2017年 12月 20日
USJ の「天使のくれた奇跡III」
d0221584_16401083.jpg
前回のブログから随分と間が経ってしまいましたが、今月の5日、6日と行って来たユニバーサル・スタジオ・ジャパンの続きです。

ミニオン・ハチャメチャ・クリスマス・パーティ」を楽しみました(その時のブログはこちら)が、前日の午後に到着したので、夜のステージ「天使のくれた奇跡III」も観てきました。


TDL とは違ってお城の前の広い広場のようなものはない USJ。相変わらずステージ周りは狭いので場所取りが大変。しかも特等席は有料。USJ らしいですね。お金を払えば良いとは言え、そのチケットすら行った時には完売でした。大人気ですね。
早い時間から陣取ればそこそこ眺めの良い場所に座れるのですが、寒さも厳しくなった12月の頭、そんな根性は無いので、先にギフトショップなどを物色。30分ほど前になってようやくステージ前へ戻って来ましたが、案の定既に人でいっぱい。近くで観るなんて、全く無理!
人の並みに乗って導かれた先、ステージからちょっと遠くなったけどなんとか観られる場所に座ることが出来ました。

d0221584_16401030.jpg
d0221584_16401115.jpg
横長でそれなりに広いステージですが、如何せん遠いのでキャストを見分けるどころか、誰が喋っているかもわからない状態。

ですが、プロジェクションマッピングはむしろ遠いお陰で、全体を観ることが出来ました。
それにしても、色鮮やか、色数も豊富で本当に綺麗でした。

ステージの終わりにはカウントダウンして、クリスマス・ツリーが点灯。って、座っている位置からは丸で見えませんでしたf(^_^;。

なので、帰りにまた立ち寄って人が少なくなったところで、じっくり楽しみました。
d0221584_16405241.jpg
d0221584_16405304.jpg
d0221584_16405426.jpg
d0221584_16405440.jpg

次に向かったのは、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(いわゆるハリポタ・ワールドね)。
ここではホグワーツ城にプロジェクションマッピングの映像が投影されていました。
こちらは、10〜15分間隔で随時開催と言う事で、バラバラと人が集まり鑑賞後散って行くというもの。なので、好きなタイミングで向かいました。
d0221584_16414286.jpg
d0221584_16414208.jpg
ホグワーツの生徒らしき4人の呪文とともに、様々な映像がとても綺麗に投影されました。




さて、今回の大阪行きは USJ がメインでしたので、特に大阪観光もグルメも食べることなくほぼとんぼ返りでしたが、唯一これだけは、と思って新大阪駅に着いた足で向かったのが、「りくろーおじさんの店」です。
前回は出来たてチーズケーキが食べられる改札外のJR新大阪駅中央口店で、あつあつふわふわふるふるのチーズケーキを食べて感動したのですが、今回は駅構内にあるエキマルシェ新大阪店へ行きました。
d0221584_17180915.jpg
こちらの店舗では焼きたてのチーズケーキは食べられませんが、JRから出ることなく買う事ができます。
焼きたてふるふるは前回食べる事ができたので、今回はこちらのお店で、しかもチーズケーキではなく、ニコニコりくろ〜る(ハーフ/¥540)を頂きました。
チーズケーキ以外も美味しいと評判を聞いていましたので、アップルパイやプリンもあって、迷っちゃいました。

時期的にクリスマスパッケージになっていました。
d0221584_17180967.jpg
d0221584_17181052.jpg
確かに美味しかったです(^_^)v。
でも、やっぱりりくろーおじさんを代表する、焼きたてチーズケーキには敵いませんでした。コスパも良いし、最強ですね。
ちなみにふるふるのチーズケーキ動画はこちら

ということで、駆け足で行って来たユニバーサル・スタジオ・ジャパン。なんと今回は、ひとつもライドに乗ることはありませんでした。
それでも、楽しめちゃうんですね〜(^_^)v。



=今回のユニバーサル・スタジオ・ジャパン旅行のほかのブログ=
==============================



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


# by suneya-m | 2017-12-20 17:25 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 17日
「屋根の上のバイオリン弾き」を観に行って来ました
昨日は、日生劇場のミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」を観てきました。
d0221584_15434069.jpg

滅多にミュージカルなんて観ることはないのですが、妹がチケットを手配してくれたので、母と三人で初めての鑑賞となりました。


冒頭からパワフルな市村正親のテヴィエのコミカルな演技に笑わせてもらい、次女役の神田沙也加はやっぱり歌が上手いな〜と感心し、もちろん他の出演者にも、舞台役者さんってすごいな〜と思いつつ、やっぱり特殊な世界だとも改めて感じました。

あらすじすら全く知らずに観たので、この先どうなるのだろうかとストーリーも非常に気になりましたが、それ以上に歌の歌詞がどうにも気になりました。外国語を日本語に訳す弊害なのか、なんとなく譜割りがあっていないような。。。。音楽には全くの素人ですから、この違和感を説明することすらできないのですが、なんとなく、原語だったらもっとカッコ良く聞こえるんじゃないかな? と思う箇所がありました。
ミュージカルってこういうもの?


