タグ:クリスマス ( 26 ) タグの人気記事
2011年 12月 21日
すぐそこにあるイルミネーション。
数日前のブログで、こちらの住宅街のイルミネーションの事を少しご紹介しましたが、写真が無かったので今回は写真付きでご紹介します。

大通りからは見えるのはほんの一部ということが多い、こちらの住宅街のイルミネーション。
それ故に、一本路地を入っただけで、道の両脇に綺麗なイルミネーションの家が建ち並ぶ、なんてことがしばしばあります。

d0221584_7573391.jpg
こちらの家は多くが平屋ですが、大抵庭がありますから、庭にもクリスマスツリーやサンタクロース、トナカイ、キリストが生まれた馬小屋などをデコレーションしていることが良くあります。
d0221584_758357.jpg
それらはこういったイルミネーションであったり、バルーンであったり、人形であったりと様々。
中でも馬小屋でキリストを抱く聖母マリアのオブジェをみると、日本ではタダのお祭りになってしまったクリスマスの本当の意味を再確認させられ、静かにキリストの誕生を祝う気持ちも理解出来ると言う物です。

それにしても、こんな風に庭にまで色々なオブジェを飾っていても、一本通りを過ぎただけでもう見えなくなってしまうのが、とっても残念なんですよね。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-12-21 08:00 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 17日
作ってみました、ジンジャーブレッドハウス・キット
d0221584_1651474.jpg前回ご紹介した「Gingerbread House Kit」を、やっと組み立てました。
既に焼き上がったクッキーが入っているので、アイシングで接着しながら組立てるだけなのですが。。。。

d0221584_16491916.jpgパッケージを開けると、家の壁や屋根の形のジンジャークッキーが入っています。

d0221584_1650445.jpgd0221584_16502575.jpg
台座になるプラスチックのトレーもありますので、そのくぼみに合わせて、アイシングでのり付けした壁を組み立てて行きます。
アイシングも同梱されていますから、1分ほど揉み揉みして柔らかくしてから絞り出すだけです。

d0221584_16505080.jpg旦那さんが組み立てている間に、私はクリスマスツリーやジンジャーブレッドマン型のクッキーをデコレーション。
これはそんなに難しくないので、楽しいです。

d0221584_16511282.jpg屋根のクッキーも乗せると、細かいところが気になるのはサンデー・モデラーのサガなのか、旦那さんはヘラを使って微修正。

でも、その努力の甲斐もなく、デコレーションの途中でこの屋根はずりずりとずり落ち、終いには各パーツがバラバラになってしまうのです。
あー、なんと言うことでしょう…orz…がっくし。

アイシングをケチったせいなのか、キャンディなどのデコレーションが重たかったのか。。。
一気にやる気を無くしてしまった二人ですが、ここで投げ出すのも大人げないので、グッと堪えて再びトライ。


最後はやけくそのように、グミやらキャンディを乗せまくり、アイシングも余らせても仕方ないので、家の周りに雪のように盛りつけて、完成〜♪
d0221584_16484071.jpg

小一時間ほどかかり意外と難しい、と言うか面倒臭いものだな〜と思ってしまいました。
でも、何事もやってみないと解りませんからね。良い経験でした。


来週末はいよいよクリスマス
サンクスギビング・ディのローストターキーに続き、今回はローストビーフに挑戦してみようかしらん。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-12-17 17:03 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 16日
ジンジャーブレッドハウス
クリスマスまで残すところあと10日を切りましたが、我が家は相変わらず何の飾り付けもないままです。

d0221584_9144387.jpgだけど、近所のスーパーマーケットへ行けば、クリスマス向けの飾りや食品、お菓子が並んでいます。
こんな可愛いフィンガークッキーもあって、ついついおやつに買ってしまいました。

そんな中、12月初め頃から見かけて、あっという間に少なくなってしまっていたのが、こちら。
d0221584_9152169.jpg
Gingerbread House Kit(ジンジャーブレッドハウス・キット)」($9.99=約780円)です。色々なタイプがあって、列車の形をしている物もありました。
写真右下が箱の中身で、写真左下は別に買ったクリスマスツリー型のマカロニ($4.99=約390円)です。

