タグ:レストラン ( 70 ) タグの人気記事
2014年 11月 11日
Joe’s Crab Shack で海老蟹三昧
最近日本にオープンした、シーフードを手づかみで食べるレストラン「DANCING CRAB」。
ワイドショーや「ゴチになります」などのテレビ番組で紹介され、随分と話題になっているようですが、「是非行かねば!」と旦那さんが鼻息を荒くしている今日この頃です。

DANCING CRAB はシンガポール発らしいですが、L.A.にもその手のお店は珍しくなかったので、こんな店(Quality Seafood ブログはこちら、BUBBA GUMP SHRIMP 日本にもありますね。ブログはこちらや、あんなイベント(Lobster Festival ブログはこちらにも行きましたが、日本への帰国が迫った頃、まだ行った事の無いお店をテレビCMで見つけ、帰国直前の8月中旬に出かけてきました。(ネタが古くてスミマセンf(^_^;。)

d0221584_14412955.jpgそれが「Joe’s Crab Shack(ジョーズ・クラブ・シャック)」。
ここは手づかみを推奨している店ではないのですが、蟹ですから必然的に手づかみになりました(^ ^;。


d0221584_14413300.jpgd0221584_14413600.jpg
d0221584_14413933.jpgd0221584_14414125.jpg
全米展開しているチェーン店なので、店内には店オリジナルのグッズもたくさん。
天井には鮫がぶら下がっていたりと、雰囲気作りも良いです。こういったテーマパーク系に弱いんですよね〜。
ある時間になると、店員さんが踊り出すと言うパフォーマンスもありました。これも DANCING CRAB と同じですね。

d0221584_14414464.jpgさっそく、紙エプロンを着けてもらって、特製シーズニングがたっぷりかかった茹で海老を手づかみで頂きます。
d0221584_14414683.jpgメインはこちら。ネットの中にはコーンとポテトと共に、太い蟹の脚と爪。うほっ(^o^)v。

d0221584_14415533.jpg
この店には便利な道具がありました。
それがこちら。(カップはお店のオリジナルグッズ)

d0221584_14414857.jpgd0221584_14415058.jpg
d0221584_14415370.jpg使い方は簡単。先割れの部分を端から突っ込み、てこの要領でぐいっと上に持ち上げ、殻を割って行きます。綺麗に殻が割れて大きな身を取り出せるので、凄く食べやすかったです。ああ、思い出すだけでヨダレが出ちゃう。。。。


蟹、食べに行きたいなー。


■Joe’s Crab Shack


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。 
↓ どちらでも結構です、ぽちっと1クリックして頂けると励みになります。
よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ




by suneya-m | 2014-11-11 15:05 | | Trackback | Comments(2)
2014年 10月 29日
喜寿は 紫のちゃんちゃんこ
来月77歳の誕生日を迎える母。
妹が計画してくれて、喜寿のお祝いをする事になりました。
本来なら数え年でやるみたいだから、去年やるべきものだったのかしら? でも、今年なら私も日本に帰ってきたし、タイミングとしてはバッチリ。
なので、細かい事は気にしなーい。
とにかく、喜寿にかこつけてみんなで集まって、お祝いがしたかったんですから。

なので、滅多に行くことのない「しゃぶしゃぶ木曽路」に予約を入れてもらい、ウチの旦那さんも巻き込んで母の喜寿をお祝いしてきました。
d0221584_12181250.jpgd0221584_12182846.jpg
お祝いと言っても何も大仰なことはなく、ただ美味しいご飯を食べておしゃべりしてって感じでしたが、お店のほうが気を使ってくれて、食事の前にちゃんちゃんこを用意してくれました。しかも、帽子付き。

すごいわー。良く見れば、箸袋にはお正月の様に「寿」の文字がありました。さすがです。これぞ、まさに日本のお・も・て・な・し? あ、ちょっと古かったかしらf(^_^;。

d0221584_12191240.jpg早速、母に着せてみんなで記念撮影。
こうしてみると、小さかった孫達(甥っ子達)もすっかり大きくなって、今じゃ、母が一番小さくなってる。。。月日の経つのは早いモノです。。。しみじみ。


予想外のちゃんちゃんこの登場に話も盛り上がり、単なる食事会になるところが、きちんと「喜寿をお祝いする会」になりました。

この先、傘寿、米寿、卒寿、白寿とまだまだありますから、母にはずっと元気でいて欲しいと願うのでした。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
 ↓ どちらでも結構です、ぽちっと1クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。m(_ _)m。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ
by suneya-m | 2014-10-29 12:26 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 15日
ハンバーグを食べて FATBURGER を思い出す
先日、ショッピングモールに入っているレストラン「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」で食事をしました。
5年前も大人気で行列でしたが、今も変わらず大人気なんですね。

数量限定牛タンとハンバーグのセットなんてのもあって、お値段もリーズナブル。今回はこれを頂いたんですが、牛タンもさることながらセットのハンバーグがねぎ塩だれ。なんとも日本的〜で、美味しかった♪。他にもレギュラーメニューで、チェダーチーズが入っていたり、アボガドやトマトが載っていたり、定番の大根下ろし載せとか、他にもハンバーグが3段に載った“タワー”なんてものもあるし、ハンバーグの種類の豊富さにびっくり。日本ならではだな〜と、感心至極。アメリカにはなかったなと、振り返ってみてふと気付きました。

