タグ:日本 ( 382 ) タグの人気記事
2015年 03月 31日
5年ぶりのお花見 ー 飛鳥山公園 と 音無親水公園 ー
d0221584_21335192.jpg今日は汗ばむくらいの陽射しでとても良いお天気でしたので、旦那さんとちょいとお花見に出かけてきました。

海外生活中は L.A.にも少しですが桜が咲く公園があったりしましたが、日本風なお花見は皆無でしたから、実に5年ぶり。
そして行ったのは、京浜東北線に乗っていると電車の中からも見ることが出来る「飛鳥山公園」。
前日も良いお天気だったので花がグッと開いて、まさに満開♪ ナイスタイミングでした。

d0221584_21335132.jpg王子駅を出て飛鳥山を登るアスカパークレールの「アスカルゴ」は、大行列。
あー、これに乗るのも楽しみのひとつだったのに〜〜(T T)。
なので、写真だけで我慢。

▲なんとも可愛らしいフォルム。それにしても、名前の通りゆ〜くり。
アスカルゴって、飛鳥とエスカルゴを掛けているんでしょ?


アスカルゴの乗り場の脇から遊歩道を登り、山頂へ。
Wow〜。
d0221584_21351551.jpgd0221584_21351514.jpg
d0221584_21351695.jpgd0221584_21362999.jpg
d0221584_21351624.jpgd0221584_21371738.jpg
d0221584_21371777.jpg目の前に広がる桜の花々〜〜。その木の下にはお弁当やお酒を楽しむ人、人、人。これぞ日本のお花見ですね(^o^)。





d0221584_21384569.jpg飛鳥山公園だけでも結構広いので見応えばっちりですが、隣にある「音無親水公園」もお薦めです。


音無橋の下をくぐり王子駅のほうへと公園が伸びています。
ここがまた見事な桜がたくさんあって、とっても綺麗でした。

d0221584_21384596.jpgd0221584_21384518.jpg
d0221584_21384563.jpg
d0221584_21403046.jpgd0221584_21403009.jpg
d0221584_21403010.jpg
d0221584_21403024.jpgd0221584_21410198.jpg


d0221584_21410226.jpg風に吹かれ花びらが舞うと、これまた風流。

ああ、日本ってやっぱり良いですね〜(^o^)v。




★おまけ
d0221584_21412452.jpgとーっても暑かったので、シェイクが美味しかったです。(^o^)♪

マクドナルドのマックシェイクさくらんぼ味と、イチゴパイアラモード。
さらにシャカシャカポテト、さくらのりしお味も美味しく頂きました(^o^)。



■飛鳥山公園
■音無親水公園


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-31 22:07 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 26日
「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」を観てきました
第1作からファンでした「ナイトミュージアム」。この映画のお陰で、ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館だって行きました。(その時のブログはこちら

d0221584_17181578.jpgその最新作「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」が公開中と言う事で、先日観に行って来ました。

金の石板の魔法で展示物が動き出す、楽しいファミリー映画ですが、今回も最初のキャラクター達が勢揃いして夜間警備員のラリーと共に、暴れ回りました。
しかも、今回は舞台をイギリスに移しての大騒動。

新キャラも登場しました。新入り原始人のラーはベン・スティラーの二人一役だし、エジプト王役のベン・キングズレーや、大英博物館の夜間警備員ティリー役のレベル・ウィルソンなど相変わらず個性的な人ばかり。他にも楽しいキャラがたくさん登場して、やっぱり楽しい映画でした。
カメオ出演のヒュー・ジャックマンも嬉しかったし(^o^)v。

だけど、テディ役のロビン・ウィリアムズが亡くなり遺作となり、そして何よりシリーズ最後の作品だからでしょうか。なんだか最後はちょっぴり寂しさも感じたのは、私だけでしょうか。




