タグ:イベント ( 45 ) タグの人気記事
2013年 05月 21日
54th Annual Armed Forces Day Parade を観てきました。
d0221584_6204128.jpg先週の土曜日、5月25日は Armed Forces Day(軍隊記念日・軍事パレードの日/5月第3土曜日)で、今年は地元のパレードを観に行って来ました。

(写真はクリックすると「画像一覧」の大きい表示でご覧頂けます。)
d0221584_6213714.jpgd0221584_6215296.jpg
d0221584_622769.jpgシビック・センター前の大通りが通行止めとなり、空には、先日行った CHINO AIR PORT のエアショーのような飛行機が飛び交い(エアショーのブログはこちら、いつもと違った雰囲気にちょっとワクワク。

d0221584_6242168.jpg軍の音楽隊を始め、暑い中、沿道の声援に迎えられ次々と車がやって来ました。が、どう言った人が乗っていたのか全くわからずf(^_^;、ただただ「へぇ〜」と眺めるばかり。
d0221584_62546.jpgd0221584_6252262.jpg
d0221584_6261027.jpg
d0221584_6262758.jpg
メインとなるシビック・センター正面には雛壇が設けられ、どうやら市長さんらお偉い方々が観覧していたようです。


d0221584_628020.jpg
d0221584_6281954.jpg
すると、目の前に警備の白バイ(こちらの警察のバイク、黒いからこうは言わないかf(^_^;)が1台2台と集まり、途中出入りがあったものの、一番多いときには7台まで勢揃いし(写真は6台ですが、一瞬7台並んだときがあり、旦那さんは「ワイルド7だ」と喜んでいました)、パレードを観るにはちょっと邪魔でしたが、これはこれでこんな間近で観られてラッキーでした。
d0221584_6292139.jpgd0221584_6293947.jpg
d0221584_630787.jpgd0221584_6302757.jpg
d0221584_6313126.jpgd0221584_631698.jpg
d0221584_63242.jpgパレードでは意外にも、ハイスクールやミドルスクールの音楽隊やドリルチームが多数参加していて、地域に根付いたイベントであることがわかりました。
まだまだ練習中と言った風の、どことなくゆる〜い感じがまた良かったです。

そして軍関係の車両も続々と登場。
d0221584_633175.jpgd0221584_6332217.jpg
d0221584_6334629.jpgd0221584_634621.jpg
d0221584_6342687.jpgd0221584_6344562.jpg
「GO FOR BROKE」とは「全力を尽くせ!」みたいな意味だと初めて知りました。
以前行った戦艦アイオワの博物館もボートで参加。(戦艦アイオワ博物館のブログはこちら
戦車やミサイルも。これらは今年もショッピングモールの駐車場での展示会(MILITARY EXHIBITS)で展示されていましたので、詳細は次回のブログでまとめてご紹介します。(ちなみに去年の MILITARY EXHIBITS のブログはこちら

d0221584_6372288.jpgd0221584_637261.jpg
d0221584_6375839.jpg

d0221584_6383915.jpgd0221584_639260.jpg
MARINE CORPS(海兵隊)や CORST GUARD(沿岸警備隊)も参加。そして最後は西部劇に出て来そうな保安官風の、空砲なんでしょうけれど銃を撃つ様にオドロキつつ、約1時間半以上あったパレードを見届けました。

d0221584_6392670.jpgしんがりの警備をしていたのは、こちらのチャリンコ部隊。これもまたカリフォルニアらしいと思うのです。
d0221584_6394838.jpgそして振り返れば、通行止め中のメインストリート。普段なら車がビュンビュン飛び交う片側3車線の道路も、こんなにガラ〜ン。ちょっと不思議な光景でした。



次回は MILITARY EXHIBITS(展示会)の様子です。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-05-21 06:58 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 30日
イースター用のお菓子 と ご馳走
d0221584_10242884.jpg今週末、3月31日(日)(年によって違います)イースター(Easter/復活祭)です。
と言っても、この行事も日本人の私には今ひとつピンと来ませんが、スーパーマーケットの売り場がパステルカラーで明るく綺麗になり、春らしさを感じられるので結構好きです。
しかも、イースター用のお菓子がたくさん並ぶのも良いですね〜。
(^o^)b。

とは言え、昨年、一昨年と売場を見ましたが、大体似たようなお菓子ばかりです。ウサギの形をしたチョコレートや、ひよこ型の黄色やピンクのマシュマロ、卵形ケースに入れる為の小さい個包装のお菓子、の大袋。
後はその年々の流行がほんの少し反映されるくらい。(一昨年の初めてのイースターブログはこちら

d0221584_10261282.jpgこれは Wal-Mart の売場ですが、各メーカーともカートンケースがそのまま陳列ケースになっているのが目立ちます。しかも定価がプリントされていますから、店員さんは開封して並べるだけで手間いらず。Wal-Mart ってこういった陳列、多い気がします。

d0221584_10265951.jpg今年見つけたのは、何故か魚型チョコレートをつり上げているウサギチョコ。

d0221584_10275175.jpg他にも色々ありましたが、オタク夫婦の眼を引いたのはこちら ← 。STAR WARS のダース・べーダーもヨーダも、イースター仕様でうさ耳を着けられお菓子を持たされて、威厳も何もあったモノじゃありません。
う〜ん、それにしてもちっとも可愛くない(/ω\) 。

d0221584_10283123.jpgこちらはかろうじて威厳を保っているダース・ベーダーのファスナー付きポーチ($3.99=約379円※)。右下のフルーツキャンディの小袋が数個入っています。それにしても中身と外見が全く関係無いのが何とも大雑把な感じです。せめて黒いキャンディとかだったら、ダース・ベーダーの雰囲気に合っていると思うんですけどねぇ。

d0221584_1030281.jpgダース・ベーダーネタをもうひとつ。
こちらは高さ約6センチほどの TREAT CONTAINERS 。
本来なら卵形のお菓子ケースです。本物の卵の代わりに卵形ケースに小さいお菓子を入れて、家中に隠すらしいのですが、それをダース・ベーダーの生首でやっちゃうってことですね。3個セットで$2.50(約238円※ 写真のチョコレートは付属しません)。やっぱり卵形よりも割高になってます。

d0221584_10311376.jpg先週から旦那さんが日本へ出張となったので、日本の家族へこれらのお土産を持って行ってもらいました。
甥っ子たちにはアングリーバードの卵形ケースに入ったお菓子。母と妹にはオーソドックスにウサギ型のチョコレート。まあ、大雑把な作りがアメリカらしいと言えばアメリカらしく、話のネタにでもしてもらえれば、って感じですね。

d0221584_10315319.jpgここ最近のスーパーマーケットの売り場は、特設コーナーが出来ていて上記のようなお菓子がいっぱいですが、私が家でおやつに食べるのに丁度良い、こんな可愛いチョコレートもありました。アーモンドチョコくらいの一口サイズが嬉しいです。