あ、アメリカではハンバーグじゃなくて、ハンバーガーになっちゃうからじゃん。

と言う事で、日本帰国直前、アメリカ生活の最後にようやく行けた「FIVE GUYS(ファイブガイズ/その時のブログはこちら」と「FATBURGER(ファットバーガー)」の事を思い出しました。

っつーことで、ちょっと遅くなっちゃったけど、まだブログにしてなかった「FATBURGER」のレポ、お届けします。

d0221584_1227117.jpg行ったのは帰国直前の8月下旬、ロサンゼルス空港とサンタモニカの中間くらいにある、MARINA MARKET PLACE 内の FATBURGER。
FATBURGER 自体はチェーン店だからあっちこっちにあるんだけど、たまたま近くを通ったので立ち寄りました。


この辺は都会だから割とこちゃこちゃと建物がひしめき合っているせいか、このモールもアメリカのだたっぴろい感じがあまりしないんですが、ちゃんと映画館も入っている立派なモールでした。

d0221584_12273640.jpg店内はちょっと懐かしい雰囲気で、イイ感じ。

d0221584_12281260.jpgで、肝心のバーガーは…「THE FATBURGER」。その名の通り、太る(FAT)のもお構いなしのハンバーガーとあって、パティが 1.5lbs(約680g)のXXXLサイズまでありました。

d0221584_12284012.jpgd0221584_12285480.jpg
このおっきなハンバーガーを食べきると何やら認定証が発行されるようで、誇らしげな笑顔の記念写真が壁一面に貼られてました。

d0221584_12292658.jpg
▲ちなみにこんなサイズ表もありました。
左からSMALLでパティが2.5オンス(約70g)、LARGE 8オンス(約230g)、
MEDIUM 5.3オンス(約150g)。



d0221584_1230560.jpgで、私達がオーダーしたのは、ごくごく普通の MEDIUM サイズ f(^_^;。サイドとドリンクが付いて$9.29(約950円※)。とはいえ、1/3ポンドつまり5.3オンスなので約150g。私にとってはずっしり大きいパティです。もちろん肉肉しく美味しいパティで、たくさん入った野菜と一緒にがぶり。美味しかった〜〜♪ (^o^)v。やっぱり、アメリカのハンバーガーは美味しいなぁとしみじみ、名残惜しさがちょっぴり増しました。
しかし、あのボリュームにすっかり夕飯は入らなくなってしまいましたf(^_^;。


でも、今にして思えば、折角だから一番大きな XXXL に挑戦してみればよかったかな? と後悔。旦那さんとシェアすれば食べ切れた? んなわきゃないか(笑)。


■FATBURGER
http://www.fatburger.com/Home/


※$1=102円(当時)で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
 ↓ どちらでも結構です、ぽちっと1クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。m(_ _)m。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ
by suneya-m | 2014-10-15 12:37 | | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 05日
怪獣酒場へ行って来ました
過去最強とも言われる台風が接近しているせいで、今日の関東地方は朝から本降りの雨。出かける気分にはなれない日曜日となり、今日から放映開始の「仮面ライダードライブ」を観て、ま〜ったり。(ああ、これからはリアルタイムで観られる〜(^o^)。)

d0221584_17495782.jpgですが昨日の土曜は、まだ雨の心配が無かったので、兼ねてから予定していた「怪獣酒場」へ行ってきました。

ウルトラ怪獣が集う酒場「怪獣酒場」、アメリカにいた頃から興味津々。日本に帰ったら是非行ってみたいと思っていた店なのですが、偶然にも日本の友達がこの店で「お帰りなさい会」をしてくれると言うので、同じく興味津々だった旦那さんに声を掛けたら、ノリノリで一緒に行くことになりました。


当然混雑が予想されるので事前の予約をしたかったんですが、予約は5人から。残念ながらメンバーの都合が付かず4人だったため、並んで待つことにしました。

ちなみにお店の場所が川崎ということで、自宅からは電車で約1時間。結構遠かった〜f(^_^;。
駅から近いのが救いでしたが、目立った看板は無く辺りをキョロキョロ。見つけたのは地下へと続く階段から見える、上の写真の看板。目立たないのに、店の前には既に行列です。

d0221584_17505687.jpgd0221584_17511278.jpg
d0221584_17513767.jpgd0221584_17525456.jpg
それにしても、外観からしてとても凝った作りをしています。素晴らしい! 
古そうな地下レストラン街ですが、ここだけ異彩を放っていて、店に入る前から否応なしにテンションが上がります。
d0221584_17532392.jpgd0221584_17533799.jpg
▲店頭にはちゃんとウルトラ怪獣のガシャポン。(写真右)


d0221584_17542823.jpgd0221584_17545612.jpg
30分ほど待ったところで、ようやく順番がきました。中に入るとまずはゼットンがお出迎え。
そして店員さんの注意事項の説明。なんだかテーマパークみたいです。
説明によると、ウルトラ怪獣が集う酒場ですから、敵対するヒーロー側のスパイはお断り。それを見抜くのはこのジャミラの口とのこと。旦那さんが手を突っ込むと目が光り、危うく手が抜けなくなるところでした、な〜んちって。

d0221584_17554355.jpgd0221584_17555736.jpg
d0221584_17561722.jpg席に案内されると、テーブルの上には洒落た小皿や箸置き。しかもこの箸置きはお持ち帰りOK。全7種類あるそうなので、コンプリを目指すなら7回は通わないと?
今回案内された席は禁煙席。壁にはパネルやフィギュアが飾られ、テーブルには地球防衛隊の飛行機たち。
ますますテンションが上がります。が、私以上に旦那さんのテンションがグイグイ上がるので、あっけにとられるばかり。


