タグ:オタクイベント ( 48 ) タグの人気記事
2012年 07月 04日
アニメ・エキスポ 2012 に行って来ました。
Anime Expo http://www.anime-expo.org/)には昨年も行きましたが、今年も昨年同様 Los Angeles Convention Center で6月29日(金)から7月2日(月)の日程で開催されましたので、先日の日曜日、旦那さんと一緒に出かけて来ました。(昨年のブログはこちら

今年はさらにパワーアップしているのか、駐車場がいっぱいでコンベンションセンター内には停める事が出来ず、少し離れた駐車場から歩くことに。
と言っても、大きな通りを一本渡ればそこはもうコンベンションセンターの駐車場。とは言えその駐車場も広いんですよね〜、さすが、アメリカ。

d0221584_046715.jpg今回は West Hall のロビーから入ったのですが、既に大勢のコスプレイヤーが!
「FF」の人気は相変わらずですし、「KINGDOM HEARTS」のキャラもよく見かけました。スクエニ、強し。
(↑↓ 気になるコスプレイヤーはクリックで拡大)
d0221584_0472652.jpgd0221584_0475291.jpg
d0221584_0481638.jpgd0221584_0483393.jpgd0221584_0485461.jpg
他にもたくさんのコスプレイヤーが、メインエントランスのある South Hall へと続く通路にもいっぱい。「ゼルダ」のリンクも結構いましたよ。

d0221584_0524255.jpg
ようやく着いたSouth Hall のロビーも、昨年同様コスプレイヤーが大勢闊歩しており、日本のゲームやアニメのキャラがいっぱい。きょろきょろしちゃいます。
d0221584_0532326.jpgそして今年もありました、痛車。あれ? でも、これ去年と同じ車のようです。隣は新しい車みたいですけど、写真取り損ねましたf(^_^;。
d0221584_0535614.jpgちなみに今年は会場の外にこんな改造車(?)がありました。ネットゲームの宣伝でした。

d0221584_0544476.jpgd0221584_0555765.jpg
さて、いよいよ会場に入るためのチケットを買おうと、辺りを見回すと「Registration」の文字ばかり。
別に出展するわけでもコスプレする訳でもないので「登録」じゃなくて、チケットが買いたいだけなんですけど。。。。あれ? 去年はどーしたんだったけ? すっかり忘れちゃったのでインフォメーションで聞くと、ちょっと困った顔してアジア系のお姉さんが、あちらで登録してください、って。見ればちょっとした列が出来ているその先に、数十台のパソコン。
身元をはっきりさせるためなのかしら? 氏名住所、入場料支払いの為のカード番号まで入力して、やっとチケット代わりの「Badge」がもらえました。もちろんこれにはフルネームがバッチリ入ってます。実は事前にネットで登録しておくと料金も安いらしいので、来年はちゃんと「Registration」を済ませてから来場しようっと。

ふと、バッジを受け取った隣に目をやると「武器チェック」の文字が。どーいうこと!? って思っていると、コスプレイヤーは大抵、そのキャラの衣装だけでなく小道具も持参します。今も昔もアニメキャラゲームキャラにはそのキャラ独自の武器が付きもの。どうやらこれらの安全性をチェックしてるらしい。クリアされると黄色い結束バンドが着けられるらしいんですが、どんな基準なのかは、「Wepons Policy」がパネルで貼りだしてありましたが全文英語で読む気にもなりませんでした。

ま、とにかく Badge も手に入ったので早速会場内へ。
d0221584_112159.jpgd0221584_114646.jpg
と、思ったけれど、ここにもコスプレイヤーが大勢いるわけで、それを写真に撮ろうというカメラ小僧(とは、とても言えないお年の方々ばかりですがf(^_^;)も群がって、あっちこっちで人だかり。

d0221584_125550.jpgそんな人だかりに便乗して私も写真を撮りましたが、こんな日本のヒーローのようなキャラを発見。日本のゲームかな?と思っていたら、後日解ったのですが、彼らは日本人で栃木かどこかのご当地ヒーローなんだとか。そんなローカルヒーローまで出張って来ているなんて、すごいですね〜。
d0221584_15485.jpgd0221584_152216.jpg
他にも色々いましたよ。この人(写真右)に至っては、身体はベジータなのに顔はシンプソンズのお父さん?、とごちゃ混ぜ。さらに手に持っているドーナツは何を意味するのか、もしかしてドラゴンレーダーのつもりだったのかな?


