タグ:料理 ( 56 ) タグの人気記事
2011年 08月 27日
新しいキャセロールで、オーソドックスなグラタン。
昨夜の晩ご飯は、兼ねてから旦那さんがリクエストしていた、マカロニと海老のオーソドックスなグラタンでした。
最近我が家では「昭和」テイストが流行中。なので、子供の頃に食べた料理が無性に食べたくなっています。(これってトシなのかしらん?)

以前オーブン料理の手始めにと、「ポテトグラタン」を作りましたが(詳しくはこちらのブログをどうぞ)、そのレシピをアレンジして、しかも今回は新しく買った透明ガラスの蓋付きキャセロールを使いました。

d0221584_440925.jpgこのキャセロールは、先月行った「ブリッジUSA夏祭り」(詳しくはこちらのブログをどうぞ)のバザーで購入した物。なんと、蓋付きで$2(約162円)でした!!
でも、これを使った料理が思い浮かばず、食器棚の上のほうで休憩していたのを昨晩たたき起こし、ようやくのデビュー。

まずはガーリックのみじん切り、それから海老、玉葱、ベーコンを炒め、バターを加え、小麦粉を振り炒めて、牛乳を投入。ちょっと柔らかいくらいのとろみが付いたところで、これまた昭和臭たっぷりの太めのマカロニ(先に茹でておきました)を投入。まんべんなくソースが絡まったところで、このキャセロールに移しました。
d0221584_441594.jpg
マヨネーズをかけ、シュレッドチーズをた〜〜〜っぷり。
d0221584_4412579.jpg
前回のポテトグラタンでも使ったこのシュレッドチーズ。日本では見かけた事が無かったのですが、ピザ用チーズよりも細かいのでそのままサラダに振りかけたりと、使い勝手が良いです。
d0221584_4415455.jpg
しかも、私のお気に入りは4種類のチーズ(MONTEREY JACK, CHEDDAR, ASADERO, QUESO QUESADILL)がミックスされている「MEXICAN」。これ、メーカー問わずマジ美味しいです♪♪

そして、210℃に温めたオーブンで15分。途中焦げ目を確認して、ほどよい焦げ目になっていたら、蓋をして焼き過ぎを防止。そして、
ジャーン! 出来上がり♪
d0221584_4422290.jpg

日本にいたときはグラタンって面倒だと思っていたけど、こうやって簡単にできる方法があったんですね。しかも、オーブンが大きいので(日本ではオーブントースターしか持って無かったので)、大きいお皿で一度に焼けちゃうのもGOOD。
オーブンって便利だわ〜。


そうそう、最近オーブンの良さを更に実感しました。それは、秋刀魚を焼いた時。
ここL.A.でも日系スーパーに行くと、立派な秋刀魚が買えるんですよ〜。
旦那さんも大好きなので、これをスリットのあるトレイに乗せオーブンで焼きましたが、大した煙も出ないし、何しろトレイが広いから、大降りの秋刀魚でしたが、頭から尻尾までしっかり焼けてとっても美味しかったです(^_^)v。
但し、オーブンシートは敷いた方が良いかも。この時はオイルも塗らずに焼いたので、身をひっくり返す時にトレイに張り付いちゃって、ちょっと身が崩れそうになりましたから。
その後は、オーブンシートを敷いてから、しゃしもを並べて焼いたけど、これもまたよく焼けました。
オーブンシートを敷いておけば、後片付けも簡単ですね。シートを捨ててトレイをサラッと洗えば終わりです。
匂いもすぐに消えて気になりません。
但し、焼いている最中としばらくは換気扇を回すのをお忘れ無く。



※MONTEREY JACK(モンテレー・ジャック)は別名JACK CHEESEとも言われる半硬質のチーズで、ASADERO, QUESO QUESADILL(ケサデイヤス)はナチョスやトルティーヤなどのメキシコ料理に使われる割とポピュラーなチーズなんですって。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-08-27 04:51 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 22日
グリッシーニを作りました。
d0221584_1464490.jpg先日、パンよりも簡単そうなレシピを見つけたので、挑戦してみました。
それが、こちらの「グリッシーニ」。
(レシピはこちらを参照しました。)

太いプリッツみたいに見えて美味しそうだったし、何より発酵させる必要が無いのが魅力でした。
レシピにはHB(ホームベーカリー?)で生地作ると言う事ですが、我が家にはそんな気の利いた物は無いので、手で捏ねました。

これが、またいつもの如く、ぐだぐだ。
何しろ、いつまで経っても手にくっついてくるので、相変わらず捏ねる所ではなく、手から剥がすだけで一苦労。
「終いには分量を間違えたかも?」
と思い、粉を足す始末。まあ、そのお陰で何とかまとまるようになりましたf(^_^;。
(もしかして、いつもパン作りが成功しないのは、このいい加減さが原因かしらん(◎-◎;)。今度、ちゃんとした秤を買いに行かなくちゃ!)

