タグ:アニメ ( 71 ) タグの人気記事
2013年 06月 23日
「MONSTERS UNIVERSITY」を 3D で観てきました。
d0221584_153670.jpg
昨日は売り切れで観られなかった「MONSTERS UNIVERSITY」。今日はちゃんと観る事が出来ました。もちろん、3D で。

だけど、土曜日だけあってやはり客席は家族連れでいっぱい。いつもは両隣に空席を作っておけるんですけど、今日はそんな余裕はなく、きっちり詰めての鑑賞でした。

I went see a 3D movie MONSTERS UNIVERSITY.
There were many family in the theater.

あの「モンスターズ・インク」の続編、いえそれよりも前のあのマイクとサリーが大学生だった頃のお話。彼らの出会いの物語で、マイクが如何に努力家で勤勉家だったのかがわかるストーリーでした。
それにしても、CGの描写は益々リアルになっていて、ただただ感心するばかり。
日本公開がまだ先と言うことですから、余り多くは語りませんが、楽しい映画でした。

That's a story of the time when Mike and Sullivan were university students. Mike studied very hard.
Also the description of the 3D computer graphics becomes more and more real. It's laudable.
In Japan it will be shown in July. I can't talk many about the movie. But it was a very funny movie.

残念だったのは、新キャラの個性が今ひとつ、生かし切れない感が否めませんでした。と言っても、二人以外は新キャラばかりですから仕方無いですねf(^_^;。
それにしても、子供の頃のマイクがちょー可愛かった♪

It was a disappointing that new character’s personality were not made use of. However, it couldn't be helped. There were many new characters other than Mike and Sullivan.
Even so Mike was very cute when he was a kid :).

☆ちなみに MU のオモチャに関する以前のブログはこちらです。


d0221584_1553877.jpg
PIXAR 恒例の本編前に上映される短編、今回は「The Blue Umbrella」でした。雨傘が擬人化され表情でのお芝居が何ともキュートでしたが、その傘が登場する前の街並みのシーンはとてもCGには見えず、実写かと思ってしまうほどでした。
信号やショウウインドウ、雨樋まで顔が浮かぶのがとても微笑ましかったです。

Before MU, a short movie THE BLUE UMBRELLA was shown. Blue and Red umbrellas, traffic signal, show windows and cullis were very cute.


■MONSTER UNIVERSITY
http://disney.go.com/monsters-university/
■モンスター・ユニバーシティ
http://www.disney.co.jp/monsters-university/home.html


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-06-23 15:07 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 20日
日本からのお土産はビグ・ザム豆腐……の空きケース。
先週ウチの旦那さんは出張で日本に行っていて、つい先日 L.A.に戻って来ました。もろもろの日本のお土産と、もちろん大量の洗濯物と一緒にf(^_^;。
Last week my husband visited Japan on business trip. On Tuesday he came back with many Japanese goods and laundry.

d0221584_134843.jpg
旦那さんの話を聞くと、日本は益々キャラクタービジネスが盛んだとか。
L.A.出発前にネットのニュースで知った「ビグ・ザムとうふ」。(相模屋ビグ・ザムとうふ
実は通販の手配をしようかと悩み諦めた品でしたが、日本到着早々、会社の若い方に奔走して頂き入手出来たんだとか。それにしても、大きくてビックリ。これいっぱいにアボカド味の豆腐が詰まっていたかと思うと、通販で買わないで良かった、って感じです。だって、旦那さん一人では到底食べきれなかったでしょうから。実際、日本で会社の方々と分け合って食べたと言うのですから、納得です。
ちなみにお味は、微妙〜。「でも、マヨネーズが合う」と言っておりました(笑)。
お土産はもちろん、空きケースのみ。
ザク豆腐やズゴック豆腐はネットのニュースで指をくわえて見ていただけでしたが、今回ビグ・ザム豆腐は型が手に入りましたから、やっぱりここは何か作らないといけませんよね。はてさて、何を作るべきか? まずは真緑のゼリーでも作ってみましょうか?
This is BIG-ZAM TOFU. I knew that by internet news and tried to buy by online. But I didn't buy.
My husband asked young coworkers to buy that as soon as he arrived at Japan.
He ate that with coworkers at lunch. That's so big. He didn't finish without them. He said the taste is not really, but mayonnaise fitted.
Of course he brought only packages.
I have to make something using that. At first, maybe I will make dark green jelly.


