タグ:食品 ( 123 ) タグの人気記事
2013年 12月 25日
日本の美味しかったモノ
いよいよクリスマスですが、我が家はちょっと旅行中のためクリスマス・パーティは無し。先週末の旦那さんの会社のクリスマス・パーティにも都合が付かず行けなかったので、今年はちっともクリスマスらしさを味わうことなく終わってしまいそうです。

なので、クリスマスとは全く関係無く、今月頭の一時帰国時のネタをお届けします。


日本に行ったら、やっぱり美味しい物を食べずにはいられない性分。今回も出来る限り食べたいと意気込んで行きましたが、チャンスが意外と少なかったり、すぐにお腹がいっぱいになってしまったりと、思うほどは食べられませんでした。
そんな中でも印象に残った品々を、備忘録を兼ねてご紹介します。

d0221584_7573789.jpgまずは何と言っても、日本のパンが大好きな私としては日本に着いたその日に、近所のパン屋さんで様々な種類のパンを買い楽しみました。
ところが今回身近な所で、美味しさを再発見したパンがありました。それがこちらの「ランチパック」シリーズ。

以前からその美味しさは知っていましたが、今回その種類の多さ、多様さに驚くと共に、やはりパンが白く柔らかく、し〜っとりしているこの優しい感じが、他では真似の出来ない美味しさだと実感。
特にこの「4種のおいしさ」には、癒しさえ感じました。って、ちょっと大袈裟かな?(笑)。


d0221584_7584737.jpgd0221584_759528.jpg
そして和食の美味しさに触れた、牛すじ煮込みちらし寿司。どちらも旦那さんの会社の方のご自宅にて頂いた、奥様&お母様の手料理。美味しかったです〜(^_^)v。


d0221584_7595578.jpg偶然入った千疋屋フルーツパーラーでは、ちょうど12月から始まったという特別メニュー「ミックスベリーのリングシュー」(池袋西武店限定メニュー¥1,890円)。お値段も良かったですが、盛りつけもお味もGood。幸せでした。


d0221584_8040100.jpgd0221584_81041.jpg
幸せと言えば、旦那さんのお仕事関係で大変お世話になっているSさんに連れて行って頂いた、銀座のお寿司屋さん「すし幸」。目の前で軽快なトークと共に握ってくれるお寿司は、絶品中の絶品。ついついお腹がはち切れそうなくらい頂いてしまいました。


d0221584_82564.jpgd0221584_82341.jpg
そして、アメリカではなかなか出会えない「もんじゃ焼」。今回は旦那さんと食べに行くことが出来ました。
お好み焼きを出す店はL.A.でもいくらか増えてきたようですが、もんじゃ焼きとなるとなかなか。。。。写真はイマイチですが、ホント、美味しかったです♪
デザートで出て来たのは、自家製カボチャのアイスクリーム。日本のカボチャの優しい美味しさを感じました。


d0221584_832991.jpgそうそう、駅前に必ずあると行っても過言ではない「てんや」にも行きました。やっぱり日本に来たら天ぷらは欠かせません。天ぷらならぬ天丼ではありますが、ここならリーズナブルに出来たてが頂けますからね。
運良く冬の新メニュー「海の幸天丼」がスタートしていたので、もちろんこちらを頂きました。見本の写真とは若干違うようにも思いますが、海老が2本も入っているし、半生ホタテが肉厚で美味しかったです。だけどこのホタテ、火の通りが早いようですから、真っ先に食べたほうがより美味しいと思います。


d0221584_84691.jpgそしてアメリカへ発つ直前、成田国際空港へ向かうスカイライナーの中で慌てて食べたのが、テレビCMでとっても気になっていたハーゲンダッツのアイスクリーム「OPRERA—オペラ−」。
そのお値段(¥400)には、目玉が飛び出しそうになりましたが、表面を覆う濃厚なチョコレートはとろ〜っと、していてアイスクリームとベストマッチ。好みの問題でしょうけれど、下層のコーヒー風味のアイスクリームは無くても良いかな。上のアイスクリームとチョコレートだけでも充分な美味しさでした。


d0221584_843846.jpg最後の最後は、和菓子で締めます。伊勢屋の焼団子とずんだ。もっちり柔らかくて「ああ、これが本物のお団子だわ」と、幸せいっぱいで日本を後にする事ができました(^_^)v。

やっぱり日本は美味しいモノ天国だわ♪


ところで、日本滞在中ずーっと思っていたのですが、JRで移動していると止まる駅、降りる駅、どんな駅でも必ず何かしらの美味しい匂いが鼻をくすぐります。
それは時として焼きたてのパンの香りだったり、そばつゆや出汁の匂いだったり、お総菜の匂いだったり。エキナカのお店から香って来ていたと思うのですが、電車に乗る度に美味しい香りの誘惑に負けそうになる日々でした。これ以上日本に居たら、誘惑に負けて益々体重が増えていたことでしょう。くわばらくわばら。


と言う事で、皆様、
Merry Christmas!!