ところで、イースターも家族でご馳走を食べる祝日のひとつだったことに、今年初めて気がつきました。
↓ こちらの広告で。
d0221584_10324598.jpg昨年のクリスマスには我が家でも挑戦した、骨付きハムです。
(その時のブログはこちら

さすがに今回はパスしますが、あの巨大ハム、結構美味しかったので、この週末イースターをお祝いする家庭ではアレを食べるのかと思うと、ちょっと羨ましくなりました。


※$1=95円で計算。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-03-30 10:55 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 18日
今日は緑の日、聖パトリックデー。
今日3月17日は、日本人には馴染みの少ない(?)St Patrick's Day(聖パトリックデー) でした。

と、自分で書いておきながら「はて? 何の日?」と思っちゃう程、アメリカ3年目にしても未だに良くわかっておらず、春になってイースターが近づくと、その前にだらけになる日がやってくる、と言う印象しかありませんでした。

で、Wikiってみるとなるほど、と納得。アイルランドにキリスト教を広めた聖人・聖パトリックの命日なんだそうで、アイルランドのナショナルカラーの「」のモノを身につけて祝う「の日」なんだそうです。
日本にも「みどりの日」はありますが、まったくの別物ですね。

と言う訳で、今日は行く先々で色の服を着た人に出くわしました。
トイザらスではのTシャツを着た男の子兄弟、 Carl's Jr. ではのTシャツ&のキャップを被った男性にのワンピースを着た女の子、更には歩道を歩くいかにもパーティへ行く(もしくは行って来た?)風の全身づくしの男女4人組などを見かけました。
スーパーマーケットでは、色のケーキやクッキーもパーティグッズと一緒に売っていましたが、相変わらずあまり美味しそうには見えませんでしたf(^_^;。

ですが、パレードなど大々的なお祭りはシカゴやニューヨークが中心のようで、こちらカリフォルニアでは今ひとつ盛り上がらないようです。
アメリカって広いもんね。

そしてアイルランドのシンボル、シャムロック(クローバーなど)も今日には欠かせないモノのようです。
なので、自宅の周りを探してみましたが、残念ながらクローバーは見つけられませんでした。
けど、我が家の雑草だらけの小さな庭に、こんな三つ葉の植物を見つけました。
d0221584_9564163.jpgd0221584_9562444.jpg
ウマゴヤシと呼ばれるシャムロックの一種みたい。我が家では、この雑草のに埋め尽くされた小さな庭だけが、聖パトリックデーをささやかにお祝いしていました。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-03-18 10:03 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 25日
見様見真似でクリスマス・ディナーを振る舞う。
サンクスギビングに続き、アメリカ流のクリスマス・ディナーに挑戦しました。
サンクスギビング・ディナーのブログはこちら

日本ではクリスマスには鶏の丸焼きとか、チキンレッグを食べるのが定番となってますよね。私も日本にいたときは、ケンタッキー・フライド・チキンのパーティ・バーレルを買って家族で美味しく頂きました。
その当時は、チキンを食べるのはアメリカの真似、と思っていましたが、こちらアメリカで暮らしてみるとそれは必ずしも正しいとは言えない事がわかりました。

まず、チキンの丸焼きは普段からスーパーのデリコーナーで売っているので、特別なご馳走では無い事。ご馳走と言えるのはチキンではなくて、ターキー(七面鳥)で、その丸焼きを食べるのはクリスマスではなく、ターキー・ディなんて比喩されるサンクスギビングである、と言う事。

では、アメリカの一般家庭ではクリスマスには何を食べるのか?
もちろん、クリスマスにもロースト・ターキーを食べる家庭もあるそうですが、つい先月に食べているので、大抵の家庭ではターキー以外のメイン料理を用意するんだそうです。
具体的には、ローストビーフや、ハム
ローストビーフはご馳走だなとすぐに理解出来ますが、ハムはちょっと「?」となりますよね。ところがこちらの「ハム」は、日本とは桁違いの大きさなんです。

d0221584_9471595.jpg
クリスマスが近づくとスーパーの売場には、冷凍のターキーもありますが、俄然この大きな塊が幅を利かせます。この金色の塊、これが「Spiral Half Hamスパイラル・ハーフ・ハム)」です。
どれも10ポンド(4.5kg)以上あります。
写真の奥にある日本のお歳暮に頂くようなハムでさえも、日本の物より若干大きい感じですから、このスパイラル・ハムが如何に大きいかお解り頂けますでしょうか? 

