タグ:オタクイベント ( 48 ) タグの人気記事
2012年 10月 30日
「フジヤマイチバン」ハロウィン・ステージショーに行ってきました。
d0221584_1346691.jpg今年の7月、ブリッジUSA夏祭りでステージショーのデビューを飾った「フジヤマイチバン (FUJIYAMA ICHIBAN)」。
彼のハロウィン・ステージショーが、28日(日)に日系スーパー MARUKAI GARDENA(マルカイ・ガーデナ)店で開催されたので、旦那さんと観に行って来ました。

※フジヤマイチバンについては、こちらの過去のブログ、もしくは公式サイト(「FUJIYAMA ICHIBAN」FujiyamaIchiban.com)をご参照ください。

d0221584_13492756.jpgアメリカにおいて、日本のお家芸とも言えるヒーローショーが見られる数少ないチャンスなので、実は告知を知ってから密かに楽しみにしていました(笑)。
前回の「ブリッジUSA夏祭り」ほどの規模ではありませんでしたが、コスプレしたお子さんを連れた家族がたくさん集まっていて、なかなかの盛況ぶり。それにしても、まるで真夏のような陽射しのこの日。見る側も汗だくで大変です。

d0221584_13473987.jpgd0221584_13481863.jpg
d0221584_13495824.jpgフジヤマイチバンの派手なカラーリングもカリフォルニアの強い陽射しを浴びて、より鮮やかに輝き、見事なアクションを見せてくれました。
途中はお決まりの悪の幹部による来場者いじりも軽妙で、今回は「ハロウィン・ステージショー」というだけあって、コスプレしたお子さんを数人選びだし、にわかコンテスト。
このちょっと緩い感じが、日本のショッピングモールなどで行われるヒーローショーそっくりでなんかホッとしちゃいます。

d0221584_13502966.jpgd0221584_13504794.jpg
そんな息抜きの後は、フジヤマイチバンがお店の屋根に登場し、ジャ〜ンプ! 見事なダイブに大きな歓声と拍手が。いや〜、ここまでやるとは思っていませんでした。凄い!


ショーの後はお決まりの握手&撮影会。
d0221584_1356428.jpgd0221584_13562364.jpgd0221584_13564030.jpg
さすが、ハロウィンだけあってお子様達のコスプレはプリンセス、トランスフォーマー、海賊、サムライレンジャーなどなど様々。
もの凄く暑くて、コスプレも大変だろうに、どの子もフジヤマイチバンと一緒に写真を撮ってもらってとても嬉しそうでした。

▼さらに大きなお友達も大喜びしていて、ビックリでしたf(^_^;。
d0221584_1358787.jpgd0221584_13583321.jpgd0221584_13584991.jpg


d0221584_13593994.jpg私としては、サクライチバンが登場しなかったのがとっても残念でした。

次はどこで会えるかな?
▲ブリッジUSA夏祭りでは、サクライチバンも
アクションショーに登場したんですよ。


※「FUJIYAMA ICHIBAN」FujiyamaIchiban.com


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-10-30 14:14 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 23日
MACROSSWORLD CONVENTION 2012 に行って来ました。
d0221584_84074.jpg突然、友人 S から情報が舞い込み、急遽日曜日に Arcadia(アルカディア/ハーロックファンの私にはこの地名だけでウキウキ)で開催された「MACROSSWORLD CONVENTION 2012」に、旦那さんと行って来ました。

今年で30周年という「超時空要塞マクロス」シリーズ。いや〜月日が経つのは早い物です。但し、このイベントは今回で10回目だとか。しかも、アメリカでは「マクロス」と「装甲創世記モスピーダ」と「超時空騎団サザンクロス」がごちゃ混ぜになった「Robotech(ロボテック)」というアニメが放映されていたので、純粋に「マクロス」だけのファンイベントは貴重な存在。(って、全部旦那さんの受け売り。さすがにオタ嫁系といえどもそこまでは知りませんでしたf(^_^;。)
当然ファン数もそんなにいないのでは?と失礼ながら思っていましたが、会場となったアートスクール「CONCEPT CUBE」には、一日で約200人のお客さんが訪れたそうで、日本から遠く離れたカリフォルニアにも「マクロス」ファンがいることを目の当たりにしました。

d0221584_8413578.jpgd0221584_8415481.jpg
d0221584_8421457.jpgd0221584_8423260.jpg
さて、会場には、当然バルキリーなどの当時のオモチャが展示され、思わず「懐かし〜い」なんて声を上げちゃったのですが、他にも何故か「科学忍者隊ガッチャマン」のヘルメットとか、これまた懐かしのアメリカのテレビドラマ「宇宙空母ギャラクティカ」のヘルメットなんかも展示されていて、一瞬、何のイベントだっけ?と困惑。

d0221584_8425789.jpgd0221584_8431627.jpg
d0221584_8441768.jpgだけど、奥へ進むとマクロス関連グッズが所狭しと並べられていました。
それらはどれも日本の製品なわけで、ここは日本? と思うほど。しかも驚くことにこれらは全て個人(ひとりじゃないです)のコレクションで、非売品。中には、30年近く前のサイン色紙もあって、良く保存していたな〜と感心させられました。
▲当時はこんな子供向けのプールなどがあったんですね。

d0221584_8444324.jpgさらには、メカデザイナー・宮武一貴氏のオリジナル・アートワークまであって、どうしてアメリカにあるんだろうか?と、ものすごく不思議な気持ちになりました。


d0221584_845268.jpgd0221584_8454346.jpg
私が一番気になっていたのは、リン・ミンメイの声を演じた飯島真理さんのミニライブ。
開演時間までは知らなかったのですが、会場に到着後程なくしてそのミニライブが始まり、とってもラッキー。
ミンメイの歌には学生時代から随分とカラオケでお世話になりました(って、歳がバレバレf(^_^;)。30年の時を経てしかもアメリカでそのご本人の生歌を聴けるとは、何とも人生の不思議を感じずにはいられません(って、大げさですね/笑)。

弾き語りで数曲披露してくれましたが、もちろんその中には「愛、おぼえていますか」もあり、タイムスリップ感もあるのですが、今の彼女の歌声&歌い方を聴いて時の流れを感じました。
そして驚いたのは、MCが流ちょうな英語だったこと。考えて見れば、20代で渡米している彼女、アメリカ在住歴が長いので当然のことでした。
さらに、後で知るのですが、2006年にアメリカで英語吹き替え版のマクロス「Super Dimension Fortress MACROSS」が発売になり、その時彼女は再びリン・ミンメイの声優を務めているんですね。日本語も英語も同じ声優ってすごいですね!