Gingerbread House Kit は気になっていたものの買わずにいたら、どんどん減って行くのでちょっと焦っていたのですが、ようやく先日購入出来ました。

スーパーマーケットはもちろん、トイザらスでも取り扱っているこのキットは子供向けらしく、すでに家のパーツの形に焼き上がったジンジャークッキーが入っています。そこに、デコレーション用のアイシングとカラフルなジェリーやキャンディ、ガムボールなどがセットになっていて親子でデコレーションを楽しむものと言った感じです。

それにしても、既に焼き上がったクッキーが入っているなんて、便利ですね〜。不器用な私でも簡単に作れそうです。
早くしないとクリスマスが終わっちゃいますから、今夜にでも組み立てねば。そう言えば、冷蔵庫にクリスマスカラーの M&M もあったし、アレも使って豪華にしたいですね。

街はすっかりクリスマス色となって、特に夜はショッピングモールはもちろん、スーパーマーケットや病院にも色々なクリスマスイルミネーションで華やかになっています。
もちろん、普通の民家も。ただ、この辺りの住宅街は平屋が多いので、その飾り付けは家の近くまで行かないと気が付かなかったりします。
逆を言えば、住宅街にちょっと迷い込むと、思わぬ所で綺麗なイルミネーションでデコレーションされた家を見ることができるので、先週は買い物帰りに旦那さんと車でわざわざ遠回りをして、見知らぬ住宅街を通りそのイルミネーションを楽しんで来ました。
日本と違って年明けくらいまでクリスマスイルミネーションはあるようですから、まだまだ楽しめそうです。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-12-16 09:28 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 09日
クリスマスカードと切手
日本では郵政公社は民営化され郵政グループとなりましたが、こちらアメリカでも国営の郵政事業は赤字続きでなかなか大変なようです。
一部の郵便局の閉鎖や、職員の削減、翌日配達の取り止めなど、いろいろと策を講じているようですが、目立った効果はないようです。
切手に興味がある私としては、とても心痛い話です。

Eメールは早くて便利で私も常に利用している一人ですが、時間がかかっても直筆の手紙の暖かさを大切にしたいときもありますから、やはり郵便事業は欠かせない物ですよね。
何より、その国の特色もよくわかり、シーズンごとに様々な絵柄で楽しませてくれる切手は、香港にいたときも、もちろん日本でも、そしてここアメリカでも使う分以上に買って手元に置いて楽しんだりしています。

そしてクリスマスシーズンの今、アメリカの郵便事業「UNITED STATES POSTAL SERVICE (USPS)」ではこんな Holiday Forever Stamps を発売中です。
d0221584_741042.jpghttps://www.usps.com/より

ちょっと解りづらい絵柄でしたが、Holiday Baublesクリスマス・ツリーに付けるキラキラ光る球飾りのイラストです。
一瞬、カブに見えちゃって「え?」と思いましたが、早速近所の郵便局で購入。ついでに昨年発売になったらしい自由の女神と星条旗の切手も買って来ました。

d0221584_7403444.jpgどちらも、1枚44セント(約35円)の20枚綴り($8.80 =約690円/裏面に12枚あります)。
しかもこちらの切手はステッカーになっているので、糊いらず。便利です。

ちなみに、44セントはアメリカ国内で封筒を送る場合の FIRST-CLASS=普通郵便の料金です。
光熱費や家賃を小切手で支払う習慣のあるアメリカでは、小切手の郵送に頻繁に使いますから、44セント切手はスーパーマーケットやコンビニでも買うことができます。
とはいえ、最近はオンラインでの支払を推奨する会社が多いので、これもまた郵便利用者が減る原因でもあるんでしょうね。

葉書は29セント(約23円)で、どちらも日本に比べたらお安いです。なので、私としては郵便料金をもっとあげても大丈夫なのに、と思ってしまいます。

さらに、この切手はどこにも金額が表示されていない「FOREVER」と呼ばれるタイプの切手です。
なにが FOREVER なのかと思ったら、USPS のサイトにこんな記載がありました。

