2013年 09月 13日
サンフランシスコ観光2日目(2) サンフランシスコ・ベイ・クルーズ と ギラデリアイス
これまでのサンフランシスコ観光はこちら ↓
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж
1日目 ゴールデン・ゲート・ブリッジ と ツイン・ピークス
2日目(1)曲がりくねった坂 と CA 科学アカデミー博物館
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


【Sep 3rd Tuesday -2-】

さて、前回「2日目(1)」の続き、アルカトラズ島上陸を諦めたその後、後半戦をお伝えします。

d0221584_1524887.jpg一行は気を取り直してピア39の隣、ピア41 へ向かい、サンフランシスコ・ベイ・クルーズの「Bay Adventure」に参加することにしました。

d0221584_1534696.jpgこれはピア41 を出発しゴールデン・ゲート・ブリッジの下をくぐり、アルカトラズ島の北側を回ってくる、約1時間の周遊コース。お値段は一人$28(約2,800円※)。

d0221584_1545571.jpgd0221584_1551263.jpg
午後3時、写真手前の3階建てのクルーザーに乗り込んでいざ出発。
ピア39 の前に陣取り、気持ちよさそうに昼寝するアシカの群れの横をすり抜け湾へ出ます。
d0221584_1554761.jpg目の前にはアルカトラズ島。
↓ ズームで撮影すると、上陸中のお客さんの姿まで見えました。(←未練がましいf(^_^;)
d0221584_1564567.jpgd0221584_1562162.jpg

d0221584_1572171.jpg船の最上デッキに陣取り、強い陽射しと強風に晒されながら、近づくゴールデン・ゲート・ブリッジに一喜一憂。船のスピードは結構速く感じました。

ブリッジのそばではパラシュートを使ったサーフィン(カイトボード)をしている人もいて、風も強く水流も速いと言うことで、随分と楽しそうでした。
d0221584_1581998.jpgd0221584_1583699.jpg
d0221584_159891.jpgそうこうしているうちにドンドンとブリッジに近づき、船上のお客さんもカメラ片手に浮き足立って、ま、私達もその一人ですが、遂に
ゴールデン・ゲート・ブリッジの真下
を通過! 

ちなみにこちらは北側。

d0221584_20317.jpgくぐり抜けた南側はこんな感じ。

d0221584_213152.jpgだけど、船はすぐに向きを変え引き返すので、
d0221584_314188.jpgあっと言う間に再び真下を通って、湾の中へ。
d0221584_234053.jpg特に停泊してどうこうと言う事もないので、ブリッジは見る見る遠ざかっていきました。

d0221584_25297.jpg
逆に近づいて来たのは、アルカトラズ島。
写真右手奥にぼんやり見えるのは、この前日に開通したばかりのベイ・ブリッジです。
d0221584_26075.jpg
d0221584_26238.jpg
そして船は、海岸からは見えなかった島の北側へ回り込みます。おお、模型で見た通り煙突や給水塔がよく見えます。
d0221584_26577.jpg
d0221584_271579.jpg
カメラでズームすると観光中のお客さんの姿も。(←まだ言うか!)
d0221584_28114.jpg
だけど船はスピードを緩めることもなく進むので、あれよあれよと言う間に、島の端。遠くにはサンフランシスコのビル群が見えて来ました。
d0221584_282479.jpg
d0221584_285665.jpgd0221584_291962.jpg
船はピア41 に無事帰還。強風ですっかり身体が冷えてしましたが、1時間のクルーズはあっと言う間。楽しい船の旅でした。写真右はクルーズ船乗り場前にあるアシカの銅像。ここで、ひなたぼっこ。

d0221584_213368.jpgその後は、しばし Jefferson St.(ジェファーソン・ストリート)を散策しました。
通り沿いにある「Believe It or Not!(ビリーブ・イット・オア・ノット・ミュージアム)」の入口にオプティマス・プライムを発見した旦那さんは大喜びで、記念撮影。奥を覗くと、不思議なフォルムのキャプテン・アメリカ、マイティ・ソー、アイアンマンもいました。
d0221584_214789.jpgd0221584_2142716.jpg

d0221584_2151521.jpgd0221584_2153845.jpg
d0221584_216623.jpgこの通りには路面電車・Muni Metro(ミュニメトロ)も走っていて、その車両が緑や赤、形も屋根の無い物もあったりとバラエティに富んでいて面白かったです。
d0221584_2164588.jpgそこから角を曲がりBeach St.へ入ると、何故かこんなスパイグッズ専門店「ISS SPY SHOP」。
男の人はこういうモノが好きですね〜。特に買い物はしませんでしたが、観ているだけでも楽しかったようです。


