タグ:買い物 ( 88 ) タグの人気記事
2014年 09月 15日
さすが、ジャパン・クオリティ
最近はすっかり朝晩涼しくなって、とても過ごしやすくて助かっています。
日本に戻った今月頭はまだまだ暑くて、すっかり汗疹に悩まされましたが、それもだいぶ落ち着いてきました。ところが、家の中はかれこれ2週間近くなると言うのに、なんだか未だに落ち着きません。それはやはり、模様替えが長引いているからに他なりません。

なにせ、パズルのように、こっちの荷物をあっちの部屋へ。だけど、その前にあっちの部屋の荷物をこっちの部屋へ。だけど、一度に移動は出来ないから取り敢えずそっちの部屋へ避難。さらに、5年ほどとは言えそこそこ荷物が増えているので要らない物もたくさんあって、これを選別して分別してゴミ出し。
はあ、一体何時になったら片付くのやら(;´Д`)。

そんな中、生活に必要なモノを買いに行ったりもしたのですが、その度に店員さんの対応に驚かされています。

まずは、市役所。
転入届や印鑑登録をしようと窓口に行くと、対応してくれたのは洒落たヘアスタイルの若いお兄さん。一見チャラそうに見えるのに、もの凄く丁寧に対応してくれて、人は見かけによらない事を実感。

さらに、旦那さんの新しい銀行口座を開こうと、大手都市銀行へ行くとまずは受付で丁寧な挨拶。さらに窓口へ行くと、これまたものすごく丁寧な対応と二段構え。やっぱり日本ってすごいと実感。もちろん、アメリカの銀行も親切丁寧でしたけど、やっぱりフレンドリーなのでちょっと気さくな感じ。これはこれで嬉しいんですけどね。
日本の場合は、胸の前で手を組んでお辞儀をして迎えてくれて、口座申し込み書の書き方も丁寧かつにこやかに教えてくれる。しかも手続きは迅速。あっちゅー間に口座開設完了でした。

さらには、車を買おうとディーラーに行くと、まだ買うとは決まっていないのに、タダで冷たい飲み物を出してくれるし、買うと決まると、頭がテーブルにぶつかるんじゃないかと思うほど「ありがとうございます!」とお辞儀をしてくれる。更には、「上の者がご挨拶したいと」と言われ、「上の者」って何?と内心苦笑していたと言う旦那さん。

確かに安い買い物ではないので、こういった対応は大変ありがたいけど、そんなにお高い高級車を買った訳でもないのに自分が王様にでもなったような気分にさせてくれて、いささか恐縮しちゃいます。

お金を払う側が確かに優位な気もしますが、それに見合った商品なりサービスを提供するわけですから、必要以上にへりくだらなくてもいいのに、とも思ってしまう程の「ジャパン・クオリティ」。これじゃあ、お客さんの中には勘違いする人も出てくるのが頷けます。うっかり勘違いして、自分を見失わないようにしなくっちゃ。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-09-15 00:01 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 28日
自作ショットグラス用ショーケースの続き 
d0221584_6434387.jpgこれまで出かけた先で買い集めてきたショットグラス。いつの間にか結構な数溜まってきたとき、自作したのがこちらのショーケースです。
これまでのアメリカ暮らしで更に増え、今では4つになりました。
(その時のブログはこちら

d0221584_64637100.jpgこれはこれで結構気に入っていたのですが、先日旦那さんと行ったホビーショップ、というよりはクラフトショップの Michaels でステイン塗料「Wood Stain」($12.99=約1,325円※)を見つけ、色を変えてみようと思い立ちました。