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-12-25 10:00 | | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 16日
バナナとホイップクリームと来たら、やっぱりバナナサンデー?
ときどき Walmart で買い物をします。大抵はトイレットペーパーとか洗剤とかの日用品、やっぱり安いと思うので。
なので、あまり食料品は買わないのですが、先週末は Reddi wip(ワッフルに付けているホイップクリーム)がゲロ安だったので2本、そして私のおやつ代わりのバナナ、更にやっと見つけたプリン! Raymundo's の「Caramel Flan」を買いました。

d0221584_915763.jpgd0221584_9152367.jpg
フランが私の求めている「プリン」に近いモノだとやっと気がつき、最近のお気に入りです。
それにしてもこのパッケージ、日本では考えられないアップサイド・ダウン、上下てんこしゃんこ、ひっくり返ってます。
盛りつけた状態が想像しやすいから、これのほうがいいのかしらん? しかしカラメルシロップが漏れ出しはしないかと、ちょっと心配になるパッケージングです。
案の定、蓋を開けようとアルミの端を持つとちょっとべたつく感じが。。。でも、漏れてはいないですf(^_^;。

とまあ、こんな買い物をしたんですが、本題はこれからです。
これらの会計をするとき、いつもはセルフレジを使っているのですが、今回は商品点数もそこそこ多かったので、普通の店員さんがいるレジに並びました。
前のお客さんはアジア系のおばちゃんでお財布からお金を出している所だったので、すぐに順番が来るかなと、思っていました。

ところが、このおばちゃん、小銭を細かくジャラジャラ出した挙げ句、お札はなんと$100札
日本なら1万円札と言ったところですが、日本で1万円札を使うのと、アメリカで$100札を使うのでは、その手間がだいぶ違います。

まず、店員はその$100札を光にかざして透かしをチェック、場所によっては偽札を判別するための専用のペンで、シュッと書き込んだりもします。
今回もメキシコ系のオジサン店員が、光にかざして透かしをチェック、ペンでのチェックこそありませんでしたが、お釣りの紙幣を1枚1枚お客さんと確認しながら数えます。
よーするに、少額の買い物で$100札を使うのは非常にスマートではないんですね。ましてや、アメリカはカード社会ですから、大抵のレジではカードをスワイプする機械が設置されていて、自分でカードをスワイプして暗証番号を入力、もしくは画面にサインをして終了です。

と言うわけで、早くに終わるかと思った前の人が結構手間取り、私達は黙って待つのみ(旦那さんは相当イライラしてましたけどf(^_^;)。しかもレジ係のオジサンも笑顔を見せることなく黙々と作業するので、なんだか重ーい空気になって、私達の順番が来ました。

トイレットペーパーやコンディショナーの他に、先ほどのバナナホイップクリームが次々とスキャンされ、いざ支払となったらオジサン、先ほどとは一転。

バナナホイップクリームだけ? アイスクリームは買わないのかい?」

なんて、笑いながら話し掛けて来るから、ビックリ!
愛想のないオジサンだと思っていたら、そうじゃなかった。やっぱりアメリカの店員さんはこうでなくっちゃ!

バナナホイップクリーム、それにフランまであったら、バナナサンデーでも連想したんでしょうね。そこにはアイスクリームは欠かせませんから(^_^)v。
だけど、悲しいかな。そんな素敵な会話を振ってくれたのに、私達夫婦はなんて答えて良いのか解らず、一緒になって笑うだけ。

帰りの車の中で、旦那さんとこんな時にはどう答えるのがいいのか、喧々ガクガク。
アイスクリームじゃなくて、このコンディショナーが良いんだよ」
と、ジョークで答えるのがいいのか、
アイスクリームは家にあるのさ」
と真面目に答えるのがいいのか。

いずれにしても、頭の中で日本語で考えてからそれを英語にしなくてはならず、さらにその英語が間違っていたら?とか、発音が通じなかったら?、と考えてしまい、素敵な会話へのハードルはとってもとっても高いと感じるのでした。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-11-16 09:25 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 11日
ラーメンバーガー、初体験
d0221584_13174943.jpg今日偶然、毎週行っている日系スーパー・MITSUWA で、今話題の「RAMEN BURGER(ラーメンバーガー)」なるものに遭遇しました!
毎回チラシをチェックしているのに、出店しているなんて知らなかったから、ホント、ビックリ!


イベントでは長蛇の列が出来てなかなか食べる事が出来ないと聞いていましたが、今日はタイミングが良かったのか、ほんの数人が待つ程度で即購入可能。
で、チーズバーガーの方を買ってみました、お値段$9(約890円※)。

d0221584_13183559.jpgd0221584_13185462.jpg
こんがり焼き色が付いたラーメンの塊に、香りよく焼けたビーフパティととろけたスライスチーズ、特製タレに刻みネギを挟んだ代物。
蛇腹に折られた包み紙に、綺麗に丸く包んで手渡されました。
「意外と重量感がある」
と、旦那さん。
d0221584_13194747.jpg興味津々で包みを開けると、こんな感じ。

では、いざ! パクリ。
d0221584_13201750.jpg持ってるだけでは崩れることはないラーメンバンズは、口の中でほぐれる感じ。でも、あまりラーメンという感じでは無いですね。特性ダレは少々苦く感じましたが、お肉の味がよくわかるバーガーでした。


