2018年 05月 02日
「いぬやしき」を観てきました
4月27日の公開初日に「アベンジャーズ|インフィニティ・ウォー」を観たのですが、楽しみにしている人も多いと思うので、驚きの結末含めたネタバレはしばらくしたくないと思い、先に昨日観た「いぬやしき」をブログにします。

d0221584_17163346.jpg
ネタバレあります。




「GANTZ」と同じ作者の漫画が原作で、しかも既にアニメ化もされている作品なんですね。
全くの予備知識なしで鑑賞してきました。

既に27歳の佐藤健君が高校生役というのはどうかと、ポスターを観た時点で思いましたが、彼だけでなく本郷奏多君も他にもちょっと高校生には見えないキャスティングでしたが、実力派を揃えるとこうなっちゃうのかなf(^_^;。
さらに、脇を固める役者陣も名も実もある人が揃ってました。

肝心の主演の木梨憲武は、原作に近づけようとしているのか、と〜っともおじいちゃんなメイクで驚きましたが、お笑い要素は一切封印されていたので問題無し。だけど、どうして彼だったのかな?

犬屋敷の娘が新築戸建てを見て「小さっ」とつぶやくけど、いやいや結構立派な戸建てです、とか、家族中がどうしてそこまで父親を嫌うのか明確な理由がオミットされていたり、所々の設定の甘いところが気になりましたが、そんなことは些細なこと、と思わせるほど吹っ切れた映画でした。

何より、悪役に初挑戦した佐藤健君のクールなまなざしが怖くて良かったです。けど、それ以上に鍛え上げられた裸体にビックリ。そこまで鍛え上げちゃった高校生はなかなかいないでしょf(^_^;って、感じにもなりましたけど(笑)。

そして機械化された身体で犬屋敷とのバトル。人型でビュンビュン飛び回る様は、「ああ、ついこの前も観たな。。。。」なんて思っちゃますが、その舞台がよく知った新宿なので親近感もあるし、画面を見入ってしまう理由にもなって面白かったです。

凄い銃撃戦もあったけど、どんなに身体からいろんな武器が出てこようとも、実は現代においては、モニター越しに「BANG!」の一言で殺せちゃう事が、最強の武器で一番怖いだろうなぁと思うのでした。








〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2018-05-02 17:19 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suneya02.exblog.jp/tb/26740852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ミニオンの立体パズル ミニオンのチョコホイップとなか... >>