d0221584_13504030.jpgそして、ガンダムネタがもうひとつ。
佐藤健君のCMで記憶していたロッテのガム「Fit's」ですが、これまたザクグフとのコラボでビックリ。しかも2つ買うとペーパークラフトが1枚もらえるとか。これは妹が買っておいてくれたのですが、ザクグフ両方のペーパークラフトをゲットしておいてくれました。モビルスーツの頭部なんて曲線ばかりなのに、よくまあペーパークラフトにしましたね。これも実際に作ってみないといけませんね。
Also there are items of Gundam. These are chewing gums of ZAKU and GOUF, and paper crafts. My sister in Japan bought 4 chewing gums got 2 paper crafts for me. So I will try make them.


d0221584_13533818.jpgそして、私の趣味。アイルーグッズも。
こんがり肉のキーチェーンに、アイルーのスタンプセット。
こんがり肉のようにゲーム登場アイテムの商品化は、本当に嬉しいですね。とは言え、最近はとても難しくてゲーム自体からはかなり遠ざかっています。9月には新作も発売になるそうですが、とてもとても。今後はもっぱらグッズで世界観を楽しむのみです。
There are my favorite game character Airou's goods.
Kongariniku mini plush toy and rubber stamps.
I like Kongariniku plush, but now I don't play game because too difficult for me. The new game MONSTER HUNTER 4 will be released this September, I don't buy it. I'll enjoy with only toys.


d0221584_1355087.jpgそうそう、日本ではくまモンが流行っているそうですね。
旦那さんが使った JAL では「AIR くまモン」なる軽食、熊本ご当地グルメ「タイピーエン」が提供されたそうですね。先に麺を楽しみ、その後焼きおにぎりを残った汁に浸して食すという、いささか凝った物だったそうですが、それだけに外国人や年配の方にはわかりづらかったのでは? と旦那さんは心配してました。
I hear KUMAMON is very famous in Japan.
My husband ate AIR KUMAMON that lunch of Kumamoto Prefecture local specialties "TAI PI EN" in the JAL plane. At first he ate noodles, next put the grilled rice ball into the soup. It's a little bother, he thought that old people and American can not understand how to eat.


d0221584_13554640.jpgそして最後はこちら。
マルちゃん正麺では、冷やし中華が発売になったとか。普通のラーメンも美味しかったので、こちらも期待しちゃいます。
そして、他にも美味しい袋ラーメンが次々と発売になっているんですね。一体どんなお味なのか、食べるのが待ち遠しいです。(^_^)v。
The last one.
MARUCHAN SEIMEN released HIYASHI TYUKA cold ramen. Also other tasty ramen too.
I look forward to eating :).




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-06-20 14:11 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 02日
「epic」を 3D で観てきました。
d0221584_8452677.jpg先週は映画を観に行けなくて、気がつけば「AFTER EARTH」も始まっていたんですが、今日は先週から始まっている「epic」をチョイス。しかも土曜の午前中という、普段はあまり行かない時間帯で観に行って来ました。あ、もちろん 3D です。
facebookより

ファミリー向けフルCGアニメとあって、客席は小さいな子供を連れたお母さん、お父さんが目立ちましたが、チケット売場ではまだまだ「IRON MAN 3」が人気のようで、こちらの客席は少々お客さんが少なめに感じました。

「ICE AGE」などを製作した BLUE SKY の作品なので、CG の出来は文句なし。とても綺麗且つスムーズな描写で、本当に綺麗な映像でした。
ストーリーは「借り暮らしのアリエッティ」のような、小さい人たちの冒険譚。こういう自分が小さくなって体験する話、古くは「ミクロの決死圏」(さすがにうろ覚え)とか「ミクロイドS」(これも古いかf(^_^;、しかも漫画だし)とか、「アーサーとミニモイの不思議な国」とか前出の「アリエッティ」とか、昔から好きなので結構楽しみにしていましたが、期待を裏切ることなく、楽しい映画でした。

小さい人たち=LEAFMAN(リーフマン)の女王、QUEEN TARA の声をビヨンセが、いもむし(?)の NIM GALUU の声をスティーブン・タイラーがやっているのがどうやら売りでもあるらしいけど、私にはあまりピンと来なくて、純粋にストーリーや映像に感動して、じ〜んとさせてくれる場面もあって、文字通りファミリーにお勧めな映画でした。

日本での公開が未定なのが残念ですね。



■epic
http://www.epicthemovie.com/

d0221584_8462865.png



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-06-02 08:51 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 03日
日本のお土産は旬な「DBZ 神と神」グッズ ♪
先週末、旦那さんが出張先の日本から帰って来ました。
思いの外たくさんのお土産で、ひとりで留守番していた甲斐があったというものです。中でも、今まさに日本で公開中の映画「DRAGONBALL Z 神と神」のグッズが盛りだくさんで、うほうほ♪
d0221584_3125243.jpg
本人はちゃっかり映画も観てきたので、私としてはその感想を聞きネットのニュースなどの情報を合わせて内容を想像するしかないのですが、それにしてもキャンペーン商品が多いことに驚かされました。