そんな彼女の凄さを目の当たりにして、ミニライブは終了。その後はやはりこういったイベントには欠かせない、サイン会。当然の如く長蛇の列が出来ていて、マクロス人気の息の長さを感じました。

それにしてもアメリカって、大きさの違いはあれど毎週どこかで何かのコンベンションをやっている、って感じです。ファン同士で集まるのが好きなんですね〜。

※MACROSSWORLD CONVENTION http://www.macrossworld.com
※飯島真理さん WEBサイト http://marimusic.com


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-10-23 08:59 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 20日
ささやかだった「JURASSIC-CON」とアメリカ版でんじろう先生 @ OC PARK
ちょっと遅くなっちゃったけど、先週土曜日のお話。
その前日の金曜日に、博物館まで陸路移動するスペースシャトル・エンデバーを追い掛けて来たわけだけど、そんな疲れも見せずに翌日の土曜日、旦那さんはお隣オレンジカウンティー(ロサンゼルスカウンティーのお隣)へ車を走らせました。もちろん、私も一緒で。(エンデバーのブログはこちら

d0221584_1012269.jpg何故かというと、09月16日のイベント「COMIKAZE」にあった、この一枚のポスターのせい。
この思いっきり旦那さんの気を引くために作られたような、恐竜がデカデカと中央に配されたポスターは「JURASSIC CON」開催のお知らせ。(COMIKAZEのブログはこちら

それによると、10月13日で場所はオレンジカウンティー、しかも入場無料。これは行かない手はないと、早速「詳しい事を検索せよ」と司令が下っていたわけ。ま、ずっと忘れてて直前になって慌てて調べたんだけど、これがまた解りにくいホームページな上に、オレンジカウンティーのどこで開催されるのかもよくわからない。
今時、大抵の情報はWEBサイトから入手するのは常識でしょ? なのに、ものすごーく解りづらいサイトで、もー、イライラ。
一応地図が載っているからそこにある「CLARK REGIONAL PARK」の「OC PARK」を検索。

確かにそういう自然公園的な場所は存在するんだけど、そのサイトのどこにも「JURASSIC CON」なんてアイコンは見当たらない。間違ったのかと思ったけど、一応開催日の10月13日の「EVENT」欄に「PREHISTORIC OC」(有史以前のオレンジカウンティー)という、ポスターにもあった文字を発見。内容を読んでみると、文章中にちらっと「JURASSIC CON」がINCLUDE(含まれる)ってあるのを見つけた時は、嬉しさよりもその程度の規模かと思うと、行く気が失せる感じだったわ。

ま、とにかく場所も解ったので、当日向かったわけ。
d0221584_1024453.jpgd0221584_1032278.jpg
d0221584_1034864.jpgだけど、いざ OC PARK に着いてもやっぱり「JURASSIC CON」のポスターすら無くて、パーク内をウロウロ。メインのセンターに行って見るとその入口にやっと「JURASSIC PARK」のロコが着いたジープの展示があって、ようやく会場発見。
そう、「JURASSIC CON」とは、映画「JURASSIC PARK」に使用された小道具などの展示をするイベント。これで、ようやく見られると思ったら、今度は意外な程の長蛇の列。
なんで、今さら? と思ったら、何と言うことは無い。会場がちょーーーーーー狭くて人が入りきらないだけ。
だって、あくまで「PREHISTORIC OC」イベントの一部に過ぎないんですもん。
しかも雰囲気を出すためか室内が妙に暗くて、恐竜の怖さは実感できたけど展示品の細部まで見ることは出来なくて、ちょっと残念。

でもって、ここで偶然にも数少ないアメリカ人の友達 S とバッタリ再会。こんな小さなイベントで会っちゃうなんて、彼と旦那さんの嗜好ベクトルは、同じ方向を向いている事が実証されちゃったわね。


d0221584_104425.jpgd0221584_1045923.jpg
d0221584_1082888.jpgと言う事で、とっとと見終わって外へ出ると、そこではネイティヴ・アメリカンの生活ぶりを紹介するテントがあって、そっちのほうが興味津々。

珍しい事に、インディアン・タコス(平たい揚げパンにレタスやトマト、煮豆などを載せて食べるネイティヴ・アメリカンの名物料理)の屋台があって、モニュメント・バレーで食べたことを思い出しながら食べたわ。美味しいけど、やっぱり油っこいのよね。(インディアン・タコス = ナバホタコのブログはこちら
どうせならネイティヴ・アメリカン・グッズも売っていてくれたらよかったのに。。。反動で衝動買い三昧だったかも。


さらに、パーク中央にある魚釣りも出来る池のほとりの芝生では、米村でんじろう先生ばりに化学の実験をしていて、これもまた面白かったわ。
d0221584_1093524.jpgd0221584_10101821.jpg
ペットボトルにガムテープでレンガを固定。そこへ液体窒素を注入。
でもって、それを縁ギリギリまで水を張った巨大バケツへじゃぼん。
すると程なく、大きな音と共に水柱が。
これには、回りを囲んでいた子供たちだけでなく大人も驚いたわ。
ペットボトルは裂けるけど、レンガのお陰で飛び出して来ることはないので、飛び散るのは水だけ。
でもって、もちろん子供たちは「もっと、大きなのを!」と叫ぶわけ。
d0221584_10105964.jpgd0221584_10111637.jpg
それに応えて、アメリカ版でんじろう先生はさらに大きなペットボトルに液体窒素を入れて、巨大バケツへドボン。
じわじわと化学反応が起きているんだろうなと想像しながら待っていると、突然、ボンッ!
今度は水柱だけでなく、バケツ自体が飛び上がるほどの威力。
大歓声が上がったのは言う間でも無いわね。
こういう楽しい実験ばかりだったら、私ももうちょっとは真面目に勉強したかもね。

と言う事で本命よりも、ささやかだけど楽しいイベントに遭遇した一日でした。



※「OC PARK」 http://www.ocparks.com/clarkpark/default.asp?Show=Events_10
※「JURASSIC CON」 http://jurassiccon.wix.com/survive
 ↑英語力が低いから解りづらいのかとも思ったけど、アメリカ人の友達でさえ、間違って過去に開催された場所へ行ってしまったくらい分かりづらい最悪なサイト。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-10-20 10:27 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 06日
POWER-CON THUNDERCON 2012 に行ったことを振り返る。
2012年09月23日

d0221584_8381416.jpg先月は COMIKAZE 2012(その時のブログはこちらの直後メキシコ旅行へ行き、帰って来た早々、実は「POWER- CON THUNDERCON 2012」にも行っていました。

