2011年 05月 15日
洗濯物の糸くず(綿ぼこり)に困っています。
アメリカ生活も早1ヶ月半を過ぎ、だいぶ慣れて来たのですが、未だに困っていることがあります。
それは洗濯機。
d0221584_11103216.jpg
アメリカ式の洗濯機は、洗濯槽の真ん中にこーんな大きなスクリューがあるので、やっぱり衣類の傷み方が早いような気がします。毛玉も出来やすいですし。。。。
ただ、香港の時に使っていた小さいドラム式とは違い、一度にたくさんの洗濯も出来ますし洗濯時間も短いので、それはとても助かっています。
ですが、やはり大事な服は洗濯機で洗うのをためらいがちに。。。と言いつつも、根がものぐさなので、やっぱり洗濯機に頼って後悔したり、諦めたり。

でも、それ以上に困るのが「糸くず」というか「綿ぼこり」。黒いTシャツが一面白っぽくなってしまうこと。
皆さん、どうしていらっしゃるのでしょう?

一番ひどかったのは、こちらで買った新しいバスタオルを何も考えずに、いつもの洗濯物と一緒に洗った時。
もの凄い「綿ぼこり」が全ての洗濯物にくっついちゃって、そりゃぁもう、大変でした。
d0221584_11115899.jpg
そこで、活躍したのが梱包用のテープ(写真左)。これでもって、シャツもパンツも一枚一枚、綿ぼこりを取りました。
ふわふわのバスタオルは、まさに綿ぼこりの塊なんですね。これ以降は他の洗濯物とは別に洗っています。
最近は、粘着テープのコロコロ「lint roller」(写真右)を買って、やっぱり付いちゃう「綿ぼこり」をぺたぺた。手放せません。
それにしても「lint roller」(綿ぼこり用ローラー)って商品名からすると、アメリカの人もこれで綿ぼこりを取るのが当たり前って事なのかしらん?


でも、これでは根本的解決になっていませんから、いつも洗濯は試行錯誤。
色の濃いTシャツなどは、日本から持って来た黒シャツ用洗濯ネットに入れたり。
こちらにもランドリーネットは売っているのですが、その目の細かさは日本製には到底及びません。
なので、日本からいらっしゃる方は是非、100円均一の物で充分なので、日本製の目の細かい洗濯ネットをたくさん持ってくることをお薦めします。
それから、タオル類はなるべく別にして洗ったり、それでもうっかり者の私はタオルを一緒に洗っちゃって、またコロコロのお世話になります。
d0221584_11131930.jpg
ちなみに、これは旦那さんがパジャマ代わりに着ている薄手の綿のズボン。目の細かいネットに入れたので大丈夫と思ってタオルも一緒に洗ってしまい、この有様です。何事も過信はいけませんね。このあと、コロコロで綿ぼこりを取ったのは言うまでもありません。

最近気がついたのは、アメリカでは必ずと言って良いほどある乾燥機の役割
ここでは外で干すことが出来ないので、衣類を乾燥させることが最も重要な役割なのですが、先日、天気があまりに良いので部屋干しでも乾くだろうと、乾燥機をせずに干してみました。予想通り確かに乾いたのですが、その仕上がりがパリパリの上に、いつもよりも綿ぼこりが多く感じました。
そうなんです、乾燥機には綿ぼこりを取り除いてくれる役割があると思うんです。
実際、乾燥機には綿ぼこりを溜める大きなフィルターが付いていて、洗濯物の量や種類によって違いますが、かなりの量の綿ぼこりがそこに溜まります。とはいえ、全ての綿ぼこりを取ってくれるわけではないので、ここでも過信は禁物です。
d0221584_11154376.jpg
写真左のように、フィルターは乾燥機の天面から取り出せます。取り出してみると、意外な程大きなフィルターなのが分かります。
数回溜めてしまうと、ひどい時にはフェルト地のようなシート状の綿ぼこりがごっそり取れます。(火事の原因にもなるそうなので、こまめに取り除きましょうf(^_^;。)
なので、今は完全に乾燥させるまでは使いませんが、ほどほどに乾燥機を使って、綿ぼこりとパリパリになるのを防ぐようにしています。