■ナイトミュージアム エジプト王の秘密


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-26 17:22 | 趣味 | Trackback(1) | Comments(0)
2015年 03月 23日
プーさんの「はちみつプリン」 oishii
先日、旦那さんがケーキを買って帰って来ました。
何でも、仕事が上手くいったから、ですって(笑)。

薄いピンクのさくら色したケーキに春を感じました。
実際、最近は随分と暖かさを感じるようになりましたし、いよいよ東京でもさくらが咲いたようです。なんだか、ホッとしますね。

春と言えば、アメリカでは「イースター」ですが、日本でもだいぶ浸透して来たのでしょうか?
写真手前のくまのプーさんをモチーフにしたプリンとケーキは、コージーコーナーのイースタフェアのラインナップにも含まれているようです。

d0221584_13593209.jpg写真左が「はちみつプリン」(360円)、右が「はちみつカスタードケーキ」(390円)。
どちらもはちみつたっぷりと言った感じで、特にプリンははちみつが濃すぎて、独特の苦みさえ感じるくらいでした。



それにしても、イースターと言えば[ウサギ]と[卵]がメインなんだけど、このフェアのラインナップではウサギ色は薄いみたい。ハロウィーン同様、日本風にアレンジされて広まって行くのかな?
(アメリカのイースターに関するブログはこちら  ※但し2011年のモノで、ちょっと古いです。スミマセンf(^_^;。)


■銀座コージーコーナー

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-23 14:10 | | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 19日
「イントゥ・ザ・ウッズ」を観てきました
d0221584_14213197.jpg昨日、ジョニー・デップも出演しているディズニーのミュージカル映画「イントゥ・ザ・ウッズ」を、字幕スーパー版で観てきました。


レディース・ディだったので女性客が多かったのはうなずけますが、それ以上にモール全体に人が多くて賑わっていたのにちょっとオドロキました。もう、春休みかしら?

もちろん「イントゥ・ザ・ウッズ」も人気で、中央席が埋まってしまいちょっと前寄りで観ましたが、迫力が増して良かったかも。


さて感想ですが、元々はブロードウェイのミュージカルと言う事でしたので、のっけからバリバリ歌い上げてのスタート。でも、大丈夫だいぶ慣れて来ました(^_^)v。

d0221584_14213130.jpg「赤ずきん」「シンデレラ」「ラプンツェル」「ジャックと豆の木」と、有名なおとぎ話の登場人物が入り乱れるこの作品。全く別世界のお話を一体どう繋げているのか、とても興味がありましたが、実に巧みにそれぞれの登場人物が絡んでくるのが面白かったです。

観終わってから調べて知った事ですが、全てを繋げているキーパーソンの魔女とこどもを欲しがるパン屋の夫婦は、グリム童話「ラプンツェル」のキャラだったんですね。
なので、ディズニーアニメの「ラプンツェル」とはちょっと設定が違います。
しかも「ラプンツェル」って野菜の名前だったなんて、びーっくり(◎o◎)。

d0221584_14213210.jpgまた「シンデレラ」も、ガラスの靴ではなく「金の靴」。これもグリム童話を元にしているからでしょう(ガラスの靴についてはリスの毛皮だったなど諸説あるようです)。魔法使いも出てこないし。。。

ガラスの靴のイメージが強いので、しかも、本編上映直前には次回作の「シンデレラ」の予告編が流れるしf(^_^;、かなり強く思い込んでいるので、ちょっと違和感を感じましたけど、こういう事だったんですね。

そして魔法を解くために魔女から集めるように言われた4つの宝、赤いずきん、金の靴、黄色の髪、白い牛を手に入れる為に森の中で奔走するパン屋夫婦。
それだけも盛りだくさんですが、さらにそれらを手に入れ、無事にこどもが授かった後にも一波乱。こんなに長いストーリーだったんだ〜と、ちょっとお尻の痛さを感じながら鑑賞続行。