メキシコ旅行のブログアップ(そのブログはこちらなどで、随分と後回しになってしまったけど、備忘録としてここで記録しておきます。

開催されたのは、09月22、23日の二日間。会場は珍しくロサンゼルスの中心からちょっと離れた、TORRANCE(トーランス)の MARRIOTT SOUTH BAY HOTEL。
ホテルを使ってコミックイベントが行われるのは珍しくないことですが、トーランスってことがちょっと意外でした。

d0221584_8384342.jpgさて、このイベントはふたつのアニメ「HE-MAN」シリーズ(実はよく知らない。実写もあるらしい)と「THUNDERCATS」が合体したイベント。その「THUNDERCATS」も最近放映された新シリーズよりも、大昔のオリジナル版のファンのためのイベントです。
とは言え、新シリーズ関連商品が全く無いわけではありませんでした。
(写真はパフレット)

d0221584_8393788.jpgd0221584_8395253.jpg
会場内は他のコミックイベントと変わらず、古〜いオモチャがいっぱい。少々狭いながらも多くの店が出店していて、もちろんアニメの声優さんもいらしていました。
右の写真、手前のお二人は「THUNDERCATS」のキャストなんだとか。なにせ、昔のアニメはほとんど見たことが無いので(DVDで勉強しておけば良かった!)、折角のチャンスなのに今ひとつピンと来ず、残念。

d0221584_8412775.jpgd0221584_842849.jpg
d0221584_8415295.jpg他にはセル画の販売があったり、オモチャのセット(?・写真右)があったり、こんな「コロちゃんパック」のようなカセットテープが売られていました。
当時を知る人にはお宝なんでしょうねぇ。。。。

イラストを描く人も結構いました。


それにしても、昔の「THUNDERCATS」は未だに人気があるっていうんですから、その勢いで新しい「THUNDERCATS」も人気が出てくれたら良かったのにな。。。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-10-06 08:50 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 25日
「STAN LEE'S COMIKAZE EXPO 2012」に行ってきました。
2012年09月15〜16日

ちょっと遡って、先々週のお話です。
旦那さんとまたもやコミックイベントへ行ってきました。今回は「STAN LEE'S COMIKAZE EXPO 2012」(http://comikazeexpo.com/)。
d0221584_9161886.jpgd0221584_916378.jpg
昨年のコミカゼは同じ Los Angeles Convention Center でも駐車場スペースでこぢんまりとしたイベントでした。
なのに今年は、South Hall で大々的に行われてビックリ! しかもイベント名に「STAN LEE'S」と冠が付き、さらにはスタン・リー氏のグッズの販売も。これは一体どうしたことかと、事情を知る知り合いに尋ねたところ、昨年はゲストで出演したスタン・リー氏が、今年はイベントをそっくり丸ごと買い取ってしまったと言うではありませんか! さすがコミック界のドン、スケールが違います。マーベル・コミックの映画にカメオ出演しているだけではないんですね。(※コミック違いをしていましたので修正しました。失礼しました。m(_ _)m)

d0221584_9172482.jpg当然、会場内にも彼の顔や名前があっちこっちに。メインステージを挟むようにこんな大きなバナーも。さらに、何故か、PMC2012でシンボルとなっていたパワーレンジャーの巨大スタチューもいました。(その時のブログはこちら

昨年の倍以上(3倍くらい?)広くなった会場内は、こんな感じ。
(写真はクリックで別ウインドウが開きます。)
d0221584_9181915.jpgd0221584_9183572.jpgd0221584_9185292.jpg
d0221584_9204778.jpgd0221584_921897.jpg
d0221584_925164.jpgd0221584_9235531.jpgd0221584_9241578.jpg
やはりアメコミを中心としたイベントである事に変わりはなく、アーティスト系の比率が高いのが特徴と言えば特徴かな。
イラストを販売する人、立体物を作る人、特殊メイクの実演をする人、様々です。

d0221584_940547.jpg「SPAWN」シリーズを手掛ける Todd McFarlane 氏のブースでは、サインを求めて長蛇の列が出来ていました。

d0221584_9221663.jpgd0221584_926675.jpg
目を惹いたのは、木製の剣(木刀?)を売る人や、コスチューム用の革製品のパーツを売る人など、クラフト系のショップ。これまでのイベントよりも多く感じました。

d0221584_9264910.jpgそして意外な人を発見!
POWER RANGERS SUPER SAMURAI」ジェイデン役の彼。なんとテレビ番組のレポーターとしてイベントを取材していました。


もちろん、コスプレイヤーもたくさん会場内を闊歩していましたよ。(写真はクリックで別ウインドウが開きます。)
d0221584_9274792.jpgd0221584_9291174.jpg
d0221584_9302185.jpgd0221584_9304259.jpgd0221584_9305746.jpg
d0221584_932628.jpgd0221584_9322911.jpgd0221584_933118.jpg
d0221584_9353915.jpg色々な人がいましたが、全体的な印象としては、元キャラが男性なのにそれを女性版にアレンジしてコスプレしてる女性が多かったように思います。それ以前に、女性のコスプレイヤー自体が多くいたようにも感じます。
コスプレする女性の荷物持ちで彼氏が一緒にいる、なんてパターンも多かったですね。
また、会場内には特設コーナー「ZOMBIE APOCALYPSE」があり、そこからゾンビがぞろぞろ出て来て、お客さんを脅かしたりして、会場内は常に賑やかでした。

d0221584_934328.jpgd0221584_9342928.jpg
ラジコンのR2-D2の集まりがあったらしく、色々なカラーパターンのR2-D2系ロボットを見かけました。まるでバットマンとセットのような黒いこの子は、ラジコン操縦者の姿が見当たらず、まるで自走しているかのようで可愛かった♪ この両手にタトゥーのオジサンがこっそり操縦しているんですけどね。

d0221584_9351120.jpgちょー可愛かったのが、風船タイプのR2-D2(恐らくラジコンの上に載せている)をリードで繋いで、まるで愛犬のように連れて歩く小さなレイア姫。こちらはお母さんが少し離れてこっそり操縦しているので、R2-D2の動きが自発的に見えてとても可愛かったです。

d0221584_9374579.jpgd0221584_938398.jpg
極めつけは、ウォーリー!!
ほぼ実物大(?)。もちろんラジコンで、巧みに動くのが本当にかわいかった♪ ウォーリー大好きのウチの旦那さん、いつぞやのようにまたもや私を置き去りにして走り出し、満面の笑顔でウォーリーの目の前に飛び出して行きました。(いつぞやのブログはこちら