ステイン塗料を初めて使いましたが、これって便利ですね。
初心者には特に手軽で楽チンな塗料です。ペンキと違って木材に染みこんで色を付ける塗料なので、刷毛の跡も残りませんし、ガラスにはみ出しても拭き取ることが出来ます。それに乾くのも早いンです。

d0221584_6502979.jpgということで、まずは表面に刷毛代わりの絵筆で塗りつけます。1時間くらいで乾いたので、2度目を塗ります。
d0221584_6512013.jpgこのステイン塗料、便利な点がもうひとつ。それがこの先端。まるでボンドのようにぷにゅ〜と塗料が出ますので、直に塗って筆で伸ばすことが出来て、これまた便利〜。
しゃかしゃか塗れて結構楽し〜い。

d0221584_652111.jpgおもてを塗り終えたところで、内側も同じように二度塗りしました。

これで完成〜。と思いましたが、実はこの塗料、ちょっとこすっただけで色移りの可能性があります。なので、表面を保護するためにニスもしくは保護材を塗った方が良いようです。

しかも表面を滑らかにしようとサンドペーパーを掛けようとしたら、意外と塗装が薄くなるので、塗料を塗る前にサンドペーパーを掛けておけば良かったと、少々後悔。次はまずサンドペーパー掛けから始めた方が良さそうです。

d0221584_652577.jpgニスは残念ながら手元に無いので、旦那さんが使っているイラスト用じゃなくて模型用のトップコートを、ま、同じようなものでしょ? と、ちゃんとガラスをマスキングして、これをスプレー。
取り敢えずはこれで完成〜〜〜。

d0221584_65434.jpg思った以上に趣が出ました。(^_^)v。

ケースはあと3つもあるけどステイン塗料、足りるかな?



■Michaels
www.michaels.com

※$1=102円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-06-28 07:22 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 27日
DAISO JAPAN またもや Torrance に新店舗オープン
一昨年、我が家の近所のモールにオープンしたダイソー。
(Torrance店:3842 W Sepulveda Blvd, Torrance, CA 90505/
 その時のブログはこちら
ちゃーんと日本の製品が揃っていて、それだけでも、ちょー便利だったんですが、週1で買い物している日系スーパー MITSUWA Torrance 店の隣にも、ダイソーがオープンしていました!

d0221584_10222210.jpgd0221584_10224054.jpg
どうやら今週末がグランドオープンらしく、この日(先週の土曜日)はプレオープンだったようです。

ここもまたピンクを基調としたひろーい店内で、豊富なアイテム数。店内にいると L.A.であることを一瞬忘れます。
ちなみにお値段は「100円均一」ではなく、「$1.50(約153円※)均一」+ tax(一部違うモノがあるのは日本と同じです)。ここのところ数年前ほど円高ではなくなったので、日本よりもちょっと高くなっていますが、それでも日本のモノがお安く買えるので助かります。

トーランスは私が来た3年前も既に日系のお店がたくさんあって、便利な街だと思っていましたが、たった3年でダイソーが2店もオープンするなんて思いもしませんでした(カリフォルニア州内には現在20店舗近くあるようです)。それだけでなく、ラーメン店などの日本食以外にも日系企業も増えたようで、トーランスはますます日本人の住みやすい街となってます。

そして、ダイソーの利用客をよーく見ると韓国系や中国系の人が多く、日本人以外のアジア人にとっても、とても便利な街となっているようです。彼女たちのお目当ての可愛いーKawaiiー化粧品や小物が、たくさんありますからね。

残念ながらあと数ヶ月で帰国する身としては買い物する機会は少なそうですが、こちらに住む日本人には強い味方ですね。(^_^)v。
あ、別にダイソーの回し者ではないですよ(苦笑)。



■DAISO JAPAN TORRANCE [Eastgate Plaza]
21515 S Western Ave. Torrance, CA 90501

※$1=102円で計算。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-06-27 10:32 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 23日
マイブームのアーモンド・ミルク
d0221584_10421790.jpg子供の頃は学校でも家でも、牛乳はたくさん飲むように促されて育った昭和生まれです。