今年のクリスマスは、旦那さんの会社の独身者を3人お招きしましたので、この大きな塊に挑戦する事にしました。

d0221584_9481878.jpgスパイラル・ハム($35.07 ≒ 2,945円※1)の他にもいろいろと買い込んできました。アメリカの冬の定番飲み物「EGG NOG」に、カクテルシュリンプ(これは旦那さんの好物なので)。ちなみにこのスパイラル・ハムは豚肉です。

d0221584_9495186.jpg3時間後にパーティを控えた午後3時。このスパイラル・ハムの準備に取りかかります。
と言っても、ターキー同様オーブンに放り込むだけなので、大した手間はないのですが、なにしろ重たいのでパッケージから出すのも一苦労。
d0221584_9501931.jpgアルミトレイに切断面を下にしてセット。まるで、岩石? はたまた宇宙生物? のようです。とっても大きくて笑っちゃいます。

1カップの水を注ぎ、全体をアルミホイルで覆い、華氏325度(摂氏160度)のオーブンへ。だけど、ハムですからこのままいただく事もできるんです。ですが折角なので温めて頂こうと思い、こうしてオーブンへ入れています。さて、温める時間は。。。。説明書によると1ポンド当たり15分、つまり約2時間半かかる、と言う訳でこんなに早い時間からオーブンへ投入です。


さて、ハムが出来上がるまで、他の料理に取りかかります。サンクスギビング同様マッシュポテト、茹でインゲンを作り、さらにモッツァレラチーズとトマトのサラダを用意しました。

d0221584_9512289.jpgさらには、ハムにつけるハニーマスタードにも挑戦しました。
と言ってもこちらもとっても簡単。写真左の DIJON MUSTARD(白ワインの入ったマスタード)を同量の蜂蜜で伸ばしながら火に掛け、レモン汁を加えるだけ。これもあっと言う間に出来ちゃいました。
蜂蜜のとなりのバジルペーストは、モッツァレラチーズとトマトのサラダに使いました。

d0221584_9522566.jpgそして、2時間半後、カバーしたアルミホイルを取り除き、付属の照りを出すための Glaze Mix を水に溶き表面に塗りつけます。これが、シナモンの香りと甘〜い香りが強いのでちょっと心配になるくらい。ほどほどにしておき、温度を425度(摂氏218度)にあげたオーブンへ再び投入。10〜15分くらいとありましたが、焦げ目を見ながら少し早めに取り出しました。それでも、この色、結構黒くなりました。
そして、ハムからは大量の肉汁が。この肉汁は結構、塩気がきつかったです。

d0221584_9531080.jpg
そしていよいよサーブ。カットされているとは言え、骨の近くは繋がったままなので、骨から外すようにして切り分けます。
d0221584_9534575.jpg肉汁がしょっぱいのでハムもしょっぱいのでは? と心配でしたがどうやら塩気は肉汁の方へ出てしまったらしく、ハム自体は丁度良い塩梅、さらにハニーマスタードを付けると甘さも加わり、なかなかの物。お客さんもみんな喜んでくれました。(温めないハムは相当しょっぱそうです。)
もちろん、その大きさ姿形に驚き、切り分ける前にみんなで写真を撮ったことは言うまでもありません。


d0221584_9543393.jpgそしてデザートタイムには、牛乳と卵をシェイクした飲み物「EGG NOG」にTRY。ブランデーなどのお酒を入れて飲むのが良いようですが、初めてなのでストレートでナツメグを振りかけて頂きました。
どこかのブロガーが「溶かしたバニラアイスのよう」と表現していましたが、まさにその通り! 甘くて濃厚。甘党の人には良いけどそうでない人には拷問かも(笑)。
私は甘党なので美味しいと思いました。が、それでもちょっとずつ飲むのが良いみたい。ちなみに珈琲クリームの代わりになるかなと思って珈琲に入れてみましたが、これはミスマッチ。卵が入っているからかな? 

d0221584_9563133.jpgそして私のリクエストで、お客さんである若手3人衆に用意してもらった日本風のクリスマスケーキ。
久しぶりのストロベリーショートケーキ!(^o^)b。
d0221584_9571424.jpg何しろアメリカのケーキと来たら、スポンジはパサパサボロボロ、クリームはこってり、しかも色はドギツイブルーやグリーンなんて当たり前、見るからに食欲が減退するケーキばかり。

だけど、この日本風のケーキはスポンジもしっとり柔らか、クリームもしつこくなくて美味しい。。。。ああ、しばし日本の味に浸りました。
だけど、サイズはとってもアメリカン。直径が30cmはあったかも。こんなに大きくなくてもよかったのにf(^_^;。でも、美味しかった、ありがとうございました。


そして、スパイラル・ハムも大人5人掛かりでも完食ならず。若手3人衆にそれぞれ持って帰ってもらいました。それでも骨とその周りが残ったので、これは翌日薄めた肉汁と共にさらに煮込み、スープとして頂きました。これもなかなか美味しかったです(^_^)v。

サンクスギビングのターキーも、クリスマスのスパイラル・ハムも、確かに大勢のお客様をもてなすにはあの大きさが必要かも知れませんが、どちらも残ったものを翌日のサンドイッチにしたり、サラダの具にしたりと、バリエーションを代えて楽しむ食材でもあるそうです。ついつい完食を目指したくなりますが、無理せず残して、翌日以降も楽しむがの良いようです(^_^)v。


※1 $1 ≒ 84円で計算。
〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-12-25 10:02 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 24日
見様見真似でサンクスギビング・ディナーを振る舞う。来年もまた、来てくださいね(サザエさん風)。
昨日はサンクスギビング・ディ。別名 TurkeyDay と言われるほど、この日のディナーにロースト・ターキーは欠かせません(らしい)。
そして今年は日本からのお客様も含めて総勢7名のお客様がいらっしゃることになり、昼過ぎからオーブンが大活躍でした。

d0221584_6543745.jpgサンクスギビングの数週間前からスーパーの冷凍ケースには、こんな大きなターキー(七面鳥)の塊が山積みになっており、大体5キロ前後、それ以上もある大きな塊もあり、しかも冷凍なのでガチンガチンに固いです。立派に殺人の凶器になりえますね〜。ま、そんなくだらない話は放っておいて。
d0221584_6554673.jpg
本来ならこのフレッシュ・ターキーを使うのが良いのでしょうけれど、何せ手抜き主婦、しかも今年は失敗は許されませんので、昨年試して成功しているこちらの Oven Ready のターキーを今年も買いました。これで12ポンド(約5.4kg)、なかなか大きいんですよ。
(去年のブログはこちらでどうぞ

これだと、前日からの塩水につけ込んでの解凍や味付けなど一切不要。食べる4時間前にオーブンに入れるだけ。お値段は$28.99(約2,320円)でちょっと割高ですが、正に手抜き主婦の救世主なのです。

