2011年 10月 28日
インカ料理を初体験
先週の土曜日の事です。
L.A.の UNIVERSAL STUDIO の近くにある模型店まで、旦那さんの模型作りの材料を買うために出かけて来ました。

L.A.の中心地からずっと南にある我が家を出るときは、結構涼しくて長袖にカーディガンを羽織って行きましたが、中心部を過ぎ、フリーウエイ405を北上してビバリーヒルズを超え、目的地に着いたらもの凄く暑くてビックリ。自動車の温度計で80℉(27℃位)を超えていました。
こんなに気温の差があるなんて、一口にロサンゼルスと言っても広いんだな〜と実感です。

でも、もっと驚いたのは帰り道でした。
来たときと同じ道フリーウエイ405号を今度は南下して行くんですが、自動車の温度計がぐんぐん下がって行くんです。
ビバリーヒルズの山間を抜けると70℉(21℃位)を切り、ロサンゼルス国際空港の辺りでは64℉(18℃)くらいにまで下がった上、が出てきて、青空が綺麗なL.A.のイメージが一変。どんより曇り空になりました。
このは夜まで続き、っていうか、夜の方がひどくなりました。

d0221584_8242724.jpgこの日の夜は、TORRANCE にあるインカ料理の店 EL POLLO INKA (http://elpolloinka.com/)で夕食を摂りました。
時々目にしていたお店で気にはなっていたのですが、これまで入る機会がありませんでした。

本当は別の店に行こうと思っていたのですが、土曜日の夕食時はどこも混雑していて、の中をウロウロ探して周り、3店目にしてようやく入れたお店です。
とは言っても、別に流行っていないお店ではないんですよ。私たちが帰る頃にはWAITING ROOMはいっぱいになっていましたから。一応お店の名誉の為に先に記しておきます。

さて、「インカ料理」とはいかなるものか?
予備知識ゼロ。メキシコ料理に近いのかな?なんて気持ちで、ちょっとおっかなびっくり店内に入ると、ファミレスっぽいライトな感じで一安心。
メニューを見ても料理の想像が付かないので、数点掲載されているメニューの写真で当たりを付けて、オーダー。

d0221584_8245872.jpgまずはドリンクから。
COLAならぬ、INKA KOLA ($2.85=約222円)。
「ペルーの伝統的な黄金のコーラ」とメニューにはありますが、コーラとは名ばかりで、グラスにあけると色は透明な黄色(あ、黄金色ね)。味はクリームソーダのようでした。

d0221584_826332.jpg次はスープです。
AGUADITO SOUP($3.00=約234円)。鶏肉とご飯、コリアンダーのスープ。豆も入っていましたが、メキシコ料理のようなごってり感はなく、さらっとしていて飲みやすいスープでした。
ちなみにこの日は、理由は分からないのですが、スープがタダでした。


d0221584_827371.jpgそしてメイン料理がこちら。
写真奥が PICANTE de MARISCOS ($11.95=約932円)。シーフードのカレーって感じ。
手前は LOMO SALTADO ($10.95=約854円)。細めに切った牛肉と玉葱、トマト、フライドポテト(!)、パクチーを炒めたものでした。
どちらも大盛りご飯と一緒のプレートで、大人向けお子様ランチみたい。
味付けもちょっと濃いめでご飯と合っていて、私は美味しいと思いました。
ちなみにこの LOMO SALTADO は「牛肉好きなら食べるべき!」とメニューにあって、お店のお薦め料理でもありました。


結構お腹がいっぱいになっていましたが、やっぱり行っちゃいました、デザート。
インカ料理のデザートってどんなのかしら? わくわく。
d0221584_8275057.jpg
写真手前のプリンは FALN($4.00=約312円)。日本のプリンよりも堅くて舌触りもちょっとざらつく感じでしたが、カラメルソースと相まって美味しかったです。
写真奥の手作りドーナツのようなものは、PICARONES ($5.25=約410円)。カボチャのフリッター・ペルーソースがけ、ってことらしいですが、ちょっと油っこくて全部は食べきれませんでした。
そして、極めつけが両サイドにあるドリンク。これコーヒーフロートではありませんよ。
なんと! 暖かいコーヒーなんです。その名も「MACHU PICHU CAFE」($8.00=約624円)。オーダーした時は INKA COFFEE って言ったんですけど、レシートにはこうなっていました。
まあ、名前はとにかく、熱々のコーヒー、しかもアルコール入り!に生クリームがたっぷり乗ってます。
決してまずくは無いのですが、アルコールが強くて、私は残念ながら飲みきれませんでした。
店員さんも、“VERY STRONG” だけどいいのか?って、念押ししてたのはアルコールが入っていたからなんですね。
お持ち帰りにして、家でちびちび飲みたい飲み物でした。


d0221584_828202.jpg
金曜と土曜の夜限定のようですが、客席の一部をステージに替えてギターやペルー楽器(多分)の生演奏もあり、雰囲気を盛り上げてくれました。
それにしても、このお店、店員さんがよく働くこと。料理を運ぶのも足早で、キビキビした感じが気持ち良いお店でした。

食事が終わって店の外へでると、は益々濃くなっていて記念に店の写真を撮ると…、
d0221584_8284648.jpg
d0221584_8291156.jpg
フラッシュがに反射して左の写真のようになっちゃいました。

d0221584_8293752.jpgお店の看板を改めて良く見ると、鶏のイラスト。もしかして、チキンが名物だったのかしらん?

辞書を引いてみると、POLLO はひな鳥のこと、Peruvian はペルー人のことでした。
次は鶏肉料理をいただく事にしましょう。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-10-28 08:46 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suneya02.exblog.jp/tb/14837679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< パワーレンジャーのハロウィーン WISH BIG WIN BI... >>