が、アラフィフともなると早々手放しでホールミルクをガブガブ、と言う訳にはいかないようですね。それどころか、最近では「牛乳は身体に良い」という神話そのものが揺らいでいるそうではないですか。
そんな時代が来るとは思いもせず、ただ、牛乳が美味しいというだけで飲み続けて来たン十年。


先日アメリカ人の友人が Facebook で牛乳、豆乳、ココナッツ・ミルクそしてアーモンド・ミルクの成分を比較しているサイトをシェアしていて、これはいよいよきちんと考え直さなくてはいけないかな、と思い始めたところです。

思い起こせば香港駐在中、香港の若い女性には豆乳が大人気で(日本でも人気だったのかな?)、スーパーには色々な種類の豆乳が並び、ソイラテなども一般的でした。
なので、私も何度が試したのですが、どーも、口に合いません。甘くバニラの香りも付いた豆乳でも、なーんか続けられず、結局は牛乳に戻ってしまっていました。

そこで、この友人の情報です。
中でも私が興味を持ったのは

アーモンド・ミルク

アーモンドにはなにやらビタミンEなどの、大豆イソフラボンにも負けず劣らずの女性の身体に良い効果のある成分が含まれているらしいではありませんか。

しかも、アメリカのローカルスーパーの店頭には、しっかりアーモンド・ミルクが種類豊富にずらり。すっかり一般的な飲み物になっていましたf(^_^;。

っつーことで、早速購入。
ハーフガロン(1.86リットル)で$3.69(約376円※)、特別高いと言う程ではありません。
一応気を使って砂糖25%オフの「Light」にしてみました(こちらはでは普通の牛乳にも砂糖が入っています)

今のところ、珈琲に入れてもグー。シリアルに掛けてもグー。もちろんそのまま飲んでもグー。
と、イイ感じ。
ですが、苺を潰してイチゴミルクにしたら、これはNG。これは普通の牛乳がいいですねf(^_^;。

と、一部合わないモノもありますが、概ねグー。アーモンドの香りもほんのり程度で気になりません。
と言う事で、しばらく続けてみようと思った次第です。

d0221584_1045514.jpg
▲ほんのりクリーム色が、アーモンドを思わせます。


※$1=102円で計算。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-23 10:52 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 10日
博物館みたいな Bass Pro Shops
今回もまた先月のお話です。

前回の「実弾射撃、初体験ブログはこちら」の帰り、フリーウェイ15号線沿いの新しいショッピングモールにある「Bass Pro Shops(バス・プロ・ショップ)」へ立ち寄りました。

d0221584_12105980.jpg全米にあるチェーン店ですが、ロサンゼルスではここ Rancho Cucamonga(ランチョ・クカモンガ)だけ。
ここはアウトドア用品の巨大ストア。正にアメリカならではのお店だと思います、何せ、広くてびっくりしましたから。

d0221584_12114875.jpgd0221584_12121142.jpg
入口ではこーんな立派な角の鹿(?)がお出迎え、中に入っても壁には立派な角を持った剥製だらけ。機械伯爵のリビングか、と突っ込みたくなるような風景です(あ、彼は人間の剥製を飾っていたんでした)


d0221584_12131079.jpg正面入口からの眺めは、ショップなのか博物館なのか解らなくなるほど剥製が至る所に飾られていて、フロアの中央には滝からの水が流れ落ちる水槽までありました。
更に右手はボートのショー・ルームになっていて、砂漠から帰ってきたばかりの身としては、何とも不思議な感じです。
▲写真では解りづらいですね、柱の上あたりにそれぞれ剥製の動物が飾られています。

d0221584_12134276.jpgd0221584_12142244.jpg
▲(写真右)獲ったどー!(もう、流行ってない?)と、巨大魚のぬいぐるみ片手に喜ぶ旦那さん。足元のレリーフも博物館並みにリアルです。


