カテゴリ:趣味( 252 )
2018年 07月 16日
「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を観てきました
先日、待望の「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を字幕版で観てきました。
d0221584_15342260.jpg

ネタバレあります。



前作の「ジュラシック・ワールド」は、もはやおさらいする必要もないくらいよく覚えています。
なので、予告編の映像にワクワクしながら公開初日に観てきたのですが、前作同様まるで生きているかのように恐竜が暴れまくってました。
あまりに自然なので、残念な事に感動が薄れてしまうくらいでした。

前作から3年後、恐竜が住むヌブラル島の火山の噴火からかろうじて助けられた恐竜11種は、秘密裏に人間界へと持ち込まれ、オークションに掛けられると言う、なんともありそうなお話で更に恐竜がリアルに感じられました。

とは言え、やはり恐竜が叫んで追い掛け逃げ惑う、と言うスタイルから逃れられないので、どうしてもまたか、と言った印象は否めません。
今回もまた人がバクバク食われちゃうので、その点もちょっと眉をひそめちゃいますねf(^_^;。

さらに今回の新型ハイブリッド恐竜、インドラプトルは、前作のインドミナス・レックスの遺伝子を受け継いでいるとは言え、サイズダウンし、ラプトルにより近い印象になっているので、パワーアップした感じがあまり伝わらなかったです。

そして最後は恐竜が人間世界に解き放たれてしまうという、ヘビーな結末。
これまでは恐竜は隔離された別世界のお話だったのが、今作で実生活へと入り込んで来るので、お気楽には楽しめないラストに驚きました。
既に続編があるとの情報に、よりヘビーな恐竜映画になるのか、これまでのように手放しで楽しめないんじゃないかと、ちょっと心配です。


ちなみにこの日は夜にテレビで前作の放映があったため、やっぱり観ちゃって一日中恐竜漬けとなりましたf(^_^;。






〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-07-16 15:38 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 06日
怪獣酒場 新橋蒸溜所へ行って来ました
川崎の「怪獣酒場」には数回行くことが出来ました(その時のブログはこちら)が、昨年出来た新橋の新店「怪獣酒場 新橋蒸溜所」へはまだ行った事がありませんでした。それが、先日ようやく行くことが出来ました。
d0221584_23440688.jpg
新橋駅前のビルの地下にあるという事ですが、うっかり地上に出てしまい、キョロキョロ。地下へ降りると割とすぐに見つける事ができました。
d0221584_23440686.jpg
趣ある入口にワクワク。
川崎では長蛇の列に並びかなり待たされましたが、平日で時間が幾分早めだったせいなのか、天気が悪かったせいなのか、いつもそうなのか解りませんが、嬉しい事にまだお客さんがまばらでゆったり店内を見て回る事も出来ました。
d0221584_23440732.jpg
入口でジャミラの口へ手を入れるイニシエーションは変わらず、物販コーナーもありましたが、ほぼ真四角な店内はかなりスッキリした印象でした。

蒸留器にもたれかかるピット星人。あれ?もう一人はどこかしら?
d0221584_23440782.jpg
d0221584_23445421.jpg
d0221584_23445532.jpg
壁面のステンドグラスがとても綺麗でした。店内のモニターにはウルトラシリーズのDVD紹介映像が流れ、精巧なフィギュアの展示もされていました。
d0221584_23440738.jpg
テーブルに着くとオリジナルのコースターが。もちろんお持ち帰りOKの品です。
d0221584_23445540.jpg
d0221584_23451880.jpg
そして、取り皿も新橋蒸溜所オリジナル。素敵です♪(こちらはお持ち帰り出来ません)


メニューも新橋蒸溜所オリジナルがあります。
d0221584_23451883.jpg
川崎では巨大海老フライがそそり立っていたツインテールは、ここ新橋蒸溜所では「特製ツインテールカツサンド」に。
その奥にあるのは、クレージーゴンの「鉄分をくれ!」(和牛レバーのオイル煮)。

