2012年 06月 15日
ラスベガスへ行って来ました。−2日目(前編)ー
d0221584_106212.jpgさすがに長時間ドライブ(私は運転してないけどf(^_^;)の上、夜遅くまで歩き回って疲れていたので、すっかり朝寝坊。それでも、Bellagio で迎えたラスベガス2日目の朝は、湖に光る太陽が眩しかったです。
(前日のブログはこちら


d0221584_1065225.jpgd0221584_1072874.jpg
ブランチを食べるため、ロビー脇の温室を通り抜けます。
眩しい太陽の光が注ぐ温室は、花の色が鮮やか。
d0221584_1081569.jpgd0221584_1083160.jpg
梅雨の無いこちらでも、あじさいは咲くんですね。ひまわりと一緒なのが日本とはちょっと違うかな。
そんな温室を眺めながら食事が出来る「CAFE BELLAGIO」は、温室の一番奥にあります。

d0221584_109432.jpgd0221584_1092323.jpg
d0221584_1095396.jpgフルーツの盛り合わせに、私はフレンチトースト。って、厚みが普通の倍くらいはある大きなパンにビックリ。半分は旦那さんにあげちゃいました。
その旦那さんは、Bellagio の B が中央にあるワッフルを頂きました。


今日はまず、ラスベガスの南端にある Four Seasons(フォーシーズンズ)へタクシーで直行($12くらい)。だけど、大きな看板はあるものの建物がどこなのかさっぱり見当たりません。
調べてみると、フォーシーズンズは隣の Mandalay Bay(マンダレイベイ)の上部35〜39階部分にその客室がある、ちょっと特殊な作りでした。
だけど、ちゃんと独立したロビーもあるし、専用のプールもある。なんとも不思議なホテルです。
このフォーシーズンズでお仕事がある旦那さんと別れ、私は一人ホテル散策へ。一人でふらふら観光できるなんて、香港っぽいですね。

d0221584_10112261.jpg
d0221584_10114745.jpgフォーシーズンズの中を歩いて行くと Mandalay Bay(マンダレイベイ)のロビーに到着。ロビーから見える中庭には、カメレオン像が並ぶ泉があり、ロビー中央にはどっかりと大きな水槽。サメが泳いでいました。

ここには、シャークリーフがあるんですが、今回は一人なのでパス。
それにここでは「ライオン・キング」のミュージカルが上演されていたはずなんですが、2013年に始まる「Micheal Jackson The Immortal(マイケル・ジャクソン・インモータル)」の準備のせいなのか、どうやら終演してしまっていたようです。昨日の「O」と言い、またもや残念至極。ツイテない。

d0221584_10121610.jpg
d0221584_10123372.jpg正面入口に回ると、羽の生えた爬虫類(トカゲ?)の像が狛犬の如く入口を守っていました。
「マンダレイ」ってミャンマーの都市名らしいのですが、先ほどの泉のカメレオンと言い、ミャンマーって爬虫類が有名なのかしらん?


さあ、次は今回の旅行で一番観たかったホテル LUXOR(ルクソール)へ向かいます。ここからはすぐ隣な上、無料のモノレールが走っているので炎天下を歩かなくてすみます。

そして、そのモノレールを降りると目の前には、ドーン!
d0221584_1014233.jpg
スフィンクスがお出迎え〜!! うひょ〜〜!! 大迫力です。

d0221584_10142346.jpg
ちなみに、本物のスフィンクスはこちら。2008年9月に旅行した時の写真ですが、既にボロボロ。本物の維持は相当大変そうです。
それに引き替え、こちらルクソールのスフィンクスはなんとも綺麗なこと。

d0221584_1015457.jpg彼の胸の中へと続く通路を降りると、車寄せがあり、正面玄関となります。

当然、スフィンクスの正面に回って写真を撮りまくりです。
d0221584_10154832.jpg
モノレールのレール越しもなかなか良い感じ。

d0221584_1016163.jpg
ちなみに手前の小さいスフィンクス(頭が羊で体がライオン)像の本物はこちら。やっぱり、損傷が激しいのが痛々しいです。(2008年9月撮影)
d0221584_10165793.jpg
ちょうどモノレールが到着しました。

d0221584_10172420.jpgd0221584_10174167.jpg
スフィンクスの目の前には、ロゴの入ったオベリスク。
左右には、玉座に座るファラオ像。アメリカに居ながらして、エジプトを味わえるなんて、幸せ♪

d0221584_10184288.jpg
スフィンクスのお腹の下へ戻って、正面玄関へ。

d0221584_10191744.jpgここにもまたファラオ像。
d0221584_10195144.jpg
そして、中へ入ると…。まるで神殿の中にいるかのように、立派なファラオ像。
中央を進んでいくとカジノになりますが、右のエスカレーターで中二階へ上がるとさらに神殿やらオベリスクが。

d0221584_10202848.jpgd0221584_10205166.jpg
屋内なのに大きな物を作った物です。

d0221584_10213048.jpgd0221584_10215078.jpg
もちろんギフトショップもエジプト色満載。ショップエリアの柱もこの通り。
ここには後で旦那さんが買い物に来るはずですから、ひとまず隣の EXCALIBUR(エクスカリバー)へ。
d0221584_10225099.jpg
ルクソールからは動く歩道「WALKWAY」で繋がっているので、ここでも外に出ることなく移動が可能。こうして、お客さんを色々なカジノへと導いているんですね。

エクスカリバーの外観はこちら。
d0221584_1023938.jpgd0221584_10232634.jpg
ちょっとオモチャのお城っぽいですが、中もファミリー向けになっていて、クリスピー・クリーム・ドーナツやマクドナルドと言った、ファストフード店も入っていました。

d0221584_10241157.jpgここまで来ると「新フォーコーナー」と呼ばれる交差点。その交差点を挟んで向かいには、NEWYORK NEWYORK(ニューヨーク・ニューヨーク)の自由の女神がそびえ立っています。


残念ながらここで旦那さんとの待ち合わせ時間になったので、マンダレイベイへ引き返し、旦那さんと合流後ルクソールでお買い物。荷物も増えたので一旦 Bellagio へタクシーで帰り、次は第2の目的「C.S.I. THE EXPERIENCE」へ向かいます!
 o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)oわくわく。


★こちらがそのお買い物★
d0221584_10244325.jpg
左端の小さいミラミッドはてっぺんがLEDで光ります。右のマグは持ち上げるとやはりLEDが光り、ルクソールが毎夜プラミッドのてっぺんから放っているキセノンライトの照射を再現しています。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-06-15 10:39 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suneya02.exblog.jp/tb/16058439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ラスベガスへ行って来ました。ー... ラスベガスへ行って来ました。ー... >>