San Diego COMI-CON ほど大きくはないものの、楽しいイベントでした。
来年はスタン・リー氏の手腕でまたさらに大きくなるかも? だけど、あまり大きくなりすぎても疲れるだけだから、これくらいが調度良いなと思うのでした。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-09-25 09:50 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 24日
「PMC 2012」- PART 3- 個性的なコスプレイヤーたち 。
8月17日、18日、19日の3日間、PASADENA CONVENTION CENTER で開催された「POWER MORPHICON 2012」。(offcialpowermorphicon.com
-PART 1-はこちら-PART 2-はこちら

d0221584_1252284.jpg開催期間中お客さんを楽しませてくれたのは、ゲストばかりではありません。お客さん自らがコスプレして一緒に楽しんでいましたので、たくさんいたコスプレイヤーの中から気になった人達をご紹介します。
d0221584_1253794.jpgd0221584_1256318.jpg
d0221584_12563734.jpgd0221584_12533288.jpg
d0221584_1352955.jpgまるで本物のようにマスクやコスチュームの出来も良く、なりきっているレンジャーたち。
d0221584_12545869.jpgd0221584_12551647.jpg
意外だったのは、こちらのポーズも凛々しいタイムファイヤーは、実は右の写真のようにソフトな顔立ちの女性だったこと。

d0221584_1302268.jpg
会場にはもちろん、チビッココスプレイヤーもたくさんいました。
d0221584_12571668.jpgd0221584_12573540.jpg
大抵はハロウィン用に販売されているコスチュームですが、中にはこのゴールドレンジャーのように一部手作りの子も。ブーツとマスクの後頭部は明らかに手作りでした。

d0221584_12583559.jpgd0221584_12585936.jpg
ちなみに、金髪&ブルーアイのチビッコと一緒に写っているレッドレンジャーは、会場内で突然始まったアクションショー(ブログ-PART 1-参照)のパフォーマー。コスプレイヤーではありません。また、デカマスターと一緒のMEGAFORCE(ゴセイジャー)もオフィシャルでコスプレイヤーではありません、念のため。

パワーレンジャーのイベントだけに、そのコスプレはレンジャーばかりとなりがち。なので、人数もアニメのイベントなどに比べたらちょっと少ないようでした。そんな中、レンジャー以外の異色のコスプレイヤーもちらほら見かけました。

d0221584_131368.jpgヒーロー繋がりでOKだと思うのですが、「仮面ライダーW」の翔太郎とフィリップ。本物のダブル(倍)以上もありそうなお二人ですが、すっかりなりきっていました。それにしても、変身ベルト、どうやって腰に巻いてるんだろう? ベルトの長さ、足りないよね? 

ちなみに、3日目に行われたコスプレ大会には彼らも参加していて、壇上では変身シーンを披露。フィリップ役の彼女はちゃんと舞台に倒れ込み、客席から拍手をもらっていました。だけど、彼女が倒れたら誰も運べない。。。。

d0221584_1321591.jpgそして早くもいました「非公認戦隊アキバレンジャー」のアキバレッド!。しかも、段ボール製。番組中にも段ボール製のコスチュームは登場していますから、正しいコスプレですよね。それにしても、ディープです。
d0221584_133026.jpg極めつけはこちらの、悟空。しかも、ちゃ〜んと衣装を「MIGHTY MORPHIN POWER RANGERS(MMPR)」(恐竜戦隊ジュウレンジャー)の悟空カラーにし、変身アイテムの「POWERMORPHER(ダイノバックラー)」を腰に付けているところが偉い! MMPR と悟空のコラボ・コスプレでした。

あれ? もしかして彼は去年の PMX2011 でも見かけた悟空? 日本発のキャラクターが好きなんですね。(PMX2011のブログはこちら

d0221584_1342418.jpgd0221584_1335793.jpg
先ほども触れましたが、3日目は「Costume Contest」(コスプレ大会)が行われました。
レンジャーのコスプレが多い中、変身前のコスプレも結構いて彼らは変身ポーズを声高々に叫び披露、客席の歓声を集めます。
アメリカではまだ上陸前の海賊戦隊ゴーカイジャーのキャプテン・マーベラスや、「JUNGLE FURY」ではなく獣拳戦隊ゲキレンジャーのジャンの変身シーンを女の子が披露したり、みんな日本のオリジナルのスーパー戦隊の事を本当に良く知っていてビックリです。
※左側の写真は、自分の出番を舞台袖で待つ参加者たち。

そして、優勝者は。。。。。。。ジャーン!
d0221584_136193.jpg電磁戦隊メガレンジャー(IN SPACE)の2号ロボ「メガボイジャー」でした。(番組名が間違っていましたので修正しました。すみませんm(_ _)m。)
段ボール製で随分と動きにくそうで、表彰のために壇上へ上がろうとしましたが、出来ません。視界も悪いんでしょうね。
d0221584_1363931.jpg
d0221584_1371567.jpgその一方、壇上では2位の「TITANIUM RANGER(タイタニアムレンジャー/救急戦隊ゴーゴーファイブのPR版 LIGHTSPEED RESCUE のオリジナルレンジャー)」と3位の「MMPR チーム」が、まるで本物のようにポージング。当然撮影会となって大盛り上がり、「SAMURAI」の番組中でもやっている円陣を組んだパワーレンジャーの決めぜりふ「FOREVER !」を叫びジャンプするなど、その勢いは止まりません。1位の「メガボイジャー」がかわいそうになるくらいでした(笑)。だけど、このあともステージ脇でメガボイジャーを含めて撮影会が続いていました。

d0221584_138448.jpg
そして、3日目の最後「Closing ceremony」では壇上にゲストが終結して最後のご挨拶。写真左端のマイクを持った主催者 Scott 氏の口から、ゲストやお客さんへの感謝の言葉に続き次回の開催が2014年であることが発表され、熱いイベントは終了しました。