見たことのあるバルタン星人のハサミ型の器にはサーモンといくらが載った、「赤色凍結光線カルパッチョ」。
d0221584_23451912.jpg
おどろおどろしい色合いのカレーは、ペロリンガ星人の「サイケデリック・カレー」
d0221584_23454752.jpg
と、ほかにも怪獣テーマのメニューも豊富。見た目が凝っているのはもちろんですが、美味しいから嬉しいですね。

ドリンクも色々あって、こちらは「カネゴンの繭」。グラスの足元にある綿菓子を自分でグラスの中へ溶かしながら頂きます。
d0221584_23454834.jpg
カクテルとノンアルコールと両方あるのも、下戸の私には嬉しいサービスです。

さらに、スーベニアカップのドリンクも5種類くらいあったのですが、今回注文したのはこの3種類。
さて、何の怪獣がテーマか解りますか?
d0221584_23454885.jpg
左がダダ、右がマグマ星人、
d0221584_23465129.jpg
そして、ナースです。

私はナースを飲んだので、帰りに箱に入った新品のグラスを頂いてきました。
上部に頭があり、下部には尻尾。可愛いです(^_^)v。
d0221584_23465139.jpg
d0221584_23465281.jpg
帰りに物販コーナーでお買い物をしようと思ったのですが、残念ながら今回は買いたいモノが見つからず。。。。新橋蒸溜所オリジナルの小皿が欲しかったのですが、こちらの販売はないとのこと。。。と〜っても残念。
なので、このナースのグラスが唯一のお土産となりました。
(コースターは一緒に行った人に差し上げちゃったので)


アメリカから5年ぶりに帰国した知り合いと一緒に行ったのですが、彼がとても喜んでくれて嬉しかったです。






〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-07-06 23:57 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 30日
「ハン・ソロ」を観てきました
昨日公開となった「ハン・ソロ スター・ウォーズ ストーリー」を字幕版で観てきました。
d0221584_14162340.jpg
アメリカでの評判は今ひとつと聞いていたので、あまり期待せずに観ることにしました。



ネタバレあります。



前半は画面が全体的に薄暗く、登場人物の表情どころか顔の判別するのも難しいくらい。観ていてちょっと疲れました。
また、ハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクはおよそハリソン・フォードとは似ても似つかず、芝居で寄せているのかと思いきや、そーでもないんですよね。せめて口癖とか決めぜりふとか、お調子者感とか出ていると良いんですが、どうにもこうにも別人としか思えない。。。。

反面チューバッカはあのまんまなので安心しました(^_^)v。日本のプロモーションで、チューイがイベントやTV出演していた理由がわかった気がします。

さて、内容ですがハン・ソロの生い立ちなどが明らかになるのかな?と思いきや、さほど掘り下げることもなく、彼の師と仰ぐ人が現れるのかと思ったら、中途半端な立ち位置のベケットなる人物が登場。彼に”あの”銃をもらったりするんですが、これもどーでもイイ感じで渡されちゃうし、初めてミレニアム・ファルコンを操縦して飛び立つシーンも、特に溜めることもなくあっさり引き絵で飛び立っちゃうし。どうもこちらの萌えどころがことごとくスルーされている感じ。。。

さらに、誰もが嘘つきなので騙し合いは観ていて疲れるというか、心がすさみます(;´Д`)。。。
なんか、アメリカでもあまり当たらなかった理由がわかったような気がします。


そして最後まで謎だった恋人キーラ。
彼女がその後のエピソードに繋がるのか繋がらないのか、全く理解出来ないままでしたので、ちょっともやもや感も残る映画でした。






〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-06-30 14:19 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 27日
「オンリー・ザ・ブレイブ」を観てきました
先日、「オンリー・ザ・ブレイブ」を字幕版で観てきました。
d0221584_16014027.jpg