旦那さん曰く、
「ちょっと脂っこいよね」
確かにそうかも。

すぐに買えてしまったため有り難みが少なかったのかな? 長時間待って食べたらならもっと感動したのかも?

d0221584_13212447.jpg
▲スタッフが着しているのと同じ、
オリジナルTシャツの販売もされていました。


※$1=99円で計算。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-11-11 13:24 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 21日
サンフランシスコ観光3日目(1) ケーブルカー と クラムチャウダー
すっかりお待たせ致しました、今月頭に行ったサンフランシスコ観光の続きです。


これまでのサンフランシスコ観光はこちら ↓ でどうぞ。
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж
1日目 ゴールデン・ゲート・ブリッジ と ツイン・ピークス
2日目(1)曲がりくねった坂 と CA 科学アカデミー博物館
2日目(2)サンフランシスコ・ベイ・クルーズ と ギラデリアイス
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


【Sep 4th Wednesday -1-】

d0221584_2493439.jpgいよいよサンフランシスコ観光も最終日を迎えました。
前日は長蛇の列にすっかり気圧され諦めた、サンフランシスコ名物「ケーブルカー」にリベンジです。

d0221584_2533567.jpgさすが通勤の足でもあるケーブルカー。朝は6時半から運転しているというので、朝食もそこそこに、フィッシャーマンズ・ワーフ近くの Powell-Hyde ラインの始発駅へと向かいました。
まだ8時前でしたから、がら〜〜〜〜ん。観光客もほとんどいません。ラッキー♪ 昨日の混雑が嘘のようです。

d0221584_2542062.jpgd0221584_2554471.jpg
d0221584_256364.jpgお陰で、写真も取り放題 ♪ 操縦桿(?)もバッチリ。天井にはワイヤーが走り、これで警笛を鳴らす他、後ろにいる車掌さんへの合図にも使います。
ちなみに上の写真、白シャツの方が運転手さん。

その車掌さんがいる最後部にもハンドルが。これもブレーキなんだそうです。
ちなみに、ケーブルカーのレールにはケーブルが通っているんですって。知らなかった〜。(◎o◎)。だから「ケーブルカー」って言うんですよねf(^_^;。それで、このケーブルを操作している(?)のが、先ほどの操縦桿のような大きなレバー。これで、ケーブルを掴んだり放したりして動いているんですって。いや〜、ビックリ。こんな大きなレバーで運転しているなんて、乗ってみないと分からないものですね〜。

さて、車掌さんに運賃を支払い、いざ出発です。

d0221584_2564623.jpgd0221584_257393.jpg
ちなみに料金は片道$6(約594円※)。結構高いな、と言う印象です。毎日の通勤に使ったらさほど遠くまで行かないのに、往復1,000円越え。う〜〜ん。
だけど、途中から乗って来た地元の人たちは、皆さん、suica のような専用のカードで支払をしていたので、もしかしたらそれなら割引などがあるのかも知れないな、と思うのでした。

d0221584_2574888.jpgd0221584_258649.jpg
d0221584_2591145.jpgd0221584_302141.jpg
さて、サンフランシスコの坂道をグイグイ登り、登ったかと思ったら今度は下り坂。運転手さんはレバーを巧みに操って、快適走行。Hyde 通りを左へ曲がり Powell 通りに入るとそこはチャイナタウン。風景が一変しますがそれもつかの間、ユニオンスクエア近辺になると、背の高いビルに囲まれ、車道脇にはレンタル自転車の駐輪場。さすが自転車の街サンフランシスコ。
d0221584_2595216.jpgそして、西海岸唯一のユニクロがありました。
日本ではユニクロは安いイメージですが、ここでは輸入品のため、そこそこお高いんだそうです。香港のユニクロは日本とさほど変わらない価格でしたけど、やっぱりアメリカは遠いって事ですね。

d0221584_313390.jpg終点の Hallidie Plaza 前に到着すると、すでに列を成してお客さんが待っていました。
すると、ここでケーブルカーは方向転換。しかも、人力です!


路面がターンテーブルの様に動いてくるっと一周し、反対側のレールに載せ替え完了。

d0221584_322628.jpgそして、乗って来たケーブルカーは満員のお客さんを乗せて帰って行きました。

私達はと言うと、ここからは別ルートのケーブルカーがあるので、そちらに乗り換えて、って、実は空いている車両に乗りたかっただけで、乗ってから別ルートだったと気付きましたf(^_^;。
ちなみにそれは、Powell-Mason ライン。途中までは同じく Powell 通りを北上。チャイナタウンのあたりで、来たときよりも東側の Mason 通りに入りさらに北上。別の景色を楽しみました。

d0221584_351289.jpgd0221584_353748.jpg
d0221584_361290.jpgこちらのラインでは途中乗車のお客さんが多くて、私の目の前にも立ち乗りのお客さん。これぞ、ケーブルカーですね。
Mason 通り沿いは可愛い建物が多く、サンフランシスコらしさを感じました。
d0221584_364422.jpgd0221584_37388.jpg
そして程なく終点に到着。このラインを運転していたのは、にっこり微笑んでくれた、こちらのお兄さん。運転中は革手袋をして、全身で大きなレバーを力強く操作していました。力仕事なんですね。