最後はあらあら、そんな展開? ちょっとお説教臭い歌をみんなで歌い上げて、一応のハッピーエンド(?)となりました。

それにしても、皆さん歌がお上手。メリル・ストリープやジョニー・デップが上手いことは知っていますが、赤ずきんやジャックを演じた子役達も素晴らしい歌声でした。
そんな中クリス・パインが演じたシンデレラの王子と、その弟でラプンツェルの王子が一緒にそれぞれの彼女への愛を歌い上げたシーンでは、そのナルシストぶりにちょっと苦笑い。ふざけているのか? と、この作品自体をどこまで真面目に観たら良いのか、少しだけぶれる瞬間でした(笑)。





■イントゥ・ザ・ウッズ


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-19 14:27 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 18日
上野東京ラインの乗り換えで、焼クグロフ
先日、親戚に不幸があり葬儀に出席してきたのですが、場所が川崎だったので奇しくも開業したての「上野東京ライン」を利用することになりました。

数週間前からCMは見ていましたが、今さら上野と東京が繋がったからと言って何か良いことがあるのか?と思っていましたが、実際に利用してみたら、あら便利♪

赤羽から乗りましたが、そのまま乗り換え無しで川崎まで1本で行ける上、品川の次はもう川崎と、途中いくつもの駅を飛ばすので予想よりも早く到着。これからは川崎も気兼ねなく行くことが出来そうです。

さて、そんな川崎からの帰り。
上野東京ラインで赤羽駅まで来て乗り換え。赤羽駅も立派なエキュートがありますから、ちょっと覗いて来ました。

d0221584_00530762.jpgでもって、見つけたのがこちらのお菓子。
「モロゾフグランTokyo」の「焼クグロフ

聞き慣れないその品名にどんなお菓子なのか想像が付きませんが、見た目からすると焼ドーナツ?って感じだったので買って来ました。

d0221584_00530719.jpg後で知るのですが、東京近郊では赤羽駅でしか買えないお菓子だったみたいですね。
しかも、この日は期間限定のホワイトチョコレートがけもあったので、もちろんそれも加えて3種類各2個、計6個を購入。
ホワイトチョコレートがけはひとつ86円でしたが、その他はのメープルと…あ、もうひとつのフレーバーが何だったのか忘れた(;゚Д゚i|!)、、、とにかくたったの54円! なんとお財布に優しいお菓子でもありました。

そしてお味の方は、しっとりもっちりで美味しかったです。(^_^)v。




■エキュート モロゾフグラン トウキョウ


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-18 01:00 | | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 13日
新幹線のお供達
前回の「大阪小旅行」のブログブログはこちらの最後で、「まだ書き足りないことがある」なんて、もったいぶった事を書きましたが、実は大した事ぢゃなくて、行き帰りの新幹線の中で食べた物の事でした。期待した方、申し訳ありません。m(_ _)m。


でもって、どんな物を食べたかと言いますと、
まずは行きの東京駅でお買い物。

駅の中が充実しすぎていて迷子になるくらいです。まじ、迷子になります。
お弁当を買うだけでも、エキュートがあって、グランスタがあって、ほかにも色々あるので自分がどこで買い物しているのか解らなくなります。

今回なんとなく地下へ降りてたどり着いたのが、グランスタ。
「銀の鈴」のあるところです。

d0221584_13485703.jpgd0221584_13485786.jpg
ここで見つけたのは「てとて」。いわゆる練り物、って言われるものがたくさん揃っているお店です。

