2016年 06月 27日
「TOO YOUNG TO DIE!」を観ました
d0221584_23190593.jpgようやく「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」を観ることができました〜。

バス事故の影響で当初の公開予定から随分と先送りになりましたが、無事に公開されて本当に良かったです。



d0221584_23241878.jpg
▲当初は2月6日の公開予定でした。


子役だった神木隆之介君ももう立派な大人。彼の高校生姿もそろそろ限界かな(苦笑)。

まあ、今時の若者っぽさは十分発揮されてました。

ネタバレあります









思ったよりも音楽要素が多くて、そっちには疎い私としてはちょっと戸惑う感じもあったけど、面白かったです。

地獄の描写とか独特の世界観はクドカンらしいってことなのかな。

CGはあまり使ってないみたいで、アナログ感満載。地獄のセットも明らかにセットと分かるいい感じのチープ感を醸し出し、ロックのノリで押し切っちゃってるのも、ロックが好きなんだなぁって伝わって来ました。

野村義男さんとかローリーさんとか、そっち系の有名人も多数出演していて、もちろん有名俳優も多数出演されているんだけど、皆さん特殊メイクが凄すぎて素顔がわからない人も続出(笑)。エンドロールを見て、え!どこに出ていたの? って未だに分からない人がいます(苦笑)。

だけど、長瀬君の赤鬼はすごく似合ってた。

彼等にとっては天国は平凡で退屈な場所。地獄こそが天国とは。なかなか面白い映画でした。




■TOO YOUNG TO DIE


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-06-27 23:26 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 24日
「10クローバーフィールド・レーン」を観てきました
d0221584_14444803.jpg昨日、「10クローバーフィールド・レーン」を観てきました。


前作は2008年公開の「クローバーフィールド/HAKAISHA」。
確か観たはずだけど、ホームビデオ風の画像で演出の手ぶれが煩わしかったことを覚えています。
そんな程度ですが、今回の映画を観るに当たって何ら問題はありませんでした。前作を全く知らなかったとしても問題無いと思います。


ネタバレあります。







さて、まずは宣伝文句の

「奴らはあらゆるフォームでやってくる」

は、「はぁ?」って感じになる内容です。コレを信じて観ると予告編にダマされた、となるタイプの映画なので、要注意です。
最近多いんですよね〜、「白鯨との闘い」しかり。(その時のブログはこちら
キチンと内容が想像出来る予告編、キャッチコピーをお願いしたいと声を大にして言いたいです。

d0221584_14444889.jpg

▲そうそう、こっちのコピーならうなずけます。
あれ? これだと引きが弱いのかな?


では、面白くなかったのか、と言うとそんなことは無いンですね〜。
別ジャンルじゃん、と言うだけで割と好きな映画でした。

「ミスト」や「ヴィレッジ」っぽいと言ったらいいのかな。

突然交通事後にあって気を失った主人公が目を覚ますと、核シェルターの中にいて、怪しげな太ったオヤジ(ハワード)が世話してくれていた。
外の情報が無いのでこのオヤジを信じて良いのかどうか、いや、この場合、信じられないと思うのはうなずけるので、同じく情報を得られない観客としては、ずーっと、コイツの言っていることはどこまで本当なんだ? と懐疑心を抱きながら見続けるんですが、こういうの、結構好きです(^_^)v。

ただ、予告編のイメージから侵略者がすぐにでも襲って来ると期待していると一向にそんな気配もなく、舞台も狭いシェルターから一歩も出ないので息苦しさを感じますし、ストーリー展開も不安になります。

本当に侵略者はいるのか? ハワードの狂言なのか? と疑いながら観ますが、ちゃんと決着は付けてくれるので最後はスッキリします。

なので、宇宙戦争のようなエイリアンとのバトルを期待している方にはお薦め出来ませんが、面白い映画でした。




■10クローバーフィールド・レーン



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-06-24 14:52 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 21日
「アクアパーク品川」とニョロニョロの誕生日
昨日、久しぶりに水族館へ行って来ました。
場所もちょー久しぶりの品川の水族館「アクアパーク品川」。
相変わらず急な坂を登らないといけないのが、足腰の弱ったプチ引きこもりにはかなりツライですf(^_^;。