ネタバレあります。



実際にあった山火事に基づいたストーリーという事ですが、「あったような気がするなぁ」くらいの気持ちでした。
何せ、アメリカってホント、山火事が多いんです。
私達が駐在していた4年ほどの間でも、ニュースでは頻繁に山火事のニュースが流れていました。アメリカは広いし、森林も多い。さらにカリフォルニアは乾燥しているし、内陸にはもっと乾燥する地域がたくさんありますから。
なので、最後の結末を見るまでどの山火事の事かな?くらいにしか思い出せませんでした。

その山火事を中心に派手な演出で見せるのかな?と思っていたら、小さな街の消防隊が森林消防隊の精鋭である「ホットショット」を目指して頑張る姿、そのメンバーのそれぞれの苦労や、問題の山火事までの間も様々な森林火災の鎮火に尽力している姿が丁寧に描かれている作品でした。

私たちが知る建物火災とは違い、森林火災独自の火事との闘い方も独特で、知らないことばかり。彼らの命がけの仕事の大変さを知ることができました。

隊員それぞれに感情移入してきたクライマックス、遂にあの山火事が起こります。
結末を覚えていない身としては、ハラハラドキドキ。誰が死んじゃうの? と不安もつのりながら見ているとまさかの結末。
そこで、「あー! そう言えばそんなニュースだった。。。。」と、その悲惨な結果にようやく当時のニュースを思い出しました。

新人1名を残し、19名が全員死亡。。。。あまりに切ない結末に気分はどよ〜ん。彼らの栄光を讃えるよりも、やはり痛ましい気持ちがつのります。

エンディングでは、実際の隊員が写真で紹介されますが、雰囲気のよく似た役者をキャスティングしていることが解ります。役者のほうも役作りで寄せているのかもしれませんが、それにしてもまさか隊長のマーシュを演じていたのが「アベンジャーズ|インフィニティ・ウォー」のサノスだったとは。。。。後から知って驚きました。あの役者さんは化ける人なんですね。





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-06-27 16:04 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 12日
人魚の眠る家を読みました
久し振りに本を読みました。
東野圭吾の文庫の新刊「人魚の眠る家」です。
d0221584_11405105.jpg

本屋の平積みでタイトルを見たとき、高橋留美子の漫画「人魚の森」を思い出しました。あの人魚シリーズ、大好きなんですよね。

元々東野圭吾の本は好きなのですが、そんな思いもあって手に取りました。


冒頭こそ、近しいイメージをもたらす描写がありましたが、読み進めるうちに全く違っていて、しかもこれまで私が好んで読んできた殺人事件のミステリーでも無い内容に新鮮さを感じつつ、グイグイ引き込まれて行きました。

更に臓器移植に関する問題がこんなにもあるのかと、目から鱗な事ばかりでした。



by suneya-m | 2018-06-12 11:30 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 08日
「デッドプール2」を観てきました
先日、「デッドプール2」を字幕版で観てきました。
d0221584_16333414.jpg


ネタバレあります。


突然衝撃的なシーンで始まるので、え?となりましたが、内容的には、前作同様グロくておちゃらけ満載の映画でした。
と言うか、グロさは前作以上ですね。だって、腕ちょんぱ、足ちょんぱのみならず、首もぶっ飛びまくり。
デップーのお下品なセリフも満載で、観ていて「あ〜あ」って呆れちゃうシーンもたくさんですが、それがこの作品の持ち味なんですね。

今回はデップーだけでなく、特殊能力を持ったハチャメチャな仲間が増えました。
敵役のケーブルも個性的、っつーか、「アベンジャーズ|インフィニティ・ウォー」のサノスを演じたジョシュ・ブローリンが演じています。劇中でもデップーは登場早々、「サノス」って呼んだりしてたんですが、全く気付きませんでした(笑)。

さらに、ちょいちょいウルヴァリンのローガンとか、X-MEN のメンバーが画面に現れますが、デップーと絡むことなく、あからさまにフィルムを拝借、って感じでした。

ちょいちょい他の映画をおちょくったりして、クスッと笑わせてくれます。
ほんと、主役のライアン・レイノルズが製作・脚本も兼任しているだけあって、彼のやりたい放題って感じでした。
だって、彼自身を自分で殺しちゃうシーンとかまであるんですからね。

