タグ:アニメ ( 73 ) タグの人気記事
2017年 03月 29日
「DYNAMIC 豪!50!GO!」
d0221584_13321398.jpg昨日、西武池袋本店 別館の西武ギャラリー(無印良品の2F)で開催中の
DYNAMIC 豪!50!GO! GO NAGAI 50th ANNIVERSARY
を観に行って来ました。


永井豪先生の作品だけの展覧会かと思いきや、全く違ってました。
むしろ豪先生の作品は少なく、先生をリスペクトする他のアーティストの作品の展示や販売がメインでした。

d0221584_13322026.jpg

手前の等身大(?)のデビルマンも、奥のマジンガーZたちのスタチューも売り物なんです。

d0221584_13322000.jpg

しかも、有名アーティストとのコラボ商品は軒並み「売り切れ」連発。人気なんですね〜。

d0221584_13322464.jpg

d0221584_13322853.jpg

バンダイの「超合金魂GX-70 マジンガーZ D.C.」を使った、モデリングの展示もありました(こちらは非売品)。

d0221584_13322996.jpgd0221584_13322946.jpg
他にも、純金製のフィギュアがあったり、墨絵があったり。
もちろん、玩具やお手軽に買えるオリジナルグッズもたくさん販売していました。

夕方に訪れましたが、時間が遅くなるほどお仕事の終わりの方々が増えてきました。やはりメインターゲットの年齢層が高い、よーするに同世代って事ですねf(^_^;。



■DYNAMIC 豪!50!GO!



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-03-29 13:38 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 26日
「SING/シング」を観てきました
d0221584_15575850.jpg字幕版にするか吹き替え版にするか、とても迷うところですが、有名人が名を連ねているというので、今回は「日本語吹き替え版」で「SING/シング」を、先日観てきました。




ネタバレあります。


大好きな「ミニオンズ」の映画を手掛けたイルミネーションの作品なので、最初から期待大で観てきましたが、一抹の不安は吹き替えがどれだけマッチしているかということ。
ですが、予想に反してイイ感じでした。

初めのころは英語版の予告編が流れていましたから、そのイメージを壊さない吹き替えが出来るのかな? と言うのが一番の心配点。何しろ、歌い上げる映画ですから、歌唱力こそが必要ですよね。

そしたら、そんな心配は無用でした。
特に、有名なアーティストにひけを取らない長澤まさみの歌唱力には驚きました。
齋藤さんも歌が上手いんですね。
でもそれだけに逆に、オリジナルの英語版も観たく、というか聞きたくなりました。

音楽に関しては申し分無い「SING」ですが、映像に関してはちょっとだけ不満が。
先日観た「モアナと伝説の海」の水や髪の毛の描写などが凄かっただけに、そう言ったCG技術の凄さみたいなのは今回無かったのが、残念と言えば残念かな。
まあ、今回は映像よりも音楽押しの映画だから、仕方無いか?f(^_^;。


■SING/シング






〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-03-26 16:01 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 17日
「モアナと伝説の海」を観てきました
d0221584_17045579.jpg先日、「モアナと伝説の海」を吹き替え版で観てきました。

最近は、この手の映画は字幕版で観るのは難しくなって来ました。出来れば、オリジナルと見比べたいんですけどね。



ネタバレあります。



正直、有色人種系のプリンセスはどうかな〜? と思いましたが、本国アメリカでもちゃんとヒットしたみたいで、さすがディズニーです。
予告編を観たときは、わりとほのぼのと南の島の生活を描くのかな?と思いきや、一人大海原へと旅立つと孤軍奮闘する冒険活劇。なかなかの男勝りっぷりを発揮します。今時はおしとやかでは、ヒロインは務まらないですよね。

日本語の吹き替えもとってもしっくりしているし、何よりヒロインの劇中歌がこれまたお上手! 声量豊かな綺麗な歌声で見事に歌い上げていて、気持ち良かったです。
ちなみにエンドソングでは同じ歌を、加藤ミリヤが歌っていますが、「アナ雪」のような事が起きないと良いですけどねf(^_^;。なんでわざわざ別のアーティストに歌わせるのかな? モアナ役の子が歌うだけで充分だと思うンですけどねぇ。

そして意外と言っては失礼ですが、マウイ役の尾上松也も彼だと気付かないほどマッチしていました。
もちろん、おばあちゃんの夏木マリも最高! 湯婆婆と言い、お婆役は彼女の十八番なんですね。