今年は新たな付け合わせにも挑戦しました。
ターキーを焼くときにお腹に詰めるスタッフィング。これ、ターキーとは別に調理して付け合わせとして出しても良いんですって。その時はスタッフィング(詰め物)ではなくDressing(ドレッシング)と呼ぶそうです。
写真に写っている缶詰は、左の赤いものがターキーに付けるクランベリーソース、右がドレッシングに使うチキンブロス(日本で言うチキンブイヨンですね)。

d0221584_6563181.jpgさて、何はともあれ一番時間の掛かるターキーをパッケージから取り出し、オーブンバッグのままアルミトレイに載せ、オーブンへ。後はオーブン任せ。よろしくね!
d0221584_6572223.jpgd0221584_657406.jpg
焼き上がるまでの4時間でじっくり付け合わせを作ります。
まずは、お鍋いっぱいのジャガイモ。崩れるほどに柔らかく煮て、バター、ガーリックソルト、砂糖、粗挽き胡椒少々と牛乳で、お鍋いっぱいのマッシュポテトの完成。
他にも、コーン入りコールスローや茹でインゲンを準備。

d0221584_6581410.jpgそうそう、Oven Ready のターキーのもうひとつの良い所、それはグレービーソースが付属しているところ。別売りの瓶詰めを買ってもこのシーズンは安売りしているので、大した事は無いのですが、ひと手間省けるって感じです。
これを水でのばして小鍋で熱々に。これはマッシュポテト用のソースになります。

d0221584_659943.jpgd0221584_659324.jpg
そして、ドレッシング。
サイコロ状に切ったセロリと玉葱をたっぷりの溶かしバターの海で泳がせ、クルトンのようなドレッシングの箱の中身を投入。これだったらパンをカットしたものでも充分だったかも? とは思いましたが、味付けなどが全く解らないのでアレンジは来年への課題。そしてチキンブロスを1缶半投入。でも、ちょっと多かったかな? このブロスの量で柔らかめが良いのか、堅めが良いのか、好みが分かれるところ。
d0221584_702595.jpgしっかりあえた所で、キャセロールに移し蓋をして、オーブンでまず45分。その後、蓋を取って15分で焦げ目を付けます。


さて、後はお客様の到着を待つばかり。ドキドキ。
d0221584_71845.jpg
ほぼ時間通りにいらしたお客様の前へ、アルミトレイ、しかもオーブンバッグも外さないままで失礼とは思いながらも、熱いし重いしでどーにも出来ず(苦笑)、そのままドーンと、ターキー君登場!

d0221584_713361.jpg日本では見慣れない巨大なターキーに、皆さん歓声を上げてくれました。そして、まずは写真撮影。
登場だけでこれだけ場を盛り上げてくれるターキー君に感謝。
d0221584_721659.jpgd0221584_725428.jpg
そして8人もの男衆の手に掛かっては5キロオーバーのターキーもあっと言う間にその身をほぐされ、ちょっと出遅れたドレッシングも参戦し、お酒も話も花が咲く中、マッシュポテトもコールスローもどんどんと胃袋へと消えていき、作った甲斐があったと言う物でした。
(って、ほとんどオーブンのお陰ですけどf(^_^;。)

そして最後はこれまた定番の、パンプキンパイ(写真撮り忘れましたm(_ _)m)。とは言っても市販品f(^_^;。スーパーのベーカリーコーナーの物(去年の冷凍食品よりも美味しい気がしました)をオーブンで温め直して、アイスクリームと共にお出ししたら、これまた
「アメリカらしい!」
と喜んでくださいました。
ちなみにアメリカのパンプキンパイは、日本のパンプキン○○とはそもそもカボチャの種類が違うので味が全く違います。カボチャと言うよりはシナモンなどのスパイスの味が強いので、ホイップクリームもしくはアイスクリームと合わせたほうが、特に日本人には食べやすくなるようです。

出張などでアメリカに何度もいらしている方でも、こういったサンクスギビングなどの特別な家庭料理はなかなか体験される機会はないようで、本当に喜んでくださいました。私もホッと一安心でした。

そしてこの後、ブラック・フライデーの様子を観に行く、とウチの旦那さんも加わり大勢で夜の街へ繰り出して行きました。
私は丁重にお断り。片付けをしながら旦那さんの帰りを待ち、話を聞くと、昨年は大行列だった近所のトイザらスは、隣に出来た Wal-mart のあおりを受けたらしく、並ばずに入店でき、代わりに Wal-mart は長蛇の列で入るのにも、レジも、大行列だったとか。しかも、みんな大きな液晶テレビをガツンガツン買い物カートに載せているんだとか、やっぱりこの時期には大物家電が安くなっているようです。この時ばかりは不景気の風はどこかに行ってるんですね。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-11-24 07:26 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 23日
サンクスギビング・パレードで PR メガフォース登場
今日はサンクスギビング・ディ。本格的なホリデーシーンズの始まりで、なんだか朝もとっても静かな感じでした。

夜にはお客さんが大勢来るので午後にはターキーを焼始めないといけないのですが、買い物は全て昨日のうちに済ませておいたので、毎年恒例のニューヨークで行われる「Macy's Thanksgiving Day Parade 2012」のテレビ中継(NBC)を、旦那さんと一緒にスタートの9時から見始めました。とは言え、ニューヨークとは3時間の時差がありますから、当のニューヨークでは終わってる、ってことになりますね。
そこが同じ国でありながら時差がある、広いアメリカならでは。ちょっと不思議な感じです。

d0221584_6381890.jpgお目当てのパワーレンジャーは10時40分頃、コマーシャル開けに突然登場。焦ったわ〜。だって、すでに Megaforce(ゴセイジャー)を中心としたパワーレンジャーが勢揃いして、始まりかけているんだもん。
d0221584_6384988.jpgでもって、跳んだり跳ねたりのアクロバティックなパフォーマンス。持ち時間が短いせいもあるんだろうけど、あっと言う間に終わっちゃった。
d0221584_6391989.jpg

でも、その後MCがちゃーんと番組宣伝してくれました。
放送はまだまだ先の来年なのにね。
お見苦しい写真で申し訳無いので、こちらの動画でチェックしてみてくださいまし。


だけど、バルーンどころか、山車も無かったのはちょっと残念だったな〜。
おっと、そろそろターキーを焼始めなくては!