さて、オーダーを。
普通のメニューもあるようですが、やはりここへ来たからには凝ったメニューを頂きたいと、これらのスペシャル料理をオーダーしました。

d0221584_17565933.jpg「ウルトラセブンを解析せよ! 980円」
もつ煮込みに温泉卵を混ぜて、トーストに載せて頂きます。温泉卵を混ぜ混ぜする様は、まるでセブンの脳みそをかき混ぜているみたい。。。ちょっとインディ・ジョーンズちっくです。
d0221584_175721100.jpg「カラータイマーを狙え! Ver2 980円」
手前のカラータイマー型のチキンライスに奥のサラダを掛け、タコライスのように混ぜ混ぜして頂きます。

d0221584_1757457.jpg「グドンのおすすめ! ツインテールフライ 1280円」
ツインテールそっくりに作られた海老フライ。結構大きな海老が二本入っていて、しかもぷりぷりで美味しかったです♪ ちなみに顔の部分はカボチャサラダ。旦那さんイチ押しです。

d0221584_17582140.jpg「バルタン星人のおもてなし 1380円」
ハサミ型の器に盛られた蟹ピラフ。これまた美味しかった〜。

d0221584_1758395.jpg「禁じられた言葉サラダ 780円」
一見普通の白菜サラダに見えますが、その秘密は食べ終わると解ります。


そして、デザートにもこだわりがありました。
d0221584_1805047.jpgこちらは「ジャミラの想い ティラミスのセミフレッド〜アフォガード〜 580円」
国際会議場のビルに見立てたアイスクリームとスポンジケーキに、万国旗。それをジャミラのスプーンで頂きます。

と、作品世界、怪人&怪獣の特性をよく理解した上でのメニューで、この手の物には日頃うるさい旦那さんも感心至極で、とても楽しんでいました。とにかく見た目だけでなく、味も良いので大満足です。

d0221584_1812561.jpgd0221584_1814063.jpg
d0221584_1815815.jpgお腹が満たされた後はさらにテンションアップで、店内を散策。秘密の小部屋も多く、覗くとそこでは怪人達の密談する姿が。他にもたくさん展示品あって、旦那さんは喜々として写真を撮りまくっていたのですが、興奮しすぎて手ぶれ連発。ご紹介できなくてスミマセンf(^_^;。


d0221584_1823512.jpgd0221584_1825378.jpg
最後は怪獣酒場限定商品を含む、様々なグッズコーナーでお買い物。先ほどのジャミラのスプーンや、取り皿も売っていました。


そしてこちらが今回の戦利品。
d0221584_1833457.jpg購入したのは、珍味ゴモラの皮とツインテールの切身煎餅(各500円)、取り皿2種(各600円)。
そして料理が運ばれて来る度にもらったのが、左側にあるコースター。ウルトラセブンの後半に登場した怪獣たち8種と、ハロウィーンメニューに付いてくるカプセル怪獣3種の系11枚(時期によって絵柄は変わるそうです)。箸置きは友達の分も頂いちゃったので、取り敢えず3種ゲットしました。


ほんと、とても楽しいお店です。欲を言うと、もう少し近いと良いんだけどな〜。
しかも、こちらのお店は来年3月までの期間限定店舗なんだとか、期間中にどれだけ行けるか。。。むむむむ。リピーターのお客さんもいて繁盛しているんだから、常設店にしちゃいましょうよ、ね!



■怪獣酒場
http://www.kaiju-sakaba.com/



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
 ↓ どちらでも結構です、ぽちっと1クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。m(_ _)m。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ
by suneya-m | 2014-10-05 18:20 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 22日
牛まぶし
d0221584_2213314.jpg先週行った東京スカイツリータウン。ツリーはもちろん、すみだ水族館も楽しみましたが(そのときのブログはこちら:すみだ水族館スカイツリー。美味しいご飯にも巡り会いました。
それがこちら、「黒毛和牛 牛まぶし」(2,400円)。


鰻のひつまぶしなら、名古屋へ行ったときなどに食べたことがありますが、牛は初耳、初体験。
お値段が少々お高いけど、興味をそそられ食べずにはいられませんでした。

d0221584_222234.jpg目の前のお櫃のフタを開けると、甘辛い香りと共に香ばしく焼けた黒毛和牛が目に飛び込んできました。きゃー、美味しそう♪

鰻のひつまぶし同様、名古屋からやって来た「牛まぶし」。食べ方はひつまぶしと同じ。まずはそのままで、お肉の旨味とタレの甘辛いハーモニーを楽しみます。う〜ん、これだけでもう十分美味しいです(^_^)v。

d0221584_2231210.jpgd0221584_2232742.jpg
二杯目は薬味の刻んだ梅、ネギ、ワサビを載せて。あ〜、これも絶品。そして三杯目はお出汁を掛けて。しまった! これも、うま〜い(^o^)/。最後は気に入った食べ方で、と言われたけど。。。。選べない。。。それでも敢えて選ぶなら、薬味載せかな。食べ終わっても余韻を楽しみたくて、お出汁だけをお茶碗に少し注ぎ、いただいてみました。これだけでも、スープとして頂けちゃう美味しさ。あー、なんて幸せなひととき。顔が緩みっぱなし。