最後がなんとももの悲しいのにロングランなのが、ちょっと意外でした。








〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


# by suneya-m | 2017-12-17 15:47 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 17日
「SW/最後のジェダイ」を観てきました
15日の公開初日に「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を字幕版で観てきました。
d0221584_15210638.jpg
前作の「フォースの覚醒」をおさらいしてはいませんでしたが、概ね問題無く鑑賞できました。


ネタバレあります。






途中他の作品が色々と公開されましたが、ようやく本筋の続編とあってとても楽しみにしていました。
前作ではカイロ・レンって顔がでかいな〜とか、レイヤ役のキャリー・フィッシャーが亡くなったりと作品外で気になる事がたくさんありましたが、今作でもレンの顔はデカイし(笑)、だけどレイアは映像の中では健在でした。
そして、見事に復活した、ルーク・スカイウォーカー。これでマーク・ハミルも同時に復活を果たしましたね(^_^)v。

前作からの謎解きも行われましたし、新しいキャラも登場しました。やっぱりスター・ウォーズは凄いな〜と思いつつ、2時間半を耐えたわけですが、見終わって時間が経つに連れ、意外と「ん?」と首をかしげたくなる事が次から次へと湧いてきます。

同時進行で様々出来事がありましたが、その時間の流れがどうにも辻褄が合わなかったり、フィンの決死の秘密のミッションが全くの無駄骨だったり、思わせぶりだったレイの両親もものすごい肩すかしで終わったり。旧作のファンであればあるほど、腑に落ちないことが目に付いたんじゃないかと思います。何せスター・ウォーズ大好きなウチの旦那さんがそうですからf(^_^;。

まあ、それも含めてスター・ウォーズはそれ自体がお祭りみたいなものですから、観て盛り上がればいいんじゃないですかね?(笑)

そしてまた、外伝系の映画が公開されたのち、ようやくエピソード9の公開となり完結するのでしょう。それまでまた色々な話題を我々に提供してくれるのでしょうから、まだまだ楽しめますね。








〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


# by suneya-m | 2017-12-17 15:27 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 14日
「仮面ライダービルド&エグゼイド」の映画を観てきました
仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイド withレジェンドライダー」を観てきました。
d0221584_21210133.jpg
前作では、今や大人気俳優となったドライブの竹内涼真君が出演していて嬉しい悲鳴でしたが、今作もまた人気俳優へと成長した元ライダーたちがこぞって出演しているということで、楽しみではありましたが、いかんせん、ビルドは録画しっぱなしで観るのが追いついていない状態f(^_^;。内容がわかるかな〜と心配しながらの鑑賞となりました。




ネタバレあります。






冒頭の危惧は全くの無用でした(笑)。
ビルドに関しては「このライダー、誰?」とはなりましたが、ストーリーの重点はむしろこれまで熱心に観てきたライダーたちのほうだったので、懐かしさも加わって充分楽しむ事ができました。

数多くの作品に引っ張りだことなった福士蒼太くんや、佐野岳くんが出演するなんてビックリ。またオーズの渡部秀くんは「科捜研の女」で観ていますがちょっとふっくらした?って感じ。ですが、アンクはほんと、昔のまんまで鳥肌立っちゃった(笑)。

そして、アクションもさることながら、仮面ライダーの本来の姿らしく、バイクでのアクションシーンが満載でこれまた嬉しかったです(^_^)v。









〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


# by suneya-m | 2017-12-14 21:24 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 13日
「鋼の錬金術師」を観てきました
d0221584_15563520.jpg
昨日、ようやく実写版「鋼の錬金術師」を観てきました。


タイトルは知っていますが、実は原作漫画もアニメもまともに観たことがなく、なんとな〜く設定を知っているという程度でしたが、まずます楽しめました。




ネタバレあります。






とは言え、やはり、べたべたな日本人顔のキャストが無理矢理金髪にしたり、カタカナな名前で呼び合うのはどうにも抵抗があって、「進撃の巨人」の悪夢が甦りそうになりました。
特に、冒頭の子供時代。あれって、イメージのアニメとかで良かったンじゃね?って感じです。

さらに予備知識の少ない身としては、エドがどこまですんごい錬金術師なのか、今ひとつピンと来ませんでしたし、「チビ」と言われるのも、隣にいるアルが目茶苦茶デカイですから、そりゃあちっこく見えるでしょ?って感じでした。それよりも、むき出しになった手足が意外とムチムチしているほうが気になっちゃって、もっと華奢か鍛えてあるとかだったら良かったのにと思いました。

前半はちょっとテンポが悪く感じましたが、後半はストーリー展開にのめり込める感じで良かったです。

また、他のキャラもコスプレ色が強い中、なかなかな個性派揃い。だけど、小日向さんとか國村さんとか出ちゃうと、他の作品で「実は悪い人」を演じる印象が強いので、何かあるな、って勘ぐっちゃう。小日向さんに至っては「やっぱりね」感満載でした(笑)。

さらに異色な感じはやはり大泉洋さん。こんな役、前にも観たような。。。と思ったら「東京喰種」でもマッドサイエンティスト的な役でしたね。とは言え、私の中ではいつまで経っても”ねずみ男”なんですけどねf(^_^;。

d0221584_15554007.jpg
そんな中賞賛したいのは、松雪泰子さん。原作のラストがどんなビジュアルか知らないのですが、とにかく妖艶で美し〜〜〜!!! 年齢不詳の美しさがよりホムンクルスらしくて良かったです(^_^)v。

またディーン・フジオカさんも、すごくマッチしていたと思います。原作を知らなくても、あの世界観にすっかり溶け込んでいる感を感じました。
やはり実力のある人は作品や役柄を選ばないのかな〜。







〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


# by suneya-m | 2017-12-13 15:59 | 趣味 | Trackback | Comments(0)