そんな彼らの写真を撮りつつ、いよいよ会場内へ。
d0221584_163649.jpgd0221584_165514.jpg
中へ入るとまず目に入ったのは「TIGER & BUNNY」。日本では大人気だったんですよね。私もビデオで観てすっかりファンになりました。そのプラモデルが展示販売されていたのは、日本のBANDAI ブース。
d0221584_172759.jpgd0221584_174524.jpg
あれ? このガンダム、香港の「GUNDAM EXPO 高達世紀展覧2010」にあったユニコーンガンダムと同じ? 再会できるとは思わなかったわん。
(その時のブログはこちらの「香港滞在記」でどうぞ)

d0221584_191229.jpgd0221584_193667.jpg
それにしても、日本アニメのお祭りだけあって日本の物がたくさん。特に本などはなかなか手に入らないマニアックというか、専門書というか、そう言ったものが多く並んでいて、みんな熱心に中身を確かめているんですよね。ライトノベルまであったけど、みんな日本語、読めるのかな? 

d0221584_1102532.jpgd0221584_1104460.jpg
Tシャツもたくさん売ってました。写真左の手前にあるのは、色々なイベントで見かける「MIGHTY MORPHIN POWER RANGERS」よーするにジュウレンジャーのTシャツ。最初の POWER RANGERS だから今も売られているのでしょうか? ウチの近所のショッピングモールの中でも取り扱っているお店があります。
写真右は「TIGER & BUNNY」のTシャツ。黒くてカッコイイですけど、アメリカの水とあの洗濯機で洗濯したら、あっと言う間にしらっちゃけますよ。あ、着ないで飾って置くのかな?

d0221584_1122672.jpgd0221584_1124389.jpg
そして今回、大人気だったのがこちらの「necomimi」。日本語のネコ耳がそのまま商品名になっちゃってますが、こちらのネコ耳、タダのネコ耳じゃありませんでした。
なんと、脳波センサーが内蔵されていて、おでこに付けた黒いポッチで脳波を感知、それに合わせてネコ耳が動くんです! しかも左右の動きが微妙に違ったり、なかなか芸が細かい。いや〜、ビックリ。これがあっちでもこっちでも売られていて、さらにそれを早速付けて歩くコスプレイヤーもいっぱいでした。ちなみにただ今購入を検討中のこの紫ヘアーのお姉さん。既に自前のネコ耳を付けていますから、耳が4つになっちゃってます。だけど、かなり気に入った様子でした。

(↓気になるコスプレイヤーはクリックで拡大)
d0221584_11436.jpgd0221584_1142389.jpgd0221584_1144997.jpg
そのコスプレイヤーですが、もちろん会場内にもた〜くさんいました。大抵は日本のアニメやゲームのキャラなのに、中にはこんな方も(写真中央)。あ、通路でもバットマンがいましたね。
そして、唯一と言って良いほどレアだったのがこちら、「THUNDERCATS」のチターラ(写真右)。残念ながら後ろ姿しか撮れませんでしたが、チラッと見えた顔はちゃんとチターラと同じカラーリングで塗られていました。いや〜、貴重です。

d0221584_1164316.jpg
そして、会場内は時間が経つに連れてどんどん人が増え、益々歩きにくくなって行きます。

そんな中、こんな旗を発見。
d0221584_117526.jpg
「宇宙、キターッ!」って勢いで、仮面ライダーも売れているかどうかは、解りませんでしたけど。
d0221584_1172367.jpg
「ARTIST ALLEY」という、日本の同人誌などを扱う個人デーラーの集まりみたいな感じのエリアですが、こちらではコミックではなく、イラストが多く、中には手作りのぬいぐるみやアクセサリーなどを販売している人もいました。

そうそう、こんな意外な物を発見しました。
d0221584_120416.jpgd0221584_1202126.jpg
ドラゴンボールZのお線香。なんと、あの老舗「日本香堂」が販売していました。黒い箱にはキャラ別の小箱がアソートされているようですが、日本でも売っているのかしら? それにしても、“クリリンの香り”とか“ピッコロの香り”とか、キャラのイメージで作られているのかな? 試しにひと箱買って来れば良かったと、ちょっと後悔しています。

そして、カリフォルニアらしいブースを発見!
d0221584_1213615.jpg同性愛者のシンボルであるレインボーフラッグを掲げていますが、アニメとは関係無いと思うんですよね〜。
日本ではスーツケースのベルトなどにこのレインボーカラーがあったりするそうですが、カリフォルニアに来る際は使わない方がいいですよ。カミングアウトしていると間違われちゃいますからね。

d0221584_1283527.jpgそして今回もこちらを発見。「POWER MORPHICOM」もいよいよ来月に迫ってきました。こちらも楽しみです。
officialpowermorphicon.com



★今回のお買い物★
d0221584_1304661.jpg旦那さんは珍しくオモチャではない物をお買い上げ。
革製の THUNDERCATS のノート。去年も見かけた革製品のお店で購入しました。税込みで$60(約4,800円)もしましたが、なかなか重厚でまさに「OMENS BOOK(予言書)」でした。