他にもコンサートがあったりゲームルームがあったりと、見られなかった所もたくさんあっただけに、次回開催が再来年とは何とも待ち遠しい。
その頃までアメリカにいられると良いなぁ。。。。。。旦那さんの赴任期間が決まっていない我が家では、先の見通しがちっとも立たないのです。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-08-24 13:30 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 23日
「PMC 2012」- PART 2- ミーハー熱が急上昇。
8月17日、18日、19日の3日間、PASADENA CONVENTION CENTER で開催された「POWER MORPHICON 2012 (PMC2012)」。(offocialpowermorphicon.com
(-PART 1-はこちら

d0221584_14453137.jpgこのイベントでファンが一番の楽しみしているのは、やはり歴代レンジャーのキャストと会える事では無いでしょうか。
アメリカでは最初に放映された「MIGHTY MORPHIN POWER RANGERS(MMPR)」(日本で言う恐竜戦隊ジュウレンジャー)が、もう20年近くも前の作品だというのに未だに根強い人気です。そういったキャストと会えることはファンにとってはとても嬉しい事だと思います。(年数を勘違いしていましたので修正しました。失礼しました。)

そしてもちろん、この「PMC2012」にも MMPR を初めとする歴代レンジャーのキャストが、パネルディスカッションをし、それ以外の時間はゲストテーブルにいてくれますから、彼らのテーブルはいつもファンに囲まれていました。

↓ 歴代レンジャーによるパネル・ディスカッションでは、ファンからの様々な質問に答えていました。
d0221584_1447498.jpgd0221584_14472944.jpg
d0221584_14474880.jpg

ゲストのテーブルには、こんなバナーが。
d0221584_14545237.jpgd0221584_1454338.jpgd0221584_1455911.jpg
d0221584_14555933.jpgd0221584_14561563.jpgd0221584_14563280.jpg
レンジャーはもちろん、コメディ部分を担当するバルク役のポールや、悪役、怪人の声優さんなど、様々な出演者が写真などの自身をPRするグッズを並べて、ファンに対応していました。

d0221584_14503717.jpgd0221584_14505767.jpg
それでも、やはり今一番人気があるのは、現在放映中の「POWER RANGERS SUPER SAMURAI」の面々でしょう。2日目に行われた無料のサイン会では、ズラリと長い列が出来ていました。
また、SAMURAI のメンバーもとても気さくで、子供たちに話し掛けたり、メンバー同士でふざけ合ったりと見ているだけでも楽しそう。

ちなみに彼ら SAMURAI のメンバーのゲストテーブルは無く、有料でサインなどを売ると言う事はありませんでした。番組放映中の現役レンジャーだからかしらん?
d0221584_14515713.jpgd0221584_14521821.jpg
d0221584_14525513.jpgd0221584_14531262.jpg

そんな彼らも、ファンの質問に答えるべくパネル・ディスカッションが行われ、ファンとの交流を楽しんでいました。
d0221584_1501422.jpg
d0221584_1505235.jpg
ここでは、なんと、Deker(十臓/写真左端)も登壇。まさか、彼も来ているとは思わなかったので、ものすごく得した気分になっちゃいました♪
d0221584_1511522.jpg
最後には5人で変身ポーズを披露。さーすが!

d0221584_1513972.jpg
SAMURAI のメンバーが去ったあと、スクリーンにはレジェンド大戦のシーンが流れ出し、会場は総立ちにならんばかりの盛り上がり。みんな奇声を上げて大喜びしていました。あのシーンが何を意味するのか、アメリカのファンにも周知の事実だったんですね。いや〜、びっくり。

d0221584_1521167.jpg
そしてさらにだめ押しサプライズ。MEGAFORCE(天装戦隊ゴセイジャー)のコスチュームを身にまとい、マスクを抱えた初々しい5人の若者が登場。これまで未発表だったキャストのお披露目です。(名前を言ってましたが、残念ながら私のヒアリング力では聞き取れずf(^_^;。)
日本なら大々的な記者会見となるようなことが、ファンイベントでされちゃうなんて凄いですね!
 
d0221584_153762.jpg
d0221584_1532658.jpgd0221584_1534485.jpg
それにしても、なんて素敵な方々。レッドなんて王子様みたい。。。♪ なのに、ウチの旦那さんったら「サンダーバードの人形みたい」って! それだけ端正な顔、って言うことにしておきましょう。
イエローもピンクも美人で、およそアクションとは無縁のおしとやかそうな女性。一体どんなヒーローになるのか楽しみです。

d0221584_1544436.jpg
壇上には SAMURAI のメンバーも再度登壇し夢の共演。なんておいしいパネル・ディスカッション。

d0221584_155756.jpgしかも、SAMURAI GREEN の Mike は最後までファンとの写真撮影に応じてくれて、コスプレとはいえ、ゴーカイグリーンとのこれまた夢のツーショットが実現。ステージ上でも一番テンションが高かったし、可愛いし、ファンを大切にする優しい Mike のファンになっちゃうわん。

d0221584_1555620.jpg夢のようなパネル・ディスカッションが終わって人混みに揉まれながらパネルルームの外へ出ると、なんと、Deker を発見! しかも彼も気軽にファンの写真に応じているではありませんか。ここもう「アタック!(ボウケンジャー風)」。 
写真をお願いすると快く応じてくれた上に、こ〜んなに身体を密着してくれちゃって、もう!!! ああ、もう、いつ死んでもいい、って言うくらいぽわわ〜〜ん。

Mike は可愛いし、Deker はカッコイイし、ここへ来てミーハー熱が急上昇。2日目は最高でした ♪


一応 PART 3もアップ予定です。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-08-23 15:30 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 22日
POWER MORPHICON 2012 に行ってきました!- PART 1-
d0221584_10531789.jpg去年から楽しみにしていた「POWER MORPHICON 2012」が遂に開催されました!
と言う事で、先週末の8月17日、18日、19日の3日間、PASADENA CONVENTION CENTER へ旦那さんと一緒に泊まりがけで出かけきました。
officialpowermorphicon.com/

今回がまだ3回目という若いイベントで、今回が最大級(って、まだ3回目ですからねf(^_^;)。
会場の周りには、入場が待ちきれないお客さんがたくさん集まってましたが、南カリフォルニアもここ数日熱波で暑くなっている中、そんなことは物ともしない方々でした。

d0221584_10242949.jpg正面ロビーではサンディエゴでも見かけた巨大スタチューが、そんな熱いお客さんをお出迎えし、メイン会場までの通路にはオモチャ屋さんや、イラストの実演販売、さらには主催者 Scott 氏のコレクションらしい撮影に使用された着ぐるみの展示などが並んでいました。
d0221584_10253646.jpgd0221584_10261391.jpg
d0221584_10263586.jpg

d0221584_10271893.jpgそして、中へ入ると右手にはまたまた巨大スタチュー、今度はメガモードのサムライレッドレンジャー。正面ホールのスタチューほどではありませんが、高さは12フィート(約3m66cm)もあるとかで、やっぱり大きいです。
d0221584_1028585.jpgd0221584_10285718.jpg
d0221584_1028283.jpgd0221584_10292021.jpg
彼を中心とした一画はバンダイアメリカのブースで、これから発売予定の商品の展示や合体ロボで遊べるコーナーもありました。

d0221584_10294682.jpgd0221584_1030986.jpg
↑子供用のマスクなんですが、彼にはまだ大きいようです(笑)。

d0221584_10314690.jpgd0221584_103255.jpg
巨大メガ・サムライレッドの前では早速記念写真を撮る人が続出。その脇で長蛇の列が出来ていたのは、POWER MORPHICON 2012 限定販売のフィギュアセット($35=約2,800円)を購入するための列。限定品はイベントには欠かせませんね。

