タグ:映画 ( 272 ) タグの人気記事
2016年 09月 18日
「キング・オブ・エジプト」を観てきました
d0221584_21153543.jpg先日、「キング・オブ・エジプト」を字幕版で観てきました。
概ね予告編通りの映画でした。


ネタバレあります。






「キング」とありますが、原題の「GODS OF EGYPT」の通り、神々のお話でした。
まあ、エジプトには様々な神様がいますから、エピソードには事欠かないのでしょう。それにしても愛して嫉妬して殺しあって、なんとも人間臭い神様ばかりでした。
人間との差別化として、体の大きさが1.5倍となっていましたが、微妙なサイズで合成の手間の割に効果は今一だったのではないかと思います。

それにしても主人公ベックは、なんともカワイイ坊やじゃないですか(^◇^)。まだ十代かと思いきや、実年齢27歳と知ってビックリ。
とは言え、事実上の主人公は父王を殺された神・ホルス。こちらはいかにもなゴツイ方でしたが、更にその仇となる神・セトは神様というよりはグラディエーター。演じているのは「300」のジェラルド・バトラーでした。なるほどね。彼はすっかりそのイメージが定着しちゃいましたね。

また、彼ら神々は様々な生き物に変身できると言うことで、ホルスはキラキラのハヤブサになるのですが、私には牙狼にしか見えない〜〜(^_^)。おまけに翼を仕舞い頭部が人型に戻ったら、今度はアイアンマンにしか見えない〜〜(^_^)。と、これまでの記憶が邪魔をします。

ホルスの祖父である太陽神ラーも登場しますが、宇宙に漂う巨大な船に乗り、得体の知れない怪物からエジプトを守ると言う責務を、老体に鞭打ちながら果たしています。
壮大な宇宙まで行っておきながら、守るのは地球ではなく「エジプト」。まあ、エジプトが全世界だから地球という概念も無いのでしょうけれど、世界観が狭いんだか広いんだか、分からなくなりました。

CGを駆使した映像は綺麗で、あの世への道中が描かれていたりして面白かったです。
だけど、最後に死んだ恋人のみならず主人公も生き返っちゃうって、なんか命が軽いな〜〜って、どこかのライダーみたいだと苦笑いです(笑)。

エジプトを舞台とした映画は今も昔も多くありますが、まだまだ未知なる謎がロマンを生むんでしょうね。現在の情勢不安なエジプトを思うと、なんだかな〜〜と、ため息も出ちゃいます。





■キング・オブ・エジプト



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-09-18 21:22 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 15日
「スーサイド・スクワッド」を観てきました
d0221584_12512854.jpg既に公開中の「スーサイド・スクワッド」を字幕版で観てきました。




ネタバレあります。




予告編通りぶっ飛んだ映画でした。
ですが、如何せん登場人物が多すぎです。
「アベンジャーズ」からこちら、多すぎるヒーローによる映画が拍車を掛けてて困ります。この映画もまさにそれで、ヒーローではなく悪党だけど同じです。
残念ながらそれぞれのキャラクターを掘り下げている時間がありません。

なので、彼らを集めた指揮官がベラベラと説明することで、彼らが如何に凶悪犯であるかが開かされますが、当然人数が多いのでオミットされちゃうキャラもあり、それは明らかに死亡フラグが立ちます。で、案の定その人の首が早々にぶっ飛びます(笑)。
まあ、さすがにデッドショットのウィル・スミスやハーレイ・クインのマーゴット・ロビーはそんなことありませんけど(笑)。

d0221584_12512859.jpgそのハーレイ・クインですが、そこそこな説明があったはずですが、今ひとつなぜ彼女がチームの一員になったのか解りません。だって、クレイジーでヤバイ女なだけで別段力が強いとか、なんか凄い武器持っているとかじゃないでしょ? まさにアイドルとしての役割くらいしかないのに。。。? まあ、彼女がいたお陰で画面が綺麗でちょっとエロくてイイ感じでしたけどf(^_^;。

もう一人女性がいました。
妖刀ソウルテーカーで斬りまくる女サムライのカタナ。彼女は日本人なんですね。なので、日本語を話します。が、日本語がわかるだけにあイタタタな演技が目に付いちゃって。。。f(^_^;。日本語の演技指導する人はいなかったのかな?


彼らのバトルシーンはもちろん賑やかで面白かったです。
ですが、最後はやっぱり観たことある映像になりがち。巨大な光が天へと伸びて、グルグル回る瓦礫。こんなの結構観ているぞ〜(苦笑)。さらにそれを操る魔女。彼女も最初のビジュアルはディヴィ・ジョーンズの彼女(カリプソ)みたいだったなぁf(^_^;。

そして最後に思うのは、悪党と言いつつ、結局ウィル・スミスはいい人になっちゃうんですよね〜。デッドショットってそんなキャラなの? それともやっぱり彼くらいの力を持っていると、極悪人を演じる事はないのかな?