ストーリーは奇をてらったような変などんでん返しなどはなく、とても観やすい映画でした。
それにしても、水の表現のみならず、髪の毛の動きなど、これでもかと言う程の細かい描写はさすがですね。


d0221584_17051188.jpg

だけど、それらがオモチャになるとま〜ったく似ていないのが、残念。
モアナのぬいぐるみとか、似てない〜〜〜(T T)。
観る前に覗いた映画館の売店では、豚のプアやカカモラの商品が多くて、どれだけ活躍するのかと思いきや、プアなんて海を怖がるようになって冒険の旅に同行することもない。さらに旦那さんは、キーアイテムである「テフィティの心」や、マウイの大きな釣り針がオモチャ化されていないのを残念がっていました。
と、思ったらアメリカでは釣り針はオモチャになっていたそうです。スミマセンf(^_^;。

いつもディズニーって、キーパーソンやキーアイテムを外した所での商品化が多いような気がするんですよね〜。
だって、タラおばあちゃんのフィギュアとか、ヘイヘイ(鶏)のぬいぐるみとかってあんまり欲しくないでしょ? 
って、ちょっと映画本編からそれちゃいましたね。


と言う訳で、アナ雪よりもストーリーが直球だし、南国の海などビジュアルも綺麗で楽しい映画でした。



■モアナと伝説の海


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-03-17 17:07 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 21日
タワーのはしご、とワンピース
先週から来日中のアメリカ人の友達を連れて、昨日東京タワーへ行って来ました。
d0221584_17250700.jpg

お天気も良くて青空にタワーが綺麗に映えて、友達もその姿に喜んでくれました。
d0221584_17250806.jpg

d0221584_17250981.jpg

▲東京タワー焼きなんてものもあるんですね。



d0221584_17250969.jpg

そして友達はオタク外人なので、「東京ワンピースタワー」にも連れて行きました。
ここは私も初。
ワンピースは全然詳しくないけど、登場人物と大体のストーリーは知っているので、そこそこ楽しめましたよ。

d0221584_17251034.jpg

あちこちに等身大フィギュアが展示されているだけでなく、投影される映像はオリジナルの声優が声をあてているし、英語字幕や時には中国語や韓国語の字幕もあって、結構親切なつくりになっていました。
さすが世界的人気のアニメですね。

d0221584_17251095.jpg

特に驚いたのは、ライブショーの
「ONE PEACE LIVE ATTRACTION "2"」。

ヒーローショーのように役者さんがアニメのキャラを演じているのですが、見た目は究極のコスプレって感じで雰囲気バッチリ。まあステージが暗めだったり照明の効果とかもあるんでしょうけど、ロビンのウエストの細さといったら、内臓が詰まっているとは思えない程。
しかも全編声はオリジナルの声優さんが演じているので、キャラクターのイメージを全く損ねることなく、投影される映像やライト、音響によって「ワンピース」の世界を再現していました。すごいですね〜。
なので、セリフは日本語だけでしたが、アメリカ人の友達もとても喜んでいました。



そして更に、その足で向かったのは、東京スカイツリー。
やっぱり東京観光するなら押さえておかないといけないスポットですよね。

地下鉄で向かい駅から出たら、まさかの曇天。
天気予報が当たっちまいました(;_;)。

それでも折角なので、上に登ります。
が、曇天だけならまだしも、強風のため4基あるエレベーターのうち2基しか稼動してなくて、長蛇の列。思った以上に時間がかかってしまいました。
d0221584_17251163.jpg

それでも、展望台からの眺めは中々のものでした。雲の切れ間から差し込む光が幻想的だったり、友達もしきりに写真を撮ってはSNSにアップ。
d0221584_17251186.jpg

高さも実感してくれたようです。

そして降りるエレベーターも長蛇の列。
そのせいか、友達には東京タワーの方がすごくよかったと正直な感想を言われてしまいましたσ(^_^;)ははは。

まあ、ある程度の高さを超えちゃうとその差は大差無いのかもねσ(^_^;)。

最後は東京ソラマチをウィンドウショッピングして、帰路に。

さすがに東京タワーと東京スカイツリーをはしごするのは疲れますね。σ(^_^;)。
帰宅したら、運動不足の脚がメッチャ痛くなってました。ははは。σ(^_^;)。



by suneya-m | 2017-02-21 16:48 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 29日
「この世界の片隅に」も観てました
d0221584_16025666.jpgもう一本、観たけどなかなかブログを書く気にならなかった映画があります。
それがこちらの
この世界の片隅に」。