それにしても広〜い会場内にたくさんの出展者&来場者で、後半はお腹いっぱいな感じに。West Hall では日替わりのイベントやワークショップもあったようですが、そちらまで見る元気は無くなってしまい、疲れた足を引きずって家に帰りました。(←歩かないアメリカ生活で体力の低下が著しい証拠ですねf(^_^;。)
日本に負けず劣らず、アメリカの日本アニメファンもパワフルです。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-07-04 02:06 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 09日
E3 (Electronic Entertainment Expo 2012) に行って来ました。
6月5日から7日にかけて、Los Angeles Convention Center で開催された Electronic Entertainment Expo 通称「E3」に、最終日の7日に行って来ました。

d0221584_16333544.jpgd0221584_16331810.jpg
駐車場から会場入口へ向かうまでに、各ホテルからの直行バス乗り場があるのですが、その中にこんなラッピングバスを見つけました。期待が高まります。

こちらが正面入口。
d0221584_16352660.jpg
その奥のエスカレーターを昇り、まずはソフトウエアメーカーの出展している South Hall へ。

d0221584_16355766.jpg
今回日本から初参加となった「GREE」。日本の携帯ゲームはとても流行っているんですよね。私はやったことがないので、今イチピンと来ませんでしたが、
d0221584_16362778.jpgd0221584_16364636.jpg
かなり大きなフィギュアを見かけたと思ったら、
それと同じ恰好をしたコスプレお姉さんを発見。このキャラの缶バッチを配ってました。

d0221584_16374797.jpgさらにこちらのノリノリのお姉さん。写真をお願いするとポーズを決めてくれました。


こちらは SEGA。
d0221584_16382026.jpg
エイリアンのオブジェがお出迎え。さぞや旦那さんが喜ぶだろうと思っていたら、あっさり素通り。
なぜなら、その奥にこ〜んなものがあったから。
d0221584_16384299.jpgd0221584_1639858.jpg
「エイリアン2」でリプリーが戦うときに乗っていた実物大パワーローダー。
しかも、これ、搭乗して写真を撮ることが出来ます。
で、早速旦那さんは行列に並んで、順番待ち。
専用のカメラで、下からのアングルと、エイリアンなめのアップの2カットを撮ってその場でプリントしてくれました。
さらに、自分のメアドを入力すると、それらの写真データをダウンロードするためのメールがエイリアンから届くと言う趣向。これは家に帰ってからのお楽しみで、結構嬉しいです。

BANDAI NAMCO では「DRAGONBALL Z」の大垂れ幕。
d0221584_16403965.jpgd0221584_16405598.jpg
「未だに?」
と思ったら、アメリカで大人気の XBOX360 KINECT 用ゲームでした。コントローラーが要らなくて、身体の動きで操作するってすごいですね〜。
でも、ゲームしている人の動きを見ていると、真面目にカメハメ波のポーズとか、やたらパンチを繰り出していたりとか、結構面白かったです。

d0221584_16414820.jpgもちろん「POWER RANGERS SUPER SAMURAI」の KINECT ゲームもありましたし、「THUNDERCATS」は3DS 用ゲームのデモがありました。
d0221584_16421171.jpg

途中こんなものが。
d0221584_16433772.jpg
「STAR TREK」もゲームがあるんですね。

d0221584_1644815.jpg
そして「鉄拳」のコーナーでは、コスプレしたお姉さんたちが勢揃い。誰が誰やら?f(^_^;。

d0221584_16442960.jpg
トランスフォーマーのゲームのブースもありました。
巨大横長モニターに映像が流れると、旦那さん「すげー」と言いつつ見とれていました。でも、残念なことに特にオブジェなどはなかったのですが、モニターに映し出されるゲームの映像はアニメに近いキャラ設定だったので、これまで見たトランスフォーマーの映画とは違った印象。これはこれでアリだな〜と見入っちゃいました。

Disney のコーナーでは、床をも振動させるビートの聞いた音楽を掛けながら、ステージ上でふたりの男性が両手に筆を持ち、ダンスをしながら何やら描いていました。
d0221584_1645010.jpgd0221584_16453335.jpg
d0221584_16455396.jpgd0221584_16474883.jpg
敵に立ち向かうミッキーとオズワルドが完成しました。って、これで完成ですか? なんかバッチイ絵ですね。
ふと上を見上げると、元になっている絵が見えました。

次は West Hall へ。
d0221584_16482465.jpg
途中のコンコースでは「ロード・オブ・ザ・リング」の垂れ幕が。これもゲームになるんですね〜。そー言えば、今回弓を持ったキャラが多いように感じたのですが、気のせいかしらん?