後はまな板の上で麺棒で伸ばして。。。四角くならなかったけど、そのまま適当に包丁で細長くカット。
お陰で長いものから短い物、ちょっと太めなものと色々な形になりました。

まあ、そんな事は気にせず、オーブンへ。
「180℃で15分」とレシピにはあったのですが、何故かウチのオーブン、時間通りでは焼きが足りず、その倍の時間はかかりました。なんでだろう?

それでも、取り敢えずは恰好の着く物が何本が出来ましたので、写真をパチリ。

固めに出来たので、歯ごたえバッチリ。堅いおせんべいが好きな私向きに出来上がりました。
本を読みながら、ボリボリやっているとあっという間に食べちゃいます。あぶない、あぶない、食べ好き注意です。

次はもうちょっと細めで形良く作りたいと思います。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-07-22 14:11 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 01日
炊飯ジャーでパン作り
先日、新しい炊飯ジャーを購入しました。
それまでも炊飯ジャーはあったのですが、独身者向けの小さいものだったので、大きな物に買い換えようと思いつつ、今まで先延ばしにしてきました。

アメリカでも日本のメーカーの炊飯ジャーが買えるんですよ。
特に私の住んでいる地区は、日本人が多く住む所で日系スーパーもあちこちにあります。その日系スーパーでは、日本のメーカーの電気調理器具類を扱っていて、日本と同じように炊飯ジャーや電気ポットなど、日本独特の電化製品も買うことができるんです。
と言っても、日本ほど種類は選べませんがf(^_^;。

今回我が家で買ったのは、5.5カップまで炊ける、大きくも無く小さくも無く、なサイズ。TIGER製で$359.99+TAX(約32,000円)でした。日本では高級な炊飯ジャーが人気みたいですけれど、それに比べたら全然安く済みました。
でもちゃんと「無洗米」モードがあったり「お粥」モードがあったり「シチュー」が作れたりします。最近の炊飯ジャーは多機能ですね。

でも、一番驚いたのは「パンが焼けること」。
日本にいた頃テレビで、炊飯ジャーを使って蒸しケーキを作っているのは観たことがありましたが、パンまで焼けるとは知りませんでした。

と言う事で、今日は早速パン作りに挑戦です。(←立派なオーブンがあるのに、何をやっているんだか。f(^_^;)

炊飯ジャーの説明書(英語、中国語、韓国語、日本語で書かれています)にある、レシピ通りに材料を量ります。
かき混ぜて、まとまって来たら台の上に出してこねくり回します。この「捏ねる」という作業がパン作り初心者の私には勝手が分からず、毎回の悩み所です。
台の上に出したものの、手にべたべたくっつくし、捏ねようにも手にくっついてくるから、伸ばしているだけのようにもなるし、四苦八苦。
それでも、15分くらいした頃でしょうか。何となく手から離れ安くなり、手前から向こうへ押し出す、って事が出来るようになってくると、ちょっと面白くなって来ます。
「これが、捏ねる、ってことか」
と、少し解ったような気がしました。
ここまで来ると、レシピの「丸く形を整えて」が出来、お釜の中央へ。
d0221584_1463286.jpg
この炊飯ジャーは日本のメーカーですが、アメリカ仕様なので当然表示は全て英語。内釜のラインにある「Plan rice」は白米を意味しています。
(その他、玄米は「Brown rice」、混ぜご飯は「Mixed rice」のラインで水加減を調整します。)

d0221584_147985.jpg
インジケーターパネルで、発酵を意味する「Fermentation」を選んで「Start」。まずは40分間待ちます。
d0221584_1474222.jpg
後片付けをしたり、このブログを書き始めたりしていると40分はすぐに過ぎてしまい、「ピーピーピー」と電子音が鳴り、蓋を開けるとお釜いっぱいに広がっていて、ちょっと嬉しくなりました。
指を差した穴も戻らないので第一次発酵は成功のようです。
d0221584_148107.jpg
潰してガスを抜いて丁寧にお釜からはがし取り、再度丸めてお釜の中央へ。第二次発酵を開始。またまた40分間待ちます。
d0221584_1484498.jpg
40分後、結構膨らみました。第二次発酵も完了みたいです。
そして、最終段階「Bake」で「Start」。焼くのも40分間、長いです。