Forever Stamp™ Liberty Bell

The Forever Stamp is a special Nondenominational stamp that was issued to save customers time and money, especially when First-Class Mail prices are changing. The Forever Stamp always represents a one (1) ounce First-Class Mail price. Therefore, when a customer buys a Forever Stamp, they pay the current First-Class Mail one (1) ounce price and it is always worth the First-Class Mail one (1) ounce price no matter how many times the price of the stamp changes in the future. Once purchased, these stamps can be used indefinitely (hence the term “Forever Stamp”).

(https://www.usps.com/より)

どうやら、今後 FIRST-CLASS の郵便料金が値上がりしてもその分の追加料金は必要ない、ということらしいです。随分太っ腹ですね。

実際、2012年1月22日から郵便料金が変わり、FIRST-CLASS MAIL も値上がりすると告知されていますから、今からこの「FOREVER」タイプの切手を買いだめしておけば、少しは節約になるのかも? 本気で節約を考えたらオンラインでの支払に切り換えた方が良いんですけどね、それだと郵便局の助けにならないし……。むむむむ〈`~´〉。


まあ、そんな郵便局に少しは貢献できたのではないかと思うのが、日本に送ったこちらのクリスマスカード
d0221584_7395541.jpg
今、スーパーマーケットなどのカード売場には、とてもたくさんのクリスマスカードが並んでいます。
以前、ハロウィン・カードでも思ったのですが、こちらのグリーティング・カードは確かに種類が豊富なのですが、送る相手別に細かく分かれているので困ることがあります。

例えば、絵柄がとても可愛くて気に入って、日本の甥っ子に送ろう!と思ったら、カードにはバッチリ「Son」とか「Sister」とか、「Mom」とか「Dad」とか「Grandkid(孫)」とか送る相手を限定する単語がプリントされているんです。もちろん「Nephew(甥)」もありますから、その中で気に入った物が見つかれば一番良いんですけれど。
さらに、相手を限定するのは誕生日カード。「初めてのお誕生日おめでとう!」くらいなら、日本でもたくさんあるかと思いますが、「3歳おめでとう!」「5歳おめでとう!」とか、「30歳おめでとう!」なんてちょーピンポイントなカードも多いのでビックリです。

そんな中でも誰宛というのではなく、特別なカードとして上の写真のような凝ったデザインの物もあるので、私の手はついついこれらのカードを選んでしまいました。

d0221584_7413929.jpgそして、いざ日本へ送ろうと郵便局に持ち込むと、残念ながらいつもの Grand Teton National Park 柄の98セント切手、もしくは窓口で印字された Postage Validation Imprinter (PVI) Label(日本でも郵便窓口で切手の代わりにレシートみたいなのをプリントして、郵便物に貼ってくれますよね? あんな感じの物です)を貼られてしまって、切手でのクリスマスの演出が出来なかったのが、ちょっと残念でした。

あとは無事に届くことを祈るだけです。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-12-09 08:09 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 07日
一足早いクリスマス・パーティ と ポップコーンメーカー
d0221584_9185995.jpg
先週、旦那さんの会社で一足早いクリスマス・パーティがありましたので、参加させていただきました。
パーティと言っても決して豪奢な物では無く、ささやかなもので、服装も普段着だし、食事は某有名ハンバーガーショップとアイスクリームのワゴンカーが出張してきているだけの、とてもフランクな物でした。

それでも、会社のロビーにはとても大きく綺麗なクリスマス・ツリーが飾られていて、それだけでも目の保養になって楽しかったです。
(旦那さんの会社に行くこと自体、珍しいことですしね。)
しかも、そのツリーの足元にはサンタさん用の一人掛けソファーが用意されていて、ちゃんとサンタクロースがパーティの終わりまで腰掛けていたんです!

