2018年 03月 08日
「シェイプ・オブ・ウォーター」を観てきました
アカデミー賞を受賞した映画「シェイプ・オブ・ウォーター」(字幕版)を、まさに受賞したその日に観てきました。
d0221584_12521067.jpg
デル・トロ監督作品なので、結構楽しみにしていました。
けど、ちょっと想像したのとは違う方向の映画でした。




ネタバレあります。




ついついクリーチャー(謎の生き物)のほうに目が行ってしまうのですが、重要なのはそこではなく、彼の存在によって露わになっていく人間の本質のほうがメインの映画でした。

主人公の口のきけないイライザ。決して若くも綺麗でもない彼女ですが、彼(謎の生き物)への真っ直ぐな愛が描かれ、その彼女を手助けする黒人の仕事仲間のゼルダ、お隣に住むイラストレーターのジャイルズなどが直面する、人種差別など現代にも根深く残るマイノリティに対する問題が盛り込まれています。


だけど、やっぱり気になるのは、謎の生き物。
半魚人的な彼、特にその瞼の動きに目を奪われてしまいました。良く出来ていますね〜。
造型の素晴らしさに反して、彼の不思議な能力は割とありきたりな古典的なものだったので、ちょっとガッカリしました。
まあ、その辺も含めて全体的に「おとぎ話」という印象になった映画です。
性的表現がストレートでお子様には見せられませんけどf(^_^;。






〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2018-03-08 12:55 | 趣味 | Comments(0)
<< 復活のミニオンアイス 「ブラックパンサー」を観てきました >>