月曜日なのに、親子連れがた〜くさん。とっても混雑してて驚きました。

d0221584_23102331.jpgそして一番私を癒してくれたのは、クラゲゾーン。
色が変化するライトに照らされて幻想的。

d0221584_23102319.jpgd0221584_23102370.jpg



d0221584_23102416.jpgワンダーチューブでは、ノコギリエイやマンタが悠然と泳ぐ姿を見ることができました。

d0221584_23110663.jpgd0221584_23110683.jpg


d0221584_23113081.jpgザスタジアムで行われたドルフィンパフォーマンス、決して広くはないプールで、高くジャンプしたり猛スピードで泳いだり。イルカは凄いですね〜。
イルカショーは、幾つになっても楽しめます。


d0221584_23113304.jpgそして帰りに、これまたちょー久しぶりのアンナミラーズ。
ダークチェリーパイにバニラアイスを沿えて頂きました。
あ〜、しあわせ。
アメリカらしいけど、きっと本場のモノよりも美味しいんだろうな、って。だって、アメリカのって大抵甘すぎるんだもんf(^_^;。


折角品川まで来たので、帰りに東京駅でお買い物。
東京駅一番街の東京キャラクターストリートに久しぶりに立ち寄ると、ムーミンショップの店頭にはニョロニョログッズがたくさん。
なんでも、フィンランドの夏至である6月25日がニョロニョロの誕生日なんですって。ちゃんと誕生日があるなんて、ビックリ。
d0221584_23115969.jpgd0221584_23115955.jpg
ああ、だからニョロニョロ誕生の絵柄ハンカチがあったのか〜。
お箸も可愛い〜〜〜。

d0221584_23115920.jpgそしてもちろんリラックマショップにも。
可愛いキイロイトリの箸置きを見つけました。

だけど、残念だったのはフジテレビショップのミニオンコーナーのラインナップが、しょぼくなっていたこと。ここならあるかな?と思っていたものがありませんでした。
このまま縮小されてちゃったら、いやだな〜〜〜。
ミニオン、頑張れ!





■アクアパーク品川



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-06-21 23:20 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 11日
「おもちゃショー」と「かに地獄」
数年ぶりで東京おもちゃショーへ行ってきました。
東京ビッグサイトなのは同じでしたが、東館から西館へ。さらには2フロアに分かれての開催と、以前とは違っていて浦島太郎気分に。

d0221584_14203072.jpgもちろん、最新おもちゃのラインナップにも「へ〜!」と思う一方、まるで昭和のままのような、幼児用知育玩具的なお人形や懐かしい玩具もあったりして、多種多様。3時間くらい歩き回って、もうへとへと。足がじんじん痛くなりました(T T)。

▲マントの中から楊枝を取り出すダースベイダー。
外個人にも受けてました。



旦那さん曰く、
「ディズニーランドの時より楽でしょ?」

確かに時間も距離も短いけど、なんでだろう?この疲労感。
やっぱりディズニーランドには、魔法がかかっているから疲労感も麻痺するんだよね〜f(^_^;。

その疲労感を癒すため、新橋にある「かに地獄」で早めの夕食を食べました。

d0221584_14225714.jpg
先日テレビで紹介されていたので、旦那さんに教えたら「是非!行こう!」っつーことで、まだ明るい4時から入店。
人気店だそうですが、さすがに平日のこの時間はまだガラガラ。先客が1組いるだけでした。

d0221584_14225786.jpg
店の前の冷蔵ケースにはカニがズラリ。水槽には毛ガニがうようよ。
これらはグラム売りしてくれる分ですが、メニューにはセットメニューもあります。

