タグ:映画 ( 279 ) タグの人気記事
2017年 12月 14日
「仮面ライダービルド&エグゼイド」の映画を観てきました
仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイド withレジェンドライダー」を観てきました。
d0221584_21210133.jpg
前作では、今や大人気俳優となったドライブの竹内涼真君が出演していて嬉しい悲鳴でしたが、今作もまた人気俳優へと成長した元ライダーたちがこぞって出演しているということで、楽しみではありましたが、いかんせん、ビルドは録画しっぱなしで観るのが追いついていない状態f(^_^;。内容がわかるかな〜と心配しながらの鑑賞となりました。




ネタバレあります。






冒頭の危惧は全くの無用でした(笑)。
ビルドに関しては「このライダー、誰?」とはなりましたが、ストーリーの重点はむしろこれまで熱心に観てきたライダーたちのほうだったので、懐かしさも加わって充分楽しむ事ができました。

数多くの作品に引っ張りだことなった福士蒼太くんや、佐野岳くんが出演するなんてビックリ。またオーズの渡部秀くんは「科捜研の女」で観ていますがちょっとふっくらした?って感じ。ですが、アンクはほんと、昔のまんまで鳥肌立っちゃった(笑)。

そして、アクションもさることながら、仮面ライダーの本来の姿らしく、バイクでのアクションシーンが満載でこれまた嬉しかったです(^_^)v。









〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-12-14 21:24 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 13日
「鋼の錬金術師」を観てきました
d0221584_15563520.jpg
昨日、ようやく実写版「鋼の錬金術師」を観てきました。


タイトルは知っていますが、実は原作漫画もアニメもまともに観たことがなく、なんとな〜く設定を知っているという程度でしたが、まずます楽しめました。




ネタバレあります。






とは言え、やはり、べたべたな日本人顔のキャストが無理矢理金髪にしたり、カタカナな名前で呼び合うのはどうにも抵抗があって、「進撃の巨人」の悪夢が甦りそうになりました。
特に、冒頭の子供時代。あれって、イメージのアニメとかで良かったンじゃね?って感じです。

さらに予備知識の少ない身としては、エドがどこまですんごい錬金術師なのか、今ひとつピンと来ませんでしたし、「チビ」と言われるのも、隣にいるアルが目茶苦茶デカイですから、そりゃあちっこく見えるでしょ?って感じでした。それよりも、むき出しになった手足が意外とムチムチしているほうが気になっちゃって、もっと華奢か鍛えてあるとかだったら良かったのにと思いました。

前半はちょっとテンポが悪く感じましたが、後半はストーリー展開にのめり込める感じで良かったです。

また、他のキャラもコスプレ色が強い中、なかなかな個性派揃い。だけど、小日向さんとか國村さんとか出ちゃうと、他の作品で「実は悪い人」を演じる印象が強いので、何かあるな、って勘ぐっちゃう。小日向さんに至っては「やっぱりね」感満載でした(笑)。

さらに異色な感じはやはり大泉洋さん。こんな役、前にも観たような。。。と思ったら「東京喰種」でもマッドサイエンティスト的な役でしたね。とは言え、私の中ではいつまで経っても”ねずみ男”なんですけどねf(^_^;。

d0221584_15554007.jpg
そんな中賞賛したいのは、松雪泰子さん。原作のラストがどんなビジュアルか知らないのですが、とにかく妖艶で美し〜〜〜!!! 年齢不詳の美しさがよりホムンクルスらしくて良かったです(^_^)v。

またディーン・フジオカさんも、すごくマッチしていたと思います。原作を知らなくても、あの世界観にすっかり溶け込んでいる感を感じました。
やはり実力のある人は作品や役柄を選ばないのかな〜。







〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-12-13 15:59 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 11日
「オリエント急行殺人事件」を観てきました
d0221584_22371248.jpg
またUSJのブログがアップし切れていませんが、ここで今日観てきた映画「オリエント急行殺人事件」の感想を先にアップします。


学生の頃からアガサ・クリスティのファンで原作はもちろん、昔の映画も観ています。
なので、今回どのように新しいティストが描かれているのか、とても楽しみでした。が、先に公開されたアメリカでの評判があまりよろしくないと聞き、不安な気持ちでの鑑賞となりました。



ネタバレあります。


予告編でジョニー・デップが登場するのを観てワクワクしていましたが、何ということはない、殺されてしまう役。なので、前半で早々に消えてしまいます。

そして、ポアロの謎解きがメインとなるわけですが、う〜〜〜ん、これまでのポアロのイメージが強すぎるのか、ケネス・ブラナー演じる新ポアロにどうにも馴染めませんf(^_^;。