旦那さんの出発前には、ミニストップの悟空がプリントされたフライドポテトくらいしか知りませんでしたが、それどころじゃ無かったようですね。

キントウンの綿飴や仙豆ガムなど、作品世界と合っていて良いですね〜。
実用性で言ったら中央のマグカップ(ゼリーはもちろん旦那さんが食べてきちゃいました)や、左下のスマホ用イヤホンジャック。ま、スマホを持っていない私としては、このままドラゴンボールの台座に乗せてオブジェにするしかないですけどf(^_^;。
d0221584_3134976.jpgd0221584_31445.jpg
d0221584_315086.jpgd0221584_3151852.jpg
ちなみにその隣は、ポイポイカプセル型スタンプ。これは、コンビニで対象のお菓子を2個購入するとひとつ頂ける販促品だそうです。悟空のポテトの裏側はベジータでした。

↓ こちらは映画館で手に入れたグッズ。
d0221584_3155866.jpg
入場者全員プレゼントとして、左下のドラゴンレーダー型ケースとドラゴンボール型ペンのセット、それにカードがもらえたそうです。太っ腹ですね〜。
売店で購入したものは、パンフレットにストラップ。右のは光ります。そしてピンズ。

d0221584_3165166.jpg右下のドラゴンボール金太郎飴は形こそ球体ではありませんが、中の★が1個〜7個と揃っていて、ちゃんとドラゴンボールに。しかもおまけシール付き。

このほかにも、まだまだ色々なコラボ商品がたくさんあったそうです。日本全国でドラゴンボールZづくしになっていたんじゃないかしら?
これらを見ると、作品世界を一所懸命理解してファンも納得する商品を考えていることがよくわかり、商品を発売する側もきっとドラゴンボールZが大好きなんだろうな〜、なんて勝手に思ってしまいます。

ああ、映画は観られないけど。。。と思ったら、映画を観た旦那さんの話ではオープニングにでーんと20世紀FOXのマークが出たとか。どうやらアメリカでも公開されるかもしれないようです。。。。ふふふふ、ワクワク。
なるべく早く、そしてたくさんの映画館で上映されますように。。。 (  ̄ー ̄)人 なむ〜。




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-04-03 03:18 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 19日
「Escape From Planet Earth」を3Dで観てきました。
久しぶりのアメリカの映画館。月曜のプレジデント・ディで三連休のこの週末、真ん中日曜日に映画「Escape From Planet Earth」を3Dで観てきました。

d0221584_12254279.jpg2月15日(金)からアメリカで公開となったこの映画、日本での公開は未定みたいですね。
CGアニメのこの作品、子供たちには人気のようで、映画館は親子連れで結構埋まりました。
言う間でも無く、今時のCGアニメしかも3Dは質感も動きも申し分ないクオリティです。予告編もちょっと面白そうと思わせてくれるものでした。

ストーリーも子供向けというか、無難な感じで、国民的ヒーローの宇宙飛行士 Scorch Supernova (スコーチ・スーパーノヴァ)が、任務のため“危険な惑星”地球へ向かうものの、しっかり地球人に捕まりエリア51へと運ばれてしまいます。それを助けるため、勇気を振り絞り母星を旅立つ兄 Gary(ゲイリー)。この兄弟と兄家族を巻き込んだ地球脱出劇ですが、子供の心を掴むお笑いポイントが随所に散りばめられ、隣の幼稚園生くらいの女の子は終始声を出して笑っているくらい、ほのぼのとした楽しい映画でした。

とは言え、全体的な感想としては可もなく不可も無くって感じ。
それどころか、どこかで観たことある宇宙人、観たことある宇宙服、観たことある宇宙船、聞いたことあるエピソード。
一つ目のゴツイ宇宙人とか、くねくねした三つ目の宇宙人なんていい加減見慣れちゃっているでしょ? ポスターにあるようにそれら宇宙人を捕獲するための地球人も、これまたどこかで観たことある黄色い全身防護服姿などなど。新しい発見が乏しく、非常に残念な印象が残ってしまいました。
映像的には綺麗で素晴らしいだけに、これからの映画にはやはりオリジナリティがさらに重要なんだと痛感させられる映画でもありました。

ちなみに、声優さんも有名な俳優さんが揃っていたみたいです。


■Escape From Planet Earth
Director:Callan Brunker
Cast:Brendan Fraser, Jessica Alba, Sarah Jessica Parker
escapeearthmovie.com/