実はこの数日前、テレビで黒柳徹子とマツコ・デラックスがここを食べ歩きしてるのを見ていて、まさにこのお店の「もろこし揚げ」(320円)を食べていたんですよ。なので、ミーハーな私としてはつい買ってしまいまして、更には同じく番組内で紹介されていた、つきぢ松露の卵焼きサンドイッチも欲しかったんですが、さすがに人気商品で朝の8時に売り切れてしまったというので、こちら(写真右の左側)の「松露キューブ」(324円)を購入。後ほど新幹線の中でお弁当と共に頂きましたが、上品な甘さでしっとりしていて美味しかったです(^_^)v。
もろこし揚げのほうはコーンたっぷりで、やはり美味しかったですよ。ちなみに写真のもろこし揚げの奥にあるのは、ジャガチーズもんじゃ(390円)。名前もてんこ盛りすぎで、何なのか解らない感じです(苦笑)。

d0221584_13494879.jpgお弁当も買って新幹線に乗り込む直前も、新幹線乗り場の目の前にある「ノースコート グランスタダイニング」を覗きました。

そこで見つけた「リラックマまんじゅう詰め合わせ」。キャー♪ ちゃんとキイロイトリもおまんじゅうになっている〜。欲しかったけど、これから出かける身としては買えない。。。せめてキイロイトリのばら売りがあったら、それだけでも買ったのに〜〜〜(/ω\) 、残念!

d0221584_13494837.jpgd0221584_13494886.jpg
ちなみに、こちらはばら売りがあったのでひとつだけ購入。
「東京駅舎最中」(250円)
文字通り東京駅をかたどった細長い最中で、中にはあんことバタークリームが入ってました。
(一緒に写っている太陽の塔のロボは大きさの比較用ですので、気にしないでください)


d0221584_13501485.jpgd0221584_13501433.jpg
そして帰りの新幹線では、新大阪駅で見つけた冷凍みかんの「むかん」(3個入り)。昔懐かしの冷凍みかんも、今は皮を剥いた状態で売っているんですね〜、へぇ〜って感じ。
開けてすぐはコチコチですけど、1時間くらい放置して食べるとシャリシャリ。解かし過ぎずに食べるのが美味しいですね。
だけど、これってウチの近所のコンビニでも売ってたーーー! 後で知ってビックリでしたf(^_^;。

d0221584_13502944.jpgそれともうひとつ。「赤福」(8個入り720円)。

全然大阪土産じゃないんですが、見ると食べたくなるんですよね〜。賞味期限も短いですから、早速新幹線の中で頂きました。もちろん、美味しかったです。こしあん好きには溜まりませんね(^_^)v。

こうして美味しいモノを食べるのも、新幹線の旅の楽しみのひとつですね〜。


★おまけ

d0221584_13502927.jpg東京駅に着いて見つけた看板。
「妖怪ウオッチ」は東京土産にもなってました。
恐るべし、腹巻き赤猫(=ジバニャンのことを私はこう呼びます)




これまでのブログはこちら↓==========
====================



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-13 14:03 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 09日
大阪小旅行の続き、大阪城 と 道頓堀
すっかり間が空いてしまいましたが、先月2月に行った大阪小旅行の続きです。

これまでのブログはこちら↓==========
====================


d0221584_22445173.jpg二泊三日で行った大阪、初日は移動とあべのハルカス内の近鉄百貨店やあべのハルカス美術館を見て回って終わり、二日目は大本命の、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ(その時のブログはこちら
そして最終日。眺めの良い大阪マリオット都ホテルをチェックアウトして、電車に乗って大阪城へと向かいました。



d0221584_22445175.jpgd0221584_22445166.jpg
▲西日本のICカード、icoca のキャラ(イコちゃん)が可愛い♪。カモノハシなんですね〜。


d0221584_22454214.jpg意外と行った事が無かった大阪城。
大阪城公園駅からはちょっと歩きましたが、普段運動不足のアラフィフ夫婦にはちょうど良いくらいでした。

d0221584_22454374.jpgお堀も石垣も立派ですが、何より天守閣周りのキンピカの伏虎やシャチホコが派手で大阪らしい〜。

d0221584_22454321.jpgd0221584_22454368.jpg
早速チケットを買って城の中へ。
d0221584_22454350.jpg
▲券売機も派手ですね〜(笑)。

