2011年 10月 18日
Walt Disney World へ行って来ました!<2日目・その1> 【Disney's ANIMAL KINGDOM Park】
d0221584_727954.jpg
(←今回の旅行スケジュールは左の通り。
前回のブログをご覧頂くとより詳しく解ります。)

※「ファインディング・ニモ:ザ・ミュージカル」が抜け落ちていましたので、[ダイノランドUSA]の部分に追加しました(2011/10/19)。

(写真やmapはクリックで大きくなります)


昨夜チェックインした「Animal Kingdom Lodge JAMBO HOUSE」で迎えた最初の朝。
窓の外には、サバンナの朝の風景が広がっていて、とても気持ちの良い朝でした。
さあ、今日は早速お目当てその2【Disney's ANIMAL KINGDOM Park】を堪能するべく、朝食も取らずにシャトルバスでパークへ向かいました。


【Disney's ANIMAL KINGDOM Park】
d0221584_729720.jpgこの日「Disney's ANIMAL KINGDOM Park」の開園は朝9時。
余裕を持って部屋を出たつもりですが、シャトルバスがなかなか来なかったのと、Walt Disney World (WDW)内が思っていたよりも広く、ロッジのすぐ隣のはずの「ANIMAL KINGDOM Park」に行くのにも10分くらいはかかり、到着した時にはちょうど開園したところでした。

各ホテルからのシャトルバスが次々と到着して、入口はどんどん人が増え手荷物チェックの列が伸びていきます。
入場前に必ずある手荷物チェック。手荷物の無い人は別ゲートでどんどん入場出来るので、急ぐ人は手荷物無しがお薦め。
とは言え、カメラも持って行きたいし、財布もあるし手荷物無しって結構難しいですね。

手荷物チェックをクリアしたら、赤ちゃんシンバがお出迎え。
d0221584_7303582.jpgd0221584_8165462.jpg
そして、写真右がチケット売場。
でも、今回の旅行ではロッジを予約した際にパークチケットも購入済み。ちなみに4泊5日の旅行ですが、パークチケットは3日分 with Park Hopper にしました。
with Park Hopper にすると、1日の内に二つのパークを行き来できるので便利です。しかも、このチケットはロッジのルームキーにチャージ(?)されているんです!

今回驚いたのは、このルームキー! 
d0221584_7313170.jpg部屋のロック解除はもちろん、パークの入場チケットでもあるし、なんと! 買い物も出来ちゃうんです!!!
WDW内の施設なら、買い物も食事もこのカードキーを出すと全てルームチャージになり、チェックアウト時に一括精算される仕組み。
これが、ちょー便利でついつい買い物に拍車がかかります。う〜ん、WDWの策略に填っている?!


[ディスカバリー・アイランド]
さてさて、ゲートでルームキーを差し込み指紋を登録。無事に入場し[オアシス]を抜けると、まずは幹の太い大きな木が目に飛び込んで来ます。
d0221584_733774.jpg
ANIMAL KINGDOM Park」のシンボルでもあるツリー・オブ・ライフ。幹には様々な動物のレリーフが。
ちなみに、これらの写真は日が傾いた夕方のもの。夕方の方が陽射しの角度が良いので、樹が映えます。
d0221584_7335472.jpgd0221584_734329.jpg

d0221584_7351273.jpg
ツリー・オブ・ライフの左手を回って[アフリカ]へ。
ここでは、お目当てのアトラクション「キリマンジャロ・サファリ」に向かってまっしぐら。
d0221584_1441059.jpg
↑「キリマンジャロ・サファリ」はmap左上の黄色6。
(見づらい地図ですみません。一応mapや写真はクリックで大きくなります)

[アフリカ]
d0221584_736156.jpg「キリマンジャロ・サファリ」は専用のツアートラックに乗り込んで、サバンナの中を動物を眺めながら進む、いわばサファリパークのようなもの。動物たちが暑さでだれる前の朝一番がお薦めと知り、今日のトップバッターアトラクションとなりました。
幸いまだ人も少なく、待ち時間も10分! ラッキーです。
開園したばかりとはいえ、やはり夏休みも終わりサンクスギビングまでまだ間のあるこの時期は、どこの娯楽施設も空いているらしく、天下のWDWも類に漏れないようです。

d0221584_737331.jpgさて、ツアートラックは森の中をゆっくり進み、途中カバやワニの集団を眺め、やがてサバンナに出ます。
d0221584_7381060.jpgすると、いますいます、いろんな動物たちが。そしてこんな巨木がいくつもあって、サバンナの雰囲気を盛り上げています。
d0221584_7383174.jpgキリンなんて、あまりに近いし逃げもしないので、作り物と疑うほど。
帰ってきた今でも、やっぱり作り物だったんじゃないか?と疑心暗鬼になっています。
d0221584_7393783.jpg
d0221584_740781.jpgd0221584_739133.jpg
他にも角の大きなAnkole Cattle(アンコーレ牛)やゾウ、d0221584_740445.jpgd0221584_74167.jpg
サイそしてライオンを見ることが出来て、大満足でした。

d0221584_7424246.jpgこの[アフリカ]には、絶滅の危機に瀕しているローランドゴリラなどを見ることが出来る「パンガニ・フォレスト・エクスプロレーション」(map黄色7)もあり、珍しい鳥と共に観察することができます。