こんな一画がありました。歴代のゲーム機の展示です。
d0221584_16485789.jpg
あの懐かしい、白と赤のファミコンの手前にある2機は、アメリカ版のファミコンだそうです。

d0221584_16501023.jpgd0221584_1649409.jpg
そのファミコンの生みの親「Nintendo」は、色が七色に変化する薄いベールに包まれていました。
裏から見ると左の感じ。
d0221584_16505931.jpg中では、液晶画面が着いたばかでかいコントローラー「Wii U」を使って、様々なデモが行われていました。
d0221584_16511545.jpg
これなんか、WiiFit と組み合わせて奏さするンですよ。なんか操作がややこしくて楽しめないような気がするんですけどf(^_^;。

d0221584_16513514.jpg
日本の企業は外から見えづらく囲って展示するのが好きなのかしら? プレイステーションも中に入らないと全容が解らない作りになってました。
d0221584_1652145.jpg
そして、こんな所でトロ発見。ストリートファイターになったトロ、めちゃめちゃ弱かったのは、操作している私のせい?

d0221584_16522994.jpgd0221584_1652522.jpg
開場の内外にとてもたくさんポスター等があったのは、こちらの「HALO 4」。人気なんですね。

と言う訳で、さしてゲームに詳しいわけでもないのに E3 に行きましたが、映画だったり、懐かしいキャラだったり、解るものが割とあったのでそこそこ楽しめました。
でも、それって、あまり目新しいものが無いってことでもあるのかな?。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-06-09 17:10 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 15日
Robo Toy Fest に行って来ました。
先週末は旦那さんの趣味で、Sheraton Pasadena(シェラトン・パサデナ)で行われた「Robo Toy Fest」(http://robotoyfest.com/)に行って来ました。

パサデナは以前、トランスフォーマーのイベントが行われた「パサデナ・コンベンションセンター」へ行きましたが(その時のブログはこちら)、シェラトンはそのコンベンションセンターのすぐ隣。地下駐車場で繋がっていますから、再来と言った感じです。

d0221584_2362934.jpgで、ホテル内はこぢんまりとしていて、はてさて、ここのどこでイベントが? と思いキョロキョロすると、通路奥のボールルーム(会議室もしくはパーティルームと言ったところでしょうか)の入口に、サイトにもあったライディーンのポスターを発見。

d0221584_2365397.jpg中を覗くと、これまたこぢんまりとしたボールルームにその天井のシャンデリアとはそぐわない、オモチャの数々が所狭しと並べられていました。

一部をご紹介すると、こんな感じ。
d0221584_237297.jpg
d0221584_2374575.jpg
なんと、日本の懐かしいオモチャがいっぱい。本当にここはアメリカなんだろうかと我が目を疑いたくなるほど。
アメリカにも日本のオモチャのコレクターがたくさんいるんですね。もちろん、日本だけでなく、韓国語や中国語のパッケージのオモチャもありましたし、もちろん、アメリカのオモチャもたくさん。
LEGO を扱う Brick Boutique(ブロック・ブティック)も一緒に開催していたので、 LEGO 好きの子供や大人も集まっていました。(http://brickboutique.com/

ここは基本的にはコレクターのコレクション放出なので、値段はコレクター次第。値切り交渉も楽しみの一つ。で、旦那さんが珍しく色々と買い物をしました(と言っても、一緒に行ったHさんのほうが、財布の紐が緩みっぱなしでしたけどf(^_^;)。

d0221584_2412047.jpg
その戦利品がこちら。
箱のロボットはプラモデル(ブリキのおもちゃは見たことがあるような…)、ロボコップの顔は水鉄砲。小さなロボット軍団は「ブロックマン」。ロボットなのにブロックのように繋げたりできるんだそうです。
まるで裸のようなLEGOのフィギュアは、自分でパーツを組み合わせて買うことが出来る物で、パーツに寄りますが、これらは3つで$10(約800円)でした。

LEGO BOUTIQUE で、部品ごとに分類されたプラスチックの小分けケースがたくさんあり、その中から好きな部品をチョイスして自分オリジナルのフィギュアが作れるのですが、手慣れた子供はなかなか格好の良いフィギュアを組み立てるのに、ウチの旦那さんと来たら、まるでフィギュアの素体のような組み合わせ。会計する店員さんと大笑いしちゃいました。
本人曰く、ここから自分でペイントするんだとか。彼にかかれば、LEGOのフィギュアも素材の一つでしかないようです。

と言う事で、狭いながらもかなりじっくり観て楽しんだイベントでした。

ここアメリカでは、常にどこかで何かしらのこうした小さいながらもファンを集めるイベントが行われています。
ネットでポチッと買い物するのも便利ですけれど、こういったイベントでは人と人とのコミュニケーションを楽しむことができる。それが、きっと良いんでしょうね。
また、こういったオタクイベントに部屋を提供する、アメリカの有名ホテルの懐の深さにもあっぱれです。

d0221584_2392797.jpg
そして、この「Robo Toy Fest」の主催者は、この夏「パサデナ・コンベンションセンター」で開催される「POWER MORPHICON」(http://officialpowermorphicon.com/
の主催者でもあるので、こちらの高さ2mくらいある大きなポスターもありました。

こちらも楽しみです。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-05-15 02:58 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 18日
怪物だらけのイベント「MONSTERPALOOZA」に行って来ました。
d0221584_7112914.jpg先週の土曜日は日本から来ているお客さんと待ち合わせて、BURBANK(バーバンク)で行われた MONSTERPALOOZA なるイベントに行って来ました。