d0221584_37465.jpgd0221584_381268.jpgこちらでは先ほどの終点とは違って、ケーブルカーを待つ人はなく、ちょっと寂しげにケーブルカーが3台停まっていました。

d0221584_384746.jpgそしてこれが、サンフランシスコ名物(?)、公衆トイレ! 
初日に行ったツイン・ピークスにもひとつありましたが、あのときは大勢の観光客が列を成していました。ここは誰も使っていなかったので、中を見てみればよかったとちょっと後悔。


d0221584_39268.jpgこの終点、ベイ・ストリートからさらに北へ進むと、あっと言う間にフィッシャーマンズ・ワーフに到着。有名なカニの看板の前に出ます。
d0221584_31018100.jpgd0221584_310326.jpg
d0221584_3123589.jpgd0221584_3125357.jpg
旦那さんは、昨日食べられなかったシーフード屋台のカニのサンドイッチめがけて一目散。こんなに早い時間だとさすがに観光客もいなくて、貸し切り状態。
d0221584_311842.jpg旦那さんは左半分がカニ、右半分が海老と言う、何とも贅沢なコンビネーションのサンドイッチ($8=約792円※)を見つけ、
d0221584_3114582.jpgd0221584_31244.jpg
私は絶対に食べたいと思っていたクラムチャウダー・イン・ブレッドボール($6=約594円※)を頂きました。もちろん、美味しかったですよ〜。サワーブレッドは酸っぱいと言うよりは、ちょっとしょっぱく感じました。

d0221584_314225.jpgお腹が膨れたところで、街並みを眺めながら、車を停めてある最初のケーブルカー始発駅と歩きます。
途中見かけたお土産屋さんの中には、こんなミニオンのパーカーやTシャツ。やっぱり今年の人気者ですね。


さて次は車窓からの観光です。
d0221584_315815.jpgd0221584_3152699.jpg
ケーブルカーでも少し通りましたが、チャイナタウンの中を通り抜けると、そこには中国人がた〜くさん。特に野菜を扱うスーパーマーケットにはたくさんの人が群がり、まるでここだけ中国のよう、って香港しか知らないンですけどねf(^_^;。(あ、写真は取り損ねました。スミマセンf(^_^;。)久しぶりに背の低いアジア人集団を見て驚くような、懐かしいような、不思議な感覚になりました。

第2のチャイナタウンと言われている、Clement Street もチラッと眺め、次なる目的地は旦那さんのリクエストで、「WALT DISNEY FAMILY MUSEUM」へ。


ですが、やっぱり長くなっちゃいましたので、これはまた次回。
長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。
3日目 (2)ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムに続きます。


参照MAPはこちら。
http://goo.gl/maps/XGf9w

今回のサンフランシスコ観光、他のブログへはこちらからジャンプ出来ます。
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж
1日目 ゴールデン・ゲート・ブリッジ と ツイン・ピークス
2日目(1)曲がりくねった坂 と CA 科学アカデミー博物館
2日目(2)サンフランシスコ・ベイ・クルーズ と ギラデリアイス
3日目(1)ケーブルカー と クラムチャウダー
3日目(2)ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム
жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


※$1=99円で計算。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-21 03:44 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 20日
台湾系のパン屋さん「J.J. Bakery」で月餅ゲット。
d0221584_4163769.jpg以前のブログでパン屋さん「TOUS les JOURS」をご紹介した際(その時のブログはこちら、他にも美味しいパン屋さんがあるとコメントを頂きました。
それが今回行った「J.J. Bakery(小雅屋)」。
▲yelpのサイトより借用

d0221584_4182613.jpgd0221584_4184323.jpg
d0221584_4191542.jpgd0221584_4193637.jpg
ちょっと遅くなりましたが、先日ようやくこのパン屋さんに行くことができました。
情報通り、日本風のパンがたくさんあって、しかもお安い♪。綺麗なケーキもたくさんあって、日本では見慣れないおまんじゅうのようなお菓子もあり、またもや、ばかすかとたくさん買って来てしまいましたf(^_^;。(←パン屋に行くと見境がなくなります。あ、こちらの店員さんはにこやかでした〜(^_^)v。)

d0221584_4203023.jpg土曜の夕方に行ったのですが、お客さんが途切れることなく来るので人気の高さが伺え、それ故にお薦めのお総菜パンがあったと思われる商品棚はすっからかん。既に売り切れでした(T T)。
ですが、デニッシュやスコーン、ロールケーキなどどれも美味しいパンをゲット。特に私が気に入ったのは、見た目はどら焼きなのに(商品名も「蛋糕銅羅焼」)、実はレーズンサンド(写真右側中央)。美味しかったです(^_^)v。

d0221584_4211744.jpg食パンの袋にはこんな可愛いイラスト。このコックさんがお店のトレードマークで、パンの小袋にもレジ袋にも彼(?)の可愛い顔がプリントされています。


d0221584_4222592.jpgそして、意外にもパン以上に嬉しかったのが、ホールケーキのショーケースの上にあった月餅。
日本人には、中華街で売っているお菓子、くらいの薄い存在かもしれませんが、中華圏の方々には秋の中秋節には欠かせない大事なお菓子です。
私も香港生活でこの月餅を知りました。
今年の中秋節は9月19日だったとか。慌ててこのブログを書いています。