d0221584_2244453.jpg
▲ちなみに旦那さんが食べたすき焼きも美味しかったそうです。


そうそう頻繁に食べる機会は無いので、初体験だけに食いしんぼうの心に残ってしまうのでした。


■スギモト 東京スカイツリータウン・ソラマチ店
http://www.oniku-sugimoto.com/shop/solamachi/



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-09-22 22:10 | | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 04日
噂の FIVE GUYS 初体験
アメリカ生活も残すところあと1ヶ月を切り、いよいよ食べ納めを念頭に日々の食生活を考える、食いしん坊です。

d0221584_11215194.jpg
ところが食べ納めどころか、まだ食べた事が無い物もたくさんあるのが現状。

今日は偶然にも買い物途中に、ハンバーガーショップの「FIVE GUYS」の前を通りかかったので、早速中へ入っちゃいました。

d0221584_11223975.jpgここは Hawthorne と Lomita の交差点で、比較的新しい店舗です。
外にはパラソルとベンチがあって、お天気が良ければとても気持ちの良いテーブルだと思うのですが、今日は生憎の天気。真夏のL.A.にしては本当に珍しい天気で、雨がぱらついていました。



d0221584_11231789.jpgさて、初めての「FIVE GUYS」。まずはオーダーのお約束を把握するところから始まります。
レジの上にはメニュー表。クラシカルな感じで写真は一切ありません。
ハンバーガーとチーズバーガー、ベーコンバーガーなどシンプルなメニューで、トッピングはフリー(タダ!)。
このトッピングを選ぶのが、セットものに慣れている日本人としてはちと面倒f(^_^;。
ですが、トッピングの下にはこんな文字。
d0221584_11233291.jpg
「EVERYTHING or ALL THE WAY receives only the toppings in black」

なるほど、全部載せがOKなんですね。これなら楽チン。

と言う事で、旦那さんはチーズバーガーの ALL THE WAY
私は リトル・ベーコンチーズバーガーの ALL THE WAY。
つまり、マヨネーズ、レタス、ピクルス、トマト、グリルド・オニオン、グリルド・マッシュルーム、ケチャップ、マスタード載せ。

さて、どんな物が出てくるのか、o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)oワクワク。


d0221584_11245690.jpg「FIVE GUYS」の名物、ピーナッツを食べて待ちます(写真の青矢印のボックスから自分で好きなだけ取ってきます)
このピーナッツは食べ放題。塩味が効いた美味しいピーナッツなので、食べ過ぎ注意です。


待つこと数分、番号を呼ばれて紙袋を渡されました。
ここではトレイが無いので、お持ち帰りもイートインも同じ紙袋入り。
そして待望のハンバーガー登場。
TA-DA!
d0221584_11252398.jpgんんん?
どっちがリトル?
全く見分けがつきません。てっきりバンズが小さいのかと思ったら、単にパティが1枚か2枚かの差のようです。
ちなみに左がリトル、右がレギュラー。なので、リトルでもかなりのボリューム。今さらながら、やっぱりアメリカのハンバーガーは大きいと実感。

そして、やっぱりアメリカのハンバーガーは美味しいです!
トッピングでは、グリルド・オニオン、グリルド・マッシュルームが美味しかったです。もちろんレタスもトマトもフレッシュで美味しかったですけどね(^_^)v。

それにしても、3時過ぎという半端な時間に食べたせいもあって、夜になってもちっともお腹が空かない〜〜〜(;´Д`)。夕飯は抜きだな。

d0221584_11261155.jpg
▲久しぶりに飲んだ HI-C グレープ。
機械から出て来たときは真っ黒に見えて、
ちょっとビビりました。
(実際は濃〜い紫色でした)





■FIVE GUYS
http://www.fiveguys.com/


さて、次は Fatburger だ。
日本に帰る前にまた太りそう。。。f(^_^;。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-08-04 11:37 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 23日
サンタモニカ・ピア で ロック・クラブを食べる。
d0221584_1344378.jpg先週日本から来てくれた母と妹との最後の観光は、サンタモニカ・ピアでした。日曜日だったので、旦那さんと4人で出かけて来ました。

もうすっかり夏のカリフォルニア。サンタモニカは以前にも一度一緒に観光したことがありましたが、その時とは比べものにならないくらい大勢の人で賑わっていました。

d0221584_13443753.jpgd0221584_13445495.jpg
パフォーマーや、極太の 蛇 を首に巻いた人(!)とか。もー、これだけは勘弁! 小さい蛇だって苦手なのにぃ〜〜〜。
右の写真、カラフルなパラソルを挟んで両端にいる男性の首に巻かれているのは、タオルではありませんよ。黄色い模様が入った白いぶっとい 蛇! なんです(T T)。(写真をクリックすると拡大画像がご覧頂けます。蛇がOKの方はどうぞ。)

必死の思いで、そんな彼らを大回りで避けて、桟橋の先へと進みました。

d0221584_13472490.jpgd0221584_13474093.jpg
桟橋の両サイドに見えるビーチには、これまたたくさんの人、人、人。夏はみんなビーチに来たくなっちゃうんですね〜。

d0221584_13482474.jpgそして、ここはルート66の終点でもあるんですよね。
ちゃんと看板がありました。昨日のセリグマンブログはこちらに続き、なんかルート66づいてます。

d0221584_13483628.jpgさらにここには名物の遊園地「PACIFIC PARK」があります。桟橋の上なのに観覧車やジェットコースターまであるんですよ。
d0221584_134977.jpgここもまた大勢の人で溢れていて、さぞや眺めがいいだろうな〜と乗る気満々だった観覧車ですが、チケット売り場が長蛇の列だったので、残念ながら諦めました。
(T T)。

d0221584_13494212.jpgこの桟橋、結構長くてまだまだ先があります。桟橋の先端では釣りを楽しんでいる人がいました。一体何が釣れるんでしょうね。
d0221584_13512421.jpgd0221584_13514778.jpg
▲桟橋の先端にもギフトショップがありました。