さらに、洗濯機の使い方も見直してみました。
根がケチですから、も節約しようと洗濯物が少ないともケチっていました。が、これは衣類の摩擦を増し、毛玉ができる原因になるのでは? と思い直し、最近では少々余裕を持たせる量にするよう、心掛けています。

これらがどれくらいの効果があるのかは、具体的な数字では表せませんが、私個人の感想としては、いくらか良い効果があるように思えます。
ほかにも、アメリカでは大切な衣料は枕カバーに入れて洗う、という主婦の知恵があるようです。

日本の洗濯機が使えれば一番良いのですが、こちらは排水口が床から1m位の高さにあって、ポンプの圧力で排水する機能の無い日本の洗濯機は使えないのだそうです。

というわけで、今日も試行錯誤で洗濯です。
どなたか良いお知恵をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非是非教えてくださりませ。m(_ _)m。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
# by suneya-m | 2011-05-15 11:27 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 12日
ドライビング・レッスンで、ドキドキの初フリーウエイ
今日、運転免許実技試験に備えて、自動車教習所の個人レッスンを受けて来ました。
日本と違って所内にドライビング・コースなんてものはなく、いきなりほんちゃんの道路を走ります。(なので、数日前からビビリまくりで、お腹が痛くなりそうでした。)

先週電話で予約をした先生が、教習車(と言っても、助手席にブレーキなどがあるだけで、外見は普通のセダン。教習所のロゴすらありません。)で家の前まで来てくれて、そこからいきなり教習開始です。
d0221584_9513611.jpg
筆記試験に受かったときに発行された書類を見せると、
「どうぞ、運転席に座ってください」
と、日本語での指導は大変有り難いのですが、、、ああ、心の準備が。。。。。

「ハイじゃぁ、ウインカー出して出発しましょう」
って、先生! ちょっと待ってください、まだハンドルにすら慣れていないんです! と声にはならない心の叫び。

そんな甘えを許さないのが、返って良いのかも知れません。
まずは自宅近所の割と車の少ない道を、とりあえず直進。
久しぶり(実に一年以上運転していませんでした。)の運転の上に、他人の車。アクセルペダルやブレーキペダルの遊びの感覚や重さを把握するまで、時間がかかりました。なので、先生には、「ペダルはもっと優しく」と指摘され、「はい!」と素直な返事をするものの、心の中では「だって、このブレーキペダル、重いんですぅ(T T)。」と泣いていました。

先生は容赦なく片側3〜4車線の大きな道路へと誘導して、折も折も指示します。
側通行ですから折はまだ楽なほうですが、赤信号でも折できるルールなので車の流れが切れた途端、
「はい、行って!」と促されます。
折はもっと難しくて、交差点の1/3くらいまでまっすぐ進んで、対向車が無くなったら、
「すぐにハンドルを切って!」
と指示されますけど、信号が変わりそうになったりするともう、あたふた、あたふた。
「落ち着いて」
と言われ、自己嫌悪。はぁ〜、がっくし。orz。
だって、日本では車の運転は好きなほうで、マイカーであちこち出かけていたんです。そう、旦那さんよりも運転していたくらいなんです。
その後も肩に力が入っちゃうし、両手には変な汗かいちゃうし、どうにもぎこちなくて、試験を受けるなんて到底無理!って感じでした。

そんなレベルなのに、先生ったら「高速に乗ってみる? 行ってみようよ」と宣(のたま)います。
ある意味自殺行為ですよ、先生!と心の中でつぶやくも伝わるはずもなく、あっさりフリーウエイの入口に折で進入。これだって、先生のハンドルさばきで折できたようなものなのに。。。
当然一番端レーンを走りますが、もう余裕ゼロ。
回りの車のスピードは速いし、車線変更で目の前に入って来る車も多いしで、ハンドルを取られないようにぎゅっと握りしめるだけで精一杯。早く降りたいよ〜。と念じているとこれは伝わったようで、程なく出口ランプへ。
一体どこまで来てしまったのか、検討も付かない初めての道を先生の指示でドライブ。
やっと自宅近辺の見慣れた道路へと帰って来ると、ちょっと気持ちが楽になるものの、気を抜くと教わったことを忘れてしまいそうで、最後まで気が抜けませんでした。