d0221584_12151819.jpg店名が「Bass Pro Shops」なだけあって、特に釣りコーナーは本当に広くて凝ってます。
コーナー前にある橋の両脇には池があり、本物の魚が泳いでいました。
d0221584_12154048.jpgd0221584_12155721.jpg
天井は水面をイメージしていて、ジオラマの魚が頭の上を泳いでいます。
釣り竿の奥には巨大な鮫まで。


d0221584_12163164.jpg二階にはハンティングやキャンピング用品。こんなゲームコーナーまでありました。
ハンティングコーナーでは、ふつーに銃と実弾が販売されていて、アメリカではやはり銃が身近な存在であることを実感。護身と趣味と需要がある以上、この国から銃が無くなることはないでしょう。


ここ寄ったの買い物では無く、夕食を食べるため。ここにはシーフードレストラン「FISH COMPANY RESTAURANT」があるんです。
d0221584_12171687.jpgd0221584_1217017.jpg
ショップ同様、レストラン内も博物館並みに魚のジオラマのオンパレード。
d0221584_12175790.jpgd0221584_12181293.jpg
鮫やマンタの泳ぐ姿を見ながら頂いたのは、「アリゲーター」の唐揚げ($10.95=約1,130円※・写真左)。
初めてワニ食べちゃった。全然クセがなくて淡泊で美味しかったです。
メインに頂いたのは、「シーバス」をバルサミコ酢で味付けして焼いたもの($19.95=約2,060円※)。アメリカの白身魚は淡泊すぎて味が無いように思っていましたが、これはとっても美味しかったです。バルサミコ酢が合うんですね。


d0221584_12184934.jpg日本の釣り好きの友達から店の名前は聞いたことがありましたが、こんなに大きな店だとは思わず、本当にビックリでした。



■Bass Pro Shops
http://www.basspro.com/
7777 Victoria Gardens Lane Rancho Cucamonga, CA
■ISLAMORADA FISH COMPANY RESTAURANT
http://restaurants.basspro.com/fishcompany/RanchoCucamonga/

※$1=103円で計算。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-10 12:29 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 22日
パン粉の英訳は「PANKO」
L.A.生活も丸3年。そろそろ驚くことも少なくなったと感じる今日この頃ですが、今日の買い物でちょっとした発見がありました。

私の住む街は、アジア系もメキシコ系も多く住む地域なので、ローカルスーパーのアジアンコーナーには、醤油お米も並んでいます。もちろん和食も中華もへたすればベトナム系の調味料も、み〜んな一緒くた。
メキシコ系の物なら、トルティーヤもパン並みに種類がいっぱい取り揃えてあります。


d0221584_826027.jpgそんな中、見つけたのがこちら、
PANKO

そう、「パン粉」です。


以前香港で、近所に日本食材なんて売っていなかった九龍に住んでいたときは、海老フライ用の「パン粉」を買うため、まずは辞書で英語名「bread crumbs」を調べてから、スーパーの店員さんに尋ね、およそ日本のパン粉とは違う、まるで細かいあられのようなものを渡され、なんとも不思議な海老フライを作った事があります。

こちら、L.A.に来てからは日系スーパーに週1で買い物に行けますから、なんら不自由は無いのですが、ほどなくしてローカルスーパーのアジアンコーナーに「PANKO」を発見。これと並んで天ぷら粉や唐揚げ粉もありました。これらは日本のメーカーの商品でしたので、さほど驚かなかったのですが、今日見つけたのはアジアンコーナーではなく、しかもアメリカ・クラフト社の商品だったので、へぇ〜と、なったわけです。(って、大袈裟に言ってますが、私が気付いたのが遅かっただけで、結構前からあったんだと思いますf(^_^;。)


d0221584_8283112.jpg
▲こちらの PROGRESSO は、なんと
イタリア系の食品メーカーでした。オドロキ〜。


他にも以前ご紹介した、お豆腐(http://suneya02.exblog.jp/18391662/)やポン酢(http://suneya02.exblog.jp/15284630/)も、すっかりローカライズされていますから、日本食はアメリカの家庭にも浸透しているようです。もっと広がれ、日本食(^_^)v♪。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-03-22 08:39 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 12日
またもや「BOOT BARN」 でお買い物。
すっかり陽射しが夏になった、L.A.です。
日曜日はあまりの暑さに、REDONDO BEACH へ車を走らせたものの、駐車場に入ることさえ出来ないほどの人出。窓から眺めるだけで早々に諦めてお買い物へスイッチ。

