2018年 07月 06日
怪獣酒場 新橋蒸溜所へ行って来ました
川崎の「怪獣酒場」には数回行くことが出来ました(その時のブログはこちら)が、昨年出来た新橋の新店「怪獣酒場 新橋蒸溜所」へはまだ行った事がありませんでした。それが、先日ようやく行くことが出来ました。
d0221584_23440688.jpg
新橋駅前のビルの地下にあるという事ですが、うっかり地上に出てしまい、キョロキョロ。地下へ降りると割とすぐに見つける事ができました。
d0221584_23440686.jpg
趣ある入口にワクワク。
川崎では長蛇の列に並びかなり待たされましたが、平日で時間が幾分早めだったせいなのか、天気が悪かったせいなのか、いつもそうなのか解りませんが、嬉しい事にまだお客さんがまばらでゆったり店内を見て回る事も出来ました。
d0221584_23440732.jpg
入口でジャミラの口へ手を入れるイニシエーションは変わらず、物販コーナーもありましたが、ほぼ真四角な店内はかなりスッキリした印象でした。

蒸留器にもたれかかるピット星人。あれ?もう一人はどこかしら?
d0221584_23440782.jpg
d0221584_23445421.jpg
d0221584_23445532.jpg
壁面のステンドグラスがとても綺麗でした。店内のモニターにはウルトラシリーズのDVD紹介映像が流れ、精巧なフィギュアの展示もされていました。
d0221584_23440738.jpg
テーブルに着くとオリジナルのコースターが。もちろんお持ち帰りOKの品です。
d0221584_23445540.jpg
d0221584_23451880.jpg
そして、取り皿も新橋蒸溜所オリジナル。素敵です♪(こちらはお持ち帰り出来ません)


メニューも新橋蒸溜所オリジナルがあります。
d0221584_23451883.jpg
川崎では巨大海老フライがそそり立っていたツインテールは、ここ新橋蒸溜所では「特製ツインテールカツサンド」に。
その奥にあるのは、クレージーゴンの「鉄分をくれ!」(和牛レバーのオイル煮)。

見たことのあるバルタン星人のハサミ型の器にはサーモンといくらが載った、「赤色凍結光線カルパッチョ」。
d0221584_23451912.jpg
おどろおどろしい色合いのカレーは、ペロリンガ星人の「サイケデリック・カレー」
d0221584_23454752.jpg
と、ほかにも怪獣テーマのメニューも豊富。見た目が凝っているのはもちろんですが、美味しいから嬉しいですね。

ドリンクも色々あって、こちらは「カネゴンの繭」。グラスの足元にある綿菓子を自分でグラスの中へ溶かしながら頂きます。
d0221584_23454834.jpg
カクテルとノンアルコールと両方あるのも、下戸の私には嬉しいサービスです。

さらに、スーベニアカップのドリンクも5種類くらいあったのですが、今回注文したのはこの3種類。
さて、何の怪獣がテーマか解りますか?
d0221584_23454885.jpg
左がダダ、右がマグマ星人、
d0221584_23465129.jpg
そして、ナースです。

私はナースを飲んだので、帰りに箱に入った新品のグラスを頂いてきました。
上部に頭があり、下部には尻尾。可愛いです(^_^)v。
d0221584_23465139.jpg
d0221584_23465281.jpg
帰りに物販コーナーでお買い物をしようと思ったのですが、残念ながら今回は買いたいモノが見つからず。。。。新橋蒸溜所オリジナルの小皿が欲しかったのですが、こちらの販売はないとのこと。。。と〜っても残念。
なので、このナースのグラスが唯一のお土産となりました。
(コースターは一緒に行った人に差し上げちゃったので)


アメリカから5年ぶりに帰国した知り合いと一緒に行ったのですが、彼がとても喜んでくれて嬉しかったです。






〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-07-06 23:57 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suneya02.exblog.jp/tb/26969712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ジュラシック・ワールド カフ... 近々用レンズの眼鏡 >>