そして、ここで売っていたのは本場物よりも小さいタイプ。本場物は8センチ四方もある大きなモノ、それ以上の大きさのモノもあり、大家族で頂くモノ。なので、夫婦二人だけの我が家にはこの小さいサイズはとっても嬉しくて、だけど、小さいながらもずっしりと身の詰まったお菓子なので、たくさんは食べられません。欲をかかずに2つだけ、購入しました。ひとつ$2=約198円※。

d0221584_4232344.jpg香港時代に買った小さい月餅1個入りの缶を引っ張り出して、比べてみました。
この缶が8センチ弱ですから、かなり小さい方なんです。ちなみに、月餅のブログを読み返すと、この缶の中に入っていた月餅と似たようなサイズだったことが解りました。

d0221584_4235470.jpgそしてもちろん中には、卵の黄身。味は、美味しいと思うよりも、懐かしいと言うのとこういう味だったかしら?と言う気持ちの方が先に立ってしまいましたf(^_^;。

何はともあれ、月餅を見ると秋を感じ、香港を思い出します。
やっぱり私の頭の中は、食べ物の事ばかりなんですよね〜 f(^_^;。


■ J.J. Bakery (小雅屋)Torrance店
2370 Crenshaw Blvd., #K&L Torrance, CA 90501
http://www.yelp.com/biz/jj-bakery-torrance

★Ichikoさん、教えてくださりありがとうございました。

※$1=99円で計算。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-20 04:34 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 17日
今年もロブスター・フェスティバルに行って来ました。
d0221584_841610.jpgウチの旦那さんは無類の甲殻類好きなので、9月の「Lobster Festival」のチェックは欠かせません。
今年は9月の第1週の週末はロング・ビーチで、第2週の先週末は San Pedro(サンペドロ)の Fish Market 前の特設会場で開催されました。
実はこのサンペドロには昨年も行って勝手がわかっていましたので、今年もここに行くことにしました。
(昨年のブログはこちら
▲ツメが取れちゃっていますが、それでもこの大きさ。
その姿はまるでKAIJUです。

d0221584_861779.jpg
▲参照map。クリックで大きくなります。


d0221584_872055.jpgd0221584_873986.jpg
金曜日から開催中でしたが、行ったのは昨日の日曜日、しかも午後4時近くとかなりの終盤。にも関わらずチケット売り場は長蛇の列。しかも現金オンリーなのでATMも長蛇の列。
ロブスターがなくなりはしないかと、心配する旦那さん。
じりじりと照りつける陽射しの元、入場料がひとり$10、ロブスター・ミールが$20、旦那さんは2尾付きで$36。合計$76(7,524円※)を支払いました。決してお安い金額ではありませんが、この金額でロブスターが3尾食べられると思えば、まあ納得?

d0221584_881432.jpgチケットを買ったところで、大きなロブスターバルーンのゲートをくぐって、いざ会場内へ。
d0221584_885024.jpgd0221584_89651.jpg
d0221584_892416.jpgロブスターミール・ブースへたどり着く前に、様々な屋台が並び誘惑が。。。。

d0221584_8102076.jpg
ここがロブスターミールを受け取るブース。
このテントの後ろにある大きな釜で、ロブスターをじゃんじゃん茹でています。足りなくなるなんて、心配ご無用、でした。
写真奥の行列が茹で立てロブスターを今や遅しを待っている人々。私達が行った時はちょうどタイミングが良く、行列が途切れた所でしたので、さほど待つことなく茹で立てをゲット。
d0221584_8113214.jpg小さなパンとスパイシーなポテト、コールスローが付いています。
ですが、このままではとても食べにくいので、ブースの手前側でナイフを持って待ち構えているおばちゃん(私の時はお姉さんでした)の所へ持っていきます。

d0221584_8122324.jpgすると、手際良くロブスターのツメを切り、背中の甲羅に縦に切り込みを入れてくれます。これでようやくテーブルに着くことができます。

d0221584_8125648.jpg旦那さんのプレートを見ると、真っ赤に茹で上がった2尾のロブスターが格闘中。程なく、彼らはあっけないほど簡単に旦那さんの胃袋へと消えていくのです。

d0221584_8133418.jpg今回は2度目ですから、用意も怠りなく。
まず日本人ならよく知っている、カニフォーク。さらに、醤油やチリソースまで持参。なにせ溶かしバター(写真左の黄色い液体。まるでスープのようですが、バターです)だけではこってり過ぎですからね。
もちろん、頂く前には持参のサニタイザーで手を綺麗にして、手づかみで頂きます。そしてカニフォークも大活躍♪

d0221584_814724.jpg大きなツメから立派な身が取れて、ご満悦の旦那さん。そう、このツメのお肉が一番美味しかったな〜。旦那さんは味噌までしゃぶり尽くしてました(笑)。


