584_10153677.jpg
ふと足元を見れば何故かゾウガメやワニ。場所によってはライオンまでいて、とにかく置けるモノはなんでも置いてます、ってな感じ。
d0221584_1016164.jpgd0221584_1016363.jpg
d0221584_10165513.jpgd0221584_10171447.jpg
d0221584_10174024.jpgd0221584_1018688.jpg
d0221584_10182636.jpgそんな中、割とシリアスっぽい展示もあるし、全く不思議な造形物もあるしで、もう、恐いんだか、おかしいんだか、訳がわからず笑いが止まりませんでした(笑)。

d0221584_10185725.jpgそして、一番奥にいたのはアパトサウルスの奥に見えた Mr. Rex。
d0221584_10192837.jpgd0221584_10195639.jpg
実は彼の中に入れるんです。階段を昇っていくと、頭の中に到着。口の中から外が見えました。ああ、高崎観音とか東京湾観音とか、牛久大仏を思い出すわぁ。(全然低いし、あんなに高尚ぢゃないですけどf(^_^;。)

d0221584_10215946.jpgd0221584_10221780.jpg
それにしても、アラフィフ・オヤジが恐竜のぬいぐるみ片手に歩く姿って、ちょっとヤバイ。子供ならまだしも。。(;´Д`)。
どんだけ大事なぬいぐるみなのかと思っていたら、あっさり恐竜に食べさせちゃうし、ひどいオーナーだ。

d0221584_10225891.jpg
▲トイレにも恐竜のイラスト。残念ながら中は普通でした。


屋外の展示は全て見終わったのに、はて? 看板にあった「Robotic Dinosaur Exhibit」は一体どこに? と思ったら、入口脇のギフトショップの中にありました。
d0221584_1023401.jpgd0221584_1024151.jpg
とは言え、狭いスペースに押し込められている感じで、あまりよく見えません。窓際にもありましたが、割とぞんざいに並べられており、一応吠えて動いていましたが、中にはモーター音ばかりで明らかにスタックしている子もいて、年季が入っているようすが解ります。
d0221584_10244041.jpg
▲店内中央には、子供用乗用ダイナソー(写真奥)。
ちゃんと動いたので驚きました(笑)。



d0221584_10254083.jpgちなみに以前はこんなレストランも営業していたようですが、今はほぼ廃墟。看板だけがこんなに鮮やかなのがとても不思議です。

それにしても、ハイウェイ沿いに突然現れる不思議な恐竜公園(勝手に命名)。アパトサウルスの建設が1964年から始まったということですから、かれこれ50年! これまでに先ほどの展示場が出来たり、「Robotic Dinosaur Exhibit」が出来たりとマイナーチェンジはあったようですが、現在も維持し続けているなんて凄いことだと思うのでした。

d0221584_10262056.jpg
▲帰宅後、オリジナルグッズのお土産を眺め思い出にふけるの図。


ちなみに帰りはここから数マイルのところにある、デザート・ヒル・プレミアム・アウトレットへ立ち寄りました。
が、それはまた次回。



■Cabazon Dinosaurs
50800 Seminole Drive Cabazon, CA 92230
大人$7.95
www.cabazondinosaurs.com


※$1=102円で計算。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-02-19 10:58 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 28日
「NITRO CIRCUS LIVE」に行って来ました。
d0221584_932868.jpg昨日の日曜日は、ANAHEIM(アナハイム/ディズニー・ランドのあるところね)にある、HONDA CENTER で行われた「NITRO CIRCUS LIVE(ナイトロ・サーカス・ライブ)」に行って来ました。

HONDA CENTER は基本はアイスホッケーのスタジアムなんですが、色々なイベントをやっていて未だ床に氷があるのを確認したことはありませんが、なんかいつもちょっと寒い気がします(笑)。

(以前に行った「BATMAN LIVE」もここでした。その時のブログはこちら


今回そこで行われた「NITRO CIRCUS LIVE」は、バイクによるサーカス、と言う事ですが私の頭の中では、モトクロスバイクがブインブイン、エンジンを唸らせて白煙上げて、宙返りなどのアクロバット走行するショーというイメージがありました。

d0221584_932509.jpg
ところが、いざ会場を見てみると、もの凄く高い滑り台があって、おや? って感じ。
案の定、ショーの中心は自転車。
もちろん、オートバイでの演技もたくさんありましたが、大半は自転車やスケートボード、インラインスケート、スキー板にスノボ、果ては車椅子というエンジン付きではない乗り物での神業的妙技が繰り広げられました。