さて、ここでもお土産を購入。もちろんルート66に絡んだものは欠かせません。
d0221584_13523127.jpgd0221584_1356822.jpg
d0221584_1356567.jpg↑ 左から観覧車のピンズ、ショットグラス、チャームの付いたキーホルダー、ルート66の総距離も入ったピンズ。

ちなみに、サンタモニカ・ピアには BUBBA GUMP があるので、地名入りのショットグラスやピンズを購入。レストランはとても混んでいたので諦め、↓ こちらの「THE ALBRIGHT」でちょっと早めの夕食を摂りました。

d0221584_13574320.jpgサンフランシスコではダンジネスクラブに舌鼓を打ちましたが(その時のブログはこちら、こちらには「ロッククラブ」と言う蟹があるというので、早速いただく事にしました。
d0221584_1358145.jpgなるほど、名前の通り殻が「岩」のように、カタイ! この殻を割るのは女性には特に難しそうです。唯一の男性、旦那さんに私達女性3人分の殻も割ってもらいましたが、中には男の人でも手強い個体もあって、食べるのは一苦労です。まあ、その甲斐あって、大きな爪の身が美味しかったですよ。
(^_^)v。
d0221584_13584523.jpgそして、妹たちに是非試してもらいたかった、クラムチャウダー in サワドーブレッド(Sourdough bread)。これもまたサンフランシスコが本場でしょうけれども、こちらも負けず劣らず美味しかったです(^_^)v。


d0221584_1359187.jpg食事の後は、3RD STREET や Promenade を散策して回りました。
(こちらは以前ブログにしています。)


そしてすっかり日も暮れてから、二人をロサンゼルス国際空港へと送って行きました。
最近は羽田←→LAX 便が増えて便利になったようで、妹たちも LAX を夜中に出発して早朝羽田に到着するANA便でした。
そんな真夜中出発便が多いのでしょうか? こんな夜中に? と思うほど国際空港前は大渋滞となっていました。

d0221584_140929.jpg
それにしても、トム・ブラッドリー・ターミナルはこんなに綺麗になっていたんですね。
こうして母と妹たちの2度目のアメリカ旅行は、あっと言う間に幕を閉じました。


実は、当初期限が決まっていなかったアメリカ赴任だったのですが、遂に日本に戻る事が決まり、その前に是非!と今回、母と妹に遊びに来てもらいました。本当は甥っ子たちにも来て欲しかったんですが、今時の学生さんは何かとご多忙らしく、スケジュールが取れず断念。若いときほど、海外に出て見聞を広めて欲しいだけに残念でしたが、80歳目前の母がなかなかタフで、グランドキャニオンへの長距離ドライブなど結構大変だったと思うのですが、楽しかったと言ってくれて嬉しかったです。

私も帰国を約2ヶ月後に控え、観光地のおさらいをしたような数日間で楽しかったのですが、おさらいのハズが意外と新しい発見があったりして、3年半もいたのに! と思う反面、たかだか3年半くらいで解った気になってはいけない、やっぱりアメリカも奥が深い、と思うのでした。

あと少しと思うと、この温暖な気候や広々とした青い空、広い住空間、ゆったりと流れているように感じる時間など良い面が色々と浮かんできて、とても名残惜しくなります。(苦労や不便も多々あったんですけどねf(^_^;。)
その反面、日本に戻れる嬉しさもじわじわとこみ上げてくるのも事実です。もちろん、多少の浦島太郎感のある帰国に、不安も多く感じていますがf(^_^;。

さてさて、残り僅かとなったアメリカ生活。如何に充実させるか、それが今の課題です。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-06-23 00:01 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 10日
博物館みたいな Bass Pro Shops
今回もまた先月のお話です。

前回の「実弾射撃、初体験ブログはこちら」の帰り、フリーウェイ15号線沿いの新しいショッピングモールにある「Bass Pro Shops(バス・プロ・ショップ)」へ立ち寄りました。

d0221584_12105980.jpg全米にあるチェーン店ですが、ロサンゼルスではここ Rancho Cucamonga(ランチョ・クカモンガ)だけ。
ここはアウトドア用品の巨大ストア。正にアメリカならではのお店だと思います、何せ、広くてびっくりしましたから。

d0221584_12114875.jpgd0221584_12121142.jpg
入口ではこーんな立派な角の鹿(?)がお出迎え、中に入っても壁には立派な角を持った剥製だらけ。機械伯爵のリビングか、と突っ込みたくなるような風景です(あ、彼は人間の剥製を飾っていたんでした)


d0221584_12131079.jpg正面入口からの眺めは、ショップなのか博物館なのか解らなくなるほど剥製が至る所に飾られていて、フロアの中央には滝からの水が流れ落ちる水槽までありました。
更に右手はボートのショー・ルームになっていて、砂漠から帰ってきたばかりの身としては、何とも不思議な感じです。
▲写真では解りづらいですね、柱の上あたりにそれぞれ剥製の動物が飾られています。

d0221584_12134276.jpgd0221584_12142244.jpg
▲(写真右)獲ったどー!(もう、流行ってない?)と、巨大魚のぬいぐるみ片手に喜ぶ旦那さん。足元のレリーフも博物館並みにリアルです。


d0221584_12151819.jpg店名が「Bass Pro Shops」なだけあって、特に釣りコーナーは本当に広くて凝ってます。
コーナー前にある橋の両脇には池があり、本物の魚が泳いでいました。
d0221584_12154048.jpgd0221584_12155721.jpg
天井は水面をイメージしていて、ジオラマの魚が頭の上を泳いでいます。
釣り竿の奥には巨大な鮫まで。


d0221584_12163164.jpg二階にはハンティングやキャンピング用品。こんなゲームコーナーまでありました。
ハンティングコーナーでは、ふつーに銃と実弾が販売されていて、アメリカではやはり銃が身近な存在であることを実感。護身と趣味と需要がある以上、この国から銃が無くなることはないでしょう。