ホント、ハチャメチャな映画でした。

と言いつつ、結構楽しかったし、ちょっとジーンってさせられちゃったりしましたf(^_^;。








〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-06-08 16:36 | 趣味 | Trackback(1) | Comments(0)
2018年 06月 05日
ミネラルフェアに行って来ました
昨日、新宿のハイアット・リージェンシー東京の1階で開催されていた「第31回東京国際ミネラルフェア」に行ってきました。
d0221584_13070826.jpg

こういう催しがあるなんて全く知らなかったのですが、アメリカで体験したオタクイベントというか、スーフェスとどこか似た雰囲気を醸し出していました。

会場内は残念ながら撮影できませんでしたので、旦那さんの買ったものをご紹介します。
d0221584_13072815.jpg

よくわからないけど、キラキラした綺麗な石ですσ(^_^;)。
他にももっと綺麗な宝石とか水晶とか翡翠とかいっぱい売ってたんですけど、旦那さんは目もくれずって感じでした(笑)。

そして最後に第2会場で見つけたこちら。
d0221584_13074739.jpg

500円で三葉虫が手に入るかも知れないと、旦那さん意気揚々。とは言え最終日ですからね、良いものはもう残ってないんじゃないかしら?
d0221584_13080673.jpg

同じような石の中から選んで、係りの人に専用の機械で慎重に割ってもらうと…
d0221584_13082791.jpg
d0221584_13091508.jpg
d0221584_13093482.jpg

ガッツリ大きな三葉虫が出てきました。係りの人も驚くほど立派なもので、旦那さんガッツポーズ。この日一番の収穫でした。

私の収穫といえば、会場の目の前のある「人形町今半」で頂いたランチ、ステーキ丼かな。
d0221584_13095798.jpg

お肉が柔らかくて美味しかったです(^-^)v。




by suneya-m | 2018-06-05 12:54 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 24日
「ランペイジ」を観てきました
先日、「ランペイジ 巨獣大乱闘」を字幕版で観てきました。
d0221584_16571754.jpg
主演がドウェイン・ジョンソンなので、ド派手なアクションであることは間違いないですね。

ネタバレあります。




ドウェインは製作総指揮もやっているんですね。どれだけこの作品に入れ込んでいるのやらf(^_^;。
なるほど、いつも以上に何でも出来るスーパーマン的な役どころでしたf(^_^;。

言葉を選ばずに言えば、単純で突っ込みどころも満載な映画でしたが、ドカドカとビルをぶっ壊す様は爽快でした。

狼もアリゲーターも巨大化するに従って、その風貌もモンスター化していくのに、何故か、主人公と親交のあるゴリラだけは巨大化凶暴化してもその風貌は変わらず、ラストは解毒剤(?)を経口摂取して人類の味方に転じる、まさにキングコング状態。
ハッピーエンドにしたかったんだな〜って感じでした。

旦那さん曰く、
「予告編を観る限り、ドウェインが巨大化の薬を飲んで戦うのが一番面白いと思う」
なーるほど。
今後はその方向で続編作るって言うのはどうかな?(笑)。







〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-05-24 16:59 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 15日
「ジ・オリジン6」を観てきました
先日、「機動戦士ガンダム ジ・オリジンVI 誕生 赤い彗星」を観てきました。
d0221584_13180964.jpg

ネタバレあります。


前作の「激突 ルウム会戦」が昨年の9月でしたので、またもや8ヶ月という長い時間を経ての上映です。
スミマセン、なので前作の印象はほとんど残っていない状態での鑑賞となりましたf(^_^;。