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-02-19 12:28 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 22日
「How to Train Your Dragon LIVE SPECTACULAR」に行って来ました。
日本ではまだまだ寒い日が続いていると思いますが、こちらロサンゼルスのここ数日間は、日中は25度まで気温が上がる暖かさ。一気に気温が上がってビックリしています。

そんな中、先週の土曜日にこれを観に行って来ました。

d0221584_815066.png映画「ヒックとドラゴン(How to Train Your Dragon)」をベースに、舞台化したショーです。

元となる映画は2010年の公開だったので、香港駐在中に英語字幕で観たきり。と言う事で、まずは事前に日本語吹き替えのDVDでおさらいをしておきました。
アメリカでは現在もテレビアニメが放映中で、人気が続いています。2014年には映画の続編も出来るとか。だから、こんな凄いショーも企画されたのかな?

全米を回って興業しているのですが、L.A.ではこのアナハイムの HONDA CENTER に先週末やってきました。(「BATMAN LIVE」を観たのと同じセンターです。その時のブログはこちら
CGだったドラゴンが、どんな造型で登場するのかとっても楽しみ。なにしろ2010年香港駐在中に観に行った「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー(WALKING with DINOSAURS)」と同じシステムで動き回るらしいですから、ワクワクです(その時のブログはこちら

まずは駐車場に着いて、大きなコンテナを発見して、ワクワク。
d0221584_8163718.jpg
d0221584_817865.jpgd0221584_8173130.jpg
HONDA CENTER の中へ入ると、当然のように物販コーナーがあって、またワクワク。買い物客も多くて、開演前から盛り上がっています。
実は旦那さん、今回のチケットをネットで購入した際、サイトにあった通販コーナーでちゃっかり事前にグッズを購入済み。なので、売店とは無縁かと思っていたんですが、写真右のバイキングのヘルメット($20=約1,760円※)が、どーも気になるようで悩んでいました。

d0221584_818367.jpgが、辺りを見渡せば、あの子もこの子もツノを光らせたバイキングのヘルメットを被っているではありませんか。しかも、男の子だけでなく、女の子も。大人気です。

d0221584_819965.jpgてなわけで、旦那さんもやっぱり購入。しかも、私が被っている TOOTHLESS(日本版だとトゥース)のキャップ($25=約2,200円※)まで買ってきちゃいました。会場内が寒かったので丁度良かったですけどf(^_^;。

私の後ろに写ってる女の子を始め、意外と女の子も多いのに驚きました。しかも、ASTRID(アスティ)の人形だけでなく、彼女が乗るドラゴン NADDER(デットリー・デンジャー)の人形やぬいぐるみも女の子に人気でした。およそ、日本の女の子だったら欲しがらないと思うようなキャラクターですけどね。

d0221584_8195084.jpg
「BATMAN LIVE」の時とは違って3階席までいっぱいになった会場で、いよいよショーが始まりました。
中央だけでなく、客席の方まで斜めにスクリーンが伸びていて、会場を目一杯使っています。
d0221584_8202173.jpg
次々と投影される映像に合わせて、役者は時にはステージを走り、時にはワイヤーで吊されスクリーンを登ります。
d0221584_8204359.jpg
ちょっとわかりづらいかも知れませんが、こちらはスクリーンの上を走っているヒック(HICCUP)。空から見下ろしているようなアングルです。こんな重力無視の演出が至る所にあって面白かったです。

d0221584_8205914.jpg
そしていよいよドラゴン登場!
村を襲う NIGHTMARE(モンスター・ナイトメア)。まだステージの奥にいるので大きさを実感できませんでしたが、ステージ上のバイキングと比べると、非常に大きい事がわかります。

d0221584_8214662.jpg
d0221584_8212287.jpg
d0221584_822496.jpg
そして、ヒックとトゥースの出会いの場面。
左右に広がるスクリーンに映し出された樹木が、彼らの心の交流を表現するように、花を咲かせていきます。
トゥース、良くできています、良く動きます。
d0221584_823242.jpg
d0221584_8231493.jpg
他のドラゴンも良くできています、良く動きます。ですけど、後ろや足元にある大きな機械がちょっと気になりました。

d0221584_8233144.jpg
そして、ドラゴンが登場している時は気になりませんが、ステージ上が人間だけ、しかもスポットライトの暗めのシーンになると、途端に客席の灯りが気になりました。
このの光。旦那さんも買ったバイキングのツノのライトなんです。これがチカチカ。みーんな被って鑑賞しているんですね。