そろそろ半袖が売り場に並ぶ頃。ということで、長袖が売り場から消える前に、大好きなウエスタン・カジュアル・ウエアのお店「BOOT BARN」に行って来ました。

アメリカの洋服って、何となくテロテロの薄い生地のモノが多いように感じて、あまり買うことが無いのですが、このお店は別。

d0221584_6364940.jpgジーンズやコットンのシャツ、キラキラストーンの付いた革製バッグなど、私好みのラインナップ。とにかくウエスタン・ブーツが素敵なんです。で、アメリカに来た早々に見つけて以来、訪れてはまとめ買いをしています。(前回のお買い物ブログはこちら
今回もセール期間を狙って来店。

d0221584_6371264.jpgまず目に付いたのは、トルソーが着ているシャツ。なかなか派手なカラーと刺繍がイケてるでしょ? と言う事で、セールにはなっていなかったけどまずはこれをゲット。ウエスタン・ブーツも本当にたくさんあって迷っちゃう。だけど、これだけ品揃えがあるのに欲しいデザインはセールになっていなかったり、サイズが無かったり。なかなか素敵な出会いがありません。


ということで、今回はシャツ2枚とベルト、そして旦那さんもシャツを2枚購入しました。

ああ、ジーンズも革の装飾やキラキラストーンが付いていて、すごおく素敵なんですよね〜。だけど、残念ながら日本と違って丈詰めサービスが無いのが玉に瑕(きず)。日本みたいに丈詰めサービスがあればいいのに。(大抵クリーニング屋さんがやっているリフォームで丈詰めします。私は頼んだこと無いけどf(^_^;。)
とはいえ、前回のお買い物でジーンズは購入済みなので、今回はパスしました。



■BOOT BARN
http://www.bootbarn.com/



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-03-12 06:43 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 21日
「デザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレット」へ行って来ました。
d0221584_885435.jpg先週の日曜日、巨大恐竜 Cabazon Dinosaurs(カバゾン・ダイナソー)を見た帰り(その時のブログはこちら、そこから数マイルの所にある、これまた”巨大”なアウトレット・モール「Desert Hills Premium Outles(デザート・ヒルズ・プレミアム・アウトレット)」に立ち寄りました。
▲イースト・ウイングの正面入口。

カバゾン・ダイナソーから10号線を西へと進むと、途中テレビで何度かCMを見たことがあるカジノ「Morongo」の高層ホテルを通り過ぎ、ひろ〜いショッピング・モールに到着。

あまりに広くて入口がどこだか、キョロキョロ。手近な駐車場入口から入るモノの、車もいっぱい。駐車場内をウロウロし、ようやく端のほうに空きスペースを発見し、モール内へ。

イースト・ウイングのエントランス2から入ったのですが、いきなり踊り場に山と積まれた COACH の紙袋に目を奪われました。中にはバッグ類がたくさん。どうやら、中国系のブローカーが買い付けに来たようです。

「アウトレット・モールってそう言う所だったの?」

と、普段行き慣れない場所にオドロキは隠せず、さらに、ブランドショップの入場待ちをするお客さんの長い列にもオドロキ(並んでいる人の手にも COACH の紙袋が下げられていて、どれだけ人気があるんだとこれまたオドロキました)、さらにその顔ぶれにもオドロキました。なぜなら、ほぼ中国人。
中国では COACH が流行っているのかしらん?

