2017年 05月 12日
今年の花束
d0221584_23462795.jpg

もうすぐ結婚記念日の今日、旦那さんから花束を頂きました。

母の日が近いせいか、カーネーションが多いような……。
ブルーの花が綺麗で気に入りました(^。^)v。

今年ももらえて嬉しかったわん。


by suneya-m | 2017-05-12 23:39 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 10日
アンコールワット観光旅行(5)アンコールワットの朝日
すっかり間が空いてしまいましたが、先月行ったアンコールワット旅行の続きです。


======アンコールワット観光旅行ブログ========
1)出発編
=============================


d0221584_20524798.jpg
旅行4日目、まだ日が昇る前、真っ暗な中「アンコールワットの朝日」を観に行きました。


早朝5時にホテルを出発。車で西側にある正門の近くまで行き、そこから参道を歩きます。

暗いので周りの様子は分かりにくかったのですが、ガイドさんの案内でアンコールワットの左側にある池の前に陣取りました。
d0221584_20531680.jpg
まだ暗いうちでもだんだんと空に赤みが増してきて、幻想的な風景が浮かび上がりました。

d0221584_20531795.jpg
そして、5時40分過ぎくらいからドンドンと日が昇って来て、遂に綺麗な朝日が見えて来ました。


d0221584_20535755.jpg
ちなみにさすが観光地。しかもお正月でしたから尚のこと、観光客がいっぱい。
なので、池には残念な事にゴミが浮いてるという。。。。(T T)悲しい現実。
いつもなら、こんなに汚れていることは無いンですって。やっぱり来る時期を誤ったかな〜f(^_^;。


d0221584_20534204.jpg
d0221584_20534385.jpg
すっかり日が昇ると周りが見えてきました。
朝日に照らされた遺跡はとても綺麗でした。

しかし、アンコールワット自体は逆光になるので、ガイドも言っていましたが観光自体は午後のほうが良いですね。
d0221584_20544078.jpg
▲人だかりは更に増え、絵を売る人まで店を広げていました。

朝日を堪能した後は、一旦ホテルに戻り朝食を食べてから、改めて「プレ・ループ(Prey Rup)」へ行きました。

次回に続く。歩みがのろくてスミマセンf(^_^;。



======アンコールワット観光旅行ブログ========
1)出発編
=============================




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-05-10 21:02 | 観光 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 09日
障子貼り
今日は曇って涼しくなりましたが、昨日まではお天気が良くて暑くて、すっかり初夏の陽気でした。

なので、ずっとやらなくちゃと思っていた障子の張り替えをしました。

破けてもダイソーで買ってきた補修用のシールで誤魔化してきましたが、さすがに10
年近く経つので日焼けというか黄ばみが気になるようになっていましたので、本来なら昨年末の大掃除の時にでも張り替えた方が良かったのかもしれません。

とは言え、寒〜い真冬にこの作業をする気にはなれず先延ばしにしていましたσ(^_^;)。

春や初夏の方が大掃除にも向いていると思うんですよねー。

そして、障子にも種類があることを知りました。
今回選んだのは、
d0221584_12223857.jpg

プラスチック障子紙。

これ、破けにくいだけでなく、水拭きも出来る優れもの。
これならしばらく張り替えの必要もなさそうです(^。^)v。

古い障子紙は糊付けしたので、濡れタオルでサンを濡らし、糊を溶かしてからぺろ〜んと剥がしました。
綺麗にしてからベランダで干して乾かしました。

これで、この日の作業は終わり。
疲れちゃうからのんびり作業するのが、自分流ですσ(^_^;)。

d0221584_12223800.jpg

そして翌日、まずは障子紙を仮止めして位置を確認。

幅5ミリの両面テープをまずは縦のサンに貼ります。

d0221584_12223916.jpg

裏紙を剥がしてから、横のサンにも両面テープを貼ります。

裏紙を剥がして、いよいよ障子紙をセット。
皺が寄らないように、そして曲がらないように注意しながら、紙を広げていきます。
d0221584_12223977.jpg

でも、やっぱりちょっとたるんじゃったσ(^_^;)。

プラスチック障子紙なので、霧吹きしても皺は取れないんですって。
ピンと張りながら貼るのは結構難しいですσ(^_^;)。

しかも10メートルの両面テープを2本買っておいたのですが、途中で足りなくなって慌てて買いに行ったりして。それでもなんとか2枚、貼ることが出来ました。
d0221584_12224016.jpg


部屋が少し明るくなりました(^_^)v。




by suneya-m | 2017-05-09 11:59 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 07日
ミニオンのポケットバッグ
ゴールデンウィークも遂に終わっちゃいましたね。って、我が家は全く関係ありませんでしたけどσ(^_^;)。

