2017年 01月 28日
レッドロブスターでHappy Birthday
私と旦那さんは揃って1月生まれ。
なので、誕生日のお祝いは一緒にやってしまう事もしばしば。
と言っても大した事はしないんですがσ(^_^;)。まあ、二人で外食するくらい。

d0221584_01150937.jpg

そして今年も、昨年に引き続きDMが届いたレッドロブスターで食事をしてきました。

d0221584_01150953.jpg

何せ甲殻類が大好きな旦那さんなので(^o^)。

d0221584_01151005.jpg

そしてDMのお陰でケーキがサービスされ、
↓ちょっとしたグッズも頂いて来ました。
d0221584_01233283.jpg

▲ロゴ入りのハサミ型ボールペン


何だか毎年の恒例になりそうな気配ですσ(^_^;)。



by suneya-m | 2017-01-28 01:01 | | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 15日
ロブスター・フェスティバルで夕食。
d0221584_16425616.jpg今夜の夕食は、なんと、こ〜んなに大きなロブスターでした。

以前行った戦艦アイオワ(その時のブログはこちらのそばで「LOBSTER FESTIVAL」(lobsterfest.com/)があると知り、昨年は日本出張で行けなかった旦那さんはかなり楽しみにしていたようで、仕事を定時に切り上げ急いで帰宅し、ロサンゼルス港にある Ports O'call Village まで出かけて来ました。

帰宅ラッシュに巻き込まれましたが、程なく到着。駐車場もまだ空いていたので楽々駐車。すると、駐車場の先に巨大なロブスターが見えて来ました!
d0221584_16434492.jpg巨大ロブスターが2尾も付いたバルーンのエントランス。これを見ただけでも旦那さんのテンションはぐんぐんUP。
d0221584_16443475.jpgこんな観覧車みたいな移動遊園地の遊具やら露店やらいろいろとあったのですが、まずはロブスター・ミールを食べるため脇目もふらずエリアの奥へ。
d0221584_16451798.jpg
ありました! ロブスター帽子を被ったスタッフが案内している姿も何やら楽しげな、ロブスター・ミールのコーナー。
右側で受け取って、左のテーブルで食べやすいようにカットしてもらいます。
と言う事で、まずは右側のテーブルの前へ。

d0221584_16454172.jpg
おっと、まだ茹で上がっていないようです。写真の奥の銀色の四角い箱が茹で釜で、湯気が出ています。
手前のおばちゃんスタッフはミールの付け合わせのパンやポテト、コールスロー、溶かしバター、檸檬をスタンバって茹で上がりを待っています。

ちなみにミールの種類は2つ。
d0221584_16461387.jpgロブスターが1尾のスタンダードタイプが$19(約1,520円)、ロブスターが2尾載っているのが$33(約2,640円)。
ちなみに、さらにロブスターを追加する事も出来ます。この場合、1尾$14(約1,120円)。
いや〜、なかなか立派なお値段です。(ちなみにこの他に入場料が一人$9=約720円かかります。)
我が家は海老蟹大好きな旦那さんが2尾、私が1尾のミールを購入し、冒頭の写真となったわけです。

d0221584_16472261.jpgさて、どれくらい大きいかと言いますと、こんな感じ。
幸せいっぱいの旦那さん、ガッツリ味噌までかぶりついて、まるで野獣のようでした。

d0221584_16474794.jpgd0221584_16481092.jpg
爪だけでも大きく、身もしっかり詰まっていて柔らかくてジューシーで美味しかったです ♪ 何せ茹でたて熱々ですから、美味しさ倍増!!

d0221584_16485033.jpgd0221584_16491998.jpg
d0221584_16495391.jpgお腹がいっぱいになったら、辺りもすっかり暗くなっていました。
で、改めて会場内を散策。観覧車かと思った遊具は、そんな生やさしいものではなく、グイングイン速い速度で回っていました。
他の遊具はどこかノスタルジックで「リアル・スチール」の冒頭シーンに登場する移動遊園地を思い出し、アメリカらしさを感じました。
さらに奥には、ファイヤーダンスを披露するパフォーマーがいたり、ステージではバンドの演奏が行われていたり(お客さんは少なかったですけどf(^_^;)、いかにも地元のお祭りって感じでした。

d0221584_16515951.jpgほかにも、フリーマーケットのような洋服を売る店や何故かエジプトのお土産品を売る店、マッサージをする店など様々な露店が並んでいましたが、ロブスター以外の飲食店も多数出店していました。
d0221584_16523465.jpgそしたら、ロブスターを2尾も食べたのに旦那さんってば、今度は「CRAB ROLL」に手を伸ばしました。蟹は別腹? 
$15(約1,200円)もするのですがさらに$5(約400円)上乗せして、お店オリジナルの蟹の爪クッション(手が入るから手袋?)まで購入。ほんと、こういうものが好きなんですよねぇ。大好きなものをお腹いっぱい食べて、楽しい物も見つけて、大満足の旦那さんでした。

d0221584_16531259.jpgちなみに、スタッフが被っていたロブスターの帽子も売っていました。これまた$5(約400円)。もちろん、買ってきましたよ。

実は先週末は、ロング・ビーチでやはり「ロブスター・フェスティバル」が開催されていたそうです。どうやら9月はロブスターの最盛期のようです。来年は両方行ってみる?

ちなみに、この Ports O'call Villageロブスター・フェスティバルは16日(日)までやっていますので、興味がおありの方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

※Ports O'call Village LOBSTER FESTIVAL
lobsterfest.com/


★おまけ★
d0221584_1655119.jpgロブスター・フェスティバルの会場の手前には「San Pedro FISH MARKET」があります。ここでもロブスター・スペシャルを開催中とのことですが、帰りにこのマーケットの中を通ったら、こんなUFOキャッチャーに出くわしました。
景品が活ロブスター!!
以前、新宿のどこかに伊勢エビを景品にしたUFOキャッチャーがあると聞いたことがありましたが、アメリカにもありました! オドロキのあまり笑っちゃいました(^o^)。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-09-15 17:11 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)