タグ:アニメ ( 75 ) タグの人気記事
2011年 09月 23日
THUNDERCATS のオモチャ、今と昔。
先日、日本出張から帰ってきた旦那さん。
お土産は新たに購入した物ばかりではありませんでした。と、言ってもこれは私への、ではなく自分へのお土産だったのですが。

それが、こちらのTHUNDERCATS のオモチャ。
(※写真の右端と左端)
d0221584_444736.jpg
4体の内、中央の2体は今回のアメリカでの新作アニメ放映に伴い、リバイバル発売された LION-OTYGRA の新しいフィギュアです。
パッケージのロゴカラーも、旧作のアニメバージョンになっている上、「CLASSIC」の文字があります。

そして、その2体の両側が、今回旦那さんが日本から持ち帰った、旧作放映当時に発売された、LION-O と TYGRA のフィギュアです。
日本での放映がなかったにも関わらず、こんな物を持っているなんて、旦那さん、やっぱりマニアだわん。

まあ、こうして比べて見ると技術の進歩は一目瞭然で、今回の「CLASSIC」がアニメのデザインに忠実に作られていることが解ります。
昔の TYGRA のフィギュアなんて、色がまるで違いますもんね。

それにしても、こんな物をどこから発掘してきたのかといささか呆れましたが、今回の日本出張、大事な仕事があったのはもちろんですが、プライベートミッションもありました。
それが、彼の実家に長年置き去りにされたまま部屋を占拠しているオモチャ達を、出張買い取りに出す事。
炎天下の下、部屋から庭へとオモチャを運び出し仕分けをして、買い取ってもらったそうですが、その作業中に見つけたそうです。

時間が無くて全部のオモチャを買い取ってもらう事は出来なかったと言う事ですから、彼の実家にはまだまだこ〜んな古いオモチャが埋もれているようです。。。。恐るべし。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-09-23 04:10 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 21日
サンダーキャッツのオモチャ、ゲット!
昨夜4回目の放送があった「THUNDERCATS」。だいぶ冒険譚的になってきて、その世界観も馴染んで来た感じ。
昨夜の放送も、やっと仲間になったPANTHRO(パンソロ)とその親友だったGRUNE(グルーン)の過去のいきさつが明らかになったりして、物語も進展を見せている。でも、まだまだ本領発揮とまでは行かない感じ。う〜ん、早く先が観たい!

d0221584_4522951.jpgで、そのTHUNDERCATSのオモチャが、いよいよ店頭に並び始めたらしい。まだ、どこでも買えるって訳じゃないみたいだけど、大手スーパーのいくつかには入荷しているようで、旦那さんの話では、K−martではだいぶ品薄になっていたんですって。

それらのオモチャの一部がこちら。
フィギュア($7.99/約615円)はもちろんのこと、当然、外せないのはLION-O(ライノ)のソード「SWORD OF OMENS」(写真奥・$19.99/約1,540円)。柄の部分のボタンを押すと効果音だけじゃなく、お決まりのセリフ、
THUNDER, THUNDER, THUNDER, THUNDERCATS, HOOOOOOOO~!
も聞けるんだけど、テレビの声よりちょっと低い感じ。

d0221584_4531023.jpg日本でも良くある廉価版もあって、こっちはガントレット「CLAW SHIELD」も別売りで登場。廉価版の小さいソードならこのガントレットに収納可能なのが、嬉しいところ。


d0221584_4533775.jpgで、笑っちゃうのがこのアクションフィギュア($10.99/約846円)。

d0221584_454123.jpgLION-Oにソードを持たせて、専用の台座に乗せると、

d0221584_4542650.jpgTHUNDERCATS, HOOOOOOOO~!
のかけ声と共にソードを振りかざすと言うもの。

まさに一芸商品。
あっという間のアクションなので、ちょっと物足りないかも。。。。

それにしても、小さいサイズのフィギュアだから仕方ないのかもしれないけど、顔が似ていないのが、残念至極だわん(/ω\) 。

※値段は定価という概念が無いので、お店によって違います。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-08-21 05:09 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 07日
「サンダーキャッツ」2011年版はちょっと地味。
CARTOON NETWORKで先週から始まった「THUNDERCATS」のリメイク版アニメ。
放映前から楽しみにしていたので、初回放映の先週も今週もきっちりオンエアで観ました。

初回は1時間のスペシャル枠だったので2話分が放映されたんだけど、特にオープニングとかもなくて、さらっと本編に突入。
その冒頭にちょこっとスタッフクレジットが載っていたけど、そこで気付いたのが、そのクレジットに日本人の名前が多いこと。旧作同様、日本で制作されているみたい。なので、なんとなく見慣れた画風と演出で、いわゆるアメコミっぽい感じは一切無く、日本人からしたらとても観やすいアニメに仕上がっている感じ。
私のちょっと古い感覚で言うと、OVAを観ている感じ、かな。すみません、何せ最近のアニメにはついて行けてない物で。。。f(^_^;。