普段はロボット系やアニメ系、特撮系のイベントに行くことが多いのですが、怪物系は初めて。しかも BURBANK も行ったことのない地でしたので、初体験の連続でした。


BURBANK はロサンゼルス国際空港から北上して、ハリウッドも過ぎ、ユニバーサル・スタジオのあるスタジオ・シティも通り過ぎた先にあります。パッと見た感じは小さな田舎町(失礼!)って感じで、会場となったマリオット・コンベンションセンターは国内線のボブホープ空港の近くにありました。

d0221584_7123795.jpgホテルと繋がっているこのコンベンションセンター、どうやらここで開催されるのはお約束になっているようです。

お昼の「POWER RANGERS SAMURAI」の放映を観てから自宅を車で出発し、ロサンゼルス中心部で渋滞に巻き込まれたので結構な時間がかかってしまいましたが、まさか入口がこんな長蛇の列になっているとは思いもしなかったので、ゆっくり家を出たことをちょっぴり後悔しました。


d0221584_713173.jpg入場を待つ間も、会場の外にはモンスターのコスプレ(?)をした人が何人もうろうろ。入場を待つ人の中にも、血みどろメイクをした人とかいて、アメリカのモンスターと言うかホラーファンの多さに驚きです。それも、若干年齢層の高さは感じた物の、若い女性も子供も多く見かけましたよ。


d0221584_7135233.jpgd0221584_7143119.jpg
40分ほど待って中に入ると、映画の特殊メイクを手掛けるプロのブースや、その特殊メイクを学ぶ学校のブースなどがあったり。写真左のようにマスクばかり展示している人もいれば、写真右のように全身のモンスターを大量に展示している人も。

d0221584_715819.jpgこんな巨大でちょっとレトロなモンスターもいたり。これ、ゆうに2m以上ありました。

d0221584_7153155.jpgさらには、特殊メイクの実演もあり、この人はこれから何やら特殊樹脂で出来たマスクの一部を貼り付けられるようです。

あっちこっちで、血みどろだったり、骨だったり、気持ちの悪いクリーチャーだったり、絶対に夢に出てくる!と心配しながら見て回りました。

d0221584_7161561.jpgそんな中、なぜここに? と思ったのが、こちらのスター・ウォーズのコスプレイヤー。彼女、宇宙人だからモンスター扱いって事? 
「モンスター」と一言で言っても捉え方は人それぞれですね。


イベントはこれだけではなく、ホテル内の会場では往年のホラー映画に出演した俳優さんなどが、自身のポートレートを前ににっこり座っているコーナーも。
こういったイベントには付きものなんですね。彼らはそのポートレートにサインを入れて販売したり、有料で写真撮影に応じてくれます。
でも、私はホラー映画はほとんど観ませんし、その作品のほとんどが古く、しかも出演者は大抵の場合、特殊メイク(狼男だったり、死霊だったり)しているので、年齢を重ねたご本人と結びつけるのはなかなか難しい物がありましたf(^_^;。

それにしても、どれも造型は良くできていて、感心至極。お陰で本当に怖い、気持ち悪いイベントでした(笑)。

※MONSTERPALOOZA
http://www.monsterpalooza.com/april2012/index.html


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-04-18 07:25 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 16日
PMX (Pacific Media Expo) に行って来ました。
先週の三連休は特に遠出をする事もなく、ロサンゼルスのホテルにちょっと出かけたくらいでした。しかも、ロサンゼルス国際空港に隣接する Hilton Los Angeles Airport Hotel に。

d0221584_100087.jpg何故か、Hilton Los Angeles Airport Hotel でジャパン・アニメのファンが集うイベントが開催されたんです。
それが、「Pacific Media Expo」略して PMX 。(http://pacificmediaexpo.info/2011/)
あ、もちろん、旦那さんの趣味です。
コンベンションセンターで行われるイベントは何回か行きましたが、ホテルで開催されているイベントに行くのは初めて。一体どんな感じなのかと思ったら、ホテルのロビーにはコスプレイヤーがわんさか。
d0221584_101860.jpgd0221584_1023387.jpg
d0221584_1052898.jpg開催期間は11月11日(金)〜13日(日)の3日間でしたが、昼夜関係無く、常にコスプレイヤーが集っていました。
d0221584_1032731.jpgd0221584_1035558.jpg
中には、チェスを始めるグループがいたり、ドールで盛り上がっていたり、ひたすらコスプレイヤーの写真を撮っている人がいたり、様々。