ほんのりとパンが焼ける香りが漂ってくると、電子音がタイムアップを知らせてくれたので、期待いっぱいで蓋を開けると。。。
d0221584_149634.jpg
あれ? 見た目に変化無し!! 内心ドキドキしながらひっくり返すと。。。。
d0221584_1493358.jpg
ちゃんと焼き目が付いていて、一安心。
ここから更に、10分焼きます。

で、出来上がったのがこちら。
d0221584_150144.jpg
中央部分が凹んでいるのは、内釜の中央に出っ張りがあるからですが、何とも薄っぺらい形に焼き上がりました。
d0221584_1503184.jpg
切ってみると、やはりふっくらとは行かず、密度の高いパンとなりました。
むむむ。。。。炊飯ジャーでもパン作り失敗!?
もしかして、パン作りに向いていないのかな?(T T)。

とにかく気を取り直して、前向きに考えよう。
発酵までをこの炊飯ジャーに任せて、オーブンで焼くようにすれば、きっとまた違ったパンが焼けるに違いない。
よし、次はその手でリベンジです。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-07-01 02:02 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 10日
赤いグラタン皿
先日、HomeGoods で可愛らしいグラタン皿を見つけました。
d0221584_2392698.jpg
オーブン料理初心者の私、まずは形から入るので、使うのが楽しくなるグラタン皿を探していたのですが、当初はパイレックスの透明なお皿が良いと思っていました。

ですが、こちらの赤い花柄を一目見て、古き良き時代のアメリカっぽさ(勘違い?)を感じ気に入ってしまいました。
他にも色々ありましたが、有名メーカーなどを知らない私は見た目重視。しかも、最後の1品だったことも後押しとなりました。
大きさは、横幅が持ち手まで入れて30cm x 縦19cm(2.5QT/2.4L)。お値段は、$9.99 + tax (約900円)でした。
オーブンだけでなく、電子レンジもDISH WASHERも大丈夫と言う事で、便利そうです。ちなみに裏面には「Gates WARE」の文字がありました。

でも、これまでのジンクスから行くと、あまりに気に入った食器類は必ずと言って良いほどすぐに壊します(T T)。
先月もとても気に入っていた粗塩のミルサー(ガラス製/わざわざ日本から持って来たのに〜)を、うっかり落として見事に粉砕したばかり。

なので、いざ使うとなると落とさないようにと、緊張気味。
そして作ったのが、こちらのレシピを参考にした「ポテトグラタン」変じて「ポテトドリア」。単に、下に余ったご飯を敷いただけですf(^_^;。

d0221584_2404049.jpg
お肉などを焼く下段の引き出しに入れて、15分。
に、したつもりでしたが時間が長かったのか、はたまた下段ではなく上のほうがよかったのか、それともチーズが多すぎたのか、表面がちょっと焦げてしまいました。
それでも、旦那さんには好評でしたので、まずは及第点。

それにしても、オーブンは便利ですね。
一番良くできたのが、冷凍ピザ f(^_^;。
電子レンジには入らない大きなサイズも、しっかりこんがり焼けて、おいしかったです。
料理が面倒な時にとっても助かります♪


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-06-10 02:50 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2011年 05月 28日
タンドリーチキンを焼きました。
前回パン作りに挑戦して、不格好なパンとなり惨敗したオーブン料理。
昨日は、オーブンの下段を使う肉料理に挑戦しました。
と、言ってもとっても簡単な「タンドリーチキン」。そんな大げさな事ではないですねf(^_^;。

前日からタレに漬け込んで置くことから始まります。
d0221584_4354092.jpg
使ったのはスーパーで良く売られている、とっても大きな冷凍の「Chicken Drumsticks」。手羽元のことですね。
一袋に4ポンド(1.81kg)も入って、$4.48(約367円)と安かったです。
d0221584_4361645.jpg
大きいのは袋だけでなく、中身も大きくて直径23.5cmの大きめのお皿に、たった4本しか乗らないほどの大きさです。

d0221584_4365185.jpg
室温で解凍して、余分な水分を拭き取り、ヨーグルト、トマトケチャップ、カレー粉、ガラムマサラ、すり下ろしニンニク、醤油を少々入れたタレ(←ウスターソースも入れるとレシピにはあったのですが、無かったので入れなかったと言ういい加減なタレです)に揉み込み、丸1日漬け込みました(2〜3時間でもいいようです)。

d0221584_4372391.jpg
翌日、クッキングシートを敷いた天板に肉を並べ、195度にセットしたオーブンでまずは15分。
d0221584_4375893.jpg
すると、こんな具合に良い焼き目が付きました。
d0221584_4382414.jpg
ひっくり返して、5分。合計20分ほど焼いたら、良い感じに焼き上がりました。
喜んで食卓へ並べると。。。。実はまだ中の火の通りが甘く、もう一度オーブンへ。日本の手羽元よりも断然太いので、火も通りにくいのかも知れません。
追加で7分程焼きましたので、実際にはもうちょっと焦げ目が多くなりましたf(^_^;。でも、おいしくできましたよ。