d0221584_8234895.jpg
さらに、スクリーンと連動した演出は続きます。今度は大空を翔るトゥース。天井からワイヤーで吊っているバージョンで登場です。
結構高い位置まで上がりますが、残念ながらジャニーズのコンサートやスパイダーマンのミュージカルとは違って、客席の上まで来ると言う事はないので、ちょっと遠く物足りない感じがする物の、あれだけの重たそうなドラゴン+ヒック+アスティを乗せた状態で軽々と飛んでいるンですから、凄い事です。
しかも、うまい具合にトゥースの方向転換とスクリーンの映像がリンクしてして、ちょっとした3D感も味わえました。
d0221584_8241049.jpg
d0221584_8242466.jpg
クライマックスで登場した親玉ドラゴン RED DEATH は、なんと、首としっぽ意外は映像という、半分がっかり、半分良いアイディアだと感心するという、ちょっと複雑な心境にさせる物ではありましたが、なかなかの迫力でステージを盛り上げました。

d0221584_8244683.jpg
d0221584_8245913.jpg
最後は仲良くなったドラゴンが勢揃い。映画と同じハッピーエンドを迎えました。

内容がほぼ映画と同じだったので、舞台なりのアレンジがあまり感じられなかったのがちょっと残念。さらに、ドラゴンを間近で観る事も無かったのが、がっかりだったなぁ。
お高い(たぶん$200以上)VIP チケットだと何やらバックステージでの特典がわんさかあったみたいですけど、それだってドラゴンに会えると言う確証は無かったし。。。ぶつぶつ。(ちなみに今回のチケットは$75.50=6,644円※でした。)

d0221584_8252164.jpgそして、帰り際もまだまだ、いえさらに賑わうグッズ売場。アメリカでの「ヒックと〜」の人気は凄いな〜と実感しました。

■HOW TO TRAIN YOUR DRAGON LIVE SPECTACULAR
http://dreamworksdragonslive.com/


★こちらが今回のお買い物★
d0221584_8255097.jpg事前に通販で購入したパンフレット($20=1,760円)、フィギュア($25=2,200円)、マグカップ($15=1,320円)、そして RED DEATH のハンドマペット($20=1,760円)。
d0221584_826129.jpg当日会場で購入したヘルメット($20=1,760円)、帽子($25=2,200円)、光るペンダント($8=704円)。

※$1=約88円で計算。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-01-22 08:48 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 10日
SacAnime(サクラメントのアニメイベント)に行って来ました。
d0221584_7174764.jpgすっかり更新が滞ってしまいましたが、実は先週末、Sacramento(サクラメント)へ行って来ました。

皆さんはサクラメントって、どこにあるかご存じですか? お恥ずかしいことに私は今回この地を訪れるまで、どこにあるのか、ましてやカリフォルニア州の州都だということも全く知りませんでした。かつては州知事だったシュワちゃんも、住んではいなかった物の、彼の職場だったわけで。場所は、サンフランシスコから東へ車だと約2時間弱の所。住んでいる方に言わせると「何も無いところです(笑)」とのこと。だけど、静かで綺麗な街でした。

d0221584_7185392.jpgさて、L.A.から飛行機で1時間ちょっとかかるこのサクラメントへどうして出かけたと言いますと、↑ こちらです。アニメイベント SacAnime(サカニメ) が4日(木)〜6日(日)まで、サクラメント・コンベンションセンターで開催されたので見に行って来ました。もちろん、旦那さんの趣味であることは言うまでもありません。

d0221584_7202762.jpg4日の朝、会場となるコンベンションセンター前の電光掲示板には、しっかりと SacAnime の告知もされ、続々とアニメ好きが集まってきました。
d0221584_7205760.jpgd0221584_7211239.jpg
開場時間前のロビーでは待ちきれない人々が集まり、早くもコスプレイヤー同士の撮影会もスタート。
d0221584_7215293.jpgd0221584_722919.jpg
d0221584_7222819.jpgd0221584_7224172.jpg
d0221584_7231100.jpg開場となると、物販のホールには日本のアニメ関連グッズを中心に様々なお店が並び、日本の福袋的な「Magic Bag」もしくは「Grab bag」なんて物もありました。
中には他のアニメイベントの宣伝用のブースも。昨年11月に行った PMX もブースを出していました。(PMX のブログはこちら

d0221584_7242432.jpgd0221584_72443100.jpg
d0221584_725488.jpgd0221584_7252042.jpg
日本のアニメと同様日本のお菓子も人気らしく、ポッキーやラムネを扱うお店もあり、これがなかなか盛況で飛ぶように売れていましたが、何故か出店者は中国人。見た目は区別付かないけど、日本人としてはなんだか微妙な感覚になりました。


d0221584_726224.jpgこの SacAnime、これまではもう少し小さいイベントだったそうですが、コンベンションセンターも使って、さらに日本からもゲストをお招きして、と大きくなった今回。初めての日本からのゲストはなんと、声優の古川登志夫さんと相沢舞さん。