ここ寄ったの買い物では無く、夕食を食べるため。ここにはシーフードレストラン「FISH COMPANY RESTAURANT」があるんです。
d0221584_12171687.jpgd0221584_1217017.jpg
ショップ同様、レストラン内も博物館並みに魚のジオラマのオンパレード。
d0221584_12175790.jpgd0221584_12181293.jpg
鮫やマンタの泳ぐ姿を見ながら頂いたのは、「アリゲーター」の唐揚げ($10.95=約1,130円※・写真左)。
初めてワニ食べちゃった。全然クセがなくて淡泊で美味しかったです。
メインに頂いたのは、「シーバス」をバルサミコ酢で味付けして焼いたもの($19.95=約2,060円※)。アメリカの白身魚は淡泊すぎて味が無いように思っていましたが、これはとっても美味しかったです。バルサミコ酢が合うんですね。


d0221584_12184934.jpg日本の釣り好きの友達から店の名前は聞いたことがありましたが、こんなに大きな店だとは思わず、本当にビックリでした。



■Bass Pro Shops
http://www.basspro.com/
7777 Victoria Gardens Lane Rancho Cucamonga, CA
■ISLAMORADA FISH COMPANY RESTAURANT
http://restaurants.basspro.com/fishcompany/RanchoCucamonga/

※$1=103円で計算。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-10 12:29 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 03日
ギラデリ・スクウェア と 高速鉄道バート(サンフランシスコ旅行6)
長く続いてしまったサンフランシスコ旅行記も、今回が最後です。
ホテルをチェックアウトする火曜の朝、まだ行っていなかった「Ghirardelli Squareギラデリ・スクウェア)」へ向かいました。


===サンフランシスコ旅行、このほかのブログはこちら========
(1)アルカトラズ島に上陸!
(2)ボウディンとチョコレート・ストア
(3)パンパニト と ジェレマイア・オブライエン
(4)ダンジネスクラブに甲殻類好き男が悶絶
(5)ピア39 と アクアリウム・オブ・ザ・ベイ
==================================



d0221584_2432911.jpgd0221584_2441680.jpg
とてもお天気が良く、気持ちの良い朝でした。カニの看板の近くで可愛い Muni Metro(ミュニメトロ)に出会いました(写真左)。そこから西へ進むと、ここはケーブルカーの始発駅(パウエル・ハイド線)。やはり朝は穴場。まだ人が少ないのですぐに乗れそうです。

それを通り越すと見えて来ました。
お目当ての「ギラデリ・スクウェア」。
d0221584_2451360.jpgチョコレート工場の跡地に建てられたショッピングモールですが、朝早かったせいでまだお店が開いてな〜い (;゚Д゚i|!)。

誰もいない上に噴水もまだ出ていない。。。
d0221584_2455548.jpgd0221584_2461372.jpg
ギラデリのマーケットプレイス(写真右)はオープンしていたので、こちらで朝ご飯を食べることにしました。

d0221584_247484.jpgd0221584_2473548.jpg
d0221584_2475670.jpgd0221584_2481675.jpg
店内にはギラデリ・チョコレートがわんさか。様々なパッケージのチョコが並んでいました。
イースター限定パッケージもありましたが、今年は20日がイースターでしたので、これらは売れ残りということで半額に。もちろん購入しました。
ウサギの絵柄の卵形の缶の中にはミルクチョコレート。前々日にチョコレート・ストアで買ったケーブルカー柄の缶は、このお店では中身を自分で選ぶ事が出来ました。
そして黄色い小さい「minis」はギラデリの新製品だったようで、サンプルを配っていましたが他の色&味があるようです。

d0221584_2495856.jpgそしてメニューをもらうと、さすがチョコレート屋さん。あるのはデザート系ばかりf(^_^;。そりゃそーだ。
フルーツが多そうなバナナ・スピリット($10.25=約1,050円※)とカフェラテ、ホワイト・モカを頂きました。
バナナなら朝ご飯代わりになるからいいと思ったのですが、その下にバニラ、ストロベリー、チョコレートの3種の大きなアイスクリーム隠れていて、二人でシェアしてもしっかりお腹が冷えるほどのボリュームでした(笑)。


d0221584_2503429.jpgd0221584_2511366.jpg
窓からの景色も楽しみながら、一休みして店を出るとようやく広場の噴水も水が出始めていました。

d0221584_252380.jpgd0221584_2522255.jpg
こちらが入口のアーチ。そして時計塔。


散歩しながらホテルへと戻ります。
d0221584_253182.jpg途中、サンフランシスコらしい坂道や、カラフル且つ可愛らしい街並みに楽しい気分になりました。
d0221584_2533592.jpgd0221584_253521.jpg
d0221584_2541286.jpgd0221584_2543155.jpg
d0221584_2545159.jpg
信号機を見るとカニのイラスト付きの案内板がありました。なんとも可愛らしい。