いろいろ不満っぽく書きましたが、楽しいお祭り映画でした(^_^)v。



■スーサイド・スクワッド



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-09-15 12:55 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 07日
「ゴーストバスターズ」を観てきました
d0221584_18123035.jpg遅くなりましたが昨日、「ゴーストバスターズ」を字幕版で観てきました。


偶然にも先月乗ったアメリカ行きの飛行機の中で、1984年公開の第一作を見直すことができました。
改めて観ると、そんなに凄い映画と言う訳ではないのに、当時は随分とヒットしたな〜と懐かしくなりました。やっぱり、あのテーマソングが良かったのかな。



ネタバレあります。






2016年版ではキャストが全て女性に置き換わり、逆に受け付けはマッチョな男性(ソーのクリス・へムズワース)に。
コンセプトも設定もほぼ1984年版と同じでオマージュたっぷりと言えば聞こえはいいですが、いささか古さを感じました。
何より、今回は女性ばかり。リケジョ(理系女子)の痛さが際立った感じでなかなか共感出来ません。また、クリス演じるケヴィンがあまりにおバカすぎて、ソーのイメージの強い私としてはかなり抵抗がありました。


当時は画期的だったんでしょう、プロトンビームもそのままでしたが、開発途中からの登場なのでむしろ弱っちい感じ。
ラストの大勢のゴーストとのバトルでは威力があるのかないのか。そもそも捕獲する為の道具だったと思うンですが、ビームでやっつける、という効果にすり替わってしまっているのもしっくり来ませんでした。


オリジナル版の主役のひとりビル・マーレイがゴースト否定派の科学者として登場するのもしっくり来ないし、エリンとアビーの掛け合いも字幕のせいなのか、文化の違いなのか解りませんがあまり笑えなかったし。。。。

う〜〜〜、そろそろリブートものも限界かな〜。
残念な映画でした。



■ゴーストバスターズ




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-09-07 18:16 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 03日
「君の名は。」を観てきました
d0221584_21065960.jpg話題のアニメ「君の名は。」を、昨日観てきました。



ネタバレあります。







私的にはあまり観ることのないジャンルのアニメですが、予告編を観た時から惹かれるものがありました。
とっかかりは、声優が神木隆之介さんだということでしたが、体と心が入れ替わると言う「転校生」的な所も気になりました。


実際観てみると、確かに入れ替わりも面白い要素でしたが、何より画面の緻密さに驚きました。
細部まで描き込まれた背景は秀逸で、今風のあっさりしたキャラクターたちも意外と馴染んでいるし、それどころか、そのキャラクターたちも実は丁寧に描かれているので、背景と相まって美しい映像を作り出していました。

そして、高い評価を受けている RADEIMPS の音楽も映像にぴったりはまっていて、素晴らしかったです。

高校生の恋愛物はもう照れてしまうお年頃なんですが、そういう感じでは無く爽やかなのも観やすかった一因かも。

とにかく丁寧に作られていることが伝わって来る作品でした。


■君の名は。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-09-03 21:10 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 30日
「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影」を観てきました
d0221584_12234269.jpgそんなに思い入れがあるわけではないのですが、やはりチェックしておきたい作品の「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」。
昨日、字幕版で観てきました。

ちなみに前作のおさらいはサボりましたf(^_^;。
だもんで、誰だっけ? となる人続出(笑)。




ネタバレあります。



忘れていただけでなく、純粋にキャスティングが変わっていたりもするので、益々、
「え? シュレッダーってこんな人だったっけ? 迫力、減ったな〜」
と言うのが最初の感想。
まあ、そもそもシュレッダーが何者だったけ? 位のレベルの低さなのでそれ以前の話ですが(笑)。


今回は、タートルズ4人の葛藤がメインのようで、個性豊かでバラバラの彼らが如何にしてひとつにまとまって行くかが描かれていました。

それにしても、CGだと言う事を忘れるほどのリアルさに、毎度の事ながら驚かされます。
今回新たに登場したサイとイノシシのミュータントも、実在しそうなほど、リアル。
お馬鹿っぷりも面白かったです。
リアルすぎるのは、やはり”先生”の巨大ネズミ。いや〜、あそこまでリアルで無くていいと思います、実際ちょっとキモイわ〜f(^_^;。


また、アクションも申し分無し。スピード感があって良いですね。
飛行機からのダイブや、急流の川下り、果ては滝壺へドボン。この時、落ちながら効果音付きで手足を甲羅の中にしまうのが面白かったです。