その古川登志夫さんにホール内で遭遇。日本でもお会いできるチャンスなんて皆無に等しいのに、日本を遠く離れたアメリカでお目にかかれるとは!! 世代的には諸星あたるとかカイシデン、ピッコロと青春時代にお世話になったキャラが浮かび、この身も浮き足立つ感じ。そして、もちろんアメリカ人のファンも多く、そんな彼らにサインで応えるなど優しく応じる古川さん。やっぱり、素敵な方でした。


そしてアニメイベントには欠かせないコスプレイヤーたち。ここ SacAnime にも個性的なコスプレイヤーが数多くいました。
残念な事に古いキャラしかわからない私には、その大半が「?」って感じでしたけど、その中からいくつかご紹介しましょう。
d0221584_7272478.jpgd0221584_727445.jpg
d0221584_7281228.jpgd0221584_7283084.jpg
期間中3人もいたプレデター。背を高くするための高下駄方式はどうやら定番のようです。
d0221584_7295839.jpgd0221584_7301636.jpg
これって、仮面ライダーオーズのシャウタ?、じゃないよね(写真右)。
d0221584_7311239.jpgd0221584_7312987.jpg
d0221584_7315453.jpgd0221584_732234.jpg
昨年末公開された映画「RISE OF THE GUARDIANS」のJackfrost も数人見かけましたが、彼(彼女?)が一番良い感じでした。(映画のブログはこちら
極めつけはこの二人(写真右)。「ハウルの動く城」からソフィーと荒地の魔女。これを選ぶとは自分をよくわかっていらっしゃるお二人でした。
d0221584_735694.jpgd0221584_7352818.jpg
偶然フレームインした、とっても色白な剣心。
沖田艦長もアメリカ人がやるとまた雰囲気が変わりますね(写真右)。
d0221584_7361996.jpgd0221584_7363717.jpg
この大きなモビルスーツは、お付きの人が世話を焼かないと自分では脱ぎ着不可能なほど大がかり。さらに背中に背負う別パーツも巨大。他のコスプレイヤーと共にテレビの取材を受けていました。
d0221584_7372455.jpgd0221584_7374375.jpg
アメリカではセーラームーンもまだまだ健在です。
だけど、これは無いよ〜(写真右)。好きな物同士をコラボしてコスプレする時代になったようです。
d0221584_7395699.jpg

他にも、アニメ版バットマンの声優・Kevin Conroy を始めとするアメリカの声優やアーティストなどたくさんのゲストがパネルをしたり、ブースを出したりと、なかなか盛りだくさんなイベントでした。



■SacAnime
www.sacconventions.com/

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2013-01-10 07:51 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 26日
「Rise of the Guardians」を観てきました。
d0221584_15344269.jpgサンクスギビング・ディの前日から公開されている「Rise of the Guardians(邦題:不思議の国のガーディアン)」を観てきました。ちなみに今回は2D。

ホリディ・ムービーらしく、場内は親子連れでいっぱい。ポップコーンなどをほおばりながら、おとなしく上映を待っている姿はなかなか微笑ましいものでした。

d0221584_153534100.jpg予告編を何度か観ていましたが、主人公・JACKFROST(ジャックフロスト)はなかなかのハンサム君なので、嫌みな感じにならないかとちょっと心配ではありましたが、どうしてどうして、ちょっとすねている感じがありましたが、哀愁漂う好青年。

だけど日本人には馴染みの無い「ジャックフロスト」。寒さを司る妖精と言う事ですが、今ひとつピンと来ず、「北風小僧の寒太郎」(しかも古い堺正章版のほう)を思い浮かべてしまったのは、歳のせい?