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-11-23 06:44 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 08日
再選おめでとうー、オバマ大統領。
昨日の11月6日は俗に言う「スーパー・チューズデー」、アメリカ大統領選挙の投票日でした。
と言う訳で、開票が始まった夜は、テレビ各局で軒並み開票速報の特番が放送されました。

我が家も帰宅した旦那さんと一緒に、夕食を食べながらテレビを見ていると、もう大部分の州で勝敗が決まっていて、残すところあと5州くらいになっていました。
すると、なんだか番組の内容が「おや?」って感じになって、食卓から少し離れているテレビに近づき、その文字をよーく確認すると、
d0221584_220178.jpg
d0221584_2221963.jpg

WINNER OBANA
とか、獲得選挙人数も
OBAMA 284  ROMNEY 203
って出てるじゃないですか! 
(270を獲得した方が勝ちなんですって。※写真は数分後の物なので、既に303 : 203とさらに増えています。)

えー! 「フロリダの開票がもの凄く時間が掛かるから、もしかしたら12月までもつれるかも」って、昨日の朝の日本語放送のニュースで言っていたのに、開票して数時間でもう決定ですか!!!

激戦区として注目を集めていたオハイオ州で、オバマさんが勝ったのが良かったみたい。実はオバマさん、優勢だったのね。

d0221584_2225739.jpg
残りの州の開票結果も順次速報で飛び込んで来て、着々とオバマさんの数字が増えて行き、あっちゅう間に
OBAMA 303  ROMNEY 206
の大差。(29人の選挙人がいるフロリダがまだ決着付いて無いって言うのに)


その後は、ちょっと時間をもてあましてる風にも見えた、速報番組。
流れはそれぞれの演説がいつ始まるのか、って感じになって、それまでの間つなぎでコメンテイターが好き勝手な事を言ってる感じ(内容が理解出来ないので、あくまで憶測ですf(^_^;。)


d0221584_224092.jpg
そして、太平洋標準時の午後9時50分頃。まずはボストンのロムニーさんが意外にも笑顔で登場。大勢の支援者を前に感謝の言葉を口にして、いわゆる「敗北宣言」ってヤツですね、演説を10分ほどしました。その中では、やはりオバマさんの事を彼の家族も含めて讃えるような内容も盛り込まれていたようで(何せ、英語力が乏しいので。。。f(^_^;)、この辺はとってもアメリカ的だなー、って感じでした。最後はステージに迎えに来た家族と共に支援者に手を振り、退場。あっさりしたものでした。


d0221584_2244143.jpg
d0221584_2245845.jpg
そして、そこから待つこと35分。ようやくシカゴのオバマさんが、家族と共に支援者の前に登場。いやー、これまた、もの凄く広い会場にもの凄くたくさんの人が集まっていて、びっくり! 
演説(勝利宣言ってやつね)を始めると、当選したのにどうしたの? って思うくらい固い表情で、ちょっと心配なくらい。でも、
「まだハリケーン・サンディの被災者もたくさんいるし、きっと勝って兜の緒を締めよ、って感じなんだよ。」
とは、旦那さんの弁。なるほど。

d0221584_2253934.jpg
しかし、演説の終盤テンションが上がったのか、なんだか顔つきが勇ましくなってきました。っつーか、オバマさん、演説長いよー。(25分くらい演説してました。)
 
最後はやっぱり家族、それから副大統領夫妻、さらにはよくわからない人達がステージ上で、ハグしあって当選の喜びを分かち合い、そんな彼らを覆い隠すように大量の紙吹雪が。
d0221584_226991.jpg
この紙吹雪、もの凄い勢いと量で凄かったわー。

と言う頃で、今年アメリカ最大のイベントを身近に体験出来ちゃいました。ラッキー。
(って、私に投票権は無いんだけどね(笑)。)

 

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-11-08 02:45 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 16日
「Endeavour's Final Journey」スペースシャトル・エンデバーを追い掛ける。
この週末、ロサンゼルスはあちこちで交通規制があって、迷惑を被ったドライバーがたくさんいました。どーして、そんな交通規制があったかというと、これですよ!
Endeavour's Final Journey
(エンデバーの最後の旅)

d0221584_4161798.jpg先月ジャンボジェットに乗って空輸されたスペースシャトル・エンデバーが、最終HOMEとなる博物館「California Science Center」を目指し陸路を移動すると言う、全米が注目する一大イベントがありました。

スタートは金曜日(10/12)の未明、午前2時半にロサンゼルス国際空港を出発し、翌土曜日(10/13)の午後8時半には目的地のカリフォルニア・サイエンス・センターでセレモニーをするという物。(だけど、実際は一日遅れの日曜日までかかるなんて、この時は思ってもいませんでした(苦笑)。)
これをニュースで知り慌ててルートやらスケジュールを調べて、さらに旦那さんは会社からお休みまでもらって、金曜日にエンデバーに会いに出かけて来ました。

念のため、金曜日の朝8時のニュースで現状を確認。
すると、最初の展示ポイントである、ロサンゼルス国際空港近くの La Tijera Blvd と Manchester Blvd の交差点そばの駐車場に駐機されている映像が流れました。ふつーの街中にスペースシャトルがいる非日常な映像に、テンションがググッと上がります。

d0221584_4173214.jpgお昼前に自宅を出発。車を走らせながら旦那さんが、テレビで映像が流れた最初の展示ポイントへ行ってみよう、とロサンゼルス国際空港を目指します。空港を通り越した辺りから道路が急に渋滞となり、なかなか進まなくなりました。なので、横道へそれようと東へ進路を取ると……、なんと左手奥にシャトルが見えるではありませんか! ちょー、ビックリ。慌てて近くの駐車場を探しますが、当然のように全部いっぱい。仕方なく2〜3ブロック離れた郵便局を見つけてそこへ駐車。日本へ送るつもりだったハロウィンカードを持って来ていたので、ここで郵送。そのまま車を置いて、先ほどシャトルが見えたポイントまで歩きました。
すると、同じ方向へ歩く人がどんどん増えてきて……
見えたーーーー!!
d0221584_4182535.jpg
d0221584_419351.jpg
朝、テレビのニュースで見たのと同じ場所に、まだいたんです! な〜んて、ラッキー! もう、写真も撮りまくり。
d0221584_4191974.jpg横から後ろへ回ったり、正面も観たいと回ると結構良い場所をゲット。
しばらくそこで待っていると、何やらスタッフに動きが。どうやら次のポイントへ向けて出発の準備を始めたようです。

