2018年 12月 21日
「グリンチ」を観てきました
先日、「グリンチ」を吹き替え版で観てきました。
と言っても、お目当ては同時上映の短編アニメ「ミニオンのミニミニ脱走」かな(笑)。
d0221584_21313868.jpg


ネタバレあります。

予告編ではグリンチの幼い頃が登場していたので、てっきりひねくれるまでの過程が描かれるのかと、可愛いグリンチが見られるのかと期待していたのですが、全く違っていました。
子供時代のグリンチは、回想シーンに少し登場するだけ。残念。

孤独だというグリンチには「相棒」みたいな犬がいるので、完全な孤独ではないから悲壮感も今ひとつ。
原作が古い絵本なので仕方無いのかもしれないけど、それにしてもストーリーはやはりお子様向け。テンポもちょっと退屈な部分がありましたし、改心するきっかけが緩くて今ひとつ説得力に欠ける感じがしました。

そして観ている内に気付いたのは、グリンチってグルーの元なんだってこと。
でも、お話はグルーとミニオンのほうが断然面白いデスけどねf(^_^;。

アメリカでは昔から誰もが知っている人気のある「グリンチ」ですが、日本では全く知名度がないので日本でのヒットは。。。。。かなり不利ですよね。f(^_^;。どうなるのかな?






〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-12-21 21:34 | 趣味 | Comments(2)
Commented by まこ at 2018-12-22 21:44 x
こんにちは!
ミニオン面白かったですね。グリンチは子供時代がちょっとで残念でした。USJに行ったら、期間限定で子供グリンチいました。ミニオンとグリンチ、可愛いかったです。
アメリカでは有名なんですね、ホームアローンにも出ていたの、今回はじめて知りました(*^^*)
Commented by suneya-m at 2018-12-24 22:05
まこさん>
USJ の子供グリンチはすごーく気になってました。クリスマスミニオン達と一緒になら、ますます可愛いでしょうね! 羨ましいです。
グリンチは日本での知名度が低すぎますよね。しかも、ひねくれ者だから、日本では好かれないかもf(^_^;。
<< クリスマスのドーナツ ロースト・ターキーを食べ尽くす >>