近所のショッピングモールにあるクリスマス・ツリーの根元にも、サンタクロースが座り、子供たちと一緒に写真を撮っていましたが、こういった社内のクリスマス・パーティにもサンタクロースがちゃんと来てくれるなんて、やはり本場・アメリカですね。

子供を連れてきている社員はもちろん、我が子とサンタクロースとのツーショットの撮影に余念がありませんし、サンタクロースからプレゼントを受け取った子供たちの笑顔と言ったら、見ているこちらまで幸せにしてくれる素晴らしい笑顔でした。

d0221584_9193276.jpg私も年甲斐もなく、帰りがけのサンタさんを捕まえてツーショット写真をお願いしちゃいました ♪ 
大人でも嬉しくなるサンタクロース。どうしてでしょうね? 


さて、このパーティ、私ばかりが喜んでいた訳ではないんですよ。
パーティで行われた抽選会で、なんと! ポップコーンメーカーが当たったのです。これは、旦那さんが欲しいと思って一度は買おうかと考えていた品だったので(全く同じ商品ではありませんでしたが)、旦那さんもホクホク笑顔でパーティを楽しんだという訳です。
d0221584_9231611.jpg
そして先週末に、ポップコーン用のコーンを買って来て、早速ポップコーン作りに挑戦しました。

d0221584_9234767.jpg計量カップ一杯分のコーンを屋根に開いた穴から投入。背面のスイッチをON。するとぶお〜んと言うビックリする音と共に熱風が回り始め、2〜3分もしないうちにポップコーンがはじけ始めました。

d0221584_9241436.jpg

d0221584_9244964.jpg
ポップコーン・ボウルの用意を忘れていたので、慌てて調理用のボウルでポップコーンをキャッチ。
d0221584_9254250.jpg
5分もかからないうちにポップコーンは完成。これはバターを入れてはいけない機械なので、ノンオイルでヘルシー。塩を降っていただきました。

でもちょっと物足りない感じもしたので、次回は溶かしバターをかけて食べてみようかな? あ、それじゃヘルシーじゃなくなっちゃう? 困ったなf(^_^;。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-12-07 09:41 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 06日
クリスマス・ツリー と サマー・タイムの最終日
ハロウィンからわずか5日、11月最初の週末にショッピングモールへ出かけて見ると、街はすっかりクリスマスに早変わり。
d0221584_1754399.jpgトーランスの DEL AMO FASHION CENTER には、こんな大きなクリスマス・ツリーと、その根元で子供たちと写真を撮るサンタクロースが登場していました。

本当に、この時期にアメリカは忙しいですよね。だって、11月24日(木)にはTHANKSGIVING DAY(感謝祭)もありますから、ハロウィンから考えたら年末のクリスマス、ニュー・イヤーと、毎月イベントがあるわけですから。

ギフトショップなどはその品揃えがみるみる変わりますから、ディスプレイ替えが大変そう。

ハロウィンの残骸を残す店舗もちらほら見かけましたし、トイザらスでは、まだハロウィンの売れ残りを50%OFFで販売していました。

d0221584_1756271.jpgま、そのお陰で可愛いオバケのライトを半額で購入出来たので、ラッキーでしたけど(^_^)v。
今年もあっちゅーまに終わりそうです。

「終わる」と言えば、今日11月5日(土)は、アメリカのサマータイムの最後日でした。
あ、アメリカでは、デイライト・セービング・タイム/daylight saving time (DST)って言うんですね。
引っ越して来たときは既にそのDSTに突入していたので、時間が1時間ずれる瞬間とは、一体どんなものなのか非常に興味が湧きます。
ちなみに、時間が変わるのは夜中の午前2時なので、寝る前に時計を1時間戻しておくと良い、と聞きました。
1時59分の後は1時になるらしいのですが、その時、自動で時計が修正される携帯やパソコンはどーなるのかしらん?

なんとなく、気になって夜更かししていたら、そろそろ午前2時。。。。
おお、パソコンも携帯も、時間が戻った〜! (゚∀゚)━!

と、言うことで、今日から日本との時差は17時間となりました。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-11-06 18:02 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(1)