d0221584_812531.jpgこのアウトレット・モールは2つに分かれていて、最初に入ったイースト・ウイングはまだまだ工事中で、中央の建設中の店舗をぐるりと囲む通路側の店舗だけが営業中。なので、足場も悪く営業する側もやりにくそう。にも関わらず、その足場の悪い通路を大勢のお客さんが行き来しています。
d0221584_8105435.jpgd0221584_8111643.jpg

もちろん、前出のように中国人や韓国人と言ったアジア系がほとんど。しかも皆さん、大きな紙袋を幾つも持っていて、容赦無い買い物っぷりが伺えます。

休憩も兼ねて寄った身としては特に目当てのブランドショップもなく、唯一お茶が出来そうなスペースとしてフード・コートへ入るも、見回すと更にアジア人頻度が上がり、ここは香港か? と思うほどアジア人ばかり。やっぱり中国人はブランドモノが好きなんだな〜、と香港の記憶も蘇り実感するのでした。

d0221584_813940.jpgd0221584_8132468.jpg
特にお目当ての買い物はありませんが、折角なので、隣のウエスト・ウイングにも足を伸ばします。

こちらは工事中の所は無く、落ち着いた感じで買い物をするお客さんがたくさんいました。でもやっぱりアジア人が目に付きます。アメリカ中のアウトレット・モールはこんな感じなのかしらん? それともここが大きくて新しいから? 

いずれにしても、他に観光と呼べる場所も見当たらないのに、明からに観光客と思える大量のアジア人がいて、ものすごく異質な感じを受けました。


d0221584_814427.jpg
▲周りはこんな山ばかり。
観光客は、どこか観光地への移動途中で立ち寄っているのかしらん?




■Desert Hills Premium Outlets
48400 Seminole Drive, Cabazon, CA 92230
www.premiumoutlets.com



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-02-21 08:25 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 15日
バレンタイン・デーと JAMZILLA
d0221584_672452.jpg日本時間ではとっくに終わっていますが、L.A.時間では今日がバレンタイン・デー
昨日行った近所のスーパーでは、ハートの風船もたくさん飾られ、大降りのイチゴにチョコレートをコーティングしたもの(参考写真参照)を実演販売中でした。
そしてたくさんの花束も。
d0221584_681097.jpg
▲参考写真

アメリカに来て、日本のバレンタインデーは独特なんだな、と気がつきました。日本は女の子から告白する日、っていう大前提があり、義理チョコもあるし、最近では友チョコなるものまであるとか。それはそれで楽しいンですけど、アメリカでは男性が女性に愛の告白する日、なんです。

そんなわけで、今週は朝のローカルニュース番組でも、「サプライズ・バレンタイン・プロポーズ」コーナーが出来て、毎朝レポーターと男性が、女性には内緒で電撃訪問&プロポーズ。中には涙を流して喜ぶ女性もいましたが、女性から男性へプロポーズすることはありませんでした。
なので、アメリカにいると旦那さんにチョコレートをあげると言うよりも、自分がもらうモノという感じなっています。あ、花束でもいいんですけど。なので、ちょー、気楽(^o^)v。

d0221584_6101510.jpgとは言え、何もあげないのも寂しいので、ちょっとだけチョコレートとカードを用意しておきます。チョコレートの大半は私の胃袋に消えちゃうンですけどね(笑)。
▲アメリカでも子供向けなら、こういった楽しいチョコレートもあります。だけど残念ながら絵柄が偏っていて、アメコミヒーローはスーパーマンしかありませんでした。。。。せめてトランスフォーマーとかがあったら良かったんですけど(;´Д`)。

こちらではハート型のケースに入ったモノとか、前出のイチゴにチョコレートをコーティングしたモノとか、見た目にあまり面白いモノが無いので、日本のスーパーやデパートなどの、高級チョコレートから笑いを取るような面白いチョコレートまで様々なチョコレートを取りそろえた特設コーナーが、ちょっと懐かしくなりました。旦那さんへあげるから、と言う理由で自分の食べたいチョコレートを色々買ってましたからf(^_^;。ああ、日本では今年はどんなチョコレートがあったのかしらん?