フライパンで焼くよりも油のハネの心配もないし、焦げ方が少ないので楽でしたが、やはり焦ってはいけませんね。
オーブン料理(特に鶏肉)はじっくり焼くのが良いと、勉強になりました。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-28 04:43 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 18日
大きなオーブンで小さなパンが焼けました。
アメリカの我が家には大きなオーブンがあります。
ガスレンジと一体になっていて、とても大きいんですが、初めは、リフォーム直後でシンクや洗面台、浴室とほとんどが新品に取り替えられていたこの家で唯一、リフォーム以前からある古い物でした。

d0221584_1018426.jpgそれが、旦那さんが先に住み始めてガスレンジが壊れている事がわかり、私が渡米した直後に新品と交換してもらったので、今あるのはピッカピカのオーブンです。

実はこのオーブン、まだ使った事がありませんでした。
日本でも香港でもオーブン料理なんて、まったく縁がありませんでしたから。
でも、折角ある物を使わないのはモッタイナイので、まずはパンを焼いてみることにしたのですが。。。
レシピを調べて頭を抱えました。パン作りって、初心者には難しそう。。。でも、さらにレシピを調べると、あの有名なCOOKPADで簡単レシピを見つけました。
今回はそれを参考にしてチャレンジ!

d0221584_102436.jpg
レシピには「強力粉」とありましたが、良く行くスーパーで「Bread Flour」を見つけたので購入。5ポンド(2.26kg)で$3.09(約253円)でした。ドライイーストもこちらでは大きな瓶ばかり。使い切る前に湿気ってしまいそうだったので、小分けパックの物を購入しました。7gx3パックで$2.59(約212円)でした。

d0221584_10243360.jpg
早速計量して、フォークで混ぜたあとこんな感じにまとまりました。なんかこれだけ見ると、うまくいきそうな気がして楽しくなってきます。それに、ドライイーストの香りってなんだか良いですよね。気持ちがほんわかしてくる感じで好きです。
レシピでは電子レンジの「発酵モードで10分」とありましたが、アメリカ製の我が家の電子レンジにはそんなモードはないので、取り敢えず常温で放置することにしました。
で、その時間を利用して買い物へ。
d0221584_10245162.jpg
のんびりし過ぎました、2時間近く放置してしまい、ボールの中はこんなに膨らんでいました。

d0221584_1030553.jpg
オーブンの説明書を読んでオーブンを温め、その間に生地を4つに分けてパンの形に。
d0221584_10254082.jpg
そしてオーブンへ。もちろん、上の扉へ入れるのですが、実はこの下の扉も暖まっています。
最初に見たときは、トレイの収納スペースだとばかり思っていたのですが、お肉や魚を焼くのはこの下のスペースだったんです。
私のように勘違いする方は多いみたいで、うっかり燃えやすい物を入れてしまって小火になった、なんて事もあるんだそうです。私も気を付けねば!

d0221584_10262187.jpg
上の扉にパンを乗せたトレイを入れると、程なくしてパンが膨らみ表面がなめらかになりました。
「お! これはイケルかも♪」

d0221584_10264868.jpg
と、思っていたら、あらぬ所からひび割れて、なんとも言えない不格好な形に。

d0221584_10271874.jpg
そのまま10分程焼くと、良い感じの焼き色になりましたが。。。。
あまり膨らまなかった上に、トレイに焦げ付いてしまいました。クッキングシートが無かったので、そのまま生地を乗せてしまったのがいけなかったんですね。せめてオイルをもうちょっと多めに引いておけばよかった。。。。(T T)。

d0221584_10274746.jpg
と言うわけで、とっても大きなオーブンで、こんな小さな不格好なパンが出来上がりました。
香りは抜群ですが、お味の程は。。。。f(^_^;聞かないでください。

でも、これでパンの簡単な作り方が分かりましたし、オーブンの使い方も分かりましたから、次回はもうちょっとマシなパンが焼けるように練習して、旦那さんを驚かせてやろうと思います(^_^)b。
もちろん、他のオーブン料理もレパートリーに加えられるように、トライして行かないといけませんね。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-18 10:36 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)