やったー!(*^o^)乂(^-^*)—! 動くところが見られる! と言う訳で、当然シャトルが動くまで私は動きませんよ〜、とカリフォルニアの太陽がサンサンと降り注ぐ中、じっと待つこと約30分。

d0221584_4201956.jpg観客の中にはこんな小さい熱烈なファンが。この子達、兄弟どころか知り合いでも無いのに、この場で友達になったようで、他の子供たちとも一緒になって何やら熱く語り合っていました。

d0221584_4205359.jpgd0221584_4211143.jpg
そして、いよいよ、シャトルを乗せている自走型のトレーラーのエンジンがスタートすると、回りの観客から歓声が上がりました。
回りのフェンスが撤去され、いよいよ動き出すと思うとついつい興奮しちゃいます。

それにしてもこのトレーラーが凄いのなんのって、前は片側2連4輪で16輪が2台、後ろは片側2連6輪で24輪が2台、合計80輪でシャトルを支えています。数もさることながら、このタイヤの動きがすごいんです。真横にも動いちゃうからどんな方向にも移動出来ちゃいます。これを一緒に歩くオペレーターが、大きなリモコンを駅弁売りのように首から提げて操作していました。
時速2マイル(時速3.2kmくらい)というゆっくりとしたスピードとは言え、85トン(たぶん)もあるエンデバーを載せて動く巨大ラジコンカー。凄いです!

10分ほどすると突如警告音が鳴り響き何事かと思いましたが、スタッフが迅速に修理。程なく移動再開。
d0221584_4215657.jpg
d0221584_4224322.jpg
d0221584_423052.jpg
d0221584_4231471.jpg
d0221584_4233282.jpg
d0221584_4234652.jpg
じわじわと交差点へと進み、見えなくなりそうになると、観客も我慢できずにそ〜っと追い掛けます。余り近づくと、たくさんいる警察官に制止させられますが可能な限り接近。
おー、やっぱり大きいです。
街路樹が並ぶ Manchester Blvd をゆ〜っくりと遠ざかって行きました。

d0221584_4242278.jpgd0221584_4244284.jpg
そして足元を見ると、そこには大きな信号機と通りの看板が横になっていて、これもまた滅多に見られる光景ではなく、また興奮! 非日常な出来事連発です。
こんな風に一時撤去された信号機や街灯だけでなく、今回のこのシャトルのルート確保の為に約400本の街路樹が切り倒され、その他にも移動させられた街路樹も多かったんだそうです。それでも、なにせシャトルは全長122フィート(約37m)、全幅78フィート(約23.8m)もありますから、場所によってはギリギリで、あの自走型トレーラーが器用にジグザグ走行して切り抜けてましたから、どんだけ器用なトレーラーなんでしょう。

さて、シャトルの追っかけはここで終わらせる訳にはいきません。次のポイントへGO。
次の展示ポイントは、大きなドーナツ型看板が有名で「アイアンマン2」のロケ地にもなった「Randy's Donuts」です。通行止めがありますからナビは当てにならず、地図を頼りに向かいます。
交通規制ギリギリで滑り込み、近くの「HOME DEPOT」に車を停めさせてもらい、歩いてドーナツ店へ。
と、その手前、道路がY字になるポイントで人だかりを発見。(W. Olive St.)
ここからなら正面から迫るエンデバーを見られると、私達夫婦もそこで待ち構えることにしました。

d0221584_4254463.jpg確かに、とーーーーーーおくに、エンデバーが小さく見えます。
見えてはいても、ゆーーーーっくりなので、なかなか近づいてきません。
結局、ここで1時間以上も彼女を待つこととなりました。だけど、不思議と周りの人もイライラした感じとかが無いンですよね。お国柄かな?
 
d0221584_4262047.jpg
d0221584_4263496.jpg
d0221584_4265054.jpg
d0221584_427668.jpg
d0221584_4272280.jpg
そして先導車が次々と目の前を通り過ぎ、ようやく待ちに待ったエンデバーがどんどん近づいてきて、ゆ〜くりとそして器用に方向を変え、建物の影へと消えて行きました。ゆっくりのスピードのはずなのに、目の間を通り過ぎるときは速く感じるんですから、不思議です。

d0221584_4275941.jpgd0221584_4281337.jpg
そして、当然、追い掛けます(笑)。
裏の路地を抜けてエンデバーに追いつくと、そこには背の高いクレーン車。尾翼に引っかかりそうな電線を持ち上げています。電線が引き上げられている間に、クレーン車の脇をエンデバーが通り抜けます。きっとここに来るまでも何回かあったのでしょう。その度にこうした作業が繰り返されていたと思うと、時間が掛かることが頷けます。

そして、彼女の鼻先にはあの有名な大きなドーナツ型看板が!
d0221584_4291187.jpg
d0221584_4293119.jpg
 おおー! ドーナツに刺さりそう、って言うか、エンデバーがドーナツにかぶりついた? みたいなショットが撮れました(^_^)v。

歩道も通行止めになっていたので、裏へ回って Randy's Donuts へ向かうと、そこにはもう既に大勢の人が待ち構えていて、とても近づくことは出来そうにありません。
呑気にドーナツを食べながら見よう、なんて思っていたのに通行止めのため Randy's Donuts に近づく事すら出来ず、甘い考えだったことを思い知らされます。(ドーナツは次の機会に!と固く心に誓うのでした。)
d0221584_4304479.jpg
それでも、巨大ドーナツとエンデバーのツーショット写真を撮ることが出来、取り敢えず満足。

エンデバーは、これまでのトレーラーからドリ—(動力の無い台車)に乗せ替える作業をすると言うことで、ここでしばらく駐機予定。
それにしても、 Randy's Donuts の敷地内にはギャラリー席が設けられていました。あそこに座れるのは一体どんな人達だったのか?