それにしても、こんなに強烈なコスプレイヤーがロビーを占拠していたら、普通の宿泊客は驚くでしょうね。
このタイミングで宿泊された方々には、正に「お悔やみ申し上げます」(by Cars) です。

d0221584_1042467.jpg
d0221584_1045124.jpgロビーフロアと2階の会議室をフルに使って、物販があったり、漫画家や声優、役者のパネル(自分の仕事を解説したり、ファンとのトークを楽しんだり何でもあり)があったり、一番広いホールでは、日本からのゲストでビジュアル系バンド「D」のライブや、ゴスロリ系ファッションのファッション・ショーまでありました。

どうもアメリカで日本のアニメのイベントをする場合、ビジュアル系バンドやゴスロリ系ファッションは外せないくらい、こちらでは密接な関係にあるようです。

それにしても、ロサンゼルスでは色々なイベントが常にどこかで開催されているんですね。
日本のように、東京で大きなイベントがドーン! と言うのとは全く違っていて、ローカルなファン同士が親交を深め合うって言う感じです。
そのせいでしょうか、誰もがとてもフレンドリーで、写真にも快く応じてくれるし、気軽に話し掛けることも出来ます。
中には、一生懸命日本語で会話してくる人もいました。日本のアニメが好き=日本語を勉強する、という形が出来てるみたいです。

日本人である自分がアメリカのSF映画を好きだからと言って、英語を熱心に勉強したかと言うとそんなことはなく、学校の勉強程度。それを考えると、こちらのアニメファンの熱心さに頭が下がります。
それだけに、日本のアニメ業界には、彼らの期待を裏切る事のない良いアニメを作り続けて欲しいと思うのでした。


☆ちなみにこんなコスプレイヤーもいました。
d0221584_1072316.jpgd0221584_1074472.jpgd0221584_108191.jpg
▲とても端正な顔立ちの「FF」のキャラや、すっかりなりきっているドモン・カッシュ。それに、何故かディケイドのマスクを持ち、変身ベルトまでしている孫悟空。マスクは中国の友達が作ったんだとか、彼らのネットワークはワールドワイドですね。
d0221584_1093640.jpg
▲こちらの美女軍団に至っては、元ネタは全くわかりませんでした。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-11-16 10:33 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2011年 11月 08日
今度は「Comikaze Expo」に行って来ました。
先週末もまたロサンゼルスへ出かけて来ました。
d0221584_9515257.jpg
今度は「Comikaze Expo (http://comikazeexpo.com/)」と言う、11/5〜6、ロサンゼルス・コンベンションセンターで開催されたアニメ、ヒーロー、タトゥー、などなどカテゴリーがごちゃ混ぜになっている感ありありのイベントでした。
もちろん、旦那さんの趣味です。
d0221584_9524694.jpgd0221584_9522999.jpg
d0221584_9533824.jpgd0221584_954210.jpg
d0221584_957858.jpg
▲ボア・フェットならぬボア・ファット軍団(旦那さん命名)。
ホール内は、やはりコスプレイヤーがたくさん。展示や販売品も自分の書いたイラストやら、自作のアクセサリーやら、オモチャやら、コミックやら、もーありすぎて訳解らない感じです。

そんな中、今回一番気になったのは、昔のテレビドラマなどに出演していた俳優さんたち。
彼らは、当時の写真を並べ、声を掛けられれば気軽に答えてくれますが、サインや写真は有料。日本ではちょっと信じられない光景ですが、こちらのイベントでは良く見かける光景です。

d0221584_9544583.jpg日本でも放映された“バイオニック・ジェミー”の、
「ゴールドマン局長だよ!」
と、旦那さんに言われても、う〜〜〜ん。

確かに小学生の頃、夕方4時頃の再放送を楽しみにしていたから“バイオニック・ジェミー”は知っているし、ジェミーの声は田島令子でクィーン・エメラルダスと一緒でカッコイイ、とも思っていたけど、ゴールドマン局長は覚えていないな〜。
しかも、もういいお年のおじいちゃんになっているし。。。。

d0221584_9552954.jpg「ほら、こっちは“エア・ウルフ”に出てた、アーネスト・ボーグナインだよ」
いえ、もう解りませんから。

ウチの旦那さん、私よりひとつ年下のはずなのに、何でそんなに昔の海外ドラマに詳しいのかしらん? 本当は年上に違いない! と、こういう時は思うんですよね。

それにしても、そんなに大きなイベントじゃなかったのに、色々な俳優さんがいたみたい。「Back to the Future」でマイケル・J・フォックスの彼女役だった人(たぶんPART 1)もいたし。ルーク・スカイウォーカーのマーク・ハミルもいたらしいんだけど、残念ながら見つけられませんでした。

私たちが行ったのは日曜日だったけど、前日の土曜日には、ハリー・ポッターのダニエル・ラドクリフも来て、会場がパニックになったんですって! う〜ん、土曜に来れば良かったのかしらん。。。