そして、大技の前には必ずモニターに、これまでの失敗ビデオが流されて MCが「さあ、今日は成功するのか!?」的なセリフで盛り上げます。極めつけは、左足に大きなギブスをはめ松葉杖をついたライダーが、技の解説なんかしちゃうので、如何にその技が危険且つ高度な技術が必要であるのか、実感できるわけです。
それにしても、怪我すらも演出に活かしちゃうなんて、すごいわぁ。

d0221584_9334325.jpg
個々人の演技も凄いのですが、団体での連続技も見事でした。

d0221584_934291.jpg
それにしてもあの滑り台、目茶苦茶高いうえに、もの凄い傾斜。モニターにてっぺんからの画像が映し出されましたが、ほぼ垂直に感じるほどで、見ているだけで「うひゃ〜」って感じでした。

それをひょいひょい滑り降りては、くるりんぱ。お見事です。

d0221584_9345419.jpg
途中20分の休憩を挟み、前後1時間ずつのショー、最後は全員のリレー演技で客席から大喝采を浴び、盛大な花火でフィナーレ。



d0221584_9351951.jpgd0221584_9353698.jpg
ところで、ここ HONDA CENTER、前回に来たときはまだ正面入口部分(写真左)が工事中でしたが、今回はすっかり完成していたうえに、2階テラス部分にレストラン(写真右)が出来ていました。

開場前でも、このレストラン「GRAND TERRACE」には中に入ることができるので、セキュリティ・チェックを受けチケットをスキャンしてもらってテーブルへ。みんなが行列に並んでいる間、旦那さんとディナーしながら、開演までゆったり過ごしました。

d0221584_9361740.jpg暖冬のL.A.とは言え夜は冷えますが、ストーブもガンガンに点いているので全く問題無し。
ツナ・タコスやモッツァレラチーズとベーコンのピザを頂きました。

そしてデザートに頂いたのは「PEPSI FLOAT CAKE」。ウェイターの説明が、ペプシにケーキが浮いていて更にアイスクリームが載っている、と言ったように聞こえたので思わず、そいつは寒いだろうと思い、
「Too cool.」
って言っちゃったら、案の定もの凄く勘違いされて、
「PEPSI lover?」
なんて、言われちゃう、相変わらずのおとぼけ英語ですf(^_^;。

d0221584_9364840.jpgそして出て来たのは、見た目は普通のチョコレートケーキ、アイスクリーム載せ。
でも、このケーキかなりしっとりしていて、ペプシがたっぷり染みこませてあるのか、ペプシを練り込んで焼いてあるのか解りませんが、言われてみればほんのりペプシの香り? 位な感じのチョコレートケーキ。だけど、大抵はパッサパサのこちらのケーキを考えたら、超しっとりですから美味しかったですよ。とは言え、ここはアメリカ、激甘なのは言うまでもありませんf(^_^;。



■NITORO CIRCUS
http://nitrocircus.com/
■HONDA CENTER
http://www.hondacenter.com/




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-01-28 09:49 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 14日
「DISCOVER THE DINOSAURS」は、正しく子供向けでした。
先週金曜日、朝のニュース番組の合間に流れたテレビCM。それが「DISCOVER THE DINOSAURS」でした。
この金と土日にロサンゼルス・コンベンション・センターで開催、とあったので恐竜好きの旦那さんは即決。週末に行こう!と言う事になりました。

d0221584_8254342.jpgそして出かけた土曜日。ロサンゼルス・コンベンション・センターの駐車場に入ろうとしたその時、目の間にこれと同じ電光掲示板がありました。
ガーーーーーン!!Σ(゚д゚lll)。

え、そんなに人気なの? CMを見た限りではそんなにイケてる感じじゃなかったのに?(失敬!) 
で、仕方無く断念。だけどすっかり「気分は恐竜」になっている旦那さんは、折角ここまで来たのだからと、近くの博物館、NATURAL HISTORY MUSEUM OF LOS ANGELES へ予定を変更。ここなら恐竜の化石が見られますから。