なので、まずはタラバガニやズワイガニの2人前セットメニューを注文。
タラバガニは焼き、ズワイガニは茹でに。あー、どちらも美味しい! けど、その前にお通しで出て来た巨大ハマグリがこれまためっちゃ、上手かったです。
そして、甲殻類大好きな旦那さんはスイッチが入り、さらにアブラガニや毛ガニを自ら選んできました。

d0221584_14225772.jpgd0221584_14230109.jpg
それがこのアブラガニの爪。
でかーい!
でも、うまーい! タラバガニとなんら変わらないですよ〜。
ぶっとい蟹の脚の身にがぶりつく幸せ(*^o^*)。
食べ応えありなので、ちょーお腹がいっぱいになりました。
こんなに食べられちゃうなんて、まさにカニにとっては「地獄」ですねf(^_^;。

ところで、蟹というと殻を剥くのが大変で面倒ですよね。
でも、ここでは店員さんが食べやすいように、ある程度殻を取ってくれるんです。助かります(^_^)v。



■かに地獄



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-06-11 14:33 | | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 05日
豆乳でコラーゲン補給
実はあまり得意ではない、豆乳。
だけど、以前妹から教えてもらった豆腐専門店「茂蔵」が地元のイトー・ヨーカドーに来ていたので、試しに買ってみました。


d0221584_14063958.jpg以前お豆腐のほか豆乳カステラとかお菓子系も食べて美味しかったので、豆乳もイケルかな?と思って買ったのが、「潤う豆乳 コラーゲン7000mg」。
想像よりも甘くて美味しかったです。お値段も 1000ml 入ってたったの100円。なんてお買い得〜♪。

けど、牛乳のように珈琲に入れるのは、私的にはNG。ソイラテにしたかったんですけど、ストレートで飲むことにします。

それにしても気になるのは、パッケージ。タダのビニール袋なので何かに移し替えないといけないな〜と思いましたが、裏面に予想外の注意書きがありました。

「豆乳はとってもデリケートな食品ですので、
別の容器に移し替えず、

え? 移し替えちゃいけないの!?

d0221584_14064074.jpgで、どうしたら良いかというと、空になったペットボトルを半分に切り、そこに入れて、と言う事ですが、急には空のペットボトルは無いので慌てましたが、偶然にも空のお味噌の容器がありました(そっちのほうが希有だとは思いますがf(^_^;)ので、それに入れました。

ほーほー、なるほど。これなら倒れない。
口を折って冷蔵庫へ。しばらくして次に飲もうとそこからコップへ注ぐと。。。。。

ぎゃー!、 あらぬ方向へこぼれた〜。
これって、私が不器用だから? 

これ以上は危険なので、メーカーの意向には反しますが硝子容器に移し替えさせて頂きました。
d0221584_14064003.jpg



あら、なんかお洒落に見えるわん。

移し替えちゃったので、とっとと飲みきろうと思います。


■三代目 茂蔵




〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-06-05 14:14 | | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 03日
「デッドプール」を観ました
早いモノでもう6月になりました。
ラッキーな事にここしばらく関東地方は雨の心配はないそうで、梅雨入りまでの時間が結構稼げそうです。
この時期の気候が爽やかで過ごしやすくていいですよね〜。


d0221584_13491112.jpgさて、そんな6月の1日に公開になったのが「デッドプール」。異色のマーベルヒーロー(本人はヒーローではないと否定)の登場です。
なんでも、本家アメリカでは大ヒットしているとか。はてさて、破天荒なヒーローは日本でも受け入れられるのでしょうか?


ネタバレあります。






予告からしてぶっ飛んだ映像が流れていますが、中身はもっとぶっ飛んでいました。
なにせ、お下品なワード連発、しかも早口。やることもエッチだし暴力的。ヒーローならカッコ良く決めるアクションシーンでは、血しぶきだけでなく、肉片まで飛び散っちゃう。極めつけは自分の手首を切り取っちゃう!!うぎゃぎゃぎゃ〜〜〜!(◎o◎)。こりゃ、R指定になるわけです。

さらに、面白いのは主人公が観客に向かって話し掛けちゃうこと。これって、原作のアメコミがそうなんですって。さらに他の映画や役者を皮肉ったりして、現実と架空の世界がごっちゃまぜになってます。

