2017年 03月 12日
玉出のパン、ヴェネチアーナ
d0221584_16254804.jpg

先日出かけた際、新宿の京王百貨店で開催中だった「なにわ大阪 食いだおれ うまいもんまつり」を覗いてみました。

大阪名物がたくさん並ぶ中、一際威勢の良い呼び込みに引き寄せられたのが、こちらのパン屋さん、「玉出木村屋2」。

全然知らなかったけど、有名店なんだそうですね。
d0221584_16254895.jpg

一番人気だと言う、アーモンドが載ってオレンジピールが練り込まれている「ヴェネチアーナ」(518円)と、なかなか店頭にもないと言う触れ込みの星型メロンパン「マルガリーデン」(162円)を買いました。

マルガリーデンはメロンパン?って、ちょっと首を傾げる感じですが、ヴェネチアーナは見た目以上にふわふわでシフォンケーキっぽい感じで美味しかったです。

他にもイカ焼きを食べたり、お惣菜を買ったりと楽しかったです。

たまにはデパートの物産展に足を運ぶのも良いですね。

とは言え、人混みはやっぱり疲れちゃうけどね。σ(^_^;)。



by suneya-m | 2017-03-12 16:07 | | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 10日
ちゃんと探せばありました、美味しいパン屋さん。
日本のパンってほんと、美味しいと思います。香港も美味しかったです。
だけどアメリカ生活になって、なかなか美味しいパンに出会えない日々。日本が羨ましいとつくづく実感しています。

アメリカでも、レストランで出される焼きたてパンとかは美味しいと思うのですが、普段気軽に食べるスーパーのベーカリーコーナーのパンは、ちょっとパサついている感じがして、あまり美味しく感じません。
しかも私はデニッシュのようなお菓子系のパンが好きなので、そう言ったパンが少ないアメリカでは、種類が少ないとも思ってしまいます。(ドーナツなら色々とあるんですけどねf(^_^;。)

なので、以前 Irvine(アーバイン)に台湾系の「85℃ Bakery Cafe」がオープンしたときは、長時間並んで買ったりもしました。ホントに美味しいんですけど、我が家からは遠いし何せ買う度に行列に並ぶなんて。。。なので、一度行ったきり。(その時のブログはこちら

なので、諦めていたのですが、もう一度ちゃんと近場で美味しいパン屋さんを探そうと、ネットで検索してみました。
きっかけは、こちらの Moon-in-the-ocean さんのブログ。こちらで紹介されていた韓国系のスーパーに入っているパン屋さん、日本にもありそうな雰囲気の Paris Baguette(http://www.parisbaguetteusa.com/)。

とっても羨ましく思い、L.A.でも無いかと検索してみると、ありました。けど、我が家からはとても近いとは言えない距離。
なので、“韓国系”をキーワードに探してヒットしたのがこちらのパン屋さん「TOUS les JOURS」(フランス語で「毎日」。発音はトゥ・レ・ジュルかな? http://www.touslesjoursusa.com/)。
ここなら我が家からも割と近いので、先日の目医者さんの検診の後に寄ってみました。

d0221584_13474932.jpgd0221584_13481044.jpg
d0221584_1348402.jpg店内に入って、心の中で第一声
「やった!」。
だって、ほら、とっても日本風、パンの種類もトレー(ここでは籐のバスケット)に自分で取っていくスタイルも。そして奥にはお洒落なカフェも。ああ、なんて懐かしいんでしょ、初めて入ったお店なのにf(^_^;。

もう、心は小躍りしながら、旦那さんとあれこれパンを選んでいると、あんパンはもちろん、クリームパンやカレーパンなど日本風のパンもちらほら。心だけじゃなく、身体も小躍りしそうになるのを抑えて、お会計。
締めて$14.70(約1,440円※)。勢いづいて結構買っちゃいましたf(^_^;。
d0221584_1349241.jpgレジ脇のショーケースには、綺麗なケーキもたくさん。これまた日本風な繊細なケーキ。良いわぁ♪