ところが、ガーーーーーン!!第2弾。
ここでは入口に長蛇の列が出来ていて、とてもすんなりとは入れなさげ。同じ事を考える人がたくさんいたんですね。泣く泣く諦めて帰宅の途に着きました。

そして自宅でネットを確認すると、オンライン・チケットの販売は一時中止状態。午後7時に復活すると言う事でしたが、私的にはほぼ諦めていました。
で、気がついたら夜の8時過ぎ。ああ、もうチケットは売り切れているかも、と思いつつサイトにアクセス。すると幸運にも、チケットゲットーーーー! 旦那さん、大喜び。

と言う事で、翌日曜日のリベンジとなりました。

日曜日、昼前に自宅を出発。ロサンゼルス・コンベンション・センターの駐車場には、前日同様「DYNO SOLD OUT」の電光掲示板。だけで、チケット持ってるもんねー(^_^)vと、中へ進むと駐車場の係員までも「チケットは持ってる?」と確認してくる程。まあ、駐車料金払った後に、チケット無くて入れなかったから駐車料金を払い戻せと、言いがかりを付けられたら、そんなの係員だって願い下げですよね。

d0221584_8264421.jpg駐車場は思いの外空いていてすぐに停められました。
だけど、何もかもがそうすんなりと行きません。
会場西ホールBへ向かうと、親子連れが続々と同じ方向に進みます。この時点でちょっと嫌な予感。
そして、案の定。ホールBの入口からダーーーーーーーー、と続く長蛇の列。
その列は建物の外へと続き、反対側の建物の前でUターン。と言う事で、写真のようになってました。ちなみに写真右側にホールBのある建物入り口があります。

一体何時間かかるのか? 
だけど、日本と違って人と人との距離を保った列なので、思ったよりは早かったかな? 入口にたどり着くまで1時間半ほどかかりました。あ? 充分長かったですねf(^_^;。まさにディズニー・ランド並み。

途中、来場者の子供たちの様子を観察したり(恐竜柄のTシャツを着ている子も多かったし、既に恐竜のぬいぐるみを抱えている子もいました。それに意外と女の子も多いのには目から鱗でした。)、売店でサンドイッチを買って来て並びながら昼食を摂ったり、そこそこ上手に時間を潰しました。

d0221584_8273037.jpgそして、やっと、入場! 
って、「ジュラシック・パーク」極似のゲートや書体に苦笑。
やはり「恐竜」と言えば「ジュラシック・パーク」なんですよね〜f(^_^;。
あ〜んど、会場内のなんとも簡素な設営にビックリ。一応順路を作っていますが、仕切りは黒いカーテンのみ。ヒラヒラめくれて隣のディスプレイが丸見え。
料金が $20(約2,100円※)とこの手のイベントにしては少々お安いので、仕方無いと言えば仕方無いかな?

d0221584_8281353.jpgd0221584_8284714.jpg
おまけに肝心の恐竜のスタチューはと言うと、電動式で動くギミック付きですが、あまりお金をかけていないことは一目瞭然。中にはキズや、はがれがあるものも。
だけど、その理由がよくわかりました。
だって、子供たちが容赦ないんですもん。
きっと、恐竜に会えて大喜びなんでしょうね。手の届く所は全て触りまくり。手が届かなくても柵をくぐって、恐竜にハグ。オイオイ(^ ^;。
d0221584_8305935.jpgd0221584_8311744.jpg
d0221584_91642.jpgd0221584_830673.jpg
▲自分のぬいぐるみの恐竜を、くわえさせちゃう子も。

d0221584_8313864.jpg無造作に通路に飾ってある固定スタチューに至っては、勝手に登って記念撮影。係員も全く注意する気無し。
「お母さん、それライド用じゃないので、首が折れたら大変ですよ」
って、こっちが心配するくらい、みんな自由。ま、それだけ楽しんでいるからいいのかな?