さて、この時点で午後5時。思った以上に間近でエンデバーを見ることが出来たし、足腰もクタクタになっていましたので、少々名残惜しい気はしましたが帰路へ着きました。それにしても、今回このアメリカの歴史的出来事を、間近で目撃することが出来て本当に良かったです。(^_^)v。


そして気になるその後は、自宅でテレビのニュースを見てエンデバーの行方を追い掛けます。
現場にはたくさんのテレビ局の中継車が来ていましたから、色々なチャンネルでエンデバーのその後の動きをチェックする事が出来ました。

それにしてもその後のスケジュールの遅れ具合には、本当にビックリしました。
まずは、金曜の夜。
当初は、夜10時には Randy's Donuts 前を出発し、フリーウエイ405にかかる橋を渡る予定でしたが、何を手間取っているのか、実際には11時半頃になっていましたが、これはまだ序の口でした。

d0221584_4311687.jpg
▲ここで、登場したのが TOYOTA のピックアップトラック TUNDRA。
どうやら橋の耐久性から、自走型のトレーラーでは重いらしく、重量の軽いドリ—に載せ替えたエンデバーを TUNDRA が牽引すると言う事のようです。さらにはここで、TOYOTA は TUNDRA のCM撮影までしていると言うから、尚のこと時間が掛かったのかもしれません。
フリーウエイ405を通行止めにし、TUNDRA がグイグイ引っ張り、橋を渡りきるのは5分も掛からなかったくらい。あっけないほど速かったです。
ちなみにその後 TUNDRA はお役御免となり、シャトルは元の自走型トレーラーに載せ替えられていました。


翌土曜日は、午後2時には到着しているはずのポイント(Crenshaw Blvd と Martin Luther King Jr. Blvd の交差点)に、夜7時を過ぎてもまだ到着せず、予定より5時間遅れ。 
午後7時45分頃ようやく到着。国歌斉唱などイベントがありしばらく駐機していました。さて、いつ再出発するのかと思っていたら、どうやら故障箇所も見つかったようで、結局、この日はここから動くことなく続きは翌日曜日の朝に持ち越されました。

そして、日曜日の昼過ぎ、ようやくカリフォルニア・サイエンス・センターに到着したと、夕方のニュースでやっていました。
本来なら前日の土曜の夜8時半には到着セレモニーをするはずだったのに、17時間以上の遅れで到着したってこと? 日本だったらありえないですね。
お陰で折角の到着シーンの生中継はどこのテレビでもやっていなかったようで、どうにも尻切れトンボのような結末となりました。

さらには、この大幅な遅れで、カリフォルニア・サイエンス・センター近隣では予定外の通行止めが発生し、多くの市民の足に影響を及ぼしましたとも、ニュースでは伝えています。
だけど、これまた非難するようなコメントは、観客からもニュースキャスターからもあまり聞こえては来ません。せいぜい通行止めで困った人が苦笑いするくらい。それくらいスペースシャトルはアメリカ国民に愛されているって事なんですね。
エンデバーの最後の旅は、こうして無事終了。意外な長旅になりました。

そして、カリフォルニア・サイエンス・センターでの公開は今月30日から。グッズも含め、楽しみにしている旦那さんでした。


※シャトル追っかけMAPはこちら

※「Randy's Donuts」 http://randys-donuts.com/
※「California Science Center 」 http://www.californiasciencecenter.org/

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-10-16 05:04 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 11日
ハロウィンの準備はこれからが本番?
d0221584_7352180.jpgこの時期、ちまたはハロウィンのディスプレイで賑わっています。
今年も期間限定のコスチューム専門店が、メインストリート沿いの貸店舗で営業中。早くもディスカウントが始まっています。
映画がヒットした「Avengers」を始め、相変わらず多彩なキャラクターが勢揃い。そんな中、今年は昨年よりも「POWER RANGERS SAMURAI」のコスチュームが増えていて、戦隊ファンとしては喜びを隠しきれません。

▲写真の左が期間限定専門店のチラシ。
右の Party City のチラシは24ページもある小冊子で、コスチュームのカタログになっていました。

d0221584_736428.jpgd0221584_7371073.jpg
「BATMAN」の CATWOMAN の隣には「PR SAMURAI」の PINK RANGER SAMURAI が! オモチャ売場でも、これまで RED や BLUE のマスクは発売されていましたが、なんと、PINK RANGER のマスクも登場! 全員揃う日も近いのかも?
d0221584_738775.jpgコスチュームでは、 GOLD RANGER の MEGA MODE タイプまで登場していました。昨年は RED と BLUE のみだった事を考えると、凄い進歩です。

d0221584_7385167.jpgそれ以上に驚いたのは、昨年のブログ(こちら)でもご紹介したおもしろギフトショップの「aahs!!」で、「PR SAMURAI」のプリントTシャツが、ゴールドを除く5色揃って並んでいた事。
これまではスター・ウォーズやバットマンなどメジャーなTシャツに混じって、「MIGHTY MORPHIN POWER RANGERS(初代パワーレンジャー:恐竜戦隊ジュウレンジャー)」のTシャツしか無かったのに、今年突如として現れました。これって凄い事だと思います。だって、初代からSAMURAIまで、その間のパワーレンジャーのTシャツが発売になった事は無かったんですから(たぶん)!