d0221584_13495914.jpg
自宅に戻り、早速このうち2個を旦那さんにお弁当代わりに持たせ、私もランチに2〜3個頂きました。(あ、食べ過ぎ?)
焼きたてバゲットは中はしっとり、外はカリカリ。他のパンも柔らかくて美味しかったです。

d0221584_13503564.jpgただひとつ残念だったのは、店員さんがどなたも若い女性だったにもかかわらず、愛想がなくて。。。f(^_^;。
ここは本当にアメリカなんだろうか?と疑いたくなるほど。いえ、決してつんけんしているというのではなく、なんか事務的というか。。。
はっ! もしや私の浮かれている様子が異様だったとか? それとも、まさか私が日本人だから? 確かに店員さんはもちろん、店内には明らかに韓国人とおぼしきお客さん。反日感情? いやいや、お互い母国を遠く離れたアメリカでのこと、今の日韓関係が冷えているとはいえ、日系スーパーには韓国人も多く来ているし、それに対して日本人が冷たくしているなんてこともないし。それは考えすぎ? 単なる国民性かしらん?

いずれにしても、香港時代に出会った無愛想店員さんたちを思い出しました。ま、それよりは全然感じは良かったですけどねf(^_^;。
頻繁に通って顔なじみになったら違って来るかしら? 

美味しいパンだけに食べ過ぎ注意な上、アメリカでは“近い”と言っても車での話、徒歩圏内ではないので、そう頻繁には通えないけど、美味しいパン屋さんを発見できたのは大収穫でした(^_^)v。




※$1=98円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-08-10 13:56 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2011年 12月 28日
手抜きパン作り「READY-TO-BAKE ROLLS」
いつも失敗ばかりのパン作りに、救世主発見! 
って、ちょっと大げさですが、こちらのスーパーではパンやクッキーの生生地が売られていますので、今回はそれを試してみました。

d0221584_8474752.jpg今回使ったのはこちらの Crescent Rolls 。クロワッサンです。長さ18cm弱の筒の中に、クロワッサン8個分の生地が入っているとあります。2つで$5(約390円)の時に買っておきました。
冷蔵庫に入れておけば結構持つみたいなので、パンを買い忘れた時など便利そうです。

d0221584_8481693.jpg作り方もパッケージに書いてありますので、これを見ながら。

まず、オーブンを375℉(約190℃)に温めておきます。

d0221584_8484439.jpgそしてパッケージを開けると、良い香りと共にムニューとパン生地があふれ出すように出て来ました。
元のサイズよりも一回り大きいパン生地。如何にぎゅうぎゅうに押し込められていたかが解ります。

d0221584_84927.jpgこのパン生地を広げてみると、有り難い事にすでに8等分にカットされています。便利すぎ!

d0221584_8492612.jpg説明書にあるとおり、三角の生地を幅の広い方から蒔いて行きます。

d0221584_8495171.jpgそれらをクッキングシートを敷いた天板に、巻き終わりを下にして並べ尖った先を内側に曲げます。
なんだか、沢ガニの隊列みたい(^ε^)ぷぷ。

これで準備完了。
打ち粉も麺棒も包丁も要らず、もの凄く簡単♪

d0221584_8501099.jpgそして焼くこと約13分。焼き色を濃いめにしたかったので、もう2分ほど焼いて、こんがり出来上がりました〜! 

あれ? 巻き終わりを下にしたつもりなのに、上になっている子がいる…。むむむ、私の大雑把な性格がこんなところにも現れてしまうなんて。。。

d0221584_8503983.jpg
しかも、ちょっと小さい?
そーなんです、もっと大きく膨らむのかと期待したのですが、実際はほんのちょっと膨らんだ位の、ミニクロワッサンになってしまいました。
高さ8cm程のマグカップと比べても、その小ささはご覧の通り。

それでも、出来たてを頂くと、周りはサクサク中はしっとりでちゃんとクロワッサンになっていました! 