と言う訳で、旦那さんはそこそこ楽しんだみたいだったけど、私はこの後に、20年ぶりに行ったリトル・トーキョーのほうが面白かったかな。

でも、それは次回に。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-11-08 10:07 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 04日
Anime Expo 2011 へ行って来ました。
明日は7月4日、アメリカ独立記念日なので祝日となり、この週末は3連休です。
ちまたでは、バーベキューをしたり、普段禁止されている花火が出来るので、FIRE WORKS のスタンドがオープンしていたり、とお祭り気分が盛り上がっています。
が、夫婦二人だけの我が家ではバーベキューはしませんし、何より独立記念日の過ごし方がまだ解らないので、いつもと変わらぬ休日です。
なので、今日はちょっとロスまで足をのばし、こんなイベントへ行って来ました。

The Society for the Promotion of Japanese Animation - Anime Expo 2011」(http://www.anime-expo.org/)です。
7月1日から4日まで、Los Angeles Convention Center (http://www.lacclink.com/) で開催されていると言う事で、今日(3日)旦那さんと一緒に車で行って来ました。

写真は全てクリックで大きくなります。)
d0221584_16515497.jpgさすが、高層ビルが建ち並ぶロサンゼルス、コンベンションセンターも近代的です。

d0221584_16531097.jpgエントランスでは、続々とコスプレしたお客さん達が集まって来ては、会場内へと流れて行きます。

d0221584_16534493.jpg
会場内のお店はこんな感じが多かったです。ジャパニーズ・アニメーションの祭典ですから、当然日本のアニメキャラのオンパレードです。基本の抱き枕も健在です。

d0221584_16541454.jpgそんな中私が興味を引かれたのは、ウィッグの専門店。これ、結構出店数が多かったです。アニメキャラならではのあり得ないカラーやスタイルも、これなら即座に再現できますね。

d0221584_16544067.jpg革製品のお店もありました。金具のディテールも凝っていて、小物入れなどは実用性もありそうでしたが、デザイン性はどう見てもコスプレ用って感じ。こういったコスプレに欠かせない小道具や衣装を扱った店が多いのも、最近の流れなんでしょうか。

d0221584_16551493.jpgd0221584_16553886.jpgd0221584_1656455.jpg実際会場内は、様々なコスプレイヤーがたくさん闊歩していました。
残念ながら今時のアニメに疎い私には、元キャラが解らず、首をひねるばかり。
d0221584_17415222.jpgd0221584_17421251.jpg
日本でもコスプレイヤーは多いのでしょうけれど、こちらのコスプレイヤーの特徴をひとつ上げるとすると、「と〜〜〜ってもボリューミ〜」かな。
特に女性はその肉付きの良さにびっくりします。やっぱり、コスプレは自己満足の世界なんですね。

d0221584_16563445.jpgそのほか、こんな店もありました。
日本語の入ったTシャツを扱った店ですが、幸い間違った日本語はないようで、しかも随分と売れているようでした。

d0221584_1657159.jpgそれから、漫画やイラストを描く上で外せない高級マーカー「COPIC」。微妙な色合いも揃っているので、日本のプロも愛用者が多いと聞きます。
意外な事にこのコピックは日本の製品で、アメリカでは普通の文房具店には置いてなくて入手するのは結構大変ですから、こういったブースが出店するのは漫画を書く人には有り難いのかも。
それと並んで、パソコンでイラストを描く為のソフトのデモンストレーションをする店も多く見かけました。
今やイラストもパソコンで描くのが当たり前なんですよね。はぁ〜、時代を感じます。


d0221584_16573092.jpgd0221584_16574952.jpg
日本でもたま〜に見かけてビックリした、アニメキャラを大きく車体に描いた車。この会場でも展示がありました。

d0221584_1658767.jpg中でも驚いたのは、「TOYOTA」がコスプレイヤーも配して、この“痛車(イタシャ)”を展示していたこと。TOYOTAも頑張っているんだな〜と漠然と感じました。


それにしても、会場が広くて足が疲れました。
でも、まだNorth HallでもWORK SHOPなどがあったんですが、とても全部は見きれませんでした。う〜〜ん、アメリカのオタクパワーも恐るべしです。


最後におまけ。
d0221584_16584081.jpgd0221584_16585955.jpg
先月行った「ボットコン」(ブログはこちら)で見かけたポスターを、また見つけました。
今回はさらにチラシも。
来年の「モーフィコン」には絶対駆けつけねば!
※「POWER MORPHICON」(http://www.officialpowermorphicon.com




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-07-04 17:21 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 08日
トランスフォーマー・ボットコン2011 in パサデナ
先週末は旦那さんのリクエストで「TRANSFORMERS BOTCON 2011」へ行って来ました。

(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_345350.jpgこれは、ロサンゼルスの東側の街、パサデナの PASADENA CONVENTION CENTER で6月2日から5日まで開催されていた[トランスフォーマー]ファンが集まるイベントで、私たちが行ったのは最終日の5日(日)。
あらかたのイベントは前日までに終了していたようで、この日は日本のワンフェス(?)とかのように物販がメインになっていました。

