2014年 02月 28日
季節外れのクリスマス・パーティ
先週の日曜日、久しぶりに日本からお客様がいらしゃったので、何かアメリカらしいものをと考えた末、クリスマスの定番、「スパイラル・ハム」をお出しすることにしました。

日本からのお客様を驚かすには、12ポンド(5.4 kg)以上はある大きな「ロースト・ターキー」が一番だと思っているのですが、今回のお客様たちはほぼ全員が「ロースト・ターキー」は体験済み(サンクスギビング・パーティのブログはこちら。なので、次に思いついたのがクリスマスの定番「スパイラル・ハム」。しかも昨年のクリスマスは旅行に行っていてパーティをしなかったので、ちょうど良いと言う事になりました。(一昨年のクリスマス・パーティのブログはこちら

d0221584_6222398.jpgそれにしてもこのハム、日本のハムと違って、とにかくでかい。10ポンド(4.5 kg)くらいあって、中心には太い骨まである、笑っちゃうほど大きい骨付きハムなんです。
クリスマス・シーズンになると、ローカルのスーパーではこの巨大骨付きハムが精肉売り場に山積みとなるのですが、さすがにもう2月、季節外れも良いところなので、今の精肉売り場で見かけることはありません。ちなみにターキーも同様です。(ハム売り場の様子はこちらでどうぞ→ブログはこちら
ですが、Vons の冷凍コーナーにコチンコチンに固まった冷凍スパイラル・ハムSpiral Sliced Hickory Smoked Half Ham」を見つける事ができました。

見た目も重さも、ほぼ岩。うっかり足の上にでも落としたら骨折しそうです。今回購入したハムは9.52ポンド(4.3 kg)$28.46(約2,900円※)。これを前の日から解凍します。っていうか、冷凍庫にはもちろん冷蔵庫にも入らないので、必然的にテーブルの上に放置=解凍ってことになりました(笑)。(オーブンで温めるのですが、もしかしたら解凍は不要かも知れません。)

d0221584_6232075.jpg翌日になって表面は幾分柔らかくなりましたが、真ん中までは解凍し切れていない様子。ですがそのまま、1カップの水を入れアルミホイルで覆い、華氏325℉(摂氏160℃)で予熱したオーブンへ投入。約2時間半、オーブン任せ。
なにせ手抜き主婦ですから、そうそう手の込んだ料理なんてお出しできませんの。f(^_^;おほほほ。


それでも、出来上がるまでの時間で付け合わせを作ります。これまた定番のマッシュポテト。コールスローと、トマト・バジル・モッツァレラのカプレーゼを作りました。(←どれもちょー簡単メニューf(^_^;。)
d0221584_625743.jpgちなみにバジルは、スーパーで根っこ付きで売っていました。小さなポリポットに入っていて、水を張った受け皿に入れておけばOKの、これまたお手軽栽培キットみたいな感じ。使う分だけ摘んだらあとはまた葉が出て来ますから、$2.99(約305円※)はかなりお得ですね。
▲十数枚摘みましたが、まだまだこんなにたくさん葉があります。


d0221584_6255470.jpgd0221584_6262366.jpg
そして午後7時、日本からのお客様が到着。
まずはオードブル、なーんて気取るほどのモノぢゃありませんf(^_^;。
普段私のおやつにもなるトルティーヤ・チップスの「TOSTITOS」の SCOOP タイプで、それぞれディップを付けて召し上がって頂きましたが、意外にもスプレー・チーズの「EASY CHEESE」が大好評。スプレーのホイップクリームと同じ要領で、チェダー・チーズがうにょ〜って出てくる様も楽しいし、美味しいと引っ張りだこでした。
そして、立派に見えるこれらのお皿やカラトリー、実は Party City で買ったプラスチック製品。使い終わったら捨ててしまっても惜しくないモノなんです。こういう便利グッズがたくさんあるので、Party City は楽しいですね〜。ちなみに、けちんぼな私は捨てずに洗いましたf(^_^;。

d0221584_6271647.jpgそしてメインへ。華氏425℉(摂氏218℃)で10分ほど焼き目を付けてオーブンから取り出した岩石のようなスパイラル・ハムに、総勢7名で挑みました。
d0221584_6273596.jpgd0221584_628769.jpg
案の定、皆さん見たことが無かったようで、その大きさにまずは驚いてくださり、食べて美味しいとおっしゃってくださいました。

d0221584_628234.jpgほどよく肉汁も出ていて、真ん中の骨を中心にその名の通りスパイラル(螺旋状)にカットされていますから、ターキーほど取り分けるのも難しくなく、味もほどよい塩気で脂っこくないのも良いですね。ハニーマスタードも合うようですが、今回はシンプルに粒マスタードで頂きました。


d0221584_6302735.jpgそしてだめ押し。アメリカらしいデザート、ということで、旦那さん曰く『どどめ色』のカップケーキをご用意しました〜(^_^)v。

日本人なら絶対に選ばない青やどどめ色(黒紫色)の、なんとも食欲を削ぐ色のカップケーキたち。アメリカらしいでしょ?(笑)。
さらに、日本人ならその色に見合った味を想像しますが。。。。。結論、味はみんな一緒。色による味の違いはありません。だけど、想像したほど甘く無いな〜と思っていたら、旦那さんが
「充分甘すぎるよ」
むむむ、やっぱり私の味覚はアメリカナイズされてしまっているようです。。。ヤバイ(;´Д`)。


と言う訳で、日本の皆さんにアメリカのびっくり料理を楽しんで頂きました。
あ、言っておきますが、いつも食べている訳じゃありませんよ。普段はほぼ和食で、カップケーキなんていつもは売り場で眺めて笑っているだけ。今回初めて購入したくらいですから。

さて、次はどんな料理をお出したら驚いてくれるかしらん? 
あれ? おもてなしの主旨、間違ってる?


※$1=102円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-02-28 06:44 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suneya02.exblog.jp/tb/20407897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 目が痒い! 突然のお別れ >>