戻って来くると自宅の前に止めた教習車の中で、先生がプリントを使って今日のおさらい。
筆記試験用に勉強してきたことと、実技がここでようやく繋がると共に、筆記試験用の勉強では分からなかったことが、目から鱗でたくさんありました。

最後は先生から試験に関するアドバイスと、励ましのお言葉を頂いて合計2時間の教習は終了。
授業料は$70(約5,740円)ぽっきりでした。あれ? もしかしてチップを渡すべきだったのかしら??? ああ、チップ文化にはどうしても馴染めない〜。

ちなみに今回お願いした自動車教習所は、インターネットで自宅近辺を検索して見つけたのですが、その他にも以前ご紹介した「羅府テレフォンガイド」(詳細はこちらのブログで。)にも、日本語OKの教習所が紹介されていました。
でも、この先生は私が試験を受ける予定のDMV(自動車局)オフィスの事をよく知っていて、試験予約の混み具合なども教えてくれ、とても参考になりましたから、まずは近所で探してみるのが一番かも知れないですね。
d0221584_9425548.jpg


※この続きはこちらのブログで

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
# by suneya-m | 2011-05-12 10:12 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 11日
レジ袋は大量に使いますが、リサイクル運動は盛んなようです。
去年の今頃は、香港でどんなことをしていたかな〜、と久しぶりに去年のブログを読み返してみたら、初めての香港生活で色々驚いたり、観光地へ出かけて行ったりしていて、ちょっぴり懐かしくなりました。
驚いた出来事には香港でのゴミの出し方があり、全く分別することなく、リサイクルできる資源ゴミも構わず生ゴミと一緒に捨てていました。(詳しくはこちらで。)
捨てる側にしてみれば楽ですが、やはり日本で細かい分別をしていた身としては、最初は罪悪感を感じていました。ですが、人間恐ろしいもので、分別しないことが当たり前になった香港生活の後半では、その罪悪感もすっかり薄らいでいました。

そして、ここアメリカ、カリフォルニアのゴミの出し方はというと、最初旦那さんの話では特に分別はない、ということでしたので香港時代のようにぜーんぶひっくるめてレジ袋に入れて、ゴミ収集用のコンテナに捨てていました。
ですが、しばらくして、そのコンテナが2種類あることに気付きました。
インターネットで色々と調べてみると、小さいほうがリサイクルゴミ用のコンテナであることがわかり、慌ててゴミの出し方を調べました。

すると、たしかに分別はないのですが、「リサイクルできる物は別に出す」ことが分かりました。で、この「リサイクルできる物」が、結構細かく色々とあることも分かりました。
私の住んでいる地区ではこんな物がリサイクルゴミとなります。

●平らにした段ボール箱
●シリアルやスナックの箱
●新聞、雑誌、書籍
●ファックスやプリンター用紙
●ジャンクメールと封筒
●カラー印刷された紙
●牛乳のカートン容器
●アルミ缶やアルミ容器
●ブリキ缶
●ガラス瓶、ガラス容器
●プラスチック容器(リサイクルナンバー#1〜#7)
●リサイクルマークが付いている物

と、思った以上にリサイクルしていることが分かりました。

そして、我が家のゴミを見直すと、その大半がリサイクルゴミ。
d0221584_16341294.jpg
この水のタンクも。たまにですが、こんな大きな水のタンクを買うこともあります。これで2.5ガロン(9.46リットル)、かなり重いです。
d0221584_165352100.jpg
シリアルの箱もリサイクルゴミです。
このシリアル、右が日本でよく見かけるサイズ。左のそれよりも更に大きいサイズのシリアルも、こちらではよく見かけます。種類も多いのですが、その大半が子供向けの甘い味付けになっています。
d0221584_1634358.jpg
それからフライドチキンがたくさん入っていたプラスチック容器。
d0221584_16345841.jpg裏にリサイクルナンバーの表記がありました。

d0221584_16353748.jpgもちろん、牛乳のボトルも。
左は1クォーター(946ml)、右はハーフガロン(1.89L)です。
スーパーにはもっと大きなタンクがあります。

d0221584_16361986.jpg
それにヨーグルトの容器にもリサイクルナンバーが表記されていました。
ちなみに、このヨーグルト、「Fat Free」とありますが、フレーバーはケーキ。食べてみるととっても甘くてヨーグルトって感じではありません。本当に「Fat Free」なのか疑いたくなります。食感としては、プルプルしたアイスクリームって感じかな。