そして会場全体はこんな感じでした。
d0221584_10343449.jpgd0221584_10354590.jpg
d0221584_10351565.jpg白いカバーの付いたテーブルは、レンジャーを演じた役者さんや怪人の声を演じた声優さん、レンジャーをデザインしたデザイナーなどゲストの方々のテーブル。彼らはファンの要望に応えて、サインをしたり、写真を撮ったりしています。もちろん、有料です! アメリカのイベントでは有料なのは当たり前なんですね。日本とは大きく違う所です。

d0221584_7423988.jpgd0221584_1037552.jpg
d0221584_10372563.jpgd0221584_10374764.jpg
その周りにはオモチャ屋さんなどのお店がずらり。日本ではもう見ることのない古〜いオモチャも現役ですし、もちろん新しいオモチャも、いち早く日本から取り寄せて販売している所もあります。

このほかに、Main panel room A と Panel room B があって、そちらでは時間ごとにゲストがトークショーなどをしています。
2日目は Main panel room A でSUPER SAMURAI のキャストのQ&Aがあり、更にはPOWER RANGERS MEGAFORCE天装戦隊ゴセイジャーのパワーレンジャー版)のキャスト発表もあって、非常に盛り上がりました。そちらは次回 PART 2でアップします。

さらに会場内にはコスプレイヤーもたくさんいて、コスプレ大会もありましたから、そちらは PART 3でアップしますね。
d0221584_1039153.jpg2日目の午後、会場内にとっても出来の良い歴代のレッドレンジャーのコスプレがやたらたくさん出没しているな〜と思って、写真を撮って浮かれていたら、なんと! 突然現れた MOOGERS(ナナシ)とバトルを始めました。オフィシャルのパフォーマンスだったんです。
それはもう、会場は大盛り上がり。だけど、日本の殺陣とはちょっと違って、どうしても音楽に合わせてダンスのようになっちゃうのが、残念! 空手の型のようなポーズもあるんですけどねぇ。やはりあのヒーロー独特のアクションは日本のお家芸なんですね。

動画はこちらをどうぞ。


d0221584_1040924.jpgd0221584_10404882.jpg
会場内が落ち着きを取り戻した頃、メガ・サムライレッドの足元での撮影会が始まっていました。SUPER SAMURAI と初代パワーレンジャーのレッドの夢の共演! なんですが、このレッドはコスプレイヤー。なりきってます。もちろん、子供たちとの写真撮影も盛り上がっていました。

さらに子供たちにはこんなお楽しみも。
紙製の人形「PINATA(ピニャータ)」、元々はメキシコでクリスマスや誕生日に子供のためにお菓子を詰めた紙張り子なんですが、現在ではアメリカでもとてもポピュラーになっていて、この PINATA を見事割った子はヒーローなんだとか。
d0221584_10424957.jpg写真の彼も PINATA の MOOGER(ナナシ)に向かって、果敢にアタック。だけどまだ彼にはまだ無理だったみたい。もっと大きな子が割って、中からはお菓子ではなくサムライレッドの小さなSDフィギュアがたくさんこぼれ出しました。


d0221584_10434523.jpg
Main panel room A でお披露目を済ませてからは、MEGAFORCE の撮影会もメガ・サムライレッドの足元で始まりました。アメリカではまだ知名度の低い新ヒーローですが、それでもたくさんのお客さんが一緒に写真を撮ろうと周りを囲んでいました。
とは言え、このイベントに来る熱いファンは既に日本の戦隊シリーズのことはよ〜く知っていて、ゴセイジャーのみならず、海賊戦隊ゴーカイジャーのアメリカ上陸をも今か今かと待ちわびているようでした。
d0221584_10443892.jpgd0221584_10445923.jpg
それにしてもメガ・サムライレッド、大きかったわ〜。


PART2に続く。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-08-22 11:03 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 07月 15日
San Diego Comic-Con 2012 に行って来ました。
d0221584_91996.gif7月12日(木)から San Diego Convention Center で開催中の「San Diego Comic-Con 2012」(http://www.comic-con.org/cci/index.php)に、初日の12日(正確には11日に前夜祭 PREVIEW NIGHT がありました)に旦那さんと二人、ロサンゼルスから車を走らせ日帰りで行って来ました。

d0221584_915180.jpg約2時間半のドライブの後、巨大で洒落た San Diego Convention Center に到着。
噂に聞いていましたが、本当にとても大きなイベントでビックリです。
だって、会場の回りには既に多くのコスプレイヤーを含むお客さんが、ぞろぞろ。生憎の曇り空&雨がちょっとだけパラつきましたが、そんな事は全く気にせず、続々とコンベンションセンターを目指して歩いているのが、印象的でした。

d0221584_921811.jpgしかも、中にはもう買い物を済ませて会場を後にする人も。大きなオモチャの箱を両手に抱えている人も目立ちました。旦那さんによると、あれは Hasbro の限定品なんだとか。
そんな人達を眺めながら、この時私達は駐車場難民となっていたのでした。
何しろこのイベントは大人気でチケット=Badge の入手はもちろん、駐車場の手配も事前にネットしておくのがツウなんだとか。そんなこととは知らず、会場の駐車場はおろか、隣近所のホテルの駐車場も満車。会場の回りを駐車場を探してウロウロするハメになりました。結局、会場からは結構離れた場所にコイン駐車場をようやく見つけ、歩いて会場へ。来年はもうちょっと事前に準備をしておかなくては、と思うのでした。