入ってビックリ。だって、以前行った長野の松本城のように靴を脱ぐのかな?なんて思っていたら、オフィスビルのようでエレベータも完備。内装は立派な博物館でした。(松本城のブログはこちら

d0221584_22473660.jpgd0221584_22473613.jpg
まずはエレベータで5階まで上がり、そこから階段を昇り天守閣のある8階へ。そこは天守閣と言うより、展望台。ギフトショップまであってびっくり。
いや〜、近代的なんですねぇ。だけどなんとなく、ガッカリ感が否めませんでした。
あ、眺めは良かったですよ。


d0221584_22473695.jpgd0221584_22483893.jpg
d0221584_22483858.jpg
そして帰りは階段オンリー。

d0221584_22492327.jpg各階に展示されている歴史的資料を眺めつつ2階まで降りてくると、シャチホコのレプリカの展示の他、戦国武将の兜や陣羽織を着て写真撮影出来るコーナー(有料)があったりして、外国人が喜びそうです。

d0221584_22492383.jpgd0221584_22492393.jpg
▲もちろん、ギフトショップも充実してました(写真右)。


d0221584_22510103.jpgd0221584_22510107.jpg
大阪城内を見学したあとは、大阪城前の売店で安納芋の焼芋をほおばり小休止。美味しかったです。

d0221584_22512947.jpgd0221584_22512904.jpg
その後は JR と地下鉄を乗り継ぎ、心斎橋へ。
心斎橋筋商店街を眺めながら、道頓堀へ向かいました。その途中で見つけた「新世界元祖串かつ だるま」で、本場の串カツを楽しめると入ったら、まさかの回転寿司風でびっくり。

d0221584_22512999.jpgd0221584_22513030.jpg
モニターで注文すると、熱熱の串カツを列車が目の前までぴゅ〜と運んでくれます。衣が細かくて全然違〜う。ああ、これがホントの串カツなんだ〜、とキャベツと共に堪能しました(^_^)v。

d0221584_22523323.jpgd0221584_22523355.jpg
お腹を満たしたところで、戎橋に到着。
綺麗になったグリコの看板と共に記念撮影。それにしても、ホントに鮮やかになりましたね。
そして道頓堀川には遊覧船があるんですね、へぇ〜。

そしてそして、巨大看板の数々。たのし〜い。
d0221584_22533595.jpgd0221584_22533583.jpg
d0221584_22533619.jpgd0221584_22543984.jpg
d0221584_22545819.jpgd0221584_22545865.jpg
▲回転寿司の店先には大きなマグロがいました(写真右)。


d0221584_23003599.jpg有名たこ焼き店の「くくる」はやっぱり大行列でしたが、これって新大阪駅にも店舗がありますから、ここはちょっと目先を変えてこちらのたこ焼きを頂きました。
「たこ焼き 十八番
まっぷるとぐるなびの、大阪たこ焼きランキング第1位ですって。

d0221584_23003669.jpgd0221584_23003603.jpg
焼いている手元を覗くと、天かすがいっぱい付いているのが見えます。
店長おすすめのハーフ&ハーフ(600円)で、ソースと塩の両方を楽しみました。なるほど、塩味はさっぱりしてました。

d0221584_23012220.jpg新幹線の時間までこの辺りをうろうろして、再び心斎橋へと戻る途中、お茶屋さん「宇治香園」にある喫茶コーナーで一休み。歩き通しで足も痛くなっていましたから、静かに落ち着いた雰囲気でゆっくり休めました。
▲美味しい日本茶と共に頂いた抹茶パフェ(972円)。
抹茶が濃くて美味しかったです。