こちらは先週観に行ってきました。



ネタバレあります


先に口コミでブレイクしたアニメ「君の名は。」に続く、やはり口コミで上映館数を伸ばしている長編アニメです。

地元のシネコンでは上映していなかったので、銀座の丸の内TOEI で観ました。
銀座なんて久しぶり〜。ついでにお買い物やお食事が出来た事のほうが楽しかったな〜、なんて思ったのが正直なところ。

やはり事前に評判の良い事を聞いてしまうと、ハードルが上がってしまうのでしょうか。噂ほどの感動はなかったのですが、じゃあ、全く感動しなかったのかというと、そんなことは無く、途中何度か堪えきれずに涙がこぼれ落ちました。

戦争映画だけど、メインはごく普通の、むしろおっとりドジっ子の生活なのでさらにのんびりしている生活が描かれていて、「戦争はこんなに悲惨なんだぞ!」という押しつけがましい物では無く、じわじわと生活をむしばんでいく怖さを感じさせるんだけど、そんな中で人々が強く生きていたことを教えてくれる映画でした。

あれ? やっぱり感動してるのか、自分。
中身と絵柄のギャップに戸惑っていただけなのかな?


機会があれば母にも観て欲しいと、珍しく母と妹にもお勧めしちゃった映画です。
だって、母の地元の映画館では上映中だったんですモン。





■この世界の片隅に



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-12-29 16:05 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 22日
「THE ORIGIN 第4話」を観てきました
d0221584_20135336.jpg昨日、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 運命の前夜」を観てきました。


第3話はどこで終わったっけ?なんて思いながらの鑑賞でしたが、冒頭でこれまでのおさらいをきっちりしてくれたので、なーんの心配もありませんでした。


それにしても、前作同様、安彦氏の絵柄そのままにアニメ化されていて見事でした。
今回のストーリーも、昔観たアニメが始まる前にはこんなことが起きていたのか、と思わせる内容で楽しかったのですが、それ故に「え? そーだったの?」と若干突っ込みたくなる部分もあったりしてf(^_^;。あ、私がよくわかって無かっただけかな? 

今回はアムロのシーンも多くて、当時と変わらず古谷徹が演じていましたが、当時よりも若いアムロを演じなくてはならないのは、大変だろうなぁと思ったりして。とはいえ、当時のままの声優さんの声を聞くと嬉しくなります。
次回作は来年だそうで、早くしないと声優さんが減っちゃうよ〜と心配にもなりました(笑)。


それにしても、キシリアさんの変装したマダム姿。。。。怖っ!! 迫力ありすぎです(笑)。



■機動戦士ガンダム THE ORIGIN


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-11-22 20:16 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 03日
「君の名は。」を観てきました
d0221584_21065960.jpg話題のアニメ「君の名は。」を、昨日観てきました。



ネタバレあります。







私的にはあまり観ることのないジャンルのアニメですが、予告編を観た時から惹かれるものがありました。
とっかかりは、声優が神木隆之介さんだということでしたが、体と心が入れ替わると言う「転校生」的な所も気になりました。


実際観てみると、確かに入れ替わりも面白い要素でしたが、何より画面の緻密さに驚きました。
細部まで描き込まれた背景は秀逸で、今風のあっさりしたキャラクターたちも意外と馴染んでいるし、それどころか、そのキャラクターたちも実は丁寧に描かれているので、背景と相まって美しい映像を作り出していました。

そして、高い評価を受けている RADEIMPS の音楽も映像にぴったりはまっていて、素晴らしかったです。

高校生の恋愛物はもう照れてしまうお年頃なんですが、そういう感じでは無く爽やかなのも観やすかった一因かも。

とにかく丁寧に作られていることが伝わって来る作品でした。


■君の名は。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-09-03 21:10 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 23日
「ペット」を観てきました。と「SAUSAGE PARTY」
d0221584_21540721.jpg11日から公開になっている「ペット」。今日ようやく日本語吹き替え版を観に行って来ました。


実はこれと同時上映の「ミニオンズ:アルバイト大作戦」のほうが、すごーく楽しみだったんですけど。。。

ネタバレあります。







まずは
ミニオンズ:アルバイト大作戦」から。
ミニオンたちの可愛さは充分なんですが、日本語版だったからかな? 一部ではありますが無理矢理日本語風になっているのが、ちょっと気になりました。
「しばふ、ちょきちょき」とか。