ストーリーもとにかく破天荒。嫌いじゃないけど、大丈夫?って心配になります。

とはいえ、セリフが多くて早口、しかも皮肉や洒落がたっぷりなので、恐らく字幕ではその半分も文字にしきれていないのではないかと思います。ああ、こんな時、やっぱり英語ができればな〜と、アメリカ人を羨ましく思います。これって、日本語吹き替えになったら、全く別物のギャグとかに置き換えられちゃうのかしら? そうなるともはや別の映画になりそう。。。。

そして、そのぶっ飛んだ主役デッドプールことウェイド・ウィルソンを演じているのが、「グリーンランタン」の印象が強いライアン・レイノルズ。
パンフを見るとなんと、プロデューサーも兼ねてます。
へぇ〜(◎o◎)。

彼ってどんな役でもやるのね、って言う印象ですが、今回のハチャメチャぶりは凄いです。それに、よく喋る。彼って、こんな声だったかしら? って思うくらい彼の印象が変わる程でした。

本人もデッドプール役が相当気に入ってるみたいですから、この役は絶対に手放さないでしょうね。シリーズ化されるのかな?

そうそう、スパイダーマンの時も思ったけど、アメコミヒーローってコスチュームを自分で手作りするのがお約束なの? ごつい手でちくちくお裁縫する姿は、デッドプールでは尚のことコミカルでした(笑)。



■デッドプール


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-06-03 13:56 | 趣味 | Trackback(1) | Comments(2)
2016年 06月 01日
「スノーホワイト/氷の王国」を観てきました
d0221584_14420731.jpg先日、「スノーホワイトー氷の王国ー」を観てきました。
これは、2012年に公開された映画の続編で、前作はアメリカ在住中に観ました。(その時のブログはこちら)。

すっかり忘れていたので、自分のブログを読み返し、さらに今作の前評判をネットで調べると、若干観に行くのをためらう気持ちが生まれましたが、CGを駆使した映像は綺麗そうなのでそれを目当てに観に行って来ました。


ネタバレあります。




振替休日だったのか、観に行った月曜日は小学生がいっぱい。「ズートピア」が満席で「×」付いてました。さすが、ディズニー。
で、肝心の「スノーホワイト」はと言うと、シニア層を中心に意外とお客さんが入ってました。

さて、その内容は。。。。
前作の前後を描いていますが、
前作の主役(アメリカではハンツマンのほうが主役ですがf(^_^;)、白雪姫は一切出て来ません。
継母王妃・ラヴェンナ役のシャーリーズ・セロンは登場しますが、メインはその妹の、エミリー・ブラント演じる氷の女王・フレイヤ。
「氷の女王」と言われて想像するのは、今時は”雪”の女王の「エルサ」でしょう! なのにあえて、似たような氷の魔法を使う女王を登場させる勇気に唖然。さらにそれを演じるエミリー・ブラントの美貌(?)が。。。。まあ、悪くはないですが。。。。f(^_^;。
さらに、本来の主役であるハンツマン役のクリス・ヘムズワース。いささかおっさんになったなー、って感じで「ソー」の時の格好良さがない。。。orz、がっかり。
トドメは、その妻であるサラを演じるジェシカ・チャスティンが、さらにイケテナイ(T T)。しかも、39歳というオバサン。。。。ああ、涙が止まらない。
この夫婦の子供時代はすんごく可愛い子役だっただけに、成長していきなりおっさんとおばさんになって、ラブラブなシーンを見せられても。。。。

ストーリーは、やはり前作同様どこかで観たようなものがぁぁぁ。。。(/ω\) 。大体妹フレイヤの魔力が引き出される要因となる、我が子が殺されるいきさつだって、どうせ姉ラヴェンナの仕業でしょ、って見え見え。

結局、シャーリーズ・セロンの美しさを再認識するためのような映画でした。実際、綺麗だったわ〜。でも、昨年は「マッドマックス怒りのデス・ロード」では短髪のワイルドな役もやっちゃうんだから、この人、やっぱり凄いわ!



■スノーホワイトー氷の王国ー


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 映画ブログへ


by suneya-m | 2016-06-01 14:45 | 趣味 | Trackback(1) | Comments(0)