ホテルに戻って荷物をまとめてチェックアウト。
d0221584_2561032.jpgd0221584_2562846.jpg
今回泊まったのは、フィッシャーマンズ・ワーフのケーブルカー(パウエル・メイソン線)乗り場も近い「BEST WESTERN PLUS The Tuscan(タスカン・ホテル)」。フィッシャーマンズ・ワーフを散策するにはベストロケーションのホテルでした。室内は特別広い訳ではありませんが、無料 WiFi 付き。今時はこれがとっても助かります。朝にはロビーに無料のコーヒーサービスもありました。

d0221584_256468.jpgd0221584_257382.jpg
▲ロビーも落ち着いた雰囲気。

さて、来るときは空港から Shared Ride Vans(乗り合いバン/一人$19=約1,950円※)でホテルまで来ましたが(他のお客さんがいなかったので貸し切り状態でした)、帰りはケーブルカー乗り場が近いのでケーブルカーで、と行きたい所ですが、スーツケースを引っ張っていてはさすがに乗れませんので、Powell(パウエル)駅までタクシーで行きました。
d0221584_2581137.jpgd0221584_2583119.jpg
▲パウエル駅前のケーブルカー発着所。前回はここでターンテーブルで方向転換するケーブルカーに見入りました。(その時のブログはこちら

d0221584_322274.jpgここで、少し街並みを見ながら、途中旦那さんの趣味でオモチャ屋さんなんぞを覗いて見たりして、隣の駅 Mongomery(モンゴメリー)駅まで歩きました。
良いお天気なのに風が冷たくて、さすがに海風は寒いですね。



そしてお目当ての、高速鉄道 Bart(バート)に乗車。
d0221584_324772.jpgと、思ったらキップの買い方がわからない〜〜〜(;´Д`)。空港駅までの料金はわかったけど、日本の券売機のようにキップを選ぶわけでもなく、金額を上下させるボタンしかない。一体どうやって買うの? 改札の駅員さんに尋ねても左側のボタンを押すんだよ、くらいな簡単な説明しかしてもらえなくて、夫婦揃って再び券売機の前に首をひねっておりました。

そしたら、見かねたホームレス風のおじさんが、こっちのボタンを押すんだよ。と指示をしてくれました。
なんと、お金を入れた後、受け取るお釣りの金額を入力するんです! しかも、お釣りのマックスは$4.95まで。なので高額紙幣はNGです。

つまり空港駅までは$8.65 なので、$10 札を入れた場合、$1.35 のお釣りの金額を入力するという。なんともしち面倒臭い手順。そもそもお釣りを自分で暗算しなくちゃいけないなんて、数学どころか算数も苦手な私にはあり得ない。だけど、良く見ると「ADD CASH」と書いてあるので、どうやら suica 的にお金をチャージして使う方がメインみたい。それならいちいち計算しなくてもいいですもんね。


d0221584_332643.jpgそしてプリントするボタンを押すと、料金が印字されたカード型のキップが出て来ました。
むむむ、難しい券売機。いや〜、びっくりでした。改めて日本の券売機は親切だな〜と思います。あーんど、ホームレス風のおじさん、ありがとうございました。


d0221584_36142.jpg無事改札を通りホームへ降りるとすぐさま電車がやって来ました、ラッキー。アメリカで電車に乗るなんて、初めてかも〜。
「高速鉄道」ということですが、日本の普通の地下鉄や普通電車と変わらない感じ。「高速」の基準が違うみたいですねf(^_^;。

d0221584_363162.jpgちなみに車内はこんな感じ。シートはちょっと古いようですが、特別汚くも綺麗というわけでもなく、いかにも市民の足と言った感じでした。市内は地下を走っていましたが、空港近くの郊外になると外を走るのでやっと景色を眺める事ができました。けど、窓が汚い。。。日本の電車ってあんなにたくさんあるのに車内も車体も綺麗ですよね。やっぱり日本の鉄道ってすごいんですね。


サンフランシスコ国際空港駅到着。
d0221584_37729.jpgd0221584_372413.jpg
乗っていたのはこんな電車でした。ちょっとモノレールっぽい形で、意外と長いです。


d0221584_375738.jpg
▲空港駅は改札も綺麗〜。


と言う訳で今回の旅行、最後にほんの“ちょっとした冒険”を楽しみました。

d0221584_384251.jpg
▲外観も綺麗なサンフランシスコ国際空港。


最後まで長文にお付き合い頂き、ありがとうございました。

■BEST WESTERN PLUS The Tuscan
http://www.tuscaninn.com/


===サンフランシスコ旅行、このほかのブログはこちら========
(1)アルカトラズ島に上陸!
(2)ボウディンとチョコレート・ストア
(3)パンパニト と ジェレマイア・オブライエン
(4)ダンジネスクラブに甲殻類好き男が悶絶
(5)ピア39 と アクアリウム・オブ・ザ・ベイ
==================================


※$1=102円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-03 03:27 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 01日
ダンジネスクラブに甲殻類好き男が悶絶(サンフランシスコ旅行4)
今日もL.A.は30℃越えの暑い日となっています。もうすっかり夏ですね〜。
さて、先週のサンフランシスコ旅行の続きです。

