2018年 09月 19日
手作りフォーマルバッグ
今回は、結婚式に出席するためになんとか揃えた洋服に合わせる、バッグのお話。
(前回のブログはこちら

フォーマルなバッグって意外と色も形も限られていて、今回の洋服に合う色のモノは見つける事が出来ませんでした。
なにせ、洋服を緑にしちゃったのでf(^_^;。
と言う事で、巾着っぽくても良いかもと思って、自分で作ることにしました。


まずは布地選び。
d0221584_11281333.jpg
本当はサテンのように光沢があるものが良かったのですが、緑が鮮やかすぎたのでこちらのコットンにしました。
水色っぽい布地は裏地用。
大きめの口金を購入したのは、iPad やお財布も入れたかったから。ほら、クロークって貴重品は NGでしょ? なのでこの際どっちも入るサイズにしました。

口金に付いている作り方や型紙を参考に、少々アレンジ。
d0221584_11281314.jpg
裏地は型紙通りのサイズですが、表地を倍の長さにカット。そして、ミシンが無いのでチマチマ手縫い。

裏地のサイズに合わせて、表地に通した糸を引っ張り縮ませます。
d0221584_11281481.jpg
底に当たる部分にも糸を通して引っ張ると、同じくギャザーが出来ます。
そして裏地と合体。

口金を取り付けると、元のデザインよりもずっとギャザーがたくさん出来ました。
d0221584_11281409.jpg
こうするとちょっとフォーマルっぽく見えるでしょ?f(^_^;

だけど、まだちょっとさみしいので余った布を、細長く縫い、糸を引いてギャザーを寄せて花を3つほど作りました。そのまま縫い付けても良いのですが、安全ピンを付けてブローチ風にして、好きな場所に付け替えられるようにしました。
d0221584_11281463.jpg

この後、横幅が気になったので底の糸をもう少し引っ張ってギャザーを強めにして、横幅を狭めました。そうして完成したのは結婚式の前日。意外とギリギリでしたf(^_^;。
急いで縫ったので指先が痛い〜〜〜f(^_^;。

お陰で初々しい二人を祝福することが出来ました。
着慣れない気取った服を着ると緊張しますけど、素敵な挙式と披露宴でした。
無事にお祝いできてホント、良かった(^_^)v。

今後また出番があるか解らないけど、次はもう少し痩せてもっと綺麗に着こなしたいと思います、、、けど、やっぱり無理かな?f(^_^;。





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-09-19 11:35 | 生活 | Comments(0)
<< 「プーと大人になった僕」を観て... 50代、結婚式にはどんな装いが... >>