だけど、いかんせん全体的に地味〜な雰囲気が出ちゃっているんですよね〜。
一番の見せ場である、あの
Thunder, Thunder, Thunder, ThunderCats, HOOOOOOOOOOO!!
のかけ声と共に剣を振りかざすシーンも、主人公ではなく、彼の父である貫禄ある王様が先にやっちゃうので、主人公はまだまだ影が薄い感じ。
まあ、序章みたいな話だったから、しかたないのかな。この初回の1時間で、やっと彼の旅立ちがスタートしたわけだし。

d0221584_40235.jpg
そして、昨日の放映第2回、ストーリー的には第3話になるらしんだけど、これもまた地味〜な展開だった。。。
作画は丁寧な感じが続いているので、絵的にはどうこう言うことは無いんだけど、やっぱり、見せ場の盛り上がりに欠けてる感じ。やっと主人公のLion-Oがあの剣を使う場面が登場しても、例の
Thunder, Thunder, Thunder, ThunderCats, HOOOOOOOOOOO!!
は、まだお預け。
さらっと剣を使っちゃうから、なんともモッタイナイ感じだったわ〜。

観ている側としては、大した場面で無くても、威勢良くあの決めぜりふを言い放ってくれると、それだけで結構盛り上がるんだけどな〜。
実直にストーリーを進めようとする制作側の生真面目さが際立っている、って感じがどうしても否めない。
早く吹っ切って、
「お! 今回も出ました!“ThunderCats, HOOOOOOOOOOO!”」ってな感じになって欲しいわん。

d0221584_402720.jpg
↑今回もお預けだった、決めぜりふ。この姿はまだまだ先かも。
(CARTOON NETWORKのサイトhttp://www.cartoonnetwork.com/より)


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-08-07 04:13 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
2011年 07月 30日
「サンダーキャッツ」のリメイク版、今日から放映開始
d0221584_281912.jpg今朝(CA時間29日朝8時頃)、テレビを付けたらこんな番組をやっていました。
そう「ポケモン」。もちろん英語吹き替え。
じゃなくって! 
d0221584_2968.jpg
画面右上のロゴにご注目!
d0221584_292641.jpgアニメ「ThunderCats(サンダーキャッツ)」リメイク版の放映までのカウントダウンです。

元のアニメは日本では放映されていませんでしたから、ご存じの方は少ないかも知れませんが、1985年にアメリカで放映され、とても人気があったそうです。
d0221584_2102157.jpgd0221584_2949100.jpg
主人公のライオンみたいなオジサンが、剣を高々と掲げ、
"Thunder! Thunder! ThunderCats! HOOOOOOOO!"
と叫ぶと、雷鳴轟きパワー炸裂、敵をやっつけるシーンが印象的でした。って、実はそこくらいしか観たことが無いンですf(^_^;。

日本にいた私がどうしてこのアニメを知っているかと言うと、遙か昔、専門学校を卒業した直後、小さなアニメ会社へ勤めました(ほんの数ヶ月だったので、小さかったかどうかも、もう忘れちゃいましたけど)。
そこで、動画をほんの少し描いたのが、この「ThunderCats」だったんです。

どうやら海外アニメとは言うものの、当時は日本で作画されていたらしく、そのアニメ制作会社の下請けか孫請けか解りませんが、学校を出たてのアルバイトのような私にまで、この動画作業が回って来ました。
つたない画力でチーターみたいな女性(チターラという名前みたいです)の口パクを描いたり、と言った程度の物ですがf(^_^;。

当時は海外アニメを日本で観る術を持たず、自分が描いた動画がどのような映像になったのかまるで解りませんでしたので、TVアニメの動画を描いてると言う気持ちは薄かったような気がします。
それでも、当時を振り返るには、充分過ぎる位印象深い作品です。
いや〜、お恥ずかしい過去を暴露してしまいました。

d0221584_2104479.jpg
さて、そんな「ThunderCats」がこの2011年、新しい作品として生まれ変わりました。

こちらの映画館ではTV番組の予告もよく上映されます。ここ何回か観に行った映画でも、本編の上映前にこの「ThunderCats」の予告編が上映され、新しい映像を目にする事が出来ました。
前作ではオジサンだった主人公も若々しい青年になり、チターラもより色っぽくなっています。
でも、あの叫びは一緒です。
"Thunder! Thunder! ThunderCats! HOOOOOOOO!"
ちょっと、鳥肌が立っちゃいました(笑)。

日本と同様、子供の頃に観たアニメを懐かしむファンも多いようですから、この新しい「ThunderCats」もきっと人気になるのでしょうね。
その放映が、今夜(CA時間29日夜8時:Cartoon Network)なんです。

それにしても、まさか、25年の時を経て再び「ThunderCats」に出会えるとは。ある意味運命だったのかしらん? 
今夜の放送が楽しみです!


