2014年 02月 11日
「いっこく堂 THE VOICE ILLUSION USA tour. 」を観に行って来ました。
アメリカに住んでいると思わぬ芸能人のアメリカツアーに出くわすもので(って、言うほど頻繁ではありませんがf(^_^;)、たまたま地元の日本語タウン誌で見つけた「いっこく堂 THE VOICE ILLUSION USA tour.」。
会場となるホテルが自宅からとっても近かったこともあり、即ネットで申し込み、昨夜旦那さんと一緒に行って来ました。

d0221584_6502879.jpgもちろん、いっこく堂の事は日本にいたときからテレビで観てよく知っていましたから、おしゃべり中心のショーを英語でやるのか、日本語で通すのか、とっても興味が湧いていました。

会場には
「ああ、やっぱりこの辺には日本人がたくさんいたのね」
と言うくらいほぼ日本人だらけ。当然のように知り合いにも会っちゃったりして、ここは本当にアメリカかしらん?ってな感じ。

こうなると、やっぱりショーは日本語かな、なんて安心して席に着くと、開演時間をちょっと押したくらいでDVDの宣伝ビデオが流れた後、いよいよご本人登場。

あら? ちょっと痩せたんじゃない? って、あたかも昔からの知り合いのような感覚になる私は、すっかりおばちゃんモード。
冒頭は英語で話し始めるから、腹話術以前にビックリ。そう言えば先のDVD宣伝ビデオには、韓国語や中国語でのショーの場面もあったわ。すごい! 勉強家なのね。私なんて3年もアメリカにいるのに、英語なんて相変わらずさっぱりだもの。

そして、変わらぬ腹話術の妙技はもちろん、モノマネもやっぱりお上手ね〜と感心至極。
腹話術だけだって凄い技なのに、モノマネも出来ちゃうなんて、天は二物を与えちゃったのね。
と、思っていたら
「昔は口から血が出るほどの練習をしたんだって」
なんて、なんでもウィキるウチの旦那さんから、最新のいっこく堂 Wikipedia 情報を聞かされ、
「ああ、実は努力の人だったのね」
と、頭が下がる思いと同時に、なんの努力もしない己ののほほん人生をつかの間恥じたりもして。だけど所詮鶏程度の脳みそなので、三歩も歩けば忘れちゃうのよね。

かくしてショーは進み、ほとんどが日本語でのショーとなり、腹話術の人形を使わないショートコントも披露され、あら、こんな事もするのね、と楽しんだのですが、やはり一番楽しかったのは、モノマネ歌合戦かしらね。
何しろ、昭和歌謡のオンパレード。世代がバッチリ、マッチしちゃうから歌えちゃうほど知っている曲ばかり。
腹話術、モノマネ、歌唱力、全てが揃っての芸だもの、やっぱり凄いわ〜。
もちろん、トリは松山千春。王道よね。
これで彼を知ったようなもんだし、それだけにコレが一番彼の凄さが解る気がするわ。
モノマネも似ているし、腹話術の凄さも小道具もマイクがあるから、まるで人形が歌っているかのような演出が解りやすいもの。

そして、アンコールではまたもや英語でトーク。アメリカ人のお客さんを登壇させて、マイクの故障も何の其の、きっちり会場を沸かせてくれました。

ショーの時間は意外と短かったけど全部一人でやっているんだし、旦那さんのウィキ情報によると1月に尿管結石を患ったって言うじゃない、病み上がりなのにホント凄いわ、と再度感心 & お疲れ様でした、はるばるアメリカまで来て頂いてありがとうございました。と、思うのでした。



■いっこく堂 オフィシャルサイト
www.ikkokudou.com/
■いっこく堂 ボイスイリュージョン・アラウンド・ワールド・ツアー 2014
www.ikkokudousa.com/



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-02-11 06:55 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suneya02.exblog.jp/tb/20342119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< PR SUPER MEGAFO... 「THE LEGO MOVIE... >>