2017年 03月 07日
マステで簡単模様替え
帰国してからずーっと気になっていたけど、住宅用洗剤で拭いても落ちなかったトイレの壁の黄ばみ。
d0221584_22041592.jpg

結構目立つでしょ? 頻繁にお客様が来る家では無いので、見て見ぬ振りをしてきましたが、今日遂に手を打つことにしました。


と言うのは、昨日たまたま立ち寄ったニトリで、インテリア・マスキングテープなるものを見つけたから。

そうです、掃除を諦め隠すことにしましたσ(^_^;)。だって、ゴシゴシ擦ると壁紙が毛羽立つばかりでちっとも綺麗にならないんですモン。

とは言え、マステを貼る前には一応拭き掃除はしました。

そして、1時間後。
d0221584_22041509.jpg

パッと見、綺麗でしょ?
細かく見るとテープの隙間とかありますけどねσ(^_^;)。

平行に貼るのが結構ムズイ。
でもマステの特性、粘着力の弱さのお陰で何度も貼っては剥がしてと、修正が楽なので助かりました。

d0221584_22041549.jpg

汚れた壁だけで無く、左右にも貼って統一感を出しました。
d0221584_22041572.jpg

d0221584_22041691.jpg

d0221584_22041655.jpg

ぐるっと貼ったので8mのテープを全部使い切りました。
なので1時間もかかちゃったんですよねー。

使ったのはこちら。
d0221584_22041619.jpg

使う前の写真を撮り損ねましたσ(^_^;)。
10cm幅を2段に貼りました。お値段、税込み999円。安上がりで助かります。
これなら気軽に張り替えて模様替えを楽しめますね(^-^)v。
次はどんな柄にしようかな、なんてまだ気が早いか。ははは(^○^)。



by suneya-m | 2017-03-07 21:42 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 28日
自作ショットグラス用ショーケースの続き 
d0221584_6434387.jpgこれまで出かけた先で買い集めてきたショットグラス。いつの間にか結構な数溜まってきたとき、自作したのがこちらのショーケースです。
これまでのアメリカ暮らしで更に増え、今では4つになりました。
(その時のブログはこちら

d0221584_64637100.jpgこれはこれで結構気に入っていたのですが、先日旦那さんと行ったホビーショップ、というよりはクラフトショップの Michaels でステイン塗料「Wood Stain」($12.99=約1,325円※)を見つけ、色を変えてみようと思い立ちました。

ステイン塗料を初めて使いましたが、これって便利ですね。
初心者には特に手軽で楽チンな塗料です。ペンキと違って木材に染みこんで色を付ける塗料なので、刷毛の跡も残りませんし、ガラスにはみ出しても拭き取ることが出来ます。それに乾くのも早いンです。

d0221584_6502979.jpgということで、まずは表面に刷毛代わりの絵筆で塗りつけます。1時間くらいで乾いたので、2度目を塗ります。
d0221584_6512013.jpgこのステイン塗料、便利な点がもうひとつ。それがこの先端。まるでボンドのようにぷにゅ〜と塗料が出ますので、直に塗って筆で伸ばすことが出来て、これまた便利〜。
しゃかしゃか塗れて結構楽し〜い。

d0221584_652111.jpgおもてを塗り終えたところで、内側も同じように二度塗りしました。

これで完成〜。と思いましたが、実はこの塗料、ちょっとこすっただけで色移りの可能性があります。なので、表面を保護するためにニスもしくは保護材を塗った方が良いようです。

しかも表面を滑らかにしようとサンドペーパーを掛けようとしたら、意外と塗装が薄くなるので、塗料を塗る前にサンドペーパーを掛けておけば良かったと、少々後悔。次はまずサンドペーパー掛けから始めた方が良さそうです。

d0221584_652577.jpgニスは残念ながら手元に無いので、旦那さんが使っているイラスト用じゃなくて模型用のトップコートを、ま、同じようなものでしょ? と、ちゃんとガラスをマスキングして、これをスプレー。
取り敢えずはこれで完成〜〜〜。

d0221584_65434.jpg思った以上に趣が出ました。(^_^)v。

ケースはあと3つもあるけどステイン塗料、足りるかな?



■Michaels
www.michaels.com

※$1=102円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2014-06-28 07:22 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 04日
Shadow Box でオリジナルのショーケース造り
先日、旦那さんが趣味の材料を購入するために訪れた Michaels(マイケルズ)は、日本の「ユザワヤ」のようなお店。ビーズや毛糸などの手芸用品から絵画、木工、料理の道具など色々な道具と材料が売られています。

d0221584_717949.jpgそこで、私はすっかり増えたショットグラスを飾るためのショーケースを作ろうと、材料を探しました。


見つけたのは、これらの材料。
d0221584_7115361.jpg右から、
A) Shadow Box(シャドーボックス)と呼ばれる小物を陳列するためのケース。11 x 14 インチ(27.9cm x 35.5cm)で$9.99(約800円)。既にガラスをはめた扉が付いているので、自分で作らなくて済むとっても有り難い品。
B) 11インチにカットされた薄い板(4枚入り/$1.99=約160円)。
C) 接着剤$2.99(約240円)。
D) 写真下、横たわっているのは、3/16 x 1/4 インチ(4.7mm x 6mm)の細い角材(79セント=約63円)。


d0221584_7125590.jpgd0221584_7131794.jpgd0221584_7133443.jpg
まずは D の角材をシャドーボックスの深さよりも短めにカット。
ちょうど割り箸くらいの太さで、カッターで切るにはちょっとしんどく、キッチンナイフでキコキコ。
(なんか、小学生の夏休みの宿題みたいで面白いぞ。(^o^)/)
これを8本作成。切り口がガサガサだったので、旦那さんの部屋で紙やすりを探したけれど見つけられず、困った果てに、爪磨きで滑らかにf(^_^;。
それらの棒に C の接着剤を楊子で付けて、シャドーボックスの内側に貼り付けました。左右の高さを揃えて貼り付けたら、乾くまで放置。

d0221584_7145329.jpgd0221584_7152253.jpg
乾いたところで、B の薄板(これもまた、カット済みなのでとっても便利)の両端に接着剤を付けて、先ほど貼り付けた棒に接着。そしてまた、乾くまで放置。
すると、右の写真のような小さな棚が出来ました。

d0221584_716095.jpgここへ、これまで旅行先でコレクションしてきたショットグラスを並べると、ほ〜ら、ぴったり。って、寸法を測って棚を作ったんだから、当たり前かf(^_^;。

あっちこっちに無造作に並んでいたショットグラスが、すっかり綺麗に片付きました。(^_^)v。


だけど、まだちょっと入りきらないグラスもあるし、これからまた増えるかも知れないので、もうひとケース作ろうかな。意外と簡単にできたので、味を占めてます。

※Michaels www.michaels.com

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-08-04 07:32 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(4)