d0221584_814486.jpgd0221584_8151293.jpg
d0221584_8153463.jpgお腹がいっぱいになってから、会場内を散策。
左上の写真は一見、射的に見えますが、子供が手にしているのは水鉄砲。標的のピエロの口に水をたくさん入れて、頭の風船を膨らませます。一番速く風船が割れた人が勝ちの、1回$3(約297円※)のゲーム。
景品はロブスターを始めとする各種ぬいぐるみ。
並びには同じような景品を、ダーツを使って風船を割ってゲットするゲームもありました。
d0221584_816145.jpgd0221584_8163343.jpg
移動式遊園地もあって、子供たちはとっても楽しそう。正にお祭りですね。
d0221584_817165.jpg他にもケニアからの民芸品や、アクセサリー、洋服等々様々な露店が並び、大人も楽しめます。
会場奥には大きなステージもあり、そこではロックバンドの演奏なども行われるようです。
d0221584_817555.jpg
その手前の芝生では、「パイレーツ・ショー」と銘打って、子供たちを集め大道芸が披露されていました。
この中央の黒い帽子の女性は、長い剣を飲み込んでみせましたが、今もこういった大道芸が健在なのにオドロキです。

d0221584_8185078.jpgd0221584_819887.jpg
そんなショーを見守る旦那さんの頭にはツノ。
その正体は、昨年買ったロブスター・ハットのツメです。会場内にはこのハットを被った子供、よりは、大人のほうがたくさんいたように思います。ロブスター・ラバーがたくさんいるんですね。
どうやらこの帽子、結構人気らしく、帰り際に販売テントを覗くと既に売り切れとなっていました。

ちなみに来週は Redondo Beach(レドンド・ビーチ)でロブスター・フェスティバルがあるようです。ロブスター・ハットは、まだまだ仕舞えないかな?



■Lobster Festival
  ◆サンペドロ(9/13-15)http://lobsterfest.com/
  ◆レドンド・ビーチ(9/20-22)http://lobsterfestival.com/
  ◆ロング・ビーチ(9/6-8)http://www.originallobsterfestival.com/



※$1=99円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
今回もお立ち寄り頂き、ありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-09-17 08:35 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 28日
マルちゃん正麺、遂にL.A.上陸! だけど。。。
何故「冷やし中華」?

今回もまた8月上旬のお話です。
以前、お土産で頂き袋麺とは思えない美味しさに驚いた「マルちゃん正麺」(その時のブログはこちらが、遂に L.A.上陸を果たしていました。

d0221584_6451843.jpgいつものように、日系スーパーで1週間分の買い出しをしていたら、山積みの「マルちゃん正麺」を見つけて、ビックリ。しかも「冷やし中華」だったから、さらにビックリ(◎o◎)!。

いやいや、いくら夏だからっていきなり「冷やし中華」は無いでしょう?
あの生麺のような美味しさは、まずは、基本の醤油味を食べて実感できると言うモノ。
しかも、お値段もそこそこするし。。。(5袋入り$8.99=約880円※、1袋あたり176円)。なので、大きなお世話ながら、ちゃんと売れるのかちょっと心配になっていました。

d0221584_6461355.jpgと言うのも、日本で「冷やし中華」が発売になったのを知った直後、運良く旦那さんの日本出張があったので、妹に買っておいてもらったモノをお土産に持って帰って来てもらい、しっかりその味を確かめていました。

してその感想は、、、確かに美味しい麺でしたが、残念ながら初めて「マルちゃん正麺 醤油味」を食べた時のような感動は味わえなかったんです。
▲マルちゃん正麺よりその下にある
韓国製ラーメン「男子」が気になる。。。


案の定と言うか、残念ながらと言うか、先週末行った時も、この「冷やし中華」は品切れになる事はありませんでした。

今 L.A.では、日本人にもアメリカ人にもラーメンは大人気ですが、「冷やし中華」は日本でこそラーメン屋さんの夏の定番メニューですが、しょせん変化球。まずは直球勝負をして欲しかったなー。
日本でも基本の4食(醤油、味噌、塩、とんこつ)はまだまだ品薄なのかしら? だから「冷やし中華」から上陸? ポップでこれら4食を解説してはいましたが、実際食べてみないことには美味しさは伝わらないもんね。これを機に、これらの基本の4食も早く L.A.に上陸してくれたら、言うこと無しなんですけどね。


※$1=98円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-08-28 06:52 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 23日
自宅で HOLLYWOOD'S ORIGINAL ホット・ドッグ
これまで色々なオタクイベントへ行く度に見かけていた、ホット・ドッグ売り。それは有名なニューヨークスタイルとはちょっと違う、こんなホット・ドッグです。

d0221584_1151240.jpg←初めて見たのはロサンゼルス・コンベンション・センターの前。と、思い込んでいましたが、実はハリウッドのハイランド前の歩道でした。いずれにしても、買い物カートよりも小さいカートにカセットコンロのようなものを載せその上に鉄板を置き、ベーコンを巻いたソーセージと玉葱やピーマンなどを美味しそうな匂いと音をさせて焼いていました。