(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_3474327.jpgd0221584_348982.jpgd0221584_3483313.jpg入場料は大人$20(約1,600円)、子供$10(約800円)。
会場に入ると、熱気ムンムンといった感じではなく、ほどよい密度なので息苦しいこともなく、スムーズに観て回る事ができました。
それぞれの自慢のコレクションをテーブルいっぱいに広げて、お客さんにアピールしています。やはり、初期のオモチャが貴重らしく高値が付けられていました。
中にはトランスフォーマーとは関係の無いロボット系のオモチャもあって、過去のパワーレンジャーのオモチャがあったり、もちろん、今の「POWER RANGERS SAMURAI」のメガゾード(巨大ロボ)もあったり。

(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_3501459.jpg特に目を引いたのが日本製のオモチャ。アメリカで入手するのは大変なんじゃないかと思うのですが、よくもこれだけ集めたものだと感心するくらい、あちらこちらで見かけました。


(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_3511662.jpgd0221584_423010.jpgd0221584_42483.jpgd0221584_44345.jpgd0221584_445378.jpg
会場の中央には、当然トランスフォーマーの元になる車の展示がありました。
間近で見るとやはり大きい。でも、ハイウエイではこんなトラックがたくさん、ふつーに走っているんですから、アメリカって大きいなって思います。


(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_45556.jpgd0221584_461535.jpgコンテストも行われていたようで、様々な賞を受賞した優秀作品が展示されていました。
高さ30cmくらいのぬいぐるみや、切り絵、オリジナルの模型やジオラマなど。
特に切り絵はとても細かくて、アメリカにも手先の器用な人はいるんだと感心しました。


d0221584_471315.jpg息の長いキャラクターのイベントには欠かせない、子供のためのスペースがこの会場にもありました。
子供たちは思い思いに変形させたり、バトルをさせたりしていて、親子二代のトランスフォーマーファンが多いことを伺わせます。


(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_482089.jpgd0221584_48436.jpg
子供向けでしょうか。こんな可愛いトランスフォーマーもいました。
同じエリアにあった、ブロック製のオプティマス・プライムはイケてなくて、残念(-_-)。


d0221584_493647.jpg
その一方でこんなボリューミーなオプティマスを発見。ちなみにこちらは女性です。

(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_4105885.jpgコスプレイヤーはちらほら子供を中心に見かけましたが、着ぐるみは少なくて、会場外の廊下でやっと彼に出会いました。
まぁ、とっても複雑な最近のトランスフォーマーは、着ぐるみにするのはチョー大変そうですよね(苦笑)。

(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_4103776.jpgそんなわけでしょうか、会場内にも立体物は少なく、巨大イラストパネルの展示ばかり。下手な立体物でイメージを壊されるよりは良いかも?

(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_412818.jpgこちらは半立体でイメージもそのままの、フォトスポット。親子で撮影しているのが微笑ましくて良かったです。

(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_413561.jpgd0221584_4132429.jpgそしてちょっとハンパな立体物がありました。だけど、大きさは見事です。旦那さんの話では以前のイベントでも展示されていた使い回し品のようです。
その足元では、ハブというテレビチャンネルの宣伝で景品が当たるルーレットをやっていました。
私たちも列に並んで、挑戦。マグネットシートと、LEDライトをもらいました。

(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_4142448.jpgこういったイベントでは販促品の配布が当たり前だそうで、旦那さんもポスターやステッカー、ポストカード、等々頂けるものは頂き、気に入った物販品もお財布解禁でゲットして、気がつけばトートバッグいっぱいに荷物が増えていました。
ちなみにこちらがその頂き物の一部です。(すっかり入場料分は回収した感じです。)


(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_4152275.jpgd0221584_415481.jpgd0221584_4161040.jpg
会場の外に出るとコンベンション前の道路上に、ファンがカスタマイズした車が3台駐車して、ファンの注目を浴びていました。
先頭のアイアンハイドを模したトラックでは、後ろにマークが綺麗にエンボスされていましたし、旦那さんが言うには、最後尾の救急車は昔のアニメの映像通り日本風の救急車カラーで、ナンバーも「RACHET1」と言うキャラクターの名前になっていて、ビックリ。

(↓写真はクリックで大きくなります)
d0221584_417192.jpgd0221584_4174067.jpgd0221584_418273.jpg
その2台に挟まれた、カマロも綺麗にカラーリングされ、エンジンにはバンブル・ビーの顔のイラストと誰かのサインも入っていました。本当にトランスフォーマーが好きなんですね。

来場者は「トランスフォーマー愛」に溢れているので、何となくフレンドリーになるみたいで、見知らぬ人と片言英語で、手にしたオモチャについて会話するなんて事があって、驚きでした。


d0221584_420310.jpg
ちなみに、会場にはこんなポップが。どうやらパワーレンジャーのコンベンション(Power Morphicon Convention )があったようですね。今度はいつやるのかな〜?


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-06-08 05:10 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)