※写真は全てクリックで大きくなります。
d0221584_932276.jpgd0221584_934154.jpg
会場へは、一番端っこの Lobby G から入場したので、端から順番に見ていくことに。
「ARTSIT'S ALLEY」の近くで、BANDAI NAMCO ブースを発見。POWER RANGERS SUPER SAMURAI の限定品が展示されていました。メタリックカラーのメガモード のRANGERS のセット。12時半くらいでしたが、残念ながらこの日の分は売り切れに。orz。人気なんですね。

d0221584_943899.jpgd0221584_95111.jpg
San Diego Comic-Con(以下SDCC)は初めてですが、基本的には先日に行った「Anime Expo」や「E3」等と同じに感じます。大きく違うのはワーナー・ブラザーズやFOX、CARTOON NETWORK や nickelodeon と言った映画配給会社やテレビ局によるド派手なブースが数多くあることかな。
特に映画配給会社のブースには、日によっては役者が来てイベントをしたりするそうなので、マスコミ関係者も多く集まっています。
ちなみに、写真右は FOX のブース。誰かは解りませんが有名人が来てサイン会をしており、お客さんだけでなく取材のテレビカメラなどでごった返していました。

新作映画関係のディスプレイもたくさんありました。
d0221584_955241.jpgd0221584_961576.jpg
「TOTAL RECALL」や「G.I.JOE」。

d0221584_973861.jpgd0221584_97572.jpg
それに「KNIGHT RIDER」まで。映画、あったかな?

d0221584_984489.jpgd0221584_99456.jpg
「BATMAN」はスタチューの展示の他に、BATMANデザインのライダースーツ(写真右)を展示販売しているブースがありました。

d0221584_994952.jpg
私としてはとっても気になる「IRON MAN3」。ですが、イベント中でたくさんの人が集まっていて、折角7体もの IRON MAN が勢揃いしているのに、近づいて見ることも出来ず、涙(T T)。

d0221584_9102398.jpg他にもこれから公開される「THE HOBBIT」のブースもありましたが、それとは別にニュージーランドの特撮の会社・WETA のブースでは、1/1スメアゴルのスタチューがあり、ちょーリアルで不気味でした。
d0221584_9105639.jpgティム・バートンの最新作「FRANKENWEENIE」のブースもあり、不気味可愛い感じが、女子に受けてるようでした。
d0221584_9112934.jpg最近 nickelodeon で放映されたアニメ「The Legend of Korra」のブースもありました。昨年放映されていた「Avatar: The Last Airbender」の続編で、Anime Expo でもイラストを書いているファンがいたので、結構人気があるようです。

d0221584_912550.jpgd0221584_9123229.jpg
さらに TAMASHII NATIONS でスーパーロボット超合金の「大獣神」を発見。POWER RANGERS のファースト・メガゾードですから、アメリカでも販売されるらしいです。

d0221584_9132524.jpgd0221584_913566.jpg
Hasbro では昨年も「ボット・コン」で見た巨大なオプティマス・プライムが、どーん。
そして、こちら(写真右)が新製品の「ヘリ・キャリアー」。(こちらは限定品ではありませんでした。m(_ _)m)

d0221584_91440100.jpgそして、世界中どこにでもいるキティちゃん。ここ Toynami では「ストリート・ファイター」とコラボっていました。

d0221584_915264.jpg
SIDESHOW のフィギュアは、相変わらずちょーリアル。だけど、トニー・スタークは恰好良く作りすぎ。もちょっとお茶目な顔で、足も短いでしょ? だけど、脱着シーンの再現だなんて嬉しすぎです。

d0221584_9155388.jpgさらに SIDESHOW の商品は巨大化しています。こちらの「ロード・オブ・ザ・リング」の SAURON なんて迫力ありすぎ。足元が溶岩の熱い炎に照らされているかのような彩色も見事です。


d0221584_9163529.jpgd0221584_9165464.jpg
とにかく、会場が広くてた〜いへん。ここま来てやっと2/3くらいかな。だけど既に3時間以上。もう既に足が棒。引きずりつつ先へ進みます。

d0221584_9173755.jpg撮影で使われた本物のトルーパーの頭部。オークションでの販売なんだそうです。それにしても、こんなに黄ばんじゃうんですね。
d0221584_9181879.jpgd0221584_9183662.jpg
そして、この辺りからアメコミを販売するブースが増えて来ました。
旦那さんによると、10年くらい前はこういうお店の方が多かったんだそうです。それがどんどん大きくなって、企業ブースが増えて今のような形になったんだとか。
確かにこの先は、ファンのイベント、と言った感じでこぢんまりしたブースが多くなりました。

d0221584_9193834.jpgd0221584_9195751.jpg
なので、こんな昔のお宝(?)商品もちらほら。日本の古いオモチャが、海を渡ってアメリカで売られているなんて、なんとも不思議な感じです。
こちら(写真右)は今時? ド●えもんとスパイダーマンのコラボ(?)Tシャツ。ちょっと怖いです。

d0221584_9203981.jpgそして、SDCC にもありました!「nekomimi 」。絶賛実演販売中。ですが、SDCC のコスプレイヤーはアメコミヒーローなどが多いので、さすがに使っている人は少なかったのですが、お店の前は結構な人だかり。皆さん興味はあるようです。

d0221584_9212516.jpgd0221584_9214634.jpg
SDCC ではやはり、アベンジャーズのコスプレが多かったです。

d0221584_9225810.jpgさらに POWER RANGERS の新しいTシャツ? ワンピース? を発見。もう20年も経つのに、やっぱり最初の POWER RANGERS は人気なんですね。と思ったら、彼(↓)にも遭遇。
d0221584_9242154.jpgd0221584_9244028.jpg
会場の端っこ、Lobby A のカフェの前にそびえ立つ 16フィート(4.8m)の RED RANGER の巨大スタチュー。彼が宣伝したかったのは、このファーストシリーズの DVDセット(写真右)。全話がDVD化されるのは初めての事だとか。

と、言うわけで、会場の反対端にたどり着いたのは約5時間後。普段こんなに歩かないのに〜。もう足がぁぁぁ〜。
San Diego Comic-Con、大きすぎです! So Huge !! 

帰りはもちろん、また旦那さんが運転して2時間ほどのドライブ。サンディエゴ日帰りは結構キツイっす。だけど、当の本人は意外とケロっとしていました。好きな事の為なら苦にならないって事かしらん?


