2018年 05月 15日
「ジ・オリジン6」を観てきました
先日、「機動戦士ガンダム ジ・オリジンVI 誕生 赤い彗星」を観てきました。
d0221584_13180964.jpg

ネタバレあります。


前作の「激突 ルウム会戦」が昨年の9月でしたので、またもや8ヶ月という長い時間を経ての上映です。
スミマセン、なので前作の印象はほとんど残っていない状態での鑑賞となりましたf(^_^;。

しかも、今回が最終話です。さて、どんな映像となるのやら。

冒頭では、艦隊による戦いなので、およそ私が知る「ガンダム」とはかけ離れた戦場シーンで、以前のブログでも書きましたが「宇宙戦艦ヤマト」を観ているようでした。

ですが、今回はシャアの赤ザクや黒の三連星などが乱入し活躍しますので、やっと「ガンダム」らしさを感じる事が出来ました。

今回も素晴らしい丁寧な作画に脱帽ですが、特に気になったのはそのセリフ回し。
会話に含みを持たす、真意を表に出さないセリフで、さらに語尾に「〜できましょう」と言ったような、まるで古典のような言い回しがすごーく気になりました。
場の雰囲気は伝わるのですが、若い人には理解しにくいだろうな〜なんて、要らぬお世話を考えてしまいました(笑)。

これで「ジ・オリジン」の映像化は完結だそうですが、出来ればこのままTVシリーズのリメイクに突入しちゃってください、って感じなので、残念です。

それにしても、カイさん、ひどく悪人顔だったな〜(笑)。







〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。



by suneya-m | 2018-05-15 13:20 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suneya02.exblog.jp/tb/26788106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 35年目の東京ディズニーランド... ジーンズでバッグ >>