自信たっぷりな慇懃無礼なベルギー人、いかにも変わり者なわけですが、冒頭のゆで卵のサイズにこだわる点くらいであまり変人ぶりを感じることができないんですよね〜。
しかも、声を荒げるシーンもあったりして、「ん〜〜〜、私のポアロとは違う〜」と思ってしまいました。

他には予告通りジョニー・デップを始め、ミシェル・ファイファーとかジュディ・デンチ(007のM)、ペネロペ・クルス(パイレーツ・オブ・カリビアン命の泉のアンジェリカ)、ウィレム・デフォー(スパイダーマンのグリーン・ゴブリン)、ジョシュ・ギャッド(美女と野獣のル・フウ)、更にはスター・ウォーズ/フォースの覚醒のヒロイン・レイ役のデイジー・リドリーと、偏った趣味の私でも解る超豪華キャストが勢揃いで、絵的にも素晴らしいのですが。。。。如何せん、ポアロがぁ〜〜。

こればっかりは、私の偏ったイメージとのギャップでしかないので、彼が悪いわけではないのですが。。。。

すでに、何度も映像化された作品故の弊害(?)って事なのかな? 
逆に真っ白なスーツを着たポアロ、ピーター・ユスティノフ(デヴィッド・スーシェではないのがまたマニアック?)の映画が観たくなっちゃったな〜。








〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-12-11 22:40 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 30日
ジャスティス・リーグを観てきました
昨日ようやく「ジャスティス・リーグ」を字幕版で観てきました。

d0221584_20585092.jpg
予告編からして「アベンジャーズ」のDC版だと思っていましたが、
観たらなおのこと、そう思いました(笑)。



ネタバレあります。


「バットマン」はこれまでたくさん映画化されていましたし、「ワンダーウーマン」はこの夏主演映画を観ました。
そして、実は最大のキーパーソンである「スーパーマン」も多くの映画を観ましたから、とても馴染みのあるキャラクターですが、今回の映画デビューしたフラッシュとかアクアマン、サイボーグはこれまで目にする機会がありませんでしたから、逆にちょっと楽しみでした。

彼らのバックボーンも語られましたが、やっぱり限られた時間内では充分では無かったので非常に残念でした。これから個々人の映画が作られることがあるのかな?
そんな駆け足のような説明でも、益々アベンジャーズっぽさを感じちゃいました(笑)。

バットマンはアイアンマン同様、お金の力があるし(アイアンマンは天才科学者でもありますが)、ワンダーウーマンとブラック・ウィドウは女性(ワンダーウーマンのほうが圧倒的なパワーがありますが)、スパイダーマンのポジションはもちろんフラッシュ。若くてムードメーカー、戦闘向きではないところもそっくりです。サイボーグは何でも出来ちゃうし、アクアマンの利点は今回あまり活かされなかったのがモッタイナイですね。

だけど、あの大胸筋の分厚さにはクラクラしちゃいました(笑)。戦闘用スーツを着ちゃうのがモッタイナイくらいでした。
もっとも今回は彼だけでなく、バットマンもスーパーマンもムッキムキ。
スーパーマンは胸毛もじゃもじゃで、バットマンはバットマンスーツがむちむちした感じで、古タイヤのような質感がな〜んかいやだったな〜。ブーツもただの長靴チックだったし。。。

と言うか、旦那さんも言っていましたが、今回ヒーローたちのスーツの出来があまり良くなかったように思います。
スーパーマンの青は恥ずかしいくらい明るいし、フラッシュのスーツも細かいパーツに分かれていて、動くとちょっと浮いた感じになるのが気になりました。
まあ、その反面、ワンダーウーマンの美しさ、特に素晴らしいプロポーションは前作と変わらず(しかめ面をしなくちゃならないシーンが多いのが、ちょっとかわいそうでしたが(笑))。アクションも力強くて素晴らしかったです。

エンドロールの後にはやはりおまけ映像が付いていて、当然続編を匂わせています。
ああ、また続くのか。。。。f(^_^;。











〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-11-30 21:03 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 07日
「マイティ・ソー バトルロイヤル」を観てきました
昨日、「マイティ・ソー バトルロイヤル」を字幕版で観てきました。

d0221584_17031108.jpg
今回は前作を見返さずに観たので、所々「あれ?」と思うところはありましたが、概ね楽しむ事が出来ました。
というか、コミカルな部分も多くむしろ観やすく、楽しい映画でした。



ネタバレあります








そもそも、ロキって死んでたっけ? と覚えてませんでしたf(^_^;。
そのロキとソーのコントのような掛け合いが結構楽しくて、激しいバトルと相まってファミリー向けのエンターテイメントに仕上がっていたと思います。