ウチの旦那さんもこんな出来の甘い恐竜たちで、さぞやガッカリしているのではと思ったら、子供と同じようにはしゃいでいるアラフィフ男。ま、楽しんでいるなら何よりですf(^_^;。

d0221584_8323763.jpg
d0221584_8331343.jpgd0221584_8333087.jpg
だだっぴろい物販コーナーもあり、これだけの恐竜関連グッズを良く集めたなーって思うほどの品数でしたが、オリジナルグッズは無し。しかも、クリスマス前のトイザらスなんて目じゃないほどの荒れっぷり。Tシャツに至っては、まるで洗濯物のように山積みになってました。

d0221584_8341899.jpg
物販コーナーにいた恐竜。彼はこのイベント一番の残念な恐竜でした。

なぜなら、彼のプロポーションが↓これ。
d0221584_8354439.jpg
丸太かと思っちゃった。

そして最終コーナー、いわゆるプレイランド。
(既にここにたどり着く前に、子供たちは充分「プレイ」してますけどねf(^_^;。)
d0221584_8362951.jpgd0221584_836481.jpg
d0221584_8372513.jpg化石発掘コーナーに、バルーンの巨大遊具。フェイス・ペイントも長蛇の列。

d0221584_8382667.jpg

d0221584_838585.jpgそして一番人気は、別チケットが必要な恐竜ライド「TRICERATOPS & T-REX RIDES」。
昔、日本のデパートの屋上とかにあった、コイン遊具。お金を入れてウルトラマンの背にまたがると、一定時間ウィ〜ンウィ〜ン動くあれ、のゴージャス版って感じです。
▲恐竜の背中のイスに乗った子供は、
ハーネスでくくりつけられてます。


と、正にお子様にとっては遊園地のような所でした。
っつーわけで、大の大人は滞在時間わずか30分。異様な恐竜ブームを見たイベントでした。

このイベント、週末ごとに全米のどこかの州で開催中なので、お近くで開催の際は恐竜好きなお子さんと一緒に出かけてみてはいかがでしょうか? その際は、事前にオンラインでチケットを購入しておくことをお薦めします。


■DISCOVER THE DINOSAURS
www.discoverthedinosaurs.com

※$1=105円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-01-14 09:03 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 12日
ロサンゼルスで右京さんに出会う?
ああ、ペルー旅行のブログが一向に進まないのに、またもや脱線です。

今日は土曜日、旦那さんと車でちょっと出かけた帰り道。いつもあまり通らない通りを走ったら、目の端に何やら懐かしい顔が飛び込んで来ました。
それがこちら。
d0221584_18135225.jpg
って、小さすぎで解らないですよね。

なので、車を降りて近くまで行って写真を撮って来ました。
d0221584_18145310.jpg
右京さんとカイト君のツーショット。
日本のテレビ番組が見られる有料チャンネルのビルボードに、「相棒12」が使われていました。

日本の皆さんには毎週出会える二人ですが、ここロサンゼルスではそうは行きません。(ちなみに我が家はこの有料チャンネルに加入していません。加入すれば毎週右京さんに会えるんですけどねf(^_^;。)

しかも思いがけず、こんな道路端で右京さんに出会えるなんて、奇跡です。あまりに嬉しくて、こんな小さなネタですがブログにしちゃいましたf(^_^;。

日系人が多く住むガーデナでの出来事でした。

d0221584_18154083.jpg
▲それにしてもこの写真、ここがL.A.だって言うのが
イマイチ伝わらないな〜。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-01-12 18:23 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 19日
東京で、はとバスツアーに参加しました。
ちょっと間があきましたが、一時帰国ネタです。

今回の一時帰国で12月の頭に、初めて「はとバスツアー」に参加しました。
以前から母が行きたいと言っていたのでそれに便乗する形でしたが、「はとバスツアー」ってたくさんのコースがあるんですね。ネットで吟味したのですが、既にコース選びからツアーが始まっているような感じでした。

とは言え、人気のコースはやはり既にいっぱいだったり、スケジュールが合わなかったりでなかなか思うようなコースは見つけられませんでしたが、妹がこんなコースを選んでくれました。
とうきょう漫遊記(B)」。

これはゆっくり東京名所を巡る、あまり時間も掛からず値段もお手頃なコース。何度も行った事のある浅草浅草寺や、六本木ヒルズが含まれていましたが、はとバスに乗って眺めたらまた別の顔が見えてくるかも、と妹と3人で参加しました。

ツアー当日、すっかり観光名所となった東京駅の丸の内南口乗り場から合流。ここは、はとバス専用のバス停が幾つも並んでいるんですね。乗るバスを間違えないかちょっと心配になるくらいです。地方から来た観光客らしく、大きな荷物をバスの荷物入れに入れている人も多く、まさに観光のスタート地点です。