さらにその低い独特の呼び声「HOTDOGS! HOTDOGS! HOTDOGS! HOTDOGS!」が、あまりに早口で私達夫婦には「ハドハドハドハド」と聞こえ、最初はホット・ドッグを売っているとは気がつきませんでした。

d0221584_115369.jpgd0221584_1155543.jpg
▲パサデナ・コンベンション・センターの前にある、ショッピングモールのワゴン。

d0221584_1171761.jpgd0221584_1173522.jpg
▲サン・ノゼ・コンベンション・センターの前で、タコスと一緒に売っていたワゴン。


初めて食べたのは、パサデナ(Pasadena)のワゴンのモノでしたが、旦那さんと二人、その美味しさにすっかり魅了されてしまいました。
なにせ、このワゴンに書いてあるメニューには、このベーコン巻きソーセージのホット・ドッグはロサンゼルスで一番人気だと書かれていました。私は今でもここのが一番美味しいと思っています。

I ate Hot Dogs at front of the Pasadena Convention Center with my husband. It's very good! We love them.

ですが、売っているのを見かけたのは、ハリウッドや上記の写真のようにロサンゼルス・コンベンション・センターなどに売りに来るワゴンばかりなので、自宅の近くでは全く見かけません。まあ、ウチは決して都会ではありませんしf(^_^;。

と言う事で、先週末、家で作ってみました。

I tried to cook Hollywood Original Hot Dogs last Sunday.


まずは材料調達から。
ホットドッグ用の太いソーセージは、普通のスーパーで様々な種類のものが売られています。
そんな中、唯一見つけたのがこちら。

d0221584_1185956.jpg「HOFFY Bacon Wrapped Hot Dogs HOLLYWOOD'S ORIGINAL」
(5本入り$5.79=約562円※)
すでにベーコンが巻いてあります。べんりー。

だけど、ネーミングにちょっと疑問が。確かに初めて売っているのを見たのは、ハリウッドでしたが、売っていたのは明らかにラティーノ、メキシコ系の方々。しかもサン・ノゼで見たワゴンには思いっきり「MEXICANOS」の文字。元を正したらメキシコ・オリジナルなんじゃないかと思います。まあ、ラティーノがたくさんいるカリフォルニアなので、メキシコ・スタイルじゃ目立たないのかな? きっと最初に売ったのがハリウッドなのでしょう。

I found Bacon Wrapped sausage. It's a "HOFFY Bacon Wrapped Hot Dogs HOLLYWOOD'S ORIGINAL".

d0221584_11105967.jpgd0221584_11111769.jpg
とにかく、
ピーマンやパプリカは無かったけど、スライスした玉葱と一緒に焼いて、従来のホットドッグ用のパンよりちょっと大きいサンフランシスコ・スタイルのパン(6個入り$3.49=約339円)に挟んで、かなり大きいハリウッド・スタイルのホットドッグの出来上がり〜♪

I cooked the sausages with slice of onion and served in the San Francisco style long bread rolls.

d0221584_11115843.jpg玉葱をもっと、くったくたになるまで炒めても良かったかも。でも、手前味噌ながら、なかなか美味しく出来ました(^_^)v。
簡単だし、これならちょくちょく作っちゃうかも。

It's so good! :D. I'll cook again.



※$1=97円で計算



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-08-23 11:30 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 10日
ちゃんと探せばありました、美味しいパン屋さん。
日本のパンってほんと、美味しいと思います。香港も美味しかったです。
だけどアメリカ生活になって、なかなか美味しいパンに出会えない日々。日本が羨ましいとつくづく実感しています。

アメリカでも、レストランで出される焼きたてパンとかは美味しいと思うのですが、普段気軽に食べるスーパーのベーカリーコーナーのパンは、ちょっとパサついている感じがして、あまり美味しく感じません。
しかも私はデニッシュのようなお菓子系のパンが好きなので、そう言ったパンが少ないアメリカでは、種類が少ないとも思ってしまいます。(ドーナツなら色々とあるんですけどねf(^_^;。)

なので、以前 Irvine(アーバイン)に台湾系の「85℃ Bakery Cafe」がオープンしたときは、長時間並んで買ったりもしました。ホントに美味しいんですけど、我が家からは遠いし何せ買う度に行列に並ぶなんて。。。なので、一度行ったきり。(その時のブログはこちら

なので、諦めていたのですが、もう一度ちゃんと近場で美味しいパン屋さんを探そうと、ネットで検索してみました。
きっかけは、こちらの Moon-in-the-ocean さんのブログ。こちらで紹介されていた韓国系のスーパーに入っているパン屋さん、日本にもありそうな雰囲気の Paris Baguette(http://www.parisbaguetteusa.com/)。

とっても羨ましく思い、L.A.でも無いかと検索してみると、ありました。けど、我が家からはとても近いとは言えない距離。
なので、“韓国系”をキーワードに探してヒットしたのがこちらのパン屋さん「TOUS les JOURS」(フランス語で「毎日」。発音はトゥ・レ・ジュルかな? http://www.touslesjoursusa.com/)。
ここなら我が家からも割と近いので、先日の目医者さんの検診の後に寄ってみました。

d0221584_13474932.jpgd0221584_13481044.jpg
d0221584_1348402.jpg店内に入って、心の中で第一声
「やった!」。
だって、ほら、とっても日本風、パンの種類もトレー(ここでは籐のバスケット)に自分で取っていくスタイルも。そして奥にはお洒落なカフェも。ああ、なんて懐かしいんでしょ、初めて入ったお店なのにf(^_^;。