それから、確か卵の紙パックもリサイクルゴミだったはずです。
そんなこんなで分別していくと、普通に捨てるゴミが一気に減りました。

アメリカのスーパーは香港のマイバッグ運動とは真逆でレジ袋を大量に使いますが、その反面リサイクル運動が盛んなようです。
国が変われば、ゴミに対する取り組み方もそれぞれですね。
でも、ゴミの分別が細かくマイバッグ運動も盛んなのはやっぱり日本だと思います。
アメリカも香港も、まだまだこれからなんでしょうね。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
# by suneya-m | 2011-05-11 16:45 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 10日
今さらですが「桃ラー」は、やっぱり貴重品です。
日本からアメリカに来るときに持ってきた日本食材の中に、「食べるラー油」があります。
旦那さんの大好物なので、日本に帰国した際はなるべく探して購入するようにしていました。
でも、日本でもまだまだ大人気の桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」通称「桃ラー」は、なかなか店頭で見つける事は出来ず、偶然入荷直後に来店出来た時、やっと購入できました。(詳しくはこちら。)
そんな大事な「桃ラー」をひとつ大事に携えて3月にアメリカに来たのですが、それももう無くなりそうです。
もちろん、カリフォルニアでとても頼りにしている日系スーパー「Mitsuwa」もチェックしていましたが、他の種類の食べるラー油は入荷していても、「桃ラー」の棚はいつも空っぽ。棚があるだけスゴイと思いますが、いつも空っぽなので諦めていました。

d0221584_6484756.jpg
そんなある日、我が目を疑うほどの大量の「桃ラー」が入荷している日に遭遇しました。
こんな事もあるんですね。旦那さんとふたり、顔を見合わせて驚きました。
驚くのはそれだけではありません。値段にもびっくり。一瓶$6.99(約573円)。日本で買ったときは388円でしたから、約1.5倍。太平洋を渡ってくるとどうしても価格が高くなりますよね〜。
d0221584_6491672.jpg
でも旦那さんの大好物。背に腹は代えられず、2瓶購入しました。
海を渡ってきたことが裏面のラベルで分かります。

ちなみに、翌週Mitsuwaに行ったら、桃ラーの棚は空っぽ。次回入荷予定も全く分かりません。まさに一期一会です。


海外で暮らすようになってから、欲しい物に出会ったときはよほどの事が無い限り購入したいと思っています。
それはその店にまた来られるとは限らないから、そしてまた入荷するとは限らないから。
日本で生活していた時は、いつもの店、いつも入荷すると言った、安心感の元買い物をしていましたが、たった1年の海外生活で「いつも」が通用しないことを実感したからです。
特に日本からの輸入商品は、次の入荷は何時になるのかなんて全く分かりません。
アメリカに来てからは、まだ自分専用の車も無いので今日来た店に次いつ来られるのかなんてわかりませんし。

逆に一期一会の楽しみもあります。普段行ったことのないショッピングモール、たまたまやっていたバザーで出会った品物、とか。
まだごくわずかな出会いしかありませんが、そのひとつがこちら。
d0221584_6494948.jpg
別の用事で出かけた帰りに、たまたま寄った「BUENA PARK DOWNTOWN」で覗いた「Sugar Plum」。そこで出会った、ガラス製の爪磨きです。
「Sugar Plum」(www.SugarPlumCrafts.com)は、どうやらクラフトアートやアンティークなど女性好みの商品を扱った期間限定のバザーのようなもので、多数の店が出店していました。
ガラス製の爪磨きはその中のひとつ、「FunFiles」(www.crystalfunfiles.com)の手作り商品でした。
値段はサイズによって違いましたが、こちらは$13.05(約1,070円)。
前々から欲しいと思っていた爪磨きに、思わず出会った嬉しい一期一会でした。

