2014年 07月 14日
クレイジー・ホース、その大きさに圧倒
d0221584_4252081.jpg先週の独立記念日を絡めたツアーに参加して3日目。
マウントラッシュモアからバスで約30分ほどの所にある「CRAZY HORSE MEMORIALクレイジー・ホース・メモリアル)」を訪れました。

ちなみに、このモニュメントは1948年6月3日に掘り始め、今年で66年になりますが、出来上がったのは顔の部分のみ。昔よりは技術の進歩や機械化で随分とスピードアップされているようにも思いますが、世界一のモニュメントだけに、その完成はいつになるのか全く予想できません。


=====今回の観光先========
(1)マウントラッシュモア
(2)デビルスタワー デッドウッド
(3)クレイジー・ホース と
   ウィンドケーブ国立公園(ニードルズ・ハイウェイ、カスター州立公園)
(4)バッドランズ国立公園 と ウォールドラッグ
======================
■地図はこちら→ MAP



【CRAZY HORSE MEMORIAL
/クレイジー・ホース・メモリアル】


d0221584_426433.jpgd0221584_4261910.jpg
まずは実際のモニュメントから少し離れた所にある、ウエルカムセンターに到着。
d0221584_4272141.jpgd0221584_4273691.jpg
d0221584_428388.jpgd0221584_4282080.jpg
d0221584_4291450.jpg中に入るとそこは博物館となっていてシアターもあり、ネイティヴ・アメリカンの歴史やクレイジー・ホースの製作過程が解ります。

見事な羽根飾りから、ちょっと笑ってしまうようなコミカルな人形まで、様々な展示品が並んでいて、なかなか楽しいところです。

d0221584_4302027.jpg
▲1/300スケールモデルと窓から見える実物。


d0221584_4313622.jpg
▲ウエルカムセンターから見るクレイジー・ホース。

d0221584_4324387.jpgクレイジー・ホースに続く道沿いには、将来はメディカルセンターや大学、博物館があるネイティヴ・アメリカンの一大都市を作る構想なんだそうです。

← 未来予想図

さて、他の展示を見る前に、現在も作業中のモニュメントの足元まで行けるというバスに乗る事にしました。(土曜日だったせいか作業はお休みみたいでした。)
d0221584_4311767.jpg「Trip to foot of mountain」のバスチケットは一人$4(約408円※)。バスは10〜15分間隔で出発しています。チケットを購入して待っていると、引退したスクールバスがやって来ました。

d0221584_4334875.jpgバスはモニュメントの右側を走るので、席は断然左側がお薦めです。
▲バスの運転手兼ガイド。残念ながら当然の如く英語オンリーですf(^_^;。


d0221584_4343454.jpgかなり近づいて来ました。昨日が独立記念日だったので、腕の部分に星条旗が掲げられています。
d0221584_435616.jpgd0221584_4352241.jpg
さらに回り込んで裏側も見ることができました。
裏は作ってないんですね。

d0221584_14371012.jpgここでバスは U ターン。顔の見やすい位置まで戻りバスを降りて見学。
ガイドの説明にも熱が入ります。
d0221584_436348.jpg
d0221584_4365073.jpg

それにしても大きな顔です。

クレイジー・ホースの顔の大きさは縦が 87と1/2フィート(約26.67m)。マウントラッシュモアの大統領の顔の大きさが縦約 60フィート(約18.29m=約1ガンダム)ですから 27フィート(8.23m)以上も大きいことになります。が、ここまで大きく遠いとその差を実感するのは難しいです。しかも、クレイジー・ホースには身体だけでなくさらに伸ばした腕や馬まで出来る予定ですから、どんだけ大きな彫刻になることやら、(;゚Д゚i|!)うひょ〜。
(ちなみに、マウントラッシュモアとの比較写真を作ってみました→こちらをクリック

しかし、これだけ凄いモニュメントにもかかわらず、ここはネイティヴ・アメリカンの居留地内なのでナショナル・パークではありません。(厳密にはマウントラッシュモアも居留地内なンですけど、ナショナル・パークになっています。f(^_^;) その為国からの補助も無く、ミュージアムやカルチャーセンター、ギフトショップの売り上げ及び民間の寄付などでここまで掘り進めていると言うから大したものです。
ネイティヴ・アメリカンのプライドを感じるモニュメントで、この先も作業が滞ることなく続く事を願うと共に、絶対に完成させて欲しいと思いました。


d0221584_438275.jpgバスから戻ると再びウエルカムセンターへ入り、まだ見ていない展示品やギフトショップを物色。さらにベランダへ出ると 1/34 スケールの白い完成予想モデルがありました。
以前ほかの方のブログで見た事がありましたが、まさかこんなに大きいとは思いませんでした。ちなみに重さは16トン!

d0221584_439131.jpgd0221584_4395851.jpg
d0221584_440222.jpgさらにここにはカービングを家族で引き継いでいる Ziolkowski 一家にまつわる展示やワークショップ、作業工程の展示、ネイティヴ・アメリカンの民芸品の販売などなかなか広くて楽しい施設がたくさんありました。

d0221584_4411935.jpgレストランもありましたが、あまりお腹が空いていなかったので軽食コーナーで軽く済ませ、最後はもちろんお買い物。
3Dのドリームキャッチャーなど、私の好きなものがたくさんあって非常に迷ってしまいました。

d0221584_441478.jpgd0221584_442353.jpg
▲軽食コーナーにはカップ麺が! まさかここへ来てカップ麺のお世話になるとは思いませんでしたが、ツアー中ハンバーガーやホットドッグ系ばかり。普段和食で暮らしている身としては醤油味が恋しくなっていましたので、なんだかホッとしました。



そして買ったお土産はこちら。
d0221584_443757.jpgやっぱり諦めきれなかった立体型ドリームキャッチャー。$60(約7,200円※)もするので随分悩みましたが、その一部がこれからのカービング続行の費用になるなら、という思いもあって購入。(だけど非常に嵩張るので、L.A.へ帰る飛行機では手荷物として抱えて乗るハメになりましたf(^_^;。)


d0221584_4434186.jpgd0221584_443587.jpg
ガイドブック、ドリームキャッチャー型ピアスやピンズ、ショットグラス、オーナメントも購入しました。


d0221584_4444181.jpgそうそう、ドリームキャッチャーと言えば、デビルスタワーのトレーディング・ポストでは、独立記念日らしく星条旗カラーのモノがありました。おめでたい感じがいいですよね。でも、ちょっと複雑ですね。(デビルスタワーのブログはこちら


大きな施設で観光客もたくさんいましたが、アジア人は少ない印象でした。日本を始めアジアには人気がないのか、まだ知られていないのか? 最も私もここへ来るまでは、こんなに凄い所とは知りませんでした。
マウントラッシュモアも良いですが、近くにこんな凄いモニュメントがあるので、是非クレイジー・ホースにも足を伸ばすことをお薦めします。っていうか、日本でももっと知られてくれるようになるといいのになー、と純粋に思うのでした。


さて、この後は更に南下して「ウィンドケーブ国立公園」を目指します。
それはまた次回「ニードルズ と ウィンドケーブ国立公園」で。



■CRAZY HORSE MEMORIAL
http://crazyhorsememorial.org/


※$1=102円で計算。



長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-07-14 05:08 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suneya02.exblog.jp/tb/20905594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「DAWN OF THE PL... ヒストリックな街・デッドウッド >>