そして到着したのがケーブルカー乗り場
d0221584_2183538.jpgd0221584_2185352.jpg
路線にある停留所からでも乗れるのですが、満員の場合は乗れませんから、この始発駅から乗るのが確実。
と言う事でしたが、その始発駅からすでに満員状態なほど、観光客で賑わっていました。チケット売り場で確認すると待ち時間は、なんと1時間。だけど案内してくれているRさんによれば2時間待ちの時もあるとか。凄い人気です。
d0221584_2193025.jpgこんなに人が列を成していますもん、今日は無理と早々に諦め、その先のギラデリ・スクエアに向かいました。

d0221584_220187.jpg
この Ghirardelli Square(ギラデリ・スクエア)は、ギラデリ・チョコレートの工場だったところを利用して造られたショッピングモールなんだそうです。
d0221584_3183867.jpgd0221584_2211369.jpg
でも、ショッピングには興味の無い男性陣二人と一緒なので中には入らず、通りに面した所にあるギラデリの直営店で、ギラデリ・チョコレート・アイスクリームを頂きました。
ギラデリのチョコは知っていましたが、アイスクリームもあるとは知りませんでした。1スクープ+ワッフルコーンで、$5.25(約525円※)。
だけど、この1スクープが大きかった。さすがアメリカ。もちろん濃厚なチョコ味で美味しかったですよ(^_^)v。
d0221584_2214550.jpgd0221584_2222376.jpg
他にも色々なサンデーもあったのですが、そこはアメリカ。かなりヘビーそうだったので、自粛しましたf(^_^;。
ちなみにサンプル・チョコをもらったのですが、これがパンプキン・スパイス味。9月になったばかりなのに、もうハロウィーン用チョコです。店内にもハロウィーン商品が並んでいました。

d0221584_2232369.jpg
▲店の前には、サンフランシスコ国立海洋歴史公園が広がっています。

小腹も満たした所で、いよいよゴールデン・ゲート・ブリッジを渡るためここを出発。
d0221584_2534728.jpgハイウェイ101 に乗ると車がグッと増えます。観光だけでなく生活道路でもあるゴールデン・ゲート・ブリッジは、朝晩の通勤ラッシュも大変なンだとか。

d0221584_254405.jpgd0221584_255172.jpg
南側から入りかつての料金所を抜けると、そこはもうブリッジの上。
d0221584_2554428.jpgd0221584_2563661.jpg
d0221584_2571544.jpgそびえ立つ赤い橋脚(正しくは主塔)がドンドン近づいて来ます。いや〜、さすがに大きいです!。
続いて2本目も。
d0221584_25825.jpgd0221584_2582127.jpg



ちなみにゴールデン・ゲート・ブリッジは通行料が必要で、北側からサンフランシスコのある南側に入る時に徴収されるそうです。レンタカーを借りる際に一緒に支払ってしまったので、正確にはわかりませんが$5(約500円※)ほどのようです。
日本のETCの様に支払うタイプと、ナンバープレートを読み取って後日届く請求書で支払うタイプがあるようです。(参照→ http://goldengate.org/tolls/tollpaymentchoices.php
いずれにしても、渋滞を避けるためのシステムなので、行きも帰りもノンストップでブリッジを通行することができましたよ。

ブリッジを渡りきった所にも、もちろん絶景ポイントがあります。
d0221584_2593023.jpgそれがここビスタポイント
ここからはサンフランシスコの街並みとゴールデン・ゲート・ブリッジの両方を一度に眺める事ができます。

d0221584_302294.jpgd0221584_303769.jpg
また、ふたつの主塔が重なるこんな写真を撮ることも出来ました。
但し、西側の山の影になるので、夕方になるとドンドン暗くなります。明るい内に来るのが良さそうです。ここも風が強くて寒かった〜。

ゴールデン・ゲート・ブリッジの北側、マリン半島側へ来たのはただブリッジを渡るためだけではありません。
本日の夕食のレストランがこちら側にあるからです。
d0221584_313661.jpgd0221584_315129.jpg
お洒落なブティックやギフトショップがあるサウサリートの街にある、「SCOMA'S SAUSALITO」は、フィッシャーマンズ・ワーフにあるシーフードレストラン「SCOMA'S」の支店。建物が海に張りだしているので、窓からの景色は船の中にいるみたいだし、落ち着いた雰囲気の素敵なお店でした。
d0221584_323349.jpgd0221584_325355.jpg
オイスターやムール貝、クラムチャウダー、蟹のほぐし身たっぷりのサラダ、大きな貝柱の入ったリゾットと、料理ももちろん美味しくて、またまた食べ過ぎちゃいました。
もちろん、ここもRさんお薦めのお店。予約も彼がしてくれました。ほんと、彼は美味しいお店をたくさん知っています。

d0221584_334355.jpg帰りは、ほんのりライトアップされたゴールデン・ゲート・ブリッジを通って、ホテルへ。
案の定写真はボケボケでしたので、マーク・ホプキンス・ホテルの写真を載せておきますf(^_^;。


さて、明日はいよいよ最終日。
今日諦めた、ケーブルカーにチャレンジです。


今回もまた長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。
3日目(1)ケーブルカー と クラムチャウダーに続きます。

■BLUE & GOLD FLEET Bay Adventure
(サンフランシスコ・ベイ・クルーズ)
www.blueandgoldfleet.com/sightseeing-tours/water-sightseeing-tours/
■SCOMA'S SAUSALITO
www.scomassausalito.com/

参照MAPはこちら。
http://goo.gl/maps/XGf9w

今回のサンフランシスコ観光、他のブログへはこちらからジャンプ出来ます。
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж
1日目 ゴールデン・ゲート・ブリッジ と ツイン・ピークス
2日目(1)曲がりくねった坂 と CA 科学アカデミー博物館
2日目(2)サンフランシスコ・ベイ・クルーズ と ギラデリアイス
3日目(1)ケーブルカー と クラムチャウダー
3日目(2)ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


※$1=100円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-13 03:35 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suneya02.exblog.jp/tb/19645195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今年も始まったハロウィーン・コ... サンフランシスコ観光2日目(1... >>