「明日また行けばいいや」とは言えない今の状況では、一期一会は大切にしたいと思うのでした。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
# by suneya-m | 2011-05-10 06:56 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 09日
DISH WASHER、食洗機を初めて使いました。
今日は母の日(日本ではもう日付が変わってますね)。
と言っても、母も義母も日本在住ですから、アメリカからはインターネットでお花を手配したくらいしか出来ませんでした。
(ちなみに、母の日って日本もアメリカも一緒なんですね! 
世界中で同じ日なのかと思ったら、ちょっと違うみたいです→http://season.enjoytokyo.jp/mother/world/
それでも、数日前にはお花が届いたとふたりからそれぞれ電話があり、久しぶりに元気な声が聞けて安心しました。
一緒に暮らしているときは、あまり母親の有り難さは分からないもので、離れて暮らして自分で家事をするようになって、改めて母親の有り難さが分かります。

家事といえば、アメリカに来て初めて「DISH WASHER食器洗い機を使う事になりました。
とは言え、子無し夫婦二人だけの生活ですから、そんなに洗い物もありません。
日本では食洗機どころか、ヘタすると2回分くらい溜めてから食器を洗う、なんてこともありましたので、食洗機とは無縁の生活でした。
d0221584_618246.jpg
ところが、ここアメリカの家にはとーっても大きDISH WASHERが造り付けられています。我が家のは見た目がまるでオーブンのようです。
しかも有り難い事に、新品です。新品なので、このまま使わずにおこうかとも思ったのですが、それもモッタイナイので使ってみることにしました。


d0221584_6184429.jpg
ドアを開けると、二段のカゴがあり、家中のお皿を入れてようやくいっぱいになるくらい広いです。
普段はこんなに食器は使いませんが、引っ越し後、一度も使っていないお皿もあるので、試しに家中のお皿を入れてみました。なので、特に目立った汚れがあるわけではないので、どれだけ汚れが落ちるのかは分かりませんでしたが、まずは使い方を知るための練習みたいなもの。

d0221584_6191273.jpg
食器を並べたら、ドアに付いている洗剤用ポケットの左側に食洗機専用洗剤を入れ、蓋を閉じます。右側は、グラスの水滴などを綺麗にする仕上げ洗剤用だとか。
d0221584_619334.jpg
このときは、試供品の食洗機専用洗剤「Cascade」があったので、左側の洗剤用ポケットにそれを入れて使いました。
粉末と液体がひとつにパックされていて、どうやら濡れると外側のフィルムが溶けるようです。使う前に決して濡らさないようにと、注意書きがありました。
d0221584_620094.jpg
市販品はこちら。ちなみにこれはLemon scent(レモンの香り)で、強力な漂白作用があると書いてありました(20個入り、$6.57/約538円)。

ドアを閉じて、ダイヤル式のスイッチを回すと、水が勢いよく出ている音が聞こえます。中が見られないのが残念です。覗き窓があったらいいのにな〜。
それにしても、水の音が激しいのできっと大量の水を使っているのでしょう。
Normalモードにしましたが、1時間経っても終わりません。その後、Air Dryingモードでの乾燥が30分くらい。
結局2時間近くかかりました。

忙しい主婦には大助かりの家電ですが、我が家のように二人だけの少人数家族で、しかも忙しくない主婦である私には、水や電気代のほうが気になってしまう、過ぎた家電です。
なので、きっと今後も使う機会は少なそうですが、あまり使わないのもパッキンが痛むとかで良くないんだそうです。

と言う事で、今は週に1回くらい、比較的お皿をたくさん使った食事の時に使うようにしていますが、やっぱり人間って楽な方に流されやすいですね。
お皿洗いが面倒に思える時も、ついつい使っちゃってますf(^_^;。
これで手荒れが減るなら、ま、いっか。って感じです。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
# by suneya-m | 2011-05-09 06:34 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)