2018年 06月 12日
人魚の眠る家を読みました
久し振りに本を読みました。
東野圭吾の文庫の新刊「人魚の眠る家」です。
d0221584_11405105.jpg

本屋の平積みでタイトルを見たとき、高橋留美子の漫画「人魚の森」を思い出しました。あの人魚シリーズ、大好きなんですよね。

元々東野圭吾の本は好きなのですが、そんな思いもあって手に取りました。


冒頭こそ、近しいイメージをもたらす描写がありましたが、読み進めるうちに全く違っていて、しかもこれまで私が好んで読んできた殺人事件のミステリーでも無い内容に新鮮さを感じつつ、グイグイ引き込まれて行きました。

更に臓器移植に関する問題がこんなにもあるのかと、目から鱗な事ばかりでした。



by suneya-m | 2018-06-12 11:30 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suneya02.exblog.jp/tb/26890509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ぐでたま、食べてみました 「デッドプール2」を観てきました >>