2011年 08月 30日
カタリナ島日帰りツアー その1
8月最後の日曜日、旦那さんと「カタリナ島日帰りツアー」に参加してきました。
朝7時30分の集合場所は、ロングビーチにある「CATALINA EXPRESS」。先週事前に場所を確認して(詳しくはこちらのブログで)ありましたから、あとは駐車場の入口を探すだけでOK。時間よりも随分と早い到着となりました。
d0221584_15145115.jpg
(写真は全てクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)
乗ったのは三階建てのこちらの船。なかなか立派です。(ちなみに写真はカタリナ島からの帰りの船です、行きも帰りも同じ船だったのでf(^_^;。)
d0221584_15153153.jpg
席は早いもの順なので、良い席を狙うなら早めに乗船口の列に並びましょう。私たちは早く着きすぎたので、そのまま並んで前の方になりました。
とはいえ、どこが”良い席”なのか解らず、とりあえず一番上、三階の一番後ろ右側に陣取りました。でも、ここ、結構見晴らしの良い席でした。
(屋根にはレーダーも。出港するとくるくる忙しそうに回っていました。)
d0221584_15161598.jpg
出発して程なく、クイーンメリー号の脇を通るのですが、彼女は進行方向右側に位置していますから、写真が撮りやすかったですし、
d0221584_15165330.jpg
遠ざかっていく朝日に照らされたロングビーチの港も、良い感じに写真が撮れました。

d0221584_15172370.jpg←クイーンメリー号の隣には豪華客船「CARNIVAL SPLENDOR」が停泊中でした。
d0221584_15175678.jpg
初めは遊覧船のようなスピードだったCATALINA EXPRESSも、クリーンメリー号の隣に停泊していた豪華客船「CARNIVAL SPLENDOR」の船体が小さくなる頃(↓)には、真っ白なもの凄い水しぶきを上げるほどの猛スピードに。香港からマカオに行った時のFIRST FERRYを思い出しました。(詳しくはこちらのブログで)
d0221584_15182957.jpg
さすがEXPRESS。
こうなると、さすがにこの席の特権は使い果たした感じで、強風をまともにくらい髪は乱れ、体温は下がっていく感じ。早速上着を取り出し着込みますが、寒い位となりました。

d0221584_1519059.jpg
約1時間15分の船旅も終わりに近づき、カタリナ島が間近になると早速マリンスポーツを楽しむ人が見えて来ました。
パラセーリングです。ジェットボートに引っ張られ、気持ちよさそうな空の旅をしています。
d0221584_15192342.jpg
写真中央の丸い形の建物が「カジノ」と言う名のホール。イタリア語で「カジノ」とは人がたくさん集まるところ、と言う意味なので、ギャンブル場ではありません。そのカジノの左側に広がっているのが、この島の一番大きな街「アバロン(AVALON)」。
島はそこそこ大きいのですが街は小さく、人口約3,200人のほとんどがここで暮らしいています。ところが、週末になると人口は1万人を超えると言うのですから、正にリゾート・アイランドです。気候が良いのでバケーションやハネムーンで訪れる人が多いそうです。

日本人的に言ったら「温泉のない熱海」と言ったところでしょうか。まあ、日本人的には温泉がないと、魅力の90%が無くなってしまっているような気もしますがf(^_^;。。。その分マリンスポーツが色々と楽しめるようです。

d0221584_1520418.jpg到着したボートターミナルでは、こんなタイル製のウエルカムボードがお出迎え。

d0221584_15202543.jpg帰りに確認したのですが、裏面にもやはりタイルで、アバロンの地図がありました。

d0221584_15255472.jpgまずは専用のトロッコで島内観光。島内には路線バスも走っていました。
左の路線が書いてある赤い看板がバス停。隣はレストランの宣伝ですが、バッファローがいます。別にバッファローの肉を食べるわけではなく、この島には野生化したバッファローがいて、それが観光の目玉のひとつともなっているんだそうです。
何でも、昔映画の撮影用に連れてこられたバッファローがそのまま残され、この島で野生化したんだそうです。ですが、残念ながら本物のバッファローに出会うことはありませんでした。


d0221584_15221378.jpgこの島ではガソリン車の数が制限されているため、移動にはゴルフカートを自家用車として使います。
それぞれカスタマイズされたゴルフカートが、至る所で路駐されていました。
ちなみにガソリン車は800台と決まっているので、廃車などで減らない限り次の登録が出来ません。登録しても実際に乗れるまでは15年待ちだとか。

もちろんレンタカーもゴルフカートです。意外と高くて1時間$40(約3,200円)もします! 

d0221584_15224093.jpg
すぐそこまで山が迫って来ている地形のため、やたらと坂道が多く、少し進むだけでこんな風に港を見下ろすことが出来ます。
港には自家用ボートがびっしり。

島内観光と言っても、アバロンをぐるっと一周して終わってしまいました。島全土を観光してくれるものとばかり思っていたので、ちょっと残念。いくら小さい島と言っても、全長22マイルもあったら島を一周するのはやはり時間がかかりますよね。。。f(^_^;。

街の中心に戻ってくると、一旦解散。自由行動に。
早起きしてパンをかじっただけで家を出て来たので、すっかりお腹が空いてしまい、まだ11時前でしたが昼食にすることにしました。
目指したのはもちろん、
Armstrong's Seafood Restaurant
d0221584_15231170.jpg
事前にカタリナ島の事を調べたら、このレストランのことが随分出て来たので、折角なのでこちらでいただく事にしました。目印は青い看板とカジキ。
11時のオープンを待って入ったので、海に張り出したオープンテラスに案内してもらう事が出来ました。ガイドの話だと、11時半を過ぎてからの来店だと待たされること必至だそうです。実際私たちが店を出る頃には、店の前にはたくさんのお客さんが席が空くのを待っていました。
d0221584_15235290.jpg
d0221584_15241887.jpg
まずはクラムチャウダー。濃厚なホワイトソースとクラムがたっぷり。セロリも入っていて美味しかった♪
旦那さんの大好物「シュリンプカクテル」も頼みましたが、写真を撮り忘れましたf(^_^;。小振りの海老がカクテルグラス一杯に入って来ましたよ。
d0221584_15244792.jpg
そして、メイン。
手前がリングイネとクラム。奥がシュリンプサンドイッチ。
どちらもボリューム満点で、クラムも海老もたっぷり。お腹はぺこぺこでしたがさすがに食べきれませんでした。
d0221584_15251262.jpg
食べているとすぐ隣の海面には海鳥、足元には鳩が近寄ってきて餌をねだります。旦那さんは、料理に付いて来たクラッカーを砕いて海や床にぽいぽい。そのたびに鳥たちがついばんで、なんとものどか〜。

次はグラスボトムボートに乗る予定ですが、特にマリンスポーツをする気のないこの夫婦には、ゆ〜ったり食事をしてもまだまだ次の集合時間まで時間が有り余っています。
はてさて、何をして過ごそうかしらん。

次回に続きます。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-08-30 16:14 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suneya02.exblog.jp/tb/14455328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< カタリナ島日帰りツアー その2 新しいキャセロールで、オーソド... >>