で、短編アニメーション、というだけあって本当に短編だった。。。。f(^_^;。
なので、ちょっと期待はずれ。。。。ま、新しいミニオンが観られただけでもいいか。


そして「ペット」の感想です。
予告編通り、飼い主が出かけた後のペットたちの自由奔放な姿が愛らしい〜〜(^o^)。
でも、本題はその後。
マックスとケイティの完璧な生活に、突如やってきた大型犬のデューク。
この二匹がニューヨークの裏道で野良猫とバトルしたり、保健所の捕獲から逃げ回ったり、下水道を走り回ったり、と大冒険。
さすが、イルミネーション。動物の毛並みも、仕草もとーってもリアル。
犬のほかにもワニとか、蛇とかいろんな動物も登場して、破天荒で楽しい映画でした。

あ、でも「ファインディング・ドリー」でも思いましたが、動物が自動車を運転しちゃうとファンタジー過ぎちゃって、一気に嘘くさくなりますよね〜。
それ以外なら、うちのペットにもありそー、ってなって感情移入しちゃうと思いますけど。って、ウチにはペットはいませんけどf(^_^;。



そうそう、アメリカ旅行中に「ソーセージ・パーティ」という、アニメなのにR指定の映画を観たんですが、スーパーマーケットに並ぶ食材を擬人化した映画で、タイトル通りソーセージくんが主役でした。で、この「ペット」でも、擬人化されたソーセージくんがいっぱい登場してきて、びっくり。もしかして、ソーセージが流行っているのか? と、笑っちゃいました。

d0221584_21544198.jpgd0221584_21544308.png
▲アメリカで公開中だった「SAUSAGE PARTY」。
 かなりエロいシーンもあるおバカ映画で、
 かなり衝撃を受けましたf(^_^;。

と言う事で、次回こそアメリカ旅行のブログをお届けしたいと思いますf(^_^;。




■ペット




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-08-23 22:01 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 22日
「ファインディング・ドリー」を観てきました
d0221584_23400147.jpgアメリカで「アナ雪」すら抜き、歴代アニメ映画のトップになりそうだと言う「ファインディング・ドリー」(日本語吹き替え版)を観てきました。
前作の「ファインディング・ニモ」は、親切にもテレビで放映してくれたので、もちろん事前にチェック。懐かしくしっかり楽しみました。


ネタバレあります







前作ではサブキャラだったドリーが主役と言う事でいささか不安はありましたが、なんのなんの、ドリーはしっかり主役を務めていました。

と言っても、すぐに何でも忘れちゃうのは治る訳はなく、それにつき合うマーリンとニモは偉いな〜と感心します。
前作の個性的な魚たちに加えて、新キャラも登場。だけど、海洋生物研究所で保護されていると言う設定上なのか、どこかしら不具合がある子たちばかり。
ちょっとクレイジーな鳥とかも登場して、なんかふつーじゃない子がいっぱい。
世界は個性的な人で溢れている、って感じがしました。


ストーリーは、今回は人間界でのアドベンチャーがたくさんで楽しく、もちろんメインとなる家族との出会いも感動的で、思わず涙がぽろり。なるほどヒットの理由がわかったような気がします。

あ、もちろん吹き替えの声優陣も素晴らしかったです。誰一人ミスマッチなキャスティングは無く、前作から引き続きドリーを担当した室井滋さんは、今回は膨大なセリフに大変だったろうな〜と、その労をねぎらいたいと思うのでした。
ちなみに赤ちゃんドリーの声も可愛かった。そう言えば、気がつきませんでしたがニモの声優は前作とは違っていたんだそうですね。当時少年だった声優くんもあれから12年。大人になって声代わりしたってことでしょうねf(^_^;。




■ファインディング・ドリー


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-07-22 23:43 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 21日
「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」を観てきました
d0221584_23435588.jpg先日、フルCG長編アニメの「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」を観てきました。
「FF」なんて何年ぶりでしょう。ゲームもやらなくなって久しいので、最近の「FF」の世界観なんて全く知らず、今回の映画はぽか〜んとするばかり。


だけど、CG技術の進歩を充分に感じる事が出来る映画でした。

思えば前作は2001年に公開され、悲しいことに大失敗。あの頃のCGはまだまだで、人形のようでしたから仕方無いですね。

今回の映画ではそんなことは無く、表情も豊かで動きも凄いのでアクションもド派手で良かったです。
でも、これってモーションキャプチャーの賜物ですよね? だったら実写で作ればいいんじゃね? なんて、言ったら元も子もないですねf(^_^;。

それにしても、画面内の情報量が多いので、何が起こっているのか頭の中で処理しきれないシーン続出でしたf(^_^;。




■KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-07-21 23:47 | 趣味 | Trackback | Comments(0)