観光スポット(1)皇居前広場、二重橋、楠正成像。
d0221584_5505359.jpgd0221584_5511298.jpg
日本に住んでいる時そこそこ近いにも関わらず、なかなか行くことのなかった「皇居前広場」と「二重橋」。テレビでは何度も観ていましたが、その広さに驚きました。二重橋では肝心の橋よりも、手前にある派出所のほうが気になって仕方無かった。。。

d0221584_5515890.jpgd0221584_5521595.jpg
そこから歩いて数分。楠正成像を間近で見学。こんな立派な像があるなんて知りませんでした。


観光スポット(2)六本木ヒルズ。
d0221584_5531775.jpg
d0221584_5533493.jpg
d0221584_5535069.jpg途中、車窓から国会議事堂を眺め、六本木ヒルズの展望台へ。すぐ隣のテレアサショップには行った事があったけど、展望台は初めて。森タワー52Fの展望台「東京シティビュー」。360℃ガラス張りのフロアからは都心が一望出来て壮観でした。やっぱり東京はビルが多いですね。

森美術館にも入れると言うので、10周年記念展の「六本木クロッシング2013: アウト・オブ・ダウト」を鑑賞しましたが、意味不明な作品ばかり。私には難し過ぎたようです。
▲フロアには独創的なクリスマスツリーもありました。夜、ライトアップされたらもっと綺麗だろうなと思います。


昼食ー道灌(どうかん)かがりー
d0221584_5545032.jpgd0221584_555668.jpg
田町駅そばにある和膳「道灌かがり」で昼食。ですが遊覧船の出航時間が迫っているとかで、如何せん時間がない。30分ほどでそそくさと平らげ、あまり味わう事は出来ませんでした。とは言え、用意されていた膳はすっかり冷えていましたので、例え充分な時間があったとしてもさほど味わうことは出来なかったでしょう。


観光スポット(3)隅田川遊覧船。
d0221584_556027.jpg日の出桟橋から写真の船、の後ろに隠れている遊覧船に乗って隅田川を浅草へと上って行きました。
d0221584_5565136.jpgd0221584_557853.jpg
天井はガラス張りになっており、低い橋ばかりの隅田川では橋の裏側が間近によく見えて面白かったです。吾妻橋を越え浅草に近づくと、東京スカイツリーも見えて来ました。

d0221584_558443.jpgd0221584_5582129.jpg
▲ちなみに遊覧船はこちら。さらにスカイツリーと特徴あるアサヒビールタワーとのショットは、この波止場からバッチリ撮れました。


観光スポット(4)浅草観音と仲見世。
d0221584_60222.jpgd0221584_601824.jpg
d0221584_604227.jpg久しぶりの浅草寺。以前に増して観光客が多い事にびっくり。外国人も多く見かけました。以前来たときは、あの提灯が修理中で見られなかったと言う妹。今回は立派な提灯の底まで観る事が出来ました。

仲見世は、平日にもかかわらずなかなかの人出。日本人でも面白いモノがたくさん。外国人にはもっとエキサイティングに映ることでしょう。
d0221584_612395.jpgd0221584_613721.jpg
宝蔵門をくぐり、左手には五重塔。以前は修復中で覆いで隠されていたのですが、今は綺麗になった姿で堂々とそびえていました。

d0221584_624542.jpgd0221584_622612.jpg
▲お水舎(おみずや)の龍神像。その足元の龍がカッコイイ。

d0221584_634485.jpgd0221584_64318.jpg
d0221584_643813.jpgd0221584_642371.jpg
本堂のお参りを済ませてふと東を観ると、そこには東京スカイツリー。黄色く色づいた銀杏と相まったその姿に、時の流れを感じます。