そして、心斎橋から新大阪へ移動し、お土産を物色。
d0221584_23015163.jpgこんな看板を見たらやっぱり欲しくなっちゃう、ミーハーな私f(^_^;。
「神戸魔法の壷プリン」(1,530円/4個入り)

d0221584_23021107.jpg大阪のお土産ぢゃないじゃん、とセルフ突っ込みしたくなりますが、とろとろで美味しいプリンでした。

d0221584_23023660.jpgd0221584_23023643.jpg
そして、こちらも柔らかくて美味しかった「たま卵チーズ」(1,134円/8個入り)。口にほおばると、ホントに「たまらん」って言いたくなりました。


d0221584_23030582.jpg
▲こちらはあべのハルカスの近鉄百貨店で購入した、チョコクランチ「あべのべあクリスピー」(大1,296円、小648円)。



大阪城でのお土産はこちら。
d0221584_23030523.jpgd0221584_23030598.jpg
なんか、懐かしい。こういうのって、昭和の家庭ならテレビの上や玄関あたりにひとつやふたつありませんでしたか?
そして、ここにもありました、ご当地ふなっしー(写真右)。"限定"に弱いんですよね〜(笑)。

d0221584_23033758.jpg

▲配り用のお土産は、やっぱりクスって笑えるものを買っちゃいますね。


たった一日の観光でしたが、随分と長いブログになってしまいました。スミマセンf(^_^;。
だけど、実はまだちょっと書き足りないことが。。。。近いウチにアップ出来るといいんですけど。それでは、また(^_^)v。


その後のブログはこちら↓


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-09 23:54 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 07日
「アニー」を観てきました
d0221584_15443974.jpg日本でも既に1月から公開されていたミュージカル映画「アニー」(もちろん字幕版)を、昨日ようやく観てきました。

公開最終日に滑り込みです。

日本に帰って来てから邦画も加わりアメリカ以上に映画が多く、さらに旦那さんが自由業となったので、いつでも行けると思うと逆に公開日当日に行くことも減ってしまった上に、この作品は旦那さんの範疇ではなかったので私一人で観に行くという、いつもとはちょっと違ったシチュエーションとなりました。

さて、映画の話に戻ります。
元々ミュージカルには抵抗があるのですが、さすがに有名なこの作品は観たいと思っていました。多分ミュージカルで観ることは無いと思うので、この機会を逃すときっと一生内容を知らないで終わりそうでしたしf(^_^;。

ぶっちゃけ、良かったです。
主役のクワベンジャネ・ウォレス(難しくて絶対覚えられない…)ちゃんの歌唱力たるや見事なもので、その風貌と相まって「天使にラブソングを」のウーピー・ゴールドバーグと重なって見えました(一応誉めてるつもりです)。

キャメロン・ディアスの嫌なおばさん役も板に付いているし…、彼女の麗しき頃を知っていると、なんだかちょっと寂しい気持ちにもなりましたけどf(^_^;。

ただ、やっぱり、唐突に歌のシーンが始まると「うっ、」とたじろんでしまいます。自然な流れで歌い出してくれれば問題無いンですけどね。

そして、残念なことにラストシーンにしっくりしない感情が残ってしまいました。
それは、誤解が解けたアニーとスタックス氏が喜んで歌い上げるのは良いのですが、その時アニーに促されてスタックス氏がデートの申し込みをしたグレースが、意外とそっちのけになるところ。成人男性の気持ちを考えると親子となる小さい女の子より、彼女となるグレースと喜びを分かち合う方が自然なんじゃないかな〜〜〜と。
まあ、アニーが主役ですから、アニーと喜びを分かち合うシーンで盛り上がるのは当然なので、私の偏見ですね。

いずれにしても、ハリウッドスターは皆さん歌もお上手ですね〜(^o^)。



■アニー



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-07 15:51 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 05日
「ジ・オリジン I 青い瞳のキャスバル」を観てきました
d0221584_12200094.jpgファースト・ガンダム世代にとってはバイブルとも言える、安彦良和氏の漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN ジ・オリジン」。
我が家にも旦那さんが買った愛蔵版が揃っています。