ぶきっちょな私にも、
見事なクロワッサンを作ることが出来ました(^_^)v。
これで明日の旦那さんの朝食はバッチリだわん♪

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-12-28 09:00 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 01日
炊飯ジャーでパン作り
先日、新しい炊飯ジャーを購入しました。
それまでも炊飯ジャーはあったのですが、独身者向けの小さいものだったので、大きな物に買い換えようと思いつつ、今まで先延ばしにしてきました。

アメリカでも日本のメーカーの炊飯ジャーが買えるんですよ。
特に私の住んでいる地区は、日本人が多く住む所で日系スーパーもあちこちにあります。その日系スーパーでは、日本のメーカーの電気調理器具類を扱っていて、日本と同じように炊飯ジャーや電気ポットなど、日本独特の電化製品も買うことができるんです。
と言っても、日本ほど種類は選べませんがf(^_^;。

今回我が家で買ったのは、5.5カップまで炊ける、大きくも無く小さくも無く、なサイズ。TIGER製で$359.99+TAX(約32,000円)でした。日本では高級な炊飯ジャーが人気みたいですけれど、それに比べたら全然安く済みました。
でもちゃんと「無洗米」モードがあったり「お粥」モードがあったり「シチュー」が作れたりします。最近の炊飯ジャーは多機能ですね。

でも、一番驚いたのは「パンが焼けること」。
日本にいた頃テレビで、炊飯ジャーを使って蒸しケーキを作っているのは観たことがありましたが、パンまで焼けるとは知りませんでした。

と言う事で、今日は早速パン作りに挑戦です。(←立派なオーブンがあるのに、何をやっているんだか。f(^_^;)

炊飯ジャーの説明書(英語、中国語、韓国語、日本語で書かれています)にある、レシピ通りに材料を量ります。
かき混ぜて、まとまって来たら台の上に出してこねくり回します。この「捏ねる」という作業がパン作り初心者の私には勝手が分からず、毎回の悩み所です。
台の上に出したものの、手にべたべたくっつくし、捏ねようにも手にくっついてくるから、伸ばしているだけのようにもなるし、四苦八苦。
それでも、15分くらいした頃でしょうか。何となく手から離れ安くなり、手前から向こうへ押し出す、って事が出来るようになってくると、ちょっと面白くなって来ます。
「これが、捏ねる、ってことか」
と、少し解ったような気がしました。
ここまで来ると、レシピの「丸く形を整えて」が出来、お釜の中央へ。
d0221584_1463286.jpg
この炊飯ジャーは日本のメーカーですが、アメリカ仕様なので当然表示は全て英語。内釜のラインにある「Plan rice」は白米を意味しています。
(その他、玄米は「Brown rice」、混ぜご飯は「Mixed rice」のラインで水加減を調整します。)

d0221584_147985.jpg
インジケーターパネルで、発酵を意味する「Fermentation」を選んで「Start」。まずは40分間待ちます。
d0221584_1474222.jpg
後片付けをしたり、このブログを書き始めたりしていると40分はすぐに過ぎてしまい、「ピーピーピー」と電子音が鳴り、蓋を開けるとお釜いっぱいに広がっていて、ちょっと嬉しくなりました。
指を差した穴も戻らないので第一次発酵は成功のようです。
d0221584_148107.jpg
潰してガスを抜いて丁寧にお釜からはがし取り、再度丸めてお釜の中央へ。第二次発酵を開始。またまた40分間待ちます。
d0221584_1484498.jpg
40分後、結構膨らみました。第二次発酵も完了みたいです。
そして、最終段階「Bake」で「Start」。焼くのも40分間、長いです。

ほんのりとパンが焼ける香りが漂ってくると、電子音がタイムアップを知らせてくれたので、期待いっぱいで蓋を開けると。。。
d0221584_149634.jpg
あれ? 見た目に変化無し!! 内心ドキドキしながらひっくり返すと。。。。
d0221584_1493358.jpg
ちゃんと焼き目が付いていて、一安心。
ここから更に、10分焼きます。

で、出来上がったのがこちら。
d0221584_150144.jpg
中央部分が凹んでいるのは、内釜の中央に出っ張りがあるからですが、何とも薄っぺらい形に焼き上がりました。
d0221584_1503184.jpg
切ってみると、やはりふっくらとは行かず、密度の高いパンとなりました。
むむむ。。。。炊飯ジャーでもパン作り失敗!?
もしかして、パン作りに向いていないのかな?(T T)。