本来ならここでの散策時間は60分。ですが、次は解散場所の東城駅丸の内南口へ戻るだけと言う事なので、ガイドさんに断りを入れ浅草到着時にツアーを離脱していました。なので、時間はたっぷり。

d0221584_653927.jpg新仲見世やさらに仲見世を散策。芋ようかんで有名な「舟和」のお店が多くあるのに気がつきました。芋ようかんやあんこ玉などはどの店でも扱っていましたが、芋ようかんソフトクリームがあるのは、仲見世にある仲見世3号店だけ。芋ようかんが入った「舟月どら焼」も食べたかったけど、残念ながら売り切れ。だけど、ソフトクリームはしっかり食べて来ました。ちゃ〜んとお芋の風味があって美味しかったです♪


d0221584_661922.jpg仲見世の裏通り?、雷門のすぐ左側に新しそうなお店を見つけました。「浅草ラスク」。
のぼりに「テレビ・雑誌でもおなじみ」とありますが、日本では既に有名なお店なのでしょうか? 厳ついはずの風神と雷神がなんとも可愛らしいディフォルメキャラになって、ラスクのパッケージになっていました。こういったモノまでキャラクターにしてしまうなんて、何とも日本らしいですね。


最後は雷おこしをお土産に買って、浅草寺を後にしました。
たまの日本なので、いかにもな場所がなんだか嬉しく思います。それにしても、どこへ行っても人が多いのがちょっと。。。f(^_^;。それさえも日本らしいと言えば日本らしいのでしょうけど。

次は「はとバスツアー」ならではのコースで、真の面白さを体験したいと思うのでした。


■はとバスツアー
http://www.hatobus.co.jp/


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-12-19 06:17 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 17日
「Robo Toy Fest 2013 Dec15」に行って来ました。
d0221584_154330.jpg昨日の日曜日は、Pasadena(パサデナ)のパサデナ・コンベンション・センターで行われた、「Robo Toy Fest(ロボトイ・フェスタ)」に行って来ました。
こちらは5月にも行われた、年に2回あるロボット好きの為のイベント。(前回のブログはこちら

先週随分と冷え込んだ L.A.も、この週末だけはまたもや気温が上昇。特にパサデナは夏暑く冬寒い盆地のような気候なだけに、ひとたび暖かくなると気温はぐんぐん上がって、最高気温は27℃に。日中は暑い位でした。だけど、夜にはぐーんと気温が下がって寒くなるんですから、たまったもんじゃありません。

d0221584_1544742.jpgさてさて、そんなパサデナでのイベント。入口ではこんな愛嬌のあるロボットがお出迎え。
d0221584_1553122.jpgd0221584_1555127.jpg
そして毎度の事ながら、日本のオモチャもたくさん並ぶオモチャ屋さん達がいっぱい。今回は日本のアニメや特撮系の本を取りそろえた本屋さんも出店していました。
d0221584_1561143.jpg
さらに、来年2014年2月に発売になるという新商品「DRAGON DAGGER」の試作品の展示もあって、みんな手に取りそのサウンドに一喜一憂。写真を撮ったりして、発売が待ちきれない様子でした。
ちなみに写真右にあるのは1992年に日本で発売になった「獣奏剣」。アメリカのファンの私物です。こんなに大きさが違うんですね。っていうか、そんな古いモノを、しかも当時日本でも品切れしていた事もあるモノを、どうして海を渡ったここ L.A.のファンが持っているのかとっても不思議です。

d0221584_1591491.jpgd0221584_1593841.jpg
そしてこのイベントの目玉と言えば、このキッズエリアに広げられた、大量のMEGA BLOKS。ここで遊んで作ったブロックは持ち帰り自由。子供も大人も群がって思い思いの作品を作り、そのまま持ち帰っていました。
さらにこのイベントは入場料が無料な上に、入場の際お土産の入った袋ももらえると言うちょー太っ腹なイベント。
それが功を奏しているのか、主催者によると前回よりも入場者数が増えているそうです。地道に成長しているイベントなんですね。

d0221584_15103574.jpg
だけど、毎回コスプレイヤーはとっても少ないのがちょっと寂しいところ。今回は女性版ブラックレンジャーのコスプレイヤーがいました。これからもっと増えてくれるといいのにね。


■Robo Toy Fest(次回は2014年May 4th)
http://robotoyfest.com/
■Brick Boutique
http://brickboutique.com/



★おまけ★
d0221584_15115132.jpgd0221584_15121048.jpg
d0221584_15125371.jpg今回パサデナ・コンベンション・センターのお向かいでは、晴れ渡った青空の下、アンティーク・モールが開催中でした。
石と鉄で出来たアリが、ちょっと不気味ながらも面白かった。
▲モールの中央にはクリスマスツリー。
暑かったからちょっと似合わない感じでした。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-12-17 15:22 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)