[アジア]
次は隣の[アジア]へ。
d0221584_7433959.jpgd0221584_744790.jpg
ここでのお目当ては、山岳列車型ジェットコースター「エクスペディション・エベレスト」(map15)。
まだ午前中なので、こちらのジェットコースターも大した待ち時間ではなく、雪男イエティ(YETI)の博物館の中を通り抜けて、すんなり乗車。思わぬ方向転換に絶叫して、ノドがカラカラになっちゃいました。

d0221584_745482.jpgd0221584_7452729.jpg
ここにはコモドドラゴン、大きなコウモリや陸ガメ、虎をゆっくり歩きながら見学できる「マハラジャ・ジャングル・トレイル」(map13)もあります。
d0221584_746196.jpg
[アジア]ではドリンクを売っているカートもかなり独特でした。

[ダイノランドUSA]
次は、旦那さんが大好きな恐竜のコーナー[ダイノランドUSA]に向かいます。
d0221584_14384681.jpgが、アジア側から「ダイノランドUSA」に入ると最初にあるのは何故か「ファインディング・ニモ:ザ・ミュージカル」(map18)のシアター。
1日に5〜6回公演があるので、時間をチェックしてから訪れるのが良いでしょう。
さて、ショーの内容ですが、魚ばかりの出演者となるわけで、一体どんな風に表現されているのか、とても興味深かったのですが、それは「ライオン・キング」のミュージカル同様、パペットが大活躍でした。
ストーリーは映画に忠実ですが、さすがに20分ほどに圧縮されているので、省かれているエピソードがあるのは仕方の無いことですね。
でも、私の好きな鰯の大群のシーンがあったのは嬉しかったです。


そしていよいよ恐竜たちの中へ向かいます。
d0221584_7462536.jpgまずはアメリカの古い移動型遊園地を思い出させるような「フォッサル・ファン・ゲームズ」(map17)。
d0221584_750983.jpgトリケラトプスの「トリケラトップ・スピン」(map20)は子供に人気でした。

d0221584_751087.jpg自分が大人であることをすっかり忘れた旦那さんは、「ボーンヤード」(map16)で一緒にいるのが恥ずかしくなるくらい、恐竜の骨に触ったり、登ったりと子供に帰っていました。

d0221584_7523857.jpgd0221584_753340.jpg
Disney とマクドナルドが共同で高額落札したという恐竜の化石(レプリカ/写真左)や、もしかして実物大以上?と思われるほど大きな恐竜が横たわっていたりと、この「ダイノランドUSA」は文字通り恐竜だらけ。
d0221584_7533933.jpg
ここでのお目当てのアトラクションは「ダイナソー」(map21)。
d0221584_754301.jpg入口には「暗くて怖い恐竜」に注意を促す看板が。
いざライドに乗り込むと、本当に暗くて怖い! 
何が怖いって、暗がりからいきなり恐竜のデカイ顔がヌッと出てくるので、ギャー!って感じで迫力満点! 小さい子供だったら絶対泣いちゃいそうでした。
でも、ウチの旦那さんは喜んでいたわりに冷静で「暗すぎて恐竜がよく見えなかったのが、残念だ」なんて言ってました。どんだけ、恐竜が好きなんだか。。。。

d0221584_7553268.jpgd0221584_755812.jpg
この日の昼食はこの「ダイノランドUSA」の中にある「レストラント サウルス」(mapP)で、ナゲットとシュリンプ・サンドイッチ、サラダを頂きました。
メニューは恐竜っぽく無かったですけれど、店内の装飾はバッチリ恐竜だらけです。

[キャンプ・ミニー・ミッキー]
次は最後となった[キャンプ・ミニー・ミッキー](map左下)。
ここにはミッキーやミニーに会える「グリーティング・トレイル」(mapピンク5)がありますが、向かったのはロッジでも勧められた「フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング」(mapピンク4)。
d0221584_7565364.jpg
香港のディズニーランドでも、同名タイトルのミュージカルショー(ブログはこちら)があったのですが、内容がちょっと違っていました。
d0221584_7571941.jpg
キリンのほかにゾウ、プンヴァ、シンバ達も登場。4人の歌い手を中心にライオン・キングの名曲を歌い上げ、踊ります。


最後にもう一度「ツリー・オブ・ライフ」のある[ディスカバリー・アイランド](map中央)で、お土産を物色。もちろん、ここへ来るまでにも各エリアでSHOPはチェックしているんですが、最終防衛ラインはやはりクリアしておきたい物。
と言うわけで、【Disney's ANIMAL KINGDOM Park】でのお買い物はこちら↓。
d0221584_7583899.jpg
[アジア]で買った大判タオルと、旦那さん用パーカー、自分用のBag。
d0221584_14415567.jpg「フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング」のCDは、微妙なアレンジが加えられているので、映画とはまた違った印象です。
また、葉っぱにくるまったシンバのぬいぐるみは、シリーズがたくさんあってキャラクターもサイズも色々ありました。
そして、最近コレクションしてしまうのが、ショットグラス。
これは「ファインディング・ニモ」に登場するカモメたちが描かれています。

と、【Disney's ANIMAL KINGDOM Park】はここまで。
今回は時期や時間が良かったのか、特にファストパスを使ったりすることもなく見て回れましたが、場合によっては人気の「キリマンジャロ・サファリ」や「エクスペディション・エベレスト」などは、ファストパスを活用するとより効果的に回れるかも知れませんね。

この後夕食を食べに【DOWNTOWN DISNEY】に行くことにしましたが、それまた次の<2日目・その2>で。

Walt Disney World http://disneyworld.disney.go.com/

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-10-18 09:13 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(1)