2011年 04月 08日
43日間の長旅の終わり
火曜日に、ようやく香港からの引越荷物が到着しました〜♪
長かったです。。香港で日通さんに預けてから43日間。長旅でした。
(香港での引っ越し準備などはこちらのブログをどうぞ)
普通はここまで日数がかかる事は無いそうなので、どうやら我が家の引越荷物君たちはちょっと異例な旅をして来たようです。

香港を出港し広い太平洋を渡りカリフォルニアに陸揚げするまでは、ほかの方と同じように順調だったようです。
が! そこからさらに日数がかかったのは、税関で開梱検査に回されてしまったのが大きな要因でした。

これはもう「運」としか言いようがないです。当然怪しい物なんて入れていませんし、個数だって飛び抜けて多いこともありません。
検査員の気まぐれ? どんな基準で開梱検査に回されるのかは日通さんにもわからないとのことでした。

d0221584_931425.jpg
開梱検査を受けた段ボール箱は、こんな緑のテープで再度封をされて来ました。
d0221584_9312591.jpg
「U.S. CUSTOMS AND BORDER PROTECTION」と読めます。
このテープを見て、本当に開けられたんだなぁと実感。中を確認すると、確かに入れた時とは違って、洋服などがちょっと「ぐしゃ」って感じに乱れていました。

でも、43日もかかったのは他にも理由がありました。
この開梱検査の際、荷物全体に貼られていたラベルが剥がれ落ちる、と言うアクシデントがありました。
これには、持ち主やら運送会社やらの詳細が書いてあったらしく、日通さんが私たちの代理人である、ということが分からなくなってしまったんだそうです。(個々の荷物には、旦那さんの名前の入ったラベルがついてそれは無事でした。)
そこで、改めて日通さんへの委任状にサインをして、やっと日通さんが税関から荷物を引き取ることが出来ました。

そして、さらにだめ押し! やっと税関から荷物を引き上げて来た翌日、我が家に届けてくれるのかと思いきや、なんとその日は日通さんの事務所の引っ越し。さらにその翌日は日曜日で定休日。2日間も足止めをくらい、都合のつく一番早い日が先日の火曜日だったというわけです。

こんな事が色々と重なって、引越荷物はようやく我が家に到着しました。
早速荷ほどきが始まりました。開けてみると、自分で詰めておきながらすっかり忘れている物が多く「おや? こんなものまで!」の連続です。また、逆もしかり。てっきり入れておいたと思った物が無くて、首をかしげます。
そして何より、よくあの狭い香港のマンションにこれだけの物があったなぁと感心するくらい、結構な量があることに驚きました。
まだまだ先のことになるとは言え、帰国する際にはもっと荷物が増えるでしょうから、それこそ日本のマンションに入りきるのか今から心配になりました。


====================================
お立ち寄りありがとうございます。
日本が大変な時にお気楽なブログばかりですみません。m(_ _)m。
このブログを読んで少しでも心がほっこりしていただけたら、幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

香港での生活を綴ったブログもよろしかったら、どうぞ♪
→→→「香港滞在記
# by suneya-m | 2011-04-08 09:39 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 06日
朝市を見学
今日もカリフォルニアは陽射しが眩しいです。
でも、意外な程風は冷たいんですよ。

さて、先週の土曜日ですが、トーランスにあるチャールズ・H・ウィルソン・パーク朝市へ行って来ました。

地元ではとても有名な朝市のようで、家を紹介してくれた不動産屋さんも旦那さんの会社の方もお薦めしてくれたところです。
普段は公園の駐車場なんですが、火曜と土曜だけ駐車場の約1/3のスペースに朝市が立つんだそうで、この日も残りの駐車スペースには、ひっきりなしにお客さんの車が出入りしていました。

d0221584_535329.jpg
入口付近に並ぶのは花屋さん。切り花や鉢植えが色とりどりたくさん並び、良い匂いがしました。この日は生憎の曇り空。晴れていたら写真ももっと色鮮やかに綺麗に撮れたと思います。残念。