しかも、今回が最終話です。さて、どんな映像となるのやら。

冒頭では、艦隊による戦いなので、およそ私が知る「ガンダム」とはかけ離れた戦場シーンで、以前のブログでも書きましたが「宇宙戦艦ヤマト」を観ているようでした。

ですが、今回はシャアの赤ザクや黒の三連星などが乱入し活躍しますので、やっと「ガンダム」らしさを感じる事が出来ました。

今回も素晴らしい丁寧な作画に脱帽ですが、特に気になったのはそのセリフ回し。
会話に含みを持たす、真意を表に出さないセリフで、さらに語尾に「〜できましょう」と言ったような、まるで古典のような言い回しがすごーく気になりました。
場の雰囲気は伝わるのですが、若い人には理解しにくいだろうな〜なんて、要らぬお世話を考えてしまいました(笑)。

これで「ジ・オリジン」の映像化は完結だそうですが、出来ればこのままTVシリーズのリメイクに突入しちゃってください、って感じなので、残念です。

それにしても、カイさん、ひどく悪人顔だったな〜(笑)。







〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-05-15 13:20 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 11日
ジーンズでバッグ
今年のゴールデンウィークはお天気も良かったけど、旦那さんがめっちゃ仕事漬けだったのでどこへも行かずにほぼ引きこもってました。ま、旦那さんを置いて一人で出かけても良かったんだけど、先月ドバイ旅行してますからね〜f(^_^;。(その時のブログはこちら

なので、ほぼゲーム三昧の日々だったんですけど、それぢゃいくら何でもイケナイと思って、ちょっとだけ創作活動。

何という事は無い、履き古したジーンズを捨てるに捨てられなかったので、バッグにリメイクしてみました。
d0221584_13560465.jpg
ベルトの部分とか結構凝ったデザインのジーンズで、お気に入りだったんです。
d0221584_13560480.jpg
まずは脚の部分の内側を縫い目に沿って切断。
さらに、腰回りと脚の部分を切断。

脚の前身頃部分を繋げてショルダーを作成。

脚の後ろ身頃の一部を使って、バッグの底面を作成。

これを腰回りに縫い付けて、ってもの凄くスムーズに行っているように書いてますけど、ミシンと相性が悪いので全行程手縫いなので、地味〜な作業です。
デニムって生地が厚くて硬いから指先が痛くなりましたけど、時間だけはあるのでひたすらチマチマ縫いまくり。
d0221584_13561014.jpg
さらに内側、裏地というか内袋を余っていたミニオン柄の布地で作成。
ポケットまで付けちゃいました。

これを裏返してバッグに縫い付けます。
d0221584_13565560.jpg
そして、ファスナーを縫い付けて、これが一番厄介だったかな。
d0221584_13565957.jpg
何しろやったことがほとんど無かったので、キチンと左右対称にしないとファスナーの滑りが悪いったらありゃしない。端の始末もよくわからなかったので自己流です。
もう少し最後の部分に余裕を持たせたら良かったと、若干後悔するものの、縫い直しはちょー面倒なので却下。
あ、縫い目はあまり見ないでね〜f(^_^;。

細かい事ですが、リングも取り付けました。
これは、家の鍵を引っかけたり、suicaのケースを引っかけたりと、何かとバッグの中で迷子になりやすい子を救済するため。
内袋に仕切りを作っても良かったンだけど、それだと使い勝手が制約されちゃうかな〜と思ったのと、内袋を完成させた後で思いついたので直すのが面倒だったからですf(^_^;。

と言うわけで、ちゃっかりミニオンのリフレクターも付けて、ジーンズバッグ完成〜。
d0221584_13570101.jpg
多少形がイビツなのはご愛敬で許してね。行き当たりばったりで作ってますからf(^_^;。


リフレクターと言えば、先日雨降る夜に車の運転をして思ったんですけど、歩行者がとにかく見えない!
なので、バッグや靴、服などどこかに必ずリフレクターを付ける、って義務化しちゃえばいいのに。もしくは、衣料を製作するメーカーは必ずどこかにリフレクターもしくはそれに準ずる素材を使用しないとイケナイとか、って法律良くないですか? と思ったので文字にしてみました。

横断歩道で靴に二本光るラインが入ってた人、颯爽と歩いていてカッコ良かったわ〜。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-05-11 14:02 | 趣味 | Trackback | Comments(0)