絵柄の素晴らしさに加え、テレビ放映では描かれなかったバックグランドの緻密なストーリーが、目から鱗で懐かしさの中に新たな感動を与えくれる作品なのは、今さら私が言うのもおこがましいくらい周知の事実。

それが映像化されるというので楽しみにしていましたが、昨日ようやく観ることが出来ました。

冒頭、赤い彗星が活躍するシーンでは新しさを感じつつ、懐かしさ爆発。これはこれで感涙ものですが、それ以上に漫画原作通りの人間ドラマは涙無しでは観られません。
漫画原作を読んで内容も知っているのに、キャスバルの母、アストライアのアルテイシアへの優しい言葉に涙。・゚・(ノД`)・゚・。

その他、テレビ放映では立派なおじさんだったランバ・ラルの若造時代も微笑ましいし、それ以上にデキル女、ハモンさんの活躍が「この人、一体何者!?」と痛快。
魅力は挙げて行けばきりがありません。

そしてあっという間の1時間。ええ! ここで終わりですか、残念。
早く続きが観たいと思うのでした。

ああ、久しぶりに良いアニメを観た気分。
ほら、アラフィフですからf(^_^;。



■機動戦士ガンダム THE ORIGIN



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-03-05 12:26 | 趣味 | Trackback | Comments(4)
2015年 02月 26日
「アメリカン・スナイパー」を観てきました
d0221584_12295984.jpg昨日、アメリカで大ヒットしている映画「アメリカン・スナイパー」を観てきました。


レディース・ディの影響があったとしても、平日なのに中高年を中心にお客さんが多くてビックリ。さすが話題作ですね。


<ネタバレあります>



映画の冒頭は予告編でも使われている、主人公クリス・カイルが戦車用手榴弾を隠し持った少年をライフルで狙っているシーン。いきなり緊張感。

そこから場面はクリスの子供時代へと飛び彼の生い立ちが語られ、テキサスのカウボーイだった彼が特殊部隊ネイビー・シールズに志願し、厳しい訓練を受け屈強な兵士になっていく様が描かれます。
恋人と出会い結婚もして、幸せになるかと思いきや、9.11のテロ事件が起きイラク戦争に派遣されると、彼の人生が変化していきます。

戦地に赴いたクリスは、次々と敵を倒し何時しか「レジェンド」と呼ばれる凄腕スナイパーになりますが、徐々に心はむしばまれて行きます。
アメリカに一人残された妻は、彼の無事の帰還を祈りつつこどもを育て家庭を守っていますが、計4回の派遣によって、身体の損傷こそ無いモノの心がすっかり病んでしまったクリスに心を痛めます。
意を決して除隊したクリスですが、彼の心はなかなか元の平和な生活に戻れず、戦地をさまよっているかのよう。PTSD であることを受け入れようやく平和な生活が取り戻し始めた矢先、皮肉な事に相談に乗っていた元アメリカ兵士に銃で殺されていてしまうと言う実話。
あまりに悲しすぎます。

イラク派遣問題は、帰還兵の PTSD問題を始め退役軍人病院のあり方など、アメリカ駐在中もテレビのニュースでよく取り上げられていて、アメリカにとってはとても身近な問題。それが如実にそしてリアルに描かれていて、映画を観ているこちらにも心にずしんと重くのしかかります。
また戦場シーンの渇いた軽い銃声が、妙にリアルで緊張感も高まり、戦場の過酷さが伝わってきました。

戦争は戦地だけでなく、帰国した後も多大な弊害をもたらすモノ。やらなければやられてしまうのかも知れませんが、戦争を避ける方法はないのだろうかと、心が痛みました。


ちなみに、クリスを殺害した犯人には終身刑が言い渡されたと、映画を観たあとに知りました。


■アメリカン・スナイパー


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2015-02-26 12:33 | 趣味 | Trackback | Comments(0)