きっとまた続編が出来るんでしょうね。




■ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影 シャドウズ



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-08-30 12:26 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 26日
「X-MEN:アポカリプス」を観てきました
10日間ほど日本にいなかったら、次々と映画が公開されていて観るのが大変です。

d0221584_00122249.jpg今日、ようやく「X-MEN:アポカリプス」を字幕版で観てきました。

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「X-MEN:フューチャー&パスト」の続編となる本作ですが、今回、おさらいをするチャンスがなくての鑑賞となりました。


ネタバレあります。





以前の「X-MEN」とは時代設定が古くキャラクターの若かりし頃を描いているので、キャストが一新されているこのシリーズ。お馴染みとなったキャラクターを別の役者が演じているので、ちょっとした違和感はいつもの事でしたが、今回は特にひどいキャンスティングがありました。

よりによってメインとなる「ジーン」です。
ポスターやパフレットではそんな事ないのに、劇中ではかなりぽっちゃりとした丸顔に、広いおでこ。私にはカルチャー・クラブのボーイ・ジョージにしか見えなくて、ちっとも物語に集中できない! 

d0221584_00121535.jpg

▲懐かしい〜〜〜。


ほとんどカメオ出演のようでしたが、ウルヴァリンをヒュー・ジャックマンが演じてくれていたのは嬉しかったです。ですが! やはりもう年齢的に無理があるのがばれちゃってて、ちょー残念! 

と、ストーリーそっちのけで気になるところが満載。さらに、これは誰だっけ? と思い出すのに苦労するミュータントもいて、やはり前作くらいは見直しておくべきでした。

また、今回の敵となるアポカリプスが、強いんだろうけど、その凄さが今ひとつ伝わってこないし。。。

とどのつまり、私にとってこの映画はチャールズ・エグゼビアが禿げるためのものでした(笑)。


そうそう、旦那さん曰く「CGも荒れている」との事でした。
いや〜、キャストも一新されているし、「X-MEN」は(も?)もう付いていけないかもf(^_^;。



■X-MEN:アポカリプス


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-08-26 00:18 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 23日
「ペット」を観てきました。と「SAUSAGE PARTY」
d0221584_21540721.jpg11日から公開になっている「ペット」。今日ようやく日本語吹き替え版を観に行って来ました。


実はこれと同時上映の「ミニオンズ:アルバイト大作戦」のほうが、すごーく楽しみだったんですけど。。。

ネタバレあります。







まずは
ミニオンズ:アルバイト大作戦」から。
ミニオンたちの可愛さは充分なんですが、日本語版だったからかな? 一部ではありますが無理矢理日本語風になっているのが、ちょっと気になりました。
「しばふ、ちょきちょき」とか。

で、短編アニメーション、というだけあって本当に短編だった。。。。f(^_^;。
なので、ちょっと期待はずれ。。。。ま、新しいミニオンが観られただけでもいいか。


そして「ペット」の感想です。
予告編通り、飼い主が出かけた後のペットたちの自由奔放な姿が愛らしい〜〜(^o^)。
でも、本題はその後。
マックスとケイティの完璧な生活に、突如やってきた大型犬のデューク。
この二匹がニューヨークの裏道で野良猫とバトルしたり、保健所の捕獲から逃げ回ったり、下水道を走り回ったり、と大冒険。
さすが、イルミネーション。動物の毛並みも、仕草もとーってもリアル。
犬のほかにもワニとか、蛇とかいろんな動物も登場して、破天荒で楽しい映画でした。

あ、でも「ファインディング・ドリー」でも思いましたが、動物が自動車を運転しちゃうとファンタジー過ぎちゃって、一気に嘘くさくなりますよね〜。
それ以外なら、うちのペットにもありそー、ってなって感情移入しちゃうと思いますけど。って、ウチにはペットはいませんけどf(^_^;。



そうそう、アメリカ旅行中に「ソーセージ・パーティ」という、アニメなのにR指定の映画を観たんですが、スーパーマーケットに並ぶ食材を擬人化した映画で、タイトル通りソーセージくんが主役でした。で、この「ペット」でも、擬人化されたソーセージくんがいっぱい登場してきて、びっくり。もしかして、ソーセージが流行っているのか? と、笑っちゃいました。

d0221584_21544198.jpgd0221584_21544308.png
▲アメリカで公開中だった「SAUSAGE PARTY」。
 かなりエロいシーンもあるおバカ映画で、
 かなり衝撃を受けましたf(^_^;。

と言う事で、次回こそアメリカ旅行のブログをお届けしたいと思いますf(^_^;。




■ペット




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-08-23 22:01 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 23日
「ジャングル・ブック」を観てきました
d0221584_00474279.jpgディズニーの往年のアニメ「ジャングル・ブック」のリメイク、実写版を日本語吹き替えで観てきました。

ちなみに大昔のアニメは観たことが無かったのですが、先週アメリカに行く飛行機の中で観るチャンスに恵まれたので、事前にチェックできました。(アメリカ行きに関しては、次回以降ブログにして行く予定です)。