===サンフランシスコ旅行、このほかのブログはこちら========
(1)アルカトラズ島に上陸!
(2)ボウディンとチョコレート・ストア
(3)パンパニト と ジェレマイア・オブライエン
(5)ピア39 と アクアリウム・オブ・ザ・ベイ
(6)ギラデリ・スクウェア と 高速鉄道バート
==================================


d0221584_6365234.jpgフィッシャーマンズ・ワーフを観光した今回の旅行ですか、やはり絶対に食べたいものが「Dungeness crab(ダンジネスクラブ)」、アメリカイチョウガニ。
何せ、ウチの旦那さんはカニや海老などの甲殻類が大好物。なので、初日の夕食にはランドマークのカニの看板のすぐ近くにある「ALIOTO'S(アリオトス)」に、昔からの有名店とは知らずに入りました。

d0221584_6373233.jpgd0221584_6381118.jpg
オイスターに、カクテルシュリンプ。そしてメインの塩ゆでダンジネスクラブ! まずはホール(丸々1匹)。
日本人ならタラバガニやズワイガニと言った美味しいカニはお馴染みですが、このダンジネスクラブもそららに負けていない美味しさ。しかもシンプルな塩ゆでなので、カニの甘みがよく解りました。

d0221584_6391945.jpgd0221584_6393741.jpg
▲殻入れ用のお皿の下には、カニの絵柄のエプロン。

d0221584_6412995.jpgろくな会話も無く黙々と殻を割り食べる夫婦。カニを食べると黙っちゃうんですよね〜。そして、旦那さんってば更にハーフを注文。
いくら好きとは言え食べ過ぎです。
「きっと、そのうちカニアレルギーになって、食べられなくなっちゃうよ」
と、いつもの冗談で笑いました。(そのうち冗談では無くなってしまうかも?f(^_^;)

d0221584_6415832.jpgこちらのアリオトスでは、店頭でお持ち帰り用茹で蟹の販売もしていました。ここで買ってそこらのベンチで食べたら、安上がりだったのかも?f(^_^;。


■ALIOTOS
www.aliotos.com



この「ダンジネスクラブ」、実は翌日にも食べました(^_^)v。

d0221584_6445571.jpg「アルカトラズ島クルーズブログはこちら」から戻り、ピア39 で遅くなった昼食を摂ろうとお店を探していた際、最初はピアの奥にある「BUBBA GUMP SHRIMP(ババガンプ・シュリンプ)」にしようかと思ったら、大混雑。どこでも大人気なんですね。(ここは旦那さんのお気に入りのチェーン店。ちなみに日本にもありますよね。)


d0221584_6461469.jpgd0221584_6455740.jpg
なので、ピアの中央辺りにある「CRAB HOUSE(クラブハウス)」へ入りました。
名前の通り店先も店内もカニ(のディスプレイ)だらけ。窓からはクルーズ船の発着場や海が見えてロケーションもイイ感じです。

d0221584_6471093.jpgまずはカニ肉入りクラムチャウダー。他の店よりも具だくさんで、濃厚な欲張りスープ。その名も「クラチャウダー」。そして、ガーリックブレッド・w/モッツァレラ・チーズにシュリンプ・カクテル。
d0221584_6472729.jpgd0221584_6483990.jpg

そしてメインは「ダンジネス・キラー・クラブ」のホール(2ポンド強)。
TA-DA!
d0221584_6493135.jpg

d0221584_6495862.jpgちなみに、お皿に流れ出ているのは特製のガーリックソース。これがまた良い香り。アリオトスの塩ゆでとはまた違った味わいがありました。だけどどちらもツメの肉が美味しかった ♪

ダンジネスクラブの旬はそろそろ終わりだと言う事でしたが、充分に美味しいカニでした。ほんと、幸せ(^o^)b。

■CRAB HOUSE
www.crabhouse39.com
(日本語のメニューも見られます。)




さらにもう一店舗ご紹介します。
その日の夕食に訪れた「FRANCISCAN CRAB RESTAURANT(フランシスカン・クラブ・レストラン)」は、シーフードのフレンチレストラン。
d0221584_651464.jpgd0221584_651207.jpg
d0221584_652222.jpgアリオトスと同じくカニの看板の近くにあり、海に面しているので窓からの景色が最高です。ほら、アルカトラズ島もよく見えます。
▲魚の鱗柄のカラトリーが洒落ています。


d0221584_653876.jpgd0221584_653316.jpg
さすがに昼間にダンジネスクラブのホールを食べてしまっているので、夕食はちょっと軽め(?)に。旦那さんは、Seafood cioppino(シーフード・チョッピーノ)」(魚介類のトマトシチューと言ったところでしょうか)と、私はクラム・フィットチーネを頂きました。
これらもほんと美味しかったです。
デザートのアイスクリームに、オリーブオイルがかかっていた「イタリアン・サンデー」には驚きましたけどf(^_^;。


■FRANCISCAN CRAB RESTAURANT
www.franciscancrabrestaurant.com
(日本語のメニューも見られます。)


さすが、世界の観光地。美味しいお店がたくさんありますね。
次回は、ピア39 とそこにある水族館に行ったのでそれらをご紹介します。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

===サンフランシスコ旅行、このほかのブログはこちら========
(1)アルカトラズ島に上陸!
(2)ボウディンとチョコレート・ストア
(3)パンパニト と ジェレマイア・オブライエン
(5)ピア39 と アクアリウム・オブ・ザ・ベイ
(6)ギラデリ・スクウェア と 高速鉄道バート
==================================




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-05-01 07:05 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)