※San Diego Comic-Con = http://www.comic-con.org/cci/index.php
※「Anime Expo」のブログはこちら = http://suneya02.exblog.jp/16231560/
※「E3」のブログはこちら = http://suneya02.exblog.jp/16018934/
※「ボット・コン(トランスフォーマー・ボットコン)」のブログはこちら = http://suneya02.exblog.jp/13735183/

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-07-15 09:53 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 09日
アメリカ生まれのジャパニーズ・ヒーロー「FUJIYAMA ICHIBAN」のヒーローショー・デビューを目撃!
d0221584_1153057.jpg今年も、TORRANCE の Cultural Arts Center で行われた「ブリッジUSA夏祭り」に行って来ました。(CA時間7月8日)
初めて行った昨年は、日本風な“夏祭り”に心がほっこりしましたが、今年はさらに日本的なものが登場すると言うことで、カメラ持参で出かけました。
それが、こちらのご当地ヒーロー「FUJIYAMA ICHIBAN(フジヤマイチバン)」のヒーローショー。

ヒーローショーと言えばやはり日本のお家芸でしょう。日本にいるときは、東京ドームシティの野外劇場(今はもうなくなっちゃいましたね)や、その後出来た G-ROSSO にも行きましたし、近所のショッピングモールなどで開かれるショーも買い物がてら覗いたものです。
そのショーが、ここアメリカにもあるなんて、ビックリ。

d0221584_11544789.jpgそもそもこのご当地ヒーロー「フジヤマイチバン」って何者? って感じですが、こちらに来たばかりの頃にこんなフリーペーパーを見つけました。この時はまだ漫画で、そのちょっと痛い絵柄に少々引き気味に。なので、今日のヒーローショーも一体どんな物かと、期待半分心配半分な気持ちで観に行きました。

■FUJIYAMA ICHIBAN
FujiyamaIchiban.com


すると、ステージ前には親子連れからお年寄りまでたくさんの方が集まっていて、ヒーローショーって、やはり日本人にはなじみ深いものなんだと実感。みんな好きなんですね。

いよいよショーのスタート。
d0221584_11555286.jpg
やはりここはお決まりで、まずはMCのお姉さんが登場。客席の子供たちに呼びかけますが、まだちょっとついて行けないようで、日本の子供たちのような元気な「お返事」は聞けませんでしたf(^_^;。(ちなみにショーは日本語です)
その後は当然、悪役の登場。この方、ロックマンレッドと言う戦闘員らしいのですが、顔は確かに怖い作りになっているものの、どこか戦隊ちっく。この後ブルーも出て来ますから尚のことです。

d0221584_11562188.jpg
続いてみんなに呼ばれて登場するのが、ヒーロー。
なんと、フジヤマイチバンだけでなく、女性ヒーローも一緒に登場です。このピンクの彼女、名前は「SAKURA ICHIBAN(サクライチバン)」。フジヤマイチバンの幼なじみです。
それにしても、二人とも立派なスーツにビックリ。しかも何とも煌びやか。動く度にカリフォルニアの強い陽射しを受けてキランキラン、光ってます。
まさか、あの漫画からこんな立派なヒーローが誕生するとは、オドロキです!!

d0221584_1158990.jpg
そして、今回のメイン怪人「ダーク・ハングリー」も登場。
これまた、なかなか良くできたスーツでビックリ。日本のテレビ番組も顔負けの出来ではないでしょうか?

d0221584_11585136.jpg
カリフォルニアの青〜い空の下、眩しい太陽をいっぱいに受けて、大立ち回りの始まりです。

d0221584_11591544.jpgd0221584_120394.jpg
その後は、こういったショーの定番。悪の幹部(今回は戦闘員ですが)が客席の子供たちをいじるコーナーに。
客席からステージにあげられた子供たち、ロックマンレッドの怖い風貌にちょっと引き気味。それを察してか、ロックマンレッドは先ほどの怖い口調から一転。丁寧な言葉で優しく話し掛けます。あ、ちなみにこのショーは全編日本語のみで行われました。

悪の軍団に入るための訓練と称して、何故か板の試割りをさせられる子供たち。板を持つロックマンブルーがタイミング良く板を割って、子供たちに会場から拍手が送られ、お土産の風船とステッカーをもらって客席に戻りました。

d0221584_12124.jpg
改めて怪人「ダーク・ハングリー」が登場。再び、フジヤマイチバンたちとの大立ち回りが始まりました。
d0221584_1213867.jpg
d0221584_122274.jpg
桜の花をモチーフにしたサクライチバン。振り袖風のコスチュームで手甲やら帯やら色々と付いていますが、なかなか華麗な立ち回りで、二刀流の剣さばきも見事。私的には、フジヤマイチバンよりサクライチバンのファンになりそうです。
d0221584_1225780.jpg
d0221584_12431100.jpg
d0221584_1244914.jpg
最後はフジヤマイチバンサクライチバン、二人のチカラを合わせて「イチバン・フラッシュ!」(あれ? フリーペーパーの漫画では「フジヤマ・フラッシュ!」ってなってるけど別の技かな?)。
d0221584_125581.jpg
見事、ダーク・ハングリーを退治し、
d0221584_1253869.jpg
ポーズも決まって、めでたしめでたし。

d0221584_1261022.jpgさらに
「Gulliver USA で、僕と握手!」
とまで言ってしまったフジヤマイチバン。水道橋方面に挑戦状? 
これには大笑いしてしまいました。

途中段取りがうまくいかなかった所もあったみたいですが、そこはまあ、デビュー・ショーですから。これからのショーに期待しましょ。

d0221584_1272290.jpgd0221584_1274353.jpg
ショーの後は、スポンサードしている Gulliver USA のブース前で無料のサイン&撮影会を開催。
親子連れの長蛇の列が出来ました。
サクライチバン、普段はおしとやかなようですね、綺麗な立ち姿です。
フジヤマイチバンは、私のカメラに気付くとポーズを取ってくれました。

d0221584_1291156.jpgd0221584_1284667.jpg
サイン会を終えて引き上げるフジヤマイチバンサクライチバン
久々に間近でヒーロー、観ちゃった ♪


ちなみに、その他のブリッジUSA夏祭りの風景はこんな感じでした。
d0221584_121099.jpgd0221584_12112864.jpg
昨年同様、新鮮組の焼き鳥やTANOTAのたこ焼き、GAJAのお好み焼きなど、日本人には嬉しいお祭りメニューが目白押し。
d0221584_12115520.jpg
キャラクターのお面も売っていましたが、残念! フォーゼが逆さまになっている〜〜〜。
だけど、テレビの放映が無いのにフォーゼやゴーバスターズを知っている子供たちも、それらを売っている出店者も凄いです。
ちなみに、幼年誌などはこちらの日系の本屋さんでも売っています。

来年の夏祭りも楽しみです。ん? 来年もアメリカに居るのかな? う〜ん、きっと居るんだろうなぁ。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-07-09 12:33 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)