先に進むとメインとなる、野菜やフルーツを売る店が増えます。
d0221584_5353121.jpg
どの野菜もアメリカらしく大きく太いのですが、
d0221584_5355328.jpg
何故か人参だけは日本のものよりも細く、長く伸びた葉がついています。まさにバックス・バニーがかじっている人参と同じです。
d0221584_5362271.jpg
フルーツは季節柄も多かったのですが、ダントツでオレンジ類が多く、試食もありました。
残念ながら、日本人からすると甘みが足りないような気がします。特には見た目は濃〜い赤(どす黒いくらい)なのに、「あまおう」や「とちおとめ」を食べ慣れていると酸っぱさのほうが強く感じるくらい。コンデンスミルクが必要な味です。

他にもパン、クッキー、ナッツ、ドライフルーツ、魚や肉を売る店もあり、種類は豊富です。しかも、日本の野菜を作って売っている店もあって、三つ葉や韮などお馴染みの野菜が買えるとは、嬉しい驚きでした。
どこも安い、と言うわけではなく「新鮮さ」が売りのようです。

d0221584_5365637.jpg
奥まで行くと、フードコートのようになっていて、ジュース、ホットドッグ、メキシコ料理、サラダ、ポップコーンなどの屋台が並び、テーブルとパイプイスが並ぶテントで食べる事が出来ます。
朝食代わりに、ホットドッグを食べました。
d0221584_5372015.jpg
上がカリフォルニアドッグ、下がニューヨークドッグ。かけたソースは違いますが、どちらも炒めた玉葱が乗っていて見た目は同じ。ですが、ソーセージ自体の味が違っていて、ニューヨークドッグのほうが牛肉の味が分かりやすかったです。
意外だったのは炒めた玉葱が見た目よりも柔らかくて甘かったこと。
ちなみに値段は、カリフォルニアドッグが$3ちょっと。ニューヨークドッグが$5ちょっと、と約250円〜420円とそんなに安い物ではなかったですね。


この日はこの後に出かける予定があり、野菜などは買うことが出来なかったので、次回はしっかりお買い物を楽しもうと思います。


====================================
お立ち寄りありがとうございます。
日本が大変な時にお気楽なブログばかりですみません。m(_ _)m。
このブログを読んで少しでも心がほっこりしていただけたら、幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

香港での生活を綴ったブログもよろしかったら、どうぞ♪
→→→「香港滞在記
# by suneya-m | 2011-04-06 05:45 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 05日
マイ・ピロー・ペッツの恐竜に癒されてます。
今日もカリフォルニアは良いお天気になりました。陽射しがとっても眩しいです。
日本から持って来た洋服ではもう暑く感じているのですが、香港からの荷物がまだ届かないので困ってしまいます。
でも、それもようやく火曜日に到着するとの連絡がありましたので、夫婦揃って一安心しています。

さて、アメリカ生活ではご存じの通り、移動手段には自動車が欠かせません。
ところがまだ自分専用の車が無いどころか、運転の練習もままならない私にとって、運転手である旦那さんが休みになる週末こそが、車で買い物に行ける数少ない大切な日となっています。
食材の買い出しがメインとなりますが、こちらの大型スーパーマーケットやショッピングモールでは、一面見渡せる広い売り場に食材から家電まで一通りの物が揃っているので、買い物は食材だけには留まりません。
旦那さんと大きなカートを押しながら、売場を見ていると当然、オモチャも目に入ります。
そしていつの間にか、旦那さんの趣味の物が増えていきます。
その一部がこちら。
d0221584_219338.jpg
「トランスフォーマー」のビーチタオルに、恐竜のランチョンマット(写真奥の赤い恐竜)とぬいぐるみ。
彼のお気に入りを並べると、ほとんど小学生それも低学年の男の子の部屋と同じになりそうです。
そんな中、このぬいぐるみは私も気に入ってしまいました。
d0221584_2195976.jpg
一見するとぬいぐるみのこの恐竜。ひっくり返すと、
d0221584_2201755.jpg
お腹にベルトがあります。マジックテープで止まっているこのベルトを外すと、
d0221584_2203911.jpg
平たいクッションに早変わり。