ネタバレあります




実を言うと字幕版で観たかったのですが、子供向けなので当然の如くファミリー層の多い近所の映画館では日本語吹き替え版しかなく、わざわざ字幕版を探すのも面倒なので近場で済ませました。


テレビでも宣伝していましたが、吹き替えは大御所俳優目白押しの豪華メンバーなのですが、これが豪華過ぎちゃって、黒ヒョウを観ても松本幸四郎の顔が浮かびますし、熊が歌っても西田敏行の顔が浮かんじゃって、なかなか作品世界にのめり込む事が出来ませんf(^_^;。
もともと、ちょーリアルな動物たちが言葉を話す時点で馴染めないですからね(笑)。

さらに、ミュージカル仕立てだったんですね〜。歌が日本語のせいだからなのかな? なんか浮いてる感じがするんだけど?

映像面は、モーグリ以外全てCGって触れ込みでしたが、全く解らないほどの文句なしの凄い出来なだけに、歌の部分だけがどうにもねぇf(^_^;。
きっとアメリカの人には馴染みがある歌なんでしょうね。私にはどうにも。。。。。

でも! 映像は動物たちが目茶苦茶リアルで凄かったですよ。




■ジャングル・ブック



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-08-23 00:52 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 08日
「劇場版仮面ライダーゴースト、ジュウオウジャー」を観てきました
d0221584_00184505.jpg旦那さんが自由業になってから、あまり休日には出かけないようにしていたのですが、今日はやむを得ない事情で日曜日にも関わらず、映画館へ行って来ました。
しかも、観たのは
劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間
 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!

当然の如く、映画館は親子連れがわんさかいましたf(^_^;。


ネタバレあります






場内のあちこちからお子様たちの思い思いの声が聞こえる中、まず上映されたのは
「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!」

テレビよりも派手な爆発もたくさんあって、見応えUP。ストーリーも解りやすく、観やすい映画で子供たちも楽しかったらしく、隣のお子様はエンディングテーマを最後まで一緒に歌っていました。

続いて上映されたのは、
「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」。

登場人物がとっても多かった! なにせ眼魂の英雄たちが実在する世界に、主人公たちが飛ばされちゃったので。(でも、唐橋充さんが出演されてて、懐かしかったな〜。)
と、また突拍子もない設定で驚かされます。まあ、主人公が死んじゃっているライダーですから、なんでもありなのかな〜?
話題となった沢村一樹もちゃんと仮面ライダーに変身したけど、結構早めにお亡くなりになっちゃったので、モッタイナイ感じでした。

そして、次の新しい仮面ライダー「エグゼイド」も登場。
またぶっとんだデザインになりましたね。
もう、ついて行けないかも。。。。(/ω\) 。

d0221584_00183983.jpgd0221584_00184396.jpg
▲入場者プレゼントを頂きました。




■劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間
 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-08-08 00:30 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 06日
「ターザン REBORN」を観てきました
d0221584_13551735.jpg予告編が「ジャングル・ブック」と連チャンの事が多かった「ターザン REBORN」。
公開は少しずれてこちらが先になりましたので、昨日字幕版を観に行って来ました。



ネタバレあります




主役のターザンを演じるアレクサンダー・スカルスガルドのその風貌は、まるでディズニーアニメのターザンのよう。見事に鍛え上げられた肉体が素晴らしかったです!
さらに、18歳頃のターザンを演じた青年もカッコ良かったわ〜〜〜〜♪。どっちかというとこっちが好み(^o^)。でも、回想シーンにチラッチラッと、出てくるだけなんですよね〜。

たくさん登場するゴリラたちも、とーってもリアル。このリアルさ、今は当たり前になっちゃいますね。

ターザンの妻、ジェーンを演じるのはマーゴット・ロビー。美しいのにとってもアクティブな女性を見事に演じていました。で、この人、9月に公開となる「スーサイド・スクワット」ではハーレイ・クインを演じてるんですね。解らなかったわー。スゲー!

そして、サミュエル・L・ジャクソンも出演していますが、走り回ったりする役なので彼の年齢を考えると、ちょっとかわいそうな感じもf(^_^;。
しかも、アメリカ政府から派遣されたかなりポジションの高い人の役のようなんですが、1880年代を考えると、まだまだ黒人が重要ポジションに起用されるのは難しかったんじゃないかな? としっくりこない感じも否めませんでした。でも、演技はもちろん文句なしですけどね。


とにかく、コンゴのジャングルやそこに住むゴリラを始めとする、ライオン、ゾウ、ワニ、ヌーと言った動物たちが見事で凄かったです。




■ターザン REBORN


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-08-06 14:01 | 趣味 | Trackback | Comments(0)