他にもバナーがトニーの服を着るとか、ちょいちょい他のキャラクターのアイコンを織り交ぜてくるのも楽しかったですね。

そうそう、冒頭ではちゃんと浅野忠信も出演していて、ビックリ。
あっさり殺されちゃうんですけどね。今後の出演がないと思うと残念です。

この後は、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に続くそうですが、その前には、DCの「ジャスティス・リーグ」もあるし、常にお腹いっぱいな感じになりそう。。。f(^_^;。
と言いつつ、やっぱり公開されれば観ちゃうんですけどね(笑)。







〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-11-07 17:05 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 31日
「ブレードランナー2049」を観てきました
d0221584_13174373.jpg
昨日、「ブレードランナー2049」を字幕版で観てきました。

もちろん、前作はDVDでおさらい済みです。これは必須ですね。


ネタバレあります






1982年の前作から実に35年もの時を経て続編を作るなんて、前作の公開当時誰も思いもしなかったことが実現されちゃったことに、まずは驚きます。

当然、前作はおさらいしておくべき作品で、様々なバージョンでDVD化されているので、どれを観るべきか悩みましたが、まあ、基本が解れば問題無いのでどれでもお好きなモノを観てください。

数々の印象深いシーンは脳裏にこびりついていますが、やはり見直してみると「あれ?こんなんだったっけ?」というシーンやストーリーに気付かされます。

そんな下準備を済ませて、いざ劇場へ。


場内は平日昼間なので人が少ないのは目を瞑るとしても、案の定年齢層は高めです。
やっぱり若い人の興味は惹かないのかな?

あの未来のロサンゼルスの更に30年後が描かれているのですが、残念ながら際立った目新しさはありませんでした。
やはりこれだけ様々なSF映画が公開されていると、なかなか新しい物を生み出すのは難しいですよね。それでも、前作の雰囲気を大切にして制作されていることは解ります。
前作を彷彿とさせるシーンもあちこちに散りばめられています。
が、それだけに、ホログラムの女性が踊る広告などは、前作のような驚きは感じられず、もどかしい感じすらありました。
劇中に登場するホログラムのデジタル嫁は、つい先日、似たようなモノが現実に発売される事を知っていましたので、未来感が薄まってしまって残念でしたね。

さらに、前作に引き続き、捜査官デッカードとして登場するハリソン・フォードはすでにおじいちゃん。歳を取りすぎている感がありすぎて、どうせならもっと早く続編を作るべきだったね、と思いました。

ストーリー的には、ライアン・ゴズリングが演じる捜査官”K”は、もしかしてデッカードとレイチェルの子供?と思わせておいて、どんでん返し。本人にもかなりのダメージを与える、とってもかわいそうな展開です。


それにしても上映時間が2時間44分だなんて、長すぎです。
お尻が痛くなっちゃいましたf(^_^;。






〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-10-31 13:20 | 趣味 | Trackback(1) | Comments(0)
2017年 10月 19日
「猿の惑星:聖戦記」を観てきました
d0221584_13020780.jpg
先日、「猿の惑星:聖戦記」を字幕版で観てきました。



事前にGoogle playのレンタルで前作の「猿の惑星:新世記」を観ておいたので、登場人(猿?)物もすんなり思い出せました。特にコバは回想シーンでたくさん登場しますから、彼のキャラクターを思い出しておくことは大事ですね。


ネタバレあります。






もう何が凄いって、エイプス、リアル過ぎ! 繊細な表情はもちろん、雨や雪で濡れたりした毛並みもちょー自然だし、エイプス同士のシーンも多かったのですがとてもCGとは思えず、本当にそう言う生物がいるかのようでした。やはり背景との溶け込み方が自然だから何の違和感も感じないのかな。
でも、その反面どうしてもアンディ・サーキスが透けて見えちゃうのも正直な所ですf(^_^;。
やっぱり彼が一番スゴイってことかな(笑)。

ストーリーとしては、何度もシーザーがピンチになるような見せ場が盛りだくさんな上、上映時間が140分とちょっと長いので観ている側に若干の疲れがなきにしもあらずですが、飽きることなく楽しめました。

それにしても、予告編では随分と押していた謎の少女「ノヴァ」。意外と深掘りされてなくて残念でした。クレイジーな大佐より彼女の事がもっと知りたかったな。











〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-10-19 13:03 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 18日
「コヴェナント」を観てきました
d0221584_15340820.jpg
先日「エイリアン コヴェナント」を字幕版で観てきました。

今作は「プロメテウス」の続編なので、事前に Google Play でおさらいしておきました。なにせ、公開当時はアメリカ在住中だったので、日本語字幕無しで観て今ひとつ理解出来てませんでしたからf(^_^;。日本語吹き替えで見直したので、「コヴェナント」がグッと観やすくなりました。(「プロメテウス」のブログはこちら

実は Google Play を初めて利用したんですが、前月テレビを買い換えたらリモコンに「Google Play」ボタンがあるなど、凄く簡単にレンタルできちゃって、画像も綺麗でカンドー。
旦那さんも「これはやみつきになるかも」なんて言っていたんですが、安いとは言えやはりレンタル料金がかかるので、根がケチなこの夫婦はなかなかレンタルしないんですよね〜f(^_^;。