これは「My Pillow Pets」(http://mypillowpets.com/)というシリーズのぬいぐるみで、大抵のオモチャ屋さんや雑貨屋さんなどで頻繁に見かけます。
この恐竜は新製品で、そのほかにもてんとう虫、パンダ、犬、猫、ペンギン、きりん、しまうま、牛、コアラ、カバ、カメ、イルカ、カエル、ゴリラ等々色々な種類があり、これをプレゼントされた幼児が喜びの余りはしゃぎまくる、というTVCMも流れていてどうやら人気商品のようです。
お値段ですが、この恐竜「Green Dinosaur」(Large/18inch ≒ 45.7cm)は$29.99(約2,489円)※のところ、この日は$8.00(約664円)引きだったので$21.99(約1,825円)※とお手頃価格になっていました。(もっともここに税金が乗るので、実際はもう少し高くなります。)

大きさも小型犬位なので大人が抱きかかえてもちょうど良い感じ。手触りもマイクロフリースのように優しくて、子供もペットもいない夫婦はすっかり癒されています。


※価格に間違いがありましたので、修正しました。
====================================
お立ち寄りありがとうございます。
日本が大変な時にお気楽なブログばかりですみません。m(_ _)m。
このブログを読んで少しでも心がほっこりしていただけたら、幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

香港での生活を綴ったブログもよろしかったら、どうぞ♪
→→→「香港滞在記
# by suneya-m | 2011-04-05 02:29 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 02日
フローズンヨーグルト、本場にて発見。
昨年香港では、フローズンヨーグルトのお店が軒並み新規オープンして、あれよあれよと言う間に増えていきました。(こちらのブログで香港のお店を紹介しました→http://suneyanohk.exblog.jp/tags/デザート/
自分で絞り出すのが良いんですよね。
このフローズンヨーグルト、本場はカリフォルニアだと知り、渡米した際には絶対に探そうと思っていました。

ところがそんなに力まなくても、フローズンヨーグルトのお店はあっちこっちにあるんですね。
d0221584_5184179.jpg
先週も何の気無しに旦那さんに連れて行ってもらったショッピングエリアで、こちらの「Yogurt Island」を発見。まだ天気が悪く肌寒かったのですが、早速店内に入りました。

d0221584_5193057.jpgアメリカのお店なのに、意外にも小さなカップがあって驚きです。香港のお店ではカップのサイズの種類はあまりなく、割と大きめのカップが多かったから。

d0221584_5195997.jpg
もちろん一番小さいカップを選んで、絞り出し機の前へ。ヨーグルトのフレーバーは10種類くらいだったでしょうか。珍しそうなフレーバーを選んでみたのですが、味以前にこのピンクの鮮やかさにビックリ。
d0221584_5202159.jpg
トッピングもカットフルーツにナッツやチョコ、シリアルなどお馴染みの物が並んでいて、楽しくなります。
最後はレジ前の秤に乗せて、お会計。
d0221584_521226.jpg
あ、値段を忘れてしまいました。ですが、香港とさほど変わらず、これくらいで$3弱(約250円)位だったと思います。
もちろん美味しかったですよ。

そして意外だったのが、店内にどっかりと腰を落ち着けていたのが、ちょっと怖いくらいのお兄さんたち。
どう見てもヨーグルトよりはお酒のほうが似合いそうなのに。。。。誰かと待ち合わせだったのかしらん?

d0221584_5212847.jpgそれからもうひとつ。お店の隅にあった、ATM機。
大昔の映画に出てくる宇宙人やロボットを思わせるフォルムに、思わず写真を撮っちゃました。なんか、かわいいです。