ちなみに、劇場で上映されたのとは違いますが、こちらでも予告映像が観られました。

YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=9nAS-LOKZRo


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-07-30 02:26 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 04日
Anime Expo 2011 へ行って来ました。
明日は7月4日、アメリカ独立記念日なので祝日となり、この週末は3連休です。
ちまたでは、バーベキューをしたり、普段禁止されている花火が出来るので、FIRE WORKS のスタンドがオープンしていたり、とお祭り気分が盛り上がっています。
が、夫婦二人だけの我が家ではバーベキューはしませんし、何より独立記念日の過ごし方がまだ解らないので、いつもと変わらぬ休日です。
なので、今日はちょっとロスまで足をのばし、こんなイベントへ行って来ました。

The Society for the Promotion of Japanese Animation - Anime Expo 2011」(http://www.anime-expo.org/)です。
7月1日から4日まで、Los Angeles Convention Center (http://www.lacclink.com/) で開催されていると言う事で、今日(3日)旦那さんと一緒に車で行って来ました。

写真は全てクリックで大きくなります。)
d0221584_16515497.jpgさすが、高層ビルが建ち並ぶロサンゼルス、コンベンションセンターも近代的です。

d0221584_16531097.jpgエントランスでは、続々とコスプレしたお客さん達が集まって来ては、会場内へと流れて行きます。

d0221584_16534493.jpg
会場内のお店はこんな感じが多かったです。ジャパニーズ・アニメーションの祭典ですから、当然日本のアニメキャラのオンパレードです。基本の抱き枕も健在です。

d0221584_16541454.jpgそんな中私が興味を引かれたのは、ウィッグの専門店。これ、結構出店数が多かったです。アニメキャラならではのあり得ないカラーやスタイルも、これなら即座に再現できますね。

d0221584_16544067.jpg革製品のお店もありました。金具のディテールも凝っていて、小物入れなどは実用性もありそうでしたが、デザイン性はどう見てもコスプレ用って感じ。こういったコスプレに欠かせない小道具や衣装を扱った店が多いのも、最近の流れなんでしょうか。

d0221584_16551493.jpgd0221584_16553886.jpgd0221584_1656455.jpg実際会場内は、様々なコスプレイヤーがたくさん闊歩していました。
残念ながら今時のアニメに疎い私には、元キャラが解らず、首をひねるばかり。
d0221584_17415222.jpgd0221584_17421251.jpg
日本でもコスプレイヤーは多いのでしょうけれど、こちらのコスプレイヤーの特徴をひとつ上げるとすると、「と〜〜〜ってもボリューミ〜」かな。
特に女性はその肉付きの良さにびっくりします。やっぱり、コスプレは自己満足の世界なんですね。

d0221584_16563445.jpgそのほか、こんな店もありました。
日本語の入ったTシャツを扱った店ですが、幸い間違った日本語はないようで、しかも随分と売れているようでした。

d0221584_1657159.jpgそれから、漫画やイラストを描く上で外せない高級マーカー「COPIC」。微妙な色合いも揃っているので、日本のプロも愛用者が多いと聞きます。
意外な事にこのコピックは日本の製品で、アメリカでは普通の文房具店には置いてなくて入手するのは結構大変ですから、こういったブースが出店するのは漫画を書く人には有り難いのかも。
それと並んで、パソコンでイラストを描く為のソフトのデモンストレーションをする店も多く見かけました。
今やイラストもパソコンで描くのが当たり前なんですよね。はぁ〜、時代を感じます。


d0221584_16573092.jpgd0221584_16574952.jpg
日本でもたま〜に見かけてビックリした、アニメキャラを大きく車体に描いた車。この会場でも展示がありました。

d0221584_1658767.jpg中でも驚いたのは、「TOYOTA」がコスプレイヤーも配して、この“痛車(イタシャ)”を展示していたこと。TOYOTAも頑張っているんだな〜と漠然と感じました。


それにしても、会場が広くて足が疲れました。
でも、まだNorth HallでもWORK SHOPなどがあったんですが、とても全部は見きれませんでした。う〜〜ん、アメリカのオタクパワーも恐るべしです。


最後におまけ。
d0221584_16584081.jpgd0221584_16585955.jpg
先月行った「ボットコン」(ブログはこちら)で見かけたポスターを、また見つけました。
今回はさらにチラシも。
来年の「モーフィコン」には絶対駆けつけねば!
※「POWER MORPHICON」(http://www.officialpowermorphicon.com




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-07-04 17:21 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)