では、「コヴェナント」の感想です。


ネタバレあります。





前作の「プロメテウス」では、「エイリアン」に繋がるアイコニックな宇宙船やら生物やらたくさん出てきました。今回ももちろん登場しますが、より「エイリアン」を思わせる造型が顔を出します。

ですが、ストーリーは意外と入り組んでいるというか、これが「エイリアン」に繋がるのか? と小首をかしげる事が多々あり、見終わったあとに旦那さんとディスカッションして、ようやく納得したりとか。
「エイリアン」をもっと覚えていると、理解しやすいのかな?

演出的にはもちろんホラー映画要素たっぷりなので、私なんかは突然襲いかかってくる脅かし系以外にも、あの気持ちの悪い動きなどにも気持ち悪〜って感じでしたf(^_^;。

それにしても、このシリーズは女性ヒロインが頑張りますね〜。タフ過ぎです(笑)。










〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-09-18 15:37 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 12日
「ダンケルク」を観てきました
d0221584_13240593.jpg
昨日、「ダンケルク」を観てきました。

初めは戦争映画と言う事で観るのを迷っていましたが、自分の周りの人が結構観ていて、良い感想を上げていたので気になってしまい、字幕版を観てきました。


ネタバレあります。





監督はCGを使わないことで有名な、クリストファー・ノーラン。
ですが、本当にCGを使っていないのかな?と疑うほど、戦闘機の空中戦や壮大な海原の駆逐艦などのシーンが満載でした。

決して派手なことはなく、地道に過酷な戦場から脱出し生き抜く為に人間が知恵と勇気を絞り出す映画で、観ている側も終始緊張しているような感じ。自然と眉間にしわが寄っていて、見終わった後には友人の感想通り、疲労感がありました(笑)。

セリフも多くは無く、登場人物の目的がハッキリしているので見やすいものでしたが、当初は陸海空の時間軸が違うのでエピソードが前後する事があり、少々戸惑いましたが見ている内に「ああ、あのシーンがここに繋がるのか」と解ってきて、のめり込んでいく感じでした。

生き抜く事の大変さを教えてくれる映画でした。







〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-09-12 13:26 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 05日
「ジ・オリジンV」を観てきました
d0221584_11555121.jpg昨日、「機動戦士ガンダム ジ・オリジンV 激突 ルウム会戦」を観てきました。


今回から地元の映画館でも上映される事になって、助かりました。


ネタバレあります。




前回の上映が昨年11月でしたから、10ヶ月も前! 随分と焦らされましたf(^_^;。

冒頭はこれまでのおさらいなので、改めて見直す必要はありません。
前作以前を振り返りながら、またしてもキャスバル兄妹と母との別れ、死別を目の当たりにすると、もうそれだけでうるうる。・゚・(ノД`)・゚・。
また、ナレーションの大塚明夫氏の声がいいんだ。もちろん永井一郎氏も素晴らしい声の持ち主でしたが、私、大塚氏のブラック・ジャックとか大好きなので、彼の声を聴くだけで悶絶モノですf(^_^;。


そして、やはり今回も原作漫画がそのまま動き出したような作画に脱帽です。もう、やり過ぎなくらいでしたf(^_^;。

そして、そこまで描くのか、と思わせるくらい細かいエピソード満載で、若干早く進行してくれ、とも言いたくなりますが、やはりそう言った細かいエピソードこそがこの「ジ・オリジン」の楽しみでもあるわけで、外せませんよね。

今回のメインとなるタイトルにもある「ルウム会戦」の場面では、「会戦(敵味方双方の多数の軍勢が出会って戦う事ーデジタル大辞泉よりー)」とあるように、連邦軍、ジオン軍共に「ガンダム」とは思えないほどの数多の戦艦を出撃させて圧巻です。しかも、豊かなお髭を蓄えたレビル総司令官が陣頭指揮を取っていますから、まるで沖田艦長のようで、さながら「宇宙戦艦ヤマト」を観ているようでした(笑)。


そして、いよいよシャアが赤いザクに乗って登場。加速しツッコンできた時には「おお! いよいよか」と興奮した途端、ぶちっ! 終了〜。本日はここまで〜。となってしまって、がっかり。

それにしても、モビルスーツって自動車のようにアクセルペダルを踏み込んで加速するんですね、すっかり忘れてました。


d0221584_11555238.jpg

▲入場者プレゼント頂きました。
今回は、4週間の上映期間中第4弾までプレゼントがあるんですって。旦那さんは第3弾のマシンガンが欲しかったって。これ、人気高そう〜。








〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-09-05 12:01 | 趣味 | Trackback | Comments(0)