2018年 07月 24日
「BLEACH」を観てきました
漫画もアニメも全く知らない状態で、実写版「BLEACH」を観てきました。
d0221584_18115111.jpg

ネタバレあります。






公開前から日米含めて賛否両論会ったようですが、原作を知らない私が観ても、ミスキャスト感が拭えない映画でしたf(^_^;。


福士蒼汰君に関しては今作直前に「曇天に笑う」の予告編で似たような和服姿を見ていましたので、また同じようなキャラ? と思いましたし、朽木ルキアの杉咲花さんは、「無限の住人」では守られる側だったと思ったけど、今度は腕の立つ死神? 殺陣もちょっと今イチなんじゃない? と感じました。
恋次役の早乙女太一さんもチンピラっぽい演技が鼻についたし、白哉役のMIYAVIさんに至っては、お芝居があいたたたたって感じで。。。。ギタリストとしては凄い方なんでしょうけれど。。。

更には、脇を固めるはずの実力派俳優の江口洋介さんの使い方も、もったいない感じですし。。。まあ、原作通りのキャラにするとああなるのかも知れませんが、時には原作に囚われず役者さんの本来の良さを活かした使い方があるのではないかと思います。

特撮やアクションを頑張っているのはよくわかるだけに残念です。
あ、でも、最後のアクションが作り込まれた駅前のセットだったのも、フェイクの看板とかが気になっちゃって、世界観に入り込めない要因のひとつだった気もします。


さらに、旦那さんに聞いたら、「BLEACH」自体、人気が出たのはこの後のストーリーだというではありません。ファンが観たいシリーズをメインに映画化して、今回の一護が死神代行になるエピソードはその冒頭にチラッと付ければ良かったんじゃね? と言う事でした。

とにかく、人気漫画の実写映画化は何かと物議をかもすものですね。








〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-07-24 18:14 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suneya02.exblog.jp/tb/27006173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 31の”ミニオン”メッチャフル... ミニオンふりかけ、リフレクター... >>