ま、そんなことはほっといて。本題。
d0221584_1536499.jpgd0221584_15373855.jpg
サンタクロースの NORTH(左)は別としても、イースター・バニーの BUNNYMUND(右)や
d0221584_1538143.jpgd0221584_1538395.jpg
歯の妖精 TOOTHFAIRY(左)、夢の妖精 SANDMAN(右)と、ちょっと日本人には馴染みの無い妖精ばかりが登場するので、世界観に馴染むまではちょっと時間がかかるかな。

d0221584_1540359.jpg
ちなみにこちらが悪役 PITCH。

d0221584_15413972.jpg
だけど、NORTH の所にいるエルフ達もお茶目だったし、綺麗な映像でスピード感もある観ていて楽しい映画でした。もちろん、上映後は拍手が起きましたよ。

d0221584_15432877.pngd0221584_15434493.png
イースター・バニーとジャックフロストのやり取りも面白いし、しかもこのイースター・バニーの声がなんと、私の大好きなヒュー・ジャックマンだったなんて、エンドロールを観るまで気付かなかったのがちょっとショック。。。 
しかも、最後まで彼らガーディアン(妖精たちのこと)を信じた男の子・ジェイミーの声が、「リアル・スティール」でヒュー・ジャックマンと共演したダコタ・ゴヨ君だったことも後で知って驚きました。

日本での公開はまだ未定だとか、これだけ日本に馴染みの無い妖精ばかりだと結構難しいかも知れませんね。それぞれの妖精の逸話やバックグラウンドをいちいち説明するわけもいかないし。去年公開された「HOP」(正にイースター・バニーのお話。ブログはこちら)が、日本ではあまり受けなかったみたいだし。でも、映像は本当に綺麗だし、お話もとっても素敵だったので観て損はないと思いました。

ちなみに、今回は公式サイトで色々とダウンロードが出来るので、画像をいっぱい貼り付けちゃいました。こういう太っ腹なサイトは有り難いです(^_^)v。


※「Rise of the Guardians」
www.riseoftheguardians.com/


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-11-26 15:55 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 04日
「Wreck-It Ralph」を3Dで観てきました。
d0221584_1475834.jpgこちらでは11月2日(金)から公開となっている「Wreck-It Ralph(邦題:シュガー・ラッシュ)」を、3Dで観てきました。
土曜の昼過ぎとあって、劇場内は親子連れでいっぱいでした。
d0221584_149458.jpg
予告編を観るだけでも楽しそうな映画だと感じたのは、こんなシーンがあったから。
いろんなゲームの悪役キャラが集まったシーン。このほかにも、日本でお馴染みの「ストII」の春麗なんかも見かけて、一体どんな話なんだろう?って興味津々でした。

日本での公開はまだ先の、2013年3月23日と言う事なので、詳しい事は書きませんが、私は充分楽しい映画だと思いました。


ネタバレはしていないつもりですが、よろしかったら続きをどうぞ。↓


d0221584_1493575.jpg主人公ラルフ (Wreck-It Ralph) のいるアーケード・ゲームは、30年前からある古いゲーム「Fix-It Felix Jr.」。なので、ゲーム画面は思いっきりドットの粗い画像。ですが、一旦ゲームの中の世界に入ると最近のCGアニメ通り綺麗な画像になります。そんな世界の中でも「Fix-It Felix Jr.」のゲームキャラの動きは、古い雰囲気を残しているのが面白かったです。
また、ゲームセンター内の他の筐体とを結ぶのは、電源コード。この辺りもなるほどね! と思わせてくれます。

主人公・ラルフは自分が悪役であることを悩んでいて、HERO になろうと他のアーケード・シューティング・ゲーム「Hero's Duty」へと忍び込みます。
ところが、さらに別のアーケード・レース・ゲーム「Sugar Rush(シュガー・ラッシュ/邦題はここから来てるんですね)」に飛び込む事になってしまい、そこでヴァネロペ(Vanellope von Schweetz)と出会うのですが、このシュガー・ラッシュの世界がまるでお菓子の国。

▼ヴァネロペ。
d0221584_14103785.jpgキャンディの林にチョコレートの池、レースカーもクッキーのタイヤやキャンディで出来ています。しかもラルフを追い掛けるおまわりさんはドーナツとエクレア。色もカラフルなこの世界、観ているだけでも甘い香りが漂ってきそうでした。

で、ここからの主人公は、ほとんどヴァネロペって感じで展開していきます。
と言う事で、この映画実は女の子向けでした。

さらに驚いたのはエンドロールで、英語の歌詞の歌に続いて「シュガー・ラッシュ」のテーマソングの歌詞が日本語だったこと。おや? と思っているとエンドロールにちゃんと「AKB48」の文字。
そこで、何かのニュースでAKB48が主題歌を歌うことになったって言っていた事を思い出し、これのことだったのか、と納得。改めてAKB48ってすごいのね、と思いました。
あ、それから、既存のゲームキャラの出演シーンはさほど無いので、過度の期待は禁物です。


さて、映画を見終わって行ったのはもちろんトイザらス。(でも、その前に Tutti Frutti でフロヨを食べちゃいましたf(^_^;。だって、お菓子だらけの画面を見ていたら、やっぱりそう言う気分になっちゃうでしょ?)