なので、今夜はあちこちのレストランは幸せなカップルでいっぱいになりそうなのですが、そんなことは御構い無しに今夜10時から、渋滞することで有名なロサンゼルスのハイウェイ405号線が集中工事のため、その一部区間が18日(火)早朝までの 80時間閉鎖されることになっています。
この道路封鎖を、地元では

JAMZILLA(ジャムジラ)」

と表現しています。
ぎゅうぎゅう詰めという意味の「jam」と、あの「GODZILLA(ゴジラ)」を掛け合わせた新語です。この言葉、カリフォルニアのローカルテレビ局が作った言葉なのですが、一生懸命流行らそうとしている感じがちょっと面白いです。
(KTLA 5 ニュースサイトはこちら

と言う訳で、月曜日が Presidents Day の祝日で三連休となるこの週末の外出は、I- 405 は極力避けた方がよさそうです。


<追記Feb.14>
d0221584_1411336.jpg帰宅した旦那さんから、バルーンと花束もらっちゃった♪



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-02-15 06:27 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 25日
IRON MAN MANUAL を購入。
先週末は久しぶりに旦那さんと本屋さんへ行って来ました。
アメリカの大手チェーン店「Barnes & Noble Bookseller」。ウチの近所の店舗も結構大きな店で、2フロアある上、当たり前のようにスターバックスが店内にあります。

日本とは違って本もセールになるので、セールシーズンのこの時期、店頭に並んだテーブルには赤札になった本やカレンダーなどがたくさん積まれていました。

久しぶりと言う事で、目新しい本も多く、夫婦別々にじっくりと店内を見て回ったのですが、わたしは早々に飽きてしまい、店内のスターバックスでお茶でもしようかと思ったら、テーブルは全て埋まっている盛況ぶり。その大半はパソコンを広げている人ばかり。アメリカではまだまだ無料Wi-Fi が使えるところは限られています。ここなら心置きなく使えるから人気なんですね。

なので、2階を見て回っていた旦那さんの元へ。
すると彼が「こんなの見つけたよ」と、教えてくれたのが、こちらの本。
IRON MAN MANUAL」($50=約5,200円※)
d0221584_2565162.jpgd0221584_25778.jpg
なんですと!!!!
全くのノーマークだった豪華本。中身も見ずに即買いを決定。とはいえ、一応見本で中身は確認しましたf(^_^;。
d0221584_259114.jpg
d0221584_2592710.jpg以前旦那さんが買った「PACIFIC RIM」のアート本(ブログはこちら)のように、トニー・スタークに関するファイルやメモ、名刺などの小物(付録?)が所々に貼られていて、楽しい作りになっています。
▲ここはペッパーのメモ付き。

d0221584_30298.jpg
▲「STARK WORLD EXPO 1964」のチケットも! 実はこれが一番嬉しかった♪

d0221584_302248.jpg
内容は「IRON MAN」1、2、3と「AVENGERS」が網羅されています。なので、IRON MAN マーク1からマーク42 までが紹介されていたり、正にファンならにんまりし通しの内容です。文章も比較的少なくビジュアル重視って感じなので、私にぴったり。
さらに時間を取ってゆっくりじっくり、何度でも見返したいと思っています(^_^)v。

後で解ったことですが、アメリカでは昨年2013年11月頃に発売になっていたようですね。しかも既に日本でも発売になっているようですし(さすがに日本語版はないのかな?)、なのに全く知りませんでしたf(^_^;。無事に出会えて良かったわん(^o^)。


※$1=104円で計算。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-01-25 03:07 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)