あ、横道にそれちゃいましたね。話をハロウィンに戻します。
我が家では特にハロウィン・パーティもありませんので、当然コスプレをする事はありません。だけど、多少は雰囲気を楽しみたいので、少し前から可愛いオバケグッズが無いかな?と小物を物色中です。

d0221584_7394181.jpgTarget とか Ralphs など大手スーパーでは、毎年オリジナルのキャラクターを打ち出しているらしく、そのキャラをあしらったお店独自のマグカップやお皿、紙ナプキンなどが売っています。
Party City などで売っている血みどろゾンビや、おどろおどろしい飾りは全く欲しくありませんので、写真のようなちょっとだけドクロ、とか、ちょっとだけ蜘蛛とかコウモリ、くらいがイイ感じです。ちなみにこの写真は、Target。カボチャ型のお皿とか、可愛い上に実用性があるものが特にイイですね。


そして、こちらが今年購入したハロウィン関連商品。

d0221584_7402595.jpgソックスやガラスの器、紙ナプキンはかなり実用性がありますが、ピアスはここ何年もしていないし、ガラスに貼るジェル・クリングは、ブラインドばかりの我が家では貼っても見えづらい。。。ステッカーはかろうじてハロウィン・カードを書くときに使えそうだけど、アイアンマンに至っては、一応キャンディー入れと言う事ですが、それ以外の用途も考えられるので、別にハロウィン・グッズじゃないかも。。。f(^_^;。

なかなか素敵なハロウィン・グッズに出会えないものですね。ハロウィンまであと少し、もう少しお店を物色してみます。


※Party City
http://www.partycity.com/

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-10-11 07:48 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 15日
ロブスター・フェスティバルで夕食。
d0221584_16425616.jpg今夜の夕食は、なんと、こ〜んなに大きなロブスターでした。

以前行った戦艦アイオワ(その時のブログはこちらのそばで「LOBSTER FESTIVAL」(lobsterfest.com/)があると知り、昨年は日本出張で行けなかった旦那さんはかなり楽しみにしていたようで、仕事を定時に切り上げ急いで帰宅し、ロサンゼルス港にある Ports O'call Village まで出かけて来ました。

帰宅ラッシュに巻き込まれましたが、程なく到着。駐車場もまだ空いていたので楽々駐車。すると、駐車場の先に巨大なロブスターが見えて来ました!
d0221584_16434492.jpg巨大ロブスターが2尾も付いたバルーンのエントランス。これを見ただけでも旦那さんのテンションはぐんぐんUP。
d0221584_16443475.jpgこんな観覧車みたいな移動遊園地の遊具やら露店やらいろいろとあったのですが、まずはロブスター・ミールを食べるため脇目もふらずエリアの奥へ。
d0221584_16451798.jpg
ありました! ロブスター帽子を被ったスタッフが案内している姿も何やら楽しげな、ロブスター・ミールのコーナー。
右側で受け取って、左のテーブルで食べやすいようにカットしてもらいます。
と言う事で、まずは右側のテーブルの前へ。

d0221584_16454172.jpg
おっと、まだ茹で上がっていないようです。写真の奥の銀色の四角い箱が茹で釜で、湯気が出ています。
手前のおばちゃんスタッフはミールの付け合わせのパンやポテト、コールスロー、溶かしバター、檸檬をスタンバって茹で上がりを待っています。

ちなみにミールの種類は2つ。
d0221584_16461387.jpgロブスターが1尾のスタンダードタイプが$19(約1,520円)、ロブスターが2尾載っているのが$33(約2,640円)。
ちなみに、さらにロブスターを追加する事も出来ます。この場合、1尾$14(約1,120円)。
いや〜、なかなか立派なお値段です。(ちなみにこの他に入場料が一人$9=約720円かかります。)
我が家は海老蟹大好きな旦那さんが2尾、私が1尾のミールを購入し、冒頭の写真となったわけです。

d0221584_16472261.jpgさて、どれくらい大きいかと言いますと、こんな感じ。
幸せいっぱいの旦那さん、ガッツリ味噌までかぶりついて、まるで野獣のようでした。

d0221584_16474794.jpgd0221584_16481092.jpg
爪だけでも大きく、身もしっかり詰まっていて柔らかくてジューシーで美味しかったです ♪ 何せ茹でたて熱々ですから、美味しさ倍増!!

d0221584_16485033.jpgd0221584_16491998.jpg
d0221584_16495391.jpgお腹がいっぱいになったら、辺りもすっかり暗くなっていました。
で、改めて会場内を散策。観覧車かと思った遊具は、そんな生やさしいものではなく、グイングイン速い速度で回っていました。
他の遊具はどこかノスタルジックで「リアル・スチール」の冒頭シーンに登場する移動遊園地を思い出し、アメリカらしさを感じました。
さらに奥には、ファイヤーダンスを披露するパフォーマーがいたり、ステージではバンドの演奏が行われていたり(お客さんは少なかったですけどf(^_^;)、いかにも地元のお祭りって感じでした。

d0221584_16515951.jpgほかにも、フリーマーケットのような洋服を売る店や何故かエジプトのお土産品を売る店、マッサージをする店など様々な露店が並んでいましたが、ロブスター以外の飲食店も多数出店していました。
d0221584_16523465.jpgそしたら、ロブスターを2尾も食べたのに旦那さんってば、今度は「CRAB ROLL」に手を伸ばしました。蟹は別腹? 
$15(約1,200円)もするのですがさらに$5(約400円)上乗せして、お店オリジナルの蟹の爪クッション(手が入るから手袋?)まで購入。ほんと、こういうものが好きなんですよねぇ。大好きなものをお腹いっぱい食べて、楽しい物も見つけて、大満足の旦那さんでした。

d0221584_16531259.jpgちなみに、スタッフが被っていたロブスターの帽子も売っていました。これまた$5(約400円)。もちろん、買ってきましたよ。

実は先週末は、ロング・ビーチでやはり「ロブスター・フェスティバル」が開催されていたそうです。どうやら9月はロブスターの最盛期のようです。来年は両方行ってみる?

ちなみに、この Ports O'call Villageロブスター・フェスティバルは16日(日)までやっていますので、興味がおありの方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

※Ports O'call Village LOBSTER FESTIVAL
lobsterfest.com/


★おまけ★
d0221584_1655119.jpgロブスター・フェスティバルの会場の手前には「San Pedro FISH MARKET」があります。ここでもロブスター・スペシャルを開催中とのことですが、帰りにこのマーケットの中を通ったら、こんなUFOキャッチャーに出くわしました。
景品が活ロブスター!!
以前、新宿のどこかに伊勢エビを景品にしたUFOキャッチャーがあると聞いたことがありましたが、アメリカにもありました! オドロキのあまり笑っちゃいました(^o^)。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-09-15 17:11 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)