====================================
お立ち寄りありがとうございます。
日本が大変な時にお気楽なブログばかりですみません。m(_ _)m。
暗いニュースが多い中、このブログを読んで少しでも心がほっこりしていただけたら、幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

香港での生活を綴ったブログもよろしかったら、どうぞ♪
→→→「香港滞在記
# by suneya-m | 2011-04-02 05:28 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 01日
郵便切手「Postage Stamp」
まだ始まったばかりのアメリカ生活、面食らうことは日々、何かしらあるものです。
特に日本の習慣に無い「小切手を送る」と言う支払い方法には、特に戸惑いを感じます。

月末となった先日も、水道代、家賃、ケーブルテレビや携帯電話の料金等々、支払うべき請求書がたくさん届き、旦那さんは慌てて小切手を切りました。
たいていの場合、請求書と一緒に返信用封筒が同封されていますので、それに小切手を入れて切手を貼って投函すれば完了です。
投函と言っても、タウンハウス内の郵便受けコーナーの一角にある、「OUTGOING」と書かれた小さなポストへ入れるだけ。

d0221584_7473029.jpgもちろん街中には、スーパーの前とかにこんな→青いポストがあります。

簡単と言えば簡単ですが、特に日本の書留に当たるような郵送方法ではなく、ごく普通の郵便で送るので、本当に先方へ事故無く無事に届くのか心配になります。
だって、小切手はお金と同じく大事な物ですから。


アメリカ国内の郵便料金は$0.44。つまり44セント(約36円)ですから日本より安いですね。その切手がこちら。
d0221584_748367.jpg
ロール状で、シールになっていますから濡らす必要も糊も必要なく便利です。コンビニやスーパーで20枚1セットで販売されています。

小切手の郵送とは別に、香港向けにエアメールを出す必要があったので、アメリカの郵便局「UNITED STATES POSTAL SERVICE」のサイトhttp://www.usps.com/で料金を調べました。
ちなみに日本向けは$0.98(約81円)、香港も同じ料金でした。
早速、スーパーへ切手を買いに行くと、サービスカウンターでお姉さんが取り出したのは、大きなベルのイラストの切手シート。やはり20枚1セットで1bookと言うんだそうです。裏表両面に切手があり、もちろんシールになっています。d0221584_7494993.jpgこの切手、USAフラッグ切手のように「44」の表示がありません。てっきり98セントの切手だと思い込んで購入。だけど、支払った金額が$8.80(約730円)ですから、どう考えたって1枚44セントですよねf(^_^;。

98セントの切手が欲しくて、気温がぐんぐん上がって昼過ぎには30℃くらいになった中、汗を拭き拭きわざわざスーパーまで行ったのに失敗しちゃいました(T.T)。

そう言えば、昨日旦那さんが会社帰りに寄ったコンビニでも、98セント切手は売り切れだと言われたンだそうです。44セント切手ほどの需要は無さそうですから、あまり置いていないのかも? まさかコンビニやスーパーでは取り扱っていないとか? 郵便局へ行ったほうが良かったのかも知れません。
UNITED STATES POSTAL SERVICE」のサイトでは、色々な金額の切手が紹介されている上、購入も出来るようなので次回はこの通販を利用してみようかな。

とにかく急を要する手紙だったので、44セント切手を3枚貼って取り敢えず投函しました。
あ! もしかして重たくて、逆に料金不足だったりして? 1オンス(約28g)を超えるとさらに$0.84(約71円)加算されるみたいですから。
とにかく無事に届きますように。。。。(祈)



※2012年1月末、郵便料金が値上がりしています。ご注意ください。(2012年9月追記)
====================================
お立ち寄りありがとうございます。
日本が大変な時にお気楽なブログばかりですみません。m(_ _)m。
暗いニュースが多い中、このブログを読んで少しでも心がほっこりしていただけたら、幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

香港での生活を綴ったブログもよろしかったら、どうぞ♪
→→→「香港滞在記
# by suneya-m | 2011-04-01 08:32 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)