もう、心は小躍りしながら、旦那さんとあれこれパンを選んでいると、あんパンはもちろん、クリームパンやカレーパンなど日本風のパンもちらほら。心だけじゃなく、身体も小躍りしそうになるのを抑えて、お会計。
締めて$14.70(約1,440円※)。勢いづいて結構買っちゃいましたf(^_^;。
d0221584_1349241.jpgレジ脇のショーケースには、綺麗なケーキもたくさん。これまた日本風な繊細なケーキ。良いわぁ♪

d0221584_13495914.jpg
自宅に戻り、早速このうち2個を旦那さんにお弁当代わりに持たせ、私もランチに2〜3個頂きました。(あ、食べ過ぎ?)
焼きたてバゲットは中はしっとり、外はカリカリ。他のパンも柔らかくて美味しかったです。

d0221584_13503564.jpgただひとつ残念だったのは、店員さんがどなたも若い女性だったにもかかわらず、愛想がなくて。。。f(^_^;。
ここは本当にアメリカなんだろうか?と疑いたくなるほど。いえ、決してつんけんしているというのではなく、なんか事務的というか。。。
はっ! もしや私の浮かれている様子が異様だったとか? それとも、まさか私が日本人だから? 確かに店員さんはもちろん、店内には明らかに韓国人とおぼしきお客さん。反日感情? いやいや、お互い母国を遠く離れたアメリカでのこと、今の日韓関係が冷えているとはいえ、日系スーパーには韓国人も多く来ているし、それに対して日本人が冷たくしているなんてこともないし。それは考えすぎ? 単なる国民性かしらん?

いずれにしても、香港時代に出会った無愛想店員さんたちを思い出しました。ま、それよりは全然感じは良かったですけどねf(^_^;。
頻繁に通って顔なじみになったら違って来るかしら? 

美味しいパンだけに食べ過ぎ注意な上、アメリカでは“近い”と言っても車での話、徒歩圏内ではないので、そう頻繁には通えないけど、美味しいパン屋さんを発見できたのは大収穫でした(^_^)v。




※$1=98円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-08-10 13:56 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2013年 08月 05日
自家製ワッフルで、ブランチ。
平日の朝食はパンの我が家ですが、大抵オーブントースターでトーストして、バターか NUTELLA(ヌテラ;ヘーゼルナッツ風味のチョコレートスプレッド。これがまたちょー美味しいんですよ。香港時代に知ってそれからはやみつき。詳しくはこちらのブログで。ちなみにアメリカのはもっと大きなサイズで売っています。)を塗って食べています。

そして、たま〜に、サルサソースやハム&チーズを挟んだホットサンドを作って食べる事もあったのですが、このホットサンドを作る為のホットサンド・メーカーが、先週突然壊れました。

d0221584_1143978.jpgまあ、そう大してお高いモノでもなかったのであっさり捨ててしまったのですが、新しい物を買う気にもなれず、どうしたモノかなと思っていたら、旦那さんが
ワッフル・メーカーを買おう!」
と言い出し、早速昨日の土曜日、Wal-Mart で買って来ました。


何故にワッフル・メーカーかと言いますと、実はホットサンド・メーカーを買う際にどちらにしようかと迷った一方が、ワッフル・メーカーだったのです。

日本に居た頃、アメリカ旅行で泊まったホテルの朝食では、大抵ワッフル・メーカーが置いてあり、セルフサービスで勝手に焼いて好きなジャムやフルーツを載せて頂いたのですが、それがまた美味しくて忘れられずにいたというのもあります。

で、早速今日、日曜のブランチにこれでワッフルを焼きました。

初めてなので失敗しないよう、ワッフル・ミックスを使用。
卵とオイル、水を加えて混ぜ混ぜした生地を、鉄板に落として蓋して、待つこと4分。
ほ〜ら、簡単にワッフルが焼き上がりました〜。
あ、ちょっと生地をけちったから数カ所穴が…f(^_^;ははは。ま、こぼれるよりは良いでしょう。

d0221584_1151047.jpgそしてこれも買っておきました。
アメリカでは、何にでもすぐにぶしゅーと掛けるホイップクリーム。
それだけでは寂しいので、冷凍しておいたブルーベリーもトッピング。アメリカナイズしたブランチの出来上がり〜。

生地もクリームも思っていたほど甘く無く、焼き具合もそこそこクリスピーに仕上がったので、とても美味しかったです。

だけど、これを毎日朝食に頂くのはやはり危険ですね。これ1枚にオイルが大さじ1入ってますからf(^_^;。
しかも、旦那さんってば、アイスクリームまで載せてました。美味しいだけに、危険すぎます。

やっぱり、ホットサンド・メーカーを買ったほうが良かったかしらん?




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-08-05 11:12 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)