とにかく気を取り直して、前向きに考えよう。
発酵までをこの炊飯ジャーに任せて、オーブンで焼くようにすれば、きっとまた違ったパンが焼けるに違いない。
よし、次はその手でリベンジです。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-07-01 02:02 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 18日
大きなオーブンで小さなパンが焼けました。
アメリカの我が家には大きなオーブンがあります。
ガスレンジと一体になっていて、とても大きいんですが、初めは、リフォーム直後でシンクや洗面台、浴室とほとんどが新品に取り替えられていたこの家で唯一、リフォーム以前からある古い物でした。

d0221584_1018426.jpgそれが、旦那さんが先に住み始めてガスレンジが壊れている事がわかり、私が渡米した直後に新品と交換してもらったので、今あるのはピッカピカのオーブンです。

実はこのオーブン、まだ使った事がありませんでした。
日本でも香港でもオーブン料理なんて、まったく縁がありませんでしたから。
でも、折角ある物を使わないのはモッタイナイので、まずはパンを焼いてみることにしたのですが。。。
レシピを調べて頭を抱えました。パン作りって、初心者には難しそう。。。でも、さらにレシピを調べると、あの有名なCOOKPADで簡単レシピを見つけました。
今回はそれを参考にしてチャレンジ!

d0221584_102436.jpg
レシピには「強力粉」とありましたが、良く行くスーパーで「Bread Flour」を見つけたので購入。5ポンド(2.26kg)で$3.09(約253円)でした。ドライイーストもこちらでは大きな瓶ばかり。使い切る前に湿気ってしまいそうだったので、小分けパックの物を購入しました。7gx3パックで$2.59(約212円)でした。

d0221584_10243360.jpg
早速計量して、フォークで混ぜたあとこんな感じにまとまりました。なんかこれだけ見ると、うまくいきそうな気がして楽しくなってきます。それに、ドライイーストの香りってなんだか良いですよね。気持ちがほんわかしてくる感じで好きです。
レシピでは電子レンジの「発酵モードで10分」とありましたが、アメリカ製の我が家の電子レンジにはそんなモードはないので、取り敢えず常温で放置することにしました。
で、その時間を利用して買い物へ。
d0221584_10245162.jpg
のんびりし過ぎました、2時間近く放置してしまい、ボールの中はこんなに膨らんでいました。

d0221584_1030553.jpg
オーブンの説明書を読んでオーブンを温め、その間に生地を4つに分けてパンの形に。
d0221584_10254082.jpg
そしてオーブンへ。もちろん、上の扉へ入れるのですが、実はこの下の扉も暖まっています。
最初に見たときは、トレイの収納スペースだとばかり思っていたのですが、お肉や魚を焼くのはこの下のスペースだったんです。
私のように勘違いする方は多いみたいで、うっかり燃えやすい物を入れてしまって小火になった、なんて事もあるんだそうです。私も気を付けねば!

d0221584_10262187.jpg
上の扉にパンを乗せたトレイを入れると、程なくしてパンが膨らみ表面がなめらかになりました。
「お! これはイケルかも♪」

d0221584_10264868.jpg
と、思っていたら、あらぬ所からひび割れて、なんとも言えない不格好な形に。

d0221584_10271874.jpg
そのまま10分程焼くと、良い感じの焼き色になりましたが。。。。
あまり膨らまなかった上に、トレイに焦げ付いてしまいました。クッキングシートが無かったので、そのまま生地を乗せてしまったのがいけなかったんですね。せめてオイルをもうちょっと多めに引いておけばよかった。。。。(T T)。

d0221584_10274746.jpg
と言うわけで、とっても大きなオーブンで、こんな小さな不格好なパンが出来上がりました。
香りは抜群ですが、お味の程は。。。。f(^_^;聞かないでください。

でも、これでパンの簡単な作り方が分かりましたし、オーブンの使い方も分かりましたから、次回はもうちょっとマシなパンが焼けるように練習して、旦那さんを驚かせてやろうと思います(^_^)b。
もちろん、他のオーブン料理もレパートリーに加えられるように、トライして行かないといけませんね。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-18 10:36 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)