2018年 07月 11日
牛タン焼きシャブと、恐竜のたまごシュー
池袋パルコの「ジュラシック・ワールド カフェ」に行った日(その時のブログはこちら)、折角なので、夕食も池袋で食べて帰りました。

こちらの鍋、ご存じですか?
d0221584_22233511.jpg
テレビで観て知ったのですが、紅れや(くれや)の「牛タン焼きシャブ」です。
d0221584_22233596.jpg
白濁のスープの周りをぐるりと牛タンが囲っています。
その下にはたくさんの野菜。中火でじんわりと牛タンの表面に照りが出てほんのり色が変わるまで待ってから、スープでしゃぶしゃぶして特製の濃厚カツ節スープタレか、甘めのポン酢で頂きました。
牛タンなので脂もなくさっぱりして、美味しかったです〜(^_^)v。


さらに、帰りに池袋駅のビアードパパでこんなものを発見しました。
d0221584_22252876.jpg
恐竜のガリガリたまごシュー」と、ぐでたまxSHIRO
こんなものがあるなんて!
d0221584_22252948.jpg
もちろん、旦那さんが恐竜たまごシューで、私がぐでたま。
恐竜はまん丸ではなかったですが、表面はカリカリ、中のクリームはいつもの美味しいカスタードクリームでした。

そして、ぐでたま。
袋から取り出すと。。。。まさにぐで〜、ぶよぶよ。
d0221584_22260133.jpg
とてもシュークリームな感じではありません。むしろお餅のような不思議な食感でした。
中のクリームもちょっと薄味?。
旦那さんに言わせると「たまご感が強い」んですって。
d0221584_22260247.jpg
袋の後ろを見たら、それっぽいイラストがありました。なるほど、これを再現したんですね。





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-07-11 22:33 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suneya02.exblog.jp/tb/26979209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ジュラシック・ワールド 炎の... 空飛ぶペンギンに会ってきました >>