そして見つけた関連商品。
d0221584_1412650.jpg良く動く大きなフィギュアはまだ解るとしても、右の大きな手。確かにラルフの特徴だけど、これを商品化しようって考えるオモチャ・メーカー、勇気あるなー。
d0221584_14123160.jpg「シュガー・ラッシュ」のキャラは可愛い人形になっていました。そこそこ似てるかな?



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-11-04 14:21 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 23日
MACROSSWORLD CONVENTION 2012 に行って来ました。
d0221584_84074.jpg突然、友人 S から情報が舞い込み、急遽日曜日に Arcadia(アルカディア/ハーロックファンの私にはこの地名だけでウキウキ)で開催された「MACROSSWORLD CONVENTION 2012」に、旦那さんと行って来ました。

今年で30周年という「超時空要塞マクロス」シリーズ。いや〜月日が経つのは早い物です。但し、このイベントは今回で10回目だとか。しかも、アメリカでは「マクロス」と「装甲創世記モスピーダ」と「超時空騎団サザンクロス」がごちゃ混ぜになった「Robotech(ロボテック)」というアニメが放映されていたので、純粋に「マクロス」だけのファンイベントは貴重な存在。(って、全部旦那さんの受け売り。さすがにオタ嫁系といえどもそこまでは知りませんでしたf(^_^;。)
当然ファン数もそんなにいないのでは?と失礼ながら思っていましたが、会場となったアートスクール「CONCEPT CUBE」には、一日で約200人のお客さんが訪れたそうで、日本から遠く離れたカリフォルニアにも「マクロス」ファンがいることを目の当たりにしました。

d0221584_8413578.jpgd0221584_8415481.jpg
d0221584_8421457.jpgd0221584_8423260.jpg
さて、会場には、当然バルキリーなどの当時のオモチャが展示され、思わず「懐かし〜い」なんて声を上げちゃったのですが、他にも何故か「科学忍者隊ガッチャマン」のヘルメットとか、これまた懐かしのアメリカのテレビドラマ「宇宙空母ギャラクティカ」のヘルメットなんかも展示されていて、一瞬、何のイベントだっけ?と困惑。

d0221584_8425789.jpgd0221584_8431627.jpg
d0221584_8441768.jpgだけど、奥へ進むとマクロス関連グッズが所狭しと並べられていました。
それらはどれも日本の製品なわけで、ここは日本? と思うほど。しかも驚くことにこれらは全て個人(ひとりじゃないです)のコレクションで、非売品。中には、30年近く前のサイン色紙もあって、良く保存していたな〜と感心させられました。
▲当時はこんな子供向けのプールなどがあったんですね。

d0221584_8444324.jpgさらには、メカデザイナー・宮武一貴氏のオリジナル・アートワークまであって、どうしてアメリカにあるんだろうか?と、ものすごく不思議な気持ちになりました。


d0221584_845268.jpgd0221584_8454346.jpg
私が一番気になっていたのは、リン・ミンメイの声を演じた飯島真理さんのミニライブ。
開演時間までは知らなかったのですが、会場に到着後程なくしてそのミニライブが始まり、とってもラッキー。
ミンメイの歌には学生時代から随分とカラオケでお世話になりました(って、歳がバレバレf(^_^;)。30年の時を経てしかもアメリカでそのご本人の生歌を聴けるとは、何とも人生の不思議を感じずにはいられません(って、大げさですね/笑)。

弾き語りで数曲披露してくれましたが、もちろんその中には「愛、おぼえていますか」もあり、タイムスリップ感もあるのですが、今の彼女の歌声&歌い方を聴いて時の流れを感じました。
そして驚いたのは、MCが流ちょうな英語だったこと。考えて見れば、20代で渡米している彼女、アメリカ在住歴が長いので当然のことでした。
さらに、後で知るのですが、2006年にアメリカで英語吹き替え版のマクロス「Super Dimension Fortress MACROSS」が発売になり、その時彼女は再びリン・ミンメイの声優を務めているんですね。日本語も英語も同じ声優ってすごいですね!

そんな彼女の凄さを目の当たりにして、ミニライブは終了。その後はやはりこういったイベントには欠かせない、サイン会。当然の如く長蛇の列が出来ていて、マクロス人気の息の長さを感じました。

それにしてもアメリカって、大きさの違いはあれど毎週どこかで何かのコンベンションをやっている、って感じです。ファン同士で集まるのが好きなんですね〜。

※MACROSSWORLD CONVENTION http://www.macrossworld.com
※飯島真理さん WEBサイト http://marimusic.com


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-10-23 08:59 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)