それでも近所のショッピングモールへ行ってみました。
さすがに、親子連れがたくさんいました。

普段は滅多に覗くことのない、手芸ショップを見ると、こんなものが売っていました。
d0221584_21263425.jpg

お子様用の外付けポケット「ポケットバッグ」のキット。
ミニオンのもあるなんて、嬉しい😆。しかもラスワン。
即買いです。

で、GW後半も暇だったので作ってみました。
d0221584_21263407.jpg

中には細長いミニオンオックス生地とコットンのリボン、バンドクリップ2個、ちゃんと作り方も入っていました。

作り方を見ると折りたたんだ後、2カ所を直線で縫うだけ。
簡単そう〜(^_^)。

d0221584_21263587.jpg

寸法を測り、まずはリボンを縫い付けます。

d0221584_21263543.jpg

寸法通りに端から折り、
d0221584_21263679.jpg

中表に折りまち針で留めます。
d0221584_21263631.jpg

上下を直接に縫って、
(ミシンが無いので手縫いでチマチマと)
余分な端っこの生地を切り落とし、開いている左側からひっくり返すと………。

d0221584_21263723.jpg

ティッシュケース付きのポケットが出来ていました〜(^_^)v。
ふっしぎ〜〜。

d0221584_21263844.jpg

左側は折りたたんで、蓋になります。

d0221584_21263850.jpg

リボンが裏側になるので、バンドクリップを付ければ、
d0221584_21263902.jpg

ポケットバッグの完成です(^。^)。

蓋になる部分に好きな柄が来るように、生地取りするのが一番の悩みどころでした。その甲斐あって、ちゃんとミニオンの顔が正面に出来ました(^_^)v。

でも、どう使おうかな。
バンドクリップ無しで、ポーチとして使おうかな。



by suneya-m | 2017-05-07 20:47 | ミニオン | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 05日
味噌だれ、うまし
d0221584_20551226.jpg

名古屋に就職した甥っ子が、帰省の際にお土産を買って来てくれました。

味噌カツなどに使う味噌だれの「つけてみそ かけてみそ」。
せっかくなので、自宅でカツを揚げて頂きました。

d0221584_20551291.jpg

かなり甘めのみそですが、うま〜〜い(^。^)v♪。
カツだけでなく、キャベツにもたっぷり付けて食べちゃった。他にもおでんとか揚げナスとかに付けても美味しいそうですが、このペースで行ったら直ぐに無くなりそう〜σ(^_^;)。

次回はもっと買って来てもらおう。
って、今時なら通販で買えちゃうのかな?(^。^)。




あ、最近は油で揚げずに、オーブンのノンフライモードで調理してたのに、今回はガッツリ油で揚げちゃったσ(^_^;)。
やっぱり、油で揚げると美味しいよね〜〜、あ!本音が出ちゃった(^◇^;)。。。




by suneya-m | 2017-05-05 20:40 | | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 02日
アンコールワット観光旅行(4)ベン・メリア遺跡
先月行ったカンボジア旅行ブログの続きです。

d0221584_16461791.jpg
前回の「プレアヴィヘア寺院」を観光したあと、シェムリアップへ戻る途中にある、「ベン・メリア遺跡」に立ち寄りました。


======アンコールワット観光旅行ブログ========
1)出発編
=============================

d0221584_16585331.jpg

d0221584_16475093.jpg
d0221584_16475178.jpg
ここは11世紀末から12世紀初頭にかけて作られた寺院です。
遺跡全体を大きな木々が覆っていて、私がイメージしていた秘境の遺跡に近い感じでした。

カンボジアを訪れるまでは、アンコールワットは森の奥にあるものだと思い込んでいたので、実際には街中にあると言う事が解り、ちょっと残念に思っていました。
d0221584_16475233.jpg
d0221584_16475374.jpg
ところが、ここベンメリアは、大木に浸食された遺跡ばかり。
まさに森の中に溶け込んでいるようです。
d0221584_16491381.jpg
d0221584_16491414.jpg
d0221584_16502170.jpg



d0221584_16475320.jpg
d0221584_16491310.jpg
だけど悲しいかな、昨今の有名観光地同様、ここも御多分に洩れず観光客がわんさか。特に中国・韓国系が多くて眉をひそめます。
かつての日本人もそうだったのかも知れませんが、他人の迷惑を考えず我が物顔で写真を撮ったりしていましたが、それは欧米人にも見られました。SNS用の写真を撮っているんですね。自分もそうならないように注意しなければ。。。人の振り見て我が振り直せ、ですね。


d0221584_16502286.jpg
d0221584_16502353.jpg
d0221584_16502360.jpg
d0221584_16475147.jpg
これらの遺跡ですが、もちろん国は遺跡の修復をしたいと思っているようですが、崩れかけた遺跡を支えているのもこれらの木々なので、むやみに切り倒す事も出来無いンだそうです。
なので、これらの木々は遺跡を支えつつも徐々に破壊しているんです。
凄いな〜。


次回は「プレ・ループ」と「バンテアイ・スレイ」の予定です。
でしたが、その日の早朝に行った「アンコールワットの朝日」に続きます。




======アンコールワット観光旅行ブログ========
1)出発編
=============================





〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2017-05-02 17:00 | 観光 | Trackback | Comments(0)